好きな女性がいるけれど、どのように振り向かせたらいいのかわからないそこのあなた!

毎日、その女性のことを考えるととても胸が高まりますよね。

それに話すことができた日には、相手の笑顔をみてとても幸せな気持ちになっていることでしょう。

しかし、相手の女性にすかれたいけれど、なかなか好かれなくて困っているのではありませんか。

女性は少なからずでも相手が自分に好意を持ってくれていると自覚することができれば、少しずつその相手に好意を寄せていくものです。

それなのにあなたの好意が伝わってない、相手の女性から好意を受け取ることがデキなのであれば、あなたになんらかの原因があると考えましょう。

その原因を改善し、あなた自身が新しい自分にならなければその女性を振り向かせるのは難しいでしょう。

大好きな女性だからこそ、他の男性にとられたくないのではありませんか?

そんなあなたのために、この記事では”好きな女性に好かれる方法”をお伝えしています。

それだけではなく、女性に絶対に言ってはいけない一言集などもご紹介していますよ。

この記事を確認すれば、大好きな女性に好かれるだけではなく、他の女性にもモテる人生が始まるかもしれません!

大好きな女性ともっと仲良くなりたいあなたも、モテたいあなたも要チェックすべし!

誰もが「好きな女に好かれたい!」と思うもの

あなたは、今思っているその好きな女性のことをどうして、いつから好きになりましたか?

知らないうちに好きになっていたという方もいれば、一目ぼれでずっと片思いをしている・・・なんていう方もいるかもしれませんね。

そのように片思いをするのもとっても楽しいものですが、できれば相手にも自分と同じように好意を抱いてほしいと思うものです。

その考えはおかしいものではなく、その女性を好きでいるのであれば誰でも感じる感情。

だからその感情を否定しないでくださいね。

とはいえ、なかなかその思いを叶えることができなくてイヤな思いをしているのではないでしょうか。

悔しくて、ヤケになって暴飲暴食に走ってしまっている方もいるかもしれませんね。

そのようにしても、現実は変わりません。

変わるといっても、それは悪い方向に変わるといっても過言ではないでしょう。

大好きな女性に嫌われる事態になってしまうということなんです。

そんなのイヤなはず!

好かれ方を知っていますか?

そんなあなたに質問です。

その大好きな彼女に好かれる方法というのがあるのを知っていますか?

その方法を知っていれば、すぐにでやるわ!とつっこまれてしまうかもしれませんね。

世の中には、あなたのようになかなか好きな女性に振り向いてもらうことのできない男性もいれば、すぐに好きになった女性とお付き合いを始める男性がいますね。

その両者の違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

そのような質問をすると、ほとんどの方は「顔だ」「容姿だ」と思うでしょう。

しかし、そんなことないんです。

たしかに人はすぐに目に入るのは”見た目”ですね。

その見た目が良いことはもちろんのことです。

といっても、顔がかっこよければいい、やせていればいい、イケていればいいというわけではありません。

誰にでも好かれる人ってそんなにかっこよい顔はしていないのに、モテる・・・という現実だってあるわけです。

そして、その次に人は”中身”を重視していきます。

見た目に加えて、その中身までもアップデートすることであなたはその女性に好かれることができるようになるんです。

そんな好きな女性に好かれる方法をこの記事でご紹介していきますよ!

好きな女に男性がやるべき10個の好かれる方法

女性に好かれたい!今すぐにでも両思いになりたい!恋人として二人の関係を早くにでも深めていきたい・・・。

でも相手の女性が自分のことを好きでいてくれている自信がなくて、告白どころか普通のデートのお誘いもできない!と困っているんですよね。

そのように悩んでいても、時間だけが無常に過ぎていくだけでその女性は他の男性に取られてしまうかもしれません。

それでいいのでしょうか?

