近年、「男性恐怖症」に陥る女性が増えています。

「男性恐怖症」という言葉はよく耳にはするけれど、実際どのようなものか知らないという方は多いのではないでしょうか?

最近ニュースで物騒な事件や道徳に反した出来事などが連日報道されていますよね。

連続殺人事件やパワハラによる自殺、人間関係のトラブルや突然の経営破綻など、、そんな人々が悩む世の中で、鬱などの神経症にかかってしまう人は少なくありません。

ストレスが限界に達してしまい、心が病にかかってしまうのです。

男性恐怖症も、酷い出来事から些細なことまで色々な理由で発症してしまう神経症です。

そして、心の病気は一度かかると簡単には治すことができないのも現実です。

しかし、神経症の中でも恐怖症は比較的克服がしやすいものが多いのも事実です。

今日取り上げるのは、恐怖症の中でも近年増加傾向にある「男性恐怖症」です。

男性恐怖症」とは何か、原因は何なのか、そして対処法はどういったものがあるのかなど、この記事で詳しくご紹介致します。

男性恐怖症になってしまったあなたへ!

男性恐怖症は、近年増加傾向にあります。

ほとんどの場合女性に発症しますが、稀に男性が男性恐怖症に陥る場合もあります。

男性恐怖症と診断された女性は、驚くと共に、自分の症状は立派な病気なのだと分かり、安心する気持ちもあるかと思います。

しかし、安心するのも束の間、男性恐怖症というコンプレックスを抱えたがために、その後の求めていた人生を諦めてしまう女性も多くいます。

誰にでもなる可能性のある「男性恐怖症」。

その真意と原因を探っていきましょう。

男性恐怖症とは?

