「気になる女子をじっと見つめて観察していたいけど、それだと露骨すぎて恥ずかしい!」

そんな男子がついやってしまいがちなのが「チラ見」です。

男子ならばチラ見は日常でついついしてしまう、本能のようなものかもしれませんよね。

だけどその男の本能ともいえるチラ見を、じつは見られている女子が敏感に感じとっていたらどうしますか?

男子からすればさりげなく見ているつもりでも、じつは全然さり気なくないのです!(笑)

女子はその視線にしっかりと気が付いていること…男子のみなさんは知っておいたほうがいいかもしれません。

「チラ見ならばバレない」

そう思っているのはじつは男子だけなのです。

「無意識に見ていたことに気がつかなかった」

本能だから仕方がないと男子は開き直るかもしれません。

しかし、チラ見にはいろいろなパターンがあって、なかには厭らしい視線もあるのが現状ではないでしょうか。

その場合、もし男子が厭らしい目で見ていたことに、女子が気が付いていたら?

日々の生活の中で、男子の怪しい視線に女子は100パーセント気がついているといわれているのです!

ついチラ見しがちな男性は、そのチラ見…じつは女子たちにバレていて、知らない間に不愉快な思いをさせているかもしれませんよ?

今回は、日常で何気なくしてしまう男性のチラ見が、どんなシチュエーションでバレているのか?

そのパターンを徹底暴露していきたいと思います♩

チラ見に気を付けて欲しいシチュエーション

ふとした日常でおこる「チラ見」とは、男性から女性へ、ときに女性から男性へと自然に視線が相手に向かってしまうことです。

しかし、一般的にチラ見するのは男性が圧倒的に多いようで、それも女性の体をチラ見するケースもちらほら見受けられます(笑)

男性の心理でいえば、意図的に見たいがために「ほんの少し」視線をおくることもありますし、無意識に少しだけ見てしまうというケースもあるはず。

ですが、男性がチラ見しているのを本人の女性がもし気が付いていたら?

タイミングによっては女性に嫌悪感を抱かれてしまいますよね。

では一体どんなときに、男性のチラ見がバレているのか?

チラ見がバレて、その女性と険悪な関係にならないためにも、チラ見に気をつけて欲しいシチュエーションをまとめてみました!

屈んだ時に胸元が見えた時

日常生活で、ふとした瞬間に物を落としてしまうというのはよくあることですよね。

その場合、屈んでその落ちたものを拾わなくてはいけません!

女性はとくに男性からのチラ見でターゲットとなりやすいパターンというのが、この屈んだときです。

男性はこの瞬間を逃さずチラ見しています。

胸元が開いたワイシャツや、Tシャツの隙間など…ひょっこりその間から胸元の谷間が見えることを男性はしっかりと知っています。

その瞬間、女性はそばにいる男性のチラ見に気をつけて!

男性は女性が屈んだ瞬間に胸元が見えるというのは常識の範囲(笑)として知っているので、絶対にチラ見しているはずです…。

女性は屈むときは体を横向きにするか、あまり前かがみにならないようにしましょう。

また、チラ見されているのが女性側に非常にバレやすいのもこのケースなので、男性はつい上から胸元へ視線を送るときに女性とバッチリ目が合わないように気をつけましょう。

もしも、胸元を抑えながら屈む女性がいたら、あなたが警戒されている証拠です。

胸が目立つ服を着ている時

女性のファッションの場合、少し小さめの服だったり、胸が目立つ服を着ているだけでその女性の胸の大きさがハッキリと分かります。

そんな服装をしていた場合は…男性は絶対についチラ見してしまうもの。

この場合チラ見というよりも、そんな女性と顔を見て話すだけで自然と体にも視線がいくので、男性は堂々と女性の体を観察することができます。

しかし、あまりに堂々としすぎて気がつけば胸にばかり視線が集中していたりすると、女性はその視線に気が付いてしまいます。

向き合って会話をしながらチラチラ視線をおくっているのって、意外と女性からわかりやすいんですよ。

「気持ち悪い」と思われない程度に、気をつけてくださいね。

ショルダーバックが胸の間に食い込んだ時


学生時代の頃に女子の間で話題になったことがあるケースなのですが、ショルダーバッグを女子が肩から斜めにかけて持っている場合、どうしても自然と胸の間にショルダーバッグが食い込んでしまいます。