さきほどもお伝えしたように、好きな女性に好かれるためには見た目を磨くだけではなく、中身までも一緒に磨いていかなければなりません。

人によっては、これまでの自分を否定された気持ちになるでしょう。

しかし、その女性と仲良くする、好かれるためには必須条件なんですね。

これからお伝えする10個の方法ができるだけでも、相手の女性に好かれること間違いなし。

それどころか、相手の女性からあなたに愛の告白をしてくれる状況にまで持っていくことができるかもしれません。

難しいと思うことも、まずはチャレンジしてみて!

それだけであなたの人生は、確実に現在よりも変わるのですから。

1、清潔になる

あなたは、身だしなみなど清潔にしていますか?

女性は、男性に比べると100倍ちかく”清潔感”に敏感な生き物です。

特に、「髪の毛を洗っていない」「洋服はいつも同じもの(洗濯をしていない)」「そもそもお風呂に入っていない」なんて最悪の状況になります。

好きな女性がいるということは、多少は身なりを気にするようになっているかと思いますが、それまでの人生の習慣によってなかなかキレイにしようという気持ちになれていないかもしれないですよね。

それに「あの子は、こんなところまで見ていないだろう」と思っているのでは?

そんなことありません。

女性は、男性の髪の毛にある皮脂、フケ、ニオイ、それだけではなく顔の汚れなどにもとても敏感です。

特にシワシワで洗っていないような洋服にも敏感。

また、あなたの好きな女性がいつもオシャレにしていて、さわやかな印象がある人であればさらにその確率はあがります。

それに人として、清潔にしていないのは会う人すべてに”失礼”に値することです。

ひどいことをいいますが、公害といってもいいかもしれません。

あなたには気づかない汚臭で周りの人を不快にさせていることだってあるんです。

これからは、毎日お風呂に入る、髪の毛は定期的に美容院や床屋でカットしてもらう、洋服は洗濯をする、汚れた靴をはかない、ヨレヨレの洋服はアイロンをかける習慣をつける(アイロンがないのであれば、クリーニングで格安でやってくれます)。

そのように自分をキレイに見せるようにしてください。

でかいニキビを治せ、といっているのではありません。

トータルでキレイを目指してください。

女性は清潔さに敏感

先ほどもお伝えしましたが、女性は清潔さにとても敏感な生き物です。

そのため、男性のちょっとした汚れに目がいってしまうんですよね。

その結果、「この人は汚いな」「なんかくさいな」「一緒にいるとイヤだな」という気持ちに発展してしまいます。

清潔にしていないだけで嫌われてしまう原因になるのです。

その好きな女性は、あなたの前では普通に接してくれているかもしれませんが、本心を話してくれていないのかもしれません。

相手に気を遣わせないためにも、ただキレイにするだけなのですぐに実践してください。

まずは、美容院でカットをし、シャンプーをしてもらうだけでも今の自分の姿がよく見えるようになるので美容院に行くことをオススメします!

2、面白い人になる

その好きな女性と一緒にいるとき、その女性にいつも話題提供をしてもらっていませんか?

もしもそうであるのであれば、今度はあなたから会話を切り出せるようになりましょう!

とはいっても、どんなことを話せばいいのかわからないですよね。

女性は、一緒にいて楽しいと思える人がすきです。

というか、そのような相手であれば一緒にいれば笑顔になるので、自然に好意を抱くようになるんですよね。

あなただって、毎回緊張してしまうような相手よりは、一緒にいていつも笑っていられるような相手といるほうが居心地がよいのではないでしょうか。

そのようにするためには、”面白い人”を目指してください。

といっても、これまでに面白いことをしたことがないと、そんなのとてもハードルが高いですよね。

お笑い芸人のように相手をたくさん爆笑させろ、といっているのではありません。

凝り固まった視点で物事をみるのではなく、やわらかい目で世間をみてください。

常識にとらわれず、固定概念に縛られないでください。

それだけで自然と面白いことがいえるようになります。

近寄り易い雰囲気を作る

また、そのようにユニークな考えでいたり、いつも明るい雰囲気でいるようにすると”近寄りやすい存在”になります。

あなたは、友だちになった人から「最初は近寄りがたかった」と言われるタイプではありませんか?

