お互いの考えの違いや、意見の食い違いからわだかまりが生まれる事は、人間関係においてよくある話です。

色々な誤解からもわだかまりは生まれますし、そのままほっておくと後戻りができない状況になってしまうことも多いです。

なのでわだかまりができたと感じたのであれば、すぐに解消する方向へ持っていかなくてはいけません。

全てを後回しにしていると、すでに取り返しのつかない状況になっていることは多くあります。

しかし、人間ですから感情というものがあります。

この感情が邪魔をしてわだかまりを解消せずにそのままでいようと考える人は多いですね。

わだかまりを解消するのは、非常に難しいことでなかなか解消しようと思っていても、お互いが理解し納得をしあわなければ解消できるものではありません。

そうしていくうちにどんどん関係が悪化してしまい、いつのまにか疎遠になってしまう。

そんな経験もしかしたら今まであったかもしれません。

あなたは今までわだかまりが生まれたら、どんな対処法をしてきましたか?

また、その対処法に失敗してしまいわだかまりが解けずにそのまま、その相手とは2度と会う事はないといったことも経験していませんか?

人と人の間に生まれるわだかまりには、マイナスしかありません。

なので、わだかまりなんて生まないのが一番ですが、この世の中には色々な人がいますし、その人全員同じ考えで生活しているわけではありません。

なので、わだかまりが生まれるのも必然のことでしょう。

なのでわだかまりは生まれたらすぐに解消する、これにつきます。

では今回は、できてしまったわだかまりをいかに早く解消する方法を紹介しています。

これから先、あなたにもわだかまりが生まれてしまう可能性も考えられますし、いま現在まさにわだかまりを持った相手がいるという人もいるかもしれません。

そんな方は是非今回の記事を参考にし、わだかまりを一刻も早く解消することをおすすめします。

わだかまりを解消するための方法15個

わだかまりを解消する方法にはいくつかの方法があります。

説明するのは簡単ですが、行動をすることは難しいです。

少しでも自分に変なプライドがあればできない行動ばかりです。

しかし、しっかりと理解し行動する事で、わだかまりの解消も早く済むことでしょう。

やはり、わだかまりとは目に見えないケンカとか確執みたいなものです。

相手があなたに対して不信感や嫌な気持ちを持っている事に間違いありません。

そういったことは大きな誤解から生まれていることも多々あるでしょう。

なので、まずは相手に何かを求めるのではなく、自分から心を開いて折れる事が重要だといえます。

これは、変な感情や悪いのは相手だという気持ちでいては、絶対にできないことです。

しかし、そういったことをしなければ間違いなくわだかまりを解消する事は不可能でしょう。

「別にわだかまりを解消しなくても良い」そう考えているのであれば、別に問題はないですが、

少しでもわだかまりは解消した、生んだ誤解を解きたいと考えるのであれば、まずは自分が下手に出る覚悟と行動が必要になります。

1.まずはしっかりと自分の悪かった点を謝る

やはりわだかまりを解消するには、まずは自分から謝罪するという行動が考えられます。

原因がなんにせよ、まずは自分が悪かった点を謝る様にしましょう。

年齢を重ねていくうちに、どんどん自分から謝罪をするという行為が難しく感じる人もいます。

例えば、部下と上司の間にできたわだかまりだと、上司から謝るのは難しいと感じる人は多いでしょう。

