よく仕事を二つ掛け持ちしている人などに対して使われているのが、この「二足のわらじを履く」という言葉ですが、実はこれ、あまり良い意味では使用しない言葉だって知っていますか?

別に二足のわらじを履くこと自体が悪いことなわけではありません。

今の世の中、副業をしている人はたくさんいますし、複数の会社から給料をもらうのは悪いことではありませんよね。

では、なぜこの「二足のわらじを履く」という言葉は良くない意味を持つのでしょうか。

これからは二足わらじが当たり前?!

実は、良い意味での「二足のわらじ」はこれからの世の中では当たり前になってきます。

仕事も本職だけでなく、副業もして収入経路を2つにすることは一般的になりつつありますし、高齢者も年金をもらいつつ月5万くらいをプチ稼ぎして生活を維持するのが当たり前になるでしょう。

二足のわらじは次第に良い意味でだけ使われるようになり、それをするのが当然であるかのような世の中になるのです。

二足わらじとは?

二足のわらじとは、単に二つの職業という意味ではありません。

本来、人が簡単には両立出来ないような仕事や職業、役職を一人でやっていることを言うのです。

意味

もともと、「二足のわらじを履く」という言葉はあまり良い意味では使われません。

英語にも「二足のわらじを履く」という言葉に似た言葉がありますが、それは「Amancannotsrvetwomasters」と言って、二人の主君に仕えることは出来ないという意味なんです。

つまり、「二足のわらじを履く」とは、すごいことだと褒められるようなものではなく、そんなことをするなんて、どっちつかずなヤツだなぁとけなされるような意味になってしまうのです。

語源


語源は江戸時代までさかのぼります。

江戸時代には、賭博打ちという非合法な職業の人と、それを捕まえる岡っ引きという警察官みたいな役割の人がいたわけですが、二足のわらじを履くとは、それを兼任することを言いました。

どうやって兼任するんだよ~と思ってしまいますが、昔はいたんですね~。

自分も賭博行為をしていながら、表向きには警察官のように賭博を取り締まるような仕事もしていたというわけです。

現代で言えば、警察官でありながらやくざに情報を提供しているとか、芸能関係の仕事をしながらドラックのディーラーもしているとか…。

どれもこれも犯罪行為ですが、このようにありえない二つの職業を兼任しており、それが一般的に非難されるような状況であることを「二足のわらじを履く」と言うのが本来の使い方になります。

使い方

昔は非難されるようなニュアンスを持つ「二足のわらじ」という言葉でしたが、現代はちょっと変わってきています。

普通に「仕事と育児の二足のわらじも大変ですね」なんていうふうに使ったりする人もいるように、決して悪い意味で使われるだけではなくなってきています。

それでも、どちらかというと否定的な意味で使われることが多いのは変わっていません。

「そんな二足のわらじを履くようなやり方で出来るほど、簡単な仕事ではない」なんていうように使います。

つまり、その後に「よくないからやめなさい」という文章がつながってくるような言い回しで使うわけです。

類義語・対義語

先ほども書いたように、最近は決して悪い意味だけではなくなってきています。

掛け持ちする、兼務する、一人二役で、というように、良くも悪くもない意味で、ただ二つの役割を兼ねている状況を表現する言葉になっているようです。

他にも、両刀使いである、兼ね備える、かけ持ちするなんていう意味と似ています。

二足のわらじを履くのがよくないという理由6個


本来、二足のわらじとは、意外性のある組み合わせを持つ二つのものに対する言葉です。

しかし、人気YouTuber兼大学生とか、アイドル兼高校生とか。

最近はよくある組み合わせですし、決して悪い組み合わせではないですよね。

また、「二足のわらじでやってるなんて、すごいね~」なんて尊敬される場面もよく見られるくらい良い意味で使われている場面もあります。

ただ、「二足のわらじ」は、本来悪い意味で使われているんでしたよね。

例えば仕事で二足のわらじ状態になっている場合を考えてみましょう。

2つの仕事を同時にするということは…当たり前ですが、とても大変ですよね。

一つの仕事だけでも大変なことは仕事をしたことがある人であれば十分理解できると思います。

朝から夜まで仕事して、疲れて家に帰ってきてお風呂入って寝るだけで一日終わってしまうなんて人もいるでしょう。

そんな仕事を2つ掛け持ちですよ!そりゃ大変ですし、並大抵のことでは出来ないのがわかると思います。

ですから、仕事で二足のわらじ状態の人は、周囲から「すごいですね!」と言われるのと同時に「どっちも中途半端になるんじゃない?」なんて批判的に見られることもあります。

