誰かと話していて、ちょっとした言葉に「かっちーん!」とか「ムカ!」と、きたことありませんか?多分、たくさんの人がその経験があるでしょう。

この「かっちーん、ムカ」の感情を「癪に障るシャクニサワル」と言いますよね。

この癪とは、腹が立つことや不愉快な状態を言います。

つまり癪に障るとはムカっとくるようなことをされたことをいうのです。

癪に障る人ってどこに行ってもいますよね。

さて、この癪に障ってくる人間について今日はお伝えします。

たぶんこの記事を読んでいる人は今、誰かに何かを言われたりしてムカムカの真っ最中のハズです。

どうか読んでみてこの「癪に障る人」の構造を知ってください。

相手の心の中が分れば自分がきっとその人より人間性が優れていることがわかりますし、対処の方法もわかり安心できますよ。

そうそう、それともしかしたらあなた自信が癪に障る人になっていないかも同時にチェックしてみてくださいね。

️どうして?いちいち癪に障る人がいるの?

癪に障る人を目の前にして何か言われて最初は動揺していたことでしょう。

「え?私いまなんか失礼な事を言われたような気がする…気のせい?」だなんて思っていたのでは?でもその人と会話を続けていくうちに「やっぱり言われている!」と気が付いた時はショックだったでしょう。

気の弱い人なら「私が言われるようなことしている人間だからしょうがないんだ」だなんて思って一人でシュンとしてしまったり。

でもあなたが落ち込むことはないですよ。

あなたが癪に障る人に対して心を落ち込ませているなら、その時間を自分のために使った方が遥かに有意義でしょう。

相手の感情や人間性に振り回されてはいけませんよ。

自分をしっかり持ちましょう。

️癪に障る人はどこにでも存在する

小学校の同じクラスでも、高校でも、大学、職場とどこにでも癪に障る人はいるんです。

職場を離れて結婚してもご近所にも必ず一人はいるし、その人から少しでも離れようと別な場所に行ってもそこにも癪に障る人はいますし、子供を産んだら幼稚園のママさん達に中にもいます。