しかし、そんな考えではいけません。

常に謙虚な姿勢を持ち、自分に何か悪い点があったと感じるのであれば、自分から謝るというのが筋です。

しっかりと筋を通し、誠心誠意謝罪をすることによって、その気持ちは相手にも伝わる事でしょう。

謝ってみたり意外と簡単にわだかまりを解消できたということは多いです。

「ごめんなさい」そんな一言を言わないがために、大切な人とのわだかまりを解消できずに残念ながら別れにまで至ってしまった人は多いでしょう。

そうならないためにも、いつでも悪い点は謝罪をできるという謙虚な姿勢は持っておきたいものです。

2.どういう風に改善するかを伝える

わだかまりの解消案を考えそれを相手に伝えましょう。

どういった風に改善していくのかの提案をしてみるんです。

これは自分本位に考えてはいけません、考えるポイントとしては相手がしっかりと納得するような、相手の立場になった改善策です。

少しでも自分が得しようとしている改善策だなと相手に思われると、わだかまりを解消するどころか余計悪化してしまうでしょう。

なので具体的に、相手が納得できるような内容を考えて下さい。

具体的というのもポイントで、あまりにざっくりしていると「ただの口だけじゃないか?」なんて思われることもあるので、しっかりと具体的に時期なんかも一緒に考えると良いでしょう。

やはり人を納得させるには、具体的な数字は必要です。

いつまでに〇〇というような、明確な日にちを提示するのも良いでしょう。

3.素直に本音を話す

わだかまりができる原因として、本音を相手に言えずに自分の中に言いたい事を溜めてしまって、ひとりで勝手にストレスを溜めてしまうなんてことがあります。

相手も、そんなあなたの態度に気づきますし、良い気分はしないでしょう。

「言いたいことがあるなら、はっきり言ってよ」なんて思われてしまうでしょう。

そして、お互い素直になれずにどんどんわだかまりが悪化してしまうという悪循環に陥ります。

素直に本音を話さないのは、お互いにとってもマイナスですし、自分にも相手の為にもなりません。

多少、相手が傷つこうとも本音を話す事は、信頼関係を築く上で大切な事です。

もちろん言い方も大事ですし、気を遣わなければいけない場合もあるでしょう。

しかし、大切なのはそれが本音であるかどうかです。

取り繕った言葉で話していては、相手との距離は遠ざかるばかりです。

4.誤解されているならそれをきちんと説明する

誤解はわだかまりを生む大きな原因になります。

誤解はお互いにすれ違いなどがあるとすぐに起こってしまうもので、ちょっとした勘違いなどが引き金になり生まれてしまう事も多いです。

そういった時には、まずはその誤解を解く行動をしなくてはいけません。

なんでそんな風に思われているか、なぜ誤解が生じてしまったのか、全てをきちんと説明するようにしましょう。

言い訳がましく話してもしょうがないので、ありのまま全て伝えるのです。

小さな誤解が、大きなわだかまりになってしまうことは多々あることです。

「そんな大した原因でもないのに」なんて軽く考えていると、取り返しのつかない事になることもあります。

なので、小さな誤解をされているのであれば、相手が納得できるようにきちんと説明するようにしましょう。

5.相手を避けない

何かわだかまりがあると、その相手を避けていたいとにかく近くにいたくないと考えるのが普通の考えではないでしょうか?