では、なぜ二足のわらじが良くないのか、それを今から考えていきましょう。

二足のわらじを履くのがよくないという理由1:プライベートの時間が減る

二足のわらじ状態で一番困るのがプライベートの時間が減ることです。

単純に考えても、やることが二倍になるわけですから、その分プライベートな時間が減るのは当たり前のことですよね。

世の中には副業をしている人もいますし、バイトの掛け持ちをしたりしている人もいます。

そういう人たちはまさに「寝る間も惜しんで」働いているのです。

遊ぶ時間はもちろんのこと、生きていくのに必要なことをする時間すらも減ってしまう可能性が高くなる可能性が二足のわらじにはあります。

それを実行するためには、相当の覚悟が必要となります。

生きていくため、お金を稼ぐために是が非でもやらなければいけない場合でなければなかなか出来ないことです。

または、やっていることが本当に好きで好きでたまらないなんて場合なら出来るかもしれません。

どちらにしても、根性が必要なことであることに間違いはないのです。

二足のわらじを履くのがよくないという理由2:一つに集中できない

物事を二つ同時にこなすということは、片方をやっている時も常にもう片方のことを考えてしまう可能性があるということです。

上手に頭の中で切り替えができる人ならうまく集中しながらやれるかもしれませんが、かなり難しいでしょう。

人は効率良く物事をやろうとしたり、早く終わらせようとしたりすると、それなりに工夫し出すものです。

一番やりやすい方法が、実際にその仕事をする前に頭の中でシュミレーションしておき、仕事をするときはスピーディーに手を動かすだけにしておくことです。

そうすることで、仕事にかける時間をかなり短縮することが出来ます。

しかし、それは仕事以外の時間にその仕事について考えていないと実行出来ないことです。

仕事を2つするということは、どちらも効率良く仕事をする必要があります。

つまり、どちらかの仕事をしているときでも、もう片方の仕事のことを考えてしまう可能性が非常に高いということになります。

効率良く仕事をしたいと思ってやっていることで、逆にひとつの仕事にしっかりと集中出来なくなるという悪循環に陥ってしまう可能性があるのです。

なので、二足のわらじはどっち付かずになると言われてしまうのですね。

二足のわらじを履くのがよくないという理由3:一つに支障が出ると、もう片方にも支障が出る

どちらも滞りなくスムーズに仕事がはかどっている時はいいのですが、何かトラブルが起きて、片方の仕事に余計に時間がかかってしまった場合などは注意が必要です。

片方の仕事に時間をかけるということは、もう片方の仕事をする時間がなくなるということです。

もう一つの仕事は、通常であれば何事もなく終わる仕事であっても、もう一つの仕事の分の時間も確保するとなると手を抜かざるを得なくなります。

いつもより早く仕事を終えようと焦ってミスをしたり、普通にやればいいものを急いでさらっと終わらせようとしてやることを一つ忘れてしまったり…なんてことにもなりかねません。

二足のわらじとは、片方の仕事にトラブルが起こると、もう片方もつられてミスを連発する恐れがあります。

二足のわらじを履くのがよくないという理由4:万が一のトラブルが起きると、ダメージが2倍

もしどうしても行かなければならない仕事の日に体調を崩してしまったらどうしますか?無理してでも行ける状況であればその部分の仕事だけ何とかやって後は帰るという方法もあるかもしれません。

