CoCoSiA(ココシア)

美尻とは?5個の特徴や条件を解説!


女性の憧れの体型と言えばどのようなものでしょうか。

少し古いですが、「ボン・キュッ・ボン」の体型が憧れという人も多いのではないでしょうか。

例えば、ルパン三世の峰不二子などは、そうした女性の代表と言えそうですね。

胸が大きくて、ウエストは締まっているけれど、お尻も大きいというのは、欧米人ではよくある体型のように思えます。

日本人の場合にはそれを目指すのは少し難しそうなところはありますね。

ですが、最近ではこの「ボン・キュッ・ボン」というのは、実はそれほど女性の憧れを集める体系ではなくなってきました。

さらには、男性からもそれほど重要視されるような条件ではないことが分かっています。

今、お尻関係で多くの人が思っているのは「大きさだけが美しさの条件なのではなく、美しいお尻でいたい!」ということです。

大きいだけでも、小さいだけでも良いわけではないのです。

それでは、美しいお尻、つまり美尻になるための条件や、美尻を作るための方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

美尻について研究して見ることにしましょう。

美尻ブーム到来?!男性がキュンとくるお尻ってなに?

女性のスタイルの良さと言うのはいったいどのような条件から成っているのでしょうか。

女性から見てみても、やはりスタイルの良い人と言うのは憧れの対象になります。

あんな体系になりたいという気持ちもありますし、一方で、何となく見ていて美しいものはほれぼれとしてしまうような気持ちもありますよね。

スタイルの良い女性に憧れるのは、女性だけではなくやはり男性もです。

それでは、「スタイルが良い」と言うのは具体的にはいったいどのようなものでしょうか。

昔から、胸が大きくてウエストは細い人が良いというのは変わっていないように思えます。

もちろん、身長なども関係していますので、足の長さなどを条件に入れる人も多いかもしれませんね。

ですが、分からないのはお尻です。

お尻の大きさも「ボン」と大きい方が好みだという人は多いのでしょうか。

そこは実は難しいところですが、実は、今、この「スタイルの良さ」を語るときにあまり口にされることがなかったお尻に注目が集まっています。

美尻ブームの到来ということですね。

ことさら、自分の好みの女性に「お尻が美しい人」という人はいないかもしれませんが、やはり、男性から見てお尻の美しさと言うのは、とても大事な条件です。

女性から見ても、何となくキュッと上がった素敵なお尻のラインを見ていると素敵だなあと感じることがあるのではないでしょうか。

ここでは、男性の目を引き、きゅんと来るようなお尻について詳しく見てみることにしましょう。

まずはお尻のタイプから確認!


美尻を目指す前に、まずは自分のお尻のタイプから確認して見ることにしましょう。

お尻と言ってもあまり種類がないように思われるかもしれませんが、顔の輪郭と同様にお尻にもいくつかのタイプがあります。

まずは自分がどのようなタイプのお尻であるのかを知りたいと思っている方はとても多いのではないでしょうか。

普段はあまり自分のお尻の形を見ることはありませんし、実際に他の人のお尻をまじまじと見たことがある人は少ないでしょうから、簡単に確認できる方法や、他の人がどのようなお尻をしているのかということについて見ていきたいと思います。

簡単にチェックすることができる方法ですので、ぜひ自分のお尻の形について見てみることにしてください。

洋梨タイプ

日本人の女性の中で一番多いと言われているのは、この洋ナシタイプと言われる女性ですね。

全女性の内の半数ほどと言いますから、周囲の人に二人に一人は洋ナシ型のお尻をしているということになります。

文字通り、形が洋ナシのようになっているので、洋ナシタイプと言われるお尻になります。

とはいっても、洋ナシタイプと言われるお尻が垂れているお尻だというわけではありません。

若くて垂れているわけではないお尻であったとしても、全体的な形として洋ナシと呼ばれるタイプの人もいます。

痩せて肉がついていなかったとしても、全体の形はそう変わるものではありません。

この洋ナシタイプの人は、壁にしっかりと頭とかかとをつけた状態で立ったときに、肩甲骨とお尻が壁についている状態になります。

その上で、さらに腰の部分にかなり大きな空洞ができてしまっているような状態、つまりは壁からかなり腰の部分が離れている状態になっている場合には、洋ナシタイプと言われるお尻に属すのではないでしょうか。

腰の部分のアーチが大きければ洋ナシと言われるタイプのお尻なのです。

実際に自分で鏡に映して見てみたときにも、洋ナシのような形になっていることが分かるのではないでしょうか。

扁平タイプ

扁平タイプのお尻の場合には、洋ナシタイプと似ていますが、それよりもボリュームがないようなイメージなのではないでしょうか。

このタイプの女性は全女性の内の約2割と言われています。

洋ナシ型とほとんど似てはいるのですが、洋ナシと言うには少し大きさが足りないという感じであり、実際に、洋ナシタイプと同じような診断をしたときに、腰の部分が作っているアーチが小さいタイプの人が、扁平タイプのお尻に属していると言われています。

明確に洋ナシタイプと扁平タイプを分けるようなことはできないために、どこからどこまで扁平タイプであり、どこからどこまで洋ナシタイプであるのかということは分かりません。

ただ、自分で触って見た感じで、何となく、腰は壁から離れているけれど、手が全くそのアーチ部分に入らないということがあれば扁平タイプと言う分類をすることができるのは確かでしょう。