花金(はなきん)という言葉をきいたことがありますか? 

「最近では使わないけれど、昔はよく使っていた!」という方、「まったく聞いたこともないけれどどういう意味?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はこの『はなきん』についてご紹介していきます!

みんな大好き「花金」!花金を解析しよう

みんなが大好きだった『花金』。

この言葉を知らない人には、なんでみんなが大好きなのか、疑問に思ってしまうのではないでしょうか。

さて、この花金という言葉。

どういう意味なのでしょうか。

花金とは?

花金というのは、「花の金曜日」の略なんです。

金曜日で明日はお休み。

社会人の人は、お休みの前日ということで開放感がありますよね。

飲み歩いて夜遊びをしても明日の仕事に響かないので、羽目をはずして遊べるというわけです。

バブルの時代に流行った言葉で、景気が良かった頃なので「金曜日は遊べる華の日」ということでみんなが時間やお金にゆとりを持っていて華やかな週末を過ごしていたんですね。

元々はお休みの前日に、明日の仕事を気にせずにお酒を飲むことだったのですが、だんだんと休日前に好きなことをして楽しむという意味合いで使われるようになり、お酒を飲むことだけに限定はされなくなりました。

景気が良かった時代に生まれた言葉

昔は土曜日も学校や仕事がありました。

それが週休二日制になり、土曜日と日曜日がお休みになる会社がぐっと増えたんです。

それで、おやすみ前の金曜日に夜遅くまで遊び回るようになったんですね。

バブル崩壊と共に、毎週金曜日の番に派手にお金を使って遊ぶという風習がだんだんと廃れていったので、この『花金』という言葉も廃れて今では死語になってしまいました。

聞いたこともないという方も多いのではないでしょうか。

バブルの頃は、個人消費が大きかったことで社会も潤いました。

今までは出勤するのが当たり前だった土曜日が丸一日お休みになったことで、心のゆとりも出てきて余暇を楽しむという感覚も出てきたという時代背景があるのです。

もちろん当時も現代も、カレンダー通りに働いている人だけではありません。

シフト制で働いている人など、不定休の人もいたので、必ずしも全員が、「金曜日が休みの前日」というわけではありませんでした。

学校が週休二日制になったのはもう少し後なので、この当時のビジネスマンやOLだけが経験したのが『花金』だったのです。

都心部では実感がある言葉

接客業など、土日がお休みではない人でも、会社帰りの人が買物に来たり飲みに来たりするので他の平日よりも仕事が忙しくなり、街も賑やかな雰囲気なので、金曜日という実感はみんなが持っていました。

この言葉が使われ始めた頃は、今よりも都会と地方の差が大きい時代でした。

都心部では地方に比べると住んでいる人口も多く、必然的に会社もお店も多くなります。

金曜日になると、会社勤めの人たちがいつもの平日よりもゆとりを持った雰囲気でいるのでその空気感が伝わりました。

にこやかに解放された様子で飲み屋さんなどに繰り出すので、町中はいかにも明るくふんわりとして、ちょっと騒がしい雰囲気になります。

これは、花金という言葉が使われなくなってきた現代でも実感できるのではないでしょうか。

不定休で働いている人も、シフトで出勤している人数が多かったり、町中が賑わっているのを見たりして「あ、今日金曜日か」と気がつくことも多いのでは?

大企業の社員に実感がある言葉

大企業の社員なら特に、金曜日に定時であがってぞろぞろと駅やお店などに向かう人たちで、ビルのホール部分は混雑していますし、みんな他の平日の日とは違う和やかな雰囲気なので、「今日は金曜日だな」と実感しやすいのではないでしょうか。

