皆さんは仕事で会議に参加する機会というものはあるでしょうか?

初めて会議に出席する時などは前の晩から緊張でよく眠れないといった経験をした人もいますよね?

どういった事を話せばよいのか考えてみたり、こういった質問を問われたらどのように返答すればいいのかなど、ちょっとした妄想で眠れなくなってしまった方も多いと思います。

会社の会議というものは今後の方針を決めるためには欠かせないものとなり、今の現状を把握してどのように改善すればよいのかなどを話し合う場ともなってきます。

これに参加できるに人という人物は社内でも限られてきて、多くの人は会議によって決定されたことを実行するということになってきます。

このように会社の会議というものは大きな役割をもつものでもありますし自分たちの仕事へ深く関わってくるものにもなってきます。

こうした会議ですが社外の人などが参加する場合もありますよね?見知らぬ人が参加すると違和感も感じてしまいますが、こういった人たちのことはオブザーバーと呼ばれています。

このオブザーバーについてですが、普段の仕事ではあまり使われることはない為に意味がわからないという方もいるのではないでしょうか?

会議などでも特に重要となる内容などでは出席する確率も高くなってきますが普段の会議などではあまり姿を見ない為に聞きなれないという方も多くなると思います。

そもそも会議を開くということは何かしらの事項について方針や決定を決める場であり直接に関係する人がいれば成り立つと思いますよね?

運営をしているのは役員であり、その指示にしたがっていれば何ら問題も出てこないとも考えてしまうのが普通です。

自分たちが会議を開くといっても仕事の作業工程の話し合いやプレゼンなどを行う場合の会議などが主な内容になり、会社のこれからの方針などについては全くわかりませんよね?

それでもこうしたオブザーバーという方が会議に出るのにはそれなりの理由というものが存在するのです。

そこで今回のテーマとなりますが、会議に出席をするオブザーバーの役割というものについてお話しをしていきます。

普段は聞きなれないオブザーバーという言葉ですがどのような人たちが会議に出席しているのかなどはわからないという部分も存在します。

このような人たちが会社に与える影響というものも知りたくなりますよね?

このオブザーバーは社内の人間が出る場合と社外から人を呼ぶ場合とに分かれてきます。

なぜ会社の会議なのに社外から人を呼ばなければいけないのかも不思議に思ってしまいますよね。

全く関係のない人間が会議ではどのような発言をするのかということについても注目です。

それでは謎に包まれた人物でもあるオブザーバーについて詳しく見ていくことにしましょう。

オブザーバーってあまり聞きなれない言葉

皆さんも仕事をするようになると色々な場面で会議というものが開かれます。

それは仕事の段取りを事前に打ち合わせるものであったり仕入れコストなどについての各部署の意見交換など種類は様々です。

そうした中でも会社の役員などが中心となる会議も出てきますよね?

決算時期が近づいてきたり売り上げの落ち込みが出てきたと会議の内容となるものはたくさんありますが、年に何度かは役員などが中心となる会議が開かれています。

そうした中でも役員ではない人物・または社外からの人間が会議に出席をする時があるのですがこういった人をオブザーバーと呼んでいます。

自分が出席する会議ではこういった人は参加してこない為に多くの人は聞きなれない言葉として認識していますが、このオブザーバーたちは会社の運営などに関しては大きく左右する力を持っているのです。

なんだかもっとわからなくなってきますよね?

会社の人間ではない人物もいるのに運営に左右する力とは何か?ちょっと謎めいた感じにもなりますが、大きな企業などになってくるとオブザーバーの意見や発言というものはとても重要となり、それが会社の方針を大きく変えるという事にも成り得るのです。

とても興味深い人物だと思ってしまいますよね?

直接に会社の運営には関わってこないにもかかわらず会社に大きな影響を与えることができる人物とはいったいどのような人なのかとても興味があるところになります。

まずはこのオブザーバーとはどういった人なのかを見ていくことにしましょう。

傍観者のこと


オブザーバーを一言でいうと「傍観者」ということになってきます。

当事者にはならずにあくまでも見ている人間という意味になってきます。

これらの人物は会議においても基本的には見ていることになってきて役員などが中心になる会議においても議決する権利は持っていません。

このような意味を知ってしまうと特に必要となる人物ではないようにも感じてしまいますよね?見ているだけであれば誰でも出来ますし議決権のない人物が会議に出る意味もわかりません。

