世の中には聞き上手な人、話し上手な人がいますよね。

そのどちらもが社会生活の中で必要とされる人であり、好かれる人でもあります。

逆に、聞き下手な人、話し下手な人もいますが、人間関係の上では少し損をしてしまうところもあるのではないでしょうか。

話し下手な人は、まだ、自分が人前で話す練習をすれば良くなるかもしれません。

友人同士の間での話し下手は、まだネタだと思ってもらうこともできますし、話しているうちに友人の方が慣れてくれるかもしれません。

ですが、聞き下手の場合にはそうはいきませんよね。

話し下手でも聞き上手であれば重宝されますが、聞き下手の人は人から嫌われてしまうこともあります。

時には、人を怒らせてしまうこともあるのです。

ですが、「聞く」というのは「話す」ことと違って訓練も難しいですよね。

それでは、聞き上手な人はどのようなテクニックを利用して話を聞いているのでしょうか。

聞き上手な人が自然と実践しているようなテクニックについてご紹介します。

聞き上手な人が自然と実践する12個のテクニック

聞き上手な人は、どうして聞くのが上手いと思われているのでしょうか。

何か聞き上手だと思われるような秘訣があるのでしょうか。

聞き上手な人は、あまり意識をすることなく人の話を聞いているのに、それが上手だと言われます。

ですが、生来、聞き下手だと言われる人は、そうした人たちが自然と実践しているテクニックを盗むしかありません。

聞き上手な人たちが、自然と身に着けることができるテクニックについてご紹介します。

それらを身につけて、自然と「聞くのが上手い」と思われるように頑張りましょう。

1. 相手の目を見てうなずきながらしっかり聞く


聞き上手の人は、相手の目を見て頷きながらしっかりと聞くことができます。

ただし、相手の目を見るとは言っても、相手が気まずさを感じてしまうような「ガン見」ではありません。

人は、あまり自分のことを見ない人に対しては語り掛ける気がしませんが、逆に、何を言っても自分の方を見ない人の話は聞くことができないのです。

聞き上手の人は適度に相手の顔を見て、しっかりと聞いていますというアピールをすることができます。

また、時折頷いている様子を見せることで、相手に共感しているという態度をとることができるのです。

このことで相手が安心して話すことができるような状態を作るのです。

2. 相手が言ったことをオウム返しして興味を示す

これは、カウンセラーの方が使う「傾聴」というテクニックの中にもある技術です。

相手が言ったことをおうむ返しにするというのは、相手に対して頭の整理を求めることができるテクニックです。

例えば「私は~~で悩んでいるんです」と言った相手に対して、聞き手側は「そうなんですね。

~~が辛いんですね。

それは大変ですね」というおうむ返しをすることで、相手に対してまず、「きちんと聞いていました」ということを主張することができます。

さらに、相手は、おうむ返しをされることで、自分の言ったことを再認識することができます。

自分の言った言葉が他の人の声でもう一度耳に入ることで、きちんと自分の感情や状況を頭の中で整理することができるのです。

また、聞き手の人が共感してくれたという想いを抱くことにもなります。

相槌に困っているという方は、ぜひ、このオウム返しを利用してみてください。

3. 内容に関して随時質問も入れる


内容は聞いているだけではなく、質問を入れることも大切です。

この質問は、面倒くさい深い質問ではなくても大丈夫です。

「~~だったの」という相手に対して、「へぇ。

~~って◇◇のことだよね」や、「~~って何だっけ?」「~~について前も言ってたよね」など、軽い質問だけで良いのです。

相手に質問する形式をとることで、話し手もその後の話がしやすくなるのです。

また、「聞き手が理解を深めるために質問をしてくれた」という感覚になるので、しっかりと聞いていたというアピールをするためにも有効な手段の一つだと言えるでしょう。

4. 相手を褒める

良い聞き手はただ聞いているだけではありません。

相手をきちんとほめることもできます。

褒められると気持ちが良くなってしまうのは、誰でも共通でしょう。

褒められて嫌な思いをするという人はなかなかいません。

例えば、「~~で大変だったから◇◇の対応を取ったの」と言う言葉に対しては、「すごいね、◇◇なんてできるんだ」や「そんな対応取れるなんて大人だよ」「私にはできないや、やっぱりすごいね、◇◇なんて思いつかなかった」など、話題に絡めてさりげなく相手を褒めることで、相手が気持ち良くなってくれるでしょう。

