美少女と言われる人たちには、一体どういった特徴があるのか考えたことはありますか?

テレビに出ている芸能人の中にもたくさん美人だなーと感じることはありますし、道を歩いていても綺麗な人だなーと思うことってありますよね。

でも、人の顔って様々ですよね。

同じように綺麗だなー美少女だなーと思っても、同じ顔なわけではないはずです。

では、一体美人や美少女というのは、どういったことが当てはまると、そう感じるのでしょうか。

今回は美少女と呼ばれる人の外見の特徴と、あの有名なコンテストについてまとめてみました。

あなたの周りの美少女はいくつ当てはまっているのかも確認してみてください。

目を引く存在の美少女達

美少女はたくさんの人の中にいても、不思議と見つけられますよね。

学校や職場でも、美人だと評判の人はよく見つけてしまうなんてこともあると思います。

実は、美人と呼ばれる顔いは、顔の「黄金比率」が関係しています。

目や鼻、口といった顔の一つ一つのパーツの大きさや距離が均一に揃っていることにより、美人だと判断する方法を「黄金比率」といいます。

この顔のパーツが「黄金比率」に当てはまっていることで、美人顔と呼ばれる顔になるのです。

そのため、美人や美少女といっても、みんなが同じ顔ではありません。

「黄金比率」とは・・・


美人顔の基準となる「黄金比率」とは、髪の生え際から眉頭の下:眉頭の下から鼻の下:鼻の下から顎の先が1:1:1であることです。

自分で客観的に見るのは難しいかもしれません。

そんなときは、写真などで確認しながら見てみましょう。

まず、顔を三等分にしてラインを引きます。

そのラインが、眉頭の下と鼻の下にくれば、黄金比率だということになります。

美少女に憧れた人も多いはず

女性なら一度は美少女に憧れたことがあるのではないでしょうか。

昔から美少女は男性だけでなく、女性からも憧れの眼差しを向けられてきました。

大人になるにつれて、メイクなどである程度近づくことはできても、元からの美人とは越えられない壁を感じますよね。

でも、ぱっと見で美人だなと思うだけで、なぜ美人だと思うのかは、なかなか考えたことがないはず。

なので、美少女の外見の特徴を知り、少しでも美少女になれるようなメイク方法を試してみてはいかがでしょう。

どんな子が美少女と言われるの?

美少女と言っても、全員が同じような顔をしているわけではないですよね。

それでも多くの人が美少女と呼ぶのは、なぜでしょう。

「可愛い」という言葉は、顔だけでなく言動や雰囲気などで使われる言葉です。

そのため、愛嬌によっても「可愛い」という判断はされますよね。

それに比べて「美人」や「綺麗」というのは、雰囲気や言動ではなかなか使わないはずです。

もちろん透明感や爽やかさなども美少女と呼ばれることに関係しているかもしれません。

ただ、「美少女」と呼ばれることに必要なことの大部分は顔であるといってもいいでしょう。

美少女の8個の外見の特徴


ここからは具体的に、美少女の顔やスタイルの特徴について紹介していきます。

全員が同じ顔ではないのに、多くの人から「美少女」と言われる人たちの特徴とは一体なんなのでしょう。

実は、美人顔と呼ばれる人には、いくつかの共通点あるのです。

では、それぞれ違った魅力のある美人顔に共通して言えることは、どの部分なのでしょうか。

1、色白

シミや肌荒れのない色白な肌は、多くの女性が求めている憧れの肌ですよね。

それは、多くの美白化粧品が売られていることからも分かると思います。

その範囲は顔だけでなく、首や胸元、腕などの普段から目に見える部分。

さらに脚などの日常生活の中で見える肌全部が、色白であるほうガポイントは高いです。

もちろん男性にも様々な好みがありますが、健康的な小麦色の焼けた肌よりも、透明感のある透き通るような色白の肌の女性のほうが、男性には人気なようです。

透き通るような白い肌に、男性は清らかさを感じて惹かれてしまうのかもしれません。

この白い肌を保つためには、日常の努力が必要です。

日焼け止めや衣類、日傘などで紫外線対策をすることはもちろん、乾燥などもしないようにするなどの自己管理が必要なので、綺麗な色白肌は女性からも人気なのかもしれません。

