普段何気なく使用している「ありがとう」という言葉ですが、皆さんはどのような感じに使用していらっしゃいますか?

おそらくほとんどの人が意識せずに「ありがとうございました」「ありがとうございます」を使用していると思います。

しかし、この二つの「ありがとう」の違いは?と聞かれたら答えられる人は少ないと思います。

過去形と現在形の違いではと思われる方もいらっしゃると思いますが、果たしてそんな簡単な感じの説明で済ませてよろしいのでしょうか?

また、現代では「ありがとう」の本当の意味を知らずに使用されている方が多いと思われます。

そこで今回こちらの「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の使い分けについていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきたいです。

また、「ありがとう」という言葉についての情報もいろいろとまとめましたので、ぜひ、これからの「ありがとう」の場面で活用していただけましたら幸いです。

実は何気ない「ありがとう」という言葉ですが、意外と奥が深いですよ。

知れば知るだけ特をするかもしれない言葉ですので、ぜひ、この機会に「ありがとう」について詳しく知りましょう。

笑顔で「ありがとう」って言えるようになったら最高ですよね。

️「ありがとうございました」の使い方?

普段、皆さんはどのような場面で「ありがとうございました」などと口にされることが多いでしょうか?

言語的に考えて過去形なので、感謝すべきことが起きた後に使用されている方が多いと思います。

実際、接客系のお仕事をされている方々などは、お会計の後などに「ありがとうございました」と口にされるケースが多いです。

これはお店をご利用していただいたことへのお礼という感じで使用されている方が多いです。

しかし、後になって使用することとは限りません。

最近では式の開会の挨拶などでも多用されることがあります。

「本日はお忙しい中、足を運んでいただき誠にありがとうございました」などと、述べる方もいらっしゃるので、使い方的には過去形に限った感じではなくなってきています。

お礼や感謝を述べるときの挨拶


このように過去や現在に限らず、相手に対してお礼や感謝を述べるような感じに使用されるケースがほとんどです。

これは「ありがとう」という言葉が感謝やお礼を表す言葉であるからであって、それが自然と丁寧な感じになって「ありがとうございました」になったのだと考えられます。

どなたでも「ありがとうございました」と言われると、気分がよいので、お店などではこの言葉を多く使用することによって、リピーターを増やそうとしている所もあります。

「ありがとう」の数だけ幸せになれると言われているように「ありがとう」という挨拶を重点に置いている企業は多くいらっしゃいます。

小売店などの業者でも、商品を購入した方だけでなく、見にいらっしゃった方々に対しても「ありがとうございました」と口にされるのは、リピーターになっていただきたいのと、自分のお店を好きになっていただきたいという思いがあるからです。

「ありがとうございました」に使い方なんてあるの?

ここまでで、なんとなくですが、日常的に使用されている「ありがとうございました」について分かったと思います。

しかし、そもそも「ありがとうございました」に使い方なんてあるの?と思われる方は多くいらっしゃると思います。

実際、お礼や感謝を述べるとき以外に使用することなんてあるのかと考えると思いますが、実は謝罪や交渉事などで使用することもあります。

つまりは、お礼や感謝以外でも使用されることがあるのです。

国語の教科書や一般的な日常では、「ありがとうございました」はお礼や感謝で使用されているケースが多いのですが、様々な場面で使用されている言葉なのです。

故に、ある意味万能な言葉でもあるのです。

種類や場面での使用方法がわかるとこんなにも便利な言葉だということに気づけますよ。

実は色々なマナーがあります

前文でも述べたように「ありがとうございました」にはいろいろな顔があります。

それと同時にいろいろなマナーがあるのです。

特に現代社会ではことあるごとに謝罪をする機会が増えてきていると思います。

とにかくひたすら「すみません」を言っていれば良いと考えている方も多いです。

しかし、本当にそれで良いと思いますか?

例えば、道を譲っていただいた時に最近では「すみません」と口にされる方は多いですが、相手からしてみれば、道を譲ってなぜ謝罪されないといけないのかと思ってしまっているかもしれません。