自分はどこかに繰り出さずにまっすぐ家に帰るとしても、なんとなく町中が華やいだ空気になるのは見ていてどこか嬉しい気持ちになるものです。

華金とも書く

はなやか、という言葉は、漢字では『花やか』とも『華やか』とも書きます。

「花がある」といった言葉もありますね。

『はなの金曜日』の『はな』も、花とも華と書きます。

どちらでも同じ意味というわけです。

本来は、『花』は植物の花のことを指します。

植物の花にたとえて、美しい見かけや盛んな様子などを『花やか』と表現します。

『華』という漢字は、花が美しく咲き乱れている様子という意味であり、これが転じてはなやか、きらびやかなどの場合に使用するようになりました。

厳密には、「花がある」という場合にはそこに花またはそれに準じた物がある場合であり、「華がある」は、はなやかな様子の表現なので、植物の花があるかどうかは関係がありません。

一般的には様子を表現する場合には「華やか」の方がよく使われているので、華金の方が正しそうなのですが、『はなきん』の場合には『花金』と書かれる方が多いです。

ゴージャスなイメージになりやすい『華』よりも、一般の人たちが楽しむという身近なイメージで『花』が使われることが多かったのではないか、とも言われていますよ。

みんな花金が大好きな理由


会社勤めの人は、金曜日が好きだという人が多いのではないでしょうか。

平日はやはり毎日忙しく、それも5日目ともなると疲れもたまってきます。

今週中に終わらせないといけない仕事があって金曜日にも残業という人もいらっしゃるでしょう。

それでも金曜日だと思うとほっとする人が多く、好きな曜日として金曜日を挙げる人が60%ほどいる、というアンケート結果もあるくらいです。

翌日は休日だという開放感

「今日が終われば明日は休みだ」と思うと、やはり開放的な気持ちになりますし、「明日の休みはなにをしようかな」といろいろ計画をして楽しみにもなりますよね。

金曜日だ、と思うとほっとしますし、リフレッシュすることもできそうなので気持ちだけでもひと足早くリラックスできるものです。

夜更かししても問題ないから

明日がお休みであるときの嬉しくなる理由のひとつは、早起きしなくて良いことでしょう。

仕事に間に合うように何時には家をでなければならないから、何時には起きなくちゃ。

睡眠時間は何時間とりたいから、そこから逆算すると何時には寝なくちゃいけないな。

という、普段考えていることから開放されます。

時間にしばられず自分の予定で動けるというのは嬉しいものです。

とは言え、あまり度が過ぎる夜更かしは禁物。

明日やることを前倒しで夜にやっている、夜の方が本当は集中できるから捗る、というのなら良いですが、明日は休みだという開放感からついなんとなくだらだらとテレビを見てしまったり、そのせいで翌日は夕方まで寝てしまって一日潰してしまったりすると本末転倒です。

日中の睡眠は、夜中に寝る睡眠に比べると体が休まりにくいので、日中に寝ると普段より長く寝てしまいがちになります。

いつもよりたくさん寝てしまって休日が充実しないと、「休日がなかったような気分なのにまた月曜日だ。

金曜日まで遠いなぁ」なんて思って平日に感じるストレスも増えてしまいますから、注意が必要です。

本当は金曜日の夜に夜更かしをして何かするよりも、いつもどおりの時間に寝て土曜日も早起きする方が充実度は高く感じると言われています。

周囲も皆浮足立っているから

有給休暇を取っていたり、シフト勤務だったりで明日は世間的にはお休みではないけれど、自分はお休み! というときも、自分だけお休みという気分が嬉しいものではあります。

でも、みんなも明日はお休み、自分もお休みというときも、それはそれで楽しいですよね。

みんなが楽しそうな雰囲気で、自分も一緒に楽しめる状態だと、人間どうしても楽しい気分になるものです。

お店等もセールなどでにぎわうから


みんなが来そうだと思うと、お店の方もそのつもりで対処しています。

金曜日の夕方はハッピー・アワーとしてビール半額!のような、割引セールをしてくれる飲食店もあるでしょう。

どのお店も混み合うのはマイナスな点かもしれませんが、事前に予約をしておいたり、もしくはここのお店が満席なら別のお店に行ってみよう、どこのお店がいいかな、と空席やメニューなどを見比べたりしながら探し歩くのもまた楽しいものです。