まずは、男性恐怖症とは何か?を理解していきましょう。

周りの彼女や女友達に男性恐怖症の人がいるのであれば、しっかりとその症状を知って支えてあげる事が大切です。

対人恐怖症の一種

「男性恐怖症」とは、恐怖症の一種です。

高所恐怖症、先端恐怖症、対人恐怖症など様々な恐怖症が有名ですが、男性恐怖症とはこの「対人恐怖症」の一種となります。

対人恐怖症とは、自分が他人からどう思われているかを過剰に意識してしまい、結果的に対人関係を避けてしまう神経症のことを指します。

極度の不安や緊張に駆られ、発症した本人はとても辛い状態に陥ります。

男性恐怖症とは、この対人恐怖症が男性に限って起こるのです。

そして、人によって程度は様々でありそれぞれ適した対処法も変わってきます。

まずは、どのような程度があるのか見てみましょう。

触られるのが恐怖


触られることに恐怖感を覚える場合。

男性と同じ空間にいたり話したりすることは可能でも、触れられると途端に症状を発症してしまうのです。

触れられるという表現ですと、男性に下心がある中で故意的にボディタッチをされるという情景を思い浮かべるかもしれません。

俗にいう痴漢、セクハラです。

これらは男性恐怖症の方だけでなく全ての女性が嫌悪感を抱くもので、トラウマになる人も多いでしょう。

しかし、上記のことを除けば、社会に出て男性に触れられるということは彼氏や結婚相手以外はそれほど多くはないでしょう。

そんな中でも、無差別に男性と触れ合ってしまう場面もあります。

満員電車なんかはその代表的な例ではないでしょうか。

このような環境は、一歩外に出れば意識的に避けられない状況も多いのでとても苦労されるかもしれません。

また、恋人がいる中で男性恐怖症を自覚してしまう時もあります。

このような場合は、相手の男性の理解と支えが必要になってきます。

もし、男性恐怖症を軽くみて男性が触れようとすれば、余計症状は悪化しより男性と関わらないようになってしまいます。

そして、会社の飲み会などでは、どうしても酔った上司や同僚が近くに来ることがあるでしょう。

それでも、仕事だし面と向かって言えない、、という方は多いと思います。

しかし、女性は何も悪くありません。

しっかりやめてください先に言っておくか、出来るだけ飲み会は早く切り上げるか不参加にするようにして、自分を守りましょう。

近くにいるだけで恐怖

近くにいるだけで恐怖を感じる方もいるようです。

このような重い症状は、本人も非常に辛い思いをしているかと思います。

対人恐怖症とまではいかないにしても、男性とは一歩外に出ればどこにでもいる存在です。

仮に男女比が半々だとしても、接する半分は男性だということです。

このような方は、女性だけの職場や男性の少ない職場、又はあまり人と関わらないで済む仕事などをオススメします。

克服できる方もいらっしゃいますが、無理は禁物です。

症状を重くしないためにも、まずは自分が楽な環境から始めてゆっくりと克服していきましょう。

話すことが恐怖

話すことが恐怖だという方もいます。

男性と話すということは、家族や恋人なら必要なことです。

しかし、話すこと自体は意外と避けて通れることも多いのです。

この3パターンの中では一番気をつけやすい症状だと言えます。

例えば、外を普通に歩いていてもナンパ以外は知らない人から話しかけられることはそうそうありません。

また、職場でも女性だけの職場や部署、事務作業や製造などは男性と話すこともほとんどないのです。

話すことで恐怖を覚える方が一番気をつけるべきは、恋人や親しい友人の集まり、家族など比較的近い存在の人間です。

しかし、信頼を置ける人には男性恐怖症だと言うことを先に伝えてもきっと相手は理解してくれるはずです。

自分の気持ちをしっかり伝えて、サポートしてもらえるようにしましょう。

男性恐怖症になるとどんな症状が出るの?


