物事が上手くいかずに行き詰ってしまう時に、「支障をきたす」という言葉を用いることがあります。

例えば「パソコンが壊れて仕事に支障をきたす」や、「怪我をしたせいで日常生活に支障をきたす」など、その人にとって不都合な事態が生じた場合に用いられることが多いです。

そんな「支障をきたす」という言葉の詳しい意味や使い方、それに類似した言葉などをご紹介します。

支障をきたす」の正しい意味や使い方をマスターしましょう。

「支障をきたす」を使いこなそう!

「支障をきたす」という言葉を、私たち日本人はわざわざ意識することなく、自然と用いていることが多いです。

一見堅苦しい言葉にも思えますが、思いの外ビジネスのように真面目な場面のみならず、日常生活の中でも普段使いの言葉として用いていることが多いためです。

私たちが何気なく使っている「支障をきたす」とは、自分にとって不都合が生じたり、何かトラブルが起きたりした時にそれを表わす言葉として用いていますが、中にはしっかりと言葉本来の意味を知らぬままにニュアンスとして使っているという人もいるでしょう。

恐らく大まかな意味合いとしては間違っていなのでしょうが、本来の意味を詳しく知っておかなければ、思わぬところで使い方を間違えてしまうことがあるかもしれません。

また、ビジネスの場で用いることが多い言葉でもありますので、より正しい意味を知った上で使いこなせるようになっておきたいところです。

「支障」の意味


「支障をきたす」という言葉は、それで一つの単語というわけではありません。

「支障」という名詞と、「きたす」という動詞が組み合わさってできた言葉です。

そのため、「支障をきたす」という言葉の意味を知る前に、まずは「支障」「きたす」のそれぞれの意味をしっかりと理解しておきましょう。

まずは「支障」の意味からご説明していきます。

「支障」は辞書で引くと、「さしつかえ」「さしさわり」を意味します。

また、「事を成す妨げとなる物事」を意味する言葉でもあります。

例えばあなたが一本道を進んでいる時に、目の前に大きな障害物が落ちているとします。

その障害物のせいで道を進むことが出来なければ、それはあなたにとっては「さしさわりのあるもの」すなわち「支障」となります。

また、例えばあなたが恋をしている相手がいるとします。

その相手に同じように恋をしている人間がいるとすれば、それもあなたにとっては「支障」となる存在でしょう。

このように、自分にとってさしさわり、さしつかえのあるもののことを「支障」と言います。

邪魔になること

「支障」の意味は、一言でいえば「邪魔になること」です。

例えばあなたが慌しく仕事に行く準備をしている時に、家族の誰かに「あれはどこだこれは何だ」と口を出されたり、一々行動を止められたりしたら、思わず心の中で「邪魔だなぁ」と思ってしまうことがあるでしょう。

普段は大切な家族であっても、時によっては自分にとって邪魔な存在に思えてしまうことがあります。

それをわざわざ「支障」という言葉で表現することはそうありませんが、同じような意味ではあります。

また、仕事をしている時に自分あてに私情の電話ばかり入ったら、仕事が一々中断されてその電話を邪魔で鬱陶しいものに感じるでしょう。

そんな時には、「仕事の支障になるから止めてほしい」と思うことがあります。

「支障」を簡単な言葉にすると、このように自分にとって邪魔になることを意味します。

差し障りがあること

日常生活の中で使う「支障」は、「邪魔」という言葉に言い方に変えて用いることが多いです。

一方で、「差し障りがある」という意味で用いる場合には、ビジネスのような場面であることが多いです。

例えば仕事中にパソコンの調子が悪くなってしまった時、この後のデータをまとめる作業に差し障りが生じてしまうことがあります。

また、例えば同じ職場内でプライベートの交際をしている相手がいるとして、その相手との関係が微妙なものになってしまった時には、一緒に仕事をすることに対して精神的な差し障りができてしまうといった場合もあります。

