日常生活の中で好きな人ができると、毎日がキラキラしますよね。

そんな人とお付き合いしたいと思うのは、当然だと思います。

しかし、好きな人に告白するのは、とても勇気のいることですし、緊張するはずです。

それに、告白をするのなら“OKの返事が欲しい。付き合いたい。失敗して関係が崩れてしまうのがこわい。”と思うのが当然でしょう。

今回はそんな告白のための注意点と成功テクニックをご紹介して、少しでも多くの方が良い結果に繋がるよう、協力していきます。

【必読】好きな人に告白する前に!

好きな人に告白する際、多くの人が成功するための方法やタイミング、場所を考えると思います。

しかし調べると、とても多くの情報があるので、かえって逆効果になってしまった人も少なくないはずです。

なので、必要な情報をしっかりと整理し、良い返事がもらえるようにすることは無駄にはなりませんよね。

それに、思いつきや勢いで告白をしてしまうよりも、しっかり考えたり注意をした上で一番最適なタイミング、場所で告白したほうが成功率は上がるといっても過言ではないでしょう。

一度告白をしてしまうと、元通りの関係にならないことも考えられます。

また、ちぐはぐな関係になってしまい、話すこともあまりなくなってしまった人もいるようです。

そのため、注意できること、成功率を少しでも上げるためには、告白をする前に少しでも情報を集め、あなたの好きな人に効果的な成功のテクニックを使って、良い返事がもらえるよう頑張りましょう。

この記事では、そんな恋愛に悩める人のために、少しでもお力になれるよう、必要な情報をまとめていきますので、ぜひ参考にしてください。

緊張しすぎてやらかさないように


あまりにも緊張してしまうと、どうしてもおどおどしてしまったり挙動不審になってしまったりしますよね。

そんな様子を見て、たとえそれまで脈があったとしても断られてしまうこともあるようです。

おどおどしている態度から、付き合ったあとのことを想像して、頼りないと思われてしまったり、何かと面倒くさそうだなといった印象を持たれてしまうんだとか。

また、あえて軽い口調で伝えてしまったり、回りくどくダラダラと告白してしまったりしても、同じように付き合ったあとのことを不安に思い、断られてしまうケースがあるそうです。

まずは深呼吸!

あまりにも緊張してしまっていると感じたら、一度ゆっくり深呼吸をしましょう。

大きく息をすることによって、ドキドキしてしまっている心臓が、ゆっくりと落ち着くことができます。

何度か深呼吸をして落ち着いたら、挑みましょう。

それでもどうしても緊張してしまうなら

深呼吸を何度繰り返しても落ち着かず、どうにもならなくなってしまったら、“失敗してもいい”と考えるようにしましょう。

緊張というのは、人間の防衛本能からくるものなんです。

強いストレスや不安などから自分の身を守るため、“ノンアドレナリン”という成分が分泌され、交感神経が活性化することによって、心拍数や血圧が上がってしまうので、深呼吸だけではなかなか落ち着かないこともあります。

適度な緊張感は、身を引き締め、自分の身を守ったり、意識が研ぎ澄まされるので、良いことですが、それが過度な緊張状態になってしまうと、必要なことを忘れてしまったり、余計なことをしてしまったりと、悪影響を及ぼしてしまうのです。

告白のときにそうなっしまう人は、心の中で“失敗したらどうしよう”“関係が壊れてしまったらどうしよう”“気まずくなったり、話すら出来なくなってしまったらどうしよう”と、様々な不安や心配が頭の中をグルグルしてしまっているはずです。

