人には様々な性格があります。

その性格は、生まれ持ったものもありますが、多くは日々の様々な経験から変化し独自のものが作られたと言えるでしょう。

性格の中には、人に愛されるものもあれば嫌われてしまうものもあります。

自分自身の行動が、相手を不快にさせている可能性があるのであればそれは早急に直す必要があるでしょう。

では、人に嫌われる正確にはどんなものがあるのでしょうか。

一つは「自己中心的」です。

これは、字のごとく世界は自分を中心としてまわているという考え方です。

すなわち、相手の都合などお構いなしに自分のしたい事を貫いてしまう人の事を指します。

これに振り回されてしまう人は、さぞ面倒な思いをしている事でしょう。

次いで、問題視されがちなのが「独りよがり」な性格の人です。

この方々も、分類的には自己中心的な人とあまり変わりがありません。

字鳥よがりの人の特徴としては、人の話を聞かないと言う事があります。

自分の世界を持っているので、自分のやりたいように物事を進めてしまいます。

自分を過大評価している場合もあり、周りは一緒に居る事でストレスを感じる事もあるでしょう。

自分自身はそんな事は無いと思っている方も居るでしょう。

しかし、自分の事は意外と分からない物です。

もしかしたら、あなたの事を独りよがりと感じている人だっているかもしれないのです。

そこで今回は、独りよがりになりやすい人の特徴をご紹介させて頂きます。

内容をよく読み、自分に当てはまって居ないかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

独りよがりは残念すぎる痛い性格

独りよがりとは、自分の考えが一番正しいと感じている事。

他人の意見を全く聞き入れない人などの事を指します。

つまり、今風に言うと自己中とも言えるでしょう。

独りよがりの人は、相手がどんなに困っていても助言をくれていたとしても関係ありません。

なんならその事すら全く気が付かずに生活している事だってあるのです。

本人は、自分の思った通りに生活する事が出来るので幸せでしょう。

しかし、周りの人はどうでしょう。

100%迷惑している事でしょう。

周りとの温度差を考える事が出来ない人こそ、まさに残念な人と言えるでしょう。

自分の好きな事をして一生生きていけたら幸せかもしれません。

しかし、人生そんなに甘くない!!気が付くと周りの人が誰も居ないなんて事も大いにあります。

一種のコミュニケーション障害

最近の若者は、コミュニケーションが苦手な人が多いと言われています。

その最も大きな原因の一つは、幼い時から電子機器に触れている事にあると言われています。

ゲームや携帯など、現実世界とは全く違った世界に没頭する事で、生身の人間との話の仕方が育たないまま大きくなってしまうのです。

「独りよがり」と呼ばれる、相手の話を聞かずに突っ走ってしまう性格の方も、一種のコミュニケーション障害と言えるかもしれません。

相手の話をしっかりと聞く事が出来ないからこそ、勘違いやすれ違いが起きてしまうのです。

人の話を真面目に聞く事が出来れば、そんな状態が起こる事も無いのです。

コミュニケーション能力はいくつになても伸ばす事が出来ます。

その為、今すぐに出来る様にならなかったとしても自分自身で努力する事が出来ればその成果は必ずは自分の物として得る事が出来るでしょう。

社会性を保てない

「独りよがり」の大きな問題は、社会生活に支障が出る事を指します。

と言うのも、友人同士で形勢されている学校のような社会であれば例え人の話を全く聞かなかったとしても、友人が減るくらいで大きな問題にはならないでしょう。

しかし、社会に出てしまうとそれは大きな問題に発展します。

仕事の納期を聞いていなかったり、手続きが出来て居なかったりしてしまううと自分個人の問題ではなく、会社全体の問題となります。

新人の頃は許して貰える事もあるかもしれませんが、それも長くは続かないでしょう。

社会人として、しっかりと仕事をする事が出来なければお金を稼ぐ事は出来ません。

それは、社会生活を自分の力で過ごす事が出来ないと言う事にも繋がるでしょう。

家族を養うことすら出来ない事だってあります。

「独りよがり」は人によってはとてもマイナスな性格なのです。

独りよがりになりやすい人の20の特徴

独りよがりは決して褒められた性格ではありません。

更に厄介な事に、一人よがりになってしまっている方の多くはその事に気が付いていません。

