アナタは「掴む」と聞くとどういうイメージを持つでしょうか?

「腕を掴む」など何かを手にするときや、「コツを掴む」「要領を掴む」など感覚的なものを習得するとき、…いろんな時に「掴む」という言葉を使うことかと思います。

そして恋を手に入れることも「恋を掴む」と言いますよね。

このように、色んなシーンや状況で使う「掴む」。

何気なく使っている人も多いでしょうが、具体的にはどんな意味があるのかご存知でしょうか?

ちゃんと意味を理解していると、色んな使いどころを見つけることが出来て楽しいですし、周りから「言葉がわかっている」と思われていい感じですよ☆

また、そんな「掴む」という言葉を使う中でもみんなが興味がある「恋を掴む」ということもどんなことか気になりますよね!

今回は、「掴む」の意味をお勉強した上で「恋を掴む」ことについても詳しくお伝えしていきたいなと思います!

️掴むってどういうこと?恋は掴む?握る?

片想いの人がいるという人は、どうしてもこの恋を手にしたいものですよね。

そういうときに「恋を掴みとりたい」と思うことでしょう。

このように、恋を手に入れたいというときにも「掴む」という言葉を使うのですが、「恋を握りたい」とはあまり言いませんよね。

動作をしてはあまり違いがないように感じるこの「掴む」と「握る」ですが、この2つの言葉の差って何があるのか気になりますよね。

️「掴む」の基本的な言葉

普段何気なく使っていることが多い「掴む」という言葉、よく意味理解して使っていますか??

何かを手にしたいときに「コツを掴みたい!」「この手に掴みたい!」と表現することがありますが、これってほかの言葉じゃいけなかったのかと考えたことはないでしょうか?

ここでは「掴む」とういう言葉についてをお伝えしていこうと思います!

意味・定義

「掴む」という言葉には「指を曲げてしっかり支え持つ」という意味があります。

そして強くとらえて離さまいという様子が表されています。

「腕を掴まれた」という使い方のほかには「大衆の心を掴む」などの使い方をします。

類義語に要注意!

「掴む」という言葉によく似た言葉で「握る」「とらえる」「持つ」などがあります。

よく似ているようですが細かい意味は異なるので使い方には注意するようにしましょう。

特に「握る」は「掴む」とよく混同されて使われることがあります。

次は、この2つの言葉の違いをちょっとだけ見ていきたいと思います。

「掴む」と「握る」の違い

「掴む」と使いどころが似ている言葉で「握る」という言葉がありますよね。

とても似ているように感じるのですが、「掴む」は「強くとらえて離すまいとする」「自分のものにする」「人の気持ちを強く引き付けて離さないようにする」という意味が強く、「握る」は「手の指全部を内側へ曲げる」「物事をとらえて自分のものとする、手中に収める」「重要な事柄を確実につかむ」などの意味合いがあります。

こうして「掴む」と「握る」を比べてみると、結構意味に違いがありますよね…「握る」の方がなんだか支配的な感じがしますよね。

「恋を『握る』」と表現すると、相手は何らかの逃げられない理由があって仕方なくアナタと付き合っているような感じすらしますよね(汗)
こうしてみると、恋はやはり「掴む」ものですよね。

️恋は握らない!掴む方で♡恋のつかみ方14個


恋は「握る」ではなく「掴む」ものです。

ステキな恋をこの手にするには「恋を掴む力」を磨くことがとても大切です。

ここでは、ステキな恋の掴み方についてをご紹介してきたいと思います!