このような時こそ、「ありがとうございました」と使用すべきではないでしょうか?相手は道を譲ってくれたので、感謝を示すべきです。

このように本当は感謝やお礼をしなければいけない場面で「すみません」と謝罪になっている方は多くいらっしゃると思います。

ぜひ、「すみません」を「ありがとう」に変えましょう。

このように「ありがとう」にはいろいろな顔があるのです。

️「ありがとう」の基礎知識


「ありがとう」の使い方についてある程度は分かったと思います。

では、まずここからは「ありがとう」についてイチから知っていこうと思います。

おそらくほとんどの人が、お礼や感謝を表すためにしていることだと思いますが、意味や語源を探っていくと必ずしもそれだけとは限らないのです。

また、誰に対して、何に対して、感謝を述べるものなのかと言ったことにも違いがあります。

このように「ありがとう」という言葉1つ取っても奥が深く、また、使い方にも種類があるのです。

改めて「ありがとう」について知ると、きっとあなたもこれからの「ありがとう」の使い方に若干変化が出るかもしれませんよ。

ある意味「ありがとう」は魔法の言葉でもあるかもしれません。

そう思えるような歴史が「ありがとう」という言葉にはあるのです。

「ありがとう」の語源

では、気になる「ありがとう」の語源ですが、古くから使用されていた言葉であって、もちろん、その時からお礼や感謝の気持ちを表す言葉ではありました。

しかし、昔は人よりも神のような対象に向かって「ありがとう」と感謝をしていました。

こう聞くと、神様はお願い事を叶えてくれる存在だから、願いが叶ったことで「ありがとう」と感謝の気持ちを表しているのだと思われている人もいますが、実際は違います。

実は、もともと神様はお願い事をする対象ではありませんでした。

日々、我々を見守ってくれている対象なのです。

故に、今日も1日無事に生きられたことに対して感謝の気持ちを表す意味で神様のような対象物にお礼や感謝の気持ちを表していました。

しかし、時が経つにつれ、いつしかお願い事をするようになってしまったのです。

珍しいと意味の「有難し」から

では、なぜ神様のような対象物に対して「ありがとう」とお礼や感謝を表すのかと言いますと、もともとこの「ありがとう」という言葉は「有難し」から来ているのです。

「有難し」の意味は、ありえないことが起きるという意味です。

つまりは、奇跡的なありえないことが起きたことに対してお礼や感謝の意味を表す言葉として誕生したのが始まりと言われています。

何か良いことがあれば「ありがとう」と言ってお礼や感謝を表していたのです。

なら、昔は奇跡ばかりだったのかと言いますと、そうではありません。

昔は今と違って便利な道具は多くありません。

つまり、現代人にとって当たり前のようなことでも「有難い」ことだったのです。

現在はものが便利になりすぎていて、感謝する機会が減ってきています。

コップがなかなか手に入らなかった時代にコップがあれば、水を汲んでくれてありがとうと言った感じに感謝を表すことができます。

このように当たり前のことに感謝ができなくなっているのが現代なのです。

仏教から生まれた言葉

では、この「有難し」の語源はと言うと、仏教を開いた釈迦からと言われています。

あらゆることに感謝の意味を表すことに価値を置いたのが釈迦であり、弟子たちにも日々、感謝をすることの大切さを説きました。

感謝をすることが人間の心を豊かにする行為だと言っていたのです。

それがわかるエピソードとして托鉢があります。

僧侶が民家を訪れて托鉢と言っていくらかのお金を恵んでもらう行為ですが、とある僧侶が早く集めようとお金持ちの家ばかり回っていたところ、釈迦から「集めるのであれば貧しい人の家から集めなさい」と説きました。

貧しい人からでは寄付をいただけないし、相手を困窮に追い込んでしまうのではないかとその僧侶は思いましたが、釈迦は「今まで人に恵んでこなかったらその人たちは貧しく、相手に感謝の気持ちを表すことができないのです。

感謝の気持ちを持たせるためにもその人たちの所に托鉢をしに行くべき」と説いたと言われています。

このように感謝の気持ちを持つことが大切であり、そのために「ありがとう」と言う言葉はかなり重要なのです。

️「ありがとうございました」と「ありがとうございます」

「ありがとう」の語源に関してある程度理解できたと思いますので、ここからは本題の「ありがとうございます」と「ありがとうございました」の2タイプについて説明していきたいと思います。

これまでは過去形と現在形の違いと思っていた方も多いと思いますが、実際は幅が広く、使い方も場面によってそれぞれで違います。

今まではなんとなくで使用されていた人もここからの記事を読んでなんとなくではなく、ちゃんとした場面でも使用できればこれまで以上にお礼や感謝の気持ちを表すことができますよ。

今よりもさらにお礼や感謝の気持ちを表すことができれば、今まで以上にあなたにとっても相手にとってもいいことですよね。

ぜひ、実践するためにもしっかり理解しましょう!慌てて理解する必要はありませんので、あなたのペースで大丈夫ですよ。

2つの違いはどこにあるのか

では、この「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いはと言いますと、簡単に言えば、過去形か現在形ですが、それは言葉の形であって、使用の際にどちらも過去や現在のことを対象に使用されているケースが多いです。

