アラフォーに近づいてくると、認めたくないと思いつつも今までの髪型だとしっくりこない…なんてことはありませんか?

もちろん、10代や20代のような髪型は若づくり過ぎるということは分かるのですが、しかし50代や60代のようなパーマありきの大人過ぎる髪型にも抵抗がありますよね。

そこで、今回はアラフォーの髪型について、色々な角度からご紹介して行きたいと思います。

アラフォーの髪型って悩む…

最近のアラフォーはひと昔前と違い、まだまだ若い外見をしている人が多いです。

若々しく、まったくアラフォーには見えない女性もたくさん居ます。

せっかくならば、そんな若々しいアラフォー女性になりたいですよね。

でもどんな髪型が似合うの?そう思っている方も多いと思います。

髪型で人の印象はかなり変わってくるので、簡単には決められませんよね。

アラフォー世代にはどんな髪型が似合うのか、探っていきましょう!

アラフォーに似合う髪型は?

「アラフォーに似合う髪型」と一言で言っても、その種類はさまざまです。

その人の顔立ちや普段の服装の雰囲気など、色々な理由から、たくさんのパターンがあります。

ただ、多くの女性は、アラフォーの頃から「少し髪が薄くなったような…」や「髪にハリやコシが無くなった」と今までとは違い髪の悩みが出る人が多いようです。

あとは「白髪が増えた」と、早い人ならば白髪染めを使うようになる人もいますね。

なので、そういった髪のトラブルを解消しつつ、おしゃれで若々しく見える髪型を探さなくてはならないのです。

ポイントは若すぎず、可愛い髪型!


アラフォーとなると、ついつい大人っぽい髪型をしなくちゃならないのかと思いがちですが、一概にそうとは言い切れないのです。

もちろん学生や二十代前半の若い女の子のような髪型は難しい場合が多いですが、だからと言って年配の人向けの髪型にし過ぎると、かえって老けてしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?ヒントは「ほどほど」です。

大人っぽすぎず、かと言って若過ぎず、三十代に多い髪型を選びつつも、その中に可愛さもいれると、割合として成功することが多いです。

とはいえ、顔立ちや髪質にも髪型選びは影響しますよね。

そこで、次からは、髪型選びの注意点についてご紹介していきます。

アラフォーに似合う髪型選びの6個の注意点

アラフォーに似合う髪型探しの第一歩は、今の自分をしっかり直視することも大切です。

そこで、アラフォーに似合う髪型探しの前に、まずは自分の髪の状況や、顔立ち、髪質の変化など、髪型以外の部分のチェックをしてみましょう。

あまり、直視したくないこともあるかと思いますが、欠点がわかればそれをカバーする方法も見つかります。

より若々しくしく居るためには必要なことなのです。

鏡で髪をチェックする癖をつける

当たり前のことですが、みなさんは毎日鏡で自分の姿を確認しますよね。

朝顔を洗う時、化粧をする時、化粧を直す時、夜お風呂を入る前や、お風呂上がりに髪を乾かす時、化粧水をつける時など、他にもトイレに行った時などもあるかと思います。

そんなとき、顔を見る人は多いかと思います。

しかし、髪はどうでしょうか?ザッと見て特に乱れていなかったらお終いという人が多いのではないですか?

しかし、それではもったいないのです。

顔のチェックと共に、髪の細かなチェックをすることにまずは気をつけてみましょう。

そうすることで、いち早く老けこまずに済む髪型に変えたり、対策が出来るようになりますよ。

髪質の変化に気づく

アラフォーといわれる時期は、肌や髪質も変化をしやすい年代です。

女性ホルモンの減少や、身体のなかのコラーゲンなどが減り始める時期なため、「最近コシがなくなってきた気がする」「ツヤがなくなった気がする」そんな違和感を覚えやすい時期なのです。

改めて、鏡の前で自分の髪をチェックしてみてください。

10年前とは明らかに髪質が違っていることに気づくでしょう。

とはいえ、あきらめることはありません。

まずは、どんな変化があったかを確認し、対策を見て行きましょう。

ツヤがなくなってきた

明らかに昔に比べてツヤが無くなったという人は多くいるでしょう。

では、その原因はなんなのか?一番は代謝の衰え、つまり「老化」が原因です。

しかし、「老化」は止めることは出来ませんが、遅くすることは出来るのです。

では、老化防止は何をすれば良いのでしょうか?