ついでをいうと、最悪なことに家庭にもいます。

そう、癪に障る人はありとあらゆるところに生存しています。

考えただけでウンザリしちゃいますよね。

じゃあ、もう逃げ場所がないじゃない!と怒りたくなりますが、大丈夫です。

ちゃんとした対処を身に付ければ、「癪に障る人」などちっとも怖くありませんよ。

️癪に障る人の特徴14個

癪に障る人たちには共通する特徴があります。

しかもたくさんあります…。

これらの特徴を見るときっとあなたは、「あぁ、人間が出来てない人なんだな」と思うでしょう。

そうすると心にも余裕が出てきて逆に相手を憐れんでしまうかもしれません。

嫌味を言う


男女関係なく、嫌味を言う人はいますよね。

素敵なバッグを持っていても素直に「素敵ね」と言うことが出来ずに、「よくそんなお金あるわね、私には無駄遣いにしか見えないわ」などと言う人。

実は嫌味を言う人はこの台詞の通りの人間なのです。

つまりお金に余裕がないのです。

そして羨ましくて悔しいので嫌味を言ってしまうのです。

嫌味を言う人は嫉妬心のかたまりと言ってもいいでしょう。

自分もそうなりたい、自分もそのような物が欲しいと思っているのす。

金銭的にも心にも余裕がなくて、でも人より優位なポジションに居たいの癪さに障る人の特徴の一つでもあります。

もし自分の持ち物や生き方に嫌味を言われたら、「あぁこの人は私が羨ましいのか」と右から左に聞き流しておきましょう。

上から目線

上から目線で言われると結構カチンときますよね。

恋愛の話をしていても「あ~それってダメだよ、ダメなパターンだよ」とすぐに決めつけてきて、自分の恋愛経験こそが最高のアドバイスだと思い込んでいる人がたまにいます。

その他にも、「年上」ってだけで偉そうな言葉遣いで言ってきて、命令口調の人がいますね。

これも癪に障る人の特徴です。

命令口調の人は、誰にでも命令口調という訳ではなくて、上から目線で言っても反撃してこないような人を探して言ってくるのです。

なので、逆に上から目線で言われて、カチンと来たあなたがとっさに反撃したら意外と相手も突然の事でポカンとすることがあります。

なぜポカンとしてしまうかというと、相手は大人しいあなたが反撃してこないと思っていたのに反撃してきたからです。

実は上から目線の人って意外ととっさの攻撃や反撃に弱くて、性格も折れやすい人だったりするものです。

いちいち細かい


イチイチ細かい人は育てられた環境や過去の大きな失敗の経験によって細かくなっていることが多いです。

親にずっと失敗しないように口うるさく言われてきた人はその傾向にあります。

そして、人の失敗が自分の失敗のように感じてしまい親心からついつい細かく言ってしまうこともあるようです。

どちらにしてもいちいち細かい人は結構、メンタルが弱くてこれからしようとしている事に対して「失敗したらどうしよう」と被害妄想をしてしまい、自分のやること、人のしていることに細かく注意をしてしまうこともあります。

そんな彼らの弱さを知らない私たちは細かく言われてカチンと来てしまいますが、このように中身を知ってしまうと意外と怖くないものなのです。

 