つまりは、場面や対象によって使い分けができるのです。

では、具体的にどう違うのかと言われますと、具体的に答えることができない人が多いのです。

これは仕方がありません。

もともとこの2つのタイプについては使い分けを教わる事もなければ、「ありがとう」と言う言葉をなんの意識もなく使用しているので、特に真剣に考えて使用したことがないのでそうなってしまっているのです。

しかし、この「ありがとう」と言う言葉の可能性に気づいた人たちが今の経済を動かしている人が多いのです。

まずは例文をチェックしてみよう

それでは、具体的にこの2タイプの使い分けや意味などを理解するために例文を参考にしながら説明していきたいと思います。

普段何気なく使用していた「ありがとうございました」と「ありがとうございます」で使用していた例文の意味がわかるので使い分けができますし、また、これまで以上にお礼や感謝の意を表すことができますよ。

前文でも説明したように、「ありがとう」と言う語源は感謝の語源を表す言葉でもあり、同時に魔法のような言葉でもあるので、使えば使うだけ良いことが起きるとも言われています。

故にしっかり言葉を理解して正しく使うだけであなただけでなく、あなたの周囲の人にもいい影響を与えることができますよ。

ぜひ、「ありがとう」を改めて理解しましょう!あなたのためでもあり、相手のためでもあるのです。

️「ありがとうございました」の例文

それでは、まず「ありがとうございました」の例文ですが、ほとんどの方が聞いたことがあるのは「〇〇していただきまして、誠にありがとうございました」や「先日は、誠にありがとうございました」など、過去を対象にしたことに対しての文が多いと思います。

ほとんどは起きた後に述べる言葉なのです。

言葉の形が過去形であるので自然とそうなってしまいますが、必ずしも過去を対象としたものではありません。

ただ、使用する割合として8割ぐらいは過去を対象としている感じがあります。

ここからは各々の場面について「ありがとうございました」の説明をしていきたいと思いますのでじっくりご覧になっていただけましたらと思います。

社会人としてのマナーの部分にもなりますよ。

商品を購入したお客様に対して

小売店や専門店などではお買い物をされたり、商品を購入されたりした方へ対して「お買い上げいただき誠にありがとうございました」と口にするケースは多いです。

お店にとって売り上げはかなり重要です。

この売り上げの部分はお客様の購入になっているのですから、感謝をするのは当然です。

細かく言えば、お客様が購入する分の何%かが、その接客でレジ対応した人の給料に反映されているケースがあるのです。

ある意味、購入されたお客様は命の恩人ぐらいに値するかもしれないのです。

また、最近ではお店を好きになっていただくことが売り上げにつながるとして、ウィンドウショッピングだけのお客様に対しても、「ご来店いただきまして誠にありがとうございました」と言うお店も増えてきています。

インタビューや調査依頼を行なった後に

テレビのニュース番組でインタビューを受けている人や調査のご協力をしている人たちに対して終わった後に「ご協力のほどありがとうございました」とお礼を述べるケースは多いです。

これは、インタビューや調査依頼などをしていただいたことに対してだけでなく、そのために時間を割いていただいたことに対しての感謝です。

ある意味、依頼する側の都合になってしまっているので、相手に対して感謝をするのは当然です。

何よりもお金に返ることのできない時間をいただいているので、お礼や感謝をしないのは良くありません。

最近では、始める前に「ご協力いただきありがとうございます」と先手必勝で言う人もいれば、終わった後に現在形でお礼を述べている方もいらっしゃいます。

現在形でも問題ないみたいです。

ただ、インタビューして「すみませんでした」と謝罪している人もいるほどなので、できるなら終わった後に過去形で述べるのが良いかと思います。

手伝ってもらったレポートや課題が完成して

学生の時などはよく友達に協力していただいてレポートなどを完成させたことがあるかもしれませんね。

そんな時に「手伝っていただきまして誠にありがとうございました」と言ったことがあるのではないでしょうか?友人は自分の時間を割いてあなたに時間を作ってくれたので、感謝しても仕切れない可能性もありますね。