ギャップを意識しよう

男女どちらも、異性のギャップというものには魅力を感じるものです。

ベタなものでいくと、学校でも有名な不良が雨に日に捨て猫に傘をさして優しくしている姿や、遊んでそうなイケイケな美女が実は身持ちが固くてこれまで彼氏すらいたことがない…みたいなヤツです。

これまでのイメージが吹き飛んでしまうほどのふり幅があるほど、人はギャップに驚くものです。

普段はシンプルで動きやすい格好ばかりしているのに好きな人とのデートのときはとても女性らしい格好をしてきたりされると「おっ!」と思いますよね。

ほかにも、普段はサバサバしているのに、いざというときに女性らしい一面を見せたりすると相手は「いつもは1人でも生きていけそうな感じだけど、やっぱりこの子はか弱い女の子なんだ」とドキッとすることがあるでしょう。

裏表を作る…というわけではありませんが、いつもと違う一面を好きな相手にだけたまに見るように意識をすると、そのギャップに相手はドキドキしてしまいますよ☆

出会いの場所に足を運ぶ

恋を手に入れるには、まず恋のお相手と出会わなけばいけません。

もし好きな人が特にいないという人は出会いの場に足を運ぶということをするようにしてみましょう。

それはお見合いパーティーやコンパのように本格的に出会うための場でもいいですし、学生時代の同窓会や会社の同期飲み会のような知っている人が来る飲み会でも構いません。

1から知らない人と新しい恋を始めたいのであれば前者のようなお見合いパーティーに行ったり、友達にコンパをセッティングしてもらうのもいいでしょう。

みんなが異性と出会う前提で参加しているので目的が分かりやすく、相手にも「恋を掴みたい」という気持ちがあるのでチャンスはたくさんあります。

また、全くの初対面であると先入観なく相手を恋愛対象としてどうかを見定めることができるというメリットがあります。

「本気で恋を掴んでいきたい」「新しく出会う人と1から関係を築いていきたい」と思っている人はそこで新しい出会いをして恋を掴んでいきましょう。

それとは逆に、「全く知らない人と出会うのは気が進まない」「ある程度安心できる関係から恋に発展していきたい…」という人は、同窓会や同期飲み会、または過去によく遊んだメンバーで飲み会などをしてみてそこで恋を掴むのもアリです。

全く知らない仲ではないので話しもしやすいのでリラックスすることができます。

これまでは友達や同僚と思っていた人とふとしたきっかけで恋に発展していくことも…また、そこでは恋に発展することはなくても「よかったら誰か紹介しようか?」「今度コンパするからおいでよ」などと新たな出会いへと発展していくこともあります。

そういうチャンスはどんどんゲットして、ステキな恋を掴めるようにしましょうね。

異性を意識してみる


これまでは誰の目を意識することなく自分のしたいように生きてきたという人は、恋を掴みたいならこれからはちょっとずつ異性を意識して過ごすようにしてましょう。

女性の場合で、これまでは動きやすさ重視でカジュアルな格好ばかりしてお化粧もロクにしてこなかったという人は、まずは季節を意識したトップスなどをファッションに取り入れてみましょう。

また、いきなりばっちりメイクをする必要はないのでナチュラルなメイクをしてみるといいでしょう。

こうして、異性を意識して女性らしいオシャレを少しずつ取り入れていくことによって異性がアナタのことを女性として意識するようになるので恋は掴みやすくなりますよ。

そしてオシャレはオシャレなのですが「同性ウケする個性的なオシャレ」を楽しんでいる人もいることかと思います。

同性である女性からはウケがいいファッションというのは、異性である男性からはあまりウケがよくないことが多いです。

ポリシーを無理やり変えみたらとは言いませんが、ステキな恋を掴みたいのであれば、少しだけでも男性ウケを意識したようなオシャレを取り入れてみてもいいのかなとは思います。

男性の場合は、まずは身なりを整えることから始めましょう。

女性は男性に「清潔感」を求めることがとても多いです。

お世辞にもカッコいいとは言い難い男性でも清潔感があることによって好感度がグッと上がるものです。

洗顔、歯磨きはもちろん、ヒゲは剃り残しがないようにしっかりと剃り、髪の毛はしっかりとセットして、爪も短く整えましょう。

そしてシワや汚れのない清潔な服を着て毎日を過ごすことによって、今までよりもずっと恋が掴みやすくなりますよ。

特別なオシャレよりも、まずは「清潔感」を心がけるようにしてください。

気になる異性には積極的にアピールしてみる

すでに気になる異性はいるんだけど、どうしても恋を掴むことができない…そんな人もたくさんいることでしょう。

そんなときは、どんどん自分のことを知ってもらうためにアピールをしていくことが大事です。

恥ずかしがってモジモジして、相手から自分の近寄ってくることを待っていても恋を掴むことはできません。

まずは、ささいな会話などでいいのでちょっとずつ会話をするようにしてからどんどん自分をアピールしていきましょうね!

