世界各国のグローバル化が進む中で、日本にも海外の多くの国から沢山の外国人が移り住んでいる状況にあって、『白人女性』という特定の人種を指す表現は時代錯誤と思われる面があります。

しかし、日本男性にとっては、様々な国の女性の中で『白人女性』を特別視するような風潮が未だに残っていると言えます。

日本男性にとって、金髪にブルーの大きな瞳、スタイルが良い白人女性は、美しい女性を象徴する存在のように思っています。

日本男性にとって、白人女性が美しく可愛いと感じる主な特徴は2つあります。

1つ目は、スタイルがよく、目鼻立ちのクッキリした顔に大きな瞳と金髪に白い肌が眩しく感じるのです。

2つ目は、仕草や感情表現が大らかで、大きな口と表情豊かな顔で陽気な華やかさを放っているところです。

白人女性が居るだけで、場の雰囲気が華やいだ陽気さに包まれます。

スタイルの良さ、目鼻立ちがクッキリしていて明るい表情、輝く金髪の白人女性は日本男性の心を虜にするのです。

外国には様々な肌の人がいます。

白人と黒人をテーマにした有名な曲があります。

ビートルズのポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーがデュエットしている「エボニー・アンド・アイヴォリー」という曲があります。

EBONYはピアノ鍵盤の黒鍵、IVORYはピアノ鍵盤の白鍵を指します。

この曲では、ピアノには黒鍵と白鍵があるお蔭で美しい曲を奏でることができていて、どちらも欠かせない大切のものです。

という意味になっています。

肌の色は、ヒット曲のテーマになるほど、国を問わず人々にとって重要なテーマになっているのです。

肌の色を論じるときに真っ先に挙げられるのが白人女性です。

白人女性はスタイルが良く、金髪に感情豊かな口元、大きな瞳で明るく陽気な笑顔が可愛い女性の象徴として、日本男性の心を虜にしているのです。

白人女性が可愛い10個の理由

白人女性は、見た目の華やかさと仕草の華やかさを兼ね備えています。

金髪と目鼻立ちのクッキリとした表情が醸し出す華やかなオーラと陽気で明るい表情の変化に加えてオープンな仕草は、周りの男性を虜にします。

白人女性の表情豊かな感情表現は、周りの雰囲気を華やいだ陽気さで包んでくれます。

また、豊かな感情表現と人当たりの柔らかさを活かした明るいコミュニケーション能力を備えています。

華やかさと陽気さを兼ね備えた白人女性は、ミス・ワールドにも多数参加しています。

白人女性の見た目の華やかさと性格には大きなギャップをもつ女性もいます。

見た目は華やかでも、性格が落ち着いている白人女性もいます。

見た目と性格とのギャップや見た目と人柄のギャップは、日常的に起きることで白人女性に限ったことではありません。

白人女性と一口に言ってもお国柄により様々な性格の違いが観られます。

アメリカやヨーロッパ、ロシアなどそれぞれの国の歴史や文化、伝統により白人女性の特徴は多様です。

1.甘え上手だから


海外の白人女性は男性との交友関係も自由に楽しむ傾向がありますので、異性との友達づくりの経験も豊富な面があります。

異性との豊富な交友関係の経験から、男性に甘えることも上手に振る舞うことができます。

人間関係の経験が豊富なため、交際相手のタイプに合わせた甘え方も上手です。

なんでもしてあげたくなる

金髪で目鼻立ちのクッキリとしたブルーの瞳の愛らしい白人女性から頼みごとを言われた日本男性は、有頂天になって白人女性の言いなりになり、何でもしてあげたくなるものです。

日本男性の多くは、白人女性に憧れを抱いていますので、頼まれごとには躊躇なく何でもしてあげたくなります。

日本男性は、頼まれごとを引き受けて、してあげることをキッカケにして親しくなることを期待することもあります。

海外の白人女性の多くは、10代の頃から異性との友人関係を持つことが少なくありませんので、男性へ頼みごとをするときの顔の表情やコトバの言い回しが上手です。

白人女性から、愛らしい瞳で見つめられて頼みごとを言われた日本男性は、心が浮き浮きして、なんでもしてあげたくなるのです。

2.外見と中身にギャップがあるから

海外の白人女性は育った国の文化や生活習慣から、日本女性のように男性に遠慮することは少ないと言えます。

海外の多くの国では、女性と男性が対等な立場で交友関係をもつことが一般的ですので、愛らしい瞳の可愛い女性であっても、話をしてみるとシッカリした強い意志や考えを持っていることは少なくありません。