そうすると左右の胸がバッグの紐で強調されるので、女子としては少し恥ずかしいんですよね…。

そして、そんな姿を男子がチラ見していることもしばしばあります(笑)

ショルダーバッグを下げたとき、女子は意外と胸が食い込むことを知っているので、それをチラ見するときは本当に男子は気をつけて!

ショルダーバッグの紐をずらされたとき…チラ見がバレた可能性大だと思ってください。

谷間が見えている時

胸の大きな女性は、着ている洋服によっては簡単に谷間が見えてしまいます。

たとえば、職場に着ているワイシャツの隙間だったり、私服ではセーターやTシャツなど何を着ていても、つい胸の谷間が見え隠れします。

さらに女性がテーブルに両手の肘をついた瞬間など、谷間が見える瞬間というのは日常でたくさんありますよね!?

そんな瞬間をつい無意識にチラ見しているのが身近な男性です!

男性は女性の胸の谷間を常に意識していると言っても過言ではないので、ついチラ見した瞬間に見えてしまったらラッキーと思っていますし、見るつもりはなくても見えてしまうこともあるようです。

胸の谷間が見えないように女性が気をつけていても、着ている洋服によっては見えてしまうことがあるので、そんなとき意識的に見ている男性がいるならば、その視線…本人に気がつかれないように要注意です!

下着や体型の話になった時

男性がつい女性の体をチラっと見てしまう瞬間というのは、ズバリ下着や体型の話になった時です。

男性はただの日常会話で女性と下着や体型の話をするだけでドキドキしますし、ついいやらしい気持ちになることも(笑)

そんなとき、女性の体をチラ見している男性からすれば「この会話の流れ的に女性の体に目がいってしまうのは当然だ」くらいに思っている人もいるはずです。

もしも下着や体型の話になったときは、男性はなるべくさり気なく見るように心がけましょう。

会話の話の内容によっては女子がその視線に気が付いた場合、嫌悪感を抱くこと間違いなしです。

ボディラインがはっきりする服を着た時

女性の洋服で男性がドキドキするものといえば、ただ胸が強調されたものや谷間が見える洋服ばかりではありません。

男性は直接肌が見えなくても、女性のボディラインがはっきりと分かるだけの服装も大好きです。

たとえば、女性の服装でタイトなワンピース。

女性がタイトでピタッとしているワンピースを着ている場合は、胸から腰、お尻などの形がはっきりとよくわかります。

ボディライがはっきりしていると、腰のくびれやお尻に男性はつい意識が集中してしまい、絶対にチラ見していることでしょう(笑)

洋服の上からその女性の体のラインを想像しながら、気がつけばチラ見ではなく釘付けになっていた!なんてことのないように気をつけましょう。

短めのスカートで座っている時

ミニスカートは男のロマン?!
女子学生の短い制服のプリーツスカートや、OL女子が着ている短めのタイトスカートなど、そこから伸びる綺麗な足に釘付けになっている男性も多いはず。

とくに短めのスカートで座っている女性を見たときの男性は、「もしかしたらパンツが見えるかも?」と期待に胸を膨らませ、ついチラ見してしまうのは、自然現象と言っても過言ではないでしょう(笑)

しかしそんな男性の視線にミニスカ女子は敏感です!

短めのスカートで座っている女性を発見しても、露骨に足を組み替えるのをじっと見つめて、待っていたりするのはやめましょう。

短いスカートで座っている女性は、その前に男性がいるだけでスカートの中が見えないように非常に警戒しているケースが多いです。

ちらっと一瞬でも見ただけで、「こいつ…今パンツみた」とすぐに気づかれますよ!

