考える力がないと、なかなか物事が進まなかったり、損をすることもあるようです。

考える力がない人は、物事を覚えることが苦手で、やり方を教えてもらっても上手くできないのです。

「あいつは要領が悪い奴だ」とか「もの覚えが悪いよ」と怒られてしまうのです。

また、考える力がない人は、与えられた仕事を処理するスピードも遅く、何かトラブルが起こるとたちまち途方に暮れて手が止まってしまうのです。

簡単な問題も、解決する能力も低いのです。

考える力がないと、いろんな情報を集めて比較判断することも苦手です。

何か高額な品物を購入する時とか、飛行機や特急列車で旅行に出かける時にも、情報収集が苦手だと有利に商品を購入したリ交通費を安くあげることなども上手く出来ません。

考える力がないと、損をすることがあるようです。

️考える力は大切なスキル

考える力はとても大切なスキルで、考える力が高い人は問題解決能力も高いと思われます。

考える力とは、問題が発生してもいろんな角度や知識から物事を判断することができる力でもあるのです。

単にいろいろと知っているということだけでは、物事は解決しないし進まないからです。

目の前の出来事の意味を判断して、次にどうすれば前に進むかを見つけることができる力を持っているのです。

高い山に登る道がいくつもあるように、問題を解決する方法は一つだけではないのです。

物事を理論的に考えるのが好きな人は、問題の答えはただひとつと思い込んでしまいますが、社会に出るといろんな解決策があることを知ります。

場合によっては、正確な答えを出す事よりも、途中の過程が重要であり、当事者同士で納得することで解決しなくても良い場合もあるのです。

いわゆるグレーゾーンという領域のことで、考える力の高い人は、最適解を求める場合があるのです。

考える力がない人にとっては、最適な状況が把握できないので、問題解決に時間がかかるのです。

だから、考える力は大切なスキルなのです。

人間関係でも仕事でも必要なもの

現在の社会では、多様な生き方や考え方を持つ人も増えています。

一つの考え方だけでは意見がまとまらないことも多いのです。

それぞれの人が自己主張を始めると、収集がつかなくなるのです。

昼間に放映されるTV番組で、何かの事件や出来事についてのテーマで討論する時に、いろんなコメンテーターが登場しますが、それぞれが自分の意見を述べているのを見ていると、いろんな考え方があるものだと感心してしまいます。