一度でもそのように言われたことがあるのであれば、その好きな女性にもそのように思われているかもしれません。

そんな風に思われたくないですよね!

だって近寄りがたい雰囲気の人のことを好きになるなんて、とても難しいことだとわかっているからです。

そのため、いつでも笑顔でいて、オープンな心でいてください。

そうすれば近寄りがたい雰囲気は多少はなくなり、近寄りやすい存在になります。

それと、ユニークな考えを持っている人だと伝えることができれば、そんなのおかまいなしに側にきてくれるかもしれません。

3、良い香りを身にまとう

清潔にしていれば、自然とくさいニオイがすることはありません。

そのような無臭のままでもいいのですが、もしも香水に興味があるのであれば香水などにチャレンジしてみましょう!

もしも、香水をつけるのに抵抗があるのであれば、ボディシートでよい香りのものを選んでみて♪

それか口臭ケアのスプレーでもフルーツの香りのものがあるので、それを使ってもいいですね!

きつくなり過ぎない様注意する

とはいっても、香水を選ぶとなるとどうしてもキツイ香りを選んでしまいがちです。

そのようなキツイ香りは選ばないようにしてください!女性は、男性よりも嗅覚がとても敏感です。

そのため、きついニオイにたまらなくなってしまうんですよね。

一緒にいるのがつらくなってしまうんです。

そうではなくて”ほんのり香る”ものを選んでください。

そしてつけ方も重要!家を出る30分前までには、つけるようにしてください。

そうすれば体温と調和して程よい香りの強さに変わります。

4、好きな女性を知る


あなたは、好きなその女性のことを知っていますか?第一印象だけで「こんな人なんだろうな」なんて決め付けていませんか。

第一印象だけでは、相手の全てを知ったことになりません。

だからこそ、さりげなく会話のなかで質問するようにしてその女性について知るようにしてみてください。

好みも分かり話しかけ易くなる

そうすることで、相手の好みの話題を提供できたり、その女性が好きなものの話題スポットに誘うことだってできるんです。

ちなみに筆者の弟は、好きな女性がスヌーピーマニアだったらしく、スヌピーミュージアムに連れて行ってあげたそうですよ。

5、陰で褒める

大好きな女性ですから、全てがパーフェクトに見えてしまいますよね。

その気持ちを素直に相手に伝えるのもいいですが、よかったら彼女のいないところで彼女をほめてください。

その女性と親しくしている友人とその女性の話題になったときに「あの子は本当にやさしい」「かわいい」なんていうだけでいいのです。

とはいえ、あなたの本心ですから話すのは恥ずかしいかもしれませんがやってみて!