大切なのは「食事。睡眠。運動。ストレスフリー」だと言われています。

特に食事は、偏った食事ではなく、良質なタンパク質とビタミン、ミネラルをバランスよく食べる食事をしっかりとることが重要です。

そして、睡眠は最低でも6時間以上はとるようにし、出来るだけ早寝早起きを心がけましょう。

あとは、運動とストレスフリーですが、こちらは完璧に行うことは難しいでしょう。

しかし、週何回かの運動でも、効果はありますし、身体を動かすというのはストレス発散にも繋がります。

普段全く運動をしないという人は、まずは週一回のウォーキングでも良いので、はじめてみてはいかがでしょうか?

量が減ってきた

アラフォーになると、ふと後頭部を見ると「髪が薄くなった気がする」と感じる人もいるのではないでしょうか?

特に分け目が目立つだけに、薄くなるとわかりやすいですよね。

あとは、髪を洗った時に今まで以上に抜け毛が増えたことで薄毛に気づいた人もいるでしょう。

そういった症状は、もう一回始まってしまうと改善出来ないのでしょうか?

確かに、薄毛の原因は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの低下が大きいと言われています。

しかし、アラフォーになってもエストロゲンの低下を抑える方法はあるのです。

なので、それをまずは実践してみましょう。

薄毛に効果的なのは、睡眠時間とタイミング、そして、頭皮へのマッサージだと言われています。

とくに睡眠のタイミングは重要で、副交感神経が優位になる22時~翌2時の間に睡眠をとると成長ホルモンの分泌が促進されるため、この時間帯に出来るだけ睡眠を取ることが重要です。

つむじが目立つ

これは、すぐ上の「量が減ってきた」と同じ理由となる場合が多いですね。

つむじが目立つということは、量が減り髪が薄くなることで起こる場合が多いです。

もちろん、髪のコシがなくなっためということもあるでしょう。

しかし、コシがなるなりつつ量も減るという両方の場合が多くかと思います。

なので、改善策としては、上と同じように、早寝早起きと、頭皮マッサージが有効です。

それでもまだ改善されなくて気になる場合は、育毛剤を利用しても良いでしょう。

男性に比べ女性は育毛剤まで使うことに抵抗がある人が多いかもしれませんが、最近は女性向けの育毛剤も多数存在し、良い商品も多数出てきているので、多くの人が使いはじめているのだと思って使ってみるのも良いと思いますよ。

もしくは「髪が戻るまでの一時的に」と決めて使えば、あまり抵抗がないかもしれません。

パサついてきた

これは、「ツヤがなくなってきた」と理由は同じです。

代謝が落ち、老化から髪の栄養が不足し始めて居るのです。

なので、まずは生活の改善、そしてストレスが強く環境にいる人はストレスを少しでも減らせるように行動をしてみましょう。

すぐにストレスを減らすことは難しいかもしれませんが、髪の衰えは身体からのシグナルだと受け止めて、身体の他の部分に支障が出る前に、改善に向けて動くことをおすすめします。

それがどうしても出来ない場合は、せめて早寝早起きを心がけ睡眠時間も6時間以上は取るようにしましょう。

22時には就寝することが理想ですが、できない人は遅くとも23時には就寝出来ることが理想です。

まとまりがなくなってきた

髪がまとまらない。

つまりパサつきが増し、以前のよいに簡単にまとめてられなくなってきたということは、髪の栄養が不足してきているサインです。

髪の健康に有効だとされる成分はタンパク質(アミノ酸)、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛です。