男性恐怖症にも様々なパターンがあるようですね。

では、男性恐怖症の症状とは実際どのようなものか。

こちらも先程同様いくつかのパターンに分かれています。

もしかすると、男性恐怖症と自覚していなかった方もこれを見て「自分は男性恐怖症なんだ」と気づくかもしれません。

心当たりのある方は、焦らず対処法までじっくり読んでくださいね。

赤面する

男性が近くにいたり話しかけられたりすると赤面してしまう症状。

これは多くの人に見られます。

しかし、男性恐怖症の症状としては意外の方も多いかもしれません。

この症状だけが出るという方は、自分が男性恐怖症だとは思わずに、ただ緊張しているだけだと思うはずです。

ですが、これはれっきとした男性恐怖症の症状です。

どちらにしろ、本人は良い気分ではありませんよね。

好きでもないのに男性が近づくだけで顔が赤くなってしまう。

まるで自分が相手を意識しているようで、必死に元に戻そうとします。

しかし、そうすれば余計赤くなってしまい悪循環に陥りますよね。

相手ももしかすると勘違いしてしまうかもしれません。

これはすぐに治せるものでもありませんので、自分のこの赤面は仕方ないんだと割り切って意識しないようにしてみてください。

体が震える

次に、身体が震えてしまうという症状もあります。

男性と同じ空間にいる、話す、触れられるといったことに恐怖感を感じ無意識に身体が震えてしまうのです。

人間の震えとは、何か体内の病気でない限りは、極度に緊張したときなどに起こります。

この男性恐怖症の場合も同様で、自身の脳が、男性に対して極度に緊張してしまい、震えを引き起こしていると考えられます。

この場合、身体が震えると相手も気づくことがあります。

周りに信頼できる女性がいれば、事情を話して落ち着くまで違う場所で一緒居てもらうのが一番です。

体の震えは自分では止めることができません。

収まるまで心を休ませてあげましょう。

動悸がする

そして、震えとは別に、緊張とともに動悸が伴う場合があります。

動悸とは、他人からはあまり分かりづらい症状ですが、本人は自分の心臓の脈拍が異常に大きく感じ、息苦しさを感じてしまいます。

また、動悸が起こるのは男性が近くにいたり、触れられたりした時だけではありません。

これから男性がいる場に行くという時や、誰か男性に会う予定があるときも、自分の近くに男性がいることを想像するだけで動悸が激しくなってくるのです。

このような場合は、そのまま会うと意外と大丈夫な時もありますが、ストレスを感じてしまわないよう会うのはできるだけ控えるようにしましょう。

パニック発作が出る

そして、最終段階であるパニック発作。

これは、経験した本人は非常に辛くまた恐怖感に苛まれたことと思います。

パニック発作とは、何かが原因となって突然動悸と共に息苦しさを感じる状態です。

パニック発作になると、過呼吸を引き起こすことも珍しくなく、今自分は死んでしまうのかと考えてしまうのです。

この場合の原因とは、もちろん男性が近くにいたり同じ空間で接していることにあります。

パニック発作は自分で抑えることができません。

しかし、何度も繰り返しなっているうちに、そこまでの恐怖感はなくなります。

そして、息をゆっくり吐けば大丈夫、目を閉じれば落ち着いてくるなど、自分に合った改善法を見つける方も多いです。

症状自体は止められなくとも、自分で楽になれる方法というのは探してみても良いのではないでしょうか。

タイプはいろいろ

男性恐怖症の症状とは、とても身近なものから恐ろしいものまで様々です。

出来ればかかりたくない症状ですが、かかってしまっては仕方がありません。

良くなる方法の一つとして、自分の症状を良く知ることが挙げられます。

自分はどの程度の症状が出るのかは、先の内容を読んで頂ければと思います。

症状が分かれば、次は発症する相手です。

男性恐怖症と聞けば世の中の男性全員に発症してしまうイメージがありますよね。

しかし、そこも人それぞれです。

自分はどのような男性が恐怖症の対象なのか考えてみましょう。