このように何かしらに対して手伝っていただいたことに対しては感謝をしないといけません。

感謝をすることで友人もあなたのためなら時間を使ってもいいと思うのです。

ただ、気持ちのない感謝を表すと、ただ利用しているだけだと思われてしまいます。

手伝っていただいたのならば、しっかりと感謝の気持ちを表すのが義理でもあります。

贈り物をしてもらったとき

贈り物やプレゼントなどを頂いた時には「わざわざありがとうございました」と感謝の気持ちを表すのが大切です。

相手はあなたに喜んでいただきたくて、贈り物などをしているので、あなたからの喜びの声を聞くことが何よりも嬉しいことなのです。

贈り物には贈り物と言いますが、例え、贈り物ができなくても、しっかりお礼や感謝の気持ちを表すことができれば問題ないのです。

よく、倍にして返さないと言った感じに見栄を張る人はいますが、そんなことよりもまずは感謝の言葉を伝えることが大切です。

そうすることで、相手とのつながりや今後の関係性も良好のまま進みますよ。

しっかりと感謝の気持ちを表すのがより良い人間関係を築く手段でもあります。

電話を切るとき

電話を切るときなどに「本日はお電話いただき誠にありがとうございました」もしくは「突然の電話に対応いただきましてありがとうございました」など、必ず感謝の気持ちを述べないといけません。

これはわざわざこちらのために電話の時間の作って頂いているので、感謝をするのは当然です。

終わりの時にこれまでの時間や話し相手になって頂いたことに関して感謝をしないといけないのです。

また、電話は相手の顔が見えません。

同時に相手もこちらの顔が見えません。

故に声だけで感謝を伝えないといけないので、声質や声量などによって、相手がどう捉えるかわからないのです。

よって、最後はしっかり感謝の意を表さないと印象が悪くなってしまうこともあります。

また、最近では先手必勝として電話に出た瞬間に「お電話ありがとうございます」と口にされる方もいらっしゃいます。

これも良いですが、最後はしっかり感謝を述べるのが印象が良いです。

パーティーや式典に来てもらった人に

パーティーや式典に来て頂いた方に対して「本日は、足元が悪い中、わざわざいらしていただき誠にありがとうございました」などと来賓されたお客様に対してお礼や感謝を述べたりします。

わざわざ時間を作ったり、予定を空けて来て頂いているので感謝の気持ちを表すのは当然です。

少なくともパーティーや式典に来るためにかなりの努力をされたことは間違いありません。

来て頂いたことに対してだけでなく、来ていただくために努力されたことにも感謝をしないといけないのです。

もし、仮にお礼や感謝をしないと参加者はパーティーや式典を楽しむことができませんよ。

パーティーや式典を楽しむためにも、まずは主催しているあなたが参加して頂いた方々にお礼や感謝の意を表さないといけません。

その上でみんなで楽しむのがマナーですよ。

️「ありがとうございます」の例文

「ありがとうございました」の例文での使い方の説明はいかがでしたしょうか?

おそらくほとんどの方が当然のように使用されていたかもしれませんが、考えて見ると奥が深いですよね。

このように場面場面で使用する際に、意味が違って来たりすることがあるのです。

それでは、ここからは「ありがとうございます」に関して、例文を元に説明していきたいと思います。

主に現在形ですので、ことあるごとに使用されているケースが多いです。

ほとんどは咄嗟に出て来たり、口癖のように使用している人もいらっしゃるほどです。

では、どのような場面が多いかと言いますと、現在に限らず、過去、未来に対して口にされている方が結構多いです。

具体的に理解するためにもじっくりどうぞ!