もちろん、タンパク質とビタミン、ミネラルをバランスよくとる食事が一番重要ですが、こられらを特に積極的に吸収することで、徐々に髪の質が改善され、以前のようなまとまりの良い髪に戻っていくでしょう。

とはいえ、一旦髪質が戻っても食生活も悪い状態に戻してしまえば、再び髪質は逆戻りしてしまいます。

例え、髪質が良くなっても髪に良い食事には気をつけていきましょう。

昔と同じ髪型のままにしない

やはり、年齢とともに似合う髪型というのは変わっていきます。

特に、アラフォーというのは、その「似合う髪型」が大きく変わる時期でもあります。

スタイリストを変えたわけでもないのに、ある日ふと鏡を見たら、今までだったら若く見えたくせ毛風のパーマが、ボサボサの本当のくせ毛のようになってしまい、まったくオシャレに見えなくなってしまったりしたことはありませんか?

それは、顔と髪型が合わなくなってきたためには起こる現象です。

若々しい髪型は気持ちも明るくし、場合によっては年齢よりも若く外見をさせてくれます。

しかし、ある一定のラインを越えると、それは若く見えるのではなく「無理やりな若づくり」となり、かえって老けて見えるのです。

なので、あまり髪型うぃ変えないひとも改めて今の自分に似合う髪型を探すようにしましょう。

黒髪を避ける


一見、良いと思われがちな黒髪ですが、実はアラフォーの顔には黒髪は重すぎるのです。

黒というのは、顔色も悪くしてしまいがちです。

若く、真っ白な肌にならば、清楚で美しく見える黒髪ですが、肌がくすみ始めてきている人が多いアラフォーには、黒髪は重すぎると思っておきましょう。

肌の色やタイプにもよりますが、1トーンから2トーン明るい髪色にすると、顔色も明るく感じられ、若く見られるようになります。

黒髪は老けて見える

では、何故黒髪は老けて見えると言われてしまうのでしょう?

もちろん、上で挙げた「肌のくすみ」も大きな理由ですが、他にも顔立ちの違い、そして、目の色の変化が原因だと言われています。

あまり、知られてはいませんが、日本人の瞳は、真っ黒ではなく「濃い茶色」である場合が多いそうです。

そのため、歳を追うごとに少しずつ色素が薄くなり、若い頃は黒だと思っていた瞳の色が茶色になってくる人が増えます。

その為、黒い髪だと、色のバランスが悪くちぐはぐした印象を与え、それが「染めている」感がつよくなり、「老けて見える」ということもあるようです。

あとは、あまり目鼻立ちのはっきりしないタイプの顔立ちの人は、黒という色ははっきりしすぎているため、顔の印象がぼけてしまうため、老けて見えるということもあります。

重たい印象になってしまう

「黒髪は重たい印象になる」それは、若いときから感じていた印象ではないでしょうか?

その印象は、アラフォーになってからでも変わりません。

むしろ、若い頃の黒髪は重たくはなるものの、幼い印象となり逆に若く感じられて良いという場合もありました。

しかし、アラフォーまでなると、若くは見られたいが幼くは見られたくありませんよね?

そのため、黒髪ではなくもう少し明るい髪色にすることがすすめられるのです。

とはいえ、あまり明るすぎる色には抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

そういった人は、まずは「やや明るめ」くらいの色の髪色にしてみるくらいでも十分変化は感じられるはずです。

傷んだ髪をさらに傷つけない

髪色を変えたり、髪型を変えて若々しく変化したい。

そう思う人は多いでしょう。

しかし、やり方を間違えてしまうと、今でもトラブル続きの髪が、さらに傷んだり傷ついたりしていまうこともあります。

特に、髪型を変える際にはカラーリングやパーマを行うことが多くなります。

そういった場合はどうしても髪が傷みやすくなってしまいます。

出来ることなら、髪質を改善させてからパーマやカラーリングを行うことが理想ですが、どうしてもそういった時間が無い場合は、同時にしっかりとトリートメントを行うことが出来て、信頼の出来る美容院で施術をして貰うようにしましょう。