ですが、これはOKをもらえる自信や確信がない人は、誰だって思うことでしょう。

そんなときは、一度“振られてしまってもいいから、自分の気持ちを伝えよう”と考えてみてください。

そして、自分がすきな人に対して感じている気持ちを整理し、伝えることで適度な緊張感の中で告白することができるのではないかと思います。

もし、それでも緊張が収まらず、もう無理かもしれないと思ってしまったときには、正直に“緊張してます”と伝えてしまってもOKです。

正直に言うことで、相手も待ってくれますし、あなたの気持ちも落ち着くはずです。

好きな人に告白する時の注意点10個


さて、ここからは告白するときに注意すべき点を、10個紹介していきたいと思います。

気持ちが固まって告白しようと思っても、闇雲に告白するのはおすすめできません。

あなたが好きな人に対して好意を抱き、それを伝えようと思った気持ちは、とても大切なものです。

その大切な気持ちを伝えるタイミングや環境、伝え方や言葉など、一つ一つを考えて、少しでも気持ちを受け取ってもらえるよう、努力できることは努力したいですよね。

なので、そのための確認は怠らないよう、きっちりと注意して、クリアしたうえで告白に挑みましょう。

1、相手の状況を理解しよう!

まず一番最初に考えなければいけないことが、好きな人の今置かれている状況です。

いま仕事に追われていて忙しかったり、仕事以外でも大きな選択や大事なことが控えているときであれば、告白のタイミングとはいえないでしょう。

また、学生の場合も同様です。

進路に関わる試験前や試験最中、部活で大きな大会や試合が控えているなど、一生懸命頑張っていることの結果が求められるタイミングでは、他のときよりも失敗に終わってしまう確率が高くなると言わざるを得ません。

また、終活や卒業できるかの試験、卒論などのタイミングも同じです。

目の前のことに自分の持てる全てを使わないといけないタイミングで告白をしたところで、“いまはそれどころではない。

”といわれてしまうのがオチです。

仮に上手くいったとしても、あなたのことは後回しになり、放っておかれてしまうことは容易に想像できます。

逆に相手が集中できずに、思うような実力が出せなかったら、悲しくなってしまったり、申し訳ない気持ちになってしまいかねませんよね。

お付き合いしたばかりの状況で、そんな気持ちを感じてしまうのは、良いはずがありません。

なので、そうなってしまわないように、相手がいまどういった状況下にいるのかは、しっかり判断する必要があります。

そのうえで一番ベストタイミングだといえるのは、こういった大きな物事が終わったタイミングです。

大きな仕事を終えたタイミング、試験や大会が終わったタイミング、就職する会社が決まったタイミングなどです。

このようなタイミングは、もちろん相手の肩の荷がおりたタイミングということもありますが、こういったことを乗り越えたことで、相手のテンションが高くなり、開放的になったということも大きなポイントなのです。

こういったタイミングを狙うことで、良い返事がもらえる確率は上がってしまうんです。

相手に心の余裕があるか?

切羽詰まった状況というのは、何も身体的なことだけではないはずです。

家庭の問題や友人の問題というのは、身体や時間を費やして解決していくことだけではないですよね。

色々な問題に頭を抱えてしまっているときに好意を告白されても、“いまそれどころじゃない。そんな状況じゃないんだ。”と、思われてしまい、相手にとってさらに負担を増やしてしまう結果になりかねません。

また、そんなときに告白してしまうことで、空気や相手の状況を読めない人なんだなと思われてしまい、それ以降も見えない壁を作られてしまう可能性まで含んでいます。

なので、身体的な余裕だけを見るのではなく、心にも余裕があるのかどうかをきちんと見極めることは、告白の結果を左右するとともに、それ以降の関係にも影響してきてしまうかもしれないといえるでしょう。

2、最適なタイミングか確認しよう

タイミングというのはとても大切なことというのは、先ほどもお伝えしたと思います。

状況を理解したうえで、難関を乗り越えたタイミングでの告白も効果的なタイミングですが、中にはそのような困難に当たっていない状況の人だって同然いるでしょう。

そんなときは、最適なタイミングがいつなのか分かりませんよね。

そういった場合にも、最適なタイミングというのはあります。

まず出会ってすぐ好きになってしまった場合、その気持ちをそのままに伝えたくなる気持ちも分かりますが、一週間や一ヶ月で告白してしまうと、失敗してしまう可能性が高いといわれています。