自分の人生経験から判断して意見を言ったり、最近に関係者にインタビューした内容をもとに話したりする人もいます。

どの意見ももっともらしく間違いはないように思われます。

どの意見も事実に基づいて話しているからです。

しかし、あるテーマに対する見方は異なっているのです。

これから起こるであろう予想も違ってくるのです。

TVを見ている人にとっては、どちらの意見が正しいのか分からなくなってきます。

そんな時には、司会者がそれぞれのコメンテーターの意見をもとにいろいろな方向から多角的に考えて、今後はこういうことになるのではと話を締めるのです。

すると、TVを見ていた人もなるほどと納得してしまうのです。

考える力とは、どれだけ知識をいっぱい持っているかという量ではなくて、それらをもとに目の前の問題をどのように解決していくかという能力なのです。

その問題を引き起こした原因を、多角的な視点で見て、固定概念を捨てて頭を柔軟にすることで解決策を探し出すことなのです。

童話に出て来る「一休さん」のようなトンチができるようなものでしょう。

考える力には、臨機応変に考えることができる能力も重要です。

️たまにいる考える力がない人


考える力がない人もいます。

みんなの中で一緒に過ごしていたり仕事をしているのですが、時々置いて行かれることがあります。

例えば、仕事仲間の全員が来週の月曜日に報告書を出す予定になっていたのですが、急に一週間早く出すことに変更になり、回覧とか掲示板で告知されます。

しかし、考える力がない人は理解できないで、提出が遅れてしまうのです。

掲示板とか回覧を見過ごすこともあるのですが、仲間が慌てて報告書を作成している様子も見ているはずなのです。

そんな様子を見た時に、「あれッ?」と不思議に思わなかったり、ちょっと仲間に聞いて情報確認するということもやらないのです。

そこまで考える力がないということです。

問題を素早く解決して、仕事もドンドン進めていける人は、単に頭が良いとか知識や経験が豊富だというだけでなく、普段からよく考えているからです。

つまり、起こりそうな問題については、その予兆を知るためにいろいろと既に手を打っているのです。

問題の予兆が分かる立場の人に、その時にはいち早く自分に連絡してくれるように、上手く話しをつけているのです。

だから、問題が発覚しそうになった時に、いち早く善後策を打つことができるのです。

問題の発生を抑えたり、既に対策を講じているのです。

だから、仕事が早く進むのです。

要するに、先の先まで考える力と行動力を持っているためです。

考える力がない人は、先まで読むことができなくて、行き当たりばったりで対応してしまうからです。

後手後手に回ってしまうのです。

周りの人からは、「もっと早く準備しておけよ!」と冷たい視線を浴びることにもなるのです。

考える力がない人は損をしている

商売人にとっては、考える力がなくては上手く商売ができません。

生鮮食料品のスーパーでは、寒くなってくると鍋料理の材料が売れ始めます。

寒くなって家庭で鍋料理を囲む時期は、具体的にいつ頃からなのかを、長期の天気予報と自分の勘で判断するのです。

その時期に合わせて、店頭にその材料を豊富に並べることができるように考えるのです。

農家と卸の動向や仕入価格の推移も普段から観察して、損をしないように考えながら判断するのです。

お客さんの需要が増えるころに慌てて発注しても、仕入価格が上がってしまったり品薄になっていたりして、思うような利益が得られないのです。

もしもみんなが欲しがっている品物が無くなると、他店にお客様が流れるので困ります。

そこで、仕方なく仕入価格が高くなった商品を仕入れて、他店と同じような安い価格で売ると、逆ザヤになってしまいたちまち赤字に転落するのです。

これは一例ですが、商売では良い品物をいかに安く仕入れて高く売るかということです。

これは基本のことですが、これを行うにはしっかりとした考える力が必要なのです。

主婦の立場で、ものを買う時にも同じことが言えるのです。

品質の良い品物を、いかに安く買うかが主婦の腕前です。

そこには、欲しいものをいつ買えば最適なのかを考える力が必要です。

主婦も企業の仕入担当も、買いたいものをどの時期にどこからどのように買えば良いのかを考える力が損得を分けるのです。

ボーっとして何も考えずに、目の前のものしか買わない人は、長い目で見れば大きな損をしていることになるのです。

️考える力がない人の14個の特徴

できるだけ考える力を伸ばしたいと思っているのですが、逆に考える力がない人はどのような特徴があるのでしょうか。

考える力がない人の特徴1:なんでも人に聞く

新しく入社した社員が、仕事のこと以外でも何でも聞いてくる時があります。

新入社員だから仕方がないと思って、いろいろと教えてあげるのです。

しかし、その新人はいつになっても、何でも人に聞く性格だと分かってきました。

自分で考えるという思考力が無いのか、人に頼ることが習慣になっているのかは分かりませんが、自分で考えない人が増えてきたようです。

一週間も過ごしていたら、もう分かっているはずだと思うようなことも、堂々と聞いてくるのです。

普通なら、同じようなことを、何回も聞くこと自体が恥ずかしく感じるものです。

みんなからは「鈍くさい奴だ」と言われているのですが、考える力がない人は平気なのです。

そして、特徴的なことは指示したことしかできないということです。

「取引先からの資料が届いているから見てきてくれ」と、自分達の部署の郵便受けを見に行かせても、指示した取引先の郵便だけを持ってくるのです。

そこで、「他にも郵便物は届いていなかったか?」と別の人間が尋ねたら、「気が付きませんでした」との回答です。

他にも郵便物が入っていたら、当然一緒に持ってくるだろうと思うのですが、考える力がない人は指示がなければ行動しないのです。

何でも人に聞くか指示がないと行動しない特徴があります。

考える力がない人の特徴2:先を見て行動できない

考える力がない人の特徴に、先を見ることができないという特徴があります。

何かに対して行動する時は、目の前に起こっている出来事を見てから考えて行動するのです。

前もって対応を考えておくという余裕はありません。

急かされるようにして行動を起こす場合が多いのです。

簡単なことはすぐに対応できますが、少し複雑なことや事前の準備が必要なことは後手に回ってしまうのです。

後手に回れば、上手く行くはずがありません。

無駄なことを実行してしまったり、ミスや失敗が増えて生きます。

すると、それに呼応するように、難しい問題に展開することが多くなるのです。

先を見ることができないということは、計画的に行動できないということでもあります。

例えば、あと1週間待てば新型のスマホが入荷できるという声にも関わらず、割引になっていると言って旧型のスマホを安く購入して喜んでいた人が、やはり新型の方が機能が良いとボヤくことになりました。

