めざとい人、めざといね~なんて言われた場合あなたならどのように感じますか?

良い意味でとらえますか?

それとも悪い意味としてとらえますか?

実はめざといにはこんな意味があったんですよ。

めざといという本来の意味が分かれば相手の意図が分かるかもしれませんよ。

めざとい人は見習いたい?デメリットは?

めざとい人は見習いたいと思いますか?

まためざとい人にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

人によって受け取り方が大きく変わってしまうめざといはその使い方や意味を知ることがまずは必要ですね。

「めざとい」とは

めざといとはいったいどのようなことなのでしょうか?

本来の意味や使い方などをご紹介していきます。

めざといと混同してしまいがちなのはあざといなのです違いますので注意して下さい。

意味

洞察力や観察力が高く何事も見つけるのが早いという意味です。

良い意味でも悪い意味でも何かにつけて見つけるのが早いねという意味ですね。

めざといを深読みするといろいろことが見えてきますね。

使い方や受け取り方によっては大きく意味が変わってくる言葉です。

誤解されない使い方をみにつけて下さい。

使い方

またお買い物で得をしたんだって?めざといね~

類義語・対義語

目利き、目聡い、目敏い

めざとい人に共通する11個の特徴

めざとい人には多くの共通する特徴があります。

特徴が当てはまる人はめざとい人なのかもしれません。

なかでもいくつか抜粋してご紹介していきます。

自分やあの人目敏いなと思う人に当てはめてみて頂けると分かりやすいですよ。

めざとい人は良い意味でも悪い意味でもとらえられてしまいますので注意が必要ですね。

自ら率先して動く

めざとい人の特徴は自ら率先して動くことが多いです。

他人についていくことよりも私はこれが欲しいからここに行くねなど自分の思いや感情に任せて自らで行動しているのです。

自分で自分の責任を持って行動ができるのです。

決断力に優れている人とも言えます。

この後どうする?どうしよう?どこか行きたいところある?なんて聞いている人はめざとい人ではありませんね。

私ここに行くから○○時にここで待ち合わせねなんて言う人がめざとい人の特徴なのです。

じゃぁ私もそこに行くって言ってくれる人一緒に行ってくれる人がいるとめざとい人は喜びます。

ここで注意したいことはあざとい人は一緒に行くというとあからさまに嫌な態度になってしまうのです。

こういう人とは一緒に行動しない方が良いです。

めざとい人とは違いあざとい人は自分の利益だけを考えて自分が利益を得るために邪魔な存在はいかなる手段をとっても損をさせよう(排除しよう)と考えるのです。

例えば目的の場所で本当はコレが得なものなのに…あえて違う損なものを一緒にいる人に選ばせます。

自分はというと当然得をするものを選ぶのです。

相手が損をして自分が得をしたその優越感がたまらないのです。

めざとい人と一緒に行くと一緒にコレがすっごくお得なのって一緒にお得感を味わうことができますが、あざとい人では損をつかませられてしまいます。

めざとい人とあざとい人の見極めは難しいのですが一緒に行くと言った時の態度で多少は見分けられます。

その瞬間を見逃さないようにして下さい。

一緒に得をすることができるのか損をつかまされるのかの分かれ目ですよ。

前向きな言動を取る

めざとい人は前向きな言動でポジティブな人が多いです。

常に良いことを考えているため他の人からも前向きな人と見えるのです。

メリットを探すことが得意な人なのです。

嫌な理由や嫌なこと、損ばかりデメリットばかりを考えている人とは真逆で同じことでもどんな良いことがあるのかな、メリットは何かなって考えるのです。

常に自分が得をする方法や得することを探しているのです。

嫌なことを探して毎日過ごしているよりも良いことを探して過ごしている方が人生楽しいと思いませんか?

