女性の憧れの体型と言えばどのようなものでしょうか。

少し古いですが、「ボン・キュッ・ボン」の体型が憧れという人も多いのではないでしょうか。

例えば、ルパン三世の峰不二子などは、そうした女性の代表と言えそうですね。

胸が大きくて、ウエストは締まっているけれど、お尻も大きいというのは、欧米人ではよくある体型のように思えます。

日本人の場合にはそれを目指すのは少し難しそうなところはありますね。

ですが、最近ではこの「ボン・キュッ・ボン」というのは、実はそれほど女性の憧れを集める体系ではなくなってきました。

さらには、男性からもそれほど重要視されるような条件ではないことが分かっています。

今、お尻関係で多くの人が思っているのは「大きさだけが美しさの条件なのではなく、美しいお尻でいたい!」ということです。

大きいだけでも、小さいだけでも良いわけではないのです。

それでは、美しいお尻、つまり美尻になるための条件や、美尻を作るための方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

美尻について研究して見ることにしましょう。

美尻ブーム到来?!男性がキュンとくるお尻ってなに?

女性のスタイルの良さと言うのはいったいどのような条件から成っているのでしょうか。

女性から見てみても、やはりスタイルの良い人と言うのは憧れの対象になります。

あんな体系になりたいという気持ちもありますし、一方で、何となく見ていて美しいものはほれぼれとしてしまうような気持ちもありますよね。

スタイルの良い女性に憧れるのは、女性だけではなくやはり男性もです。

それでは、「スタイルが良い」と言うのは具体的にはいったいどのようなものでしょうか。

昔から、胸が大きくてウエストは細い人が良いというのは変わっていないように思えます。

もちろん、身長なども関係していますので、足の長さなどを条件に入れる人も多いかもしれませんね。

ですが、分からないのはお尻です。

お尻の大きさも「ボン」と大きい方が好みだという人は多いのでしょうか。

そこは実は難しいところですが、実は、今、この「スタイルの良さ」を語るときにあまり口にされることがなかったお尻に注目が集まっています。

美尻ブームの到来ということですね。

ことさら、自分の好みの女性に「お尻が美しい人」という人はいないかもしれませんが、やはり、男性から見てお尻の美しさと言うのは、とても大事な条件です。

女性から見ても、何となくキュッと上がった素敵なお尻のラインを見ていると素敵だなあと感じることがあるのではないでしょうか。

ここでは、男性の目を引き、きゅんと来るようなお尻について詳しく見てみることにしましょう。

まずはお尻のタイプから確認!


美尻を目指す前に、まずは自分のお尻のタイプから確認して見ることにしましょう。

お尻と言ってもあまり種類がないように思われるかもしれませんが、顔の輪郭と同様にお尻にもいくつかのタイプがあります。

まずは自分がどのようなタイプのお尻であるのかを知りたいと思っている方はとても多いのではないでしょうか。

普段はあまり自分のお尻の形を見ることはありませんし、実際に他の人のお尻をまじまじと見たことがある人は少ないでしょうから、簡単に確認できる方法や、他の人がどのようなお尻をしているのかということについて見ていきたいと思います。

簡単にチェックすることができる方法ですので、ぜひ自分のお尻の形について見てみることにしてください。

洋梨タイプ

日本人の女性の中で一番多いと言われているのは、この洋ナシタイプと言われる女性ですね。

全女性の内の半数ほどと言いますから、周囲の人に二人に一人は洋ナシ型のお尻をしているということになります。

文字通り、形が洋ナシのようになっているので、洋ナシタイプと言われるお尻になります。

とはいっても、洋ナシタイプと言われるお尻が垂れているお尻だというわけではありません。

若くて垂れているわけではないお尻であったとしても、全体的な形として洋ナシと呼ばれるタイプの人もいます。

痩せて肉がついていなかったとしても、全体の形はそう変わるものではありません。

この洋ナシタイプの人は、壁にしっかりと頭とかかとをつけた状態で立ったときに、肩甲骨とお尻が壁についている状態になります。

その上で、さらに腰の部分にかなり大きな空洞ができてしまっているような状態、つまりは壁からかなり腰の部分が離れている状態になっている場合には、洋ナシタイプと言われるお尻に属すのではないでしょうか。

