女性らしさの特徴にはいったいどのようなところがあると思いますか?

顔立ちや胸などの分かりやすいところも含め、例えば白魚のような指、細い足など色々あるかもしれませんが、その中には細い方というものも含まれていることがあるのではないでしょうか。

特に、男性に抱きしめられたときにすっぽりと腕の中に入ってしまうような華奢な印象のある女性は素敵だと思いますよね。

肩の華奢な女性は全体的に細く見えますし、何となく可憐にも見えますから、できれば肩幅がない方が良いと鏡を見て思っている人もいるのではないでしょうか。

ですが、女性が全員肩がないかと言うと、実際は肩幅が広い女性もいます。

そう言ったタイプの女性の場合には、どうすれば良いのでしょうか。

また、どのようなことをすると肩幅広くなってしまうのでしょうか。

女性の肩幅については実は悩んでいる人は多いものです。

ここでは女性の肩幅について見てみることにしましょう。

肩幅が広くて悩んでいる女性へ

肩幅広くて悩んでいる女性は絶対に一定数いるはずです。

肩幅の場合にはあまり話題になることはありませんし、自分の体系の中で一番気になる場所だというわけではないでしょう。

ダイエットなどをして簡単に変えられる場所でもないので、人に言うこともできずに悩んでいるという人もたくさんいるのではないでしょうか。

また、何となく肩幅が広くなってきたような気がすると思っている方もいるでしょう。

女性の肩幅の場合には、服によってはさほど目立たないかもしれませんが、細身に作られている服などでは目立ってしまうこともあるので大変ですよね。

この悩みは男性ではあまり分からないかもしれません。

それでは、肩幅が広くなってしまうのはそもそも、何が原因なのでしょうか。

女性の肩幅が広くなる原因とは?


女性と言えば華奢な体だと思われていますが、肩幅を見ると実は男性よりも肩幅が出てしまっているという人もいるくらいですから、そう簡単に女性は「肩が薄くて小さい」ということはできない者です。

まずここでは、女性の肩幅が広くなってしまう原因について見てみることにしましょう。

親の遺伝

女性の肩幅が広くなってしまう原因の一つ目としては親の遺伝が挙げられるのではないでしょうか。

元から肩幅が広いので、自分ではどうしようもないということですね。

こういったタイプの人は特に理由が見当たらないのに肩幅が広いという特徴があり、何となく方貼って見えてしまうということになります。

また、こうしたタイプの人は、そもそも骨太な印象がありますから、全体にがっちりして見えてしまうのではないでしょうか。

女性であっても骨太な人はいますから、肩幅だけではなく、全体的にがっしりして見えてしまうのです。

遺伝でそうなっているという人は、自分の親戚の方などと比べてみてはどうでしょうか。

また、小さなころから肩幅があるタイプだったのかも考えてみましょう。

もし、親戚に肩幅が狭い人ばかりしかいない、もしくは小さなころは華奢な方をしていたということがあれば、それ以外の原因で肩幅が広くなっている可能性があります。

遺伝が原因での肩幅の広さは直すことが難しいですが、他の原因なら、その原因を取り除けば肩幅が少し狭くなる可能性もあります。

少し自分の体形や親の遺伝以外の可能性も考えてみると良いかもしれませんね。

ハードな運動をしていた経験


ハードな運動をしていた経験のある人も肩幅が広い女性になってしまうことが多いようですね。

特に、肩をよく使う運動をしている場合には、そのあたりに筋肉がつきやすくなってしまいます。

また、そこを良く使っているので、そもそも身体自体が少しずつ変わってくるのではないでしょうか。

その運動に打ち込んでいればいるほど、肩幅広く見えてしまう傾向にあるでしょう。

運動をしている以上は、そういった「きちんと使う場所」に筋肉がついている方が良いので、鍛えているときは良いかもしれませんが、それが終わってから、なかなか元の状態に戻すことができずに困ってしまうのかもしれません。