もう少し先を見て辛抱しておけば良かったのにと仲間から笑われることになったのです。

目先のことにこだわって、先を見て我慢できなかったことは、考える力がない人の特徴です。

考える力がない人の特徴3:うっかりミスが多い


考える力がない人は、頭の中を整理することが苦手なようです。

自分の部屋が散らかっていても平気な人は、整理することができない性格でもあるのです。

何かを探そうとすると、整頓ができていないので、どこにあるのか分からずに探し出すのに時間がかかってしまいます。

余計なものも、捨てきれずに置いておくので、どんどん溜まっていきます。

捨てるという勇気がないので、いつまでもそのままなのです。

こういう現象は頭の中でも同じことで、余計な出来事や大事な出来事も一緒に記憶しているのです。

余計なことまで、記憶させておくためです。

記憶する時に選択して記憶しておくという考える力がないので、目の前の出来事も全て記憶させてしまいます。

最初から、必要性の低い出来事は捨てればよいのですが、その選択を考えることができないのです。

すると、余計な記憶に振り回されたり、大事なことを忘れてしまったりと、チグハグな認識になってしまうのです。

そして、大事な時に重大な記憶が飛んでしまい、うっかりミスを引き起こすのです。

うっかりだけでなく、まったく異なる答えを用意してしまって、問題がさらに複雑になってしまうという結末になるのです。

考える力がない人というのは、まったく別のことを考えていたり、そのことに集中できなかったりで、うっかりミスを起こすことが多いのです。

考える力がない人の特徴4:計算が苦手

考える力がない人は、計算が苦手で暗算もうまくできないのです。

認知症と言うまでもないのですが、簡単な足し算や引き算も、つい計算機を使ってしまうのです。

計算機がなければ、近くの紙に書いて計算するのです。

複雑な計算では、計算機で何回も繰り返して答えを出すのです。

計算機がおかしいのではと疑ったりもします。

計算が苦手な主婦は、オレンジやリンゴなどで、バラ売りと袋売りのどちらが安いかと比較する時には、必ず計算機を使って1個当たりの単価を計算してから判断します。

計算する時間がない時には、「特別割引」とか「格安商品」という張り紙を見て決めるそうです。

ともかく、計算が苦手なのです。

考える力がない人の特徴5:損得感情が薄い

考える力がある人は、会社では成果を上げて認めてもらい、出世することを熱望しています。

また、考える力をフルに働かせて起業し、自分で会社を起ち上げる人もいます。

会社勤めでは、社長や上司の信頼を得ようと常に考えています。

個人で会社を経営すると、信頼してくれる得意先をたくさん見つけたいと考えます。

考える力があると、仕事を成功させてお金儲けをしたいと思います。

すると、どの人と仲良くして行けばよいか、どの人の意見が正しいのかなど、自分に取って有益な人間関係を模索します。

つまり、そこには損得感情が働くのです。

もっと仕事を広げたい、新しいことにチャレンジしたいと前向きに考えるのです。

この時に、考える力が役に立つのです。

しかし、考える力がない人は、自分の成長にはあまりこだわりません。

自分に欠けているものを補って、もっと成長しようとかもっと有益なことをしようという欲がないのです。

成り行きに任せて、流されるままに動いていくのも平気なのです。

損得勘定は薄くて、損をすることにも抵抗も無くなるのです。

周りの抜け目のない人に、良いところを盗まれてしまうのです。

それにも気が付かないのが考える力がない人なのです。

考える力がない人の特徴6:非効率的に動く

考える力がない人は、自分を客観的に見つめることもできないのです。

自分は今どのような状態で、どのような位置にいるのかが分かっていないのです。

今までに経験したことがあると、それに基づいて考えますが、一度も経験したことがなければ、お手上げになるのです。

周りの誰かに尋ねてからしか、行動に移らないのです。

だから、時間がかかってしまい効率もスピードも遅くなるのです。

迷路に迷い込んだ子供のように、思考錯誤を繰り返しながらしか前進できない性格なのです。

同じような失敗を繰り返して、学習意欲もないのです。

それでも平気なところが、考える力がない人の特徴でもあります。

思い切って新しいことにチャレンジしたり、新しいアイデアを考えることをしない理由は、単に失敗することを怖がっているためです。