そうすれば、その友だちが女性に伝えてくれます。

信用度も喜びも増す

本人に直接言われるのもとても説得力があるものですが、誰かに話していることは”本音”として受け入れられやすいですよね。

その結果、あなたへの信用度がまし、「そんなことをいってくれてたんだ」と喜びが増えます。

6、感謝と謝罪を言える人になる

あなたは、日ごろから「ありがとう」と「ごめんなさい」をちゃんと伝えることができる人ですか?もしもできていないのであれば、その性格を改めましょう。

なぜならば、感謝と謝罪を言えない人というのは”人間的に欠陥している”と思われやすいからなんです。

そんな風に好きな女性に思われてしまったら、恋愛対象としてみてくれません。

ちょっとした事だが差が付く

また、そのように感謝と謝罪が言える人というのは、その相手のことをしっかり観察しているということでもあります。

ちょっとしたことをしてくれた、ちょっと嫌なことをいってしまった・・・それって相手の表情や雰囲気を見ていれば気がつくもの。

そのようにして、相手にこまめに感謝と謝罪の気持ちを伝えることができれば「しっかりした人」「見てくれてる」と特別な位置に昇格できるのです。

7、聞き上手になる


女性は、もともと話をきいてもらいたい生き物です。

だからこそ、何時間もくだらない話でお茶会をしたりしているんです。

それが楽しいんですよね。

そのため、その女性と話しているときには、相手の話をしっかりききましょう。

それだけではなく、人の話を聞けない人は人間的に欠陥した人が多いです。

聞き耳をもっていないということなんですよね。

そんなめんどうくさそうな態度をしている人に恋心はめばえません。

【聞き上手になるためには、こちらの記事もチェック!】

会話を覚えてるとさらに好感度アップ

もしもその女性が「今度ライブにいくんだ!」と話してくれていたのであれば、その話題をライブが終わった頃に出してみてください。

その女性は「覚えてくれていたということ」にとても感激するはずです。

それだけではなく、好感度もあがりますよ。

あなただって、自分の話したちょっとした話でも覚えてくれているととてもうれしいのではありませんか?

8、決断力を見せる

女性は、優柔不断なことが多いです。

そのため、しっかりと決断力を持っている男性を求めていることが多いです。

そこで”男らしさ”というのを見ているんですよね。

もしも、あなたに決断力がないのであれば、今からでもちょっとした選択で迷わないようにしましょう。

「30秒以内に決める」ときめて、毎回繰り返してください。

そのようにしていると優柔不断ではなく、決断力が身につきます。

小さな事でも優柔不断にならない

どんなに小さなことでも悩んでしまうものですよね。

しかし、その姿をしっかりと女性は見ています。

まれにそんな男性をサポートしてあげたい、というような心の広い女性がいますが、全ての女性がそうではありません。

ですから、どんなときでもどんなに小さなことでも優柔不断にならないようにしてくださいね。

9、熱心に仕事に取り組む

女性は、プライベート面だけではなく仕事もしっかりとしている男性に魅力を感じるものです。

だからこそ、仕事も一生懸命に取り組みましょう!「仕事がめんどうくさい」「やめたい」なんてたやすく女性に伝えないこと。

好きな女性にはどうしても甘えたくなるものですが、相手はそんな男性は求めていません。

「応援したい」と思える男を目指す

一生懸命に働いている男性であれば、その姿を見て「応援してあげたいな」と思うものです。

がんばっている後姿、横顔、それなのにいつも笑っている姿にキュンとしてしまうもの。

女性は、ちょっとしたしぐさもみていますからとにかく仕事を一生懸命に取り組むようにしてみてください。

10、態度で好意を伝える

あなたは、相手に自分の気持ちをなんとなく伝えていますか?

かなり鈍感な女性だと、何度もデートに誘ってもなかなかこちら側の好意に気づいてくれないということがあります。

だからこそ、ちょっとわかりやすい方法で相手に好意を伝えることも大切。

朝や夜の挨拶のラインをする、ちょっとしたときに会う、誕生日などにお祝いをする。

それだけでいいのです。

だって、どうでもいい人にはそんなことしないでしょう?

好意を相手に気付かせる事が大事

相手が好意に気づいてくれたら、あなたをこれまで以上に気にするようになります。

あなただって、自分のことを好きかも知れないという女性がいれば、それまで気になっていなかったのになんとなく気になるのでは。

お互いに好意を寄せるようになれば、お付き合いがスタートするのもスグですよ。

好きな女性との会話で言ってはいけない言葉

これまでに好きな女性にどのようにすれば振り向かせることができるのかについて、アドバイスをお伝えしてきましたね!

それらを全てこなしているにもかかわらず、なかなか好きな女性に振りもらえてもらえないという方もいるのでないでしょうか?

好きな女性に振り向いてもらうためにいろいろなことをしているのに、そのようになってしまったのかわからず、途方にくれてしまいますよね。

それには、しっかりとした原因があるものなんです。

その原因や理由とは、ずばり”女性を嫌な気持ちにさせてしまうもの”になります。

「女ゴコロを理解するのは難しい」といわれているものですが、そのようなものだと考えて相手の傷つくようなことを簡単に口にしてしまうのは人間として問題があります。

男女関係だけではなく、どのような関係であっても相手の心をしっかりと把握して相手に嫌な思いをさせないようにする・・・そのようにお互いに振舞うことができて初めて、良い関係が築けるものです。

しかし、女性に対して女性が一番言われたくない言葉を発してしまったのであれば、その基盤を作るスタートラインにもつけないことになってしまいます。

自分で自分のスタートを阻害してしまっているんです。

決してあなたの顔の問題ではありません。

あなたの”中身”の問題なのです。

では、どのような言葉を”絶対に言ってはいけない”のでしょうか?

