あなたの周りには、美人でもなくかわいくもないのに「勘違い」している女性はいませんか?勘違い女性は、あたかも自分がモテていると”勘違い”したり、自分が誰よりも美しいと”勘違い”しています。

本人は、とてもポジティブシンキングの持ち主なのかもしれませんが、周囲としてはちょっと引いてしまうことも・・・。

自分ひとりだけで勘違いしているのであれば、何も問題はないのですが周囲にまで関わってくると、呆れてしまいますよね。

もしかしたら、あなたもそんな”勘違い女”ではありませんか?勘違いしている女性は、自分が勘違いしているかどうかなんて気づいていないものです。

それに自分の考えや世界の見方が全てですから、周囲から見た世界や自分のことを客観視できていません。

それに早く気づき、対策することができればいいのですがそうでもないと男性だけでなく、女性にまで嫌われてしまうことも。

この記事では、勘違い女に対して周囲の人々が「イタい!」と思ってしまう『あるある13個』をご紹介します。

あなたももしかしたらやってしまっているかもしれませんね・・・。

もしも、心当たりがある項目があれば少しずつでもいいので、やらないようにしていきましょう。

実はアナタのその行為を面白く思っていない人がたくさんいるかもしれませんよ。

勘違い女は周りに不快感を与える

勘違い女は、自分が勘違いしていることに気づいていません。

というか、「勘違いってなんなの!?」なんて怒り出してしまうこともあります。

自分が素晴らしいのです。

自分が一番素敵なのです。

自分が大好きなのです。

ですから、自分を大好きだとアピールすることはおかしいことでもないし、自分の好きな物を身につけるのは普通のことなのです。

しかし、周囲から見るとそれは時に不快感を与えることがあります。

美人な人が自分のことを「私ってモテちゃうんだー」なんて言ってるのは、内心イラッとくることがあるかもしれません。

しかし、どう見てもモテなさそうな人が「私ってばモテっちゃうんだよねぇ。困っちゃう!」なんて言っていたら、内心イラッとするより「え・・・?ナニ言ってるの・・・?大丈夫なの・・・?」と呆れてしまいますよね。

それは時として、相手に不快感を与えるのです。

自分が特定の誰かに好かれていると思い、その人に対して「私はあなたのこと好きじゃないから!」なんて伝える勘違い女もいます。

しかし、現実はその男性はその女性のことなんて眼中にもなかったりするんですけどね。

これってこの男性から見たら、どうでもいいお説教なわけです。

自分がその人を好きだと勘違いされたこともイヤですし、そうやってわざわざ何かを伝えに来るというのもイヤなものです。

そして、周囲の人々にまで勘違いされてしまっては、もうその人脈の中にいるのがイヤになりますよね。

これは一つの例にすぎませんが、勘違い女というのは色々な人に嫌な思いや不快感を与えがちなんですね。

本人に知らせようと合図を送っても全く気づかないというのも、更に不快感を感じるものです。

あなたの周りにはそのような人物はいませんか?

あなたは大丈夫?勘違い女13個の具体例!


 勘違い女は、たいてい13個の項目で勘違い女を発揮していることが多いです。

これから13個の勘違い女あるあるをご紹介しますね。

もしかしたら、あなたも当てはまっていることがあるかもしれませんね・・・。

自分が考えている自分というものと、他人から見たあなたというのは大きく違っていることがあります。

ですから、自分のことを客観視できないでいるととんだ勘違いを生み出してしまうことがあるんですよね。

ある程度、大人になっていけばその過程の中で自分を客観視できるようになるものですが、そのように出来ない人も多く存在します。

それが勘違い女や勘違い男なのですが・・。

何に関しても自分の都合の良いように世界を見てしまうクセがあるんですよね。

さて、前置きはこれくらいにして勘違い女あるある13個の項目を見ていきましょう!