しかし、わだかまりがあるからといって、その相手を避けているのであれば、確実に良い結果へと繋がらない事でしょう。

なので、わだかまりを解消するには避けるのではなく、積極的に話しかけていかなくてはいけません。

相手から待つのではなく、全てこちら発信で話しかけたり、コミュニケーションを取る様にしましょう。

最初はわだかまりの原因がなんなのかわからない場合が多いです。

しかし、そうだからといって避けているだけでは、何も事が進まない事でしょう。

とにかく話してみて、相手と自分にはどんな問題が生じているのか把握する必要があります。

コミュニケーションを取っていれば、おのずとそのわだかまりの原因は見えてくることでしょう。

6.笑顔で感じよく接する

わだかまりがある相手と接する時は、「こいつ嫌だな」という雰囲気を出すのは絶対にやめましょう。

嫌だという雰囲気は、間違いない相手に伝わります。

ただでさえわだかまりがあるのですから、そういった雰囲気を感じさせてしますと、今以上にあなたに不信感を抱いてしまう事でしょう。

なので、笑顔で感じよく相手が好印象を持つような態度で接する必要があります。

わだかまりがある相手だからこそ、こういった立ち振る舞いは必要になります。

少しでも相手に「この人はいい人かも」なんて思わせる事ができればあなたの勝ちです。

例え相手があなたに対して苦手な雰囲気を出していたとしても、あなたはしっかりと笑顔で好印象の態度を心掛けましょう。

7.感情的にならず冷静に話し合うこと

相手とのわだかまりを解消するには、会話をなくして解消はないわけですが、その時に感情的になるのは避けましょう。

感情的になってしまうと、思ってもみないことを言ってしまう可能性もありますし、ケンカ腰になってしまうこともあります。

あくまで冷静に、なぜお互いにわだかまりが生まれているのか、その原因はなにか、解決策はなにかということを冷静に話し合ういようにしましょう。

感情的になると、せっかくわだかまりが解消できそうなチャンスがやってきても、無駄になってしまう。

人間感情的になってもなんの得もありません。

感情を出さずに、客観的な考え方や客観的な意見を取り入れた話し合いができると、良い方向へ持っていけるはずです。

冷静に話し合う事で、相手の言い分も素直に聞くこともできますし、相手も自分の意見を素直に聞いてくれる姿勢を持ちやすいでしょう。

8.根に持ったり執着する気持ちを無くす

何か相手に不満を持っていたり、嫌な気分があるとその気持ちを隠すのは難しいものです。

どうしても根に持ったり、執着してしまう気持ちもあるでしょう。

しかし、そういった気持ちがわだかまりを解消できない理由のひとつとなります。

こういった負の気持ちというのは、自分の態度に現れやすいです。

相手がそんな雰囲気にきづくのに敏感な人であれば、あなたが自分に対して良い気持ちをもっていないと感じ取ってしまい、わだかまりなんて解消はできないことでしょう。

なので、このような根に持ったり執着する気持ちは心から完全に取り払わなければいけません。

逆に、このような気持ちをなくし相手に対して真っ新な気持ちで接する事ができれば、相手もあなたに対しては嫌な気持ちにはならないことでしょう。

9.時間が解決してくれるのを待つ

とにかくわだかまりを解消しようと、色々行動して見たり相手にアクションを仕掛けて動向を見ようとしても、全てムダに終わってしまうこともあるでしょう。

結局は、こちらが心を開いても、相手が心を開いてくれなければわだかまりが解消する事はありません。

原因が小さい事であれば、そこまで大変ではないかもしれませんが、わだかまりができた原因大きかったり、

そう簡単に解消できないようなものであれば、どんなことをしても相手の心には響かない可能性も高いです。

なので、そんな時は、あえて何もせずに時間が解決してくれるのを待ちましょう。

怒りや悲しみは時間が立つことによって収まる事は大いに有り得る事ですからね。

11.相手のせいばかりにせず自分の悪いところも見つめる

誰かとわだかまりができてします、ギクシャクした関係が続いていると、どうしてもその原因にあるのを相手のせいばかりにしてしまいたくなります。

やはり人間は、自分が一番かわいいですから相手がいる場合、自分よりも相手が悪いと思ってしまいがちです。

例え本当に相手が悪かったとしても、少しはあなたにも原因はあるはずです。

なので、何から何まで全て相手のせいにするのではなく、まずは自分がどんな部分に悪いところがあるかというのも、一度見つめなおしてみるのも良いかもしれません。

「100%相手が悪い」という考えでわだかまりがあるのであれば、それはもうその相手とは付き合っていく必要はないでしょう。

少しでも自分にも非があるのであれば、それは認めなくてはいけません。