何事にも神経質で怖がりなので、いつもと違うことができないのです。

だから、分かっていることだけを信じて動くので、どうしても効率的な方法や行動が取れないのです。

考える力がない人は、非効率的にしか動けないのです。

考える力がない人の特徴7:人の気持ちを考えられない

考える力がない人は、先を読むことが苦手と言いました。

今やっている仕事は、このまま進んで行くと周りの状況が変わるので、こんな問題が起こりそうだとか、良い結果が得られないなどの見通しを立てることができないのです。

ちょっと考えれば分かることなのですが、そんな事を考える経験がないようなのです。

考えるまでに、何らかの行動に移ってしまう習慣ができているようです。

その行動に移る理由とは、いつもこうしているからというだけのことで、確たる理由もありません。

当然、改めて考えることもしないのです。

このように、周りの空気を読めないということは、人の気持ちを考えることもできないということです。

考える力がない人の特徴8:思いつきで動く

考える力がない人の特徴としては、思いつきで動くことが多いことです。

感性が豊かで勘が鋭い人も、同じように思いつきで行動する場合があります。

仕事でも分岐点に差しかかって、どちらに進んだら良いかを判断する時に、とっさにこっちに行こうと決断する人がいます。

勘が鋭い人に多い傾向です。

ただし、このような勘が働く人と言うのは、普段からいろんな情報を集めたり、こんな問題が発生したらどのようにすべきかというシュミレーションができているのです。

まったく初めて経験するような状況ではなく、ある程度の予測に基づいて行動するので、決断が速いのです。

考える力がない人が、確たる自信も経験も無いのに、思いつきで行動するのとは根本的に違うのです。

単なる思いつきで動いても、時には成功することもあります。

これを良いことに、同じように思いつきだけで判断していると、いずれとんでもない大失敗をしでかすことに繋がるのです。

考える力がない人の特徴9:人に流されやすい

考える力がない人は、自分の意見に自信がないので、議論をしても論破されます。

普段から、理論立てて考えることをしていないからです。

論破されることを怖がっているのです。

自分一人で思いつきで動いた結果に合わせて、次の行動を考える習慣がついているのです。

だから、周りの人に「こういう訳だから、今回はこのようにしよう」と提案されると、反対する理由が浮かばないのです。

自分の意見を口出しにくい状況になってしまうのです。

考える力がない人は、堂々と意見を言う自信も信念もなくて、人に流されやすい特徴があるのです。

それは、他人の意見に基づいて行動することで、失敗の責任を取らなくても良いという安心感もあるからです。

自分自身の意思がなく、主体性がない人間だと思われているのです。

考える力がない人の特徴10:保守的な考え方

考える力がない人の嫌いなことは、失敗をして周りの人に嘲笑されたり馬鹿にされることです。

以外にも、辱めを受けることに抵抗を持っているのです。

自分だけならじっと我慢していれば良いのですが、仲間と共同で活動するとそうはいきません。

だから、失敗しそうなことは極力避けて、人との関りを持たないようにしているのです。

だから、新しいこととか革新的なことには消極的で、保守的な考え方に徹しているのです。

前回はこのようにしたとか、いつもこうしているとか、これまでの実績に基づいて考えるのが通常の考え方なのです。

その意味では、考える力がない人の行動と言うのは、ある程度は予測できるのです。

考える力がない人の特徴11:視野が狭い

考える力がない人は、あまり積極的に活動しないので、行動範囲も狭いのです。

社交的でないので他人との交流には消極的です。

初めての人とは、話題にも事欠き話すことも少ないのです。

このように、消極的な生き方で暮らしてきたために、視野は狭くなっています。

TVやスマホから覗く世界だけで、実際の世の中を自由に飛び回って肌で感じることは少ないので、最新情報や細かい変化にもついて行けていないのです。

必然的に、だんだんと視野も狭くなって行きます。

その狭い世界だけで充分と納得もしているようなのです。

考える力がない人の特徴12:思い込みが激しい

考える力がない人は、自分が実際に体験したことを中心に物事を判断します。

