体育会系の大学生は就職にまったく困らない、とは昔からよく言われていることです。

世間の常識のようになっています。

高いレベルチームスポーツをやっていた人は、とくに有利なようです。

チームワーク、リーダーシップ、役割分担など、組織の一員として仕事をするために必要な経験を、若くして豊富に蓄積しているからです。

即戦力として、またリーダーとしても期待にも高いものがあります。

中でも15人と最も人数の多いラグビーは、とくに好まれているように思います。

11人のサッカーに比べ、各ポジションの専門性が高く、チームをまとめていくのは、とても大変です。

何よりも各自の役割をしっかり果たさなければなりません。

偶然や番狂わせの余地は極めて少ない、強いチームが必ず勝つという、大人のスポーツなのです。

イギリスのレジェンドと呼ばれたある選手は「ラグビーは少年を最も早く大人にし、大人をいつまでも少年の気持ちのままでいさせてくれる。」と述べています。

まさしくビジネスには理想的な人物像です。

筆者の所属していた会社は、大手商社の伊藤忠さんと親密でした。

伊藤忠はラグビー好きの会社で知られ(本社の目の前が秩父宮ラグビー場)、元ラグビー選手の社員がたくさんいました。

筆者は、元高校日本代表という方とお会いしたことがあります。

しかしブヨブヨしたただのオッサンになってしまい、過去の栄光があるだけに、かえって哀愁をさそっていましたね。

それはともかく、チームスポーツには、率先垂範を考える上でのヒントがちりばめられているのは、間違いありません。

イメージとして参照していきたいと思います。

率先して何事もする人の12個の特徴

チームスポーツの選手は、率先して自分の力をアピールすることが必要です。

他の人に交代させられてしまうかもしれないからです。

常にこうした緊張感の中で過ごしていました。

ただしこれは、ポジション争いの激しい強豪チームの場合です。

トップクラスとはいえなくても。

強豪チームに属していた学生の評価が高いのは、こういう経験を持っているからです。

自分で積極的にアクションを起こせる人に違いないこと、チームプレイがわかっていることは、大きな財産なのです。

会社にとっては、入社後の教育コストが安価で済みます。

1、自分に自信を持っている

チームスポーツに限らず、何かのプロジェクトに率先して関わった経験は、得難い自信を与えてくれるはずです。

リーダー経験の有無に関わりなく、簡単物怖じするようなことはなくなっているでしょう。

常に自信満々というわけではないとしても、物事にチャレンジすることを、楽しむ余裕がにじみ出てくるようになっています。

そうした雰囲気やたたずまいは、頼りがいのある人、という印象を与えているはずです。

2、好奇心旺盛


好奇心とは、物事を探求しようとする根源的な心のことを指しています。

これは、知的活動の根源となる感情です。

一方で行き過ぎた、性的好奇心、などのように、マイナスの要素をも含むことがあります。

そのため、自分から好奇心旺盛などと書かないほうが良い、とアドバイスしている就職支援サイトもありました。

したがって好奇心は、あくまで知的なものとして、前面に押し出すようにしましょう。

そうした姿勢を保っていれば、周囲のいろいろな人たちが、さまざまなことを教えてくれるようになります。

3、考えるより動く

「案ずるよりも産むが易し。」ということわざがあります。

物事はあれこれ心配するより、実行してみれば案外たやすいものだ、という意味です。

物事を率先して引っ張っていく人は、たいていこのようなスタンスを取っているものです。

腰が軽く、スピーディーに動けるのです。

ことわざには、よく正反対を意味するものも存在しています。

しかし「案ずるよりも産むが易し。」に対しては、それらしい反対表現は、見あたらないようです。

それほど正鵠を突いている、という理解でよいと思います。

4、柔軟な思考

「柔軟な思考の持ち主。」とは、間違いなく誉め言葉に相当しています。

ではなにが誉められるべき点とされるのでしょうか。

柔軟性とは、自分のルールややり方に固執せず、相手の意見や立場を理解できる力です。

このように考えていくと柔軟性とは、明らかに優れた資質であることがわかるでしょう。