「障り」とは、元々「障る」という言葉であり、自分にとって気に障ったり、勘に障ったりする際に用いられることの多い言葉です。

そのため、「差し障り」という言い方も、自分にとってはマイナスになってしまうイメージが強いのでしょう。

「支えの障害」になること


「支障」とは、読んで字の如く「支えの障害」となることを意味します。

支えるという言葉自体は、自分や誰かを手助けしたり、介助したりして自分や相手のためのなることを意味します。

そのため、支えるという言葉に対しては、誰もが前向きで優しいといったイメージを抱くことが多いです。

少なくとも、よほどのことがない限りは誰かを支えるという考え方を良しとしない人はいないでしょう。

一方で、障害とはその支えを邪魔する存在のことです。

「障る害」と書くだけあり、悪意を持って相手の邪魔をしたり、例え悪意がなかったとしても誰かの行動や考えの妨げとなってしまいます。

そのため、「障害」に対して悪いイメージを持っている人は多いです。

とはいえ、その障害も時と場合によってはより高いモチベーションを保つために必要となるものでもあります。

例えば家族が大反対している状態での、大恋愛の末の結婚など、時には自分たちにとっての障害が大きな壁を乗り越えるための踏み台となることもあるのです。

このように、時に障害は良い結果を出すために必要なものにもなりますが、やはり基本的には悪い意味として用いられることが多いです。

「きたす」とは?

「きたす」という言葉だけについて考える機会はそれほどありませんので、「支障をきたす」のように、名詞とセットになっている状態でのみ、その意味を理解しているという人も少なくはないでしょう。

しかし、実は「きたす」という言葉だけでも、いくつかの意味や使い方があります。

言葉の意味としては、「結果として、ある事柄や状態を生じさせることやそれを招くこと」また「来るようにする」という意味もあります。

さらに、「きたす」は言いきりの言葉で用いられることもありますが、名詞などの後ろにつけることで、その言葉を肯定したり、否定したりする意味にも変化します。

「きたす」を用いた言葉では、「支障をきたす」の他にも、「きたすことがある」「きたすべきか」「きたすのではないか」といった使い方もあります。

また、似たような言葉に「もたらす」がありますが、「もたらす」の場合には外部による変化によってある結果が生じることを意味します。

例えば「被害をもたらす」や「」吉報をもたらす」といった言葉のように、外的な要因によって自身に起こる変化の場合には「もたらす」を用います。

一方の「きたす」は、内側から起こる事象の変化によってある結果になることを意味しています。

例えば「体調に支障をきたす」といった言葉のように、内的な要因から起こる変化の場合に「きたす」を用いるのです。

結果を招く

「きたす」には、結果を招くという意味があります。

それがどのような結果であれ、何らかの事柄や事象が起こり、それによって結果を招くという意味です。

結果を招くことから、普段使いとしても多く用いられそうな言葉ではありますが、「きたす」という言葉そのものをあまり使う機会がない上、他の言葉と組み合わせて使うことが多いため、言葉の使い方は限定されてしまうことが多いです。