見ているだけなら誰でも出来ることになるのですがこういった人物にも重要な役割というものが存在することになります。

議決権等はないが発言は出来る

オブザーバーの人物となった方には発言の機会というものが与えられます。

ですが会議の決定権である議決権などは持っていません。

ますますオブザーバーの存在する意義というものがわからなくなってきます。

そもそも議決権を持たない人間がなぜ会社の重要な会議に出なければいけないのかという事ですよね。

これらの人物は会社の人間もいますし会社以外の人間でもなれることから謎は深まっていくばかりになります。

それではこのような謎めいたオブザーバーとはどういった役割を持っているのかを見ていきましょう。

オブザーバーの役割


会社が色々なことを決める会議というものは今の経営状態を知ったり今後に進めていく新事業など色々なことを話し合い決定していきます。

その中で議決権を持たない人物をオブザーバーと呼び、それらの方が会議に出席することがありますがとても不思議に思えてなりません。

会社の決定というのはある意味では企業秘密などの情報も含まれてくるはずですし社内でもわずかの人しか知らない情報というものもあるはずです。

こういった大事な会議などにおいて参加するオブザーバーですが、役割を見ていくと会議にはとても重要な人物であることがわかってきます。

例えば会社の運営方針などですがオブザーバーの発言が大きく影響し最終的にはその意見などをとり上げる場合があります。

議決権を持たない人物の意見など最初から不要な気もしますが、オブザーバーとは第三者的な視点から冷静に判断を下し的確な発言をするために会議ではとても重要な存在となるのです。

皆さんが参加する会議などではこういった方は参加しないかもしれませんが、将来的にオブザーバーの出席する会議へ参加するようになればこういった人たちの意見というものをきちんと理解していくことが大切になります。

自分の会社のことは自分自身が一番よく理解していると思いがちになっていますが実はそうではありません。

誰しも見落としというものがあり、それは当事者ではわかりにくいという状態になっているのです。

これは経営に直接かかわる役員などでも同じことが言えて、自分の会社の内側しか見えないために考え出される意見なども固執してしまう場合がとても多くなります。

会社としては新規事業などを進めたい場合でも違った視点から問題を見る人物というものが必要になってきます。

会社という組織から解放された意見を取り入れることが出来れば色々と違ったものも見えてくるようになり、より良い対策などを打ち出せるきっかけにもなるからです。

オブザーバーがなぜ会社の重要な会議に出席するかという問題はこういった冷静な判断を下せる人物が必要になるからなのです。

それではこういったこと以外ではどのような役割を持っているかを知っておくことも大事になってきますよね?

第三者の立場からの意見というものが一つ重要な役割であることはわかりましたが、その他にも色々な理由というものが存在し会議を円滑に進めていく上でも重要になってくることが理解できるはずです。

メイン参加者の観察

まずはメイン参加者の観察というものがあります。

どういったメンバーが会議に出席しているのかを見ることは大変重要なことになりますよね?その参加者によっては会議の内容がとても大きな問題に発展することも考えられるからです。

まずはオブザーバーとなった人物は会議に出る人間の動きや発言というものをじっくり観察するという役割が出てきます。

こういったことがなぜ必要になるかですが、役員などでも会社のことをあまり考えないという人も存在する場合があり決定権などが大きくなっていれば会社の運命を決めてしまうことにもなりかねません。

これは会社という組織で全力で防ぐことが大切になりますが社内の人間だけでは物事をうまく進められないという時も出てくるのです。

こういった時にオブザーバーなる人物がいると好きな発言というものは出来なくなりますよね?何か問題が起った場合でもオブザーバーは参加者全ての人物の発言を聞いている訳ですから個人の自由な決定などは出来なくなるという利点が出てくるのです。

また、第三者なる人物がいると決定内容にも公平さというものが発生してきます。

一部の派閥など組織が大きくなればなるほど色々な社内での問題というものも出てきてしまい、会社だけでは対応に苦しいという状況にもなってしまうのです。

こうした派閥の決定を防ぐという意味でもオブザーバーの存在は役に立ち、公平な決定を行うことが出来るという意味でも会社の会議には必要な存在になるのです。

また、オブザーバーは会議での発言は許されていますのでこのような影響にも関係してきます。

会議内容を深めていく

オブザーバーとなる人物は会議でも発言できる知識なども必要になり色々な視点からの発言などがとても重要に感じられることで出席します。

これは誰かの意見に賛同するなどではなくあくまでも第三者的視点からの発言となり、会社間の問題には全く捕らわれない意見になる為に参考に出来るものがたくさん出てきます。

会議での発言がある意見に偏ってしまえば話し合いの意味というものは全くありませんよね?一部の役員などの意見が最終的に運営方針となるのであれば、それは組織として成り立っていかなくなってしまいます。