しかし、インフルエンザやノロウイルスなど外出禁止の状況に陥ってしまった場合、無理して仕事に行くなんてこともできませんね。

なおかつ、インフルエンザであれば一週間は家にいなければなりません。

そうなると、職場の人にとても迷惑をかけてしまうことにもなりますし、仕事復帰した後の数日は後処理に追われてしまうことになりますよね。

仕事の内容にもよりますが、2つの仕事とも後処理が必要な職種だった場合、休み明けに残業覚悟で必死に対応しなければならない事態が2つになるわけですから、病み上がりで体が持たなそうですよね。

支障の出る内容にもよりますが、体調不良だったりした場合には、片方と言わず両方に甚大な被害が出る可能性があります。

一つの仕事でも被害は大きいのにそれが2つですから、万が一の時はそれ相応のダメージがあると覚悟しておく必要があるでしょう。

二足のわらじを履くのがよくないという理由5:ブッキングする恐れもある

仕事の内容にもよりますが、人と会う仕事やどこかに出掛ける仕事を両立していると、しっかりとスケジュール管理していないとブッキングしてしまう可能性があります。

そのため、大抵二足のわらじを実践している人は、本職と副職をしっかりと分けています。

例えば、昼にレストランなどでバイトをし、夜に警備のバイトをするなんて感じに完全に違う時間帯の2つのバイトをすれば、時間が被ることはありませんね。

また、副職を内職系の仕事にしていれば、締め切りこそあれ、時間に縛られずに仕事をすることができますので、本職と時間や場所でブッキングする恐れはありません。

通常はしっかりと仕事を分けて行うものです。

しかし、中には本職と副職の両方とも時間や場所に制限のある仕事をしてしまっている人もいます。

そういう人たちはお互いの仕事がブッキングしないよう、毎日カレンダーを見ながら綿密にスケジュール管理をしなければなりません。

もしブッキングしてしまった場合、最悪両方の仕事を失ったり、信用がなくなってしまう恐れもありますからね。

二足のわらじを履くのがよくないという理由6:ごちゃごちゃになることも

人は物事を考えるとき、考えることが多ければ多いほど頭の中がごちゃごちゃになるものです。

二足のわらじで仕事をしている時、どちらも滞りなく進んでいる時はいいのですが、ちょっとやることが多くなったり、小さいトラブルが重なりそうになったりしただけでも、その仕事のことを考える時間がものすごく増えてしまいます。

また、何もなくても、仕事のことでちょっと悩んだり落ち込んだりすると、思考回路がストップしてしまうことだってあるでしょう。

そうなってしまうと、もう頭の中はごちゃごちゃしてしまいます。

考えているうちにどっちの仕事のことを考えているかわからなくなってしまうこともあるかもしれませんね。

人の記憶はあいまいなので、とっても昔の記憶でもあたかもつい最近体験したかの如くに感じられてしまうことがあります。

転職や転勤をしたことのある人はわかるかもしれませんが、仕事で覚えたことが今の仕事のことなのか、前の職場のことなのかわからなくなってしまう瞬間があったりします。

ちょっと数日休みを挟んで仕事を開始した時に、書類の置き場所がわからなくなってしまっていたり、思い出そうとした時に、前に置いていた場所は思えだせるのに、片づけをして置き場所を変えた後の記憶がなくなっていたりしたことがあるように、頭の中はちょっとしたことですぐにごちゃごちゃしてしまいます。

一つの仕事でもこういうことはよく起こりますので、二足のわらじで頑張っている人はますますこういうことが起きやすくなってしまうでしょう。

二足わらじの例

今まで二足のわらじについて書いてみましたが、では具体的に二足のわらじを履くというのはどのような職業で行われているのでしょうか。

いろいろなパターンを考えていきましょう。

Wワーク

ダブルワークとはその言葉の通り、仕事を掛け持ちすることです。

副業とかなり意味は似ていますが、一応分けて考えることができます。

簡単に言うと、ダブルワークは「本業2つ」という意味で、副業は「本業1つに隙間時間を使ってもう一つ他の手段でお金を得ること」です。

ダブルワークは本業だけではなく、他でも同じように仕事をし、その企業から決まった収入を得ることなので、本業+パート、本業+アルバイトなど、給料を2カ所から得られる状態のことを言います。

