CoCoSiA(ココシア)

掴むとはどういう意味?恋を掴む14個の方法も紹介


アナタは「掴む」と聞くとどういうイメージを持つでしょうか?

「腕を掴む」など何かを手にするときや、「コツを掴む」「要領を掴む」など感覚的なものを習得するとき、…いろんな時に「掴む」という言葉を使うことかと思います。

そして恋を手に入れることも「恋を掴む」と言いますよね。

このように、色んなシーンや状況で使う「掴む」。

何気なく使っている人も多いでしょうが、具体的にはどんな意味があるのかご存知でしょうか?

ちゃんと意味を理解していると、色んな使いどころを見つけることが出来て楽しいですし、周りから「言葉がわかっている」と思われていい感じですよ☆

また、そんな「掴む」という言葉を使う中でもみんなが興味がある「恋を掴む」ということもどんなことか気になりますよね!

今回は、「掴む」の意味をお勉強した上で「恋を掴む」ことについても詳しくお伝えしていきたいなと思います!

️掴むってどういうこと?恋は掴む?握る?

片想いの人がいるという人は、どうしてもこの恋を手にしたいものですよね。

そういうときに「恋を掴みとりたい」と思うことでしょう。

このように、恋を手に入れたいというときにも「掴む」という言葉を使うのですが、「恋を握りたい」とはあまり言いませんよね。

動作をしてはあまり違いがないように感じるこの「掴む」と「握る」ですが、この2つの言葉の差って何があるのか気になりますよね。

️「掴む」の基本的な言葉

普段何気なく使っていることが多い「掴む」という言葉、よく意味理解して使っていますか??

何かを手にしたいときに「コツを掴みたい!」「この手に掴みたい!」と表現することがありますが、これってほかの言葉じゃいけなかったのかと考えたことはないでしょうか?

ここでは「掴む」とういう言葉についてをお伝えしていこうと思います!

意味・定義

「掴む」という言葉には「指を曲げてしっかり支え持つ」という意味があります。

そして強くとらえて離さまいという様子が表されています。

「腕を掴まれた」という使い方のほかには「大衆の心を掴む」などの使い方をします。

類義語に要注意!

「掴む」という言葉によく似た言葉で「握る」「とらえる」「持つ」などがあります。

よく似ているようですが細かい意味は異なるので使い方には注意するようにしましょう。

特に「握る」は「掴む」とよく混同されて使われることがあります。

次は、この2つの言葉の違いをちょっとだけ見ていきたいと思います。

「掴む」と「握る」の違い

「掴む」と使いどころが似ている言葉で「握る」という言葉がありますよね。

とても似ているように感じるのですが、「掴む」は「強くとらえて離すまいとする」「自分のものにする」「人の気持ちを強く引き付けて離さないようにする」という意味が強く、「握る」は「手の指全部を内側へ曲げる」「物事をとらえて自分のものとする、手中に収める」「重要な事柄を確実につかむ」などの意味合いがあります。

こうして「掴む」と「握る」を比べてみると、結構意味に違いがありますよね…「握る」の方がなんだか支配的な感じがしますよね。

「恋を『握る』」と表現すると、相手は何らかの逃げられない理由があって仕方なくアナタと付き合っているような感じすらしますよね(汗)
こうしてみると、恋はやはり「掴む」ものですよね。

️恋は握らない!掴む方で♡恋のつかみ方14個


恋は「握る」ではなく「掴む」ものです。

ステキな恋をこの手にするには「恋を掴む力」を磨くことがとても大切です。

ここでは、ステキな恋の掴み方についてをご紹介してきたいと思います!

ギャップを意識しよう

男女どちらも、異性のギャップというものには魅力を感じるものです。

ベタなものでいくと、学校でも有名な不良が雨に日に捨て猫に傘をさして優しくしている姿や、遊んでそうなイケイケな美女が実は身持ちが固くてこれまで彼氏すらいたことがない…みたいなヤツです。

これまでのイメージが吹き飛んでしまうほどのふり幅があるほど、人はギャップに驚くものです。

普段はシンプルで動きやすい格好ばかりしているのに好きな人とのデートのときはとても女性らしい格好をしてきたりされると「おっ!」と思いますよね。

ほかにも、普段はサバサバしているのに、いざというときに女性らしい一面を見せたりすると相手は「いつもは1人でも生きていけそうな感じだけど、やっぱりこの子はか弱い女の子なんだ」とドキッとすることがあるでしょう。

裏表を作る…というわけではありませんが、いつもと違う一面を好きな相手にだけたまに見るように意識をすると、そのギャップに相手はドキドキしてしまいますよ☆

出会いの場所に足を運ぶ

恋を手に入れるには、まず恋のお相手と出会わなけばいけません。

もし好きな人が特にいないという人は出会いの場に足を運ぶということをするようにしてみましょう。

それはお見合いパーティーやコンパのように本格的に出会うための場でもいいですし、学生時代の同窓会や会社の同期飲み会のような知っている人が来る飲み会でも構いません。

1から知らない人と新しい恋を始めたいのであれば前者のようなお見合いパーティーに行ったり、友達にコンパをセッティングしてもらうのもいいでしょう。

みんなが異性と出会う前提で参加しているので目的が分かりやすく、相手にも「恋を掴みたい」という気持ちがあるのでチャンスはたくさんあります。