見た目の可愛らしさと中身にギャップがあることは白人女性に限らず珍しくありません。

日本男性が抱くイメージとは異なり、シッカリした強い意志をもっている女性が多いといえます。

諸外国の学校教育は、生徒一人ひとりの個性を大切にして伸ばすことを『柱』にしています。

また、女性と男性は対等の立場で社会進出できる人材を育てる教育を進めていますので、自分の考えや意志を明確に相手に伝えるコミュニケーション能力が備わっています。

ですから、可愛い白人女性であっても、外見と中身にギャップがあることは珍しくありません。

一方、日本の女性が置かれている立場をみると。

国際機関の世界経済フォーラムが発表した、「世界の男女平等ランキング」で日本は世界144ヵ国中で114位です。

例えば、フランスは11位、南アフリカは19位です。

日本女性の社会的立場の低さには驚きを感じます。

日本女性の置かれている立場を当たり前と思っている日本男性にとっては、白人女性がもつ自信に満ちた言動に圧倒されることがあります。

この数字が物語ることの1つに学校教育内容の違いが挙げられます。

諸外国の学校教育では、小さい頃から、男性、女性を問わず社会進出し活躍するための生き方を授業の中で身につけていきます。

ですから、物事の考え方の基本に男性、女性の区別はなく、積極的な考えを男性にぶつける女性も居ますので、日本男性が、たじろぐことがあります。

白人女性の外見と中身にギャップがあるのは珍しいことではありません。

しっかりした外見との差にキュン

諸外国の女性は、小さい頃からの学校教育の中で、社会に進出し企業で男性と対等に活躍するための方法を学んでいます。

男性に遠慮をする発想がなく、考えを率直に向けてきますので、シッカリした女性に観えるのです。

愛らしい表情で日本男性の心をクスグルことがありますが、内心はシッカリした考えと人生観をもっています。

白人女性は可愛いだけではなく、物事への考え方もシッカリしていますので、日本男性の心にキュンと刺激を与えるのです。

白人女性を見た目で人柄を決めつけることは誤解を招く元になります。

3.自信があって堂々としているから

諸外国の学校教育は、生徒の個性を伸ばすことを大切にする内容になっていますので、生徒は小さい頃から自分に自信が備わってきます。

この点が日本の学校教育と大きく異なるところです。

日本の学校教育は、生徒自身の個性を伸ばすことよりも、生徒の個性の横並びを目指す教育内容になっています。

今、世間を賑わせている学校の校則は、生徒の個性や持って生まれた髪の毛の色など個人に備わっている体質を無視し、縛ることを目的にして、生徒全体を『均一化』する狙いがあるのです。