出会ったばかりというのは、相手もあなたもお互いのことをよくは知りません。

そんな中で告白をしてしまっても、いくらあなたが真剣に考えていようと軽い気持ちに取られてしまいますし、いい加減なことや適当なことを言う人に思われてしまう可能性まであるのです。

だからといって、慎重にタイミングを測りすぎると、告白のタイミングを完全に失ってしまうこともあります。

相手のことをちゃんと知りたいと思う気持ちが強すぎるばかりに、友達の関係を長く続けると、異性として見られずに、完全に友達の立ち位置に固定してしまうことは、よくあることです。

中でも、出会ってから一年以上経過してからの告白は、出会ったばかりの告白同様に失敗しやすいといわれているんです。

一度仲間や友達として認識されてしまうと、その中に恋愛感情の入る隙がなくなってしまうことから、あまり長くタイミングを伺うことも得策ではありません。

では、一体どのくらいの期間が最適なのでしょうか。

それは、三ヶ月前後です。

もっと詳しくいえば、一ヶ月を過ぎたあたりから三ヶ月以内の間であれば、ある程度の期間があるので、お互いのことを知る機会もあるでしょうし、友達という認識が固定するまでの期間でもないからです。

告白をする場合は、この最適なタイミングを考えて、期間も味方にしていくことが手です。

3、服装や身だしなみはOK?

人というのは、視覚から入ってきた印象に、感情が左右されやすいものです。

そのため、服装や身だしなみを気をつけておくだけで、告白が成功するのに大きな追い風になってくれます。

しかし、逆に好みや場所などに合った服装でない場合、逆効果となってしまう可能性もでてくる大きなポイントです。

告白の際に大事なことは、まず気合をいれすぎないことです。

大事な場面だからとメイクも服装も盛り盛りにしてしまう人がいますが、それは逆効果です。

もちろん中にはそういった服装やメイクが好みの男性もいますが、万人受けするわけではありません。

むしろ将来的な部分まで考えている人は、色々と不安になってしまうでしょう。

では、どのような服装が好印象なのでしょうか。

それは、男性が女性に求めていることにポイントがあります。

男性というのは女性に対して、癒しなどの安心感、周りの人に紹介できるような品の良さ、守ってあげたくなるような女性らしい可憐さ、そしてさりげない色気です。

こういった様々なことがあり、全てをクリアするのは一見難しいように感じますよね。

しかし、色味やシルエット、素材を重視することで、そこまで難しくなく取り入れることが可能です。

まずは癒しなどの安心感を感じさせる服装からです。

安心感を与えるためには、まず普段のあなたのスタイルを崩しすぎないこと。

あまりにも普段と違う服装にすると、相手も身構えてしまったり、どちらが本当のあなたなのか戸惑ってしまうかもしれません。

また、流行アイテムの多くは男性からの評判があまり良くない場合がありますので、好みだと聞いていない場合は、外したほうが無難です。

そして、品の良さや清潔感を感じさせるには、露出を控えたシンプルなデザインのものを取り入れること。

色味は淡い色味や白系統のものがおすすめです。

また、毛玉やよれのない洋服を心がけましょう。

次にポイントとなるのが、女性らしい可憐さや守りたくなるような女性らしさです。

これにはふわっとしたシルエットのものや、華奢なアクセサリー、冬であればファーのアイテムを取り入れると、柔らかく可憐さが出せると思います。

そして、最後のポイントがさりげない色気です。

これはあまり入れすぎると逆効果になってしまうので、気が付くか気がつかないかくらいの量がベターです。

たとえばカーディガンの下をノースリーブのニットやカットソーにしておくとか、シフォンのブラウスで、透け感を出すかなどの、女性からしたらあまりセクシーと感じないくらいのもの。

男性は、その見えるか見えないかの瀬戸際に色気などを感じ、興味が沸いてしまったりするようです。

こういったポイントを上手に使うことで、服装も味方につけましょう。

4、雰囲気づくりはバッチリ?

