CoCoSiA(ココシア)

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」はどう使い分ける?場合別に解説します


普段何気なく使用している「ありがとう」という言葉ですが、皆さんはどのような感じに使用していらっしゃいますか?

おそらくほとんどの人が意識せずに「ありがとうございました」「ありがとうございます」を使用していると思います。

しかし、この二つの「ありがとう」の違いは?と聞かれたら答えられる人は少ないと思います。

過去形と現在形の違いではと思われる方もいらっしゃると思いますが、果たしてそんな簡単な感じの説明で済ませてよろしいのでしょうか?

また、現代では「ありがとう」の本当の意味を知らずに使用されている方が多いと思われます。

そこで今回こちらの「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の使い分けについていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきたいです。

また、「ありがとう」という言葉についての情報もいろいろとまとめましたので、ぜひ、これからの「ありがとう」の場面で活用していただけましたら幸いです。

実は何気ない「ありがとう」という言葉ですが、意外と奥が深いですよ。

知れば知るだけ特をするかもしれない言葉ですので、ぜひ、この機会に「ありがとう」について詳しく知りましょう。

笑顔で「ありがとう」って言えるようになったら最高ですよね。

この記事の目次

️「ありがとうございました」の使い方?

普段、皆さんはどのような場面で「ありがとうございました」などと口にされることが多いでしょうか?

言語的に考えて過去形なので、感謝すべきことが起きた後に使用されている方が多いと思います。

実際、接客系のお仕事をされている方々などは、お会計の後などに「ありがとうございました」と口にされるケースが多いです。

これはお店をご利用していただいたことへのお礼という感じで使用されている方が多いです。

しかし、後になって使用することとは限りません。

最近では式の開会の挨拶などでも多用されることがあります。

「本日はお忙しい中、足を運んでいただき誠にありがとうございました」などと、述べる方もいらっしゃるので、使い方的には過去形に限った感じではなくなってきています。

お礼や感謝を述べるときの挨拶


このように過去や現在に限らず、相手に対してお礼や感謝を述べるような感じに使用されるケースがほとんどです。

これは「ありがとう」という言葉が感謝やお礼を表す言葉であるからであって、それが自然と丁寧な感じになって「ありがとうございました」になったのだと考えられます。

どなたでも「ありがとうございました」と言われると、気分がよいので、お店などではこの言葉を多く使用することによって、リピーターを増やそうとしている所もあります。

「ありがとう」の数だけ幸せになれると言われているように「ありがとう」という挨拶を重点に置いている企業は多くいらっしゃいます。

小売店などの業者でも、商品を購入した方だけでなく、見にいらっしゃった方々に対しても「ありがとうございました」と口にされるのは、リピーターになっていただきたいのと、自分のお店を好きになっていただきたいという思いがあるからです。

「ありがとうございました」に使い方なんてあるの?

ここまでで、なんとなくですが、日常的に使用されている「ありがとうございました」について分かったと思います。

しかし、そもそも「ありがとうございました」に使い方なんてあるの?と思われる方は多くいらっしゃると思います。

実際、お礼や感謝を述べるとき以外に使用することなんてあるのかと考えると思いますが、実は謝罪や交渉事などで使用することもあります。

つまりは、お礼や感謝以外でも使用されることがあるのです。

国語の教科書や一般的な日常では、「ありがとうございました」はお礼や感謝で使用されているケースが多いのですが、様々な場面で使用されている言葉なのです。

故に、ある意味万能な言葉でもあるのです。

種類や場面での使用方法がわかるとこんなにも便利な言葉だということに気づけますよ。

実は色々なマナーがあります

前文でも述べたように「ありがとうございました」にはいろいろな顔があります。

それと同時にいろいろなマナーがあるのです。

特に現代社会ではことあるごとに謝罪をする機会が増えてきていると思います。

とにかくひたすら「すみません」を言っていれば良いと考えている方も多いです。

しかし、本当にそれで良いと思いますか?

例えば、道を譲っていただいた時に最近では「すみません」と口にされる方は多いですが、相手からしてみれば、道を譲ってなぜ謝罪されないといけないのかと思ってしまっているかもしれません。

このような時こそ、「ありがとうございました」と使用すべきではないでしょうか?相手は道を譲ってくれたので、感謝を示すべきです。

このように本当は感謝やお礼をしなければいけない場面で「すみません」と謝罪になっている方は多くいらっしゃると思います。

ぜひ、「すみません」を「ありがとう」に変えましょう。

このように「ありがとう」にはいろいろな顔があるのです。

️「ありがとう」の基礎知識


「ありがとう」の使い方についてある程度は分かったと思います。

では、まずここからは「ありがとう」についてイチから知っていこうと思います。

おそらくほとんどの人が、お礼や感謝を表すためにしていることだと思いますが、意味や語源を探っていくと必ずしもそれだけとは限らないのです。

また、誰に対して、何に対して、感謝を述べるものなのかと言ったことにも違いがあります。

このように「ありがとう」という言葉1つ取っても奥が深く、また、使い方にも種類があるのです。