1.上から目線

 勘違い女は、いつでも誰に対しても上から目線で話をしてきます。

また、そのような態度を取ってきます。

例えば、女友達が恋愛で悩んでいる時にはあたかも恋愛のスペシャリストであるように、上から目線で「それがダメなんだよー」「そんな男ダメダメ!」「あなた、それでも本当にいいの?」なんてアドバイスしてきます。

しかし、当の本人は恋愛の経験が浅かったり、なかったりするものです。

友人であれば、その勘違い女の恋愛遍歴などを知っていることが多いですね。

恋愛遍歴が少ない、経験が少ない人に”なんでもお見通し”みたいな態度でアドバイスされるとイラッとくるものです。

いったいアナタは何様なの?恋愛の神様なの?なんて思ってしまいます。

また、恋愛相談だけではなく仕事に関することや生活に関することなど全てにおいて、勘違い女は上から目線で接してきます。

きっと、自分の中では”経験が豊富”で”なんでも出来る”、キャリアウーマンそのものなのでしょうね。

男の批判ばかりする


 勘違い女は、上から目線で話をしてくるときはほとんど男性の批判をします。

友人の恋愛相談のアドバイスだけでなく、職場に新しい男性社員が入社したときも批判をします。

「アノ男は〇〇がダメ」「あーそういう男はマジでやめたほうがいいよ」「ヤリ目とかマジありえないんですけど!」「仕事の出来ない男はだめ」「年収1000万以上ない男は意味なし」なんて、色々な観点から男性をズケズケと批判します。

