あなたの周りには、「一心同体」の人だと思えるような心が通じ合える人がいますか?

一心同体」と言う言葉は、2人以上の人間がいるのに、あたかも1人で行動をしているかのように、言葉を発しなくても心を固く結び、通じ合えることを言います。

そんな相手が身近にいたら、楽しくて素晴らしい人生になると思いませんか?

一心同体の人と一緒にいれば、何を行動する時も同じ考えなので、スムーズに行動が出来ますし、自分の考えと同じ人と行動を共に出来ることは、とても心強くて自信を持って行動を取ることが出来るようになります。

そして、その相手が異性だったとすると、生涯を共にする大切なパートナーになり得る可能性もありますし、「こうしてくれたらいいのになぁ…」と思っていると、まるであなたの心を読み取るように、あなたがして欲しいことを言わなくてもしてくれるのです。

でも、一心同体の人を見つけることは、なかなか容易なことではありませんから、身近にいたとしても、すぐに見つけ出すことは出来ないでしょう。

そこで今回は、一心同体になれるほど通じ合える人と巡り会った時に、その数少ないチャンスを見逃すことのないように、一心同体になれる人の特徴をあげてみようと思います。

️あの2人って一心同体…そんな関係に憧れる

「もしかして、あの2人って『一心同体』なんじゃない?」なんて思うような2人が、身近にいたりしませんか?

何をするのも一緒で、2人で同じ行動を取って楽しそうな人たちを見ると、自分もそんな相手が欲しいと憧れてしまいますよね。

例えば、仲良しカップルなんかは、いつもペアルックみたいな同系色の服を着ていたり、好むものもピッタリ意気投合していて、お互いにどこかしら不満なところがあってとしても、趣味や好みが合う人だったら大抵のことは許せますし、一緒に暮らして楽しいでしょうね。

またカップルではなくても、友達同士でも「一心同体」の人っていいですよね。

例えば、バドミントンやテニスでダブルスを組んでいる選手同士など、息がピッタリ合う最強コンビとか、お笑いコンビのボケと突っ込みの絶妙なかけ合いなんか見ていると、あんなパートナーが欲しいと思ってしまうのは、私だけではないでしょう。

もしも、あなたがそんな人と出会えたら、「一心同体」の人と出会えたチャンスを、絶対に逃さないようにしましょう。

友達同士の絆の深さ

友達同士の絆の深さと言うのは、やっぱり気が合う人ほど深いものですよね。

表面上だけの友達とは違って、どんな行動をする時でも、苦しみも悲しみも楽しみも、全て分かち合うことが出来て、辛い時は支え合い、楽しい時は思いっきり盛り上がれる友達同士は、他のどんな友達よりも絆が深いはずです。

ただ、そこまで深い絆を結べる友達なんて、それほど多くはいないものです。

それだけ「一心同体」の友達は、人生の中で数少ない貴重な出会いなのだと言うことですよね。

どうぞあなたがそう思える友達と出会うことが出来たら、ずっと大切にして、離れずに仲良くしていて下さい。

通じ合っている恋人同士


恋人同士で「一心同体」だったとしたら、最高の相性のカップルでしょうね。

どんなにラブラブだったカップルでも、長年一緒にいるとマンネリ化してしまって、一緒にいるのも飽きて面倒臭くなってしまったり、更に酷いと一緒にいると苦痛になって別れてしまうこともありますからね。

それでも、「一心同体」のカップルは、マンネリ化することもなく、自然に長く付き合るから羨ましいです。

好みのものが同じだったり、笑いのツボが同じだったり、同じように感動して、辛い時には、何も言わなくてもあなたの気持ちを誰より察して、さりげなく元気づけてくれたり、お互い一緒にいるだけで幸せだと思えるような人が恋人だなんて、憧れてしまいますよね。

心が通じ合える人は、誰と一緒にいるより気楽に過ごせますし、「一心同体」のパートナーがいなくなったら生きて行けないくらい辛いでしょうから、いつまでもお互いに大切な存在なのでしょうね。