率先して物事を行う人は、柔軟性に富んでいることが多いものです。

5、気持ちの切り替えが早い


率先してプロジェクトをリードしていく人は、あまり感情的な深入りをしないものです。

いちいち構成員の気持ちを汲んで、その希望を取り入れていたら、プロジェクトは効率よく、前に進まなくなってしまうからです。

相手の感情にシンクロすることはあったとしても、すぐ気持ちを切り替えることができています。

こうした感情の処理を伴う、切り替えの早さと冷静さは、勝負師やリーダーに求められる、もっとも基本的な資質の一つです。

これは修行をしてでも、身に付けたいものです。

自身の将来に大きく関わってくるからです。

6、ブレない軸を持っている

物事を率先してリードしていくためには、ブレない軸を持っているべきです。

決して朝令暮改であってはなりません。

筆者の所属していた会社は、月曜日に出た方針や指示が、火曜日にはもう変わっている、ということが日常茶飯事でした。

経営幹部の意志疎通が、まったくなっていなかったからです。

誰のいうことを信じていいのか、社員たちは、自分で決めなければなりませんでした。

笑い話ですが、これによって、決断力が鍛えられた面はあったのかもしれません。

とにかく軸がブレブレないどころか、ぐらぐらしているのが常態という、冴えない会社だったのです。

当然のように経営は傾き、単独での生き残りは難しくなりました。

今でも存続はしていますが、大手商社のグループに入り、自主経営権はすでにありません。

経営幹部たちは、ブレない軸をもって事に臨み、だめなら別の軸をもった人に潔く交代する、というルールを貫徹することができなかったのです。

これは個人においても、同じように当てはまります。

7、ポジティブ

物事を率先してリードしようという人は、楽観的、ポジティブであることが大切です。

自然に笑顔がにじみ出てくると理想的です。

メンバーは一緒にいたくてたまらないようになり、自然に結束は強まります。

逆にネガティブ思考の人には、他人はついていくのを躊躇するものです。

思索は深そうでも、何か運気が感じられない。

こういう人は、リーダーに襲い掛かる危険を知らせる補佐役、参謀役に向いています。

ときには、自分はどちらに向いているか、適性を考えてみるのもよいと思います。

参謀役に徹したとしても、積極的に自分の人生を切り開くことは、十分に可能です。

8、責任感がある

プロジェクトを率先するリーダーになると、あらゆる責任を回避することはできません。

プロジェクトの、結果責任を全面的に追うことになります。

これらを積極的に受け止める責任感の強さは、リーダー必須の資質です。

経験不足のころには、大きな負担に感じられることでしょう。

しかしいずれ乗り越えるべきものです。

責任感の強さは、あえてアピールするようなものではありません。

それでは、かえって周囲を不安に陥れてしまいます。

いざというとき、さりげなく表に出るのが理想的です。

そのころには、きっとプロジェクトにやりがいを感じていることでしょう。

9、何事も素直に受け止められる

率先して物事にあたるためには、何事も素直に受け止め、疑心暗鬼にならないように気を付けます。

人の話は、ストレートに受け止め、メンバーを信頼する姿勢を見せましょう。

そうすればメンバーは、壁を感じることなく、活発に話をするようになります。

メンバー間のコミュニケーション不足は、プロジェクトの失敗、つまり敗因となることが非常に多いのです。

反対にコミュニケーションが上手くとれていれば、失敗の可能性は低いということです。

10、困難な事に立ち向かっていける

昨今のサラリーマン社会では、困難とは立ち向かうよりも、避けまくるものとなっているようです。

世渡りの一つとして、昔からある生き方ではあります。

しかし、それ以外の強い生き方をする人が、次第に目立たなくなってきました。

自分の構想を実現しようとすれば、どんなレベルであっても、周囲との摩擦は避けられません。

それを説得し、調整を続けていく必要があります。

そんな困難な場面に自ら飛び込むのはお断り、という人が多くなってきたとしか思えないのです。

率先して飛び込む人は貴重となるばかりです。