聞き上手な人は、相手を気持ちよくしゃべらせることができますが、雰囲気作りだけではなく、相手自信が「大変だったけれど、褒めてもらえて嬉しい」という気持ち良さを感じてくれるようにすることも大切なのです。

5. 表情豊かに聞く

聞き上手な人は相槌だけではなく、表情でも相手の話に対する興味を表現します。

離している側としては、全く表情の変わらない相手に話し続けるのは辛いものがありますよね。

相手が本当に興味を持ってくれているのかどうかは分からないので、話し続けているうちに何か気まずい思いをしてしまうこともあるでしょう。

聞き上手の人は、話し手がそんな思いをしないように、自然と表情を作って、相手に「聞いていますよ」「興味がありますよ」と言うサインを送るのです。

相手の表情が話題にあったものであれば、相手も安心して話し続けることができるでしょう。

聞き上手だと言われている人が、相手の話を聞いているときにどのような顔をしているのか見れば、何となく聞き上手の人が作っている表情が分かるのではないでしょうか。

決して大袈裟に顔を歪めたりすることなく、基本的には穏やかな笑顔ですが、その中に驚きや悲しみ、共感、笑いを浮かべることができるのが聞き上手の特徴だと言えるでしょう。

6. 相手を思いやる発言をする

聞き上手の人は相手を思いやる発言をすることもできます。

相手から気づかってもらうことができると、つい、相手からの共感をもらうことを求めて、愚痴や悩み事も離してしまいますよね。

聞き上手の人は、相手がそういったことを求めていることを察知して、相手のことを思いやる発言をすることができます。

嫌見なくそういったことができるのは、一種の才能だと言えるでしょう。

7. 好奇心旺盛な態度

好奇心旺盛な態度を見せている人相手には、何を話しても大丈夫だという雰囲気になるでしょう。

相手が気持ち良く自分の話を聞いてくれるであろうことが分かっていると、自分が話したいと思っていることを話すことができます。

相手に気を遣って自分の話したいことが話せない時もあるでしょう。

聞き上手の人は好奇心旺盛な様子を見せているので、どんな話にでも乗ってくれることが分かっています。

そのため、話し手の人が、話題を投げかけやすいという特徴があるでしょう。

8. 沈黙の時間を作らない

聞き上手な人は、沈黙の時間を作らないように配慮するでしょう。

会話の途中で話が途切れることがあると、妙に気まずい沈黙が流れたように感じてしまいます。

沈黙を破るのが誰であるのか、どんな話で沈黙を破れば良いのかと、沈黙が訪れるたびに嫌な気分になってしまうことが多いでしょう。

ですが、聞き上手な人は会話の流れを読むことができるので、この沈黙を作らないようにすることができます。

例えば、会話の流れからうまく質問をしたり、話した途切れそうなときには、同じような違う話題を持ってきたりと細やかな配慮を欠かすことがありません。

これらの配慮をすることで、気まずい沈黙の時間に悩まされることなく、相手が気持ち良く話を進めることができるのです。

9. 相手の好きなことをよく知ろうとする姿勢を見せる

相手の好きなところを良く知ろうとする姿勢を見せることも大切です。

あなたの話に興味があるという姿勢を見せるのです。

趣味が同じ人同士では話が盛り上がるでしょう。

それと同じことを、聞き上手な人はしようとしてくれているのです。

お互いに好きなものが似ていれば、話が盛り上がりますから、そうした話題の面での努力、相手のことを知りたいという純粋な気持ちは、話し手側を感動させることができます。

こうした努力も、良い聞き手と呼ばれる条件の一つですね。

10. 聞いてはいけない一線を超えない

聞き上手の人は、基本的には相手の領域を犯すことはありません。

誰でも、聞かれたくないという話題はあるでしょう。