美術館や博物館なども金曜日は開館時間を延長してくれるというケースもあります。

映画館で金曜日に割引をしている場合もありますよ。

「プレミアム・フライデー」という言葉も生まれた

平成の花金とも言える『プレミアム・フライデー』。

2017年2月24日の金曜日から始まりました。

略称として『プレ金』というのもあるようで、花金とちょっと似ていますよね。

プレミアム・フライデーは、花金のように自然発生した言葉ではなく、日本国政府と経済団体連合会が中心になって提唱したものです。

毎月最終金曜日の個人消費を喚起するためのキャンペーンで、働き方改革も兼ねて午後三時には仕事を終えて、旅行や買物、食事などに出かけよう、というものです。

普段よりちょっと贅沢な、プレミアムな金曜日ということでプレミアム・フライデーなのです。

月末の金曜日ならほとんどの会社ではお給料日の後になることが多いので、消費が促せるという目論見です。

様々な問題も出てきている

せっかく始まったプレミアム・フライデーではありますが、実際にプレミアム・フライデーを導入する大企業はわずかに3.4%にとどまるというアンケート結果も出ています。

中小企業での導入は更に低く2.4%。

運輸業界や金融業界では、顧客の理解が得られないとして導入を渋っています。

また、その3.4%の中でも、正規雇用の社員には特に影響がないけれど、非正規雇用の従業員、派遣社員など時給で勤務している人にとっては、労働時間が減らされて収入が減ってしまうというケースも見られます。

収入が減ってしまうのでは、早く帰れてもその時間を使って消費しようという気持ちにはならず、当初の目的である消費拡大の効果は少なそうです。

サービス業界に携わる人にとっては、プレミアム・フライデーを利用するよりも、利用する人を接客する側なので、プレミアム・フライデーだからと言って早く仕事を切り上げて帰れるというよりも、逆に忙しくて残業になってしまうこともあるでしょう。

居酒屋などがいつもは18時からの営業なのに、プレミアム・フライデーなので15時からに営業開始時間を早めるといったケースも見られるようです。

そのほか、月末は仕事がなにかと忙しく、月末締めや年度末などとかぶってしまうので、プレミアム・フライデーを導入しようにも、とても仕事を早く切り上げて帰れるような状態ではないという声も多く上がっています。

英語にも「花金」がある!

英語では、金曜日のことを「Friday」といいますね。

語源は北欧神話からきています。

オーディンの奥さんであるフリッグ「Frigg」の日という説と、女神のフライヤの日からきているという説があります。

そんな金曜日、休みの前日であるということで嬉しい気持ちになるのは、外国の人もやっぱり一緒みたいです。

TGIF!!

TGIF(ティージーアイエフ)という文字列を見たことがあるでしょうか。

T.G.I.F.と表記されることもあります。

これは、「ThankGod,It’sFriday.」の頭文字を取った言葉。

「ありがとう神様、今日は金曜日だ!」という意味になります。

今週も一週間無事に過ごせた、明日はお休みだ嬉しい、などの感謝がこめられています。

実際に口に出して話し言葉として使うよりも、メールなどの文字情報を記すときに使われる言葉なんです。

主にアメリカで使われている言葉ですよ。

Godの代わりにGoodnessを使って、「ThankGoodness,It’sFriday.」と言う人もいます。

「OhMyGod」を、Godと言うのは神様に対して失礼だからと「OhMy Goodness」と言い換えるのと同じですね。

1965年に設立されたレストラン『T.G.I.フライデーズ』がはじめにTGIFという言葉を使い始めたと言われています。

今では日本にも、アメリカンレストラン&バーとしてお店がありますね
TGIFという言葉は、映画のタイトルや曲名などにも使われていますよ。

アメリカのテレビでは、金曜日の夜のプログラムのことを『TGIF Lineup』ということもあります。

花金によく行われていることとは?