11、目標を持っている

率先してプロジェクトを引っ張るためには、わかりやすい目標が必要です。

最終的な姿形を提示します。

数値目標とビジュアルのイメージがあれば理想的です。

数値目標なら、対外的には1つでいいとしても自分の中では、短期、中長期と時系列の目標を持っているとよいでしょう。

優先順位を判断するためには、参照する目標が、複数あった方が確実です。

また達成度を計ることによって、気持ちがはずみ、張りを持たせることにもつながるでしょう。

12、視野が広い

率先して物事に取り組むには、広い視野を確保しておく必要があります。

新しい情報を加味していきながら、随時、必要に応じて軌道修正をしていきましょう。

これは朝令暮改というには当たりません。

リファインさせていくということです。

そうすることによって、予期せぬトラブルにもいちいち動じることなく、対応できるようになっていきます。

それがまた信頼の醸成にも繋がっていきます。

アンテナは広範囲に張り巡らせておきましょう。

どんな事であっても行動を起こせる人いますよね

一流の人はジャンルを問わず、なんとなく似たような雰囲気を持っています。

超一流の人となると、どの分野に進んでも成功したのでは、と思わせるオーラが出ています。

小学校卒で総理大臣にまでなった田中角栄元首相は、コンピューター付きブルドーザーという異名をとっていました。

頭脳のキレも行動力も飛びぬけていることを表現しています。

そして企業に入れば社長に、共産党に入っても委員長になっただろう、と言われたものです。

どんな状況下におかれても、行動を起こせる人、と見られていたからに他なりません。

周りから一目置かれる

そうした一流またはそれ以上の人は、当然周りから一目おかれています。

困ったときには、人が集まってきて自然に輪の中心になります。

組織においても、役職に関係なく、頼りにされる存在感を、にじみ出しています。

あちこちにファンクラブのようなものが出来います。

それは次のプロジェクトでは、応援団となってくれます。

実際に汗をかき、積極的にサポートしてくれる人が、出てきてくれるものです。

率先して動けるメリット

率先して動ける人には、人を引き付ける磁力が備わっていきます。

そのことによってどのようなメリットを得ているのでしょうか。

現状のメリットというより、これからのメリットに、より大きなものが望めます。

人の気持ちをしっかりつかんだ経験は、必ず将来の布石に繋がっていきます。

評価される

物事を率先して行う人は、もともと積極性や実行力を、所属集団内で評価されていた人だと思います。

その上、プロジェクトを成功させた実績が加われば、それぞれの所属集団内で、さらに高い評価を得られます。

内外の応援団も形成されることでしょう。

そして遠からず、集団内の意思決定にも関与できるようになるはずです。

自然に出世への道が開けていきます。

周りから慕われる

率先してプロジェクトを引っ張る人は、周囲の人間たちからは、公私ともに頼りにされるようになります。

人の輪の中心となります。

会社や組織では、エース級の人材と見做されるようになるでしょう。

周囲から慕われ、インフォーマルなサポート体制ができていきます。

これは金融資産などより、はるかに大きな財産となっていきます。

物事が進む

停滞していたプロジェクトに、率先して動ける人が加入すると、様相がまるで一変することがあります。

これまでの状況がうそのように、勢いよく動き出すのです。

率先垂範をする人には、それほど大きな影響力が備わっています。

こういう経験は、是非やってみたいものです。

自分は組織の歯車にすぎない、などと不満を囲っている人は、チャンスがあれば、積極的に手を上げてみましょう。

人生の流れを変える契機となります。

自分に自信がつく

自ら率先して動いたことで得た経験とは、とても貴重なものです。

自分に対して、これまでにはなかった自信をもたらせてくれるに違いありません。

それも簡単に崩れるようなものではありません。

苦労を重ねたメンバーたちとの絆ができているからです。

彼らの存在は、落ち込んだりしたときの、支えとなってくれるはずです。

率先して動ける人になりたい!