相手に何かを求めるよりも、まずは自分の悪いところを直す努力をしたいところです。

12.相手を許す気持ちを持つ

自分の非を認めることができたなら、次は相手を許してあげる気持ちを持つことが大事です。

わだかまりができたのには、お互いに原因があります。

どちらが悪かったとは、どちらの方に非が大きいとかは関係ありません。

まず、わだかまりを解消したいのであれば、あなたの気持ちを整理し変化させていかなくてはいけません。

そういった時に、始めに相手に許す気持ちを持つようにしましょう。

相手が何か嫌な事をしてきたり、おかしな態度をとってきてできたわだかまりもあるでしょう。

しかし、そんな時にも相手を許してあげるのです。

許してあげる行為とは、とても難しい事ですし、心に余裕を持たなければできないことですが。

もしそれができればわだかまりも解消できる可能性も高くなりますし、何より自分の人間力も向上します。

13.過去にこだわらず未来を考える


昔のことや過去にこだわっていると、先に進めません。

そう考えれば、お互いに何かがあってわだかまりができてしまったということは、もう過去の話しです。

考え過ぎはよくありませんよね。

いつまでもわだかまりができてしまった原因を考えたり「あの時にあんなことをしていなければ、今ごろはわだかまりなんてできなかったのに」

なんていう、過去の後悔をしているのは、完全に時間の無駄といえるでしょう。

前の事を考えるよりも、自分の未来について考えて行くようにしましょう。

そういった気持ちになれば、早くわだかまりを解消しようと考え行動するでしょうし、

もしわだかまりができた相手が自分の未来にいなかった時、小さなことは考えずに次へと進むことができます。

14.悪意がないことをしっかり伝える

わだかまりができた原因として、何か誤解でできてしまった場合、自分には一切悪意がなかったことはしっかりと伝えなくてはいけません。

言葉や行動って受け止める側の捉え方で大きく変化します。

なのでこちらは、何も考えずに発した言葉なんかであっても相手には悪いように捉えられたり、思ってもいないところで傷つけてしまうこともありますね。

それが原因でわだかまりができてしまうことはよくあることで、そういったあなたが発した何気ない言葉や行動で相手を傷つけてしまったのであれば、それは謝る必要はあります。

しっかりと悪意がなかったという前提で、気持ちを伝えるようにしましょう。

15.また良い間柄になりたいという気持ちを諦めずに伝え続ける

あなたはなぜわだかまりを解消したいと考えるのですか?

もちろん、その相手ともう一度良い間柄になりたいという気持ちが強いからですよね?なのでその気持ちを諦めずに持ち続けるようにしましょう。

いかに相手が自分にとって大切な人間なのか、そういったことを理解できるようになれば、

自然と相手の気持ちを理解しようともしますし、何か相手に良いことをしてあげたいという気持ちも芽生えるものです。

大切な人って、いなくなってから本当に大切だったんだときづくことができます。

本当に大事な人は、気づいた時には自分の周りからはいなくなっていることもよくあります。

そうなるまでに、相手にはもう一度良い関係に戻りたいという言葉や行動は、かけ続けることは大切なことになります。

わだかまりが解けると絆がより深まる


色々とわだかまりを解消する為に、本気で行動したり相手と心から向き合い、そのわだかまりが見事に解消できたとしましょう。

そうした時には、以前よりも深い信頼関係で結ばれ、前以上の関係性になっていることは間違いありません。

わだかまりが解けると、お互いの絆がより深まるということでしょう。

しかし、原因が大きいわだかまりほど、解消するのは難しいでしょう。

そのわだかまりを解消していく過程で色々な出来事や、心境の変化というものがあるはずです。

そういったことを乗り越えることができれば、お互いの絆は確実に深まります。

何か辛い事を一緒に経験した人って、なぜか絆が深まっていることがありませんか?

それと同じで、わだかまりを解消しようとすると自分の気持ちと闘ったり、相手のことを考える機会が多くなります。

そうすることで、相手の気持ちも理解しようとしますし、今までとは違った視点から相手を見れる事でしょう。

そういったことが原因で、わだかまりを解消すると、絆が以前より深まります。

1.より本気で語り合えるようになる

わだかまりを解く過程で、お互いが本気で本心を言いあわなければ解消できない原因もあるでしょう。

そういった時に、お互い心から本音で話し、お互いの言葉を素直に受け入れることができれば、それはわだかまりの解消に繋がります。

そうやって、わだかりを解くことができた間柄であれば、今後は本気で思っていることを語り合えるようになるでしょう。

いくな仲が良くてもお互い本音を言い合わない友達なんかもいますよね?