お休みの前日、花の金曜日。

同じ平日の夜なのに、木曜までとは違う感じがします。

なにか金曜日らしいことをしたいな、と思う人も多いはず。

せっかくの自由な時間、みなさんはどんなことをして過ごしていますか?
よく行われていることの一例をご紹介していきます。

女子会

ついつい話が盛り上がって、気がつけば何時間もたっていた、なんていうことも多い女子会。

明日がお休みなら時間も気にしなくて済みそうです。

女子会コースを設定してくれているお店も増えてきました。

金曜日限定で飲み放題コースやデザート食べ放題コースなどが設定されていることもあります。

また、仲良しの女友達となら、ランチライムやディナータイムの女子会だけでなく、お泊り女子会というパターンも増えているんです。

一緒に旅行へ行くというのももちろんありなのですが、旅先でなく地元のシティホテルでプチ贅沢も楽しいですよ。

ホテル女子会専用プランを設定しているホテルもあるんです。

贅沢にスイートルームに泊まったり、レディースフロアでゆっくりしたり。

プールや温泉がついているホテルもありますし、寝間着にかわいいおそろいの浴衣をプレゼントしてくれるというプランがあることも! 

おいしいものを食べて、メイクを落としてお部屋でくつろぎながら、いつ寝てしまってもいい状態でおしゃべりをするのはとてもリラックスできます。

お部屋で受けられるエステや、同じホテル内で受けられるネイルアートなど、女子会用のいろんなプランがついていることもあるので、好みに合わせてチョイスできますね。

ひとつの場所で過ごすので交通費の出費がありませんし、終電を気にする必要もありません。

翌朝は優雅にホテルで朝食。

チェックアウトしてお昼頃に解散するのもよいですし、まだ名残惜しいようならランチをしたり映画を見に行ったりしても楽しそうです。

合コン

合コンも、明日からお休みの金曜日だと心から楽しめます。

盛り上がれば二次会に次のお店に行ったりカラオケに行ったりできるのも、時間がある金曜日ならではの楽しみ方。

明日は休みだ、という開放感からテンションが上がりやすく、合コンの場も盛り上がりやすくなります。

場合によっては終電ぎりぎりまで、もしくはオールで楽しもうというくらい盛り上がることも考えられます。

反面、他にも飲みに来ている人が多いのでお店が混んでいたり、団体客がいてうるさくて楽しめなかったりする可能性もあるので、幹事の人は注意が必要かもしれません。

お店が混んでいると店員さんも忙しく、飲み物や食べ物を注文してもいつもより出て来るのに時間がかかることもあります。

お店を予約しておかないと入れないこともあるので、一次会はともかく二次会以降のお店は探すのが大変、ということもありえるでしょう。

会社の飲み会

会社の飲み会の予定が入りやすいのは、ノー残業デーが設定されている会社が多い水曜日か、明日がお休みの金曜日なのではないでしょうか。

定時で仕事を終えてさっさと飲み会が始められる水曜日もよいですが、やはり明日休みだと思うと気持ちも焦らないので、金曜日の飲み会は盛り上がりやすいでしょう。

どうせ会費も取られてお酒を飲みに行くのだから、普段は行かないお店でじっくりとお酒を飲みたいと考える人も多いです。

土曜日が休みの会社なら、やっぱり金曜日だと安心ですよね。

ただ、そうは言っても人によっては金曜日に会社の飲み会が入るのは避けたいというケースも多いようです。

週の始まりである月曜日に続いて、月曜日が会社の飲み会の予定を入れたくない曜日に上がっているというアンケート結果もあるようですよ。

プライベートを大事にしている人にとっては、明日はお休みという金曜日の開放感と夜の時間はプライベートのことに使いたいもの。

せっかくの金曜日を仕事先の人と一緒に飲みたくもないお酒を飲むのに使ってしまってはうんざりしてしまいます。

明日は休みだからこそ早く帰りたいですよね。

その他、金曜日だとみんながテンションが上がりすぎて羽目をはずして盛り上がりすぎるのが嫌だから、金曜日に飲み会を入れたくないという意見もあるようです。

明日は休みだからと無茶なお酒の飲み方をして酔いつぶれたり、飲みすぎて絡み酒をしたり、セクシャル・ハラスメントも発生しやすくなるので、そんなことになるくらいなら別の曜日の方がまだ「明日もあるから」と歯止めが聞くというのです。