昔、もしくは今、肩を使うことが多いような運動をしていた経験がある人は、自分の肩が骨ではなくて筋肉ではないかと思ってみると良いでしょう。

また、同じスポーツをしている人の肩幅を見てみると、そのスポーツの所為なのかどうかということが分かるかもしれませんね。

猫背

猫背になっている人も肩幅が広くなりやすい傾向があります。

遺伝が原因で肩が広くなっているわけでもなく、ハードな運動をしていた経験があるわけでもないのなら、それは猫背が原因かもしれません。

身体全体に言えることですが、肩幅を作り出しているのは肩の骨や筋肉だけではありません。

色々な場所が繋がっており、特に背中のあたりには肩に関係のある筋や筋肉がたくさんあります。

猫背にしていることでつながっている場所が歪んでしまい、肩幅がつきだすようになってしまい、広く見えてしまっているということがあるかもしれません。

これが理由で肩幅が広くなっている人は、元々の骨は細いタイプということもあるかもしれません。

特に筋肉が原因で肩幅広くなっているわけでもないのなら、身体の歪みを直すことで肩幅の広さを狭めることも可能です。

猫背を直してぴんと張った背中で過ごすことを心がけるのはもちろんのこと、きちんと身体の歪みを直してあげるようなストレッチをすると良いでしょう。

広い肩幅を上手く隠すための7個のコツ

広い肩幅を直すためにはストレッチなどもありますし、上手に筋肉を落としていく方法などもあるでしょう。

ですが、それだけではどうしようもない部分がありますし、そもそも遺伝が原因で肩幅が広くなってしまっているのなら、帰ることはできませんよね。

ダイエットなどで簡単に変えることができる場所ではないので、どちらかと言うと、肩幅が広い人は、その肩幅を隠すようなテクニックを身に着ける方が良いのではないでしょうか。

綺麗に隠すことができれば、そもそもあまり他の人が見て気にするところではないので、人から見てあまり気にならない状態にすることができるでしょう。

ここでは、広い肩幅を隠すためのいくつかのコツについてご紹介します。

もちろん、自分のルックスなどに似合うかどうかということも関係していますから、自分が一番できそうなものを選んでみるようにしてください。

肩をうまく隠しつつ自分に合うようなオシャレをすることができれば、一石二鳥で良いかもしれませんね。

1.ロングヘアにする

ロングヘアにすると肩を上手に隠すことができますよ。

肩を隠すと言ってもそこのあたりに衝立を立てることができるわけでもありませんし、目隠しをすることができるわけでもありません。

一番自然に肩を隠すことができるのは、肩幅を隠すように髪を垂らすことだといえるはずです。

最もストレートの髪では広い肩幅を隠すことはできないでしょうから、少し巻いて髪自体にボリュームをつけておくと良いでしょう。

ショートカットやミディアムロングくらいでは肩が隠せないので、できれば肩がすっぽり隠れるくらいの髪の長さにすると良いでしょう。

髪の色は特に関係ないですが、肩幅がかなりコンプレックになっている人は、黒髪で重めのロングにしていれば、かなり目隠しとして働いてくれるのではないでしょうか。

常に髪をたらしておく

ロングヘアにしているだけでは髪の毛で肩を隠すことはできないでしょう。

髪で肩を隠したいと思っているのなら、常に髪を垂らしておく必要がありますね。

髪をブラインド代わりにするということなので、肩の前に垂らしていなければいけません。

ロングヘアに慣れていない人には少しきついかもしれませんね。

また職場などでは髪をまとめた方が楽だということもあるかもしれませんが、そう言ったときに肩の幅は目立ってしまうので、髪をまとめているときにはほかの方法で肩幅を隠さなければいけないのが若干面倒くさいところもあるかもしれません。