事態を生じさせる

「きたす」には、「事態を生じさせる」という意味もあります。

そもそも物事には、それが起こる原因となるものが存在しています。

それがあるきっかけによって変化が生まれ、事態を生じさせることになるのです。

そしてあらゆる事態が生じた結果、一つの形に収まるのです。

これを人で例えると、最初に人間の体があるとします。

その体の内側に風邪のウイルスが入り込んだ場合に、それにより体内でさまざまな体調の変化が表れます。

喉の腫れや全身の寒気、倦怠感といったものが起こり、次第に熱が上がって咳も出始めるようになります。

そうして本格的な風邪になったところで薬を飲むと、次第にその症状は治まり、ついには元も健康的な状態へと戻るのです。

ある内的な要因によって事態を生じさせ、それが収まるまでの流れは、人が風邪をひいてから治るまでの一連の流れと同じようなものなのです。

ちなみに、この風邪で例えた場合に、「体調に支障をきたす」といった言葉の使い方をすることができます。

引き起こさせる

「きたす」には、「引き起こさせる」といった意味合いもあります。

「引き起こさせる」と聞くと、一見外的な要素によって半ば無理矢理に事象が起こされるといったように思えるかもしれません。

しかしこれも、あくまでも内的な要因によって事象が引き起こされ、結果を招くことになっているのです。

先に挙げた風邪の例でも、言い方を変えれば風邪のウイルスによって体調の変化が引き起こされた結果、風邪になっています。

内的な要素によって自分自身やその周囲で変化が引き起こさせられ、その結果が招かれることを意味しているのです。

良くないことに使うことが多い

「きたす」という言葉は、本来は悪い意味だけではなく、良い意味としても用いられる言葉です。

しかし、「支障をきたす」を始めとして、結果として良くないことが起こった際に「きたす」という言葉を用いることが多くなり、現在では「良くないことに使う言葉だ」として認識されていることが多いです。

そのため、「きたす」の本来の意味や使い方を知らない人からすれば、悪いものを指す言葉であると勘違いしてしまっている人も決して少なくはないでしょう。

実際に、世間一般で用いられている「きたす」は、「体調に変化をきたす」や「仕事に支障をきたす」など、自分や周りの人たちにとって良くないことが起きた際にのみ使われていることがほとんどです。

「体調に変化をきたす」という言葉も、元々の意味を知っていればそれが良い意味としての体調の変化である可能性を考えられたのでしょうが、元々の意味を知らない人にとっては、体調が悪化するイメージしか思い浮かばないのでしょう。

漢字で書くと?

「きたす」という言葉は、漢字で書くと「来す」となります。

「来」という漢字には、「来る」「至る」「帰る」「来させる、招く」「これから先、将来、未来」「ねぎらう」などの意味があります。

「きたす」という言葉で見ると、「来る」「至る」「来させる、招く」辺りが意味としては適当でしょう。

誰かや何かが自分の元へと来ることを意味する漢字ですので、内的な要因が自分の元へときたために、事象が起こり結果を招いたとする流れが漢字の意味としても相応しいでしょう。

後ろに「恐れ」を伴って使うことが多い

「支障をきたす」という言葉は、後ろに「恐れ」という言葉を伴って使うことが多いです。

つまりは、「支障をきたす恐れがある」という文章になります。

「支障をきたす」という言葉の意味が「差し障りがある」「物事の妨げになる」ならば、「支障をきたす恐れ」とは、「差し障りがある恐れがあること」や「物事の妨げになる恐れがあること」という意味になります。

「恐れ」は良くない未来の可能性を暗示させる言葉ですので、「〇〇に差し障りがあるかもしれない」「〇〇の妨げになるかもしれない」といった自分にとって都合の悪い、嫌な可能性を示唆する言葉なのです。

例えば自分にとっての恋のライバルが出現しそうな場合には、「あの人は自分の恋路の支障となる恐れがある」となりますし、また病気の治療中にも関わらず、薬を飲まないことが「体調の改善に支障をきたす恐れがある」となります。

「支障をきたす」の例文を見てみよう

「支障をきたす」という言葉は、一見小難しい表現に思えて、それなりに普段使いがよくされている言葉です。

あなた自身も、自分にとって不都合が生じそうな状況になった時に、言葉をとくに意識して選んでいるわけではないのに、自然と「〇〇は支障をきたすかもしれない」などと口にしてしまうことはありませんか?

「支障をきたす」という言い方をすることによって、「邪魔になるかもしれない」「障害になるかもしれない」といったより直接的な悪い意味での言い回しを避けることができます。

意味は同じでも、もう少しその意味を包んだ物言いになっているため、直接的な表現や誤解を避けたい場合によく用いられています。

だからこそ、ビジネスの場のみでなく、日常生活の中でもそれなりに多用されているのです。

では、「支障をきたす」を使った例文をいくつかご紹介していきます。

まだどのように言葉を使えば良いのか分からないという人は参考にしてみて下さい。

今回の不祥事は売り上げダウンに支障をきたした

例えばある会社(A社)があるとします。

A社は訪問販売を基本とした事業を展開しており、毎年それなりの収益を得ています。

しかしある時、A社の社員の一人が、自分の売り上げを伸ばすために、会社のやり方とは違った独自の勧誘方法で売り上げを伸ばそうとしました。

その方法とは訪問先の家で実際にはない嘘を多用したり、強引に客に商品を買わせようとしたりするものでした。

その社員の悪評が各家庭に広まりA社に対する信用がガタ落ちし、さらにはその社員が不当に顧客から収益を得ていたために、会社を巻き込んだ不祥事となり、その結果会社の売り上げが大幅にダウンしてしまいました。