確かに金曜日だからこそ飲み会が激しくなって、いつまでも解散せずにだらだらと続いてしまって帰りにくいなんてこともありますよね。

はしご酒

はしご酒とは、お店を変えてお酒を飲み続けることを言います。

はしごの段を一段一段登るように、ひとつのお店でじっくり飲み、次のなじみのお店に行ってはまた飲み、ある程度時間がたったらまた次のお店へ、という飲み方をすることです。

明日の仕事のことを考えなくていいので、お酒を飲みに行く、という人は多いようです。

お酒が好きで普段から飲んでいる人でも、「明日は朝早いから」「仕事が忙しいから」と量をセーブしていた、という人も、明日がお休みの金曜日なら羽目をはずしやすいですね。

一軒とは言わず二軒、三軒と、好きなお店を回ってはしご酒をするというのも楽しいでしょう。

ちなみに英語では、はしご酒のことをpubcrawl(パブ・クロール)やbar-hopping(バー・ホッピング)と言います。

お酒を出すお店をあちこちに泳ぎ回ったり、飛び回ったりするイメージなんです。

お国柄がでて面白いですね。

クラブでのダンス

クラブ遊びをする人にとっても、花の金曜日は羽目を外して遊べる日なのではないでしょうか。

クラブではお酒を飲み、踊って楽しむことがメインになります。

踊ると言ってもそう難しいことではありません。

社交界のダンスのようにフリやルールがあるわけではなく、かかっている音楽にのってそれぞれが楽しめばいいだけです。

単に飛び跳ねたり身体を動かしてリズムをとったりするだけでも十分ダンスになります。

照明も暗くて音楽も軽快なものが大きな音で鳴り響いているので、アルコールも入れば余計にテンションが上がってついつい身体を動かしたくもなるはず。

好きな音楽を大音量で聞きながらめちゃくちゃにでも身体を動かしていれば、ストレス解消にもなります。

そんなクラブでの遊びも、やはり盛り上がるのはお休みの前日。

金曜日や土曜日が盛り上がるそうです。

平日は人が少なく盛り上がりが少ないので、試しに行くのには向いているかもしれませんね。

無料で入場させてもらえるケースもあるようです。

花の金曜日のクラブは、会社帰りに来る人が他の曜日よりも多く、スーツ姿の人やオフィスカジュアルの人も多く見られます。

ご飯を食べたり他のお店で飲んだりしてから来る人も多いでしょう。

一般的に21時や23時にオープンするクラブが多いので、それくらいから人が集まり始めます。

終電を逃した人がやってくるというケースもあるでしょう。

24時を過ぎると、もう帰ることを諦めて朝までオールでクラブで騒ごうと思って来ている人で込み始め、アルコールも回りオールのハイテンションで一層みんなが盛り上がるでしょう。

深夜の2時頃が一番盛り上がり、一番楽しいと言われています。

クラブをはしごしていろんなお店で飲みながらダンスをして回るという人もいるのだとか。

深夜の2時から3時頃がクラブのピークなので、有名なゲストや看板のDJが来るのもたいていこの時間帯なんです。

クラブは友達同士で誘い合って行くこともありますが、一人でいく人も意外と多いんです。

特に『大箱』と呼ばれている大きなクラブや、『音箱』と呼ばれる音で勝負している質の高い音楽が流されるクラブを選んでいくと、一人でもとけこみ楽しみやすいでしょう。

夜更かしして映画やゲーム三昧

金曜日も他の曜日と変わらずに過ごすという人ももちろん多いでしょう。

とくに花金という言葉が聞かれなくなって久しい現代では、健康志向の人も増えて毎日仕事の日も休みの日も規則正しくいつも同じ時間に起きて同じ時間に寝るという人が多いようです。