ぜひ参考にして、これからは絶対に伝えないでください。

そのように感じたとしても。

面倒くさい

女性って男性の自分としてはまったく理解できないようなことで怒ったり、泣いたり、わめいたりしてたまに”面倒くさいな”なんて思うこともありますよね。

しかし、それって男女という性別の違いがあるからなんです。

あなたと同じように相手の女性であっても、あなたに対して理解できなくてちょっと面倒くさいなと思うところがあるはずです。

それを伝えてこないのは、それは”大人な対応”をしているから。

ある程度大人になれば、相手に対する気持ちを率直にそのまま伝えるようなことはしないはずです。

「こういうことをいったら、どう思うか」その観点に基づき、相手に伝えるかどうかを判断するんですよね。

では、あなたはどうでしょうか?

そのように振舞うことはできていますか?

そもそも面倒くさいと思われるような態度をしてくるということは、相手の女性がアナタに心を開いている証拠です。

本当の姿を見せてくれている証拠でもあるんです。

それなのに、思い切ってあなたにそのように接したのに「面倒くさい」なんていわれたらどうでしょうか?どう思うでしょうか?

どんなに鋼の心をもった女性であっても、傷つきます。

そして「私のことは受け入れてくれない人だ」「私とは合わない人なんだな」なんて判断されることになるんです。

好きな女性とお付き合いできるようになれば、もっと相手のワガママを見ることになるでしょう。

お付き合いする前の段階で相手の性格にガマンできない、そもそもその性格を良く思わないのであればその女性とは絶対にうまくいきません。

それに面倒くさいなんて一度でもいわれたら、女性から恋愛対象外にされているはずです。

何で彼氏いないの?

とてもキレイだし、かわいいし、性格も問題ないのに彼氏がいないという女性はいるものです。

そのような女性を好きになると「どうして彼氏がいないんだろう」と疑問が浮かんでしまいますよね。

それは当然のことです。

これまでにお付き合いした男性とどんな別れ方をしたのか、もしかしたら男性のことをあまり受け入れない体質なのではないか・・・などなど疑うべきところはたくさんあるからです。

しかし、そのような質問であっても女性にぶつけてはいけません。

女性は、そのように言われると「どうしてずっと一人なの?」「どうしてモテないの?」なんて言葉を変換して受け取ってしまいがちなんです。

女性は、あなたよりもはるかに自分のことを気にしている生き物です。

あなたが友だちや女性友だちから「どうして彼女いないの?」といわれてなんとも思わなくても、女性はそこを敏感に受け取る生き物なんです。

ですから、絶対にいわないこと。

この言葉をいわれた女性は、その男性から全体的にバカにされているように感じるようになります。

あなただって、バカにされた人を好きになることなんてないでしょう?

それも最悪の卑下する言葉ですからね。

君の友達、苦手なんだよね

大好きな女性ともなると、お付き合いをしてなくても”本心で接したい””本音をきちんと伝えたい”と思う男性が多いですよね。

たしかに相手にも素直でいてほしいし、素直な気持ちで接してほしいものです。

しかし、伝えていいものと伝えてはいけないものがあります。

その女性をほめる言葉であれば、どんどんあなたの本当の気持ちを伝えてください。

しかし、反対にその女性の人間関係に言及するのはやめましょう。

お付き合いをすることになれば、しだいにその友だちとも交流する機会が訪れるかもしれませんね。

でも人間には”合う合わない”があるために、その友だちと馬があわないこともあるでしょう。

苦手なタイプであることもあるでしょう。

それをそのまま伝えていませんか?