ここでもう一度、率先して行動できる人間になるためには、どうすればいいのか、何を必要とされているのか、まとめてみましょう。

先送りする癖を直す

人生、何もかも拙速に行えばよい、ということではありません。

あわてすぎ、失敗したことは、誰にも経験があることでしょう。

とはいっても今日できることを、明日に先送りしてよい、ということでもありません。

できることはできる限り当日中にこなし、自由時間を作ることを考えましょう。

その時間を有効に使い、さらに次の構想を描いていきます。

これらはやがて、好ましいサイクルとなって動き出すでしょう。

こうなると疲労もほとんどたまらなくなります。

面倒臭いことを後回しにしない

面倒臭いことを後回しにしないようにしましょう。

学科試験を受験するときは、簡単な問題の解答を済ませてから、時間をかけて難問に取り組む、という方法が有効です。

しかしビジネスでは、優先順位をつけて、それに従って物事をこなしていくことが重要です。

手間がかかる、かからない、とは次元が違います。

しっかりと付けたした優先順位に従えば、面倒臭いことが最後に回ることはないはずです。

思い立ったら行動する

思い立ったら即、行動に移しましょう。

会社などの組織に属している人は、指示命令を受けて、行動しなければなりません。

これはサラリーマンの宿命です。

そうしたやらされるシチュエーションでも、行動は素早く起こすのが原則です。

これは、上司の覚えがめでたくなる、という効果にとどまりません。

身体に積極性とスピードを加えるトレーニングとなるからです。

これは将来、新たなプロジェクトのリーダーになったときに、大きな財産となるはずのものです。

失敗恐怖を捨てる

失敗に対する恐怖は,できるかぎり捨ててしまいましょう。

おとなりの中国人たちは、この面ではとても参考になります。

中国では、新しいオンラインサービスが次々と誕生しています。

ライドシェア(配車アプリ)、シェアサイクル(貸自転車)、フードデリバリーサービスが、その代表的なものです。

またモバイル決済もおどろくべき普及ぶりです。

結婚式のご祝儀や、物乞いすら、QRコードのスキャンで済ませまているくらいです。

こううしたベンチャー企業の活況について、日本の某財界人は、「中国は規制が少ないから。」と指摘していました。

これは確かなことです。

しかしそれよりも重要な要素は、中国人は失敗を恐れていない、ということです。

さらに事業が失敗したとしても、落ち込むことはありません。

「今回は風水が悪かっただけさ。」などとうそぶいて、すぐまた次のもうけ話に、前のめりになって行きます。

病気以外の原因による中国人の引きこもりなど、聞いたこともありません。

まったくたくましい限りです。

是非とも見習いたいところです。

目標を持つ

率先してプロジェクトをリードするときには、まず目標をしっかり立てて、ことに臨むようにしましょう。

組織から与えられた数値目標を、長期と中短期に分けた方がよい、とは先述しました。

さらに個人としての目標を持ちましょう。

これは先述したビジュアルの目標というイメージです。

こうした二つの目標をしっかり抱えていれば、間違いのない道しるべとなります。

迷ったときに、リーダーとして適切な判断を下すことができます。

それがうまくできなければ、プロジェクトは漂流してしまうでしょう。

さらに座礁する可能性も高くなります。

目標の持ち方とは、プロジェクトの成否に、それほど大きな影響を与えるのです。

小さな成功を積み重ねる

率先して動くリーダーは、メンバーにも達成しやすい目標を立てさせるように仕向けていきます。

非公式なもので構いません。

とにかく、小さな成功を積み重ねていくように指導するのが、何よりも効果的です。

メンバーは、挫折感に苛まれることなく、次々に新たな目標を見つけられるようになるでしょう。

こうなったらプロジェクトはもう成功したも同然です。

勢いよく動き出すに違いありません。

気合を入れ過ぎない

気合とは、もともと空回りしやすいものです。

例えば、人を説得しようとしするとき、ちょっと言い過ぎてしまったり、上滑りしてしまったり、ということは普通にあり得ます。

そしてやり過ぎは、やり足りないときよりも、重大な結果を招きやすいものです。

気合だけを強調するようなリーダーには、誰もなびきません。

リーダーの発言とは、具体性に富んでいるべきものです。

精神論はとくに空回りしやすいものです。

空論は何ものももたらしません。

絶対に避けましょう。

結果に執着し過ぎない

物事は、勝ち負けの決着が着くことばかりではありません。

うまくいかなかったとしても、あまり結果に執着しないようにしましょう。

周囲に緊張を与えていまいます。

その反対に、結果にこだわらない鷹揚な態度は、周囲に風格を感じさせます。

これによって、一層高い評価を得る、ということもあります。

リーダーに絶対必要な資質の一つは、冷静さです。

結果に対して、いちいち一喜一憂しないようにしましょう。

要は次のステージにつながる何かを得たかどうかです。

第一歩を踏み出せる勇気を持つ事が大事

人生とは戸惑いの連続です。

いちいち深刻に考えていては、一向に前に進むことができません。

石橋を叩いて渡ることのできるシチュエーションは、ほとんどやってきません。

丈夫な橋かどうかわからなくても、渡らなければならないのです。

もっと過激な言葉になると「旅立ちは死だ。」というものさえあります。

これは、世界3大テノールの1人が、引退に際して述べた言葉です。

日本語字幕を見ただけでしたが、映像も合わせて判断すると「私は、引退して後は死を待つのみだ。」という意味とは思えませんでした。

「私は死をも覚悟して、この世界に飛び込んだ。生半可なことでは成功しない。」ということを、後進に伝えたかったような気がしています。

確かに小鳥の巣立ちのシーンなどを見ていると、旅び立ちとは、本当に命がけであるのがわかります。

とにかく新しい一歩を踏み出すとは、厳しいことです。

しかし勇気を持って進んでいきましょう。

さらに率先して事に当たれば、未来の扉は、必ず開けるはずです。