CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

オブザーバーはどういう役割?オブザーバーが参加する目的や注意点などを解説します


皆さんは仕事で会議に参加する機会というものはあるでしょうか?

初めて会議に出席する時などは前の晩から緊張でよく眠れないといった経験をした人もいますよね?

どういった事を話せばよいのか考えてみたり、こういった質問を問われたらどのように返答すればいいのかなど、ちょっとした妄想で眠れなくなってしまった方も多いと思います。

会社の会議というものは今後の方針を決めるためには欠かせないものとなり、今の現状を把握してどのように改善すればよいのかなどを話し合う場ともなってきます。

これに参加できるに人という人物は社内でも限られてきて、多くの人は会議によって決定されたことを実行するということになってきます。

このように会社の会議というものは大きな役割をもつものでもありますし自分たちの仕事へ深く関わってくるものにもなってきます。

こうした会議ですが社外の人などが参加する場合もありますよね?見知らぬ人が参加すると違和感も感じてしまいますが、こういった人たちのことはオブザーバーと呼ばれています。

このオブザーバーについてですが、普段の仕事ではあまり使われることはない為に意味がわからないという方もいるのではないでしょうか?

会議などでも特に重要となる内容などでは出席する確率も高くなってきますが普段の会議などではあまり姿を見ない為に聞きなれないという方も多くなると思います。

そもそも会議を開くということは何かしらの事項について方針や決定を決める場であり直接に関係する人がいれば成り立つと思いますよね?

運営をしているのは役員であり、その指示にしたがっていれば何ら問題も出てこないとも考えてしまうのが普通です。

自分たちが会議を開くといっても仕事の作業工程の話し合いやプレゼンなどを行う場合の会議などが主な内容になり、会社のこれからの方針などについては全くわかりませんよね?

それでもこうしたオブザーバーという方が会議に出るのにはそれなりの理由というものが存在するのです。

そこで今回のテーマとなりますが、会議に出席をするオブザーバーの役割というものについてお話しをしていきます。

普段は聞きなれないオブザーバーという言葉ですがどのような人たちが会議に出席しているのかなどはわからないという部分も存在します。

このような人たちが会社に与える影響というものも知りたくなりますよね?

このオブザーバーは社内の人間が出る場合と社外から人を呼ぶ場合とに分かれてきます。

なぜ会社の会議なのに社外から人を呼ばなければいけないのかも不思議に思ってしまいますよね。

全く関係のない人間が会議ではどのような発言をするのかということについても注目です。

それでは謎に包まれた人物でもあるオブザーバーについて詳しく見ていくことにしましょう。

オブザーバーってあまり聞きなれない言葉

皆さんも仕事をするようになると色々な場面で会議というものが開かれます。

それは仕事の段取りを事前に打ち合わせるものであったり仕入れコストなどについての各部署の意見交換など種類は様々です。

そうした中でも会社の役員などが中心となる会議も出てきますよね?

決算時期が近づいてきたり売り上げの落ち込みが出てきたと会議の内容となるものはたくさんありますが、年に何度かは役員などが中心となる会議が開かれています。

そうした中でも役員ではない人物・または社外からの人間が会議に出席をする時があるのですがこういった人をオブザーバーと呼んでいます。

自分が出席する会議ではこういった人は参加してこない為に多くの人は聞きなれない言葉として認識していますが、このオブザーバーたちは会社の運営などに関しては大きく左右する力を持っているのです。

なんだかもっとわからなくなってきますよね?

会社の人間ではない人物もいるのに運営に左右する力とは何か?ちょっと謎めいた感じにもなりますが、大きな企業などになってくるとオブザーバーの意見や発言というものはとても重要となり、それが会社の方針を大きく変えるという事にも成り得るのです。

とても興味深い人物だと思ってしまいますよね?

直接に会社の運営には関わってこないにもかかわらず会社に大きな影響を与えることができる人物とはいったいどのような人なのかとても興味があるところになります。

まずはこのオブザーバーとはどういった人なのかを見ていくことにしましょう。

傍観者のこと

オブザーバーである傍観者
オブザーバーを一言でいうと「傍観者」ということになってきます。

当事者にはならずにあくまでも見ている人間という意味になってきます。

これらの人物は会議においても基本的には見ていることになってきて役員などが中心になる会議においても議決する権利は持っていません。

このような意味を知ってしまうと特に必要となる人物ではないようにも感じてしまいますよね?見ているだけであれば誰でも出来ますし議決権のない人物が会議に出る意味もわかりません。

見ているだけなら誰でも出来ることになるのですがこういった人物にも重要な役割というものが存在することになります。

議決権等はないが発言は出来る

オブザーバーの人物となった方には発言の機会というものが与えられます。

ですが会議の決定権である議決権などは持っていません。

ますますオブザーバーの存在する意義というものがわからなくなってきます。

そもそも議決権を持たない人間がなぜ会社の重要な会議に出なければいけないのかという事ですよね。

これらの人物は会社の人間もいますし会社以外の人間でもなれることから謎は深まっていくばかりになります。

それではこのような謎めいたオブザーバーとはどういった役割を持っているのかを見ていきましょう。

オブザーバーの役割

オブザーバーの役割をしている人
会社が色々なことを決める会議というものは今の経営状態を知ったり今後に進めていく新事業など色々なことを話し合い決定していきます。

その中で議決権を持たない人物をオブザーバーと呼び、それらの方が会議に出席することがありますがとても不思議に思えてなりません。

会社の決定というのはある意味では企業秘密などの情報も含まれてくるはずですし社内でもわずかの人しか知らない情報というものもあるはずです。

ページトップ