2、二重

細くすらっとした目の和風美人もいますが、美人といって多くの人が想像するのは、ぱっちりとした目の人ではないでしょうか。

一重でくりっとした大きな目の女性は、アーモンド型の目になるため、美人というよりは可愛いといった印象のほうがしっくりきます。

それに対し、くっきりとした幅広の二重の目は、目力も増すので、相手の視線を釘付けにするのです。

なので、なるべく目を擦って腫れさせてしまわないよう気をつけましょう。

目が大きいと、自然と瞳に注目されます。

白目は充血などしておらず、尚且つ黒目と白目のバランスが適切なことが理想的です。

そのためには、目薬などで日々のケアをきちんとするよう心がけましょう。

大きなうるうるの瞳は、男性の視線を釘付けにし、ぎゅっと掴んで離さないはずです。

また、まつ毛や涙袋なども大切です。

不自然にならない程度の長さのまつ毛は、目を華やかに見せることができ、ぷくっと膨らんだ涙袋は、清純さを増すことができるため、きちんと目元のケアはしておくことが必要なのです。

人は、大きな綺麗な目をしているだけで、美人だと感じる人もいるほど、目というのは美人顔にとって重要なのです。

美人の基準は女性の化粧品や人気のメイク方法でも分かると思います。

まず、二重にするテープや接着液は種類が多く、はっきりとした二重に憧れる女性が多い証拠です。

また、まつ毛美容液も種類が豊富にあり、使っている人も多いですよね。

さらに、最近では涙袋を作るためのライナーなども多く販売されているなど、どれも女性にとって手に入れたい大切なパーツだという証拠なのです。

3、スラリとした手足

美人や綺麗な人と呼ばれている人は、みなさんスリムな痩せ体型です。

たとえば、ちょっとぽっちゃりした人だと「痩せたら美人なのに。」と言われてしまいますよね。

人は自然と美人=スリムな人と考えているのです。

そんなスリムな人は、背が高く、スラリと伸びた手や脚が目立ちます。

男性は女性の柔らかそうな手足が好きな人も多いです。

その手足が長ければ、ポイントはさらに高いでしょう。

美人というのは、なぜか身長が高めのイメージ。

それはおそらくモデルなどが身長が高いこともあるのでしょう。

身長は、なかなか変えられるものではありませんよね。

しかし、女性にはハイヒールや厚底といった力強い味方がいます。

これがあれば10センチはプラスすることが可能です。

身長が高くなったことにより、手足はさらにスラリとして見えます。

4、黒髪

手入れの行き届いた綺麗な黒髪は清楚さを演出してくれます。

美少女というのは、内側からにじみ出る清楚さや純粋な雰囲気が重要ですよね。

そのために、黒髪はとても効果を発揮します。

しかし、一歩間違えれば日本人形や座敷わらしに見えてしまうかもしれません。

そうなるかならないかを左右するのは、手入れの行き届いているかどうかではないでしょうか。

ツヤツヤの髪は、清潔感も出してくれますよね。

さらに、日本人といえばやっぱり黒髪が強みといってもいいでしょう。

最近は若いときから髪をカラーリングしてしまう人が多いからこそ、美少女は黒髪のほうが周りと違って見え、清楚さがアップします。

5、小顔

美人な顔といえば、小顔といっても過言ではありません。

テレビでもよく美人のモデルと顔の大きい芸人さんを比較するような場面も多いですよね。

なので、美人といえば小顔は当たり前のようなものなのです。

多少どれかが当てはまっていなくても、小顔であれば美少女と呼ばれる可能性はあります。

さらに小顔だと、スタイルまでよく見えます。

よく八頭身なども話題になりますが、顔が大きければより身長が必要になってしまうことは分かりますよね。

顔はむくみが原因で大きくなってしまったりします。

なので、日頃からマッサージなどのケアをきちんと行うようにすることが大切です。

6、あどけなさの残る顔

美人と言われる美少女と言われるかのおおきな 違いはここだと思います。

少女のようなあどけなさの残る顔は、幼さや純粋さなど、まだ真っ白な怪我されていない雰囲気を醸し出します。

それにより、透明感などがアップし、美少女と呼ばれるのです。