男性全員に対して恐怖を感じる

まずは、男性全てに恐怖症を発症してしまうパターン。

やはりこのタイプの方は、非常に苦労されることも多くストレスも溜まりやすいかと思います。

男性全てと言えば、そこら中に敵がいるように感じてしまうかもしれません。

職場や交友関係も限られてきますし、日常生活が苦痛になることもあるでしょう。

しかし、今は女性がとても活躍しやすい世の中になりつつあります。

仕事や住居、コミュニティなど女性のみのところも多いです。

代表的な例で言えば、女性専用車両や女性専用アパートなどでしょうか。

このような男女をしっかりと分けた施設等も充実してきているので、悩まれている方は一度そちらも確認してみてください。

ある特定の人にだけ恐怖を感じる

男性恐怖症といっても、ある特定の人だけに恐怖を感じる方もいます。

例えば、仕事で言えば先輩、後輩、上司、同僚など、特定の人々だけに不安を感じるパターンもあるのです。

この場合は、大抵が自身が男性恐怖症になった原因の男性と同じ職業の人、同じ名前の人、顔が似てる人などその男性を彷彿とさせる男性が対象となるようです。

自分では誰に対して恐怖感を抱くから関わってみないとわからないかもしれません。

また、本人が一番、トラウマの男性と他の人は違うということを理解しています。

ですが、どうにもできないのが男性恐怖症です。

相手が特定されているのであれば、無理にその男性たちと関わらずに楽にいれる人間関係を築いていってください。

同じジャンルの男性に恐怖を感じる

特定の男性に限った症状であれば、職業や名前などの区切りではなく、同じような性格を持った男性のみに恐怖を感じる人もいます。

比較的多いのは、オラオラしているような少し強引なタイプの男性や、女性のことを女として見てくるような男性に対して不安感を持つパターンです。

単に好きではないというのと男性恐怖症は違いますが、苦手という意識から男性恐怖症に発展することは多いにあります。

自分がどのような男性に苦手意識を持つのか、またそれでも無理して必死に関わろうとしていないか考えてみてください。

自分を守るためにも、自分の症状をしっかり理解するようにしましょう。

男性恐怖症の5個の理由

男性恐怖症の発症パターンが様々であることは、分かっていただけたかと思います。

では、男性恐怖症になってしまう原因とは一体なんなのでしょうか?
これも、他の恐怖症同様色々な理由があります。

ここでは、代表的な男性恐怖症の原因5つを挙げてみたいと思います。

男性恐怖症の方は、思い当たるものがあるかもしれません。

男性恐怖症の理由1:人見知りな性格

人見知りな性格が、男性恐怖症へ発展してしまう可能性があります。

人見知りをしてしまう人は、新しい環境や初めての人に会うと、極度に緊張してしまったり嫌われないかと不安を感じたりします。

このような性格は、大人になるにつれて徐々に克服する場合が多いです。

なぜかと言うと、小中高と環境の変化を繰り返し体験し、大学になるとアルバイトや仕事で多くの人に関わる機会も増えます。

そして、社会人になれば新規の客など初対面の人とも毎日のように接することとなります。

そのような環境の中で人見知りとは克服されていくものですが、この性格が男性に対してのみ克服できない場合があります。

そのような場合、結果的に男性恐怖症という症状として判断されるのです。

極度に緊張する、不安を感じるなどは、先に述べた男性恐怖症の症状によく似ていますよね。

人見知りを拗らせてしまうと、このような対人恐怖症に陥る場合もあるということです。

できるだけ多くの人と関わっていれば、徐々に人にも慣れ緊張することはなくなっていきます。

ご自身のペースで試してみてください。

男性恐怖症の理由2:劣等感が強い

人見知りの人に割と共通している特徴として、劣等感が強いというのが挙げられます。

劣等感というものは、小さい頃に親から出来が悪いと叱られてきた、いつも人より悪い成績を取っていた、人より容姿が劣っていると思ってきたなど様々な原因から人の心に根付きます。