「今日は奢るよ」と言われたとき

友人と会話をしていて咄嗟にそのようなことを言われたら、即座に「ありがとうございます」と言ってしまいますよね。

ある意味言われた側は予想もしなかったこと、あり得ないことが起きたと言うことになりますよね。

故に、「ありがとう」が発動するのです。

友人がなぜ、あなたに奢るかなど理由はわかりませんが、間違いなくあなたが得する話なのでお礼や感謝を述べるべきです。

このように咄嗟に起きたことに対しては即座に「ありがとうございます」と言うと、相手からの印象も良いですよ。

最近では奢っていただくことを悪いことと思っている人もいますが、奢っていただくことを拒否する方が実は失礼なのです。

奢ると言うのは相手の行為です。

あなたの行為ではありません。

故に断るのは相手の行為を私物化しているようなものです。

気をつけましょう。

自分を褒めてもらえたとき

何かをした時や達成した時などに上司や知人などから褒めてもらえた時などは素直に喜びを表すために「ありがとうございます」と、お礼や感謝を述べるのが大切です。

褒めることで相手を喜ぶ姿が見たいと思っている人は結構多くいます。

そのご好意に応えるためにも素直にお礼や感謝を述べるのが義理でもあります。

保守的な人が増えて来ている中で、なかなか相手を褒めようとする人はいません。

そんな中でもあなたのことを褒めてくれる人がいるのは貴重なことです。

そのためにも、褒められたらすぐに感謝をしましょう!ある意味、褒められることもあり得ないことに近くなって来ていますので、「有難い」行為です。

有難いのでしっかりお礼や感謝を表しましょう。

贈り物を受け取ったとき

友人や知人からの贈り物を頂いた時に即座に「ありがとうございます」と口にしてしまう人がいますが、これは正解です。

何かを頂いたのならお礼や感謝を述べるのは当然のことです。

特にこのような場合は、目の前で直に渡されたりしたなどの時は、その場で即座に「ありがとうございます」と口にすると、相手への印象が強く残ります。

瞬時に言うようになっているのがベストです。

瞬時に言えない人は、もしかしたら相手への見返りを求めている可能性があります。

贈り物を受け取っても、当然のことと勘違いしているケースが多いのです。

昔に比べて感謝をする機会が減っているのはこのような考えも強く影響してていると思われます。

贈り物をいただくこともあり得ないことですので、しっかりお礼や感謝を述べましょう。

手伝ってもらっている最中に

手伝ってもらっている最中にことあるごとに「ありがとうございます」と言って、お礼や感謝の意を表す方がいらっしゃいます。

一見すると鬱陶しい感じもしますが、そうでもありません。

しっかり1つ1つに感謝をしていることでもあるので、当然のことにも感謝を感じることができるので、素晴らしい人間でもあります。

あまり人に対して意識を向けていない人などは、当然のことに関して感謝を表そうともしませんし、当然のことなので、何もないような感じに見てしまっています。

昔よりも感謝の数が減ったと言うのは、この当然の中にあるいっぱいの感謝に気づけないからです。

手伝ってもらえるのは当然のことではありません。

しっかりお礼や感謝を述べないといけないのです。

️例文を比べてみて、違いがわかりますか?

ここまでの2タイプの例文から場面場面によって使い分けが必要だと言うことが分かったと思います。

では、具体的な違いはと言うとなかなかわからないものなのです。

形が過去形と現在形になっているので、使い方によって印象は変わりますよ。

では、使用した際に相手へはどのような印象になっているのか説明していきますので、じっくりどうぞ!

「ありがとうございました」は完結している

「ありがとうございました」は文字通り過去形の形をしているので過去を対象にお礼や感謝を述べているケースが多いです。

しかし、聞こえ方にもよりますが、ある意味、過去への終止符を打つような感じの言葉になっています。

つまりは継続を望まない言葉になっているのです。

和解などの時に実は「ありがとうございました」がよく使用されています。

過去のことや終わったことに対しては「ありがとうございました」

つまり、過去の対象に対して使う言葉ではありますが、同時に引きづらないために使用している言葉になっています。

過去をスッキリしたい場合はこの「ありがとうございました」と言うような言葉は抜群の効果があります。

もう終わらせたいと思ったら、場面を考えてこの言葉を使用してみるのもいいかもしれませんね。

「ありがとうございます」は進行している

一方、現在形の形である「ありがとうございます」はと言うと、対象となるものは現在だけに限らず、過去や未来も対象になっています。

つまりは継続を望むことに対して使用される言葉なのです。

まだまだ先まで続けたい、終わらせたくないと言う時には抜群の効果がありますよ。

「ありがとうございます」を言い合うことがお互いに感謝の連鎖を生み出すので、winwinの関係になれますよ。

これからも恩恵を受けるなら「ありがとうございます」

お互いに信頼関係を築いていきたいのなら常に「ありがとうございます」を言い合うことが大切です。

なぜなら現在形のワードなので、継続ができるからです。

ある意味、未来に向かって行ける言葉でもあります。

故に何かの恩恵を受けた時にはしっかり「ありがとうございます」を言うべきです。

もしかしたら、何かのチャンスになるかもしれませんよ。

️ありがとうございました・ありがとうございますの違いでした

いかがでしたでしょうか?

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いは?意外と奥が深いですね。

もともとの語源である「ありがとう」の言葉自身が意味がいっぱい詰まったものであり、活用法がいっぱいあるのです。

そのため、相手の捉え方も様々になってしまうのです。

2つの使い分けを意識してみよう

ここまでの説明である程度、「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いがわかった思いますので、あとは実践するだけです。

意識して使用してみましょう。

失敗したらどうしよう?

「ありがとう」と言う言葉を聞いて嫌がる人はいませんよ。