めざとい人はこの洞察力や観察力にたけているためポジティブな感情を多く持っているのです。

一緒にいると楽しく得することも多いため心地いですね。

ただ、めざとい人ではなくてリスクマネージメントにたけている人の場合もありますのでその場合にはあまり深い付き合いはしない方が良いです。

とても良く似ているのですが、めざとい人とは違いメリットを探しているのではなくてリスクをできるだけおわないように回避している人なのです。

その為一緒にいると何のリスクもなく心地よい状態になれるのです。

ただこのリスクマネージメントにたけている人はいざ自分にリスクがかかった場合にはいかなる手段を使ってでも自分からリスクを排除しようとします。

その時に一緒にいた場合にはあなたにすべてのリスクが覆いかぶさることになるのです。

リスク回避して安心していると思いもよらないところからリスクが舞い降りてきてしまいます。

大きく考えると一緒にいてデメリットがないのは同じなのですが、メリットがさほどないのがリスク回避型となります。

一緒にいて得したな~って思う言ことが多い人はめざとい人ですね。

こういうめざとい人は一緒にいても得をする機会も多くリスクも少ないため一緒にいる価値はありますね。

一緒にいることで今まででは考え付かなかった方法や見方を知ることになり自分自身をも成長させることができます。

褒めまくる

めざとい人は相手や物に対して褒めることが他の人よりも多いです。

褒めることは良いことですよね、誰でも褒められて悪い気はしません。

褒めることで相手の気分を良くして自分が得をできる機会が多くなることをめざとい人は知っているのです。

褒められた時に気が大きくなって「いいよいいよあげるよ」なんて言ったことはありませんか?
このことをめざとい人は知っているのです。

その為に人の悪口やけなすことはしないで褒めることをするのです。

褒めることでお互いの関係性も良好になり自分にとって得する状況を作り出すことができているのです。

ただ得しているのではなくてめざとい人はいかにして自分が得をすることができるのか事前準備も自然とできてしまっている人なのです。

得する機会がある(多い)のは当然の結果なのです。

普段から得する機会を得るための地盤を固めているのです。

こういうことの繰り返しによって得するための洞察力や得する情報を得ているのです。

通常では知りえない情報も褒められることでついつい話してくれるのです。

しかし、私たちに日本人は特にそうなのですが褒めることを苦手としています。

他人を褒めることも自分を褒めることもとても苦手としています。

嫌なことなどはすぐに目について見つけることができるのですが良いところとなると途端に沈黙してしまいます。

普段から人の良いところを見つける観察眼や洞察力を身につけて下さい。

できることなら周りの人を褒めて下さい。

もちろん自分自身も褒めるようにして下さい。

これだけで人生得する機会が多くなるんですよ。

陰で支える人に感謝する


めざとい人はメーンの人や目立っている人は当然褒めますが目立っている人やメーンの人よりもそれを陰で支えている技術スタッフなどの裏方さんに多くの感謝をします。

陰で支えている人に感謝することで感謝された人はなんて良い人なのって思うようになるのです。

こういった地盤固めが自分が得をする、成功するためには必要不可欠なことなのです。

メーンの地位のある人や権限のある人に感謝や褒めることは誰でもしていることです。

特別なことでも何でもありません、いわば当然のことなのです。

当然のことですので誰も何とも思わない行動なのですが、陰で支えている人たちに本当に感謝している気持ちを素直に伝えるだけで今後大きなメリットとなるのです。

例えばメディア関係の人であればメーンの監督やプロデューサーにディレクターなど権限のある偉い人には挨拶などをしますが技術スタッフのカメラさんや音声さんなどやアシスタントさんには挨拶をしない人は多いです。

そんな中で技術スタッフにまで挨拶をして話しかける人はとてもいい人に思えます。

その場では権限はない人たちなのかもしれませんが何かの機会で拮抗した場合の後押しをしてくれる人になるのかもしれません。

さらに言うとアシスタントプロデューサー(AD)さんもいつしかアシスタントからプロディーさーになることがあります。

その際にアシスタントの時に挨拶してくれたり感謝してくれた人を優先的に使うのは当然ですよね。

このように陰で支えている人に感謝することは大きなメリットとなるのです。

その舞台を整えているのは実は陰で支えている人たちなのです。

素直に感謝することができるようになりましょう。

たったそれだけで大きな得を得ることができるかもしれませんよ。

噂話や悪口を言わない

めざとい人はうわさ話や悪口はほとんど言いません。

噂話は憶測で物事を言っているだけで自分で確認をしたわけではないです。

噂話だけで話すのにはメリットを感じないため基本的には噂話はしないのです。

悪口も同様で言ってもメリットがないため言う必要がないと思っています。

逆にその悪口から良いことを探したりもして「それってさ~こういうことだからすごいことだよ」って悪口も良いことにしてしまいますよ。

人の嫌なところではなくて良いところを見つける観察力と洞察力はめざとい人はとても優れています。

人に対してだけではなくてものに対しても同様でみんなが嫌がるものに対してもその良さを見出すことができるのです。

良いことが見える観察力や洞察力があると人生楽しいと思いませんか?

