最近良く聞く「量産型大学生」という言葉。

どこかの進学塾がその年たくさんの高校生や浪人生を大学に合格させてうまれた大学生ということでは無いことはお分かりかと思います。

簡単に言えば、同じ服装、同じ髪型、同じ趣味、同じなんとか、同じかんとか…。

つまり、みんなと同じことしていて、個性が埋もれちゃっている大学生多数のことをいいます。

今回はその量産型大学生と呼ばれる人たちに共通するところ、つまりなぜ量産型と呼ばれてしまうのかという点を調べてみました。

これは量産型大学生が良いか悪いかを検証するものではなく、いったい量産型大学生とはどういったものなのかということを紹介するものです。

では、見ていきましょう。

量産型大学生の3個のあるあるな特徴

「たった3つの特徴で量産型にカテゴライズされちゃうの?」と思われるかもしれません。

しかし、以下の3つが揃った大学生が2人寄れば、「君たち双子か?」と思うほどになります。

とはちょっといいすぎかもしれません。

まあ、とりあえず、それが何なのか見ていきましょう。

1.ファッション


まず1つ目は「ファッション」です。

ファッションとは次で紹介する髪型や、小物、靴などもそれを構成する要素ですが、ここでは「着るもの(一部被るもの)」に関して紹介します。

若者にとって1番興味があり、こだわりたいものです。

しかし、ファッションというものにはは、その時その時の「流行」という人の総意によって左右され、偏ってしまうものです。

すると若者達にとっても、今「流行」の「ファッション」は「おしゃれ」という方程式ができてしまいます。

そうなると、世に出回る服も、若者達が欲しいと思う服も、だんだんと同じものに絞られていくというのは言わずもがな。

また、世の中のファッションに関する流行は全てこの「洋服」、着るものが決まってから始まると言われています。

つまり、パリコレで新作の服のデザインが発表されると、その服に合う帽子、靴、ベルト、カバン等の小物のデザイン、そしてその服に合った髪型が選ばれていくのです。

ですので、この洋服というファッションに対して敏感に反応する若者達が同じ服を着れば、髪型やその他のアイテムも似たものになっていくのは必然と言えます。

では、流行に敏感な量産型大学生はどんなファッションをしているのでしょうか。

1つずつアイテムを見ていきましょう。

【量産型ファッションについては、こちらの記事もチェック!】

ニット帽

着るものと言っておいていきなり被り物からですみません。

しかし、量産型大学生が身に着ける物としては一番最初に紹介したいマストアイテムがこのニット帽です。

防寒用アイテムとしてはもちろんのこと、大人の着こなしから若者のカジュアルファッションにもニット帽を取り入れるだけで、かなりオシャレ度がアップします。

しかも、ニット帽は髪形やかぶり方によって表情の見せ方のバリエーションが増えます。

例えば同じ人でも前髪を見せるのと、見せずにオデコを出すのとではかなり違った印象に見えます。

女子の中には被るというより、ちょこんとのっけているだけの人もいますよね。

ですので、たとえ誰かと同じものを持っていたとしても、着こなし方1つで個性を強調することは可能です。

チノパン

チノクロスと呼ばれる生地、いわゆる綿素材で作られたズボンで、特に男性は誰もが1本は持っているはず。

色落ちするデニムに比べ、丈夫で色褪せも目立たず清潔感もあるため昔から愛用されてきました。

ファッションとして取り入れられたのは1970年代からだそうです。

それより以前は軍隊の制服だったようです。

軍隊のユニフォームが普段着に取り入れられることは多く、アメリカ空軍のジャンパー「MA-1」などもその一つですね。

丈夫で軽く動きやすい為、軍服にはもってこい
だったチノ素材のスラックスやシャツは、その機能性からも段々と普段着のオシャレに取り入れられるようになりました。

また、カラーバリエーションも豊富で、ベージュ、カーキ、茶色といった定番カラーの他にも、ブラックやホワイト、ネイビー、ブルーのものもあり、カジュアルな着こなしには欠かせないアイテムです。