いつも笑顔でいよう

人は、ブスッとした顔よりもいつもニコニコしている人の方が好感を持ってもらいやすいものですね。

たまに何を間違ったのかミステリアスを演じるために、いつも冷たい表情をしていたり、あえてぶっきらぼうな感じでブスッとした顔をする人もいますがコレはうまい作戦とは言えません。

一部のレアな人にはウケるかもしれませんが、基本的には笑顔でいることが一番好印象を与えることができます。

いつもニコニコして「笑顔がステキ」「いつも笑顔でステキな雰囲気」を醸し出し、恋を掴めるように頑張っていきましょうね!

話をする×、話を聞く

自分をアピールするには「自分の話をたくさんして、相手に自分を知ってもらうのが一番!」と思ったら、それは大きな間違いです。

自分の話しばかりする人は「自己中心的」「押しつけがましい」と思われて逆効果になってしまうことがほとんどなのです。

「だったらどうやったら自分をアピールできる会話ができるのかというと、それはズバリ「相手の話をよく聞く」ことです。

相手の話していることによく耳を傾け、優しい雰囲気で相槌を打ってあげるのがとても効果的なアピールなのです。

「自分のことを話したい、知ってほしい」という思いがあるかもしれませんが、恋を掴みたいならまずはゆっくり相手の話しを聞くことからはじめましょう。

そうすることによって相手は「自分の話をていねいに聞いてくれる人」と好感を持ってもらえますよ。

好意をしっかり示す

気になる相手にどんなにアピールをしても、自分の想いに気付いてもらえないときってありますよね。

鈍感な相手だと遠回しのアピールはあまり意味がありません。

そんな相手に対しては、わかりやすいように好意をしっかりと示すようにしましょう。

例えば、周りの人とは明らかに違うような態度を取るのもいいですし、「キミが彼女だとスゴく嬉しいな」「〇〇君はとてもステキだから一緒にいたいな」といったような、すでに好きだと言っているような発言をするのもアリでしょう。

とにかく相手に自分の想いに気付いてもらうことがとても大切です。

好意に気付いてもらえると、グッと恋が発展することもよくあります。

ボディタッチが効果的

好意を示すわかりやすい方法の1つに「ボディタッチ」があります。

おもむろに触るのではなく、さりげないタッチをこまめにすることによって相手に自分を意識させることができます。

特に男性はボディタッチにドキドキするものなので、アナタが女性の場合は積極的にボディタッチをしてみちゃいましょう☆

ただし、露骨にボディタッチをすると「この子、どんな男でもこんなことしているのかな…」とマイナスに感じられてしまうことがあるので加減に気を付けましょうね。

また、相手が女性の場合は過度なボディタッチは危険なときがあります。

あまり積極的にボディタッチをすると気になる女性に恐怖感を与えてしまうことも…そうなってしまうと恋を掴むどころの話ではなくなってしまいますよね(汗)

ボディタッチはとても効果的なアピールの1つですが、相手のことや加減をよく考えて、うまく使うように心がけてくださいね。

気になる異性のことを知ろう

恋を掴むためには、気になる人のことをよく知っておく必要があります。

好きな食べ物や趣味などの初歩的なことから、好きな異性のタイプや結婚観など恋愛要素の強い部分など、どんなことでもいいのでどんどん相手のことを知っていきましょう。

そうすることによって相手への想いをさらに深めることができますし、相手の好みなどを知ることが出来たら相手の好みを取り入れた服装をしたり、いざというときのデートプランなどを組むことができます。

