CoCoSiA(ココシア)

健気とはどういう意味?健気な人の15個の特徴も解説!

健気とはどういう意味?健気な人の15個の特徴も解説!のイメージ写真
優しい人を見たり、お手本になる行動を取っている人を見ると、健気な人と思ってしまうことが度々あると思います。

しかし、実際、健気な人ってどんな人と聞かれると、答えられる人は少ないと思います。

これは仕方がありません。

もともと健気の意味事体が抽象的な感じに表されているので、絶対的な定義の感じで答えられる人は少ないです。

故に健気な人は世の中にいっぱい存在するのです。

しかし、そんな健気な人にも共通する特徴などがそれなりにあります。

つまり、健気な人の特徴が分かればあなたも健気な人を目指すことができるのです。

健気でない人と健気な人ならどちらが良いですかと聞かれたら、健気な人と答える人は多いと思います。

それなら健気な人を目指してみたいと思いませんか?

そこで今回こちらの記事では、健気な人の特徴などをまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、健気な人になりましょう!

健気な人を目指すなんて難しいそう!そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ、もうすでに特徴を持っていらっしゃる可能性もありますよ。

まずは、難しく考えず簡単に考えましょう。

何かを始める時に難しく考えてしまうのは良くありませんよ。

では、じっくりどうぞ!

健気とは

健気な人を目指すと言っても健気の意味をしっかり理解しないといけません。

では、健気の意味はと聞かれますと、辞書では「心がけが良くしっかりしている様子」「力の弱い者が困難に立ち向かっていく様子」「勇ましく気丈な様子」などが書かれています。

要は負けじと立ち向かっていくような感じの意味で捉えられている人が多いです。

しかしそのような行動ができるのも本来は心がけが良いからです。

つまり、健気な人とは心がけが良い人と言えます。

しかし、心がけの良い人とはどんな人と言われますと、はっきり答えることが難しいのです。

つまり抽象的な表現になってしまっているので、健気な人も抽象的な感じに捉えられてしまうのです。

そのため、大げさに解釈してしまうと特別な人と言った感じに捉えてしまう人もいるので、健気な人を見かけると、あの人は特別といった感じに見てしまう人もいらっしゃいます。

しかし、それは大きな間違いです。

健気な人も含め、世の中には特別な人はいないのです。

まずは健気な意味を表すっ事柄から説明していきたいと思います。

抽象的な感じの表現になってしまう箇所もございますが、そこは難しく捉えなくて大丈夫です。

また、すぐに理解できなくても問題ありませんよ。

心がけがよくしっかりしていること

心がけがよくしっかりしている女性
健気の意味で最初によく口にされる表現なのが、この「心がけがよくしっかりしていること。」ですが、抽象的な表現なために理解するのが難しいです。

一般的に考えて「心がけがよくしっかりしていること。」とはどのようなことかと言われますと、ご自身の行動に関して厳しく、かつきちんと捉えている様子のことを言います。

つまり、自分自身に対してしっかり責任を持つことができている人のことです。

職場で何か行動した時に相手に責任を負わせるのではなく、自分自身でしっかり責任を負うことができる人のことを健気な人と言います。

このような人ならば部下も同僚もついて行きたいと思いますよね。

このように自分自身をしっかり見つめることができている人のことを心がけが良い人と言います。

一見すれば自分に厳しい人のように思えますが、自分にも厳しく、他人も厳しい人の場合は心がけが良い人というわけではありませんので気をつけましょう。

勇ましく気丈なこと

俗に言う勇気のある人で、たくましい人のことを勇ましく気丈な人と言います。

簡単に表すと決断力のある人と言っても良いかもしれません。

何かにおいて決断をすることは勇気のいることです。

故に勇気がなければ決断はできません。

また、その勇気を持つには丈夫な性格、つまり、屈強な精神面を要しないといけません。

このように勇ましい人と言うのは精神面が強い人のことを言います。

しかし、そう思うと特別な人のように思えますが、そんなことはありません。

屈強な精神面を持つのに特別なことはありません。

では、どうすればそのような屈強な精神面を持つことができるのかと言いますと、それは他人の目を気にしないことです。

口で言うのは簡単ですが、実はこのことはとても簡単です。

これは相手の考えを認めることができれば、相手の目線を気にしなくなります。