グローバル化が拡大している世界的教育の流れにあって、日本の学校教育は世界の潮流に逆行しているのです。

ですから、海外からの評価は、各国の子供に比べて日本の子供たちは、元気がなく、覇気に欠けて伸び伸びした個性の発現が観られないと言われているのです。

海外の学校教育は、生徒一人ひとりの個性を伸ばすことにチカラを入れていますので、自信があって伸び伸びとしている女性が育っているのです。

日本の学校教育を当たり前だと思っている日本男性にとっては、自信があって伸び伸びとしている白人女性を目の前にしたとき、狼狽えることでしょう。

何を言われても動じない

白人女性の特徴である金髪に目鼻立ちがクッキリとし、ブルーな瞳の愛らしい笑顔の表情からは、意志の強さは感じられません。

しかし、会話をしてみると自信に満ちたシッカリとした信念と考えを持っていることに気づかされます。

しかも、子供時代からの学校教育の積み重ねのお蔭で、周りの人から何を言われても動じない芯の強さを持ち合わせています。

白人女性は、見掛けの可愛らしさからは想像できない強い信念と人生観を持っていますので、他の人から何を言われても動じないシッカリした意志の強さを身に付けています。

可愛らしさと自信と意志の強さを兼ね備えているのが白人女性の持つ特徴の1つといえます。

4.恋人に尽くすから

白人女性の中には、ヨーロッパ、ロシア、イギリス、アメリカなど様々な国の歴史や文化、生活習慣により、多様な女性像が存在しています。

白人女性=恋人に尽くす、という構図が全て当てはまる訳ではありません。

一般的に言えることは、海外では日本よりも個人主義の歴史が長いことから、個人同士のつながりを大切にする生活習慣があるため、恋人に尽くす傾向がみられます。

個人主義が発達している国の白人女性は、個人同士の交友関係を重要視しますので、恋人には特に愛情を注ぎ尽くす姿を見せます。

日本男性にとって、可愛い金髪の白人女性から尽くされると、有頂天になってしまいます。

白人女性は愛情表現が大らかでストレートですので、恋人に尽くす姿が目立ちます。

海外の多くの国では個人主義が発達していますので、一人ひとりの個性を大切にします。

ですから、異性間の友達関係から恋愛関係に進展することがあっても、恋人に尽くす振る舞いをするのです。

相手の為に動く

一口に白人女性と言っても、ヨーロッパ、ロシア、アメリカなど、国の文化や生活習慣により、人間関係の考え方も多様です。

また、海外の多くの国では個人主義が日本よりも浸透していることから、個人同士の人間関係においても相手の考えを尊重します。

相手の存在を大切にする考えが習慣づいているため、相手の為に自然な振る舞いとして、動くことができます。

白人女性の中には、恋人への思い入れが情熱的になり、相手を大切にする愛情表現から献身的に恋人の為に動く女性がいます。

5.顔立ちが整っているから


白人女性のもつイメージは、金髪で大きな口元に大きな瞳、目鼻立ちがクッキリとしてスタイルも良いところです。

顔立ちが整っているので、日本男性にとっては『可愛い女性』の代名詞のように見えてきます。

見た目で、顔立ちが整っていると性格も明るく人柄も良いような印象を与えます。

人に与える第一印象の大きな決め手となるのは、顔立ちです。

女性が男性に好印象を与える大切なポイントとして、顔立ちは大きなインパクトを与えます。

顔立ちが整っている女性は、『きれい』とか『可愛い』という好印象を男性に与えます。

特に白人女性の場合は、顔立ちの良さに金髪で白い肌、スタイルの良さが加わり、日本男性の心を強く惹き付けます。

顔立ちが整っている白人女性の笑顔の素晴らしさに、オープンで明るい陽気な性格が加わることで、日本男性に与える可愛らしさのインパクトは強いものになります。

彫りが深い

白人女性の顔立ちは彫りが深く、大らかで感情豊かな表情をしているので男性に好印象を与えます。

彫りが深い顔の白人女性は、意志の強さが顔の表情に表われている面があります。

ですから、日本男性の目から見ると隙がなく優柔不断さのない、ハッキリとした意思表示をする女性として映ります。

白人女性の彫りが深い顔は、強い意志を秘めた心の表れと観ることができます。

                                                   

6.目が大きいから

白人女性がもつ一般的なイメージは、金髪に白い肌、紅い口紅に彩られた大きな口、ブルーの大きな瞳が愛らしさを醸し出しているところです。

目の大きさは、積極性と陽気な大らかさもった女性という印象を男性に与えます。

『目は口ほどにものを言う』という諺があるとおり、目の表情には、くち以上に感情が表われてくるのです。

目の表情には女性の気持ちがストレートに表われてきますので、大きな目から女性の気持ちや感情を知ることができます。

一方、日本女性は、白人女性に比べると一般的には目が大きくないため、目の表情から気持ちや感情を読み取るのは易しくありません。

目の大きな白人女性は日本女性に比べて、大らかさと積極性を持ち合わせている印象を周りの人に与えます。

大きな瞳に吸い込まれそう

女性の大きな瞳は魅惑的で男性の心を惹きつけます。

特に白人女性の大きくブルーな瞳は、魅惑的な愛らしさを醸し出しています。

日本男性にとっては、白人女性の大きく透き通る瞳には色気が漂い、心を惹きつけられて吸い込まれそうな感覚を覚えます。

大きな瞳は男性の心を惹きつけるフェロモンを漂わせていて、感情表現に豊かさと大らかさを添える効果があります。

特に喜びの感情表現のときには、大きな瞳が一層大きく見開き、感激の強さを際立たせます。

『目は口ほどにものを言う』というコトワザがあるとおり、大きな瞳は感情をストレートに表現しますので、日本男性は大きな瞳に吸い込まれそうな錯覚を覚えることがあります。