気が付いていないからこそ、独りよがりは進み大きな問題となってしまうのです。

自分が独りよがりな性格にならないようにする為にも、独りよがりになりやすい人の特徴を良くつかんでおく必要があります。

その特徴を知る事で、相手の気持ちに立った行動を取る事が出来る様になるでしょう。

逆を言えば、今からご紹介させて頂く独りよがりの人の性格にあなたが当てはまていると自覚があるのであればあなたは既に独りよがりになっている可能性があります。

最近周りから人が居なくなった事はありませんか?気が付いた時にはもう遅いと言う事もあります。

思い当たる事がある方は早急に対応する様にしましょう。

1. 客観性がない

独りよがりの人は、基本的に相手の考えや気持ちには無頓着です。

常に自分が中心であり、自分が正しいと思った事に突き進んでいってしまいます。

そういった方は、自分の世界しか無いので自分自身を客観的に見る事が出来ません。

人は、自分では気が付かないうちに様々な問題を起こしているものです。

その部分を自分を客観視する事が出来る人は自分で間違いに気が付く事が出来ます。

自分で気が付き、治す事が出来る人は成長に繋がります。

しかしながら、その間違いに全く気が付かず自分を客観視する事が出来ない方は、全く成長する機会が無いのです。

いかに自分を冷静に判断する事が出来るかどうかに、人間の成長はかかっています。

今より更に人間としての経験値を上げていきたい方は、まずは自分の殻から出て、客観視する事を意識する事をお勧め致します。

2. 根拠のない自信がある

独りよがりの方は、自分の考えが全てです。

と言う事は、自分の考えや行動に大変自信があるとも言えます。

自信があるからこそ、周りの意見など関係なく自分の思った通りに進む事が出来るのです。

しかし、たいていの場合その自信に根拠はありません。

根拠の無い自身の元に発言をされても、周りの人間たちは困惑するばかりです。

他人を引っ張って行動していきたいのであれば、根拠のある自信が必要です。

もし、あなたが才能や知識・経験があるうえで様々な行動をしているのであれば人はついてきてくれるでしょう。

しかし、そこに人が付いてこないと言う事はそれだけあなたの自信には根拠がないと言えるでしょう。

3. 自分だけが正しいと思っている


独りよがりになる人の特徴として、自分に物凄く大きな自信を持っている事があります。

世界は、自分を中心に回っていると思っているのではないかと思う程の大きな自信は、他人に対しても向けられます。

その為、自分と違った意見を持つ人に対しては物凄く批判的になったり自分の世界に入れない用にしようと行動してしまいがちです。

人には様々な意見があります。

自分にとって良い意見もあれば悪い意見もあります。

日々の生活の中で、良い意見だけを採用して生きていく事が出来れば幸せかもしれません。

しかし、それでは人として何の成長もありません。

自分の意見だけではなく、他人の意見を聞き入れる事が出来て初めて人としての成長をするきっかけを得る事が出来るのです。

自分の意見しか受け入れる事の出来ない人は、自分の世界から出る事が出来ないので成長する事が出来ないでしょう。

4. 仕切りたがる

何度も説明させて頂いておりますが、「独りよがり」と言われる人の最大の特徴は自分の意見しか信じない所にあります。

周りがどんなに助言をしたところで、聞く耳を持っていなければそれは心には伝わりません。

本当に他人の意見を取り入れようとする心が無ければ、どんなに話をしてくれたとしても意味が無いのです。

通常の場合、仕事に限らずプライベートであったとしても人は時に自分の考えに不安を抱く時があります。

この方法であっているのだろうか。

他にも選択肢はあるのではないだろうか。

そんな時は、多くの人に相談する事で、また一つ人間として成長する事が出来ます。

しかし、独りよがりの人は自分の意見が絶対です。

自分が間違っているかどうかは全く問題ではありません。

どんな考え方であったとしてもその思いに変わりはないのです。

その為、全てにおいて自分が一番正しいと思い込んでいる所が既に大きな問題点なのです。

自分には仕切る程の力量はあるのか。

他の人たちはそれで納得してくれるのかなどをしっかりと見極め、行動する必要があります。

他の人の為にと思って仕切っている事も、もしかしたら迷惑に感じられている事もあるかもしれません。

5. 自分の合わない人をすぐ排除しようとする