ダブルワークとはつまり本業2つなわけですから、どちらの仕事もかなりの責任が生じます。

仕事とは本来一人でするものではなく、給料を支払ってくれる人や一緒に仕事をしてくれる人など、協力者が必ずいます。

そういう人たちとの関わりもあるため、ダブルワークの場合、疲れたりしたからといって片方手を抜くなんてことはできません。

責任感もさることながら、仕事に対する本気度もかなり必要です。

副業

先ほども書いたように、ダブルワークは「本業2つ」という意味で、副業は「本業1つに隙間時間を使ってもう一つ他の手段でお金を得ること」です。

つまり、副業とは、隙間時間で行うもので給料をもらうような体系でないものです。

ポイントサイトやアフィリエイト、投資など、成果がないかごく少額であったり、むしろ損失が出る可能性もあるもののことを言います。

ダブルワークと違う点は、副業は完全に自己責任であるもののことが多いです。

例えば投資で利益を出しても損を出してもそれって完全に自分の責任ですよね。

誰のせいにもできません。

ポイントサイトに登録しても、実際にポイントを稼ぐかどうかは自分次第です。

仕事と違ってポイントを稼ごうがさぼろうが誰にも何も言われません。

このように個人で自己責任のもとに行われることが多いのが副業です。

ダブルワークと違い、いつもで辞めることができますので、本業のお邪魔になることは少ないです。

また、本業が忙しくなったり、体調を崩してしまったりした時は簡単に休むことができますし、再開する時期も自分で決めることが出来るので、ちょっと収入を増やしたいという人にとってはとても取り掛かりやすいものの一つになっています。

【副業については、こちらの記事もチェック!】

主婦・会社員

これも二足のわらじのうちに入るのか!と思われる人もいるかもしれませんが、これもれっきとした「二足のわらじ」です。

専業主婦の人は給料をもらうことはないですが、もしもらっていれば時給1000円~2500円程度と言われています。

そんなに稼ぐのか!と思われるでしょうが、主婦業とは洗濯、掃除、料理だけでなく、家族の家計管理から、体調管理から、ご近所付き合いから庭の手入れから…何から何まで家のことを一手に引き受けているわけです。

また、休みもなく、時間にも制限もありませんので、「〇時になったから、主婦業終わります」ってことはありません。

例え夜中でも子どもが起きれば一緒に起きますし、何か家のトラブルが起きれば解決するまでしっかりと対処します。

そう考えるとこれくらい時給をもらって当然なのかもしれませんね。

ということで、主婦とは、給料が発生していないだけで、れっきとした仕事の一つと言えます。

こう考えると、仕事をしながら家で主婦業をしている人って、本当に凄いですよね。

企業から給料こそもらっていませんが、会社員と主婦は二足のわらじを履いていると言ってもいいかもしれません。

これを二足のわらじを履いていると言ってしまうと、世の中の大部分の人が二足のわらじ生活をしている状態と言えなくもないですね。

妻・母

妻と母、これも二足のわらじと言えなくもないでしょう。

どちらも給料こそ発生していませんが、時給に換算するととても高いお仕事であると言えます。

例えば、ベビーシッターの時給の相場が1500円程度、家事代行サービスの時給も1500円程度のようです。

専業主婦だと一日8時間と言わず、毎日残業三昧で子どもが小さいと夜勤も当たり前ですよね。

そう考えると、時給もさることながら、年収もかなりの額になりそうな予感です。

なおかつ、1日24時間、365日休むことなく働き続けていることになるわけですから、かなり大変です。

常に家族のことを考え、家計も健康も手を抜くわけにはいきませんから、その苦労たるや、相当のものであると思われます。

二足のわらじのメリットも

二足のわらじで頑張るのは、確かに大変なことではありますが、もちろんそれなりにメリットもあります。

二足のわらじのメリット1:収入や経験が2倍に!