男性恐怖症の原因となるのは、主に女性が自分自身の外見や中身に対して劣等感を持っているパターンです。

自分は美しくない、愛嬌がないと思っていると、男性と話していても相手は楽しくないんじゃないか、嫌なんじゃないかと考え始めてしまうのです。

やがて、男性が近くにいるだけでも緊張したり不安を感じてしまうようになるようです。

劣等感とは誰しもが持ちうる感情です。

男性恐怖症となった自分自身を責めず、自分の良いところを見つけるようにしてみましょう。

また、周りにいる親しい人が、本人に自信がつくようサポートしてあげることも非常に大切な事です。

できるだけプラスの言葉をかけるようにして、男性恐怖症の克服を一緒に支えてあげましょう。

【劣等感を乗り越える方法は、こちらの記事もチェック!】

男性恐怖症の理由3:男性にいじめられたことがある

男性にいじめられた過去も、男性恐怖症の原因となりうることがあります。

いじめとは、ドラマでよく見るような本当に酷いものから、いじめる側の本人たちは意識のないものまで色々あります。

小学生の頃は男女仲良く一緒に遊んでいても、中学になると途端に意識し合って仲が悪くなる、なんてことはよくあることです。

しかし、若い頃の男子たちは悪いふりをしたり、不良学生のように振る舞うことがかっこいいと思う時期がきます。

そして、そのような振る舞いがエスカレートしてしまうと、いじめに簡単に発展します。

そして、いじめを受けた側はその光景や傷を一生覚えていますので、結果的に恐怖症という形で残ってしまうのです。

男性恐怖症の理由4:過去の恋愛のトラウマ

過去の恋愛のトラウマが男性恐怖症を引き起こす場合もあります。

結婚を目前に別れてしまった、大好きな人に突然振られてしまったなどと言った過去の大きな失恋の経験は、時として一生心に残る傷となります。

失恋自体にそこまでショックを受けていなくとも、突然自分を大切に思っていた人がそうではなくなるというのは、非常に辛いことです。

また、振られるということは、自分はもうその人にとって必要のない人間だと言われているように感じます。

そこから、自分は恋愛できない、愛してもらえない、などあらゆる劣等感が生まれてしまうのです。

劣等感は男性恐怖症の原因となるとご説明しましたが、この場合も同様です。

自分は男性に必要とされないのだと感じて、そのまま男性恐怖症を発症してしまうのです。

男性恐怖症の理由5:男性に浮気や不倫をされたことがある

過去の恋愛のトラウマとしてもう一つ代表的なもの、それは浮気や不倫といった相手からの裏切りです。

最も側で信頼を置いてきた人に裏切られることは、人1人の心を蝕むには十分な要因となります。

浮気とはただの裏切りではなく、自分以外の人に今まで自分に向いていた愛情を向けているということです。

浮気現場を想像するだけで相当な苦痛に苛まれ、もう二度とこんな思いはしたくないと思うでしょう。

その結果、無意識のうちに傷つかないために男性へ近づかないようにしてしまい、恐怖症へと陥ってしまうのです。

男性恐怖症の改善方法

原因がなんであれ、一度男性恐怖症になってしまうとなかなか元に戻ることは難しいです。

自分が怖いものを克服することなんて誰にとっても大変なことだと思います。

すぐに解決する方法はないかもしれませんが、ゆっくりと自分を楽にさせてあげられる方法はいくつかあります。

自分が出来そうなものから挑戦してみてください。

男性恐怖症の改善方法1:草食系男子や物腰柔らかい男性と話す練習をする

男性に対して威圧感や恐怖を感じてしまう男性恐怖症。

周りの男性全てが怖い人間に思えてしまいます。

しかし、世の中にはもちろん無口な男性や柔らかい雰囲気の男性もたくさんいます。

どちらか良い人間かという話でもありません。

ですが、男性恐怖症の人にとっては、いわゆる「男らしくない男性」が救いの一手になることがあります。

最近多い「草食系男子」なんかはその代表例かと思います。

女性に自ら話しかけることはなく、大抵の場合人見知りなので一緒にいてもぐいぐいプライベートに踏み込むようなことはしません。

むしろ、女性から話題を振らなければ話題を出すこともないかもしれません。

このような男性なら、男性恐怖症の女性も少しずつ自分のペースで歩み寄ることができるかもしれません。

もちろん、いきなり2人で話すことは難しいと思いますので、理解ある女性の友達にお願いして、何人かの草食系男子に話しかけたり食事をしたりする練習をしてみましょう。

きっと、克服の皮切りになるとおもいますよ。

男性恐怖症の改善方法2:自分に自信を持つ

劣等感を強く持つ人に自信を持てというのは、なんとも酷な話です。

自信を持ちたくても持てないから劣等感に溢れているんだという声が聞こえてきそうです。

自信といっても、自分の全てに自信満々になる必要はないのです。

自分の一つの側面だけでいいのです。

字が上手い、声が綺麗、頭が良い、趣味がある、なんでも良いのです。

劣等感が強い人の特徴として、周りの人は全員自分より優れていると考える傾向があります。

また、劣等感なんてない人間に見えます。

しかし、ある一部のナルシストを除けば、劣等感のない人なんて1人もいませんし、全てが完璧の人間なんて皆無です。

全ての人が、少しずつ自分に欠点を感じています。

その欠点を他人と比較して、落ち込み卑屈になることだってあります。