また、気になる異性の情報はできることなら気になる人本人から色々と聞いていくといいですよ。

周りから聞いた情報はミスがあることもありますし、「なんでこの人自分の好みを知っているんだろう…」と不気味がられることもありませんよ。

褒めることを意識しよう

人間は誰でも褒められると悪い気分はしませんよね。

褒められることによって「自分を認めてくれている」という気持ちになって相手に好感を抱くことだってよくあることなのです。

気になる異性がいる人は、積極的に相手を褒めていくことを意識しましょう。

そしてまだ気になる人はいないけど恋を見つけていきたいという人でも、出会った異性を褒めるようにするといいでしょう。

そうすることによって「この人は相手のいいところを見つけるのが上手だな…」と思いもよらぬところで好感を抱いてもらえるて恋が芽生えることだってあります。

恋を掴みたいのであれば、褒め上手になれるようにしましょう。

【褒めるのが上手い人が実践するテクニックは、こちらの記事もチェック!】

相手を理解してあげよう

自分を誰かに理解してもらえるのってとても嬉しいことですよね。

「相手をよく理解する」というのは対人テクニックでもよく使われてることですが、恋のテクニックとしてもとても効果が高いです。

そのためには相手の話しをよく聞き、相手の立場になってみましょう。

そうすることによって会話に共感し、相手のことをよく理解することができます。

相手が気難しい人の場合が「自分を理解してくれる人が少ない」ということが悩みだったりするので、しっかり話を聞いて相手のことを理解してあげることが恋を掴むチャンスといえます。

異なる価値観も尊重する

相手のことを理解しようとしっかり話しを聞いて相手の様子を見るのだけれど、どうしても自分と価値観がズレていて共感するのが難しいときってありますよね。

どちらが正しいというわけではないのですが、価値観が違うので同調ができず…このような場合は、無理に相手に合わせるのではなく、「自分とは違う価値観」として尊重してあげることが大切です。

人によっては自分の価値観とズレる人を極端に否定したり、「間違っている」と判断する人もいますがそれはご法度です。

異なる価値観でも「それも1つの考え方だよね」「そっか、そういう考えもあるよね!勉強になった!」と受け入れることはとても大切なことです。

相手もそういうアナタの様子に徐々に心を開いていくことでしょう。

趣味や好きなものを理解する

話しの取っ掛かりとして趣味や好きなものの話しをすることが多いですよね。

趣味に重きを置いている人なら、自分の趣味を理解してもらえることはとても大きな喜びになります。

自分がよく知らないこと趣味を相手が持っていても、決して否定はせずにまずは受け止めるようにしましょう。

そして「スポーツ観戦が好きなんだ!私も人がプレイしてるの見るの好きだから、今度一緒に行こうよ!」「お酒が趣味ってかっこいいね!

珍しいお酒がそろっているお店知っているから、今度行かない?」なんて誘ってみてはどうでしょうか?

趣味を通じたお誘いなら、相手も喜んで一緒に来てくれますよ!

相手が傷つく言葉は言わない

友達相手でも、恋のお相手でも気を付けないといけないのは「相手が傷つくようなことは言わない」ということです。

会話の流れで何となく「キミって気が強いよね~」「アナタは優柔不断な感じするよね」など、言ってしまうことがあるかもしれません。

アナタにとってはただの会話の一環だったつもりかもしれませんが、相手からすると昔から気にしていたことであったり、NGワードだったりするのです。

何でもズバズバ言ってしまうキャラの人は特に要注意です。

「傷つく言葉」というのは人それぞれだったりするので「どんな言葉で傷ついてしまったりするのだろう…」と悩んでしまうかもしれませんが、一般的に「あまり言われて嬉しくない言葉」「決して褒めていない言葉」は避けるようにしましょうね。