そして軍隊用に造られていたチノパンは季節を問いません。

どの年代でもカジュアルなオシャレをするうえでは重宝されており、そんなチノパンを量産型大学生が見逃すはずはありません。

シャツ

ここでのシャツとは、襟つき長袖、ネイビー系のカラーのシャツのことをいい、特に「量産型男子学生」にとって、先に紹介したベージュカラーのチノパンと合わせて着るのが定番です。

あと、プラス「ニット帽」というスタイルもよく見かけます。

シャツのカラーに関しては、ネイビー、紺色というところが1つのポイントになるかと思います。

紺色を身にまとうと、若々しく見えますし、かつ大人っぽくも見えますので、若者たちの中で流行して当然ではないでしょうか。

もちろん、白シャツにして清潔感と若さをアピールすることもできます。

いずれにせよ、襟つきシャツは体型をスラッとスマートに見せてくれますので、最近の体型を気にする男子にとっては何着かは持っておきたいベターアイテム。

それに、機能面からみても首を通さなくてはならないトレーナーのように、脱ぐ時にせっかくセットした髪型を崩すことはありません。

ちょっと暑くなってTシャツ1枚になりたいときなどに便利です。

スキニー

今、女性の中でスカート以外に履くものと言えば、ガウチョパンツかこのスキニーパンツではなかろうかというぐらい大流行しているパンツのタイプです。

脚のシルエットにピチッとフィットするので、脚が細く長く見えるため、いつもスタイルが気になる女性にとってはマストなアイテムでしょう。

かつてはジーンズでもチノパンでも、ストレートかダボダボのものをかかとを引きずりながら履くのが主流だった男性達のなかでも、最近は細身でくるぶしまでの丈のズボンが好まれる傾向にあります。

ただ、このパンツでちょっと注意しておきたいことは、そもそも「スキニー」とは「骨と皮」という意味で「痩せこけた」ものを指していいます。

なので、ある程度脚の細い人でないと似合わないかもしれません。

流行を追い求める量産型大学生にはそんなこと関係ないかもしれませんが。

花柄スカート

スカートですので「量産型女子大生」に限った話になると思いますが、スカートじゃないとしても花柄アイテムは「花の女子大生」だけが着こなせるものと言えるでしょう。

その中で花柄のスカートは清楚な感じと女性らしさをアップするための必需品です。

花柄となるとどうしても着られる時期が春ぐらいになってしまいますが、トップは何でも合わせやすいので、毎年春になれば必ず大活躍してくれることでしょう。

デニムのジャケットなどと合わせると大人っぽくカジュアルに着こなせます。

そして、いつになっても廃れを感じさせません。

ですから、お気に入りを1着大事に履き続けることもできます。

それでも、大学生活4年間毎年同じ花柄のスカートではちょっと、と思うなら、毎年春前には新作が店頭に並んでいるので、新しく買い換えるのも楽しいことでしょう。

ブラウス

シャツの種類で、一般的に男性のワイシャツに対して、女性のシャツをブラウスと呼びます。

女性用なので、レースやフリルがついているものがあったります。

女性の清楚さやかわいらしさを引き立てるアイテムの一つでもあり、男性のシャツ同様に襟つきなので、体型をスラリと見せることができます。

また、得に白であれば何にでも合わせられるので、逆にブラウスだけでも何着かもって、コーディネートのパターンを増やしている人も多いのではないでしょうか。

2.髪型


次は「髪型」、ヘアースタイルです。

こちらはファッションの項で説明した通り、ファッション、とりわけ洋服と強くリンクしており、服の流行に左右されます。

そして、流行に敏感な若者によって、ある程度決まりきった髪型に需要が集まるというわけです。

では、どんな髪型があるのでしょうか。

マッシュ

マッシュルームのようにサイド、バック、前髪までが同じ長さにカットされ統一されたマッシュヘアは、結構昔からある髪型の1つですが、今なお若い男子に人気を誇るヘアスタイルです。