何も言わなくても分かる家族

長年連れ添った夫婦は、「ツーと言えばカー」と言うくらい「一心同体」になれるくらい、お互いの気持ちが会話がなくても分かり合えるようになります。

また親子や兄弟でも、「一心同体」の家族は羨ましいですよね。

やはり、「血は水よりも濃い」と言うくらいですから、家族の絆より深いものはないと思います。

勿論、「一心同体」の家族とは、血縁関係のない夫婦も含めて、「一心同体」の家族と言うことですよ。

「一心同体」の家族って、「愛してる。」なんて言葉で言わなくても、愛情が伝わって来て、例え、どんなに激しい喧嘩をしても、心が離れることはなく、寝て起きたら忘れて仲直りしてるから不思議なものですよね。

そんな「一心同体」の家族になれたら、こんなに幸せなことはありませんよね。

️そもそも一心同体とは

そもそも「一心同体」とは、どのようなことを言うのでしょうか?

言葉を交わさなくても、息がピッタリ合う人と言うことは、お分かり頂いていると思いますが、ただ息がピッタリ合う人と言うだけなら、その辺にいっぱいいるでしょう。

それについては前にも書きましたが、更に「一心同体」について、具体的に書こうと思います。

「一心同体」とは、どんな意味でどんな相手のことを言うのかを、色々見て調べてみました。

心を一つにして、あたかも一人の人のように固く結びつくこと

「一心同体」とは、心を一つにして、あたかも一人の人のように固く結びつくことだと言うことです。

心を一つにすると言うことは、お互いに掛け声をかけて合わせることも出来ますが、「一心同体」と言うのは、何も言葉をかけ合わなくても、まるで一人の人間が行っているかのように、相手の行動が読み取れて息がピッタリ合うほど、固く結びついている人達のことです。

そこまで心が通じ合える人は、そんなに容易く見つかるものではありませんよね。

心も体も一つになるほど強く結びつくこと

「一心同体」とは、心も体も一つになるほど強く結びつくことです。

つまり、何も言わなくても、心も体も同じように行動が出来るくらい、強く結びついていると言うことですね。

まるで同一人物のように、お互いが思っていることを全て共感出来て、これからやろうとしている行動も相手と示し合わせたように同じで、ピッタリ息が合う人達です。

そんな人が身近にいたら、絶対に逃さないようにガッチリと捕まえて下さい(笑)

️一心同体になれるほど通じ合える人の20個の特徴


それでは、どうすれば「一心同体」になれる人だと言うことが、分かるのでしょうか?

「一心同体」については、前に書いたように、心と体が一つになれる人だと言うことですが、どんな相手が「一心同体」になれる人なのか分からなければ、自分の周りにいたとしても、気付かなかったら結ばれることもなく、勿体ないことになってしまう可能性もあります。

とは言え、多少気が合う程度の人なら、その辺にゴロゴロといるかも知れませんから、誰が「一心同体」になれる人なのか、なかなか見分けることは難しいことですね。

それでは、元も子もないので、ここからは「一心同体」になれるほど通じ合える人の特徴を20個上げてみようと思います。

果たして、あなたの周りには、そんな人がいるのでしょうか?

どうしても周りに見当たらない人は、これからこの記事を読んで、よく特徴を掴んで探しましょう。

相手の変化に気づく

「一心同体」になれる人は、相手の小さな変化も見逃すことなく気付いてくれる人です。

例えば、髪の毛を1㎝切っただけでは、普通は誰も気付いてくれません。

でも、「一心同体」になれる人は、他の人が気付かないようなことでも、当然のように気付いてくれる人なのです。

ほんの少し髪型を変えただけでも、口紅の色を変えただけでも、洋服のセンスを変えたりすると、誰よりも先に気付いてくれる人ですから、そんな人と巡り会えたら嬉しいですよね。

