CoCoSiA(ココシア)

相合傘にキュンキュンする!女性が思う理想の相合傘の誘われ方やシチュエーションとは?


アナタは男性と「相合傘」ってしたことがありますか?

1つの傘に2人が身を寄せ合う相合傘は、腕や肩が触れ合ったり、普段聞こえないような息遣いが聞こえて来たり。

相手のシャンプーの香りまで感じたりなど、2人の距離がとても近くてドキドキしてしまいますよね。

「1つの傘の中」というとても小さな密室でこんなにも体を寄せ合って、緊張と高揚でパンクしてしまいそうになります。

ですが、好きな人や気になる人とこんな相合傘が出来るのなら嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね。

そんな相合傘ですが、単に相合傘ができたらいいというものではありません。

その相合傘に至るまでの誘われ方やシチュエーションなどもとても大切などです。

今回は、女性が憧れる理想の相合傘の誘われ方やシチュエーションについてをまとめました!

2人の距離を縮めるチャンスの相合傘

相合傘は、雨に濡れないために、狭い1つの傘の中に2人が肩を寄せ合いながら入るものです。

そのため、強制的に2人の物理的な距離はかなり近くなります。

付き合っていない人同士の相合傘なら「これまでこんなに近寄ったことあった!?」というレベルで近くなります。

もう2人はドキドキしっぱなしでしょう。

また、相合傘をしていると自然と会話をする流れになります。

これまであまりじっくりと話したことないはないけど、気になっているという人との相合傘なら、距離を縮めるのにはうってつけのチャンスです。

何にしても2人の世界を作ることができる相合傘。

距離を縮めるにはピッタリです!

また、相合傘してもらった場合は「アナタのおかげで濡れなくて済んだよ!今度、お礼させて!」と、お礼を兼ねた次回の約束まで取り付けることだってあるのです。

また、「さっき、〇〇食べたいっていってじゃん、よかったら一緒に行こうよ!」と傘の中での会話を活かしてデートの約束もできちゃうかも?

相合傘で親密度が上がっているので、相手も「いいね!いつ行こう?」なんて乗っかってくれる可能性も高いです。

憂鬱な雨がきっかけでしたが、それがどんどん発展していって2人のデートに繋がるなんて、相合傘はホントにビッグチャンスです!

相合傘に憧れる女性は少なくない


相合傘は1つの傘を2人で入るので、狭いし歩きづらいし、男性にとってはあまりやりたくないものかもしれません。

女性にとっても雨は服が濡れるし、ヘアセットが決まらないし、嬉しいものではありません。

しかし、雨はキライでも相合傘は別です。

多くの女性にとっては相合傘は憧れのものなのです。

普段恥ずかしくってなかなか好きな人や気になる男性に近づくことが出来ないという奥ゆかしい女性でも「雨降ってるし、傘がないし、仕方ないよね!」と堂々と彼のそばに居られるチャンスになるのです。

また、ドラマや恋愛漫画でも相合傘はロマンチックな場面で使われていることが多いですよね。

「私もこのワンシーンのようなステキな相合傘がしてみたい」と思っている女性が結構多いのですよ。

自然にくっつける

相合傘のいいところは、「自然に彼にくっつける」というポイントがあります。

ちゃんと傘の中に入らないと、せっかく傘に入れてくれたのに雨に濡れてしまう…ということを口実にしっかりと彼にくっつくことができます。

これまでどうしても近寄る機会に恵まれていなかった人でも、相合傘だとそれを理由にくっつけるのでうれしいですよね!

堂々と密着出来る

相合傘をすると、他人の目を気にすることなく堂々と彼に密着することができます。

付き合っている同士でも、外でベタベタするのがイヤだという彼氏だとなかなか密着することはできませんよね。

しかし相合傘だとそんなことは言っていられません。

ちゃんと密着していないと雨に濡れてしまいますものね。

そんな理由を大義名分に、堂々と彼に密着しちゃいましょう!

愛されている感じがする

相合傘はどうしても距離が近づき、密着するものです。

嫌いな相手だと、まず相合傘をしようとは思いませんよね。

また、1人用の狭い傘に2人が入るわけですから肩や腕、バッグなどが濡れるおそれがあります。

それにも関わらず、自分を傘の中に入れてくれるなんて、何だか愛されている感じがして嬉しいものですよね。

女性が思う理想の相合傘の誘われ方やシチュエーション


女性は相合傘に憧れはしていますが、とにかく出来たらいいというわけではありません。

ちゃんとみんな理想とする誘われ方やシチュエーションというものが存在しています。

「そういう風になればいいなぁ」と憧れているのです。

そして知っている人、気になっている人、ただの友達、全く知らない人…