周りに人の意見というものは、あくまでも参考にするだけで、それを取り入れようという考えは持たないのです。

これまでに、他人の意見に従ってうかつに行動して、とんでもないことになってしまって、大きな痛手を被った苦い経験があるのです。

考える力がない人は、失敗することが大嫌いな人間なので、今までの失敗経験がトラウマとなって、安全策しか取らなくなっているのです。

過去に失敗したことがないことだけを、再び実行するのです。

知らないことは不安で、安心してできることのみを大事にするというように、何事にも思い込みが激しいのが特徴です。

考える力がない人の特徴13:理解力がない

もともと考える力がないので、難しいことは避けているのです。

初めから考えようと努力することができない性格なのです。

結果がどうなろうとも、思いつきで行動してしまうようです。

上手く行くかどうかは、五分五分という考えです。

ある意味では、運命を天に任すというような賭けの世界と同じなのです。

何かの出来事について、詳しい専門家からいろいろと話しを聞いても、ごく一部しか理解できないレベルなのです。

時には、常識的なことまでも抜けていることもあります。

でも、本人もそのことすら理解できていないようで、失敗することの方が恥ずかしいと感じているようです。

考える力がない人は、物事の本質や原理を理解しようという意欲に欠けているようです。

考える力がない人の特徴14:応用がきかない

考える力がない人の行動は、すごく単純なのです。

同じ行動を繰り返すことにも、なんの抵抗も感じないのです。

同じことを繰り返していることを、恥ずかしいとは感じないのです。

だから、同じ失敗を何度も繰り返しても、恥ずかしいとは思わないのです。

「あれっ、またやってしまった」程度の反省しかできないのです。

一緒にやっている人からすると、なんで同じ失敗を繰り返して、勉強しないんだと非難します。

こんな時にはこうするんだと手本を示したリ、対応策を教えてあげるのですが、まったくそれを応用することができないのです。

これまで教わった方法しかできないし、新しいことはすぐにやろうとしないのです。

ちょっと別の方法を試してみようという前向きの気持ちになれなくて、間違っても同じことを繰り返してしまう特徴があるのです。

考える力がない人が損している8個のこと

実は、考える力がないと、損をしていることが随分あるのです。

その逆で、考える力がある人ほど、得をしているという現実があるのです、では、考える力がない人は、どのようなところで損をしているか考えてみました。

考える力がない人が損していること1:仕事で評価されない

考える力がないと思われることは、頼りにならない人だと思われることと同じです。

会社で「あいつは考える力がない」と思われてしまうと、仕事の上で大事なことを任されることも無くなってきます。

考える力がないということは、知識がないとか理解力に欠けるという能力不足のレッテルを貼られているのです。

だから、重要な仕事を任されることもなく、依頼さえ来なくなっていきます。

うっかりミスや知識不足で、失敗してしまわないか不安だからです。

それに、考える力がない人は、貪欲に知識を吸収しようという努力も見られないし、固定疑念に捕らわれていて、新しいことへのチャレンジ精神も不足しているのです。

このようなネガティブなイメージがあるために、仕事では評価されないことが多いのです。

考える力がない人が損していること2:時間のロスが多い

考える力がない人は、上司から指示された以外のことを行うことはありません。

言われたことを忠実に実行することが本来の使命だと思っているのです。

指示されたこと以外でも、当然そんなこともついでに行うだろうとみんなが考えるようなことでも、決して行動しないのです。

「ついでにあれもやってくれれば助かるのに」というようなことも多いのです。

誰が考えても、ついでにやっておくべきことでも、指示がなかったらできないという、歯がゆいところもあるのです。

ついでにやってくれていたら今頃は終わっていて、みんなも喜んだのにという愚痴も出るのです。

イチイチ指示を出さなければ動かないことと、同じ失敗を繰り返すことで、時間のロスも多くなるのです。

効率的な動きや考え方ができないのです。

つい「子供の使いじゃあるまいし・・・」と皮肉を言う羽目にもなるのです。