その人気のワケは、人(の顔)を選ばない髪形であることが挙げられます。

丸顔でも面長でもマッシュにカットして失敗はありません。

逆に、同じ髪型でも、顔の形が違えば、雰囲気はグッと変わりますので、誰でも初めてでも、友達がマッシュにしていても、遠慮なくマッシュに挑戦できます。

また、ヘアセットが楽なところも人気の理由の一つかもしれません。

カットしてもある程度の長さが残るので、寝癖がついても、そのままワックスと手ぐしでふんわり無造作ヘアスタイルにできます。

セットした仕上がりのナチュラルな感じも人気があります。

それだけで清潔感があり、女子ウケもバツグン。

ゆるくて、丸くて、ふんわりした感じが「モフモフ系」みたいなのが大好きな女子にとっては親しみやすく感じてしまうようです。

ツーブロック

昔「かぶせ」とか言っていた髪形です。

今「ツーセクション」と言う似たような仕上がりのスタイルもあるようですが、いずれも量産型大学生には「ツーブロック」と言った方が通じるでしょう。

頭のサイドを短く仕上げ、トップはそこそこボリュームを残したカット方法で、男子も女子もショートからボブ程度の長さで仕上げることができます。

頭に髪の長さの異なる塊(ブロック)が2つできるので、2ブロックと呼びます。

先ほど少し紹介したツーセクションは頭を髪の長さで2つに区分(セクション)することから付けられました。

1990年代前後ぐらいに男性の中でとても流行したヘアスタイルで、よく(地方では)「かぶせ」と呼んでいました。

もちろん、上下ブロックをどれぐらいの頭のラインで分けるか、アンダーをどれぐらいの短さにするか、トップはどの長さで揃えるか、パーマをかけるかかけないかで、仕上がりの印象は大きく変わってきます。

そして、どんな髪質であっても対応可能なカット方法なので、言わば誰にでもその人に合った髪形が作れますし、小顔に見せることも、個性的なヘアスタイルにすることも可能です。

量産型大学生がする髪形として大雑把にくくってしまうと「ツーブロック」や「ツーセクション」だけのように聞こえますが、実はそのバリエーションは大学生一人一人の頭の形や髪質によって多種多様なんですね。

パーマ

正式名称「パーマネントウェーブ」。

パーマにも種類は沢山あってストレートパーマもあればパンチパーマもあります。

ここでは、ウェーブをつけるパーマを量産型大学生の好む髪型にする手法として考えます。

女性は戦前から、現在は男性にもどんどん普及してきた、髪に動き(ウェーブ)をつける手法のひとつ。

ひとことでパーマといっても、仕上がりは人それぞれです。

黒髪ストレートも確かに魅力的ですが、女性は明るい髪色に、男性は黒髪にウェーブがかかると、一段と大人っぽく見えます。

巻髪

パーマ同様に日本人のストレートな髪質にわざと髪をカールさせ癖をつけることによってボリュームや動きを出した髪型です。

一般的に、市販されている専用のコテを使って髪をカールさせるのですが、カールの大きさによってもヘアスタイルのボリュームは変わりますし、逆に髪の長さによってカールの大きさを変えた方が良いようです。

また、カールヘアーにする方法はカールアイロン(コテ)を使う他、ストレートアイロンで、ナチュラルカールを作ったり、なんと寝る前にソックスに髪を巻き付けて朝起きたらほどくだけで無造作カールが出来上がっているという手法もあります。

このように、元々の自然なストレートでいるのがその人の「個性」なのか、そこへ一手間加えて自分の顔やおしゃれを最大限活かした髪型にするのが「個性」なのかよくわかりませんが、後者の方が若者にとっては楽しそうです。