ぜひ、そんな素晴らしい「一心同体」になれるパートナーを見つけ出して下さいね。

どんなに小さな変化も見逃さない

先に書きました通り、「一心同体」になれる人は、どんなに小さな変化も見逃さない人です。

例えば、あなたがとても辛い悩みを抱えている時でも、あなたは笑顔を絶やすことなく、気丈に振舞っていたとしても、「一心同体」になれる人は、そんな健気なあなたの姿を見逃すことなく、見守ってくれることでしょう。

誰も気付かないような変化でも、その人だけはどんな小さな変化でも、ちゃんと気付いてくれます。

そして、それに気付くと、その人は既にあなたがどういう言葉をかけて欲しいのか、手に取るように分かって、あなたが欲しい言葉をかけてくれたり、あなたの悩みを解決するべく行動を取っていることでしょう。

振り向くと、いつもあなたのことを優しい眼差しで見つめている人はいませんか?

もしかすると、その人が「一心同体」になれるほど心が通じ合える人かも知れませんよ。

相手の表情をよく見る

「もしかして、この人が運命の人かも知れない。」と思う人がいたら、相手の表情をよく見ていて下さい。

何故か、相手の表情を見ているだけで、どんなことを考えているのか、お互いにテレパシーを感じるように分かってしまうのが、「一心同体」になれる人です。

悲しそうな顔をしていれば、悲しい気持ちが自分のことのように伝わって来たり、嬉しそうな顔をしていれば、きっといいことがあったんだと分かって、自分も嬉しく思える人が、「一心同体」になれる人です。

相手の表情を見るだけで、心が通じ合えるなんて、そんな「一心同体」の恋人同士だったら、きっとその人はあなたの「運命の人」なのでしょう。

こんな人があなたの身近にいたら、何があっても離れてはいけませんよ。

パターンが分かっている

こういう行動をした後は、必ず、こういう行動をするだろうと、相手の行動パターンが大体把握出来てしまうような人って、あなたの身近にいませんか?

例えば、相手がクセのようにいつもやっていることを、他の人は全く気付いてなくても、あなたにだけは分かっていて、「次はこう出るはず…」と思っていると、驚くほど予想が的中してしまって、相手が本当に思った通りの行動を取っていたりするのです。

「こんなことしてくれたら嬉しいのになぁ…」なんて思っていると、まるで心の中を全て覗かれているのかと思うくらい、お互いの心が見抜けてしまう人です。

ずっと見ているうちに、相手の行動パターンが分かってしまうのは、もしかすると、「一心同体」になれる人かも知れませんよ。

そういう人が傍にいたら、要チェックです。

ただ見ているだけで行動パターンが全て分かってしまうような人は、なかなかいませんからね。

あえて言わない優しさを持つ

気付いていても、あえて言わないことも、思いやりや優しさだと思います。

相手が黙って必死に悲しみを堪えている時に、「何かあったの?」と聞いてしまえば、相手は答えてくれるかも知れませんが、聞いて欲しくないこともありますよね。

そんな気持ちも、「一心同体」になれる人は、相手の様子を見ているだけで、心が読み取れてしまうので、言葉ではなく行動で示して、あなたを支えてくれることでしょう。

「何で、この人は私が困っている時に、サッとさりげなく行動を取ってくれるんだろう…」なんて、何度もそんなことがあったら、それは「一心同体」になれる人なのではないでしょうか。

あえて言わない優しさが分かってくれる人を、大切にしたいものですよね。

相手を理解しきっている

まるで自分の片割れのように、相手のことを全て理解出来る人は、「一心同体」になれる人です。

「こういうことをされるのが嫌い。」と思うことも、「こんな時は、こうして欲しい。」と思うことも、お互いの全ての心をお見通しなので、一緒にいてこんなに楽な人はいませんよね。

勿論、相手が嫌うことも好きなことも、全て分かっているので、いちいち気を遣うこともありませんし、相手もこちらに気を遣うこともなく、最初からお互いの気持ちを理解しているので、そういう人と「一心同体」なれますよ。

「一心同体」の人は、長く付き合える永遠のパートナーとして、大切な存在になりますよね。

相手の話はなんでも聞く

あなたが話したいと思っていることを、苦にすることもなく、何でも聞いてくれる人はいませんか?