嫌なことばかり目に付くよりも良いところばかりが目についた方が楽しいと思いますよ。

正義感が強い

良いことやメリットを考えて日々過ごしているために得てして正義感が強くもなってしまいます。

悪いことを良いことにしたくなってしまうのです。

悪口を言われている人がいたらそんなことないよって良いことを見つけて守ることをするのです。

この行為はとてもいいことなのですが洞察力が良いがために大きなリスクを抱えてもいるのです。

大勢から敵対されている人を擁護することはその多くの人を敵にするということでもあるのです。

気を付けないと大きなトラブルに見舞われてしまう危険性もあります。

その観察力と洞察力で周りの状況も確認して状況判断もしてください。

とても良いことなのですが自分自身が傷ついては本末転倒となります。

観察力が優れている


様々なことに対して良いところを見つけ出す観察力はとても優れています。

通常は嫌なことややらない理由、言い訳などを考えるのですがめざとい人は違います。

その優れた観察力で良いところメリットを探して楽しくなる理由を見つけ出すことができるのです。

人が気が付かない場所でもめざとく観察をしているのです。

固定概念にとらわれないものの見方ができるのです。

当たり前、常識にとらわれない独自の感性を持っていることも特徴的です。

その為少し変わっている、天然なんて見られることもあります。

一緒にいて嫌な感じのしない天然キャラはめざとい人の可能性が高いですね。

相手の身になって感じ、考えることができる

観察力や洞察力が優れているために相手の気持ちを考えて今どうして欲しいのかを考えて行動できるのです。

適度な距離感をたもってくれる人っていますよね。

めざとい人はその適度な距離感をつかむことも得意なのです。

心配しているふりをしている人はその距離感が分からなくて執拗にどうしたの大丈夫?などと言ってきます。

ほっといてほしい時もありますよね。

そんな時にはめざとい人は適度な距離を取って何かあったらすぐに言ってね力になるからと距離を置いてくれます。

しかし執拗に心配してくる人は実は本当に心配はしていないのかもしれませんよ。

自分が可愛いだけで心配している自分が好きなだけなのです。

こういう人は執拗に心配して「もうほっといてよ!」って言われると…

他の人に心配して言ってあげてるのにこんなこと言われた非常識だよねなんてさっきまで心配していた人を敵にしてしまうのです。

心配していた自分が好きなだけなんですよね。

誰も心配して助けてなんてまだ言っていませんよ。

勝手に心配して勝手に怒っているのです…
めざとい人は自分の気持ちではなくて相手のことを考えることができるためこのようなことはありません。

執拗に根掘り葉掘り聞くこともありません。

察して接することができます。

観察力がいかに大切かが分かりますね。

タイミングよく行動できる

観察力や洞察力が優れているために物事に対してタイミングよくそつなくこなすことができます。

常に相手のことを観察して一番いいタイミングで話をしたり手助けやアドバイスをすることができます。

この為痒い所に手が届く人、良く気が付く人と周りの人に思われるのです。

常日頃から様々なことに興味をもっていかに得をしようと考え試行錯誤している結果様々なタイミングをつかむことができるようになっているのです。

観察力や常識にとらわれずに行動出来ることで状況に左右されずにベストな常にタイミングを見極めて行動することができるのです。

気持ちに余裕がある

めざとい人は常に状況を判断して自分自身の置かれている状況を判断できる観察力があるためにどのような状況になったとしても気持ちには余裕があるのです。

状況判断するためには洞察力と観察力が必要不可欠なのですがめざとく常に得をする方法を考えているため得をすること以外にでも判断力にたけています。

考え方も常にポジティブな考えを持っているため通常ではどうしようもない状況でも良い結果や良くなる方法を考え出すことで気持ちに余裕がうまれるのです。

相手に愛情を持っている

相手のことを考えて行動やお話をすることができるために相手に対しても一緒に得をしようと考えているのです。