一緒にいるとなぜかイライラしてしまう

何故か一緒にいるとイライラしてしまう。

確かにこんな人いますよね。

悪い人じゃないんだけど、どこかイライラしてしまう。

こんな人も癪に障ってしまうものです。

例えば、仕事が出来ない、だらしがない、優柔不断、無責任、食べ方が汚いなど理由をあげればたくさんあります。

ムカっと来た時にそのことについてズバっと注意できれば良いのですが、相手が悪い人じゃなければ尚更それもなかなかできないですよね。

そんな時は「見ないフリ」に限ります。

必殺、見ないフリです!スルーできるスキルがあればイライラしないですみますよね。

それと出来るだけ距離を取ることです。

そしてあなた自身もあまり小さい事は気にしないようにしておく事が大事です。

また、自分も「一緒にいるとイライラさせてしまう」ような人物になっていないか振り返ってみることも大事です。

普段から、身だしなみや言葉遣いがちゃんとしているか自身でチェックしてみてくださいね。

自分に自信がない

「私なんか」こんな口癖の人が近くにいませんか。

この口癖の人、本当に私なんか…と自分に自信がない人なのでしょうか。

このタイプの人は何かをする前に出来ない・できなかった言い訳を先に用意している人です。

やりたくないことを「私なんか」と言ってやらない。

失敗してしまったことを想定して「私なんか」と先に言って置き、失敗した時に「ほらね、言ったでしょ?」と周りと自分を納得させるための言葉なのです。

また、この言葉の裏には「自分を褒めて欲しい、認めてほしい」という心理も隠れています。

私なんかと言った後に、誰かに「そんなことないよ、あなたはすごいよ」と言葉を言って欲しいのです。

これはきっと誰にでもある心理ですよね。

別な言い方をすると「謙遜」ともいいます。

とはいえ、あんまり「私なんか」と繰り返すようでしたら、あとは放っておくしかないでしょう。

悪意のある笑い方をする

どんな感情が心の中の中にあったらこんな悪意のある笑いができるのか、不思議でならないと思うような笑い方する人いますよね。

ゲラゲラと指をさして下品に笑う人も言えば、ヒソヒソとこそこそ笑う人もいます。

この人たちは自分を優位な場所に立たせるために悪意ある笑いをします。

例えば誰かが失敗したとしたら、その人を笑って自分のあなたは違う人間、あなたは愚かな人間と線引きをしているのです。

ただでさえ失敗して恥ずかしがっている人をさらに笑いものにするんですから、かなり意地の悪い人ですよね。

また、わざと大きい声で笑って視線を集めて「これっておかしいよね?」と共感を得ようとする人もいます。

…やはりこれもかなり意地が悪いですよね。

癪に障って当然です。

対処方法は、こちらがその笑いに対して大人の対応で「だからどうした」という顔になり相手の顔を見るのが一番です。

言葉は発さなくても良いです。

これで十分です。

負け惜しみを言う

負け惜しみをいう人の心理にはいろいろありますが、許せるものから許せない物までさまざまです。

良くいますよね、人の幸せを悪く言う人。

一軒家を買った人に対して「いやいや、賃貸の方が家の修理費とか入っているし」と、やっとこさ自分の今持っている価値を前面に出してきて、その人より勝とうとしている…。

虚しいですよね。

負け惜しみは簡単に言えば「嫉妬と妬み」です。

自分より良い物を持っている物に対して悔しいからケチをつけることで自分の持っているものと同等の価値、またはそれ以下の価値にしようとしているのです。

誰かが新しい何かを買ったと聞きつけては、「またそんな無駄遣いして」と勝手に価値を下げようとしている…。

なんて嫌な奴なんでしょう。

でも先ほども言いましたが、これは嫉妬ですのでそのような事を言われたら「それもそうですね」とサラっと同意して話を流すのがよいでしょう。

一言がいつも多い

この一言多いのがなければ良い人なのに!と思ってしまう人いませんか?どうして余計な人子が出てきてしまうのか不思議ですよね。

例えば、誰かの持ち物を見て「へ~それ素敵ね、いいセンスしてるわね、Aさんにしては」…「Aさんにしては?つまりなに?私は普段からセンス悪いって言いたいの?」と思わせるような一言を言ってしまう人いますよね。

その時、その人の心理はどうなっているのかというと、いつも自分が誰かの上に居たいのです。

いわゆるマウンティングです。

これはあなたをライバル視している可能性があります。

普段あなたを妬んでいる可能性があります。

この場合どうしたら良いか、それは「オウム返し」で言葉を返すのです。

「Aさんにしては?」とオウム返しすることで、相手にどれだけ失礼な事を言ったのか分からせることができます。

ただ、一言多い人の神経は図太いので効果が出るかどうかは定かではありません。

自分の言葉で話を終わらせる

自己完結型で癪に障る人いませんか?例えば「あー、そういえばアレがあったよね。

あー思い出した思い出した」と人に尋ねているようで、人の話には全く耳を貸さずに自分で答えを出して話を終わらせる。

その質問に対して答えてあげようとしても全く聞いていないから、何だかイラっとくるというか、癪に障りますよね。

そのような人は一日中そんな感じなので、こちらがいちいち答えてもまともに答えが返ってこないので、忙しそうにしている人をただ眺めているだけでいいでしょう。

人の気持ちを考えない言動

癪に障ることを言ったりやったりする人はある意味、想像力が乏しい人とも言えます。

こんなことを言ったら相手はどう思うだろうかと想像できない人もいるでしょう。

もちろん、こういえば相手が嫌な思いをするだろうと知っていてワザとに言う人もいます。

どちらにしても人の気持を考えてあげられないのは確かです。

物事を深くじっくり考えられない人なのかもしれません。

そしてその人は、今までも人の気持ちを考えない言動で失敗をたくさんしてきたのにも関わらず、なかなか治せない人でもあります。

もしかしたら本人もこのことで悩んでいるのかもしれません。

人の話を盛る

人の話に尾ひれを付ける人いますよね。

わざとなのか無意識なのか、人の言葉に過剰に反応して面白おかしく話を盛る人がいます。

この場合は自分の話すことを相手に面白く思ってもらいたい、面白く思ってもらえることで相手に好かれる…と思っているようです。

こう思ってしまう背景には、自分を認めてもらいたい褒めてもらいたいと思っているのです。

このタイプの人はコンプレックスの塊で、なおかつ承認欲求が強い人と言えます。

承認欲求があるのは悪ことではありませんが、自分の話していることが大げさな話になってしまったとしても「今この場で楽しければいいや」と無責任に考えている節がある人でもあります。

いちいち反対してくる

このタイプの人もかなり癪に障りますよね。

こちらが自分の思ったことを言うと「私はこう思う」という人。

それ自体は悪い事ではないのですが、毎回毎回こちらの言うことに反対の事を言ってくるとさすがにウザいもんです。

そんな人の心理はやはり「マウンティング」をしたいだけの人なのです。

それが意識的なのか、無意識的なのかは人それぞれなのですが自己表現をしたい人に多いようです。

自分はこんな考えなのだということを誰かに認めて欲しいのです。

自己表現というよりは自己顕示欲と言った方がいいかもしれません。

対処方法としては、こちらもいちいちその意見に反対したりせずに「あ~なるほどね、そういう考えもあるよね」と言ってしまえば、相手も自分が認められたんだと思い静かになってくれます。