ですが、プライベートで動いているときなどは、髪を垂らしておくことができます。

最近ではヘアアイロンなどで色々な巻き方もできますから、長い髪を垂らしているだけでもオシャレな髪形をすることはできますよ。

2.ストールやショールをかける

ストールやショールをかけて肩を隠すという方法もありますね。

特に冬辺りは大判のストールを使うこともできますし、色の濃いものを選んでふんわりとそれをかけていればだいぶ肩のあたりの目隠しになるのではないでしょうか。

空き辺りはジャケットを着る代わりにストールを肩を隠すように羽織っていれば良く、そちらの方がジャケットなどよりも肩を隠すことができるように思えます。

春も同様の方法で肩を隠すことができますね。

春には透ける素材の軽いストールなども出てくるようになりますが、あまり透ける素材だと余計に肩が目立ってしまうということもありますので、春らしい色合いでありながら肩を隠すことができるようなものを選びましょう。

また、薄い素材はきつく巻き付けると肩の幅が逆に目立ってしまいます。

きつく巻き付けるようなことはしないで、あくまでふんわりとシルエットが分からないようにすると良いでしょう。

夏には熱くてそこまではできないかもしれませんが、室内はエアコンでかなり冷えているということもありますから、そう言った場所で肩にショールをかけている分には不自然ではありません。

肩を隠すためとは言え、色々な種類のショールを使っているおしゃれですから、ぜひ自分の好きなものを探してみてくださいね。

3.ラグランスリーブの服を着る

肩を物理的に隠すことが難しいのなら、できる限り肩幅が目立たないような構造になっている服を選ぶというのも一つの手ではないでしょうか。

例えばオーバーシルエットのものなどもありますし、最近ではピタッとした服の方が珍しいですから、そういったものを選ぶと良いでしょう。

肩幅が目立たないデザインのものとしては、ラグランスリーブと呼ばれるものがあります。

どちらかと言うと男性のジャケットなどに多くあるようなデザインでしたが、最近では女性のニットなどでも見受けられますし、コートでもニットでもTシャツでもありますね。

肩から脇に斜めの切り替え

ラグランスリーブは肩から脇に斜めの切り替えがあるデザインのことを言います。

着脱が便利になるという理由で作られたデザインであり、確かに身体を動かしやすいデザインであることには間違いないでしょう。

どこかオーバーシルエットに見えますし、肩がない人が着ると肩が落ちているように見えてしまうのが特徴です。

華奢な人が着ると肩が落ちて見えるデザインということは、肩幅がある人にとっては肩がなく見えるデザインだということになりますね。

肩がなく見えるデザインなら、うまく着こなすことができれば、物理的に髪やストールで肩を隠す必要もなくなるのが嬉しいところです。

4.ドルマンスリーブの服を着る

ドルマンスリーブの服を着るというのも良いかもしれません。

こちらもデザイン的には肩が目立たないようになっていますから、こういった服を着ていると肩が張っていることが分からないでしょう。

そもそもドルマンスリーブはシルエットが分からない形の服になっていますから、肩幅があって多少ごつく見えてしまう体型系の人であったとしても、きちんと着こなすことができます。

