CoCoSiA(ココシア)

なつくのが上手い人の9個の特徴。こ...(続き3)

ほとんどの人が何かをしてもらった時、お礼ではなく「すみません」というセリフを言っているのではないでしょうか。

何故お礼ではなくすみませんなのかですが、これは人に何かをしてもらった時申し訳ないと思っているからです。

ありがたいとも思いつつ、手伝ってもらって迷惑をかけてしまったという気持ちが強いからと言われています。

学生の内はお礼を言えないのは仕方ありません。

しかし、社会人になってきちんとお礼を言えないのは論外だと思って下さい。

気がついたのは後からでも、人に何かをしてもらった時はきちんとお礼が言えると人から好かれるでしょう。

特になつく人ほど何かをしてもらった時、ちゃんとお礼を相手に伝えるので人から好かれる要因でもあります。

私も人から何かしてもらった時は素直にお礼を言いますね。

反対にお礼を言わない人とは一緒にいたいとは思えないですし、何かしてあげたいとも思いません。

なつく人が甘え上手なのはそういう面もあると思って下さい。

9、立ち振る舞いが上手い

なつく人は誰に対しても嫌味な態度を取る事はないので、友好的な立ち振る舞が上手です。

たくさんの人と話す事が出来るので、色んな人とは仲良くなれます。

上手く行けば喧嘩の仲裁も出来るので、基本的には争いを好まず中立な立場にいると思って下さい。

誰とでも合わせる事が可能ですが、それ故相手に合わせようとして気を使いすぎてしまう事もあります。

たくさんの相手を相手にすると、精神的にダウンしてしまう事もしばしばあります。

私も調子に乗って色んな人と仲良くしていたら、飲み会などで無茶振りをされてしまいました。

一人一人に対する立ち振る舞いは何とかなるものですが、無理だけはしない方が良いでしょう。

人になつくのが上手い人っていますよね

人になつくのが上手いってを羨ましくはないでしょうか。

素直に自分を表現できる事って、中々出来ない女性はとても多いです。

どうしても警戒してしまうのと、特定の友達だけ作るという考えの人もいるので気持ちは分からなくはないのないでしょう。

基本的になつくのが上手い人は、相手に対して好意を持って接しておりそれを隠そうとしていません。

素直に好意を出しているからこそ、相手もそれに応えてくれるのです。

年上だろうがなつけちゃう

基本的になつく人は年齢が5歳や10歳以上年が離れていても、普通になつきます。

そのため多少ジェネレーションギャップを感じたとしても、そんな事お構いなしに普通に話せますよ。

さすがに10歳以上年齢が上だとジェネレーションギャップで話が合わないからちょっとと嫌煙してしまう人もいるでしょう。

私も仲良くなってしまえば、年上だろうが年下だろうが全く気にしません。

大切なのはその人が好きかどうかによるので、懐いてしまえばそれで良いのです。

なつける人になる方法

人になつける人というのは、本当に正直な人間かもしれませんね。

改めて自分を見てみて、自分は人に対してなつのが上手いと思いますか?

損得などの打算的な考えを持っているのであれば、そこでお終いだと思って下さい。

基本的になつくのが上手い人は、この人と一緒にいれば何かが有利になるとは考えていません。

どちらかと言うと自分が不利益になったとしても、相手に色々してあげたいと思うという気持ちの方が強いかもしれませんね。

感情表現を大きくする

懐くのが上手い人は基本的に感情表現が大きいです。

これはかなりオーバーリアクションな感じだと思って下さい。

ただ感情表現に関しては元々感情が薄い人や、棒読みになっているという人なんかもいるので難しい所ですね。

私の親友が一定のリズムで話す人間です。

喜怒哀楽はとても分かりやすいのですが、何故かいつも棒読み具合になっているので、時々突っ込んでしまう事はあります。

長くいれば段々棒読み加減でも感情は伝わってくるのですが、所見ではほぼほぼ難しいでしょう。

私自身は芸人さん並みの大げさなリアクションが多いので、若干鬱陶しがられますが分かりやすくて面白いらしいです。

感情表現だけは多少の個人差があるので仕方がないですが、普段感情をあまり出さないという人は、是非感情を出してみても良いかもしれませんよ。

人は喜怒哀楽分かりやすい人の方が一緒にいて退屈しないですからね。

笑顔を心掛ける

基本的に私は笑顔を心がけています。

元々医療事務やカフェの店員など人と接する仕事をしていたので、常に笑顔になるようにしています。

接客業で無愛想な店員なんて嫌ですもんね。