ストレスになるかもしれませんが、ずっと反対されるよりは良いかもしれませんね。

文句などマイナス発言が多い

文句が多い人は自己中心的な考えの持ち主と言えます。

人の目線で物事を考えずに自分の思考で物事を見ているので文句が多くなるのです。

なかなかやっかいなタイプの人でもあります。

それは、文句が多いのでこちらが「じゃあどうしたらいいの?」と聞き返すと、自分の考えは曖昧で癪に障ることがありますよね。

例えば、何が食べたい?と聞かれてイタリアンと答えたら「えー、イタリアンかぁ」と返すような人…。

このタイプの人は自分では気づいていないですが、自分の人生を人任せにしている節があります。

それはその人に生きる力があまり備わっていないからなのです。

「でも、だって」の言葉が多い人も、自分でこうしたいという気持ちはあるのですが、それを形にする力がないのでどこか他力本願なところがある人なのです。

対処方法はキツイ一言でいつまでも続く「でも、だって」をバッサリと切ってしまうのもいいのですが、そうしてしまうと文句の矛先があなたに向かってくる恐れがありますので、「あーうんうん」とただ聞いてあげるのが一番の対処法かもしれません。

しったかぶりをする

知ったかぶりをして会話がチグハグにしてしまう人も癪に障りますよね。

どうして知ったかぶりをするのでしょうか。

それは自分が会話の内容に着いて行こうと必死になっているようです。

自分だけ話について行けなくなり一瞬でも孤独になるのが怖いのです。

また、知らない事によって見下されるのも恐れています。

ただ「知らない」と言えばいい話なのですが、それがどうしても自分のプライドが許さない人もいるのです。

このタイプの人は思ったほど癪に障らないので、知ったかぶりをしているなと思っても「あなたそれ知らないでしょ」と指摘するのではなく、静かに見守る方が面倒にならなくて良いかもしれませんね。

️癪に障る人を発見!そんな時に使える対処法

どこにでも存在する癪に去る人はどのような対処をするればいいのでしょう。

まともにぶつかったらややこしい事になりそうだし、だからといって黙って見逃すわけにもいかない。

できれば大人の対応で丸く収めたいと思っている方に「癪に障る人の対処法」をお伝えします。

これをマスターすればあなたは明日から快適に過ごすことが出来るでしょう。

何より大事なのはあなたのメンタルを強くすることが大事ですよ。

実は癪に障る人で嫌味や意地悪をしてくる人というのは、相手をみて言ったりやったりしているのです。

「この人なら、反撃してこないだろうし自分を傷つけてこないだろう」と思っているのです。

よーく観察してみてください。

彼らは自分より上の立場の人には絶対にそんな事を言ったりしないのです。

ですから、あなたが心を強くすれば近づいてこないですよ。

さりげなく距離を置く

癪に障る人は何故かあなたの身近な人だったりします。

そしてあなたはその人を「避けられない人」だと思っているハズです。

例えば職場の同じ部署のあの人、近所の奥さん、家庭内ではお姑さん。

確かに距離的には避けられない人ですが、数字的な距離ではなくて心の距離を離すのです。

簡単な方法としては、癪に障る人が話しかけてきたら冷静でいることです。

何かムカっとすることを言われてもいちいち反応してはいけません。

「そうですか」と受け流すのです。

相手は意地悪であなたに言ってくることもありますが、要はかまってもらいたいのです。

そこを軽く受け流すと相手は逆に動揺するでしょう。

心の距離を離して、そしてなおかつ礼儀よく対応すれば相手も「つまんない」と引き下がるでしょう。

【距離の置き方は、こちらの記事もチェック!】

あえていいところを見つける

もしあなたの心に少しでも余裕があるのなら、相手の良い所を見つけてみましょう。

そしてそこを褒めてあげれば、いつもの嫌な人もニッコリするものです。

そして嫌味も言わなくなるでしょう。

それどころかあなたを気に入り友達になろうとするかもしれません(イヤかもしれませんが…)最初は何か褒めても「ふん」って感じかもしれませんが、そのうちあなたに心を許してあなたを自分にとっていい人なんだと認識するでしょう。