逆にミリタリージャケットなどの肩がきちんと出ているタイプの服は、着こなせば着こなすだけ肩が出て見えてしまうので注意が必要ですね。

どちらかと言うと、シルエットが分からないタイプの服を選ぶことが重要です。

5.オフショルダーの服を着る

オフショルダーの服と言うのは、肩幅がある人にとってはまるで敵のように見えてしまっているのではないでしょうか。

オフショルダーの服は肩を完全に出してしまっている服なので、肩を隠そうと思っている人にとっては絶対に選ばない服の一つだといえるでしょう。

肩にコンプレックスがある人にとっては、そもそも服を選ぶときには真っ先に候補から外してしまいそうな服ですね。

ところが、実はオフショルダーの服は、肩幅がある人にとっては着ても大丈夫だという場合もあるのです。

あえて思い切り出した方が広さが目立たない

肩幅の広さが目立つというのは、肩幅が横に出ているということももちろんですが、服の面積が広いというのも問題になります。

何となく肩のあたりがつきだしているので、肩の広さが目立ってしまうのです。

ところが、オフショルダーの服になると肩を完全に出しているため、その広さが強調されなくて済むようになります。

また「女性の方は華奢である」と思い込んでいる人も多いため、そうした人の目による補正もかかって少し肩幅が華奢見えることもあるかもしれません。

そもそも、肩幅が広いのに布を重ねて余計に幅を出してしまうのはナンセンス、と言うように考えてみると、あえて隠さずに思いきって出してみた方が目立たないような気もしてきますよね。

最も、オフショルダーのデザインにもよりますし、一緒に出している鎖骨などに目が行くようにして着ることができればの話ですから、自分に似合っていないと思ったら斬るのをやめた方が良いでしょう。

6.襟回りの広い服を着る

襟回りの広い服を着るというのも良いかもしれません。

普通よりも襟ぐりが大きな服を着ている場合には、肩と襟との距離が普通の服よりも狭くなりますよね。

そのため、そうした錯覚の効果を使って肩幅の広さを目立たせないようにするということも良い方法だといます。

最も襟回りの広い服を着たときに、肩幅の所為で服が引っ張られているように見えないようにしなければいけません。

ぴちぴちのサイズの服を着ていると、肩幅が広いためにぁ田に引っ張られて襟が伸びているように見えてしまうので、余裕のあるサイズ感の服を着ると良いでしょう。

7.大きな-フードの付いた服を着る

大きなフードのついた服を着るというのも良いかもしれませんね。

フードが大きなサイズになっているので、必然的に対比効果で肩が小さく見えるということがあります。

パーカーなどについているフードの場合にはかなり膨らんで見えますので、こうしたものがあれば肩が出ているようにはあまり見えないでしょう。

ただし、薄手の服についているようなパーカーの場合には、前から見えることもありませんし、横から見ても大した効果はありません。

あくまで秋冬に購入することができるような厚手の服のパーカーで効果を見ることができると覚えておいた方が良いでしょう。

8.肩のあたりのフリルを避ける

最近のデザインでは肩のあたりにフリルをつけているものもありますよね。

肩のあたりの切り替えに飾り用のフリルがついているフェミニンなデザインです。

肩が出ている人はこうしたデザインは避けた方が良いでしょう。

そもそも、肩のあたりに切り替えがある服の場合には肩が出て見えてしまいます。

そのためにラグランスリーブなどが好まれるのです。

ところが、肩のあたりにフリルがついているような服にしてしまうと、フリルの分だけ余計に肩が出て見えてしまうでしょう。

撫で肩で華奢なタイプの人なら、ある程度肩があるように見えて良いかもしれませんが、肩が出ている人が着てしまうと、余計にコンプレックスの部分が目立って見えますので気を付けてくださいね。

女性が肩幅が広いことで悩んでいることとは?