一種の愛情をもって相手に接しているのです。

相手のことをもっと知りたい、分かりたいと思っているためにお互いに一緒にいて心地良いのです。

愛情を持って接することで相手も同等の感情を抱きやすくお互いに得をする情報や行動をとることができます。

相手のことを思っての行動こそが愛情をもっての行動となりますね。

自分のことだけではなくて周りの人の気分も良くなることで自分に得が返ってくると考えているのです。

自分勝手と混同されがちなめざとい人なのですが実は相手のことを最優先と思って行動している結果、自分が得をしているのです。

めざとい人は悪い人?!気になるその理由

めざとい人は良い人としても悪い人ともとられることがあります。

受け取る人の気持ちが大きいところでもありますが、めざとい人の中にはめざとい感情と共に似て非なる感情が見え隠れしている人もいます。

一見するとめざといと思うのですが実際にはめざとい人ではなくて…他の感情を持っている人なのかもしれませんよ。

インセンティブや評価のためにやっていると思われる

めざとい人は自分のインセンティブや評価、いわゆる見返りのために様々な行動をしていると思われてしまう場合があります。

確かに善いことなどをした結果見返りを得ることになります。

しかしめざとい人は見返りを強要はしていません。

相手に対してこうしたほうが良いかなと自分の観察力や洞察力などから判断して相手にとって最良の行動をとっているだけなのです。

結果として相手の人は良くしてもらったお礼としてめざとい人に対してお礼をするのです。

最初から見返りを求めての行動ではなくて相手のことを思ってした結果お礼としてインセンティブを受け取っているだけなのです。

例えば似た言葉のあざとい人は見返りを求めての行動となるのです。

自分が得する方法だけを考えて行動をするのです。

その為相手のことや相手が得をする方法はしません。

自分が得をしても自分より得をしてしまうことが嫌で恐れているため相手の得になる行動はしません。

自分が得をするためにめざとい人とは逆に人を陥れようとまでします。

自分がインセンティブや見返りを得るために一緒にお仕事をしている同僚を蹴落として自分が全部行いましたと言い褒められてインセンティブを得ようと考えるのです。

状況を良くして見返りを得る方法ではなくて全体の状況を下げることで自分の地位が上がったと勘違いさせて見返りを得ようと考えるのです。

自分自身が何も変わっていなくて周りを下げることによって自分が上がったと錯覚を起こさせるのです。

同じようでも大きな違いですね。

めざとい人はインセンティブを受け取るために行動していると思われがちなのですが実際はそうではなくて今一番良くなる状況は何かなと考えて行動しているだけなのです。

自分自身が得をするためには周りの状況を良くすることが一番良いと考えているためです。

見返りを求めるだけに行動していると持っている人はめざとい人から良くしてもらえば気が付くはずです。

見返りを求めて寄ってくる人との違いが。

インセンティブや評価などの見返りを求めて近づいてくる人とお互いに良くしようと思って近づいてくる人の差は実際に接してみることでわかるはずですよ。

見た目や言動などだけで判断していては自分自身が損をしてしまいます。

めざとい人と一緒に考え行動していたら自分自身も新しい考え方や洞察力を身につけることができて一緒に成長していることに気が付くはずです。

その時にはインセンティブや見返り(お礼)として何かしてあげたいなという感情が出てくるはずです。

これが、知らない周りの人からしたら見返りを求めて行動しているやらしい人と見えてしまうのです。

そんなことを思っていたらもったいないですよ。

ただし、あざとい人には要注意ですね。

陥れようとしている可能性も

陥れようとしている可能性も…ありませんねめざとい人には。

人を陥れて自分が得をしようと考えているのはあざとい人です。

めざとい人とあざとい人を混同しないようにしてください。

一緒にいて得をして一緒に成長していくことのできるめざとい人なのか、一緒にいると陥れられて損な役回りばかりをさせられ挙句、踏み台とされてしまうあざとい人なのか見極められる力を身につけて下さい。

