CoCoSiA(ココシア)

わだかまりを解消するための15個の解決方法

お互いの考えの違いや、意見の食い違いからわだかまりが生まれる事は、人間関係においてよくある話です。

色々な誤解からもわだかまりは生まれますし、そのままほっておくと後戻りができない状況になってしまうことも多いです。

なのでわだかまりができたと感じたのであれば、すぐに解消する方向へ持っていかなくてはいけません。

全てを後回しにしていると、すでに取り返しのつかない状況になっていることは多くあります。

しかし、人間ですから感情というものがあります。

この感情が邪魔をしてわだかまりを解消せずにそのままでいようと考える人は多いですね。

わだかまりを解消するのは、非常に難しいことでなかなか解消しようと思っていても、お互いが理解し納得をしあわなければ解消できるものではありません。

そうしていくうちにどんどん関係が悪化してしまい、いつのまにか疎遠になってしまう。

そんな経験もしかしたら今まであったかもしれません。

あなたは今までわだかまりが生まれたら、どんな対処法をしてきましたか?

また、その対処法に失敗してしまいわだかまりが解けずにそのまま、その相手とは2度と会う事はないといったことも経験していませんか?

人と人の間に生まれるわだかまりには、マイナスしかありません。

なので、わだかまりなんて生まないのが一番ですが、この世の中には色々な人がいますし、その人全員同じ考えで生活しているわけではありません。

なので、わだかまりが生まれるのも必然のことでしょう。

なのでわだかまりは生まれたらすぐに解消する、これにつきます。

では今回は、できてしまったわだかまりをいかに早く解消する方法を紹介しています。

これから先、あなたにもわだかまりが生まれてしまう可能性も考えられますし、いま現在まさにわだかまりを持った相手がいるという人もいるかもしれません。

そんな方は是非今回の記事を参考にし、わだかまりを一刻も早く解消することをおすすめします。

この記事の目次

わだかまりを解消するための方法15個

わだかまりを解消する方法にはいくつかの方法があります。

説明するのは簡単ですが、行動をすることは難しいです。

少しでも自分に変なプライドがあればできない行動ばかりです。

しかし、しっかりと理解し行動する事で、わだかまりの解消も早く済むことでしょう。

やはり、わだかまりとは目に見えないケンカとか確執みたいなものです。

相手があなたに対して不信感や嫌な気持ちを持っている事に間違いありません。

そういったことは大きな誤解から生まれていることも多々あるでしょう。

なので、まずは相手に何かを求めるのではなく、自分から心を開いて折れる事が重要だといえます。

これは、変な感情や悪いのは相手だという気持ちでいては、絶対にできないことです。

しかし、そういったことをしなければ間違いなくわだかまりを解消する事は不可能でしょう。

「別にわだかまりを解消しなくても良い」そう考えているのであれば、別に問題はないですが、

少しでもわだかまりは解消した、生んだ誤解を解きたいと考えるのであれば、まずは自分が下手に出る覚悟と行動が必要になります。

1.まずはしっかりと自分の悪かった点を謝る

やはりわだかまりを解消するには、まずは自分から謝罪するという行動が考えられます。

原因がなんにせよ、まずは自分が悪かった点を謝る様にしましょう。

年齢を重ねていくうちに、どんどん自分から謝罪をするという行為が難しく感じる人もいます。

例えば、部下と上司の間にできたわだかまりだと、上司から謝るのは難しいと感じる人は多いでしょう。

しかし、そんな考えではいけません。

常に謙虚な姿勢を持ち、自分に何か悪い点があったと感じるのであれば、自分から謝るというのが筋です。

しっかりと筋を通し、誠心誠意謝罪をすることによって、その気持ちは相手にも伝わる事でしょう。

謝ってみたり意外と簡単にわだかまりを解消できたということは多いです。

「ごめんなさい」そんな一言を言わないがために、大切な人とのわだかまりを解消できずに残念ながら別れにまで至ってしまった人は多いでしょう。

そうならないためにも、いつでも悪い点は謝罪をできるという謙虚な姿勢は持っておきたいものです。

2.どういう風に改善するかを伝える

わだかまりの解消案を考えそれを相手に伝えましょう。

どういった風に改善していくのかの提案をしてみるんです。

これは自分本位に考えてはいけません、考えるポイントとしては相手がしっかりと納得するような、相手の立場になった改善策です。

少しでも自分が得しようとしている改善策だなと相手に思われると、わだかまりを解消するどころか余計悪化してしまうでしょう。

なので具体的に、相手が納得できるような内容を考えて下さい。