童顔とも似ていますが、童顔の場合、綺麗よりも可愛らしい印象になります。

なので、美少女と呼ばれる人は、童顔の人よりも目鼻立ちがはっきりしているものの、目が澄んでいてとても綺麗で、真っ白な肌の透明感溢れる少女のことを言います。

これはメイクなどでは難しいですが、なるべく近づけるためには、なるべく厚塗りせずに透明感を意識したベースメイクに、全体的に濃くなりすぎないようなメイクをすること。

シャドウやチークなどもあまり濃く入れすぎず、あくまでナチュラルに仕上げることがポイントです。

7、バランスのとれたスタイル

痩せすぎず太りすぎず、スタイルがいいことも美少女のポイントなようです。

無理をしてガリガリになってしまうと、健康的ではなくなってしまいます。

また、太りすぎがダメなことはわかりますよね。

とはいえ、世の中の言うバランスのとれたスタイルとは、なかなか通常の生活をしているだけではなれなかったりします。

病気かと疑うほどのスタイルは好きではないとはいえ、締まるところは締まったスタイルのことを指すので、食生活に気を使ったり、ある程度運動をするよう心がけないと、女性はついたるんでしまうもの。

女性の多くも、ファッションの参考にもしたいため、写真写りなどでは、どうしてもスタイルの良いほうが映えます。

また、自己管理ができているという印象ができるため、きちんとした人にも見えるようです。

美人とは関係ないと思いがちですが、意外と世の中の人は様々な部分を理想としがちです。

美人と呼ばれる人がだらしなければ「美人なのにだらしない。」と言われてしまいます。

それほどまでに女性にとっても、お手本としたい存在だということですね。

8、鼻筋が綺麗な鼻

鼻は顔の印象を決めるのに、とても重要なポイントです。

顔の中心にあるため、多くの人がどうしても目が行ってしまいます。

そのためすっと通った鼻筋だと、美人に見えるのです。

もちろん大きさなどもありますが、鼻筋が通っていないと、美人とはなかなか言われません。

逆に鼻がぺちゃっと潰れていたりすると、可愛いとも言われなくなってしまうほど、鼻は重要なパーツです。

鼻も大きく変えることはできませんが、メイクである程度通った鼻筋に見せることはできます。

美少女コンテスト出身の芸能人

毎年一回開催されている美少女コンテストを知らないという方はなかなかいないでしょう。

「全日本国民的美少女コンテスト」とは、オスカープロモーションが1987年から開催していて、多くの女優さんを排出しているコンテストです。

グランプリ以外にも、“審査員特別賞”や音楽・演技・モデル部門などの各部門賞があったり、最近のコンテストでは、マルチメディア賞やグラビア賞といった様々な賞があります。

毎年応募数は、何万通もの量になり、最終審査に残るだけでも、ものすごい倍率なのです。

だからこそ、最終審査まで残った人たちは、今も様々なところで活躍されています。

このコンテストは、名前に「美少女」と付いているくらいなので、先ほど紹介した美少女の特徴にぴったりな人ばかりなんです。

ここに出ている人たちの受賞当時を見てみると、これぞ美少女とも言える綺麗さに驚いてしまうかもしれません。

それでは、ここからはものすごい倍率から勝ち抜いて賞を受賞され、美少女コンテストから芸能界入りを果たした芸能人の方々を紹介していきます。

米倉涼子

ドクターXなど数々のドラマで主演をされている米倉涼子さんですが、芸能界入りのきっかけは、高校2年生の頃に友達からの推薦で応募した全日本国民的美少女コンテストがきっかけです。

ちなみにこの時のグランプリは佐藤藍子さんで、米倉さんは、審査員特別賞を受賞されました。

受賞当時の写真を見ると、とても長い手足や大人っぽい顔立ちの中にある少女のようなあどけなさが特徴的です。

たしかに、美少女と呼ばれる人の特徴を数多くクリアしていることが分かります。

そして今でもその綺麗さは際立ってますよね。

170センチ近い身長にパッチリとした大きな二重の目、鼻筋の通った鼻などは可愛いと言われるより美人と言われるほうがしっくりくると思います。

高校2年生の頃に、この美貌を見込んで受賞したのかと思うと、オスカープロモーションの目利きの凄さが伺えます。