そうやって本音を言い合わない関係ってどうでしょうか?本当に親しい仲といえるでしょうか?

わだかまりが解けたふたりには遠慮がなくなっていることでしょう。

なので、心から本気でぶつかりあえるようになっています。

2.相手の性格の深層が理解できる

相手のことを考えることが増えることによって、相手はどんな性格をしていてどんな価値観をもっているのか、どのような考えた方をしているのかも理解する事ができます。

なので、相手の性格ではこのようなことをこう考えるというような、性格の深層がわかるようになります。

そうすることによって、自分はなぜ相手のことを好きなのか、今まで見えなかった魅力にまで気づく事ができるでしょう。

逆に、今まで見えてこなかった悪い部分も見えてくるはずです。

しかし、そういった悪い部分も含めてこの人なんだという理解ができれば、その悪い部分も全く気にはならないはずです。

相手の性格を理解するということ、相手を完全に認めてあげたということにも繋がるでしょう。

3.気にしなくて良いポイントが分かる

わだかまりが解ける前は、相手にも色々と気を使い「こう言えばどう思おうかな?」「これを言ったら怒るかな?」

なんて考えて接していたはずですが、一度わだかまりを乗り越えてしまえば、そういった相手が気にしないポイントというのもわかってくるはずです。

なので言いたい事も言えるようになりますし、ここまでなら大丈夫という線引きを自然とできるようになっています。

これは、本当の友達との関係にも似ているでしょう。

本当の友達とは、相手のことはあまり気にしません。

どういう人間かお互いわかっているので、ここまでいけば止めようなんてことは自然と理解し合っています。

4.相手との衝突が良い経験となり強くなれる

わだかまりを解消するのに様々な衝突なんかがあったことでしょう。

あなたはその衝突をどのようにして受け止めますか?ただの辛い経験をして、忘れ去りたい過去をしてしまっておくでしょうか?

こういった相手との衝突は間違いなく自分の大きな良い経験となります。

なので忘れずに、「昔はこんな出来事があったな」と胸にとどめておくようにしましょう。

自分の自信になるはずです。

また、お互いでもそういった話しをできるようになるともっと絆は深まるはずです。

わだかまりとは?

そもそもわだかまりとは、何か気持ちのなかですっきりしない感情のことを指します。

誰か他人に対して、何か気になることがあったり、お互いが理解しあっていなくて誤解が生じ、どんどん距離が離れていってしまうようなことです。

あなたも経験はないでしょうか?

若い頃によくあったかもしれませんが、凄く仲が良かったのに、相手の気にしない一言で傷ついてしまい、その仲が良かった子をどんどん距離が離れて行ってしまう経験ありませんか?これもわだかまりです。

何か相手に対して気に食わないことがあるけど、それを解消できないまま距離だけが離れて行ってしまうこと、これがわだかまりです。

もちろん、気になることや気に食わないことがあれば、その場ですぐに相手に確認したりすれば良いのですが、

わだかまりができる大きな原因として、お互いにまだ大きな信頼感ができていないということが挙げられます。

お互いに大きく信頼しており、何でも言える間柄であれば、わだかまりができづらいともいえるでしょう。

何かあれば、すぐに話して解消するでしょうし、相手がある程度どのような人間なのかもわかっているので、わだかまりができる原因はありません。

しかし、信頼関係が備わっていない他人などは、非常にわだかまりができやすい状況にあるともいえます。

特に男女関係なら起きやすいでしょうね。

若いカップルや、結婚したての夫婦などは、お互い好き同士ではあるかもしれませんが、まだまだ信頼関係に強固なものはできあがっていないはずです。

なので、非常にわだかまりができやすい関係性ともいえます。

相手のことは好きだけど、思っていることを言えないという関係性が、一番わだかまりを生みやすい関係です。

わだかまりが生まれる状況とは?