7.鼻が高いから

白人女性の目鼻立ちがクッキリしている表情豊かな顔からは、陽気でありながら意志の強さを感じることができます。

特に、鼻の高さは、意志の強さを醸し出します。

人は自慢をするときに鼻を高く見せようとするのは、意志の固さを表しているのです。

また、鼻を高く見せるのは自己顕示欲の強さの表われでもあります。

白人女性には鼻が高い女性もいればあまり高くない女性もいます。

鼻が高い女性は自己顕示欲が強く、意志の強さを表していると言えます。

美人顔の象徴

白人女性の一般的な顔のイメージは、金髪でブルーの大きな瞳と紅い口紅に彩られた唇にクッキリとした目鼻立ちの美人顔を思い浮かべます。

表情が豊かで感情を大らかに表現する白人女性の顔立ちは、美人顔の象徴といえます。

美人顔を決定づける要素の1つになっている、大きく澄んだ瞳は白人女性の美人顔の決め手になっています。

一方、アジア系の女性の顔は日本女性も含めて、瞳の大きさや目鼻立ちが白人女性よりもクッキリ感が少ない印象を受けます。

世界的に人種の融合が進んでいますので、白人女性の顔が『美人顔の象徴』と言われていることも過去のものになりつつあると言えます。

8.唇に色気を感じるから

白人女性の金髪と表情豊かな大きな瞳、紅い口紅に彩られた大きな唇に日本男性は色気を感じずにはいられません。

人種や肌の色を問わず女性の唇は色気を醸し出す象徴といえます。

特に、紅い口紅に彩られた大きな唇は男を魅了する色気を醸し出すのに十分過ぎるものがあります。

白人女性の大きな唇は、大らかな色気をふりまく印象を与えます。

大きな唇の女性は男性が抱く望みを大らかに受け止めてくれる印象を醸し出しますので、日本男性にとっては色気以上の雰囲気に包まれることがあります。

セクシーな口元にキュン

女性にとってセクシーさをアピールするものに口元の色気があります。

白人女性の表情豊かで大きな口元は、紅い口紅で彩られた唇が醸し出すフェロモンとともに日本男性の心を魅了します。

女性の感情を表現する口元を彩る紅い唇がより強烈なセクシーさを放ちます。

女性にとって、お洒落を彩る服装と同様に口元のオシャレは大切です。

口元を演出するための口紅の色や口の開け方により、セクシーさを振りまくことで日本男性の心を虜にします。

白人女性の分厚い唇に紅い口紅が白い肌の中で鮮やかな光を放ち、豊かな感情を表現する口元から放たれるセクシーなタメ息を向けられた日本男性は心を揺さぶられ胸がキュンとなります。

日本男性は白人女性のセクシーな口元に胸をキュンとさせながら、恋人にしたい憧れを抱くのです。

9.一生懸命だから

海外の女性は、日本の女性よりも社会的に男性と対等に社会進出して活躍する機会が多いといえます。

このため、社会進出への意欲を強くして、自己表現することに一生懸命になるのです。

「世界の男女平等ランキング」で日本は世界144ヵ国中で114位です。

この数字が示すように、日本の社会的背景の影響を受けて日本女性は、海外の女性に比べて社会進出に向けて躊躇し、意欲を抑える傾向があります。

日本女性の意欲に影響を及ぼしている要因の1つは、日本では女性のもつ実力が男性と対等に評価されない実態が依然として存在していることです。

一方、諸外国では、女性も男性と対等に実力が評価されますので、社会的な活躍を目指す白人女性にとっては一生懸命に取り組むことで社会的な評価を得ることができ、やり甲斐と充実感を実感することが出来るのです。