あざとい人には注意が必要ですがめざとい人は一緒にいて得をする人ですよ。

ただの目立ちたがり

めざとい人はただの目立ちたがりとみられる場合もあります。

しかし目立ってしまうのは相手のことを思って常に状況の中心付近にいるために目立ってしまうだけなのです。

実際には裏方な面のほうが強いです。

自分がメーンとなって前面に出ることはほとんどありません。

目立ちたがりで自分がメーンとして出たいと思っている人はめざとい人ではありません。

めざとい人は自分自身がメーンになることはしないでメーンとなる人を支えることをします。

ムーンとして目立ちたいと思っている人はどちらかというとあざとい人や目立ちたがりな人になります。

めざとい人が勘違いされてしまうのは常に中心付近にいる為に勘違いをされているのです。

どちらかというと目立たずに暮らしていきたいと思っています。

裏表がありそう

めざとい人は常に相手のことを思って行動をしているのですがその観察力や洞察力がたけているがゆえに相手からするとこんなにしてもらえるなんて何か裏があるのではなどと勘繰られてしまう場合もあるのは事実です。

司会実際には裏の顔なんてない人がほとんどです。

自分が良いと思う方法をしているだけで何か魂胆があるからしている行動ではないのです。

裏がある人とめざとい人との違いは一緒に行動してみることで分かります。

めざとい人は相手の気持ちを考えていろいろしてくれます。

この行動の後にも前と同じ対応で接し方には変わりはありません。

しかし見返りを求めているような裏の顔や考えがある人は相手のことを思って行動しているように一見見えるのですが実は見返りを求めての行動となります。

この場合には行動の前後で態度があからさまに変わります。

見返りをもらった際にはへりくだった対応になりますし、逆に見返りがもらえない場合はあからさまに不機嫌になります。

めざとい人は裏表はないために常に同じ対応をしてくれているのです。

裏表のある人はその行動の前後での対応が変わる人です。

あなたの周りにもいませんか?何か行動をした後と前では態度が変わる人…あの人これだけしてあげているのに何にもお礼がないんだよ!って怒っている人…裏表のある人ですね。

誰もしてほしいなんて頼んでもいないことをしてあげたのにって…自分勝手ですよね。

ただの自分勝手ならしてあげたってだけで満足しているのですが裏表がある人は見返りを求めている分厄介です。

裏表のある人とのお付き合いには注意したいですね。

八方美人

八方美人としてめざとい人は思われてしまうことも多いです。

常に人のことを思って行動しているので誰にでもいい顔をする八方美人と思われてしまいやすいです。

しかし八方美人はとっさに今の状況だけを考えて後先考えず今の現状を取り繕うために誰にでもいい顔をしているだけの人です。

めざとい人は違いますね。

めざとい人はその場限りを取り繕うことはしません。

こっちでいい顔をしてあっちの人の悪口を一緒に言って、あっちでもいい顔をするためにこっちの悪口を一緒に言っているなんて…その場の取り繕いしか考えていない人を八方美人というのです。

めざとい人は常に相手のことを考えて行動しているだけです。

良い顔をしようとしているのではなくお互いが良い方法をとっているだけなのです。

結果としてどの状況でも良い顔ができてしまっているのです。

周りからしたらどこでもいい顔をして八方美人として思われてしまうのです。

悪いことではありませんよね。

むしろ敵を作るよりも誰でも味方にできてしまうめざとい人のほうが良いと思いませんか?

【八方美人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

本当にめざとい人になるためには

めざとい人は得することも多くて良いと思いませんか?

人生も楽しくなると思いませんか?