どんな内容の話でも、決して面倒臭がったりすることもなく、時間があればいつでも親身になって聞いてくれる人はいたら、絶対にその人との運命の出会いのチャンスを逃さないで下さい。

そして、あなたも相手の話したいことを、時間の許す限り、何でも聞いてあげたいと思えて、それを聞くことを面倒だとも、苦にも思わずにとことん聞いてあげることが出来る人だとしたら、その人は、「一心同体」になれる人なのです。

例え、他の人が苦痛になってしまうような話でも、お互いに、「聞いてあげる。」ではなく、「聞いてあげたい。」と思えるような人がいてくれたら、どんなに辛いことがあっても、心強く生きられることでしょう。

会う手間を惜しまない

「今日は会いたくないな…」なんて、どんなに好きな人に誘われても、凄く疲れている時は会いたくないこともありますよね。

でも、「一心同体」になれる人は、どんなに辛い時でも、どんなに疲れていても、どんなに遠くまでも、会う手間を惜しまないで、会いに行きたくなってしまうものです。

そこが、ただの友達や恋人とは違って、その人に会うことで辛い気持ちも疲れも、吹き飛んでしまうくらい、どんな時でも会いたいと思える人がいたら、それはきっと「一心同体」になれる人なのです。

他の人だったら、会うのを断わることもあるけど、その人だけはどんなに手間をかけても、何としても会いたいと思えるのでしょうね。

ピンチに必ず駆けつける

「誰にも相談出来ない。

どうしよう…」なんて悩んでいる時、ふと振り向くと、あなたのことをじっと見つめてくれている人はいませんか?

まるでどこからかあなたのことを見ているかのように、あなたがピンチの時に必ずスーパーマンのように現れて、助けてくれる人はいませんか?

もし、そんな人があなたの周りにいたら、その人はきっと、「一心同体」になれる人です。

何度かそんな偶然が重なる度に、あなたはピンチの時は、その「一心同体」が現れることが当然のように期待して、どんなにピンチの時でも、その人が必ず救い出してくれるからと信じて、強い姿勢を保てるようになることでしょうね。

そんなスーパーマンのような人が身近にいてくれたら、一生離れられない誰より大切な人になりますよね。

こうしてほしいを先読みする

「こんな時は、こうして欲しい。」と思っていることが、まるで心を読まれているかのように先読みして、あなたが頼まなくてもやって欲しいようにやってくれる人は、あなたの周りにいませんか?

そんな風に、言葉を交わさなくても先読みして行動してくれる人がいたら、なんて幸せなことでしょう。

人に頼むことは、そのお願いが大変なことなほど、誰かに頼みづらいと思います。

けれど、頼まなくても先読みしてやってくれる人がいたら、とても有り難いことですよね。

きっと、あなたも相手がして欲しいと思うことを、相手が頼まなくても分かって、やってあげたいと思うことでしょう。

お互いに持ちつ持たれつが、自然に出来る相手だと思います。

合言葉のようなものがある

合言葉って、誰かと決めたことはありますか?

または、何も合言葉を決めていなくても、お互い何度か同じことをしているうちに、合言葉のようになってしまっていることもあると思います。

相手の目を見るだけで、テレパシーを感じるように心が分かってしまう人が、あなたの傍にいたなら、きっとその人は、「一心同体」になれる人です。

「未来予想図~アイシテルのサイン」と言う映画がありましたけど、恋人同士でいつもやっていたことが、知らぬ間にその人たちだけのサインになって、そのサインを見るだけで、心が通じ合えるのです。

そんな合言葉(サイン)を共有出来る友達や恋人と、巡り会えたら素晴らしいですね。

相性が合っている

人付き合いは、どんな関係でも相性が合うと言うことは、とても大切なことです。

相性が合わなければ、一緒にいて苦痛になってしまうこともありますからね。

何を一緒にする時でも、お互いにそれを良いことだと共感出来ることって、相性が悪い人とは無理でしょうから、同じようなことを好み、同じようなものに魅力を感じて、色んな相性がピッタリ合う人がいたら、それは「一心同体」になれる人です。

もしも、全ての相性が合う人を見つけたら、決してその人から離れることがないように、ずっと大切にして寄り添い合って下さい。

無言でも気にならない

「空気のような存在」と言う言葉をよく聞きますが、そういうのとはちょっと違う意味で、何も会話がなくても気にならなくて、一緒にいても自然に過ごせるような人っていませんか?