男性って意外とロマンチストが多いんですよね。

なので、告白する場所の雰囲気を大事にする人って結構います。

友達や周りに人がたくさんいたり、ファーストフード店などでは告白に最適な雰囲気とはいえないと思います。

なので、静かな場所や呼び出して二人きりになれる場所を選ぶことも大切です。

やりすぎにも注意!

とはいえ、あまりにもムードを作りすぎてしまうと、男性は負担に思ってしまいます。

雰囲気作りはあくまでそれなりにしましょう。

告白の雰囲気があまりにも良すぎると、それからの付き合いでそれ以上の雰囲気を求められるのかと考えてしまったり、求められている期待の大きさなどに、自信がなくなって悪い結果を招いてしまいかねません。

なので、完璧を目指すのではなく、あくまで落ち着いて話せる場所や、気負いさせない雰囲気にすることも相手のためです。

5、告白するセリフは決めた?

告白するうえで一番重要なのは、やはり言葉です。

どんなに色々なことに手を回しても、告白のセリフが曖昧であれば台無しになってしまいます。

なので、告白をしようと思ったら、そんな言葉で告白するのか決めてから、その日そのタイミングを迎えるようにしましょう。

あえて決めずそのときにに思ったことを正直に伝えようとする人もいますが、大切な気持ちを真っ直ぐに伝えるためには、気持ちの整理や言葉の選び方も重要になってきます。

そのため、一字一句決める必要はありませんが、最低限どんな言葉で伝えるのかくらいは、事前に決めておくほうが後悔しないでしょう。

遠回しに伝えず、ストレートに!

考えすぎるとよくやってしまうのが、長く遠回しな告白になってしまうことだと思います。

伝えたいことが多すぎたり、恥ずかしさからついつい遠回しになってしまったり、言葉が多くなってしまったりしますよね。

しかし、一番伝えたい気持ちは少ないはずです。

そして、その言葉はストレートに伝えるのが、一番相手に伝わりますし、効果があります。

なので、回りくどく伝えずに、なるべく短くストレートに告白するよう考えてみてください。

6、緊張せず、平常心を保つこと

冒頭で緊張のしすぎは良くないとお話しましたが、普段通りのあなたでいることは10個の注意点に入るほど大切なことです。

なので、どうしても何をしても緊張してしまう場合、一度お手洗いなどに行き、歩いて落ち着かせてからまた告白に移るようにしてみましょう。

そして、どうにもならなくなったら、正直に緊張していることを白状してしまってもいいかもしれませんよ。

7、LINEや電話で告白するのは避けよう

恥ずかしさや緊張から、直接告白しない選択をする人がいますが、それは成功率を下げてしまう場合が多いと思います。

大切なことは相手の顔を見て伝えることが、一番伝わります。

また、あなたが頑張って勇気を出して伝えている姿に、きゅんとしてOKの返事をすることだってないわけではありません。

LINEや電話などのほうが気楽なので相手も気負いしないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、男性の中には直接告白をしないことで、その程度の気持ちと捉えてしまったり、
いくら便利な方法が色々出てきたとしても、二人のお付き合いが始まる瞬間は、お互いの顔を見て伝えたほうが素敵な気がしませんか?