腰の部分のアーチが大きければ洋ナシと言われるタイプのお尻なのです。

実際に自分で鏡に映して見てみたときにも、洋ナシのような形になっていることが分かるのではないでしょうか。

扁平タイプ

扁平タイプのお尻の場合には、洋ナシタイプと似ていますが、それよりもボリュームがないようなイメージなのではないでしょうか。

このタイプの女性は全女性の内の約2割と言われています。

洋ナシ型とほとんど似てはいるのですが、洋ナシと言うには少し大きさが足りないという感じであり、実際に、洋ナシタイプと同じような診断をしたときに、腰の部分が作っているアーチが小さいタイプの人が、扁平タイプのお尻に属していると言われています。

明確に洋ナシタイプと扁平タイプを分けるようなことはできないために、どこからどこまで扁平タイプであり、どこからどこまで洋ナシタイプであるのかということは分かりません。

ただ、自分で触って見た感じで、何となく、腰は壁から離れているけれど、手が全くそのアーチ部分に入らないということがあれば扁平タイプと言う分類をすることができるのは確かでしょう。

少し太って扁平タイプの人のお尻にお肉がついた場合には、洋ナシ体型になるというようなボーダーラインに立っているという人もいるかもしれませんね。

なだれタイプ

なだれタイプのお尻の人は、全体的にお尻にボリュームがないタイプの人ですね。

追う言ったタイプの人は扁平型の日と同じように全体の約2割ほどだと言われています。

お尻のお肉が少ないため、壁に足と頭をつけて立つ計測方法でも、お尻の肉が全く壁につかない状態になります。

そのためアーチと呼ばれるものはできず、肩甲骨のみが肩についてしまっている状態になりますね。

後ろ姿からするとお尻の肉がなくてとても良いかもしれません。

いわゆる「ボン・キュッ・ボン」の最後が「ボン・キュッ・キュッ」になっているということです。

ただ単に痩せているというだけではなく、お尻に肉がつかないタイプだということができるでしょう。

見た目としても、大半の人のお尻がどこか桃や洋ナシに例えられるお尻に対して、何となく平べったい形をしているのがなだれタイプのお尻です。

アヒルタイプ

アヒルタイプと呼ばれるお尻の人は、いわゆる「ボン・キュッ・ボン」の最後の「ボン」がキチンあるタイプだということができるのではないでしょうか。

全体の約1割程度しかこのお尻の形を見ることができないので、珍しいということもできますし、欧米人のようなお尻だということもできるでしょう。

このアヒルタイプのお尻というのは、計測方法ではほとんど洋ナシタイプと変わりがありません。

ただし、アヒルタイプはお尻が横に突き出ている形になります。

つまり、洋ナシ型タイプの人は太ももと同じような太さですが、アヒル型の人はもう少しボリュームがあって張り出している状態になっているのです。

そのために、ボリューム型と言われることになるのです。

これは完全に見た目で判断するものなので、壁に背中をつけても判断することはできません。

流れとしては、壁に背中をつけて洋ナシ型と判断されるお尻であったのなら、そこから見た目でアヒルか洋ナシかということを判断するイメージではないでしょうか。

「美尻」の条件ってなに?