日本女性にとっても、仕事に一生懸命に取り組んだ結果が男性と対等に社会的評価を得ることができるように男女格差が解消されることを期待したいです。

男性に頼ることをしない自立した女性の姿は、諸外国で多くみられる傾向があります。

自立した白人女性が仕事に一生懸命に取り組む姿は、日本女性の心を奮い立たせます。

努力をする姿を応援したくなる

肌の色や人種、性別に関わらず、努力する姿は美しいですので応援したくなるものです。

日本男性の目から見ると金髪の可愛い白人女性の努力する姿には、特に応援したくなります。

海外の女性は、男性に頼ることをせずに人生を切り拓いていく自立心が強く備わっていますので、白人女性の努力する姿から意志の強さを感じ取ることができます。

外国の女性は、男性と対等に社会進出をして活躍する場面が様々な分野に広がっています。

例えば、政治家や企業の経営に携わる立場に就くことや、大学の教授、様々な組織で重要な地位に就くなど、日本では考えられない程、様々な分野に女性が進出できるチャンスがあるのです。

日本男性からみると、白人女性の努力をする姿を目にすると見た目の可愛らしさ、美しさからは想像できないため、応援したくなるのです。

10.女子力が高いから

諸外国の学校教育は、幼少の頃から児童や生徒の持つ個性を伸ばすことを大切にした教育内容になっていますので、男女が対等の立場で人生を切り拓くという考え方が浸透している社会環境になっています。

ですから、女性も幼少時から自立心が養われていますので、女子力が日本女性に比べると高くなっています。

日本の学校教育は、生徒の個性を伸ばすことよりも、個性の均一化を目指すことを重要視していますので、生徒の個性が伸びることを抑えられています。

このため、日本女性の女子力は諸外国の女性と比べると萎縮した傾向がみられます。

海外の女性は、白人女性に限らず女子力が社会的に認められる環境にあります。

日本男性の目から見ると、白人女性の女子力に大らかなエネルギーを感じるため心を惹きつけられるのです。

自分磨きをがんばっている

海外の女性は、努力した結果が男性と対等に評価されますので、自分磨きにもヤリ甲斐が湧き出てきます。

一方、日本では女性が一生懸命努力してきた結果が明らかに男性よりも優れていても正当に評価されない場面が様々な分野において珍しい事ではありません。

自分磨きを頑張っている女性にとっては、男性と対等に評価されないもどかしさに悔しさを感じることが多々あると言えます。

海外の女性は、白人女性に限らず男性と区別なく評価されますので、自分磨きを頑張ることに、やり甲斐を見出すことができるのです。

日本男性が白人女性に惚れる理由

日本男性に限らず男性が女性を見るときの視線の行き先は、顔やスタイル、服装、お洒落のセンスだったりします。

特に、女性の顔立ちやスタイルに注目するところが男性の心理にあります。

海外の女性を見るとき、金髪に大きな瞳、目鼻立ちのクッキリした表情豊かな顔立ち、大らかさを表した大きな口元の白人女性は、日本男性にとっては憧れの存在になっています。

表情豊かなブルーの大きな瞳と豊かな感情表現を演出する紅い口紅に彩られた唇は、日本男性の心を刺激するには充分過ぎるところがあります。

日本男性が白人女性に惚れる理由には、スタイルなど見た目の美しさや可愛らしさ、豊かで大らかな感情表現が挙げられます。

1.綺麗だから

白人女性の代名詞であるマリリン・モンローに象徴されるように、スタイルや肌の白さ、金髪、表情豊かな紅い唇など、女性の奇麗さを持ち合わせているところが白人女性の印象です。

