CoCoSiA(ココシア)

肩幅が広い女性の悩みと上手く隠すための7個のコツ


女性らしさの特徴にはいったいどのようなところがあると思いますか?

顔立ちや胸などの分かりやすいところも含め、例えば白魚のような指、細い足など色々あるかもしれませんが、その中には細い方というものも含まれていることがあるのではないでしょうか。

特に、男性に抱きしめられたときにすっぽりと腕の中に入ってしまうような華奢な印象のある女性は素敵だと思いますよね。

肩の華奢な女性は全体的に細く見えますし、何となく可憐にも見えますから、できれば肩幅がない方が良いと鏡を見て思っている人もいるのではないでしょうか。

ですが、女性が全員肩がないかと言うと、実際は肩幅が広い女性もいます。

そう言ったタイプの女性の場合には、どうすれば良いのでしょうか。

また、どのようなことをすると肩幅広くなってしまうのでしょうか。

女性の肩幅については実は悩んでいる人は多いものです。

ここでは女性の肩幅について見てみることにしましょう。

この記事の目次

肩幅が広くて悩んでいる女性へ

肩幅広くて悩んでいる女性は絶対に一定数いるはずです。

肩幅の場合にはあまり話題になることはありませんし、自分の体系の中で一番気になる場所だというわけではないでしょう。

ダイエットなどをして簡単に変えられる場所でもないので、人に言うこともできずに悩んでいるという人もたくさんいるのではないでしょうか。

また、何となく肩幅が広くなってきたような気がすると思っている方もいるでしょう。

女性の肩幅の場合には、服によってはさほど目立たないかもしれませんが、細身に作られている服などでは目立ってしまうこともあるので大変ですよね。

この悩みは男性ではあまり分からないかもしれません。

それでは、肩幅が広くなってしまうのはそもそも、何が原因なのでしょうか。

女性の肩幅が広くなる原因とは?


女性と言えば華奢な体だと思われていますが、肩幅を見ると実は男性よりも肩幅が出てしまっているという人もいるくらいですから、そう簡単に女性は「肩が薄くて小さい」ということはできない者です。

まずここでは、女性の肩幅が広くなってしまう原因について見てみることにしましょう。

親の遺伝

女性の肩幅が広くなってしまう原因の一つ目としては親の遺伝が挙げられるのではないでしょうか。

元から肩幅が広いので、自分ではどうしようもないということですね。

こういったタイプの人は特に理由が見当たらないのに肩幅が広いという特徴があり、何となく方貼って見えてしまうということになります。

また、こうしたタイプの人は、そもそも骨太な印象がありますから、全体にがっちりして見えてしまうのではないでしょうか。

女性であっても骨太な人はいますから、肩幅だけではなく、全体的にがっしりして見えてしまうのです。

遺伝でそうなっているという人は、自分の親戚の方などと比べてみてはどうでしょうか。

また、小さなころから肩幅があるタイプだったのかも考えてみましょう。

もし、親戚に肩幅が狭い人ばかりしかいない、もしくは小さなころは華奢な方をしていたということがあれば、それ以外の原因で肩幅が広くなっている可能性があります。

遺伝が原因での肩幅の広さは直すことが難しいですが、他の原因なら、その原因を取り除けば肩幅が少し狭くなる可能性もあります。

少し自分の体形や親の遺伝以外の可能性も考えてみると良いかもしれませんね。

ハードな運動をしていた経験


ハードな運動をしていた経験のある人も肩幅が広い女性になってしまうことが多いようですね。

特に、肩をよく使う運動をしている場合には、そのあたりに筋肉がつきやすくなってしまいます。

また、そこを良く使っているので、そもそも身体自体が少しずつ変わってくるのではないでしょうか。

その運動に打ち込んでいればいるほど、肩幅広く見えてしまう傾向にあるでしょう。

運動をしている以上は、そういった「きちんと使う場所」に筋肉がついている方が良いので、鍛えているときは良いかもしれませんが、それが終わってから、なかなか元の状態に戻すことができずに困ってしまうのかもしれません。

昔、もしくは今、肩を使うことが多いような運動をしていた経験がある人は、自分の肩が骨ではなくて筋肉ではないかと思ってみると良いでしょう。

また、同じスポーツをしている人の肩幅を見てみると、そのスポーツの所為なのかどうかということが分かるかもしれませんね。

猫背

猫背になっている人も肩幅が広くなりやすい傾向があります。

遺伝が原因で肩が広くなっているわけでもなく、ハードな運動をしていた経験があるわけでもないのなら、それは猫背が原因かもしれません。

身体全体に言えることですが、肩幅を作り出しているのは肩の骨や筋肉だけではありません。

色々な場所が繋がっており、特に背中のあたりには肩に関係のある筋や筋肉がたくさんあります。

猫背にしていることでつながっている場所が歪んでしまい、肩幅がつきだすようになってしまい、広く見えてしまっているということがあるかもしれません。

これが理由で肩幅が広くなっている人は、元々の骨は細いタイプということもあるかもしれません。

特に筋肉が原因で肩幅広くなっているわけでもないのなら、身体の歪みを直すことで肩幅の広さを狭めることも可能です。

猫背を直してぴんと張った背中で過ごすことを心がけるのはもちろんのこと、きちんと身体の歪みを直してあげるようなストレッチをすると良いでしょう。

広い肩幅を上手く隠すための7個のコツ

広い肩幅を直すためにはストレッチなどもありますし、上手に筋肉を落としていく方法などもあるでしょう。