そう思った人はどのようにしたらめざとい人としてめざとく生きることができるのでしょうか?
気になりますよね。

めざとくなるための方法をいくつかご紹介しますので自分に合った方法でめざとくなってしまいましょう。

本心で動く

めざとくなるためには本心で動くことを実践します。

めざとい人の特徴として裏表がない特徴がありましたよね。

本心で動くことで裏表がなく目ざとく生きることができるようになります。

しかし、本心で動くことだけではいけませんよね。

本心で嫌だなと思ったらしない、嫌な人には素直に暴言を吐いて嫌悪感をあらわにする…
これではだめですよね。

本心で行動することは必要なのですが相手のことを思って行動することと、相手の良いところを見つける観察力を身につけることも同時に必要となります。

相手の良いところを見つけられる力ができれば本心で行動する際に相手の良いところにあった行動をすることができます。

たったこれだけのことなのですが、実際に行うと意外に難しいことです。

本心をさらけ出すことは容易にはできないことです。

惟あての良いところを見つけ出すことも案外難しいことです。

これらの練習としてまずは他人に対してではなく自分自身に対して考えて自分自身の本心に合わせて行動すること。

自分自身の良いところを見つけ出してそれに合わせた行動をすることなどを繰り返して下さい。

自分自身のことなのですが案外難しいことに気が付くかと思います。

この自分自身に対する行動ができるようになったら初めて他人に対して本心で行動をして相手の良いころを見つけ出して褒めて行動することをして下さい。

無理に背伸びする必要はありません。

まずは出来ることから順番にはじめて下さい。

いつの間にか気が付かないうちにめざとい人になれていますよ。

あくまでもさりげなく

めざとくなろうといろいろな行動をしたいと思いしてみても案外うまくいきません。

これはめざとくなろうという気持ちが強いため目ざとくなれないのです。

本当にめざとい人はめざとくなろうと思って行動していません。

そこに気が付けるのかどうかなのです。

相手のことを思って行動することが重要なことなのですが、私してあげていますよなんてアピールをしていてはめざとくはありません。

見返りを求めている面倒な人になってしまいます。

あくまでもさりげなく自発的に行動できることが重要となります。

感謝する

人や物に対して素直に感謝する気持ちがとても重要です。

感謝することはお互いにとって良いことでしかありませんよね。

でしたら物事に対する感謝の気持ちはたくさん持って下さい。

たったそれだけで今まで嫌だなと思っていたことや嫌だなと思っていた人とも自然と楽しく付き合うことができるようにあります。

感謝することで良いところが見えてくるのです。

感謝の気持ちを持つことからはじめてみるのも良いですね。

期待をしない

期待をしない…ということはないのですが、過剰な期待は禁物です。

物事に対する期待は大いに結構です。

人は期待することでワクワクして楽しく過ごすことができます。

任にも期待しないで待っているよりもきたいをして待っていることの方が幸せですよね。

しかし、この期待が過剰な期待となってしまっては期待通りにならなかった際に愕然としてしまい場合によっては立ち直れなくなってしまう可能性もあります。

期待することは良いのですが過剰な期待をしないことです。

このことに気が付くことができれば、期待している間にも期待通りになった時や期待以上の時、期待通りにならなかった時など様々な場合の対象方法が分かるようになります。

期待して待っている際にもできることはたくさんあったのです。

ただ、待っているだけでは駄目だったんですね。

他にも期待をしている間にも期待通りになるようにやれることは沢山あるはずです。

そのことをはじめてみることもできます。

期待は過剰な期待をしないで適度な期待でワクワク感を得て期待通りにするための努力が必要なのです。

ただ待っているだけでは何にも起こりません。

期待通りになるために必要な地盤固めが必要なのです。

【期待しないことのメリットは、こちらの記事もチェック!】

見返りを求めない

見返りを求めての行動は相手に見透かされてしまいます。

また、見返りを求めての行動ですと見返りをもらえないと分かると急に不機嫌になってしまったり、嫌い人待ってしまう場合もあります。

めざとい人は見返りを求めて行動をしていません。

相手と自分療法が得をする方法を考えて行動しています。

自分の利益だけを考えて行動しているわけではありませんね。

お互いが得する方法をとっていたらお互いの関係性も良くなり更なるメリットがあらわれますよ。

見返りが先になっての行動ではなく相手のことを思っての行動やお互いの得を思って行動できるようにして下さい。

めざとい人かそうでないかも見極めよう(まとめ)

めざとい人とはなんとなくでしかわかっていなかったのではないのでしょうか?
ここまででめざとい人とはどういう人なのかわかったかと思います。

今まで自分が思っていためざといと違っていた同じだったなんて人がいるかと思います。

めざとい人の特徴はめざとい人だけではなく周りの人も一緒に得をする機会が多いことです。

一見めざとい人かなと思っても一緒にいてメリットがない人は自分の利益ばかりを考えているあざとい人やリスクを回避しているだけのリスクマネージメントの高い人なのかもしれません。

本当の意味でのめざとい人かそうでない人なのかの見極めが重要です。

めざとい人と一緒にいるだけでも新しい観察力などが見につけられて今でとは違った物事の見方や見え方ができるようになります。

一緒にいるだけで自分自身を成長させることができるんですね。

正しい判断ができるようになりましょう。