パーマやカラーはこだわって

上にも書いたように、痛んだ髪にパーマをかけることはあまり良くないだけ無く、そもそもが難しい場合もあります。

なので、パーマを掛ける前にちゃんと髪の状況を確認して、髪の状況に合った髪型にしてくれるスタイリストさんを選ぶことも重要です。

痛み具合的にはパーマがかかりにくいと判っていながらも「大丈夫大丈夫」とパーマをすすめるような店員さんは論外ですよ。

そして、カラーを選ぶ場合はパーソナルカラーを重要視して選びましょう。

一般的な色白は肌ならば、ブラウン・ソフトブラウン・ダークブラウンなどの赤系ブラウン。

ブルーベースの青白い肌色ならば、茶色・焦げ茶・アッシュ系などの青系ブラウン。

イエローベースの黄色い肌色ならば、ダークブラウン・栗色・ゴールデンベージュなどのイエロー系ブラウン。

といった、風に肌の色に合わせると、より効果的ですよ。

それでも判らない場合は、美容室のスタイリストさんに相談するのも良いですね。

若作りをしない

アラフォーまできたら、もう若作りはあきらめましょう。

いくらお肌の手入れをしっかりとしていて、シワ一つ無い肌だとしても、やはり若い頃とは顔立ちが違います。

若く見えても、若い頃の髪型は似合わなくなっていると捉え、あまり若作りを意識しないようにして髪型は選んだ方が良いです。

とはいえ、だからといって年配の人の髪型を参考にする必要はありませんよ。

髪型には、アレンジ次第で若い人から50代くらいまで似合うオールラウンドな髪型もいくつかあります。

そういった髪型を選ぶのもひとつの方法です。

若い子向けの髪型は避ける

上にも書いたとおり、若い子向けの髪型はもう似合いません。

残念ながら、無理に若い子向けの髪型をしてしまうと、顔を髪型がちぐはぐになっていまうと、よけいに老けた印象になってしまいます。

ときどき、後ろ姿は若いのに正面を見たら顔を髪型が違いすぎてびっくりしたという人を見たことはありませんか?それは、こういった理由からなのですね。

なお、今の若い子向けの髪型はもちろんですが、自分が若い頃にしていた髪型もNGですよ。

いまの年齢に見合う髪型や、実年齢よりもやや若いくらいの髪型をする方が、若々しい印象を与えられるはずです。

次からは、「若作りにみえてしまう髪型」の特徴をご紹介していこうと思います。

若作りに見える髪型とは

「若く見える」というのは嬉しいですが「若作りをしている」と見えるのは嬉しくない印象ですよね。

では、なにをしてしまったら「若作りに見える」髪型になってしまうのでしょうか?

次からは、「若作りに見える髪型」の代表的な9点をご紹介していきます。

ぱっつん前髪

ついつい可愛い印象と、自分でも作りやすいと言う理由から「ぱっつん前髪」を行ってしまっている人はいませんか?

ぱっつん前髪は、若い子や幼い子ならば可愛らしく、若々しい印象となりますが、アラフォーとなると、多くの場合、やや痛々しい印象になります。

綺麗な黒髪ストレートの髪にぱっつん前髪は、格好いい印象になる女性も居ます。

しかし、一般的なアラフォー女性にはやはり難易度が高く、多くの場合で若い人からの印象は「おばちゃんが前髪を短くしてるはダサイ」と感じてしまうようです。

一番の理由は、もともとは幼い子の髪型だという印象も大きいので「若作り」感が強くなる為ではないかと思いますが、それに加えて、実際に前髪をしっかりと作ってしまった方が、左右対称の印象が強く顔が老けて見えることが多いのも理由になっているようです。

