CoCoSiA(ココシア)

悪い人の20個の特徴


職場や学校など必ず1人か2人、悪いと思える人はいますよね。

最近では、自分の保身を守ろうとする人たちが多く、相手を蹴落とそうとする人が多いです。

しかし、そういう人たちに限って外見や印象を良く見せようと頑張っているので、初対面ではなかなか気づけないケースが多いです。

また、会社などではスタッフをツールと思いこんでいる人も多く、使えないと判断すると省いたり、肩たたきをしたりして、辞めさせようとします。

そうなってしまうと、キャリアに傷をつけたりして厄介ですよね。

実際、日本の社会構造はピラミッドになっているので、常につぶし合いの構図になっています。

頂点の席は少ないので、そういう風になってしまうのです。

だからといって、みんなが悪い人間と言うわけではありません。

そこで、今回こちらの記事では悪い人の特徴などをまとめましたので、しっかり理解して悪い人には関わらないようにしましょう。

悪い人の関わっているといつしか自分も悪い人になってしまいますよ。

人間は近くにいる人や交流が多い人と一緒にいるだけで行動や言動などの習慣が刷り込まれてしまうのです。

つまり、意識していなくても悪い人になってしまう危険性があるのです。

そうなりたくないですよね。

ぜひ、悪い人にならならいように心がけましょう。

この記事の目次

悪い人に共通する特徴20個!こんな人には気をつけて!

悪い人ってどんな人と聞かれると、ほとんどの人は多くの例を上げて説明できると思います。

それだけ人間にとって悪い人の印象が強いのです。

つまり、遭遇してしまうとなかなか記憶から消えない危険性が高いのです。

しかし、悪い人には絶対的な定義はありません。

つまりは、ふとしたきっかけで行ってしまったことで、悪い人の対象になってしまっている可能性もあるのです。

故にしっかり悪い人の特徴を知っていないと、知らない間に悪い人の行動や言動などの習慣を行ってしまっている危険性があるのです。

これはあなたにとってかなり嫌なことでもありますよね。

また、相手がそうなっていた時に注意をすることができ、相手を悪い人にさせることを防ぐことができるので、あなたにとっても相手にとっても、悪い人の特徴を知っておくことは大切ですね。

それではここからは悪い人の特徴について説明していきます。

大きくピックアップして、20個あります。

いきなりすべてをマスターしろとは言いません。

すべてをマスターするの不可能に近いです。

まずは1つ1つ着実に理解していくことが大切です。

慌てることはありませんよ。

ぜひ、マスターして悪い人にならないようにするのと、悪い人を引き寄せないようにしましょう。

嘘をつく


これは年齢関係なく悪い行為です。

よくあったのが部下が嘘をついたりして失敗を隠したりして、後から大変なことになってしまうとかですが、最近では上司が平気で嘘をつくケースが増えて来ています。

それは下から嘘と言うことを指摘されないからです。

指摘すれば、クビなどの恐怖があり、できない人が多いです。

嘘はついても結局は最後にばれます。

ばれた時に恥をかくのはあなたですし、信頼も失って、周囲に誰もいなくなってしまう危険性が高いです。

嘘から良いことは生まれません。

平気で嘘をつくのは辞めましょう。

平気で嘘をつくようになると、次第に嘘をついていることに気づけない人間になってしまうので、良くないです。

嘘は友人も、お金も、信頼も何でも失ってしまう危険性がある恐ろしい物です。

嘘をついている人がいたら気をつけましょう。

人の失敗を喜ぶ

人の失敗を見て喜んでいる人は、かなり低レベルな人間と思って構いません。

失敗しない人間なんていないのです。

また、そのように相手の失敗を見て喜ぶのは相手より、自分が優位だと言うように思っているので、かなり小さいですね。

人の失敗を見て喜んでいる人は、いつしか、その失敗を自分でも引き起こしますよ。

人の失敗からはいろいろと学べるし教訓にもなります。

もしかしたら、あなたの変わりにその失敗を犯してしまった可能性がありますよ。