一方、日本女性は、諸外国の女性に比べると、目鼻立ちのクッキリさや肌の白さに違いがあります。

日本男性は、日本女性が持ち合わせていないスタイルや肌の色、髪の毛の色などに憧れを抱いているのです。

男性は綺麗な女性に憧れを抱きます。

日本男性は、白人女性の綺麗さには際立った印象をもちます。

肌の色や髪の毛の色など日本人にないものに惹かれる

日本男性が憧れる女性像はマリリン・モンローに象徴されるように、金髪に白い肌、透き通る大きな瞳に紅く彩られた厚い唇を持ち合わせた女性です。

日本女性にとっては、白い肌や金髪も透き通る大きな瞳も紅く彩られた厚い唇も白人女性とでは違いがあります。

ですから、日本男性にとっては、女性の美を象徴する肌の色や髪の毛の色など日本女性にないものに惹かれるのです。

肌の色や髪の毛の色など見た目の印象は人柄と全く別物ですので、白人女性に限らず、可愛い顔立ちの女性は人柄も可愛いとは言いきれないところがあります。

2.スタイルがいいから

日本女性もスタイルの良い女性は増えてきました。

しかし、海外の女性のスタイルの良さとは違いがあります。

スタイルの良さに白い肌が備わることで、日本男性の心が惹きつけられます。

スタイルの良さは、見た目のカッコよさを演出します。

クッキリとした目鼻立ちと大きなブルーな瞳、紅い唇がスタイルの良さを一層際立たせます。

日本女性よりも身長の高い白人女性は、スタイルの良さを活かして存在感をアピールできます。

日本男性が女性を見るとき最も注目するのはスタイルと顔立ちです。

脚の長さや胸の大きさ、肌の色、顔立ちに注目し、日本女性よりもスタイルが良いと感じて白人女性に憧れを抱くのです。

女性の見た目は、スタイルの良さが決め手になります。

ボンキュッボンなスタイルに憧れる

スタイルの良さの決め手は、ボンキュッボンになっているメリハリの利いた身体のラインです。

日本女性のスタイルはボンキュッボンになっている人は多いとは言えません。

しかし、海外の女性は白人女性も、出るところは出ていてボンキュッボンになっているので、日本男性の目にはセクシーな身体として映るのです。

ボンキュッボンなスタイルは、陽気で大らかな感情表現をする白人女性の雰囲気を盛り上げるのにピッタリといえます。

顔立ちもクッキリとしていて脚が長く、身体のラインがボンキュッボンになっているグラマラスなスタイルの白人女性は日本男性にとって憧れの的です。

3.フレンドリーだから

白人女性のもつ一般的な印象は、メリハリの利いた顔立ちが物語るように陽気で感情表現が豊かで大らかさを持ち合わせた親しみやすい雰囲気を連想させます。

大きな瞳と大きな口元は、明るい陽気さを象徴しています。

一方、感情表現が控えめな日本女性は、喜怒哀楽を周りの人に遠慮なく表現する人は多くありません。

日本女性は白人女性に比べると大らかな感情表現をせずに、周りの目を気にして抑えますので、何を考えているのか、分かり難い印象を男性に与えます。

この点、外国の白人女性は、感情や気持ちを抑えずに大らかに表現しますので、日本男性にとっては、フレンドリーな印象を受けます。

表情豊かで大らかな感情表現をする白人女性は、日本男性にとっては親しみ易い存在です。

日本男性にとって、白人女性の大らかな感情表現から気持ちを把握し易いため、安心感を持てるため、フレンドリーな関係に進展し易い印象を受けるのです。

すぐに親しくなれる

白人女性は感情表現が大らかでストレートなので、日本男性から観ると人柄や気持ちを把握し易い印象を受けます。

ですから、白人女性とはすぐに親しくなれると感じるのです。

一方、日本女性は周りの人の目を気にして感情表現を抑えますので、男性から観ると女性の気持ちを知るキッカケを掴むことが難しくなり、親しくなるためには多くの時間を要するのです。