わだかまりが生まれる状況というのは、お互いに誤解を生じたり、お互いが相手に対して何か負の気持ちをもっている場合などに生まれてしまいます。

相手に好意は持っているけれど、思っていることを相手に対していえない状況になると、人と人との間にはわだかまりが生まれやすいといえるでしょう。

これは仕方がない状況で、例えばあなたには気になる人がいました、その相手に恋人はいるのだろうか?

相手が好きだけど、なかなか聞けませんよね?自分が好きという気持ちも言えないですし、思った事を聞けない日々が続き悶々をしてしまうでしょう。

ある日、誰かに「あなたの好きな人には恋人がいるらしい」ということを聞かされたらどう思うでしょう?

かなり落ち込むでしょうし、それは本当なのか?という疑う気持ちにもなるでしょう。

聞きたいけど聞けない、本当かどうかわからない噂を聞いた、そんな風になってしまえば、気持ちに何か引っかかるものができますよね?それがわだかまりです。

これは相手とは、そこまで仲良くない例ですが、これがお互いそこそこ仲の良い関係ならどうでしょうか?

こういった誤解や、噂を聞いたりすると、なぜか相手と距離を取ろうという考えになりませんか?

わだかまりが生まれる状況とは、こういった状況になります。

小さいうちに対処しないとどんどん巨大になっていく


わだかまりを甘く見ていると、気持ち的に痛い目に遭います。

わだかりが生まれそこまで対したことはないだろうと考えていて、非常に小さかったわだかまりがいつのまにか巨大化していて、

解消できないくらいひどいことになっているのはよくある話です。

なので、本当にわだかまりを解消したいと考えるのでれば、できるだけ早い方が良いですし、小さいうちの方がわだかまりは解消しやすいといえます。

わだかまりから生まれる感情とは?

わだかまりが生まれる感情とはどういった感情なのでしょうか。

それはいくつもあいrますが、間違いないのは相手に対して何かマイナスの感情を持った時ともいえるでしょう。

これはお互いに同時に持つのではなく、どちらかが一方に持ってしまえばそれはわだかまりの始まりといえます。

相手にマイナスの感情をもってしまう時ってどういった時でしょうか。

もちろん、その相手を何とも思っていなかったり、どうでも良いと考えている相手であれば、わだかまりは生まれないはずです。

わだかまりが生まれる相手というのは、それなりの付き合いがあったり、そこそこ仲の良い相手だったという場合が多いでしょう。

相手に対して何かを期待したり、どうにかしてほしいという感情が入っていると、何かトラブルがあった場合わだかまりができやすいといえます。

1.不信感を抱く

相手のことを信頼していて、それを裏切られた場合不信感を抱くはずです。

この不信感もわだかまりを生む感情となることでしょう。

信じている人に裏切られる行為は本当にショックな出来事ですし、そのような不信感を埋めるのは非常に大変です。

2.信頼が一気に崩れる

不信感と同じで、何か信頼されていたものを一気に裏切る行為をされた場合には信頼が一気に崩れます。

このような感情が生まれた時にもわだかまりができるでしょう。

考えらるのは、恋人関係であった人の浮気などでしょうか?こういったことをすれば、確実に一気に信頼が崩れるでしょう。

3.絶対に許さないという気持ち

大きなことでも小さなことでも、相手に絶対に許さないという気持ちがあれば、その相手とは距離を取ることでしょう。

そういったこともわだかまりを生んでしまいます。

何か相手の嫌な事をされた、そうすれば絶対に許してはいけない人という烙印を自然と自分の中で押してしまうので、近づきたくないと考えてしまいます。

それが大きなわだかまりとなります。