なので、なるべく可能な限りは時間を作ってもらい、直接告白するようにしましょう。

8、相手に好意がなさそうならしばらく待とう

あなたが好意を抱いて気持ちを温めている中で、相手との関わりが全くないという人はなかなかいないでしょう。

そんな中で相手からの好意が感じられない場合は、最適なタイミングとはいえません。

基本的なタイミングはありますが、男性があなたに興味を抱き、好意を抱いてくれるまでの期間は一定ではありませんので、上手くいかないほうが可能性が高いかもと思う場合は、無理に告白せずにしばらくタイミングを伺うことも大切な場合があります。

なので、そんな場合は告白よりも先に、あなたに興味を持ってもらい、あなたの魅力を伝えられるようにアピールすることから始めましょう

9、相手に恋人がいないか確認しておこう

意外と忘れてしまいがちなのが、恋人の有無です。

男性の中には全く恋人の存在を匂わせない人っていますよね。

また、プライベートでたくさん会ったりしない限り、あえて男性が恋人の存在を言ってくることもないでしょう。

なので、心配になったら、正直に本人に聞いてしまうか、周りの友達にそれとなく聞いてみたほうがいいかもしれません。

10、準備にとらわれすぎないで!

最後に注意すべきことは、準備に一生懸命になりすぎてしまうこと。

告白をするのになるべく完璧に後悔ないよう、心がけるのは大切なことです。

しかし、準備にとらわれすぎて、何か一つ上手くいかなかったから告白ができないと思ってしまったり、この期間に告白しないとダメと焦ってしまったりしては、良い結果には繋がりません。

何よりも大事なことは、あなたの相手を思う気持ちです。

そのために少しでも成功率を上げるための準備なので、そんなに100%絶対にクリアしなくてはならないという思いにならずに、少しでも成功率を上げるために頑張ろうというくらいの気持ちで、準備をしていきましょう。

好きな人に告白する時の成功テクニック♡

これまでは注意すべき点をまとめてきましたが、ここからは成功するためのテクニックを紹介していきます。

この成功テクニックを生かすことにより、少しでも彼の心を鷲掴みにできるように、良い結果になるようになるはずです。

告白のタイミング、方法などがありますので、ぜひ告白前の参考にしてみてください。

あくまでも自然に、そしてシンプルに

多くの男性がきゅんときてしまう言葉は“好きです”と直接言われることだそうです。

女性が一生懸命に自分に伝えてくれる言葉は、それだけでも嬉しくなってしまうでしょう。

そんな中でシンプルに“好き”と言われると、“自分のことが好きなのか”としみじみ感じてしまって、あなたのことが気になってしまったりすることもあるんだとか。

なので、無理に難しい言葉を使ったり、不自然な言い回しをすることなく、あなたの気持ちを素直にシンプルに伝えるのが一番です。

特別な日を利用しよう!

イベントごとや特別な日を気にしていないように見えて、意外と気にしている人は多いんです。

そんな日にデートをすること自体、あなたが特別な存在としていられているといえるかもしれませんが、そんな日に告白をされたら、他の日と違ってOKをしてしまう人もいるかもしれません。

なので、告白を少しでも成功させるために、特別な日を利用して日にちすら味方につけてしまうのは、大切な方法だといえます。

誕生日のサプライズもOK

もし彼の誕生日が近いのなら、誕生日に告白をするのは、とても成功率が上がるといえます。

バレンタインやクリスマスなど、他のイベントは逃しても別のイベントがありますが、誕生日は別ですよね。

誕生日というのは、一年の中でも特別な大切な日です。

そんな日に告白をするのは、しっかり考えてくれてるんだなと感じるはずですし、誕生日プレゼントなどとともに伝えるなど、告白のタイミングを掴みやすい日でもあると思います。

雰囲気抜群の場所を選ぶこと

ロマンチックな場所や非日常的な場所で告白するのも、効果的です。

非日常的な空間やロマンチックな場所に行くと、ホルモンを刺激して勝手に胸がドキドキしやすくなったり、テンションが上がったりします。

また、レストランなどであればサプライズを演出してくれるなど手助けをしてくれることもあるので、そんな中で告白すると、成功率が上がってしまうといわれているのです。

夜景、海などが大人気!