すべてのお尻のタイプが分かったところで、今度は美尻と呼ばれるお尻の条件について考えてみることにしましょう。

よくグラビアやアイドルの中に美尻と呼ばれる人がいるのはご存知かもしれませんが、これはいったい、どのような条件に即しているので美尻と呼ばれることになるのでしょうか。

もちろん、確かに、男性目線で見てみると、そこに好みは発生しているのは確かです。

ですが、ここでは、女性が求めるような美尻の条件について見てみることにしましょう。

キュッと上を向いている

まず、女性が求めている美尻の条件の一つとしては、キュッと上を向いているというものがあるでしょう。

お尻にキュッと上を向いているというのは難しいかもしれませんが、要するに、キュッとしていて、張りがあり、垂れてはいないということになるのではないでしょうか。

多くの女性は洋ナシ型のお尻になっていますが、美尻の条件としては洋ナシと言うのはちょっと、と思っている人は多いでしょう。

洋ナシは少し垂れてしまっているイメージがありますが、こういったお尻が求められるのではなく、全体的に引き締まっていてキュッと上向きになっていて垂れていない、と言うのがとてもきれいなお尻の条件として挙げられます。

美尻メイキングなどを見ていると、特にこの「垂れていない上向きのお尻」などが良く言葉として出てきていますので、素敵なお尻のラインを生み出すものはキュッと上を向いているお尻ということになるのでしょう。