考える力がない人が損していること3:コミュニケーションが薄くなる

考える力がないと、社交性がなくなり会話の時間も減ってきます。

余計なことを喋ると、間違いを指摘されたり、誤解を受けやすいと感じてしまうからです。

「口は災いの元」と信じていて、不用意な発言はしないように心掛けているのです。

会議で「忌憚のない意見を言ってくれ」と上司から要望されても、口を閉ざしたままです。

このような性格では、コミュニケーションが薄くなって、組織が活性化されません。

しかし、考える力がない人にとっては、口は災いの元なのです。

もっと前向きにコミュニケーションに加わって欲しいのです。

考える力がない人が損していること4:人から呆れられる

自分の方から積極的に他人と交流しないので、みんなが自分のことをどのように思っているのかが分からないのです。

自分を認めてくれているのか、のけ者にされているのか理解できないのです。

同じ失敗を繰り返しても、それを積極的に直そうとしていないので、その程度の人間だと思われているのです。

もう少し勉強すればよいのにという、温かい気持ちで接してくれているうちは、まだ仲間意識がありますが、完全に突き放されてしまうと修正ができません。

仲間意識が無くなるということは、周りの人から呆れられているのです。

この状態では、何もアドバイスはしてくれません。

呆れられて放置されるのです。

考える力がない人が損していること5:成長できない

周りの人から捨てられてしまうと、会話も助言も極端に少なくなって、孤立してしまうのです。

こうなってしまうと、成長できなくなってしまうのです。

孤立しないように、注意が必要です。

考える力がない人が損していること6:無駄にお金を出す

考える力がない人は、周りから浮いた存在になってしまい孤立することもあります。

いろんな情報が入って来なくなります。

情報の中には、得をするものや損をするものなど、役に立つ情報も多いのです。

だから、コミュニケーションが無くなると、自分にとって不利な情報や危険な情報も耳に入って来ません。

余計なことに巻き込まれたり騙されたりすることにもなりかねません。

もしかすると、内容が理解できないうちに無駄なことに力を入れたり投資したりするような、安易な行動を起こす可能性があるのです。

時間も労力も、そして大事なお金も無駄にしてしまうことがあるのが考える力がない人の特徴です。

考える力がない人が損していること7:人から搾取される

考える力がない人は、うっかりしていてせっかくの功績も成果も横取りされてしまうこともあるのです。

じっくりと自分の頭で考えることが苦手なので、簡単に他人の言うことを信じてしまうのです。

また、良くても悪くても、指示されたことをそのまま実行してしまうことから、後で後悔することも多いのです。

気がつくと、大事なものまで搾取されていることがわかり、他人が信じられなくなってしまうのです。

考える力がない人は、ある意味では馬鹿正直なところがあって、甘い言葉に騙されたり搾取されやすい性格なのです。

考える力がない人が損していること8:経験から学べない

考える力がないと、言われたことをそのまま鵜呑みして、言われた通りに行動するのが好きなのです。

考えなくてすむからです。

結果はともかく、余計なことにまで頭を使うのが嫌なのです。

だから、自分に不利なことや損することがあっても、過去の経験から学ぶことはしないのです。

同じ失敗を繰り返してしまうのです。

別の言い方では、進歩がないのです。

️考える力がないと人生が損

考える力がないと、他人から言われるままに行動するしかなくなってしまいます。

自分の意思が無くなってしまい、自分の存在も薄くなっていくのです。

他人に上手く利用されたり、踏み台にされて埋もれてしまうことになります。

そこまで落ちてしまっているというのに、まだ気がつかない時もあります。

自分なりの人生を生きていくというよりも、他人のために尽くしていると見られているのです。

それに早く気づいて、自分で考える力を身に付けて、自分の人生を切り開いて行くべきです。

間違ったことを進めていくこともありますが、信頼できる人のアドバイスを受けて自分の考えを持ち、自分なりに行動することです。

あなたの人生ですから、他人に尽くすだけとか他人に上手く利用されると人生が損なのです。

【思考を鍛えるための方法、こちらの記事もチェック!】