それは表情や、相手の話し方から察することができます。

繊細に相手の表情を見ていないと分かりませんが、話しているときの相手の表情を見ることで相手の「聞いてはいけない一線」を敏感に察知できるのが聞き上手です。

良い聞き手に聞いてもらっているときには、絶対に話したくないと思っている場所に触れられずに会話を終えることができるので、話し手としては安心感があるでしょう。

質問するのが良いことだからと言って、相手の気持ちを考えずに土足でどこまでも踏み込んで良いというわけではないのです。

相手の利かれたくない一線を越えない配慮ができる人が、本当に良い聞き手と呼ばれるのではないでしょうか。

11. 主導権はいつも相手に渡す

聞き上手な人は、主導権をいつも相手に渡しています。

聞き手側が主導権を握っていると「話せ」という脅迫のような状態になってしまうことを知っているからです。

相手に主導権を握ってもらい、相手が自分のペースで話すのを待つのが良い聞き手の仕事です。

相手が言葉に詰まっているような場面でも、助け舟は出しても、相手がきちんと自分の言葉を取り戻すまで待っていてくれるのが聞き上手なのです。

12. 相手が気持ちよくしゃべれる雰囲気を作る

聞き上手な人は、相手の人が気持ちよくしゃべることができるような雰囲気を作ることもできます。

相手が何か話したがっている雰囲気なら、それを読み取って話をできるように誘導して上げることもできるでしょう。

空気を読み取って静かなカフェで会ってみるなど、色々な気遣いができるのではないでしょうか。

また、相手が言いよどんでいるようなことがあれば、安心して話すことができるように自分は黙ってあげるなど、雰囲気作りも上手で、話している側からすると、話すつもりはなかったのにいつの間にか悩みを口にしていたということがあるかもしれません。

聞き上手な人の特徴

自然に聞き上手になれる人はいったいどのような特徴を持っているのでしょうか。

聞き上手な人は自然に人の話を上手に聞くことができるため、ある意味、天性の才能だということもできるかもしれません。

ですが、聞き上手な人は、「聞くテクニックが発達している」というよりは、その背景にあるその人の性格や、思いやりのようなものが人の話を聞くことにも影響しているのでしょう。

人の話を聞くことが上手い人の特徴を見てみることにしましょう。

1. 心が寛容である

聞き上手な人は、心がとても肝要であることが多いようです。

心が狭ければ、相手の話を黙って聞くことなどできないでしょう。

相手の話していることがおかしいと思ったら反論してしまいますし、相手の話の腰を折ってしまうようなこともあるかもしれません。

ですが、聞き上手の人は心が寛容なので、少しおかしいと思った話でも最後まで表情を変えずに聞くことができるのです。

受け入れることができる幅が広いので、相手の話にムッとしたりすることも少ないのでしょう。

ある意味で、話しに揺り動かされる感情の幅が狭いので、色々な話を受け入れることができるという側面もあるかもしれません。

聞き上手の人は相手の話を受け入れている様子を見せなければいけないので、寛容な人以外は、なかなか難しいこともあるかもしれませんね。

2. 人を思いやる気持ちがある

聞き上手な人は、人を思いやる気持ちが多い人でもあります。

相手が愚痴を話しているときに「大変だったなぁ」「大丈夫かな」と言うように、相手のことを心配してあげる気持ちがあるので、相手の話を飽きることなく聞くことができるのです。

詰まらない愚痴であっても、相手に共感して、相手が欲しいと思っている反応をあげることができるのが聞き上手です。

共感するというのは、本当に相手に対して思いやりの気持ちがなければできることではありませんよね。

無理なく共感してもらえている、と話しての人の気持ちが良くなるのは、本当に聞き手が優しい気持ちで聞いているからなのです。