二足のわらじは、仕事を2つするわけですから、単純に考えても収入が2倍になります。

ダブルワークではなく副業をしたケースを考えても2倍まではいかなくても1.2~3倍は増えるでしょう。

つまり、二足のわらじは収入を増やしたい人には必須であると言えます。

2足のわらじなんて、そんな大変なこと出来そうもない!なんて人もいるかもしれませんが、ポイントサイトなどは隙間時間を活用してやることができますし、そんなに必死になって頑張らなくても月に1000~2000円の収入になります。

もう少し時間を使って作業するような仕事をすれば月1~2万円の収入にはなるでしょうか。

どちらにしても、2倍まではいかなくても収入を増やすことが出来るのです。

また、いろいろな仕事をするということは、その分、自分の経験値も増やすことができます。

本職の仕事をしているだけでは到底経験できそうにないことが、二足のわらじをすることで経験することができます。

それが本職に生かせるような経験であったとすれば、二足のわらじを履くということは収入以上にいろいろなメリットが得られるものであるかもしれませんね。

つまり、二足のわらじの二足目の仕事を本職に生かせたり、本職が関係しているような作業にすると、もしかして本職の収入もアップしちゃうかもしれませんね。

二足のわらじは必ずしも一足目と二足目を同じ作業量にする必要はありませんので、出来る範囲でいろいろと取り組んでみることが、最終的にあちこちに生かせる経験になると思います。

二足のわらじのメリット2:より承認欲求が満たされる

一つの仕事でも、いろいろな人と関わることができます。

仕事が2つということは単純計算しても2倍いろいろな人と触れ合う可能性があるということです。

また、2つの仕事の職種が全然違うものであった場合、知り合う人の種類も全く違うものになりますから、より良い刺激になりますよね。

それくらいいろいろな人と知り合えていると、それぞれの場所であなた自身が認められる回数も増えることになります。

人は周りから承認されないとやる気が出てきません。

また、承認されないとうつ状態になってしまったりと精神的にも非常に良くない状態に追い込まれてしまう可能性もあります。

ですので、承認されることは必要不可欠ですし、数が増えれば増えるほどいいものです。

また、片方の仕事でなかなか承認欲求が満たされなくても、もう片方の仕事で承認欲求が得られていれば両方の仕事ともやる気は維持できます。

そして、やっているうちに承認欲求が得られていなかったほうの仕事も次第に承認されるようになってくるはずです。

二足のわらじとは、良いことも悪いことも2倍になるのが、うれしい…ような辛いような…というところですが、せっかくですので、良いほうに相乗効果を発揮していきたいものですね。

二足のわらじのメリット3:全く退屈しない

人は一つのことをずっとやっていると、つい飽きてきてしまうものですが、二足のわらじでいるとそれぞれの仕事をしている時が良い気分転換になって続けやすくなります。

いろいろな仕事をしたり、家庭のことをしたりと毎日変化のある生活をしていると本当に退屈しません。

毎日違うことをするということがとても大切なのです。

とは言え、毎日同じことの繰り返しになってしまうのが、安定した生活というものです。

そんな中で毎日ちょっとしたことでも変化をつけていくためには、選択肢を増やしていくのが一番手っ取り早いことです。

そしてやることの選択肢が仕事を2つすることによって増えると、気分転換をしつつ毎日の生活を送っていくことができますので、退屈しにくくなります。

やること自体を増やすというよりも、数を増やさず、質を変化させていくことが大切で、やることを増やしてしまうと忙しくなるだけで全然疲れが取れなくなってしまいますので、いつも通りの作業量を維持したまま、やる内容を変化させていけると飽きの来ない生活をしていけるはずです。