3.口癖

ファッションや髪型が同じようなスタイルであっても、人間それぞれ骨格が違えば顔も違います。

しかし、しゃべり方のスタイルが似てくると、かなりお互いに寄せてきているなと感じます。

では、量産型大学生のおしゃべりスタイルにはどんな口癖が使われるのでしょうか。

それな

若者の中で流行っている相づちのひとつで、「それ私もそう思う」という意味があります。

簡単に共感・同感の意思を返せる言葉として多用されるようになりました。

このほか、似たような相づちに「あーね」というものもあり、これは「あーなるほどね」という納得のニュアンスを表す言葉を短縮したものです。

現在「それな」にせよ「あーね」にせよLINEなどの普及によりよりスピーディーな返事を返すためにも短縮形や短く簡単にまとめられた言葉が生まれ多用されています。

このようにSNSは若者たちの大事なコミュニケーションツールの一つであり、その中でうまく楽しくスピーディーに相手に伝わるよう振舞うのが量産型大学生の務めとも言えます。

そのためには、こういった相づち系の若者言葉は必然的に流行していくものでしょう。

ワンチャン

「OneChance(ワンチャンス)」の略語(といっても「ス」一文字しか省略されていませんが)で、元々は麻雀用語で「一発逆転(できる)」という意味だそうです。

それが転じて、現在の量産型大学生の間では「もしかしたら」という意味で使われています。

おそらく、一時の流行語レベルでそのうち廃れて使われなくなるように思います。

とりま

「とりあえずまあ」と言いたいところを略して「とりま」と言います。

こちらも「それな」同様、LINEなどで簡単に返信するときによく使われる言葉です。

「とりあえずまあ」っていう言葉自体がなんだか本質を伴わない言葉に聞こえてしまいますが、一旦間を置こう、ひとまず区切りをつけようという時にマイルドな感じで表現するために使います。

例えば、LINEなどでたわいのない会話をそろそろ終わらせようと「ではまたのちほど」いうニュアンスで使ったりします。

他には、デートでお互いが特に予定を決めていなかった時、「とりまカラオケいくか」というように、まさに「とりあえず」として使います。

一方で飲み屋の店員さんに「とりまビール」といっても通じない可能性があるので、そういう場では使わない方がよさそうです。

授業以外の時間を持て余し、いつも複数でつるむのを生活スタイルとする量産型大学生にとって、「とりあえず~しよう」と自分たちの方向性を決めるのには必要な言葉でしょう。

まじ

ひと昔前から若者たちの間で多用されてきたことばで、「マジビビった(本気でびっくりした)」、「マジか?マジで?(本当に?)」というように使われます。

この「まじ」を使うと、「本気で」「本当に」と言うよりも、大げささが増して逆に信頼度が薄まります。

相づちとして使っていてもあまりにも多用してしまうと「この人本当に話を聞いてくれてるのかな?」と疑問を持たれる可能性もありますが、話の内容がそれほど話し手にとってもたいしたものでない場合、表情豊かに大げさに驚いてくれる感じがして、ある意味助かる場合が多く、「まじ」を多用する人のキャラクターとしては場を和ますムードメーカー的な人が多いと思います。

沢山の学友と関わり、サークルなどのコミュニティに所属したり、コンパに顔を出さなくてはならない大学生にとって、「まじ」は非常に重要なキーワードといます。

量産型大学生はやはり誰かに造られている?

上記の量産型大学生にあるあるな共通点をご覧になっていかがでしたでしょうか。

おそらく、「それら以外に何着りゃいいの?どのブティック行ったって同じようなものが置いてあるし選択肢あんまり無くない?」
「髪型もそれら以外どんな髪型にすればいいの?モノには流行りがあって、個人個人がそれを着たい、そんなヘアースタイルにしたいと思うのは当たり前でしょ?」
「それから、口癖だって、使う単語が同じでも、話す内容は違うと思うんだけど」
「それだけじゃない。

話す内容が違えば、考え方も違うし、趣味も経験もみんな違ったモノを持ってます!」
「たったこれだけで量産型大学生って呼ばれて、個性が埋もれてるなんて呼ばれる理由がわからない」
といったように思われたんじゃないかと思います。