窓越しから胸を見る

男性は女性の体の部位のなかでも、自分には持つことのできない膨よかな胸がとにかく大好き。

普段の日常では、露骨に見てしまうと変態だと思われてしまうので、一応遠慮がちに見ている男性が多いようです。

しかし、そんな苦しい我慢も、じつは窓越しならば堂々と見ることができるのです!

「窓越しならばいくら胸を見てもバレない!」そう思ってウキウキで窓際にたち、外の風景を眺めているふりをしている男性は要注意です!

なぜなら、窓越しから男性が見ている視線は、同じように窓越しから女性も感づいているからです。

「バレてない」と思っているのは本人だけなのかも?

すれ違いざまにチラ見する時

男性は格別綺麗な女性や、アイドル並みに可愛い女の子、自分の好みの女性とすれ違ったときはつい反射的にその女性をチラ見してしまうもの。

これは男性だけではなく、女性でも自然と好みの人とすれ違うときはチラ見してしまうケースが多いので仕方がないのかもしれません。

しかし、男性がすれ違いざまにチラ見する瞬間を女子は意外と敏感に反応しているようです。

「今の人、あたしのことチラ見した」と、すれ違った女性を優越感に浸らせてしまうこともありますし、「なにあいつ、今こっちみたキモい!」と煙たがられるケースもあります。

友達とふたりで歩いている女子の場合、すれ違った男性からのチラ見に気がついてしまうと、そのことがあとから話題になっていることもあるようです。

すれ違いざまの一瞬の時でも、男性はそのことを頭に入れておきましょう。

女子にチラ見がバレると意外とけっこう怖いものです。

男性がついついしちゃうチラ見

チラ見してしまうパターンをいくつかご紹介しました。

チラ見といっても、顔を見たり、胸をみたり、腰や、スカートのなかだったり、そのシチュエーションはいくつもあります。

男性がつい、してしまうチラ見に多い傾向としては、やはり女性の体への関心がすごく多いことがわかりますよね。

やはり異性への体の関心は、女性から男性よりも、男性から女性のほうが強い傾向にあるので、男性からされるチラ見のほうが注目されやすいのでしょう。

「女からのチラ見はOKで、男からのチラ見はだめってずるくない!?」という男性の声も聞こえてきそうな感じですが、こればかりは仕方がありません(笑)

チラ見は男の本能


しかし、男性を援護するわけではありませんが、男性がしてしまうチラ見もある程度は仕方がないです。

男性は本能的に女性の体に魅力を感じてドキドキしてしまう生き物なので、もはやチラ見は男の本能とも言えるでしょう。

そんな「本能」だから仕方がないと言われても、男性からいやらしい目でチラ見をされた場合、それに気が付いた女性は不快感しかありませんけどね。

「チラ見するのは仕方がない」と開き直らずに、女性に嫌われたくないならば、やはり男性は視線のおくりかたに気をつけないといけないかもしれません。

チラ見だからバレないは勘違い

女性に厭らしい視線がバレて怒らせないために「上手にチラ見しているから俺の場合はバレてないはず」と男性は自分では思っているかもしれません。

しかしじつはその一瞬のチラ見は、すべて女性にバレていると思ったほうがいいようです。

女性はどんなシチュエーションのときに、自分の体が強調されているのか意外とよく知っています。

男性がチラ見していることに日常的に気が付いていても、直接注意することができないだけで、心のなかでは何を思っているか分かりません(笑)

女性の洞察力は男性が思っているよりも鋭いようです。

100%バレている!

とくに気になる女性や好きな女性が相手の場合は、自分がしてしまった厭らしいチラ見は100%バレていると思ってください。

「ここまでいい感じに仲良くなっていたのに、急に冷たくなった」なんてことがあった場合は要注意です。

もしかしたら男性がさり気なくしていたつもりのチラ見が、じつは女性側にバレていて、「厭らしい!いい人だと思ってたのに、最悪な男ね!」と、思われてしまったなんてことも…あるかもしれませんよ。

常にチラ見はバレるという意識を男性が持つことで、チラ見を最小限に抑えていきたいですね。