あるアンケートでは、半々の割合で金曜日も早く寝る人と、金曜日は夜更かしをする人がいるようですよ。

夜更かし派は、明日休みなのだから自由、だからこそ早く寝てしまうのはもったいない気がするケースが多いでしょう。

自宅でお酒を飲みながらインターネットサーフィンをしたり、前から欲しかったものをネットショップで買物をしたり。

会社の帰りにお店に寄って映画のDVDをレンタルしてくるという人もいるでしょう。

最近では気軽にインターネットショップでデータ販売の映画をレンタルすることもできますよね。

前から気になっていた映画。

DVDになったけれどなかなか平日は、二時間というまとまった時間をとってゆっくりテレビやパソコンの前に座り続けることが難しいという人も多いです。

だからこそ、金曜日の夜は映画漬けになれるチャンス。

二本立て続けに見るというのも楽しそうですよね。

映画館によっては金曜日に割引サービスをしているところも結構あります。

仕事帰りで明日は休みだからこそ、遅い時間の映画でも大丈夫。

レイトショーなら大抵が割引価格で見られます。

今公開している映画が見たいときには、金曜日にふらりと映画館に立ち寄って、普段のご褒美にポップコーンとドリンクも買ってのんびり見てみるのもおすすめ。

テレビでも金曜日は映画をやっていることも多いので、はやめにおうちへ帰ってテレビで映画を見るというのも良いでしょう。

ゲームをする人は、平日我慢していた分まとめて金曜日の夜から土日にかけてプレイするのもいいですね。

スマホゲームなど携帯ゲームなら電車など通勤時間を利用してちょっとずつプレイもできますが、パソコンや家庭用ゲーム機でのゲームをしている人は自宅でじっくり腰を据える時間がないとなかなかプレイできないもの。

特にオンラインゲームのような、自分ひとりで黙々とやり続けるのではなくて、誰かと一緒にプレイするゲームの場合は、プレイヤーが多くなる金曜日にするのがやっぱり楽しいですよね。

いつもは知らない人とランダムでパーティを組んでプレイしているけれど、金曜日ならフレンドさんがたくさんログインしているから、全員フレンドさんでパーティを組んでクエストが進められるということも多いのでは? 

気の置けない仲間たちとだと、ゲームを進めるのもいつもの何倍も楽しくなります。

ついつい没頭して気がついたら窓の外が白んできていた、なんてことも……。

もちろん夜更かしは身体によくはありませんし、モニターやテレビなどからでるブルーライトは睡眠リズムに影響を及ぼします。

明るい画面を見ていると脳が興奮状態になってしまい、良い眠りにつけなくなってしまうので、夜更かしも程々にしておいたほうが良いかもしれませんね!

エステ通い

エステは時間もかかりますし、施術を受けるだけでもそれなりに体力も使うもの。

すっきり綺麗になってほんのり疲れてぐっすり眠りたい。

となると、翌日仕事があるけれどリフレシュに来るのもよいですが、金曜日に来て明日はお休みだからゆっくりできる! とリラックスした気持ちで施術してもらうのも良いでしょう。

一週間毎日お仕事を頑張った自分にご褒美。

疲れた身体をマッサージしてもらってほぐしてもらい、土日にゆっくり休んで英気を養って、また次の一週間を頑張るというのも良いリズムの作り方ですよね。

温泉旅行

金曜日だからこそ、旅行へ行くというのももちろんありですよね。

土日のお休みを利用して土曜日の朝から出かけるのも良いですが、金曜日に会社が終わったらそのまま新幹線や飛行機に飛び乗るというのも面白いもの。

一泊や二泊程度の小旅行なら荷物もそこまで多くなくても事足りるので、簡単にパッキングして荷物を会社に持っていってロッカーにいれておき、仕事が終わったら荷物を取り出してターミナル駅や空港へGO!! 

夜も遅くなってから家ではないどこか別の場所に旅立つというのは、いつもの旅行とひと味違ってワクワクした気持ちになります。

夕食を宿で取ることは難しいかもしれませんが、こんな日程の旅路だからこそ駅弁などを買って移動中に食べるのも良いです。

一人旅でふらっと行くのも自由でいいですよ。

チェックイン時間が20時だったり、24時間対応だったりというホテルや旅館もありますし、レイトチェックインプランだと宿での滞在時間が短いため、元から価格を割り引いてくれていて、いつもよりお得なお値段で宿泊できることも多いんです。