友人は、恋愛のアドバイスを求めるために悩みを打ち明けたのではないのに、自分にアドバイスを求められているような気がして上から目線でアドバイスしてしまうんですよね。

それに、勘違い女は自分の基準で男を判断しがちです。

しかも、経験したことだけではなくイメージで言っていることがあるので、アドバイスされる方も信用ならないですよね。

男性から見ると、自分のこともきちんと出来ていない人に批判されるのはイラッときます。

そうなんです。

勘違い女は上から目線で離してくるくせに自分のことはきちんと出来ていないことが多いのです。

2.モテ自慢をする

 勘違い女は対してモテているわけではないのに、やたらめったら自分がモテていることを自慢してきます。

本当に美しい人というのは心も清らかですから、モテていたとしてもそれを自慢することはありません。

しかし、勘違い女はモテていることを自慢したくてたまらないのです。

色々な男性にアプローチされていること、男性につきまとわれていること・・・などモテモテでこまっちゃう状態をアピールしてきますよ。

あなたの周りにもいませんか?やたらめったら、会話の途中で自分の話題に摩り替えてモテ事情をアピールしてくる勘違い女は・・・。

「男に付きまとわれて困る」と嬉しそうに話してくる

勘違い女の多くは多くの人にモテて困っているというニュアンスで話をしてきます。

もちろん、色々な人にモテて困るような状態になれば誰でも嬉しいものですが、それを人に話しませんよね。

もしも、殺人予告をされているとかであれば、警察に直行すればいいですし、わざわざ友人に話す内容でもありません。

しかし、勘違い女はそれを自分のステータスとして周囲の人に話してくるのです。

また、「男につきまとわれて困ってるの!」なんて嬉しそうに話してきます。

本当に困っていれば、嬉しそうに話しませんよね。

切羽詰った状態で話すことになると思います。

嬉しそうにしている時点で困っていないじゃないか!と突っ込みたくなる勘違い女なのです。

本人は、モテモテで嬉しい状態を人にそれとなく伝えたいのでしょうね。

3.優しい言葉で勘違い

 勘違い女は惚れっぽいという側面があります。

惚れっぽいというか、自分がモテモテであると勘違いしていることが多いです。

男性がコチラを見ているだけで「私に気があるのかも!」なんて考えがちです。

考えるだけではなく、本当に、現実にその男性が自分を好きでいる、好意があると勘違いしてしまうのです。

それに優しい言葉をかけられただけで自分に好意があるのか!と勘違いしてしまうことも。

優しくされると自分に好意があると勘違いする

 男性は好きな女性でなくとも、男性として女性に優しく接することがありますよね。

レディファーストの考え方を持っている男性であれば、好きな女性でなくとも紳士的に接してくれるものです。

しかし、そのようなことを分からずに自分に好意があると勘違いしているのです。

男性としては、困ってしまいますよね。

その勘違いだけでとどまってくれたらいいのですが、そうもいかないこともあります。

その勘違い女がその男性に「あなたが私のこと好きみたいだから付き合ってあげてもいいけど」なんて上から目線で迫ることもあるのです。

これって、とっても迷惑ですよね。

勘違いな上に更に上から目線で迫ってくるのですから。

恐怖としか言いようがありません。

それに優しくされるだけで自分に好意があると勘違いしてしまうのは、変な男にひっかかりやすいという点でもマイナスです。

誰かに騙されやすくなってしまうのですね。

4.会計の時に支払う意思がない

勘違い女性は、男性と食事に行ったときにその会計を支払う気持ちが一切ありません。

それは押さないときからの家庭での教育なのか、これまでにお付き合いしたことのある男性がかなりのレディファーストであったか理由は分かりません。

しかし、勘違い女というのはいかなる時でも男性と食事をするときは一切お金を支払わないのです。

財布を出すこともしませんし、お会計の席に居合わせないようにします。

男が全て奢ってくれるものと思っている

勘違い女は、男性が全ておごってくれるのが当たり前だと思っているのですね。

男性は、気がある女性や恋人であれば進んでおごるものです。

しかし、好きでもない女性、しかも上から目線で接してくる女性におごろうとは思えないものです。

また、勘違い女は相手が年下の男性であっても、男性がおごるものだと考えています。

男性は、当然のようにワリカンであると感じていたとしても最終的に支払いをするのは男性なのです。

また、勘違い女は高いワインや食事を好む傾向があります。

それが自分にふさわしいものなのでしょう。

ですから、お会計は当然高くなりますよね。

そうやって、好きでもない女性の高い食事代を支払わされる男性にとって、勘違い女はとても迷惑なのです。

5.SNSに自撮りばかりアップする


あなたの知り合いにインスタグラムやTwitter、Facebookなどでやたらめったら自分の写真を載せている人はいませんか?旅行先の写真のアップであっても、「景色がきれいでーす」なんていうコメントと共に景色があまり映っていないのに自分の顔だけはきっちりキメ顔で映っていたり。

コーヒーと一緒だったり、飼っているペットと一緒だったり、今日のコーディネートと題して全身を載せていたり。

勘違い女は自分が大好きなので、そうやって素敵な自分を世に広めているのでしょう。

見ている側からしたら、「アナタは芸能人気取りデスカ?」なんて感じてしまうことも。

あたかも自分が芸能人になったかのように写真を載せているからですよね。

SNSに写真を載せるのは、危険だということも知らないのでしょう。

自意識過剰になっている

 普通の考えが出来る人であれば、どんなに自分がイケてる日であってもそれをわざわざ写真にとってネットに載せたりはしません。

しかし、勘違い女というのはいつでも自分がイケていて、自分はとっても美人で、皆が自分の写真を待っている!なんて勘違いしているものです。

そのため、自分の写真をSNSに載せてしまうんですね。

自意識過剰になっていることも気づかず、キメ顔の写メを載せ続けてしまうのです。

しかも、自分を良く見せるためにサングラスをかけたり加工をしたり・・・。

見ている側としては呆れてしまうものです。

6.自分の話ばかりする

勘違い女は友達同士で集まっていると、皆で盛り上がる内容を話すのではなく自分のことばかり話します。

はじめは皆で旅行先を決める話をしていても、候補にあがる観光名所からこれまでに自分が旅行で行って来た話をしてきます。

参考程度に話してくれるのであれば、問題はないのですが永遠とその旅行の話を話されてしまうと、これからの旅行の話を進めることも出来ません。

それに、誰も勘違い女の楽しかった思い出を聞きたいとは思っていないのです。

勘違い女はいかなるときでも、どんな話題でも自分の過去の出来事、自分の出来事に話題を変えて話をしてくるのです。

ほとんど強引なので、話を聞いている身としては遮ることもできず、そのまま聞いていなければいけない事態に。

しかも、集中して聞いていないと「ちょっと聞いてるの!?」なんて言って来ることも。

いやいや、誰もあなたの話なんか聞きたいと思っていませんから、とも言えず苦しい空気が流れてしまうのです。

自己中心的な考え方

なぜ勘違い女は、そのように自分のことばかり話してしまうのでしょうか?それはずばり、自己中心的な考え方が根本にあるといえます。

自己中心的であるから、そうやって他人の気持ちをはかり知ることもできず、自分のことを話してしまうのです。

自分が勘違い女ということを客観視できていないのですから、他人の気持ちを第3者の目で見ることも出来ないんですよね。

このように考えると勘違い女は幼稚な女性なのかもしれません。