夜景や夜の海など、カップルにも人気で雰囲気のある場所もおすすめです。

そして、告白の成功率というのは、昼間より夜のほうが確実に成功率が高いんです。

暗い場所では、副交感神経の働きで親近感が沸く効果があるんだとか。

逆に昼間や明るい場所では交感神経の働きから戦闘態勢に入ってしまうことがあるため、少しでも確率を上げたいなら、暗くて雰囲気のある場所がおすすめなんです。

【告白場所のおすすめは、こちらの記事もチェック!】

帰り際、夕食後が告白に最適

もしデートで夕食の予定があるのであれば、告白は帰り際や夕食を食べ終わったあとがおすすめです。

大事なことは最後に伝えたほうが、気持ちやメッセージをより強く伝えられるんだとか。

そのため、告白するタイミングもデートの終わりや夕食を食べ終わり落ち着いたタイミングが効果的なのです。

一日考えながら過ごすのは緊張しっぱなしかもしれませんが、効果的なタイミングを待って、準備万端で思いを伝えましょう。

プレゼントを添えるのもあり!

誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントごとに合わせて告白を考えている場合、プレゼントと一緒に告白するのは良い方法だと思います。

もちろん言葉だけでも十分ですが、その人のために考えたプレゼントは喜んでもらえること間違いなしでしょう。

手紙、花束など

プレゼントとはいかないまでも、思いをしたためた手紙やちょっとした花束を渡すと、帰ってからあなたを思い出すことができ、保留された場合でも良い方向に傾く可能性があがるでしょう。

好きな人に告白する前にやっておきたいこと

告白というのは、その日や直前が大切なわけではありません。

それまでにどれだけあなたの魅力を伝えられるか、相手の気持ちをあなたに向かせられるかによって、最終的な結果というのは決まってしまいます。

そのため、告白までにどんな人が相手でも共通していえることは、最低限実行してから告白することが、成功率アップには必要になってくるはずです。

3回ぐらいデートに誘う

お互いのことを理解するため、自分の魅力を少しでも伝えるために最低でも3回はデートするよう心がけましょう。

人はだいたい3回目くらいで告白されるのが、一番OKしやすいともいわれています。

1度や2度お試しでデートをしてみても、興味がなかったら3回目のデートはしない人が多いことや、それ以上に回数を重ねてしまうと、友達としての認識に変わっていってしまうことがあるため、3回はデートすることがおすすめなのです。

相手の気持ちを確かめておこう!

あなたのことが好きかどうかは分からなくても、あなたに興味を持っているか、好印象を抱いてくれているか程度は分かるはずです。

一番は相手の好意を確認できてからが理想的ですが、人の気持ちというのは表面には出てこないこともありますし、少なくとも状況次第でOKがもらえそうだなという判断ができるようになってから、告白のタイミングを考えることが必要になってきます。

もしあなたに対して興味がなかったり、好印象を持っていなかったら、どんなにタイミングや服装に注意をしていたとしても、残念な結果は免れなくなってしまうと思います。

好きな人に告白する時は守ってね♡(まとめ)

今回は告白するための注意点や成功率を上げるためのテクニックについてまとめてきました。

その中の多くが、あなた自身もされたら嬉しいことや、心が動いてしまうことだったと思います。

相手のことを思って行動すること、あなたが本当に伝えたい言葉に重点を置けば、良い返事までの道は近くなるはずです。

そして、そのプラスアルファとして日にちや服装、思いを伝える場所などが役に立ちます。

もし、良い返事か悪い返事か迷っている場合、このプラスアルファをしておくことで、いくらでも良い結果に近づけるのです。

必ず良い返事がもらえる自信がある人には必要ないかもしれませんが、なかなかそういった自信を持って、告白に挑む人はいないですよね。

なので、少しでもOKに傾くよう、もうひと押しもうひと押しとしていくことは、無駄ではないでしょう。

告白までを無理に焦ってしまわずに、しかしタイミングを見逃すこともなく、良い返事をもらえるよう準備して、自信を持って堂々と告白できるよう頑張ってくださいね。