このような不祥事が起きた場合に、それが原因となって売上げがダウンしてしまうことを、「今回の不祥事が売上げダウンに支障をきたした」と表現することがあります。

脳の病気が会話に支障をきたすことにつながった

例えばある人が脳の病気になったとします。

脳にはたくさんの神経があり、また全身を機能させるための働きをしています。

この脳の一部が病気になってしまい、その影響で会話を司る脳の働きが衰えて、日常会話が上手く出来なくなってしまいました。

この、脳の病気が原因となって会話が不自由になってしまうことを、「脳の病気が会話に支障をきたすことにつながった」と表現することがあります。

「支障をきたす」とは、あることが原因となって本来の出来事や働きなどに妨げが生じることを意味しますので、この場合には、脳に病気ができたことが原因で、会話の機能に妨げが生じた結果、会話が不自由になったとする意味になります。

また、この例えにおける「支障」とは、邪魔になること」という意味よりも、「妨げになること」という意味で使われます。

彼の不倫疑惑は今後の芸能活動に支障をきたす恐れがある

「支障」とはその人にとって妨げとなる何事かを意味しています。

その妨げとなるものは、時に身内であったり、事故や怪我であったり、もしくは恋愛であったりします。

例えばある芸能人がいるとします。

その芸能人にはファンも多く仕事も充実していましたが、ある時一人の異性と出会い、親しくなりました。

その異性とは純粋に友人として親しい関係を築いていましたが、男女の友情は過ぎると恋仲と噂されてしまいやすくなります。

その芸能人には家庭があったために、ある時異性の友人と一緒に食事をしているところをパパラッチに撮られてしまい、世間には不倫疑惑としてニュースになってしまいます。

こうなっては事実が不倫ではなかったとしても、世間は好奇の目でその芸能人を見ることになりますし、またこれまで自分が持っていた番組も強制的に降板させられ、さまざまなスポンサーとの契約も次々に解約されてしまいます。

その上大きなニュースになってしまったために、家族の仲も微妙なものになってしまいました。

この場合には実際の不倫関係はなかったにせよ、その芸能人が元々異性の友人とかなり親しくなってしまったために不倫疑惑を向けられて、その結果今後の芸能活動に悪影響の恐れが出てしまいました。

そのため、これはその芸能人にとっては、不倫疑惑そのものが今後の芸能活動に支障をきたす恐れとなってしまったのです。

彼女の落ち込み様は今後仕事に支障をきたすに違いない

例えばある女性がプライベートな事情からとても落ち込んでいるとします。

その事情とは失恋であったり、ペットや親族との辛い別れであったり、もしくは友人との喧嘩であったりと、さまざまな落ち込む理由が想像されますが、女性が自分からは何も相談してこないため、周囲の人はどのような事情からは分かりませんが、ともかくもその女性がひどく落ち込んでいるということだけは分かっている状態です。

人は誰しも、落ち込むと気分が暗く沈んでしまいます。

顔からは笑顔が消えて声も小さくなり、覇気も感じられません。

また、外見的な変化のみならず、ぼんやりと考え事が増えてそのせいで集中力をなくし、些細なミスを何度も繰り返してしまうこともあります。

誰でも落ち込めばそんな風になってしまいますので、とても落ち込んでいる女性の様子を見れば、今後の女性の仕事に何らかの問題や悪影響が出るであろうことは容易に予想されるでしょう。

