CoCoSiA(ココシア)

感謝したい人12選。みんな周りの人...(続き3)

10. 温かい眼差しで時々手を差し伸べてくれる親戚たち

誰にでも当てはまるというわけではありませんが、温かい親戚が要る方は、そうした方々に助けられて生きているという側面もあるかもしれません。

本当に困った時に助けてくれるのは自らの親戚だったということもあります。

家族の間でもめ事が起こった時に、親戚が間に入ってくれることもあるかもしれません。

親戚付き合いは時に面倒くさいこともありますが、何かあった時にた透けてくれる存在でもあるのです。

いつでも密に助けてくれる近親者とは違うかもしれませんが、温かいまなざしで見守ってくれている親戚が要る方は、

そうした親戚への感謝も生まれることがあるのではないでしょうか。

11. 無償の愛を注ぐ存在である子供たち


無償の愛を注ぐ相手と言えば、やはり自分の子どもでしょう。

子育てをしているときには、子どもに対して見返りを求めずに愛情を注ぎます。

自分は子供たちに感謝をされる側だという気持ちがあるかもしれません。

ですが、子どもがいてくれたおかげで人生に彩が生まれ、日々の生活が楽しいものになったのだと考えると、子どもに対する感謝の念が生まれるかもしれませんね。

また、親というものは年を取るにしたがって子どもに世話されることも増えていきます。

こうした面からも、子どもに対する感謝が芽生えることもあるでしょう。

12. 快適に暮らすことに陰ながら寄与してくれているご近所の皆さん

あまり思い浮かばないかもしれないかもしれませんが、あなたが快適に毎日を暮らすことができるのは、近所の方々の気遣いがあってこそかもしれません。

近所付き合いが密な地域では、近所の方々があなたの生活や成長を見守ってくれていたからこそ、安全に暮らすことができたのかもしれません。

地域のお祭りなどに参加している方は、それが地域の方々のボランティアによって成り立っていることも、大人になってから知るかもしれません。

近所の方々が成長を見守ってくれたのだと思えば、正式に感謝を伝えることはなくても、

帰省の際にお土産を買って行くなどの形で感謝を伝えることができるのではないでしょうか。

人は一人では生きていけない

上述のように、人は色々な人に支えられて生きています。

もちろん、中には家族や近所に恵まれずに、嫌な生活を送ったという人もいるでしょう。

そういった方は、無理をして毒親やひどい近所の人々に感謝する必要はありません。

また、嫌がらせをしてきた友人や同僚相手にまで感謝の気持ちを持たなければいけないわけではないのです。

ですが、そうした嫌な思いをした一方で、誰か助けてくれる人がいませんでしたか?辛い想いをしているときには自分の辛かった気持ちにスポットが当たりがちです。

ただ、その裏で支えてくれる人がいなかった勘がてえ見れば、おのずと感謝の力も生まれてくるのではないでしょうか。

人は一人では生きていくことができません。

感謝する相手などいない、憎らしい相手しかいないと思っている方でも、実は裏で誰かに支えられて生きて生きたということがあるかもしれません。

人間関係を良好にする感謝の気持ち

世の中に生きている人がみんな感謝の気持ちを持っていれば、人間関係はうまくいくでしょう。

ともすれば、人間関係はぎすぎすしたものになりかねません。

皆、本音と建て前を使いこなして生きていても、それだけではやはり、うまくいかなくなってしまいます。

お互いがお互いに感謝の気持ちを持っているからこそ、人間関係を良好にし、円滑に進めることができるのです。

人間関係の中で感謝の気持ちを持つことがなければ、社会の中はぎすぎすして孤独な人が増えてしまうでしょう。

素直に感謝を伝えることの大切さ

素直に感謝の気持ちを伝えることはとても大切です。

人間はエスパーではないので、言葉にして伝えなければ、相手が何を思っているか分かりません。

つまり、感謝の気持ちも心の中に抱えているだけでは意味がないのです。

相手に伝わって初めて、相手も「あの人が自分に感謝している」と言う事実を知ることができます。

確かに、感謝の気持ちは行動に変えることもできますが、直接的な方法でなければ、相手が本当に正しく受け取ってくれるかは分かりません。

せっかく、コミュニケーションの手段として言葉があるのですから、素直に言葉で「ありがとうございます」と言うことを伝えましょう。

行動で感謝の気持ちを伝えるにしても、やはり一言くらいは素直な気持ちで「ありがとう」と言うことができれば、相手も嬉しく受け取ってくれるはずですよ。

感謝の伝え方

相手に感謝の気持ちを伝えるにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

一通りの方法ではなく、相手が一番喜んでくれる方法での感謝の伝え方をしましょう。

感謝の伝え方のいくつかの方法を個々でご紹介いたします。