お互い無言でいても、傍にいるだけで癒されて、安心することが出来るような人が、あなたの周りにいたなら、その人は、「一心同体」になれる人です。

大抵の人は、全く会話がないと気まずくなるものですから、無言でいる方が苦しくなってしまうので、そんな人と出会えて結婚出来たら、いつも気持ちが安定した暮らしが出来ることでしょうね。

居心地の良さを重視する

「この人と一緒にいるだけで、何もしなくても、何も話さなくても癒されて、とても居心地がいいなぁ…」と思える人は、あなたの周りにいませんか?

何をするよりも、お互い居心地が良いことが一番大切なことだと思える人がいたら、その人はあなたと「一心同体」になれる人です。

お互い重視する点が同じだと言うことは、とても大切なことです。

そして、他がどんなに相性が良かったとしても、どこか居心地が悪く無理をしてしまっていることがあれば、その関係は長くは続かないのです。

やっぱり、長く一緒に付き合える人は、一緒にいて一番居心地がいい人ですよね。

さりげなく元気つける

あなたが元気がない時は、さりげなく元気づけてくれる人っていませんか?

他の人は、空元気で明るく振舞うあなたに気付いてなくても、その人だけは、みんなに気付かれないように、そんなあなたをさりげなく気遣って元気づけてくれる。

もしも、そんな人があなたの周りにいてくれたら、その人はあなたと「一心同体」になれる人です。

どんな時も、あなたの様子を見るだけで、あなたの心が分かってしまうので、隠しても隠し切れない人ですが、ちゃんとあなたの気持ちを理解してくれているので、見え見えに元気づけたりせず、さりげない心配りをしてくれる人でしょう。

離れてても相手を思っている

例え、どんなに離れた場所にいても、いつも一緒にいるかのように、相手のことを一秒たりとも忘れることなく思っている。

そんな人があなたの好きな人だったら、それはもう「運命の人」であり、「一心同体」になれる人です。

一緒にいなくても、まるで傍にいるように感じる人は、きっと信頼があって心が通じ合える人だからなのです。

逆に、離れていると忘れてしまったり、不安になってしまうような相手だとしたら、信頼関係が築けない相手だと言うことですし、そんな人とは長く付き合えないでしょう。

離れていても、その人のことを思うだけで幸せだと思えるような人がいたら、その人のことを一生手放さないように大切にしましょう。

同じタイミングで同じ言葉を発する

最近、「シンクロ」って言う言葉をよく聞きますが、まるで掛け声でも掛けてるように、同じタイミングで同じ言葉を発することがよくある人っていませんか?

あれは本当に不思議なことで、その人とは何故か何度も同じタイミングで同じ言葉を発してしまうのです。

私の場合は、結構自分の子供とシンクロすることがよくあって、嫌そうにしながらも、「今、シンクロしてたね。」と、またシンクロしてしまって、お互いクスッと笑ってしまうところが、やっぱり血を分けた親子なんでしょうね。

親子喧嘩している時でも、よくシンクロしてしまって、笑いを堪えて怒っているのに、どちらかが吹き出してしまって、二人で爆笑して怒れなくなってしまうなんてこともしばしば…(笑)

また気が合う友達とも、よくシンクロしてしまって、なんかその友達とは、とっても気が合って嬉しい気がします。

きっと、そんな人達は「一心同体」になれる人ですよね。

笑いのツボが同じ

笑いのツボが同じって、結構ポイント高い人が多いんですよ。

何を隠そう、この私も笑いのツボが同じと言うことは、かなり重要なポイントなんです。

だって、自分が面白いと思って話しているのに、相手から、「何がそんなに面白くて笑ってんの?」って、バカにするようにしらけた顔で言われたら、そんな人と一緒にいても楽しくありませんよね?