でも、このタイプの人は少々面倒な所があり、褒めたら褒めたで今度はくっついてくるかもしれないので、褒めるのはたまーにでいいでしょう。

でももしあなたに仏心があったらお友達になってあげてくださいね。

ストレスを発散して対応する

毎日その人の事で頭の中がモヤモヤして、そのままベッドに着く。

そしてモヤモヤしたまま朝を迎えてまたその人に会う。

この気持がストレスでパンパンに膨れ上がった状態で癪に障る人にいつもの人に会えば間違いなく、何かの拍子にあなたは爆発してしまうでしょう。

そうなる前にどこかでそのモヤモヤを発散させてください。

一番の発散方法はその嫌な人の悪口を言うのが良いのですが、そんなことをして思わぬところから「あの人、あなたの悪口言っていたわよ」だなんて噂を流されたら大変です。

ここは違う発散方法をしましょう。

自分の好きな事をするのが一番です。

カラオケもいいですけど、身体を鍛えると心身ともに鍛えられて、癪に障る人を目の前にしても心がビクとも動かなくなりますよ。

嫌味を言ってくるような人は、相手の反応をみて心で笑っていますが、その最高の対処法は「冷静でいる」ことなのです。

【ストレス解消法は、こちらの記事もチェック!】

癪に障る原因を探って対処する

ここは一つ、冷静に考えてみてはどうでしょうか。

なぜ、あの人は癪に障るのかを!頭の中に「あの人」を思い浮かべるだけでムカムカくるかもしれませんが、意外や意外原因がわかるとそんなに腹が立つことでもなかったなんてことはよくあるものです。

ノートに原因を書いてみるのをおすすめです。

キッチリ書く必要はありません。

箇条書きでいいので書いてみてください。

そしてそれに対して自分はその時どう思ったのか書いてみてください。

書いているうちにわかりますが、相手がどういう時に嫌味を言ってくるのかパターンが見えてきます。

その時に、この場面ではあの人はいつもこう言ってくるなどが分ってきます。

分かってきたら対処方法がわかってきますよ。

必要最低限の会話に止める

大人になれば、礼儀として「無視」できないのが辛いところです。

職場でもご近所でも家庭でも無視をすればあなたが悪者になってしまいます。

仮に無視したら無視したで相手はそのことについて何か言ってきますからね。

ですから、何か言われても、自分が何か話しかけなければいけない時も、冷静に愛想笑いで最低限の会話にとどめておきましょう。

いわゆる大人の対応をすれば、相手も反応がつまらないと嫌な事をいってくるのを止める可能性があります。

「仕返し」という考えになってはいけないのでしょうが、相手への最高の仕返しは大人の対応で尚且つ礼儀ただしく対応することが相手へのダメージを多く与えられるのです。

同じ土俵に立たない

相手はあなたの感情を振り回そうとしています。

それが無意識であっても相手はあなたの心をかき乱して喜んでいるのです。

たとえそうじゃなかったとしても、相手は心の痛みが分からないのでそうしているのです。

一番の対処法は相手と同じ人間になってはいけないことです。

あなたがカチンと来て噛みつけば、相手は「よっしゃ!」と心の中でガッツポーズをしています。

同じ土俵に立ってしまってはあなたも同類になってしまいますからね。

それだけは避けたい所です。

同じ土俵に立ってしまってはアリ地獄と同じでもがけばもがくほどハマっていきますよ。

気を付けてくださいね。

自分を改善する機会だと思う

人の振り見て我が振り直せ。

なんて言葉もありますよね。

癪に障る人を反面教師にして、自分はこうはならないでおこうと心に決めるのです。

あの人嫌だな~と思っていても、自分だって気が付かないうちに誰かをいら立たせていることもあるものです。

そう思えた人はラッキーですよ。

そこからどんどん成長していけるのです。

そのような人は自分をいら立たせる相手に対して「反面教師になってくれてありがとう」と心の中で感謝できることでしょう。

そうなれば嫌な相手も、あなたの成長した強い心に気づき近づいて、寄って来なくなるのです。

言葉に出して言うようなことではありませんが、「この人も可哀そうな人なのね」と思えば何かされても腹も立たないでしょう。

相手は確かに癪に障るムカつくやつですが、同時にあなたを強くしてくれる人でもあることを忘れないでくださいね。

️癪に障る人ってどういう心理?