確かに、「姿形が似ているイコール個性が無い」とは言い切れません。

個性に溢れ、バラエティが豊富な若者達であっても、世の中に「流行」というものがあるのなら、着るもの、使うもの、やること、話すことは限られてくるわけです。

そう考えると、同じ服、同じ髪型、同じ言葉を使うというだけのくくりで大学生を「量産型」とするならば、やはり誰かに、いや何かによって彼らは量産されていると考えるべきかもしれません。

量産型大学生とは

上記ではこんな格好してると量産型大学生、あんな髪型してると量産型大学生、そんな言葉遣いは量産型大学生。

というお話でした。

ここからは、改めて量産型大学生とはどんなものか総体的に考えていきましょう。

その中で、物にはいいところ・悪いところやメリット・デメリットが必ずあります。

なので、何度も言いますが、ここでは、量産型大学生自体が良い存在か悪い存在かを考えることはしませんが、量産型大学生(になること)のメリット・デメリットは考えてみたいと思います。

量産型大学生

まず、「量産型」という言葉の意味はというと、同じ規格で大量に生産されている製品のことをいいます。

大量に生産されるということは、今その製品が流行に乗っているということです。

そして、その流行に乗った人達も結果として他人と同じような外見、もしくは内面になっているので、「量産型」が誰か人の頭につくと、意味は転じて、他より突出したところがない人のことを言い表します。

「量産型女子」「量産型彼氏」「量産型オタク」等。

ということから、量産型大学生というのは、まさに流行に乗って最前線を進む大学生達のことを、悲しいかな、少し皮肉混じりで「量産型」と呼んでいる感じですね。

周りと同じ格好や姿をした大学生

「量産型大学生」とは簡単に言うとこういうことです。

しかし、同じ格好をするからと言って個性が無いとは言い切れず、世の中にはその時代のトレンドによって、作られる物には偏りがあるため、どうしても同じ格好にしかならないこともあるということは前述しました。

逆に同じ格好をしてはいけない理由も無いことは念を押しておきましょう。

個性がない

ここまでに何度か「個性が無いというわけではない」と否定はしてきましたが、着ているもの、髪型、話し方だけ、つまり、表面上は個性が無いように見えてしまうのは否めません。

ここは、量産型大学生の中でも、同じ格好になったとしても、帽子の被り方やメイク、その他小物等で自分らしさを出そうとはせず、友達の格好や雑誌のモデルをそのまま真似している人達に対して「個性が無い」と言うことにしてはいかがかと思います。

量産型大学生のいいところ

では、量産型大学生のメリットについて考えてみましょう。

皮肉混じりで「量産型」と呼ばれているのなら、その影には、そう呼ぶ人達から何か羨ましがられているということもなきにしもあらずです。

おしゃれ

前述の通り、流行しているものが大量生産される世の中で、流行を貪欲に取り入れ最先端を走っているからこそ、同じ格好をしてしまうわけです。

ですから、とにかくおしゃれな若者達なんです「量産型大学生」というのは。

そう考えると、「量産型」なんて付けて彼らを呼ぶ人達は流行に取り残された人達なのかもしれません。

おしゃれじゃないかはわかりませんが。

人付き合いが上手

「人は見た目が9割」だとか「第一印象で100%決まる」だとかよく言われるように、我々は他人と接する前に、相手の見た目からその人がどんな人か8割方判断してしまいます。

そんな習性をもつ我々ですから、相手が自分と同じ格好をしていると、親近感が湧いてきます。

自分もいくらかまわりと同じ格好をしているので、「げっ、服カブってんじゃん、何コイツ」ということにはならないはずです。

第一印象から親近感を持たれる量産型大学生は話しかけやすく、話しかけられやすい存在です。

また、服の趣味など、何か共通するアイテムをもっているなら、服やそのモノに対する考え方も同じということですので、会話も自然とはずみます。

「量産型大学生」は量産型なので大学生のマジョリティです。

つまり、共通する、もしくは共感できる考え方をもつ同世代は沢山いるということですから、人付き合いも上手というよりは「苦労しなさそう」ですね。

量産型大学生の悪いところ

では、次に量産型大学生の悪いところを見ていきますが、「悪いところ」というと言うと、「大学生としてよろしくないことをしている」ように聞こえますから、悪いところというよりは、「量産型大学生になると、損するとまではいかないが、他人からこう見られても仕方ないよ」というデメリットなポイントを見ていきましょう。