女性が何となく華奢な印象であることは間違いないですが、肩幅が広いことはそんなにショックなことでしょうか。

それでも男性よりも肩幅が狭いので、あまり気にしなくても良いと思っている人もいるかもしれません。

ですが、実際は肩幅の広さは女性の悩みとなるきちんとした理由があるのです。

女性が肩幅の広さで悩んでしまうというのはどうしてなのでしょうか。

肩幅狭い人が着にしてしまう理由について見てみることにしましょう。

これは撫で肩の人や男性には理解されない悩みかもしれませんね。

1.たくましく見られてしまう

何よりも肩幅が広い人が着にしているのは、自分の身体が逞しく見えてしまうというところでしょう。

肩幅と腰幅が広いというだけで、かなりがっしりとして見えてしまうのです。

それだけで背中も広くなってしまいますから、どこか男性のような体つきに見えてしまい、女性らしい丸みがないからだに見えてしまうことが悩みという人はいます。

特に、骨太が原因であるという人は、逞しく見えるのが一番のコンプレックスになっているのではないでしょうか。

逞しく見られてしまうと、女性らしい服が似合わないような気にもなりますし、華奢な女性と並ぶのが嫌だという気持ちにもなりますよね。

2.着物が似合わない

肩幅が広い人は着物が似合わないという特徴もあります。

現代人の場合には着物を着る機会はそうありませんが、やはりお花やお茶をやっている人の場合には、着物を着るような機会もあるでしょう。

また、普段は着なくても何かのイベントの時にきちんと着るという人もいますよね。

何かのイベントの時と言うのは大抵は記念写真を撮ることになりますから、そう言った写真に残るときに、着物が似合っていない状態で映るのが苦痛だという人もいます。

着物は補正することもできますが、それでもやはり嫌に感じてしまう人は少なくありません。

3.か弱い女性と思われない

肩幅があるというだけで華奢な印象はなくなります。

だからこそ、か弱い女性だと思ってもらうことができないというのがコンプレックスという人もいるでしょう。

やはり、見た目と言うのはとても大切であり、精神力の強さは関係なく、見た目だけで判断されてしまうことはあります。

華奢な女性は何となく守ってあげなければという気持ちになりますが、がっしりしているように見える女性は「強いから大丈夫だろ」と思われてしまうのです。

それは何となく損をしているように思えますよね。

4.動作が男っぽく見える

自分では女性らしく生きているつもりでも、肩幅からくる印象として、何となく男らしいと思われてしまう可能性があります。

体の動きが大きくなってしまうので、どこかがさつであったり、男っぽく見えてしまうというのが悩みだという女性も少なくないでしょう。

5.ダイエットしても肩幅は変わらない

ダイエットをしても肩幅は変わらないということが悩みだという女性もいます。

どんなに痩せて見せても、肩幅は変わることがないので、痩せているように見てもらうことができないのです。

肩幅が広いとがっしりして見えるため、ダイエットした効果が全く見てもらうことができないというのも一つの悩みの理由でしょう。

6.肩が凝りやすい

肩が凝りやすいという特徴もあるのではないでしょうか。

そこの部分に入らない筋肉がついているということもありますし、何となく肩が広い方が肩が張りやすくなってしまいそうですよね。

例えば猫背が原因で肩が広くなってしまっている人などはその傾向が強いといえるでしょう。

体のゆがみが原因になってしまっているので、それが肩の凝りに関係しているのです。

これは必ずしも肩の広さと関係しているわけではありませんし、撫で肩の人も肩がこることはもちろんあります。

ですが、肩幅の広さを作り出している身体の歪みが原因で肩が凝りやすくなるということは言えるのです。

7.女性らしい肩出しファッションができない

いっそあからさまに出してしまった方が目立たないということもありますが、だからと言ってコンプレックスを捨ててすぐに肩を出すことができるかと言うと話は別ですよね。

肩幅がある人はドレスで肩を出していても、何となく逞しいような印象になってしまうために、やはり肩を隠したくなってしまうのは仕方ありません。

女性らしい肩を出すファッションができないというのはショックが大きいはずです。

もちろん、肩を出すことができるからと言ってそう簡単に出す人はいませんが、それでも、出すという選択肢がないということが悲しいのです。

最近では、普段から肩を出しているオフショルダーの服も流行っていますから、余計に自分の肩幅が広いことは悩みになるでしょう。

8.彼氏より肩幅が広いとショック…

男性よりも肩幅狭いというのは、確実なことではありません。

男性でも細身の人はいますよね。

骨が細い人の場合には、男性であったとしても華奢で肩幅が狭いという人がいるのです。

そう言った人を彼氏に持った骨太の彼女のケースを考えてみると、何となく悩みを理解できるのではないでしょうか。

写真に写ったときに彼氏の肩幅よりも自分の肩幅の方が広いというのはかなりショックなことのはずです。

自分の彼氏に肩幅で買っているようでは、抱きしめられたところであまり絵になりませんよね。

彼氏の腕が回らないということはないかもしれませんが、何となく自分の方が華奢ではないという事実が許せないものになるでしょう。

がっちりした恋人を持っているのなら良いかもしれませんが、彼氏の方が肩幅が狭いということに気づいてしまったら、どうしてもそれを隠したくて仕方なくなるでしょう。

スポーツでも肩幅が広くなる!?