癪に障る人には本当にイラっとしてしまいますが、この人たちも裏を返せば「ちょっと可哀そうな人」なのかもしれません。

それはこれからそのような人たちがどういう心理でいるのか分かれば、あなたもきっと癪に障る人に仕方なくも優しい心で接してあげられるのかもしれませんよ。

癪に障る人に限らず、人に嫌な思いをさせてしまう人は心に何かしら傷を抱えていたり、悲しい過去があるものです。

その気持ちがわかってあげられたら、ばあなたはその人よりレベルの高い人間になることが出来るでしょう。

何かに不満を抱いている

癪に障る人はいつも何かに不満を持っている可能性があります。

その不満から生まれたイライラを誰かに当たってしまうのです。

鬱憤を晴らしていることもありますが、同時に不安を抱えていてどうしても不安や不満をちょっとしたことで漏らしてしまうことがあるのです。

つまり心がいつも張り詰めていてパンパンの状態なので、こちらの発言や行動に敏感になり攻撃されているかのように思い、癪に障ることを言ってしまうのです。

しかし、だからといってあなたが仏心を出して、仲良くしてあげようとか苦しみを取り除いてあげようなどとは思わない方がいいです。

いざ付き合ってみたら思った以上に彼らに手を焼くことでしょう。

そうすると、あなたのメンタルもやられてしまうので大人の対応で接するのが一番です。

自己中心的な考え

本人に自覚があるかないかは分かりませんが、癪に障る人は周りがあまり見えてない部分があります。

そのため、自己中心的だと思われてしまいますし実際にそうだと言えます。

そして自己中心的な考えには二つのタイプがいます。

相手の気持ちが分らずに発言してしまうタイプと、相手の気持ちを分かっいて発言するタイプです。

どちらが悪質化と言えば後者の方なのですが、前者も人の気持ちを傷つけてしまう恐れがあると思えばどちらも想像力に欠けています。

このタイプの人は人を傷つけるのは平気なのに、自分が傷つけられると頭が爆発するんじゃないかと思うくらいに怒り出します。

やはり自分が今まで人に対してどんな態度を取ってきたかなどは考えられないので、自己中心的だと言えます。

対処方法はあたり障らずに、傷つけられてもコチラは仕返しをしないようにするのが賢明です。

プライドが高くて寂しがりや

寂しいくせにわざと癪に障ることを言ってくる人には本当にムカつきますよね。

いわゆる「かまってちゃん」なのですが、何度もそのような態度を取られると無視したくなりますよね。

プライドが高くて寂しがりなタイプの人は、実は自分が傷つくことにかなり敏感な人なのです。

プライドが高いのは自分が誰かに傷つけられないための防衛なのです。

なので、自分が傷つけられる前に相手を傷つけてしまうこともあります。

でも、寂しがり屋なので構って欲しい、でもプライドが高いので自分から声を掛けるのが「負け」だと思っているので、わざと相手を怒らせたりイラっとさせるようなことを言ってしまうのです。

10代の若者ならまだ許せるのですが、いい年をとった大人がこうであっては周りも手の施しようがありませんね。

でもこのタイプの人には意外とズバっと言ってあげると最初はイジしていますが、その後も声を掛けてあげると心を開いてくれることがあります。

心を開いてくるためにもこちらも心を開いて心の中を見せてあげると割と早く仲良くなれますよ。

️癪に障る人は放っておこう!あまり考えすぎないように(まとめ)

いかかがでしたか?簡単に言うと、癪に障る人は放っておくに限ります。

何故ならみなさんが思っている以上に面倒くさい人だからです。

そんな人に時間と心を砕いている時間は実に勿体ないです。

それよりも、その人の言動に惑わされずに仕事を進めたり、楽しい事をやっている方が有意義な時間と言えるでしょう。

また、そのような人を目の前にしたら、自分はこうなるまいと反面教師にしておきましょう。

そして何より大事なのはあなた自身が心身共に強くなり振り回されないことです。

そうすれば癪に障る人物が近くに来てもいつも通りにあなたのペースで進めることができますよ。