相手を頼ろう

「アナタのこと、頼りにしてるよ!」なんて言われると嬉しくなる人は結構多いです。

特に男性の場合は女性から頼られるとはりきっちゃいますよね。

そんな男性の頼もしいところを見つけて、相手の頼られたい欲を刺激してみるのもアリです。

「アナタしか頼れないんだ~」「アナタが一番頼りになるから」なんて言葉を添えると、相手は「可愛いヤツ」とアナタのことを意識しはじめることでしょう。

押して、引いての駆け引きを学ぼう

人を好きになると、常に相手のことを考えてしまうものです。

そして「この恋を掴みたい、モノにしたい」という思いからついつい「押せ押せ」になってしまうことがありますよね…。

積極的なのはいいことですが、常に攻める姿勢だと相手が引いていってしまうことがあります。

そんなことにならないためにも、押すばかりでなくたまには「引く」ことも大切です。

例えば毎日自分から連絡をするのではなく、たまには何の連絡をしないでおくと相手は「アレ?今日はどうしたんだろう…」と思うはずです。

そういったたまの「引き」によって相手がよりアナタを意識することになります。

これまでは「押し」が日常だっただけに突然の「引き」はとても効果があります。

しかし、「引き」がありすぎてもいけません。

あくまで絶妙なバランスで「押し」や「引き」を使い分けることによって恋を掴むチャンスに繋がるのです。

連絡頻度を考えてみて

先ほども触れましたが、毎日連絡をしている人はまず1日、自分からの連絡を控えるようにしてみましょう。

これまではアナタ→相手への連絡が日常化していましたがその循環を1度止めてみます。

相手にとっても日常となっていたアナタからの連絡がないことによって相手は「どうしたんだろう…」とアナタを意識する時間が多くなります。

それで相手からアナタに連絡があったのならこの恋を掴めるのも時間の問題かも!?

また、これから気になる相手に連絡をしていきたいと思っている人は「3日に1日」くらいの連絡頻度を意識するといいですよ。

毎日連絡することによって育まれるものもありますが、お互いが社会人の場合で平日は忙しい場合が毎日に連絡は相手の負担になることがあります。

3日に1日くらいの頻度だと、相手にもよく配慮できるうえにいい感じに押せてるとも言えます。

そして時を見て「3日に1日」ペースをとめてみましょう。

そうすると相手は「3日に1回は連絡があったのに…」とアナタのことが気になりだすはずです。

相手の目を見て話をしよう

小さいころから「話しをするときは相手の目をよく見て」を教えられてきましたよね。

これは対人のマナーでもありますが、意外と出来ていない人は多いものです。

照れ屋な人だと目を見ることを意識していても恥ずかしくって反らしてしまいますよね…特に気になる異性となると目を見て話すことはさらに難しくなります。

ですが、目が合わないというのは会話している相手からするといい気持ちはしません。

恋を掴むためにも、相手の目を見て会話はできるようにしっかりと心がけておきましょうね。

️恋が掴めない人の特徴

「どんなに頑張っても恋が成就したことがない…」「あと少しだったのに恋を掴むことができない…」「出会いを求めて活動しているのに、ステキな恋をすることが出来ない」そんな人もいることでしょう。

頑張っているのに何故恋が上手くいかないのか…悲しくなってしまいますよね。

こんな人たちには、実は「恋が掴めない特徴」というものがあります。

ここでは、恋が掴めに人の特徴についてお伝えしていきたいと思います!

恋に恋をする

「ステキな恋愛がしたい!」「周りの友達みたいに、恋人とラブラブしたい!」と思うのはとても自然なことです。

自分だってステキな恋愛をして、ステキな恋人を甘いときを過ごしたいですよね。

しかし、これは「恋に恋をしている」「恋愛している自分を楽しみたい」状態でもあります。

実は恋人が特にほしいワケでもなく「ただただ恋がしたい」という心理になっているのです。

その結果、大して好きでもない人と付き合って「こんなはずじゃなかった…」「全然ステキな恋愛じゃない…」と後悔することも…ただ「恋がしたかった」だけなので相手は誰でもよかったような感じになるといいことはありませんよ。

相手にとってもとても失礼なことです。

恋に夢を見るのはいいのですが、恋がしたいためだけに適当に相手を探すのだけはやめておきましょうね!