二足のわらじのメリット4:相乗効果でスキルアップ

仕事をするということは、その仕事のスキルを上げるのにとても手っ取り早いです。

となると、もし2つ仕事を掛け持ちしてやるとして、それらが関連性のある仕事であれば両方とも相乗効果でスキルアップしていけるはずです。

例えば、仕事が営業職だったとしましょう。

営業にはコミュニケーション能力が必須ですし、スケジュール管理能力も必要ですね。

で、もう一つの2つ目の仕事をコミュニケーション能力やスケジュール管理能力を高められる仕事にするとお互いに相乗効果でどんどんスキルアップしそうですね。

おまけに給料も上がったらほんとにうれしい限りです。

あとは製造業でも同じように相乗効果を期待できるようにすることでスキルアップが図れます。

パン屋さんで働いていたとすると、もう一つの仕事を自作のパンを売る仕事や創作パンのレシピ紹介のブログを作成して収入を得る方法にするといいかもしれませんね。

副業禁止の職場でない限りはいろいろ試せるかと思いますので、本当に少額でもいいのでコツコツ始めるとおこずかい稼ぎにもなっていいかもしれませんね。

二足わらじを履く前に気をつけておきたいこと

二足のわらじは簡単に出来ることではありません。

例えば、妻と母という二足のわらじであれば、やっている人は多いですよね。

でもだからと言って誰でも簡単に出来るかと言ったらそうではないでしょう。

みんな嫌々でも、疲れても必要に迫られてやっている時があるのです。

もちろん楽しくやっている時だってあることに違いはありませんが、時々は嫌で嫌でたまらなくなったり疲れて倒れてしまいそうになったりする時だってあります。

それでも辞めることが出来なくてしかたなくやってしまっていることだってあるんです。

妻と母という仕事は簡単に辞められる仕事ではありませんから、強制的に両立出来てしまっていますが、これがいつでも辞められるようなものであった場合には、二足のわらじは長くは続かないでしょう。

それくらい大変なことですから、しっかりとした準備と心構えのもとに始めることをお勧めいたします。

二足わらじを履く前に気をつけておきたいこと1:周囲の環境は整っているか

落ち込んでしまってやる気が出ない時、体調が悪くて作業出来ない時、そんなときは誰にでもあります。

そういう時に代わってくれる人はいますか?

作業自体は代わってもらえなくても、家事やその他のことを代わってもらったり、「頑張れ」と言葉をかけてくれる人は近くにいますか?

仕事は一人でやるものであっても、続けるのは決して一人ではできません。

家族や周囲の人の協力は必要不可欠です。

また、時間的な余裕もなければいけませんので、誰かに代われるところは代わってもらう必要があります。

家族に代わってもらってもいいですし、家事代行サービスなどを利用して他人に代わってもらってもいいでしょう。

自分が仕事に集中できるようにするために、また、やる気を維持するためにも周囲の環境整備から始めることは非常に大切です。

二足わらじを履く前に気をつけておきたいこと2:無理していないか

無理をすることは一番良くありません。

仕事で無理をすることはよくあることかもしれませんが、それでも続けているのは仕事がかなりの強制力を持つものだからです。

だから体を壊したりする人も出てくるわけです。

強制力の低いものを長く続けていくためには、無理は禁物です。

すぐに達成できるような目標を掲げて、細く長く作業していきましょう。

例えば、パソコンを使う仕事であれば、一日1作業だけやるとか、携帯のポイントサイトなどであれば、一日アンケート3つやる、とか。

そんなに頑張らなくてもできる目標を掲げておくと、最初取り掛かる時のハードルがグッと下がりますので、継続的に作業ができます。

二足わらじを履く前に気をつけておきたいこと3:自己管理ができる状態か

先ほども書いたように、体調を崩してしまったり、精神的に落ち込んでしまうようでは、二足のわらじは全く続かないうえに、仕事自体を両方とも失いかねません。

自己管理がしっかり出来る状態にあるかどうかを判断してから始めないといけませんね。

毎日身を粉にしてやっていたのでは長く持ちませんので、適度に休息を入れられるかがポイントになります。

人は、継続して長く仕事を続けていくためには、毎日の睡眠を7時間は確保することと、週に2日は休みを確保することが必要不可欠のようです。

睡眠時間は確保するのが難しければ、仕事を分担したりして人に任せられるところは任せ、適度に手を抜きながら最低6時間、出来るなら7時間は確保していけるといいでしょう。

また、週休2日は、世のお母さんがた、奥様方には難しいことかもしれませんが、おばあちゃんやお父さんなど、手を借りれる人に最大限協力してもらって何とか2日とまではいかなくても数時間だけでも休みをもらって休息しながらやっていけるといいでしょう。

【自己管理をできるようになるための方法は、こちらの記事もチェック!】