男性恐怖症の方だけが、欠点を持っているはずがないのです。

ですので、少しだけの自信を持てるよう、自分自身を見つめなおしてみるのも良いかもしれません。

男性恐怖症の改善方法3:ネット上で男性と会話してみる

男性恐怖症の症状は、どれもその場に男性が実際にいる状態で発症します。

であれば、顔の見えない状態で男性と接することはある程度ハードルが下がります。

インターネット上、最近ならツイッターやフェイスブックなどのSNS上でなら、直接会わずに男性と関わることができます。

SNS上では本当にたくさんの人間が日々見ず知らずの人々とやり取りをしています。

その中に一人自分が混ざっても、誰も気に留めませんし気楽に接することができます。

ただし、近年はSNSで出会った人が殺害されるなど物騒なニュースも増えています。

出会い系サイトは安全なものがほとんどですが、男性恐怖症の方は是非インターネット上だけの交友関係として、あくまでも克服のための手段だと思って使うようにしましょう。

男性恐怖症の改善方法4:カウンセラーに相談する

カウンセリングと聞くと、何か自分は大きな病気にかかっているようで抵抗感がある人も多いでしょう。

確かに、大学や会社などに付属しているカウンセリングルームに通うことは非常に勇気のいる行為です。

知り合いにバレるとなぜカウンセリングを受けているのかなど噂されるのは目に見えています。

男性恐怖症とは非常にデリケートな問題です。

本人も他人に軽々しく言いたくはないかと思います。

しかし、一般の方向けのカウンセリングサービスは受けても良いかもしれません。

街中にあったとしても人目につかないように小さい文字で看板が出ていたり、ビルの一角に入っていたりするので訪問するハードルはかなり下がります。

カウンセリングで治るわけがないと思われるかもしれませんが、自分は治療を受けているという安心感や、不安を全て話せる相手がいるだけで症状が回復することもあります。

一度足を運んでみて、判断してみてはいかがでしょうか。

男性恐怖症の改善方法5:男性恐怖症である旨を伝えてから話をする

最も勇気のいる方法ですが一番克服に繋がりやすいのは、男性恐怖症であることを相手に伝えるという事です。

先にも述べたように、男性恐怖症とは神経症の一つですので本人にとって非常にデリケートな問題です。

自分の心をさらけ出すようなもので、信頼している男性にすら打ち明けられない方も多いのが現状です。

周りはそう思っていなくとも、本人からすると男性恐怖症というだけで腫れ物扱いされるかも、、という不安もあります。

それほど、男性恐怖症だと宣言することは勇気のいることなのです。

相手の男性も気を遣ってくれる

非常にハードルが高いことは承知の上で、なぜ打ち明けることが克服に繋がるのかをご説明致します。

まず間違いなく、ほとんどの男性は男性恐怖症の方に気を使うようになります。

もちろん避けることもあるかと思います。

それはそれで、男性と関わる必要が減るだけですので心配ないでしょう。

何より、男性恐怖症だと言って離れていくような人はこの先関わっていてもあなたを大切にはしてくれないでしょう。

ほとんどの男性は、打ち明けられてから動揺するものの、今まで通りの頻度で気を使いながら接してくれるようになります。

遊びに行く場所を男性が少ないところにしたり、穏やかな男性の友人を紹介してくれたり、他にも色々と手助けしてくれるはずです。

「大丈夫?」という一言だけでも、その場に居やすくなり、心から救われる時もあるはずです。

自分で思うほど他人は簡単に離れていきません。

大切な人には、それだけ大切にしてもらえるよう勇気を出して告白してみるのも手ではないでしょうか。

焦らず時間をかけて話すようにする

そして、男性恐怖症だということを伝えれば、相手も話し方や話題を考えてくれるようになります。

男性恐怖症の方が威圧感を感じないように、ゆったりしたペースで話したり、一言で答えられる質問にしたり様々な方法で気を使ってくれるはずです。

何度も言いますが、男性恐怖症の人を無視して心の傷を抉ってくるような人とはこの先関わっていても何の得もありません。

自分のことを嫌いなんだ、と思わずに、この人は関わらないと決めて自分が幸せにいれる人間関係を構築しましょう。

また、周りの男性からしても、自分が男性恐怖症だと告白してくれることは有難いことです。

無意識のうちに人を傷つけずに済みますし、信頼されているんだと認識できて支えてあげようという気になります。

逆に、何も言わずに避けられていればそれこそ向こうが傷ついてしまう可能性もあります。

ゆっくりと焦らずに、自分のペースで話をできるように頑張ってみましょう。

無理せず少しずつ克服していきましょう

男性恐怖症とは、誰しもがなる可能性のあるものです。

自分は大丈夫だと思っていても、失恋や人間関係、昔の思い出などでふとした瞬間に発症してしまうものなのです。

逆に言えば、男性恐怖症になってしまった方は、自分だけがおかしいのだと思う必要はありません。

男性恐怖症になった原因が自分を苦しめてしまっただけなのです。

適切な環境でゆっくりと前進していけば、完全に克服することも不可能ではありません。

これからの人生、恋愛や結婚を諦めてしまったという方、是非諦めずに周りを頼ってみましょう。

必ず支えてくれる人はいますし、暖かい環境はあるはずです。

明るい未来を目指して、ゆっくりと克服していってください!