CoCoSiA(ココシア)

考える力がない人の14個の特徴と損をしている8個のこと


考える力がないと、なかなか物事が進まなかったり、損をすることもあるようです。

考える力がない人は、物事を覚えることが苦手で、やり方を教えてもらっても上手くできないのです。

「あいつは要領が悪い奴だ」とか「もの覚えが悪いよ」と怒られてしまうのです。

また、考える力がない人は、与えられた仕事を処理するスピードも遅く、何かトラブルが起こるとたちまち途方に暮れて手が止まってしまうのです。

簡単な問題も、解決する能力も低いのです。

考える力がないと、いろんな情報を集めて比較判断することも苦手です。

何か高額な品物を購入する時とか、飛行機や特急列車で旅行に出かける時にも、情報収集が苦手だと有利に商品を購入したリ交通費を安くあげることなども上手く出来ません。

考える力がないと、損をすることがあるようです。

️考える力は大切なスキル

考える力はとても大切なスキルで、考える力が高い人は問題解決能力も高いと思われます。

考える力とは、問題が発生してもいろんな角度や知識から物事を判断することができる力でもあるのです。

単にいろいろと知っているということだけでは、物事は解決しないし進まないからです。

目の前の出来事の意味を判断して、次にどうすれば前に進むかを見つけることができる力を持っているのです。

高い山に登る道がいくつもあるように、問題を解決する方法は一つだけではないのです。

物事を理論的に考えるのが好きな人は、問題の答えはただひとつと思い込んでしまいます。

ですが、社会に出るといろんな解決策があることを知ります。

場合によっては、正確な答えを出す事よりも、途中の過程が重要であり、当事者同士で納得することで解決しなくても良い場合もあるのです。

いわゆるグレーゾーンという領域のことで、考える力の高い人は、最適解を求める場合があるのです。

考える力がない人にとっては、最適な状況が把握できないので、問題解決に時間がかかるのです。

だから、考える力は大切なスキルなのです。

人間関係でも仕事でも必要なもの

現在の社会では、多様な生き方や考え方を持つ人も増えています。

一つの考え方だけでは意見がまとまらないことも多いのです。

それぞれの人が自己主張を始めると、収集がつかなくなるのです。

昼間に放映されるTV番組で、何かの事件や出来事についてのテーマで討論する時に、いろんなコメンテーターが登場します。

それぞれが自分の意見を述べているのを見ていると、いろんな考え方があるものだと感心してしまいます。

自分の人生経験から判断して意見を言ったり、最近に関係者にインタビューした内容をもとに話したりする人もいます。

どの意見ももっともらしく間違いはないように思われます。

どの意見も事実に基づいて話しているからです。

しかし、あるテーマに対する見方は異なっているのです。

これから起こるであろう予想も違ってくるのです。

TVを見ている人にとっては、どちらの意見が正しいのか分からなくなってきます。

そんな時には、司会者がそれぞれのコメンテーターの意見をもとにいろいろな方向から多角的に考えて、今後はこういうことになるのではと話を締めるのです。

すると、TVを見ていた人もなるほどと納得してしまうのです。

考える力とは、どれだけ知識をいっぱい持っているかという量ではなくて、それらをもとに目の前の問題をどのように解決していくかという能力なのです。

その問題を引き起こした原因を、多角的な視点で見て、固定概念を捨てて頭を柔軟にすることで解決策を探し出すことなのです。

童話に出て来る「一休さん」のようなトンチができるようなものでしょう。

考える力には、臨機応変に考えることができる能力も重要です。

️たまにいる考える力がない人


考える力がない人もいます。

みんなの中で一緒に過ごしていたり仕事をしているのですが、時々置いて行かれることがあります。

例えば、仕事仲間の全員が来週の月曜日に報告書を出す予定になっていたのです。

それが急に一週間早く出すことに変更になり、回覧とか掲示板で告知されます。

しかし、考える力がない人は理解できないで、提出が遅れてしまうのです。

掲示板とか回覧を見過ごすこともあるのですが、仲間が慌てて報告書を作成している様子も見ているはずなのです。

そんな様子を見た時に、「あれッ?」と不思議に思わなかったり、ちょっと仲間に聞いて情報確認するということもやらないのです。

そこまで考える力がないということです。

問題を素早く解決して、仕事もドンドン進めていける人は、単に頭が良いとか知識や経験が豊富だというだけでなく、普段からよく考えているからです。

つまり、起こりそうな問題については、その予兆を知るためにいろいろと既に手を打っているのです。