CoCoSiA(ココシア)

斜に構える人の15個の特徴と損しているな…と思うこと


職場や学校などの集団生活の中で、斜に構えている人に出会ったことはありませんか?

例えば、みんなが賛同する中で、一人だけ違う意見を言う人や場をなかなか納めようとしない人など、所謂、集団の中で一人だけ違った方向を向いている人のことです。

このような人たちを略称として斜に構えている人と言います。

一見すると、協調性のないような人物に思えますが、自分の意見をしっかり持っている人とも言えます。

しかし、和をもって尊しの考えが強い日本では、みんながの意見が重宝されているので、個人で動くような人を嫌ってしまう傾向が強いです。

また、斜に構えている人でも考え方が独断的だったり、独りよがりのような感じの人もいて、良い印象を残せていません。

そこで今回こちらの記事では、斜に構えている人に関する情報をまとめた記事を作成しました。

ぜひ、こちらを参考にしていただきまして、斜に構える人の対策をしましょう。

もしくは、既にご自身が斜に構えている人の可能性もございます。

別に悪い事ではありません。

まだ、日本ではマイナスに考えられているだけであって、今後AI(人工知能)の発展などによっては、斜に構えている人が生き残れると言われているのです。

そのため、マイナスに考えず、どうすれば周囲と調和が取れるかを考えて読んでいただけましたらと思います。

斜に構える人は嫌われる?

一見すると協調性のないような人に思えてしまうために、斜に構える人は嫌われてしまうような存在ではあります。

要は、会社のような組織では、みんなが同じ方向を向くことを好んでいる上司が多いので、異質な人を排除しようと考えてしまうのです。

しかし、みんながみんな同じと言うことはありません。

また、そのような体質からか自分の意志を持たない人が増えてきています。

所謂「イエスマン」ばかりが残ってしまうような環境になっているのを問題視している人もいます。

現時点では、斜に構える人は嫌われる傾向にあります。

ですが、先を考えると斜に構える人は生き残れるのではないでしょうか。

結局、みんな同じようなことをしている人は変わりがいると言うことです。

なぜなら同じだからです。

それこそ、AI(人工知能)に奪われてしまう危険性もあります。

今後は自分の考えがいかに必要かが試される時代です。

しかし、それでも斜に構えていては今を生きるのが大変です。

そこで、まず「斜に構える人」について詳しく説明していきたいと思います。

おそらくほとんどの人が斜に構える人の定義を掴んでいないと思います。

これは仕方がありません。

実は、絶対的な定義などのないのです。

つまり、抽象的な存在なのです。

ここではまずじっくり読んで理解していくようにしましょう。

「斜に構える」とはどういうこと?

斜に構えるということに関して、具体的に説明しろと言われても答えられる人は少ないと思います。

説明できても、人それぞれで捉え方が違うので、絶対的な定義はありません。

では、例えるとどのようなことを斜に構えると言うのかという点からまずは説明していきたいと思います。

もしかしたら斜に構えた行動を知らないうちにしている可能性もありますよ。

改めて知ることが大切です。

別に斜に構えることがいけないというわけではありません。

その性格を持っているのであれば、大切にすべきです。

要は「イエスマン」が多い世の中で生き残るために、斜に構えていることでどうすれば調和が取れるかなどに着目していくべきです。

相手を尊重したり、気にしたりしなければ、調和を保つのも難しくありませんよ。

身構える

保守的な感じに思えますが、要は自分の考えを言うために身構えているだけです。

もしくは、周囲と一緒になるのが嫌なので、そのように身を構えて染まらないようにしているだけです。

このように集団での行動を得意としないように見えますが、そんなことはありません。

一緒になって騒いでいるのではなく、周囲を見回して、一緒になりたくないとなどの感情を抱くのです。

つまりは、意外と周囲を見回していることになるのです。

自分が自分でいられなくなることを好まない性格なのです。

自分が失われると思った場合、身を構えて集団に染まらないように努めるのが斜に構えている人です。