日本男性にとっては、日本女性を相手にするときの『深読み』が白人女性では必要がないため、すぐに親しくなれるという印象をもつのです。

海外の多くの国は多民族な人の集まりで人口が構成されています。

育ってきた文化や生活習慣も異なる多民族国家の中で人同士が人間関係を築くためには、言葉と表情でハッキリと意思表示する必要があります。

明確なハッキリとした意思表示をしなければ、お互いに誤解を招くことになります。

ですから、顔の表情や言葉の表現も明確な言い方になるため、聞く人にとっても分かり易くなるのです。

顔の表情の豊かな表現やハッキリとした言葉の表現が日本男性にとっては新鮮で分かり易い印象を受けますので、白人女性とは親しくなり易いという印象を抱くのです。

4.言いたいことは素直に言うから

欧米やヨーロッパなど諸外国の人たちは日常生活の中で、職場で共に仕事をする人との間に出身国が異なるケースが珍しくありません。

育ってきた文化や生活習慣が異なる人同士の間で人間関係を築くためには、言いたいことをハッキリと素直に言うことが必要になります。

曖昧な言い方は、お互いに誤解を招くことになり、時によっては相手の育った国の文化的背景を無視する状況を招くことがあります。

多民族な国を背景として育ってきた白人女性には、相手に言いたいことを素直に言う習慣が身についています。

日本男性にとっては、言いたいことを素直に言う姿から新鮮な印象を受けて、心を惹かれるのです。

気を遣わない

諸外国では、女性男性を問わず、感情表現や意思表示がハッキリしていますので、相手の心や考えを推測し、深読みをする必要がありません。

一方、日本人は周りから『浮く』ことを警戒して、感情表現や意思表示を抑えることがありますので、何を考えているのか分かり難いことがあります。

ですから、日本女性と交友関係を築くためには、女性の心を読む気遣いをすることが必要になります。

諸外国では多民族の国が多いですから、白人女性も表情豊かに感情表現や意思表示をしますので、お互いに相手の心を深読みする必要がありません。

遠慮なくオープンに考えや感情を表現しますので、気を遣わずに済みます。

白人女性とのコミュニケーションは気を遣わないため楽な面があります。

5.一緒にいて自信になるから

欧米など諸外国の学校教育は、幼少時の頃から一人一人の個性を伸ばす教育内容ですので、自分の考えを明確に相手に伝える習慣が身に付いています。

幼少時から女性、男性を問わずに自信を育む教育が行われています。

一方、日本の教育は子供たちの持つ個性を伸ばすことよりも、均一化した人をつくろうとしますので、子供たちの個性は抑え込まれてしまいます。

このため、日本の子供や大人たちは、周りの人と考えが違っていても遠慮なく考えを表現する自信が失われているのです。

白人女性が自信をもって相手に考えを伝えて、感情表現も遠慮せずに素直にしますので、日本の教育環境で育ってきた日本男性にとっては、一緒にいることで影響されて自信をもてるようになるのです。

自慢できる

白人女性の一般的なイメージは、脚が長くてスタイルがよく、表情豊かで目鼻立ちがクッキリとしていて、大きなブルーの瞳と大らかで陽気に感情表現する明るさを持ち合わせているという印象です。

日本男性にとっては、スタイルがよく綺麗な顔立ちで白い肌の金髪女性と友人関係になることを密かに望んでいるのです。

白人女性と聞いただけで、日本女性よりもスタイルが良くて、綺麗で陽気で大らかという印象を受けます。

日本男性にとっては、身近にいる日本女性よりも大らかに感情表現する白人女性に魅力を感ずる傾向があります。

まとめ

日本男性が白人女性に魅力を感じる要因には、『欧米の文化は優れている』という働きかけが明治時代から刷り込まれてきた時代背景が影響していると言えます。

確かに、白人女性はスタイルが良く、白い肌に金髪の髪がなびいて、太陽の光に輝いている姿に日本男性は魅了されるのです。

しかし、白人女性という表現は、『見た目』の表現であって、女性の人柄を表すものではありません。

スタイルがよくて目鼻立ちがクッキリとしていることと性格は別物です。

女性、男性を問わず、スタイルのいいカッコいい人は性格もカッコいいとはかぎりません。

グローバル化が早いスピードで展開している世界の潮流にあって、『白人女性』というコトバは時代錯誤の印象を与えます。

多民族の世界では、肌の色も文化、生活習慣も多様化している中で、白人女性だけがカッコよく綺麗とは限りません。

スタイルや顔立ちなどの見た目で女性を判断することは時代錯誤と言えます。

今の時代は女性、男性だけではなく、男性女性の枠を超えたLGBT(性的少数者)やその他の性的少数者の存在も考慮しながら人間関係を築く社会になっています。

グローバル化が急展開で進む世界の潮流に、日本男性が取り残されないようにするためには『白人女性』という時代錯誤の女性観を払拭することが急務といえます。

「世界の男女平等ランキング」で、世界144ヵ国中114位に日本の女性を追いやっているのは日本男性なのです。

日本男性の女性観は世界144ヵ国中で114位という低さにあることを意味しているのです。

『白人女性』というコトバは、日本男性の認識が世界の潮流に逆行する価値観であることを象徴しています。

あなたが、『白人女性』に拘る日本男性なら、日本女性を幸せにすることは難しいと言えます。