このような危険性を避ける意味でも第三者の意見などは必要ですし全体の参加者を観察するということが大事になるのです。

こういったオブザーバーになる人間はその道の専門家なども多く、今までの経験を生かしたアドバイス的な意見というのも出されるために会社としては外の意見を聞くチャンスにもなってきます。

会社という組織も大きくなってくれば外の意見を聞く機会が少なくなり同じような運営方針しか考えつきません。

これは順調に会社が成長している場合には必要のないことに感じますが経営状態が悪くなっていった場合には成長時期の運営に何かしらの問題点があったことがわかりますよね。

ですから、会社などは成長時期や低迷時期などに関わらず外の意見を聞く姿勢というものが重要になってくるのです。

オブザーバーが発言するということは会議で出された意見に何かしらの問題点を見つけたからであり出席者は貴重な意見として聞き入れるようにすると、会議内容もより深いものへと変わり有意義な話し合いにもなってきます。

次はオブザーバーになった場合に注意する点になります。

第三者の立場からサポートする

先ほどからオブザーバーとは会議では議決権を持たない人物だということをお話ししてきましたが、発言の内容には注目される人物であるということがわかりました。

そうした発言などは会議のメインとなる出席者によって吟味され、より鋭い指摘などがあれば会議の決定事項にも大きく影響してくることがわかります。

ただし、これはあくまでも第三者としての意見であることを忘れてはいけないといった問題も出てきます。

そもそもオブザーバーの意味は傍観者ということから発言に対する決定権などもありませんよね?ここでの発言というものもあくまでも外からの意見として言わなければいけないという事になってきます。

誰かの肩を持つような発言は決して許されませんし誘導するようなことも出来ません。

オブザーバーはあくまでっも第三者としても発言をしていかなければいけないのです。

そうした上で会議内容のサポートをしていくことになるのですが、かなり難しい立場にあると思いますよね?会議では重要な人物とされますが議決権は持てない・第三者としての意見は許されるが誰かの肩を持つような発言は許されないというかなり厳しい条件もあることがわかります。

将来的に自分がオブザーバーとして会議などへ出席する場合にはあくまでも第三者としての意見でなければいけませんし誰かの意見に同調するということは出来ませんのでしっかりと役割というものを確認するようにして下さい。