オン眉前髪

眉毛よりも上で切られた前髪というのも、一部の若い子の間では人気で、若い子がしていると可愛い印象や格好いい印象がある髪型ですね。

しかし、髪型によってはアラフォーの女性にはやはり痛々しい印象になってしまいやすい髪型なようです。

理由は、短い前髪というのは赤ちゃんや幼い子の髪型を彷彿とさせる髪型であるため、こちらも幼い印象を与えやすいことからくるのでしょう。

あとは、冒険をしすぎている印象が強くなるのも大きいかも知れません。

どうしても短い前髪に挑戦したい場合は、全体に短くベリーショートヘアーにして、前髪もざっくりとした切り方にするなど、幼い印象からできるだけ離れるようにすると、悪い印象にはならないかもしれませんね。

【オン眉については、こちらの記事もチェック!】

明るすぎる髪色

そもそも、近年は明るすぎる髪色というのはあまり流行っていない風潮ですが、やはり年齢を重ねるに連れて、明るすぎる髪色というのは周りの視線も痛くなります。

しかも、それだけでなく「若作り」や「自分の年齢を判っていない人」という風に見られることが多いようです。

なので、周りから「若作り」ではなく「年寄り若々しく見える」という良い印象をもたれたいという人は、「やや明るい」くらいの髪色に変える方が、印象が良いようです。

とはいえ、どのくらいの明るさまでなら印象が悪くならないのか判らないひとも多いかと思います。

それについては、この場で文字だけで説明するのは難しいのですが、一番無難なのは「ブラウン系」のカラーです。

それでも判らない場合は、美容院に行きスタイリストさんに「今の自分に似合うカラーを教えてください」と素直に訊いてみるのも良いと思いますよ。

グラデーションカラー

「グラデーションカラー」というのは、やや個性的になりがちなカラーですよね。

外国人風のカラーリングということで、数年前から若い人に人気のカラーリングです。

しかし、この髪色、グラデーションということで、パーマや巻き髪をしたロングヘアーにすることで、より効果が高い髪型でもあります。

カラーリングの工程としても何度もカラーリングを行う場合も多い為、髪も傷みやすく、その上ロングヘアーの巻き髪にグラデーションカラーというのは、やはりどうしても「若作り」と見られやすくなり、あまり良いことがない場合が多いです。

もちろん、最近はアラフォーの女性にも似合うグラデーションカラーというのも出てきています。

ですが、若い人と同じ様なグラデーションカラーは難しいと捉えておきましょう。

巻き髪

こちらも、上と同様に使い方を間違えると「若作り」となり、痛々しい印象になるか、逆に年齢以上に老けてみられる可能性が高くなります。

アラフォーの女性が上手に年相応に「似合う巻き髪」をしようとするならば、髪色や前髪についても気を付けて行うようにしましょう。

出来ることならば、前髪は作らず、髪を巻くのもロットを大きくしゆるめに巻く方が大人っぽく、色っぽくなり、良い印象になるようです。

髪色についても、明るすぎず、自然な茶色や黒に近い色を選ぶと、ナチュラルな印象となりおすすめです。

ポニーテール

「ポニーテール」というと、「アラフォーには無理!」と思う人も多いかもしれません。

しかし、実は「結ぶ位置」にさえ気を付ければ、アラフォーでもポニーテールは行うことが出来るのです。

暑い時期や、ちょっとした運動をするときにはやはり髪はまとめておきたいですよね。

そして、まとめるときもできることならば若作りではなく若々しい印象にしたいものです。

そこで、アラフォーでも痛々しくないポニーテールの結び方をご紹介します。

1.緩く束ねる。

2.普段よりもやや高めに持っていき、髪ゴムで止める。

(襟足から5~7センチ程度)
3.縛った髪の部分の少し髪ずつを引き出し、無雑作感を出す。

4.最後にシュシュなどのヘアアクセサリーをつけて完成。

たったこれだけで、アラフォーでも違和感のない落ち着いた大人のポニーテールが完成しますよ。

ツインテール

ツインテールは、ポニーテール以上に難易度の高い髪型です。

もちろん、こちらにも大人向けのツインテールとして、低い位置のツインテールもあるにはあるのですが、さすがにアラフォーまで行くと、少々無理しすぎな感じが強く、「若作り」と捉えられてしまうことの方が多いようです。