「笑う門には福来る」と言う、ことわざがあるくらいですから、面白いことを面白いと共感出来て、お互いバカな話をしながら笑い合えることって、とっても幸せなことだと思いませんか?

一緒に笑いながら人生を共に出来る相手は、きっと「一心同体」になれる人です。

一緒にいて苦がない

「一心同体」になれる人とは、ずっと一緒にいても苦になることがありません。

心も体も通じ合える人ですから、相手の全て受け入れることも、お互いが自然に出来る人だからです。

長年一緒にいると、どこかしら嫌なところが我慢出来なくなってしまったり、関係がマンネリ化して飽きてしまったりすることがありますが、「一心同体」になれる人は、そういった我慢することもなく、飽きることもなく、何も苦もなくずっと一緒にいれる人なのです。

何もしなくても、一緒にいるだけで幸せだと思えるような人は、ずっと人生を共にしたいと思いますよね。

この記事を読んでいるあなたも、そんな「一心同体」になれる人を、ぜひ、見つけ出して下さい。

結局同じ選択になる

例えば、レストランで注文をする時に、お互いどれを選ぶか迷っていたとしても、結局同じ物を選んでしまうことがありませんか?

それが一度ならず何度も同じ物を選んでしまったりするのなら、その人は、「一心同体」になれるです。

別々に服を買いに行ったはずなのに、まるで二人で選んだかのように、同じ服をペアルックみたいに買って来てしまったり、そんな偶然が何度もある人だとしたら、それは偶然ではなく、「一心同体」になれる人だからなのです。

敢えて別々の物を選ぼうとしても、その人とは何故か結局同じ選択なってしまうから、不思議な存在ですよね。

感謝の気持ちや思いやりを忘れない

どんなに馴れ合いの仲になったとしても、決して相手に対する感謝の気持ちや思いやりを忘れない、そんな風に大切に思える存在がいるのなら、その人はあなたと「一心同体」になれる人です。

馴れ合いになってしまうと、初めは感謝していたことも当たり前のように思ってしまったり、喧嘩ばかりしていると、思いやりも忘れてしまいがちです。

だけど、その人への恩だけは決して忘れることなく覚えていて、敢えて気を遣うワケでもなく、思いやることも自然に出来る人がいたら、その人を絶対に離さないで下さいね。

️一心同体な関係、そんな絆を深めていきたい

今回この記事では、「一心同体」について書いてみましたが、参考になりましたか?

「一心同体」になれるような人とは、一生に一度出会えるか出会えないかの確率ですから、せっかく出会えたのなら、どうかそのチャンスを逃さないようにして下さい。

「一心同体」の人は、友達だったり、恋人だったり、家族だったり、色んな関係の人がいますね。

かつて私には、まるで前世から繋がっているかのように思えたくらい、私の分身のような人がいました。

振り返ると、彼はいつも私のことを優しい眼差しで見ていてくれて、彼のことを思うだけで幸せだと思える人でした。

私が困っている時、他の人は誰も気付いてくれなくても、彼だけは気付いてくれて、さりげなく助けてくれました。

底抜けに面白くて、いつも二人でバカな話をして、翌日は二人とも腹筋が痛くなるくらい爆笑してしまう、笑いのツボが大切だと思ったのは、彼と出会ってから知りました。

けれど、私はつまらない意地を張って、自らその人を私から離れるように仕向けてしまい、何十年も経った今でも、その人のことは忘れられないまま、片腕をもぎ取られたように、とても辛い思いをして後悔しています。

この記事を読んで頂いた方達には、そのような後悔がないように、「この人だ!」と思う人が現れたら、どんなことがあっても離れずに一緒にいて下さいね。

記事を読んで頂いて、「一心同体」の人と出会えましたら、光栄に思います。