理想が高い

誰だって恋愛相手に求める何らかの「理想」というものはあるでしょう。

「背が高い」「優しい」「とにかく顔がいい人」「いい会社に勤めている人」「自分以外の異性には興味がない人」など人によって理想はあるものです。

しかし、あまりにも理想が高すぎるとせっかく恋のチャンスがあってもそれに気付くことが出来ず、掴みそこなってしまいます。

せっかくアナタに興味を持ってくれている人がいるのに、「理想に当てはまらない」というだけでその人を恋愛の圏外にしてしまってはいませんか?

その人をよく知れば、掲げていた理想なんてどうでもよくなるくらいステキなところがあったかもしれませんよ?

高すぎる理想でせっかくのステキな恋を掴むチャンス棒に振ってしまっている可能性があります。

理想はあくまで「理想」、恋に落ちたら理想はあまり気にならなくなるものです。

自分の周りにある小さな恋の芽を見逃さないためにも、理想にこだわりすぎないように気を付けましょうね。

恋の定義を理解していない

恋とはザックリというのであれば「特定の異性に強く惹かれること」です。

しかし、根本的にこの恋の定義を理解していないでいる人は少なからずともいます。

恋が掴めない人の中には「実は恋ってなんだかよくわかってない…周りが楽しそうにしてるから、つい自分もって必死になってた」「そういえば、誰かを好きだと強く感じたことってないかも…」という人もおり「そもそも恋ってなんだっけ?」というところからの話になります。

恋をしようと努力しよう

恋を掴めない人の中には「誰か私を見つけてくれないかな」「あの人、私を好きになってくれないかな…」と「待ちの姿勢」である人がいます。

確かに誰かに好きになってもらったほうが恋の進展は早いのかもしれません。

ですが、そんな受け身の姿勢に誰が魅力を感じるでしょうか?恋を掴みたかったら「絶対ステキな恋愛をするんだ!」「今年のうちに恋人を作る!」と「恋愛頑張ります宣言」をするくらいがちょうどいいですよ。

また、出会いの場に参加しても「ありのままの自分を好きになってもらう」「付き合うなら自然体の自分を受け入れてもらわないと」といつも通りのオシャレを度外視したラクチンな格好でいたり、リラックスしきった態度でいたりするのもあまりいいとは言えません。

よく言えば「飾らないスタイル」なのですが、それで恋を掴めるとは思えません…ステキな恋をしたいのであれば身なりや態度も「恋をしよう!」という努力をする必要があります。

自然体やありのままに拘っているのであれば、恋を掴んで深い仲になってからでも遅くはありませんよ。

️恋は握らず、掴むことを意識しよう(まとめ)

いかがだったでしょうか?

恋を掴むためにはそれなりの努力が必要なことがお分かりいただけたことかと思います。

誰かに与えられるのを待つのではなく、積極的に出会いの場に足を運んだり、異性からよく思われるように工夫したりなど、恋をする努力をしてステキな恋を見つけられるといいですね!

既に気になる異性がいる人は、その人の心を掴めるように聞き上手になったり、押したり引いたりが出来るように頑張っていきましょう!

恋は握るものではなく、あくまで「掴むもの」であるということもよく意識するようにしてくださいね。

また、恋が何なのかをよく理解せずに恋に恋をしたり、相手に求める理想が高すぎたりするとせっかくステキな恋のチャンスがあったとしても掴みきることができません。

これらの特徴が「自分にちょっと当てはまるかも…」と思ったら、周りに流されて焦って恋をしようとはせず、相手に本当に求めるものを見極めるようにしましょうね。

恋は心を豊かにするとても素晴らしいことです。

是非恋を掴んでステキな恋人をステキな日々を手に入れちゃってくださいね☆