ここまではオブザーバーの会議における役割というものをお伝えしてきましたが、参加する目的なども知っておく必要が出てきます。

次からはどういった目的を持って参加することが大切かをお伝えしていきます。

オブザーバーが会議等に参加する目的

これまでは会社などにおける重要な会議の場合などを例にしたお話しをしてきましたが、オブザーバーとなり参加することはどういった会議でも出ることは可能となります。

これには色々な参加目的というものも出てきて専門家でなければいけないという事はなくなっていきます。

将来的な成長の為に会議へ参加するなど色々な目的というものも発生してきますのであなた自身もオブザーバーとして何かしらの会議へ出席する時があるかもしれません。

それでは一般的なオブザーバーの参加目的から見ていくことにしましょう。

会議内容を監視する

始めに必要となるのは会議では中立の立場を守り抜くという事になります。

その上でオブザーバーとして参加する場合には会議の内容を監視するという目的が出てきます。

監視するということについてですが前述したように色々と会議では上下関係が発生したり公平な意見交換というものが難しい場合が出てきます。

これは会社内でやっていてはいつまでたっても同じことの繰り返しとなり新しい意見が取り入れられないという事態にもなってしまいます。

会社とすれば企業の成長が最大の目的となりますから一部の人間の意見だけを聞くわけにはいきません。

そういった理由もありオブザーバーという会議を監視する人物を参加させることになってきます。

ですからオブザーバーとなった人は会議内容などをしっかりとチェックする必要が出てきます。

ただしどのような決定事項がなされようとその事に対しての意見というものは許されませんのでご注意下さい。

これはあくまでもオブザーバーがいると公平な会議内容になりやすいという事であり全てにおいて通用するということにはならないことを覚えておいて下さい。

次のことですがオブザーバーがいることによって最大の利点とも言える目的になりますのでしっかりと認識するようにして下さい。

メイン参加者の発言に責任を持たせる

会議のメインとなる人物は常にオブザーバーにより監視されているという事になりいい加減な発言が出来なくなってきます。

これは自分の意見に責任を持たせる上でとても有効な手段でもあり、オブザーバーが会議に参加する大きな目的とも言えることになります。

通常の会議ですと何かしらの上下関係が発生し、会議での発言者というものも曖昧になる場合が多く内容のある話し合いにはならないことが出てきます。

ですがオブザーバーが参加するとなると自分たちの話の内容を全てチェックされるわけですから発言したことに対する責任というものが出てきます。

これが会社にとっては良い方向へ進んでいくきっかけとなり最善とも言える運営方針などを決めることにも繋がっていくのです。

緊張感のない会議ですと誰がいつ発言したかもわからないままに終了など、どうでもよい会議が開かれますが第三者という人物がはいることによりそういったダラけた態度にはなりにくくなってきますよね?オブザーバーが入ることによってそういった状態も防ぐことになりますし何よりも自分の言った言葉には責任を持つという意味でも必要となってきます。

ここまでは会社の会議ということについての目的をお話ししてきましたが、オブザーバーの使い道というものはこういったものだけではありません。

ここからは会社に入社して間もない人が行うオブザーバーの参加目的ということを見ていきましょう。

ルールが守られているかチェックする

話し合いでも色々なルールなどがありそういったチェックをする人も必要となってきますが、話し合いの中心がチェックをすればなにかしらのトラブルにも発展する恐れがあります。

オブザーバーはあくまでも中立的な立場として参加しますが話し合い中は常に全員のチェックを怠らないようにするためにルールのチェックということも参加する目的となってきます。

この場合のオブザーバーですが新人研修などにおいて先輩社員がグループでの話し合いなどに参加する時はこういったチェックをしています。

先輩社員はあくまでもオブザーバーとしてグループの話し合いに出席をしますが、新人の場合はルールを突然変えたりする人も出てきます。

このような事態を防ぐ為にもオブザーバーをおくことは必要となるのです。

また、こういった場合には不正防止という意味も含まれてきます。

一般常識的なルールを守らなかったり不正をするという人間を見つける為にもこういったオブザーバーは必要不可欠になり会社の発展の為には不正などをする人間を早期で見つけることも大切になってきます。

これによってそういった人物がどのような部署に配属されるかは不明な部分もありますが新人の頃から不正を考えたりルールに対しての意識が低ければ、良い仕事を期待することは難しいと言えます。

入社して間もない頃に行うオブザーバーは自分を見つめ直す意味でも大切なことになり改めて仕事への意識を考えることにもなってきます。

そして、先輩社員として参加するということはこういった結果にも繋がってきます。

より良い会議を作る

新人同士の話し合いというものは色々な意見が出されるために言い争いなどに発展する場合も出てきますよね?

このような時に先輩社員としてのオブザーバーがいれば喧嘩ということにもなりにくい状況を作れます。

また、色々な意見が話される中で自分のしてきた事を発言することもできますよね?これは自分の経験であり誰の肩を持つわけでもありませんのでグループ全体の参考意見として発表することができます。

このような先輩からの助言や経験談があると話し合いというものは自然と良い方向へ向かっていくようになります。

先輩がやったことに更に改良を加えてみたりと全員の気持ちが一つになっていくのです。

オブザーバーをこのような形で使ってみると社会人としての意識や同僚との仲間意識というものが深くなりより良い話し合いとなってくるのです。

こういった経験を自分でも詰むようになると今後の仕事などにも大きく影響してくることになります。

メイン参加者になるステップ

オブザーバーは当然に会社の人間も選ばれることになり、この場合の意味としては会議のメンバーとなるステップと考えていきます。

実際にどういった会議がされているのかを知るには参加することが一番早い方法となりますが、何を話せばいいのかわからない状態では会議にはなりません。

そのような事態にならないようにする為に最初はオブザーバーとして会議に参加させるという事も出てくるのです。

この場合の目的は自分の出世に大きく関わってくるものでありオブザーバーとして参加した会議の内容を自分でも考えてみたり、誰かの意見を練り直してみたりと色々な経験をすることができるのです。

この時の場合にはオブザーバーとして自ら発言をするような機会はないかもしれませんが感想などを聞かれる時があります。

この場合でも中立的な立場を貫き、誰かの意見に賛成といった言動は控えるようにして下さい。

オブザーバーが会議に参加する目的はこういったことが挙げられます。

もし自分がオブザーバーとして会議や話し合いなどに出席をする場合にはあくまでも中立の立場で対応するようにして下さい。

それではこのオブザーバーですがどういった人が向いているのかについても考えていきたいと思います。

オブザーバーに向いている人

まずは会議を監視するということを考えると分析力がなければこの役目というものは務まりません。

全員の発言をチェックしていくという事も大変な作業能力を必要としますし誰にでも出来るものではないということを覚えておいて下さい。

そして、将来的に会社の重要なポジションを目指す人はこれからお伝えする2点については徹底した行動を取るようにして下さい。

判断能力がある

オブザーバーになるにはどういった状況でも的確な判断をしていく必要があり、会議中の意見を自分の頭の中でまとめるという作業が大切になってきます。

次々と意見交換がなされる中での作業ですから全員の言葉を頭で理解しなくてはいけませんし、瞬時の判断能力というものを鍛えていく必要があります。

この能力を鍛える為には日頃から周りの意見を聞き、的確な指示というものを出せるようにしなくてはならず自分で迷ったりするようではオブザーバーには向いていないと言えます。