個性がないから目立たない

これは先程も述べた通り、同じ格好をしていると、こう見られても仕方ありませんね。

でも、目立とうと思わなければ気にすることもありません。

アラウンド20で少し大人になりかけた大学生ですから、個性を主張して他人より目立とうと考えるのも「ちょっと変わっている」と思われそうです。

しかし、個性を出したい、他人より目立ちたい。

そう思っている人は脱量産型を目指さなくてはなりません。

量産されている流行りのもを着ていてはいけません。

でも、どうでしょう?量産型大学生にカテゴライズされない格好をしていると、今度は周りから「ちょっと変わってる」と思われませんか?

難しいところなんですよね。

あるものをカテゴライズすると、それと違うものとで二極化が起きるのは必然で、ちょうど良いところっていうのがないんです。

個性が主張できて、他人からあーだこーだ言われないコーディネートにはどんな服を着れば良いのでしょう?

自分が量産型という自覚がないことが多い

皆、自分の着たい服を着て、被りたい帽子を被り、履きたい靴を履く。

そして、好きなものを集め、世間で話題になっていることを話す。

そうやって生きています。

一人一人自分の価値観で何事も決めているようなんですが、実は世の中のトレンドはその一人一人の価値観が同じだから生まれます。

つまり、人は自分の価値観で自分(だけ)が好きなものを選んでいるようで、実は大きなトレンドに流されているのです。

だから、ちょっとまわりを見渡せば、自分の漕いでいる船の他にも沢山の船が同じトレンドという河を下っていっているのに気づきます。

それまでは自分もやはり「量産型」だとは気づかないことが多いでしょう。

ただ、自分が量産型であることに気づかないことはなんのデメリットでもありません。

量産型であること自体がデメリットではないからです。

ここで言いたいのは、自分は自分の好きなことをしているようでも、見た目は他と同じにしか見えないということです。

まとめ

「量産型大学生」という呼び方には一種の皮肉が混じって聞こえると述べました。

それは逆に量産型大学生というカテゴリーから外されてしまった人たちが羨ましがって「オシャレ」で「イケて」る、「イマドキ」の大学生をそう呼んでいるのではないかと。

その証拠に、「量産型」にカテゴライズされていそうな大学生達はそれほどそう呼ばれることを気にはしていません。

女子は「量産型男子学生」を見て「カッコいい」と思えるみたいですし、男子は「量産型女子学生」を見てドキドキしているようです。

ですから、逆に量産型大学生と呼ばれる方が一つ称号をもらったような感じになるのではないでしょうか。

もちろん、それを言い換えれば、他と同じ格好していないと不安になるという若者の深層心理からきているものであって、「量産型大学生」になることは何もすごいことではないことも理解できました。

しかし、調べていくうちに、確かに「あの人、チノパン履いているから量産型、パーマかけてるから量産型、いつもマジって言うから量産型」とカテゴライズされるには、そのファッションもヘアスタイルも口癖も幅があり過ぎにおもいます。

ですから、量産型同士と思わる2人を並べてみたとき、マクロで見ると双子の様に見えても、ミクロでみると違いはたくさんあると思います。

世の中に流行と言うものがあって、それによって第1次産業から第6次産業まで、トレンドは動かされているわけで、大学生のみならず、人はある意味同じものを着せられ同じ格好にしなければならないことの方が多いはずです。

そんな世界で、若者たちは友達と揃えるのを楽しみ、その中でちょっとずつ人と変化をつけることをまた楽しんでいることと思います。