身長×0.53

お尻の理想的な大きさとしてあげられているサイズの計算法帆についてもご紹介しましょう。

お尻のサイズの理想的なサイズは「身長×0.53」と言われています。

これはもちろんスリーサイズで言うところのヒップの大きさであり、ヒップの一番大きなところの演習を計ったときにこのサイズになっていると良いのです。

ですが、これは例えば、160cmの身長の人の理想のサイズが大体85cmほどだということになりますね。

こちらに関しては、標準体重などと同じように、女性にとっては少し大きすぎる印象の数字かもしれません。

どちらにしても、これくらいの数字の前後であれば、少なくとも理想的だと言われているお尻の大きさに近づくことができているということになるでしょう。

小尻を目指すのなら、これよりも小さいサイズを狙った方が良いかもしれません。

ぷりっぷりの質感

理想のお尻としては、ぷりっぷりの質感というものも挙げられていますね。

お尻と言うのはそもそも、柔らかい方が好まれるものです。

何となくかたいようなお尻を見ていると、美しいとは言えないのではないでしょうか。

グラビアの写真などを見ていても、美尻と言われている人はどこかぷりぷりしていることが分かります。

例えるならば、赤ちゃんや子どもようなぷりぷりのお尻になることが求められているということですね。

これに関しては筋肉の付き方などもありますし、一日中座っている人などはつぶれた状態で超人間過ごしているので、少し難しいかもしれません。

ですが、見たときにぷりぷりの質感であるということは、かなり重要な美尻の条件となります。

天使のえくぼ

お尻に天使のえくぼができている状態であるということも大切ですね。

ただ、天使のえくぼ、もしくはヴィーナスのえくぼと言っても、何のことだか分からない人は多いでしょう。

これは、お尻そのものではなく、お尻と腰の間にあるくぼみのことを言います。

少し背中を逸らせた時に、このえくぼがきちんと浮き上がっている方が美しいお尻に見えるということなのです。

天使のえくぼができるかどうかということには、もちろん肉付きも関わってくるでしょう。

天使のえくぼができているという人は、程よい肉付きでありながらもスレンダーな印象のものになっているはずです。

ただお尻が理想的なサイズでぷりぷりしていれば良いというだけではなく、その腰からのラインももちろん重要な美尻の条件になっているというわけです。

男性が求める美尻の特徴

男性が求める美尻の特徴についても見てみることにしましょう。

往々にして、女性が求める「こうなりたいスタイル」と、男性が求める「こうであってほしいスタイル」は異なることが分かっています。

女性が自分に求めているものは、男性が求めている理想像ではないこともあるということですね。

それでは、男性はいったいどのような特徴を美尻の条件として挙げているのでしょうか。

男性が求める美尻の特徴について詳しく見てみることにしましょう。

小尻

まず、男性が求めているのは小尻であるということです。

以前はかなり大きなボリュームのあるお尻が求められていましたが、最近では小尻の方が求められる傾向にありますね。

何となくボリュームのある「エロい」というお尻ではなくて、健康的なスレンダーな女性のお尻の方が人気があるということになります。

これは、時代的に、より痩せている女性が求められているからなのかもしれません。

最も、胸は大きい方が良いという男性も多いようですが、お尻に関しては小尻でキュッとしている方を魅力的だと感じるのは不思議ですね。

ジーンズなどで浮き出るラインが、小さくてキュッとしていることが好まれているのです。

うつ伏せになってもプリケツ

小尻を求めている人は多くても、プリッとしていなければいけないと思っている人はたくさんいます。

特に、きちんと張りがあるプリケツは男性の理想のお尻であるということが分かっています。

男性にとっては、女性がうつぶせになったときに、お尻が流れてしまうことなく、きちんと盛り上がったままであるプリケツが好みなのです。

お尻の造りからすると全く肉が流れないというのは難しいかもしれませんが、うつぶせになっていても張りのあるプルプル感があるということは、相当にきれいな張りのあるお尻でなければいけないということになるでしょう。

これは垂れているお尻の人には難しいので、結局はやはり、普段からキュッと上向きになっているお尻の方が好まれるということになりますね。

「臀溝ライン」がくっきり

キュッとした小尻でいなければいけないのに、さらに無理難題を言っているようにも思われるかもしれませんが、お尻と太ももの境にあるラインははっきりしていた方が良いようです。

この太ももとお尻の間にあるラインのことを臀溝ラインと呼ぶのですが、このラインがなければいけないというのは、つまり、それなりの肉付きがなければいけないということになりますね。

お尻が大きくてもいけませんが、きちんと臀溝ラインがあるということは、それなりにきちんと「お尻」と呼ばれるものがあるということになります。

小尻は良いけれど、ないのは困るというところでしょうか。

確かに、小さくても臀溝ラインがきっちりしているようなお尻なら、うつぶせになってもそれなりのボリュームのあるぷりぷり館かもしれませんね。

スベスベな赤ちゃん肌

すべすべな赤ちゃん肌であるということも重要な条件の一つですね。

何となくお尻と言うと赤ちゃんを想像してしまう人は多いかもしれませんが、実際に女性のお尻にも赤ちゃんのようなきれいな肌を求めている人はたくさんいます。

う段人には見せることがない場所だからこそ、綺麗な肌であることが望まれているのです。

確かに「美尻」と言うくらいですから美しくなければいけませんし、美しさの条件と言うと肌がありますよね。

男性が求めているような美尻になるためには、脱いだ時にもその美しさを保っていなければいけないので、女性はお尻のスキンケアも求められているということになります。

黒ずみのない健康的な色

さらに、すべすべな赤ちゃん肌でありながら、真っ白であれば良いというわけではなく、黒住のない健康的な色であるということも求められます。

お尻に健康感を求めているということは、普段からそれなりのケアをしていなければいけません。

お尻に関してはあまり考えていないという人もいますし、胸以上に普段は人に見せない場所なので、他の場所を優先してケアしているという人もいるでしょう。

第一、自分ではまじまじと鏡に映してみるような子とはしないので、そもそも自分のお尻が黒ずんでいるかどうかということに関しては分からない人も多いのではないでしょうか。

黒ずんでいることがなく健康的な色を保ちたいと思っている方は、ぜひ、お風呂の中で自分のお尻の肌の状態をチェックしてみてください。

お尻が垂れる原因は4つもあった!