その様子を、「彼女の落ち込み様は今後仕事に支障をきたすに違いない」と周囲が噂することがあります。

これは年齢や性別に関係なく、誰にでも当てはまることでしょう。

彼の言動が周囲のやる気に支障をきたしていることを気付いていない

時々職場や仲間内で、その場の空気が読めない人っていますよね。

皆が一生懸命になっている時に一人だけだるそうにしていたり、皆で同じような行動を取っている時に一人だけ別行動をしたりと、協調性がなく周囲に対してストレスを与える人ってどこにでもいます。

そんな人が周囲にとっては支障となる場合があるのです。

例えばある男性がいるとします。

その男性はとある部署内で数人とグループになって一つの仕事をしています。

仕事の納期も迫っているため、皆は疲れを表に出さないように気を遣いながら、互いに「もう少しだから頑張ろう」と励まし合って一生懸命に仕事をしています。

そんな最中で、その男性一人だけが場の空気を読まずに「疲れた」「早く帰りたい」「だるい」のワードを連発しています。

折角皆がやる気になっているのに、一人だけそんな風にネガティブな発言を繰り返しているため、その発言を聞くたびに、同じグループのメンバーもモチベーションは下がっていってしまいます。

そんな様子を誰かが目にした時に、「彼の言動が周囲のやる気に支障をきたしていることに、彼自身気付いていないのだな」と言うことがあります。

「支障をきたす」というのは、時には自分だけでなく、周りに対しても良くない妨げとなってしまうことを意味します。

この場合には、当人に支障が出るのではなく、当人の行動によって周囲に支障をきたしてしまっている状態なのです。

「支障をきたす」の類義語

世の中に溢れている多くの言葉にはどれも類義語が存在しています。

例えば「億劫」の類義語であれば「面倒」や「気だるい」、また「幸福」の類義語であれば「幸せ」や「至福」など、言葉の言い方や表現方法が多少異なるだけで、同じような意味を持つ言葉はたくさんあります。

そしてまた、「支障をきたす」という言葉にも、もちろん類義語が存在しています。

「支障をきたす」には、いったいどのような類義語があるのでしょうか?以下にいくつかご紹介します。

不都合が生じる

「不都合」とは、「都合の悪いことやそのさま」「道理に合わないこと、よろしくないこと」という意味です。

つまりは、自分にとって都合の悪いことや具合の悪いさまを意味する言葉です。

例えばあなたにとってガラガラに空いて座り放題の電車が都合の良い状況であるのだとすれば、反対に満員電車でどこにも座る場所が空いていない状況は、あなたにとっては不都合となるでしょう。

「支障をきたす」という言葉が、「妨げとなる出来事が起こる」ことだとすれば、「不都合が生じる」という言葉は、「自分にとって不都合となる出来事や状況が生じる」こととなります。