そのように伝えれば、会わなくて済むかもしれないし、それに最初から伝えておいたほうがお互いのためのように感じますよね。

そんなことありません。

その女性は、「自分の女性をバカにされた」と受け取るからです。

それにあなたに友だちを紹介してくれたということは、それまでにあなたを信頼してくれている証拠でもあります。

その信頼をふみにじってしまったわけなんです。

また、これと同じようなもので女性の家族、ペット、住んでいる地域なども苦手だということを伝えないように。

誰だって自分の仲良しの人と仲良くしてもらいたいもの。

それを最初から「苦手だ」=「ムリだ」といわれてしまっては、もうその先を考えられなくなります。

ふーん

女性が一生懸命に話してくれている、伝えてくれているのに「ふーん」という一言で会話を終わらせていませんか。

女性は、男性に比べて事細かに話をしたい生き物です。

だからこそ、お茶をしながら何時間もずっと話していられる生き物なのです。

それにあなたにそうやって一生懸命に話してくれているということは、あなたに伝えたいことがあるからです。

あなたに心を開いていらなんです。

それなのに「ふーん」というたった一言、とても興味なさそうな返事がきてしまったらどうでしょうか。

「伝えなければよかった」「こんな人に話した私がバカだった」「もう話さないようにしよう」と思考がめぐらされます。

あなたの中では、きちんと話をきいていて返事をしているつもりかもしれません。

もしも、しっかりと話を聞いているのであれば、話の最中に相槌をうったり、その半紙に関してなにかコメントをすべき。

そのコメントがないのであっても、興味なさそうな態度できくのはやめましょう。

話をきいてくれない=自分を受け入れてくれない=自分を大切にしてくれない人だという方程式ができあがってしまいますよ。

その方程式ができてしまったら、確実に恋人関係になんかなれません。

どうせ~だし

あなたは、自分を卑下するクセがありませんか?

最初のうちは、そんなあなたの言葉に付き合っていてくれたかもしれません。

例えば、「オレはどうせできないから」「むりだから」なんて言っていませんか?

そのように言えば、彼女がかまってくれるとでも思っているのかもしれませんね。

しかし、そんなことありません。

どんなに強気な女性であっても、やはり引っ張ってくれる男性というものを求めているものです。

それなのに自分を卑下してばかりいるような、自分に自信のない男なんてどうでしょうか?ナヨナヨしていてとてもかっこ悪いですよね。

それになにかにつけて”かまってちゃん”なような気がして、次第に相手にするのがバカバカしくなってくることも。

何度励ましても全く変わらないからです。

女性は、あなたのお母さんでもアドバイザーでもありません。

恋愛関係という基礎をしっかり確認する必要があります。

俺って~なんだ

あなたは、過去の栄光などを女性に自慢していませんか?

また、自分の性格や好みなどを相手がきいてもいないのに自分から離してはいませんか?

例えば、「オレって昔はイケイケだったんだ!」「俺ってモテてたんだよねー」「俺ってさ、かわいくて明るい子がすきなんだよねー」なんて。

相手が聞いてきてこたえるのであれば問題ありません。

しかし、何も聞かれていないのに話すなんてただの”自意識過剰男”です。

それにあなたにとっては、過去の栄光で誰もがうらやましがる経験と思っているかもしれませんが、そうではないかもしれないんですよね。

ちなみに筆者(女)の男性の知人のなかで「俺は過去に暴走族に入ってたんだよね、マジでモテた」と話をしてくる人がいました。

誇らしげに語っていましたが、筆者にとっては暴走族なんて良いイメージはありませんし、それでモテてたといわれても・・・と反応に困りました。

それどころか過去にこだわりすぎている小さな男だな、とまで感じましたよ。

あなたは、好きな女性にそのように感じさせないようにしてくださいね。

好きな人に好かれたいなら人間的魅力を磨こう

好きな人に振り向いてもらえたらとてもうれしいですよね!

だって、両思いになれるということですから。

しかし、そのためにはあなたもできることから努力を始めなければならないのです。

とはいっても、すぐにできることばかりのアドバイスをご紹介して来ました♪

難しく考えずに、あなたも女性を振り向かせるためにぜひそれらを実践してみてください!