美尻を目指している人にとっては敵となるのは、お尻の肉が垂れてしまうことです。

キュッと上向きのお尻ではないにせよ、お尻の肉が垂れ下がっているのよりはずっと良いと考えている人もいます。

また、年齢がお尻のラインに表れてしまうと悩んでいる方も多そうですよね。

お尻のラインと言うのは、実は若ければ若いほどきれいなラインになりますが、肉付きが良い人ほど、そこがだんだんと垂れ下がってしまうのです。

できればこれを避けたいと思っている方はたくさんいますが、それでは、どうしてお尻の肉は垂れさがってしまうのでしょうか。

体質

お尻の肉が垂れてしまう理由の大きなものとしては、まず、体質というものが挙げられるでしょう。

同じ生活をしていても、全く肉が垂れないという人もいますし、そこは、既にそもそも持っている体質的に垂れるかどうかということが決まってくるような気がします。

そこはもう個人差がありますので、自分が垂れやすいタイプの人だということが分かっているのなら、きちんとヒップアップをしなければいけないということになりますね。

お尻も肌の一つであることには違いありませんし、顔を見ていて自分の顔にフェイスアップが必要になっているのなら、お尻にもヒップアップが必要になっているかもしれないということが分かります。

何となく自分の身体については癖のようなものを知っている方が多いと思いますので、お尻に関しても、大体はどのような状態になるのか想像できるのではないでしょうか。

生活習慣

生活習慣もお尻が垂れる原因を作るものだと言われています。

お尻にも筋肉はありますから、普段からきちんとお尻を鍛えるようなことをしていれば、きちんとお尻は垂れずに済むでしょう。

お尻を鍛える意味が分からないという方もいるかもしれませんが、お尻の肉をきちんとコントロールできていないと、脂肪が多い部分なので垂れるばかりで抑制が効かなくなってしまいます。

きちんと、それなりに筋肉に変えてあげる必要があるのです。

美尻を理想にしている人は多いですが、運動不足になってしまっている、ショーツがあまりにも小さすぎる、座り方が悪いなどの普段の癖が悪いだけで簡単にお尻が垂れてしまうというのは、なかなか難しい問題ですね。

何がいけないのかということをきちんと知って、普段からお尻が垂れないような生活習慣を身に着けることが必要だと思われます。

猫背

猫背の人もお尻が垂れやすいと言われています。

これは猫背の人を横から見てみると分かりやすいでしょう。

猫背と言うのは、お尻を突き出すような形になります。

そのため、普通に立っているよりも重力の影響が受けやすい状態にあるのです。

身体はある程度は重力に逆らってジャンプなどをすることができますが、ぜい肉まで重力に逆らうことはできません。

そして、身体は癖がつきやすいものでもあります。

つまり、普段から猫背になってしまっている人は、常にお尻が重力の影響を受けて垂れているので、そのせいでお尻もずっと垂れた状態になり、それが抜けなくなってしまっているのです。