それは意味合いとしては「支障をきたす」とよく似ています。

とはいえ、「支障をきたす」という言葉とは違って、「不都合」という言葉自体を私たちは普段使いとしてはそこまで用いていないでしょう(「都合」はよく用いますが)。

そのため、「支障をきたす」よりはあまり使われることのない類義語かもしれませんね。

差支えがある

丁寧な言葉で相手の都合を尋ねる際に、よく「差支えなければ〇〇して下さいませんか?」といった言葉を口にしたり文章に書いたりすることがあると思います。

この「差支え」という言葉は、「支障」と意味がよく似ており、「何かをするのに都合の悪い事情や妨げ」という意味があります。

そのため、「支障をきたす」の類義語の場合には、「差支えがある」という言葉になります。

こちらは丁寧な質問の言葉として用いられることは多いですが、「差支えがある」と断定して口にする機会はそれほどないでしょう。

また、「支障をきたす」と同様に、質問の状態で普段使いをよくされている言葉でもあります。

障害になる

「障害になる」という言葉も普段使いで用いられることが多いです。

例えば「恋愛が勉強や仕事の障害となる」や「お金がないことが結婚の障害となっている」など、何かをしようとした時に、その妨げとなることを「障害」と呼びます。

「障害」は「害のある差し障り」でもありますので、悪意や敵意を持って自分の行動の妨げとなることが多いです。

妨げになるという部分では、「支障をきたす」と同じような意味になります。

しかし、言葉の響きから「支障」よりも「障害」の方が、より悪く強い印象に捉えられやすいでしょう。

嫌いがある

「嫌いがある」とは、「~する傾向がある」や「~する場合がある」といった意味の言葉です。

例えば「彼女はよく寝坊をする嫌いがある」や、「彼はあの人が苦手な嫌いにある」などといった使い方をします。

あまり普段使いとしては用いる機会の少ない言葉ではありますが、言葉をよく知っている人はふとした拍子にこの言葉を使うことがあります。

確かに普段使いとしては、「あの人は~する傾向がある」という言い方よりも、「あの人は~する嫌いがある」と言った方がより人間らしい感情的な言葉に聞こえるでしょう。

「嫌いがある」という言葉は、基本的にはあまり良くない事柄を指す場合に用いることが多いです。

差し障りがある

「差し障り」とは、「差支え」や「支障」と意味がとてもよく似ています。

また言葉の響きも似ていることから、「支障をきたす」という言葉の代用としても安易に用いることができ、また類義語の中でももっとも違和感を覚えさせないでしょう。

言葉を用いる場合によっては、「支障をきたす」よりも「差し障りがある」と言う方が、幾分表現が柔らかく聞こえる場合もありますので、言葉を用いる人自身の好みや状況によってよく使い分けされています。

邪魔になる

「支障をきたす」ことは、自分が何かをする上で妨げとなったり、邪魔になったりすることを意味します。

そのため、「邪魔になる」という言葉もそのまま同じ意味として用いることが出来ます。

とはいえ、プライベートであればともかく、ビジネスの場面で「〇〇が邪魔になる」とはあまり口にすることはないでしょう。

公的な場やビジネスの場ではやはり「支障をきたす」という言葉が用いられやすいです。

妨げとなる

「妨げとなる」という言葉も、「邪魔になる」同様に、「支障をきたす」の意味とまったく同じですので、代用することが出来ます。

そのため例えば「明日は試験なのに、ペットの犬が甘えてきて試験勉強に支障をきたした」という言葉を、「明日は試験なのに、ペットの犬が甘えてきて試験勉強の妨げとなった」と言い換えても問題はないわけです。

問題を引き起こす

「支障をきたす」の「きたす」には、「物事を引き起こす」といった意味があります。

そのため、悪い意味として用いられる場合には、「問題を引き起こす」という言葉でも代用が出来ます。

例えば「言葉足らずだったために友人関係に支障をきたした」という言葉の場合、それを「言葉足らずだったために友人関係で問題を引き起こした」と言い換えることが出来ます。

場合によってはこちらの方が、より困った状態になったことを分かりやすく表現することができます。

「支障をきたす」の反対の意味にするには

「支障をきたす」という言葉は、現在では主に悪い意味として用いられています。

ある事が原因で自分や周囲に対して妨げや差し障りが起こった時に使う言葉ですが、ではこの言葉の反対の意味となる言葉はあるのでしょうか?何かが原因で問題が起こってしまったことを「支障をきたす」と言うのなら、それと反対の言い回しはどうなるのか、以下にご紹介します。

支障をきたさない

「きたす」がある事柄によって悪い結果を招いてしまうという意味であるのに対し、「きたさない」はその反対の意味になります。

すなわち、「悪い結果を招かない」という事です。

言葉の使い方としては、例えば「同僚が仕事を手伝ってくれたため、納期に支障をきたさずに済んだ」という言い方があります。

これは、「同僚が仕事を手伝ってくれたので、納期に遅れることなく仕事を終わらせることが出来た」という意味合いになります。

「きたす」が悪い意味で用いられていることが多いのに対し、「きたさない」は良い意味として用いられることがほとんどです。

支障とならない

「支障をきたさない」という言い方の他に、「支障をとならない」という言い方もあります。

こちらの言い方の方がより普段使いとしてはフランクな場合があります。

使い方としては、例えば「しっかりと面接の練習を重ねてきたため、当日は緊張したが支障とはならなかった」という言い方があります。

これは、「ちゃんと面接の練習を重ねてきたので、当日は緊張したが自分にとって支障になるほどではなかった」という意味になります。