もちろん、職業柄や状況によってツインテールの方がよい場合もあるでしょう。

しかし、そういった状況ではなく、オシャレとしてのごく一般的なツインテールは、さすがにこのアラフォーではやめておくのが無難だと考え、あきらめましょう。

真っ直ぐすぎるストレート

真っ直ぐすぎるストレートというのは、実際はどうであれストレートパーマなどの不自然な方法による髪型だと思われやすく、さらに、多くの場合で若い人のイメージが強い髪型となるので、どうしても「髪型と顔が合っていない」、「ちぐはぐしている」といった印象を相手に与えます。

つまり、そういった髪型は老けて見えることが多いのです。

さらに、真っ直ぐすぎる髪は、顔立ちのカバーはほとんどしてくれません。

むしろ真っ直ぐゆえに、顔の輪郭などを悪い方に主張してしまい、返って老けて見させてしまうのです。

それに対して、自然な丸みのあるふわっとした髪型の方が顔のたるみやシワもカバーしてくれます。

アラフォーになってからは、もう真っ直ぐすぎる髪型はあきらめましょう。

大きなヘアアクセサリー

大きなリボンやボンボンなど、大きなヘアアクセサリーは可愛いですよね。

しかし、大きなヘアアクセサリーの多くは、大きくなればなるほど、子供が着けるヘアアクセサリーのような印象を与え、幼く見られがちです。

つまり、アラフォーの女性には、幼く見えるアイテムは返って老けて見えてしまう効果があります。

残念ですが、大きなヘアアクセサリーはもうあきらめましょう。

そのかわりに、ゴージャスなゴールドやシルバーのバレッタや飾りゴム、シックな柄のシュシュなど、若い頃は大人っぽくなり過ぎて使えなかったヘアアクセサリーが似合う年頃です。

そういったヘアアクセサリーを存分に楽しんでください。

アラフォー髪型のポイントは大人可愛さ

ここまで、アラフォーの髪型について色々書いてきましたが、いかがでしたか?

「アラフォーに似合う髪型」と一言でいうと、なんだが「もう若作りは無理」と言われているみたいで複雑な心境になって人もいるかもしれません。

たしかに、若作りや昔と同じ髪型はもう無理なのだと今回は説明しました。

しかし、かならずしも悪い事ではないのです。

日本人は見た目は若い方がいいと言う傾向があるので、やや難しいかもしれませんが、「それだけ大人っぽいものが似合う歳になった」のだと捉えてみましょう。

考えてもみて下さい。

20歳の頃には大人っぽく過ぎて出来なかった髪型や、着れなかった服が似合うですよ。

さらに言えば、今だって決して「可愛い」をあきらめる必要はないのです。

むしろ今だから「大人+可愛い」という新しいジャンルの髪型や服装を楽しめる。

そう考えたら、オシャレの幅が広がったのだと思いませんか?

是非、アラフォーの今だから出来る「大人可愛い」髪型で新たな自分を見つけ下さい。

とはいえ、髪の毛のトラブルは、老いて見せてしまう原因の一つです。

上の章でも書きましたが、薄毛や痛みが気になる人は、規則正しい生活や、髪によいとされる食事に改善していくと共に、ケア用品をいろいろと試してみるのも良いでしょう。

最近は、様々な髪用の美容液や育毛剤、シャンプーやトリートメントもアラフォーにぴったりなものが沢山でていますよ。

どれも、ノンシリコンや、無添加にこだわった安心で安全な商品もでてきます。

自分で調べたりすることが苦手な人は、美容室やドラッグストアで相談するというかたちでも大丈夫です。

きっと、親身になって相談に乗ってくれますよ。

まずは、自分の悩みにしっかりと向き合い、どんな形でもよいので改善に向けて動き出しましょう。

そうすれば、きっと豊かで美しい髪が戻ってきますよ。