普段からきちんとした綺麗な姿勢でいれば、それほど重力の影響が大きくないので、猫背の人よりはお尻が垂れにくい状態になるのではないでしょうか。

肥満

一番わかりやすいお尻が垂れる原因としては、肥満がありますね。

当たり前の話ではありますが、肉があればあるほど、重力に負けて垂れてしまうようなことが起こるのです。

全く肉がなければ、そもそも垂れるような肉がないという状態になります。

胸も同じですよね。

胸がない人の方が「垂れる胸」になってしまう可能性が高くなります。

お尻では、お尻の肉付きが良ければ、その分だけ垂れてしまうので注意が必要なのです。

肥満状態になっていればお尻にも肉がついていますから、その分だけ当然垂れます。

これはどうしようもない事実でしょう。

最も、肥満が原因でお尻が垂れてしまっている人は適切にダイエットを行えばヒップアップできるということが分かっているので、どうしようもないというわけではありません。

そのため、きちんとしたヒップアップのトレーニングをする必要があります。

ヒップアップにオススメの美尻トレーニング6選

お尻が垂れてしまっては困る!という方はぜひ、ヒップアップのためのトレーニングを行ってみてください。

きちんとヒップアップのトレーニングをしていれば、キュッと上向きのお尻を手に入れることができるでしょう。

ある程度は体質であるお尻ですが、お尻が脂肪の多い身体の一部である以上、ある程度は努力で綺麗なお尻を作ってあげることもできるはずです。

ぜひ、ヒップアップのおすすめのトレーニングを試してみてください。

スクワット

ヒップアップにおすすめのトレーニングは、まずはスクワットです。

古典的なエクササイズの一つですが、きちんとお尻のあたりの筋肉を鍛えることにもなりますので、理想のぷりぷりしたお尻を手に入れることができるでしょう。

きちんとスクワットをしていると、お尻が筋肉痛になるような感覚を味わうことができるようですよ。

回数に関しては50回から100回と言われていますが、最初からしていると、しばらくはお尻が痛くてたまらないはずです。

そのため、最初の内は少しずつ慣れるまで回数を少ないところから増やしていくという方法を取った方が良いと思います。

ワイドスクワット

ワイドスクワットは通常のスクワットよりも足を広く開いて立つような方法です。

この方法の方がスクワットがしやすいという人もいますから、まずはこちらの方が良ければ、この方法でスクワットを行ってみてください。

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットは、片方のお尻から順々に鍛えていく方法です。

普通のスクワットとは異なり、片方の足で行うというところが特徴ですね。

片方の足を後ろのどこかに置いて、もう片方の足は少し前に出します。

そして、そのまま体を沈めていくのです。

これは、普通のスクワットよりも少しきついかもしれませんが、お尻には効果がありますよ。

また、気を付けなければならないのは、この方法を行うときには、左右同じ回数を行うということです。

片方だけ引き締まった美尻で、片方は垂れているというようなことになるのは嫌ですよね。

シシースクワット

シシースクワットは、掴まれるものがなければできません。

脚を開いて立ったら、普通のスクワットとは逆に、膝を出すようにして身体を傾斜させていきます。

この時に、膝を頂点にして、身体が斜めにまっすぐになるように倒していきましょう。

この時、顔は天井の方を向いています。

十分に傾斜させることができたのなら、その後に体を起こします。

かなりきついスクワットだといえますので、シシースクワットは普通のスクワットで物足りないという人におすすめの方法です。

レッグランジ

レッグランジは、足を大きく踏み出してそのままもう片方の足の膝が90度になるまで身体を鎮める方法です。

これを左右交互に行っていきます。

特に回数制限はありませんので、自分がもう無理だと感じるまで続けると良いでしょう。

バックランジ

バックランジは、レッグランジとは異なり、足を後ろに踏み出して身体を鎮める方法です。

今度は、踏み出した方の足が90度に曲がるまで行います。

ダンベルなどを持って行うのも良いでしょう。

ヒップアップトレーニングで美尻を目指そう!(まとめ)

いかがでしたか?
女性にとっても最近は美尻メイキングが美容の一つとなってきました。

ジーンズなどの身体にぴったりしているボトムを履いたときに、綺麗にお尻のラインが出ている人には憧れますよね。

お尻に関してはなかなか鍛えることができませんが、うまくヒップアップすることができれば、美尻も夢ではありません。

最も、男性が求めているような完璧な美尻にすることは難しいかもしれませんよね。

それでも、キュッとしまったような小尻に関しては、女性も憧れにしている人が多いですし、肌も汚いよりは綺麗な方がずっと美しいお尻になるはずです。

普段は絶対に自分では見ることがないお尻ですが、美尻を作りたいと思っている方は、ぜひ、自分のお尻を少し観察してみて下さい。

理想的なお尻に対して自分のお尻がどのような欠点を持っているかなどを考えてみると、どのようなヒップアップトレーニングが必要かということも分かるでしょう。

将来的に、ガードルなどをすることもなく、キュッと上向きの可愛らしいぷりぷりの小尻のラインを作ることができると良いですね。