スポーツをしていると肩幅が広くなることがあると言われていますが、それでは、どのようなスポーツが肩幅の広さを作ってしまうのでしょうか。

本格的に行っている人なら仕方ないかもしれませんが、自分の趣味で行っているようなスポーツの場合だと、コンプレックスを余計に大きくしてしまうものになっているかもしれません。

ここで、どのようなスポーツが肩幅の広さを作り出しているのか、少し詳しく見てみることにしましょう。

1.水泳

水泳をやっている人は肩幅広くなりやすい傾向にあるようですね。

水泳を行っている場合には、もちろん足なども筋肉は使いますが、腕を良く使っているでしょう。

しかも肩から使っているので、そこの部分に筋肉がつきやすいのではないでしょうか。

水泳をしている人は上半身にも良い筋肉がついているといいますから、不安になってしまう人もいるかもしれませんね。

実際には水泳選手の場合には、それを極めていると綺麗なプロポーションになると言われていますが、素人の場合には変な部分に筋肉がついて肩幅が余計に広く見えてしまうかもしれませんね。

2.ボルダリング

ボルダリングは上半身の筋肉を多く使うスポーツですよね。

クライミングのイメージからも分かるかもしれませんが、きちんと自分の身体を引き上げなければいけないので、必然的に肩の部分にも筋肉がつくでしょう。

この筋肉によって肩幅が広くなってしまうのです。

3.バドミントン

バドミントンは素人が腕の力だけを使って打っている場合には全く意味がないかもしれませんが、肩から売っている人の場合には肩の部分に筋肉がつくでしょう。

バドミントンをしっかりとやっている場合には、それだけ筋肉がつきやすくなってしまうということになるかもしれませんね。

子どもが遊びでやっているよりもずっと筋肉を使うスポーツですから、意外と肩幅の広さに影響していると考えられるのではないでしょうか。

4.バレーボール

バレーボールもスパイクなどを打つ場合には肩の筋肉を使っているはずです。

また、サーブなどもしっかりと肩から腕を使っているので、そのために、肩に筋肉がついて肩幅が広く見えてしまうのです。

気にしてるのは案外自分だけかも!?

いかがでしたか?
女性にとって肩幅が広いというのはひそかなコンプレックスとなってしまうものです。

女性なのに男性よりも肩幅が広い人もいますから、気になり始めると何となく隠したくなってしまうものなのでしょう。

確かに、男性の腕の中にすっぽりと入ってしまうような華奢な体型は憧れですよね。

肩幅の広さと言うのは姿勢などから来ているものもありますし、狭めるというのはとても難しいことになります。

そんなときには服装などで隠すのが一番です。

女性にとっては気になるポイントなので、色々なデザインの服をうまく着こなせば肩の広さも気にならないということがあるでしょう。

ですが、意外と周りは肩幅は気にしていないということもあるのではないでしょうか。

もちろん、自分が一番気にならない形のファッションを選ぶということは大切です。

自分で気になっていることがあるのだとすれば、そのコンプレックスをきちんと隠してしまった方が生きやすくなるからです。

ですが、意外と女性の肩幅は他人から見るときにならないということがあると思っておけば、気が楽になるのではないでしょうか。

あまり肩のことは気にせずに自分が着たい服を着るというのが、一番楽しく暮らすことができる方法だと思います。

肩幅があるのなら、必然的に似合う服も決まってくるでしょうから、あまりに神経質になって選ばなくても、自然と自分の体形に合った服を選ぶことができるはずですよ。