CoCoSiA(ココシア)

告白する時に気をつけること。これで失敗しない!


日常生活の中で好きな人ができると、毎日がキラキラしますよね。

そんな人とお付き合いしたいと思うのは、当然だと思います。

しかし、好きな人に告白するのは、とても勇気のいることですし、緊張するはずです。

それに、告白をするのなら“OKの返事が欲しい。付き合いたい。失敗して関係が崩れてしまうのがこわい。”と思うのが当然でしょう。

今回はそんな告白のための注意点と成功テクニックをご紹介して、少しでも多くの方が良い結果に繋がるよう、協力していきます。

この記事の目次

【必読】好きな人に告白する前に!

好きな人に告白する際、多くの人が成功するための方法やタイミング、場所を考えると思います。

しかし調べると、とても多くの情報があるので、かえって逆効果になってしまった人も少なくないはずです。

なので、必要な情報をしっかりと整理し、良い返事がもらえるようにすることは無駄にはなりませんよね。

それに、思いつきや勢いで告白をしてしまうよりも、しっかり考えたり注意をした上で一番最適なタイミング、場所で告白したほうが成功率は上がるといっても過言ではないでしょう。

一度告白をしてしまうと、元通りの関係にならないことも考えられます。

また、ちぐはぐな関係になってしまい、話すこともあまりなくなってしまった人もいるようです。

そのため、注意できること、成功率を少しでも上げるためには、告白をする前に少しでも情報を集め、あなたの好きな人に効果的な成功のテクニックを使って、良い返事がもらえるよう頑張りましょう。

この記事では、そんな恋愛に悩める人のために、少しでもお力になれるよう、必要な情報をまとめていきますので、ぜひ参考にしてください。

緊張しすぎてやらかさないように


あまりにも緊張してしまうと、どうしてもおどおどしてしまったり挙動不審になってしまったりしますよね。

そんな様子を見て、たとえそれまで脈があったとしても断られてしまうこともあるようです。

おどおどしている態度から、付き合ったあとのことを想像して、頼りないと思われてしまったり、何かと面倒くさそうだなといった印象を持たれてしまうんだとか。

また、あえて軽い口調で伝えてしまったり、回りくどくダラダラと告白してしまったりしても、同じように付き合ったあとのことを不安に思い、断られてしまうケースがあるそうです。

まずは深呼吸!

あまりにも緊張してしまっていると感じたら、一度ゆっくり深呼吸をしましょう。

大きく息をすることによって、ドキドキしてしまっている心臓が、ゆっくりと落ち着くことができます。

何度か深呼吸をして落ち着いたら、挑みましょう。

それでもどうしても緊張してしまうなら

深呼吸を何度繰り返しても落ち着かず、どうにもならなくなってしまったら、“失敗してもいい”と考えるようにしましょう。

緊張というのは、人間の防衛本能からくるものなんです。

強いストレスや不安などから自分の身を守るため、“ノンアドレナリン”という成分が分泌され、交感神経が活性化することによって、心拍数や血圧が上がってしまうので、深呼吸だけではなかなか落ち着かないこともあります。

適度な緊張感は、身を引き締め、自分の身を守ったり、意識が研ぎ澄まされるので、良いことですが、それが過度な緊張状態になってしまうと、必要なことを忘れてしまったり、余計なことをしてしまったりと、悪影響を及ぼしてしまうのです。

告白のときにそうなっしまう人は、心の中で“失敗したらどうしよう”“関係が壊れてしまったらどうしよう”“気まずくなったり、話すら出来なくなってしまったらどうしよう”と、様々な不安や心配が頭の中をグルグルしてしまっているはずです。

ですが、これはOKをもらえる自信や確信がない人は、誰だって思うことでしょう。

そんなときは、一度“振られてしまってもいいから、自分の気持ちを伝えよう”と考えてみてください。

そして、自分がすきな人に対して感じている気持ちを整理し、伝えることで適度な緊張感の中で告白することができるのではないかと思います。

もし、それでも緊張が収まらず、もう無理かもしれないと思ってしまったときには、正直に“緊張してます”と伝えてしまってもOKです。

正直に言うことで、相手も待ってくれますし、あなたの気持ちも落ち着くはずです。

好きな人に告白する時の注意点10個


さて、ここからは告白するときに注意すべき点を、10個紹介していきたいと思います。

気持ちが固まって告白しようと思っても、闇雲に告白するのはおすすめできません。

あなたが好きな人に対して好意を抱き、それを伝えようと思った気持ちは、とても大切なものです。

その大切な気持ちを伝えるタイミングや環境、伝え方や言葉など、一つ一つを考えて、少しでも気持ちを受け取ってもらえるよう、努力できることは努力したいですよね。

なので、そのための確認は怠らないよう、きっちりと注意して、クリアしたうえで告白に挑みましょう。

1、相手の状況を理解しよう!

まず一番最初に考えなければいけないことが、好きな人の今置かれている状況です。

いま仕事に追われていて忙しかったり、仕事以外でも大きな選択や大事なことが控えているときであれば、告白のタイミングとはいえないでしょう。

また、学生の場合も同様です。

進路に関わる試験前や試験最中、部活で大きな大会や試合が控えているなど、一生懸命頑張っていることの結果が求められるタイミングでは、他のときよりも失敗に終わってしまう確率が高くなると言わざるを得ません。

また、終活や卒業できるかの試験、卒論などのタイミングも同じです。

目の前のことに自分の持てる全てを使わないといけないタイミングで告白をしたところで、“いまはそれどころではない。

”といわれてしまうのがオチです。

仮に上手くいったとしても、あなたのことは後回しになり、放っておかれてしまうことは容易に想像できます。