その為に必要なことは人よりも努力していくことになります。

どのような仕事に対しても積極性をもって取り組むことで大きな経験を積み自分の自信にも繋がってきます。

その自信は将来の判断能力を確実に鍛えてくれますし自分にとっても良い結果となりますので努力を惜しまないようにして下さい。

また、次のことに関しては一番大事と言っていいことになりますので必ず守っていくようにしましょう。

中立性を保てる

オブザーバーが必要となる理由は会議のスムーズな進行であったりより良い内容にするために参加することになります。

その時に大切なことは中立性となり誰かの意見を優先するような気持ちは絶対に持たないようにして下さい。

オブザーバーが賛成意見などを言ってしまえば、自分の存在する理由というものがなくなってしまい無駄な時間となってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。

オブザーバーに選ばれた時はきちんとした自覚を持ち誰の意見も平等に聞くようにして発言の内容も第三者の立場ということを忘れないようにしましょう。

決定権等はなくても大きな存在感がある

今回はオブザーバーという存在についてお話しをしてきましたが、色々な意味をもった大きな存在だということがわかりました。

会議というものは最適な意見を決定する場でもあり、それが会社の重要なものであれば将来の方針などにも関わってくる大事な時間となってきます。

オブザーバーは社内からも社外からも参加する可能性があり、専門家の知識や意見が必要な場合はその道のプロがオブザーバーとして会議に出席することになるのです。

そうした中で自分もその会議に出席する場合には同じオブザーバーとして話を聞くのではなく専門家の意見を自分の知識として学ぶ意識が大切になってきます。

会社としては経験を積んでほしいと思いオブザーバーとして会議に参加させたのですから話を聞く機会が少ない人の意見というものは自分の勉強にもなり大きな経験にもなってきます。

このオブザーバーですが会議においてはとても大きな役割をしていますよね?誰かの意見に偏らないような見張り役でもあり第三者としての公平な意見を言うことで参加する人への影響も出てきます。

こういった方がいなければ健全な会社運営というものは出来ないとも言えますし今後の方針を決める為にもオブザーバーという存在は必要不可欠であるとも言えるのです。

皆さんの中でもこの言葉を初めて聞く人もいると思いますが自分がもしオブザーバーとして会社の会議へ出るようになったらどういったことを大切にするでしょう?

中立としての立場は簡単そうですが難しい部分もあり、どうしても自分の気持ちが傾く意見に流れてしまうということがあります。

そのような気持ちをなくす為にも自分で自信をつけていくことが大切になり、多くの経験を積むようにして下さい。

会社の重要な会議は誰にでも参加が許されるわけではありませんし実力があり将来的にも有望な人物を選んで参加させるということが多くなります。

その中に入っていくためには当然に最初はオブザーバーとして勉強をしていくことになりますし、その存在意義というものをわかっていなければいけません。

これからオブザーバーを目指すのであれば、まずは仕事での判断能力を高めていき誰に対しても中立的な意見と態度をとれるようにしなければいけません。

そういった努力の積み重ねが将来会社のオブザーバーとして抜擢され、その後の会議の中心メンバーにもなっていくのです。

最初はただそこで見ているだけの存在であったとしてもオブザーバーとは会社に大きく影響を及ぼす大切な存在です。

あなたがそういった立場になるには今からの努力も必要となってきます。

会議というものはどの会社においても意味のあるものでなくてはいけません。

そして自分が会議の中心メンバーになる為にはオブザーバーという道を通らないと難しいとも言えます。

今まで中立性などに関して考えたことがなかった方でも全然遅くはありませんし、オブザーバーになるチャンスは誰にでも平等に与えられています。

決定権がないという不思議なオブザーバーですがあなたもこの存在を目指してみませんか?

その道は苦労が待っているかもしれませんが実際に会社の会議へ出た時はとても充実した気持ちになり、その後の将来はとても素晴らしいものになるのですから。