CoCoSiA(ココシア)

疎遠になりがちな人の15個の理由とならない為の対策


最近、友達付き合いが減ってきた。

一人でいることが多くなってきた。

そんな方はいらっしゃいませんか?

もしくは友人や知人にそのようなタイプの方がいらっしゃると言う方も多いと思います。

所謂、疎遠になってしまっている人のことのです。

ひとりが好きと言う方もいらっしゃいますが、友人や知人など外部との交流が途絶えてしまうと、新しい情報などをゲットできる環境にいないので、実はご自身の成長が止まってしまうこともあります。

そう考えると疎遠のような生活をしていると人間性が損なわれてしまう危険性があるのです。

とはいっても、どのような感じになれば疎遠だと言うのかと言いますと、絶対的な定義はなく、抽象的な感じになっているので、ご自身では疎遠と思っていなくても、実は周囲からしたら疎遠になってしまっていると思われている人もいらっしゃるかもしれません。

疎遠になってしまってもいいことはありません。

また、ひとりが好きな人でも、疎遠になっているかと言われましたら、そうとは限りません。

ひとりでもしっかり周囲とコミュニケーションを取られている方が多くいらっしゃいます。

そこで、今回こちらの記事では疎遠になりがちな人の特徴など、疎遠に関する情報をいろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、疎遠にならないように致しましょう。

疎遠になってもいいことはありません。

また、ひとり好きと疎遠は全く違いますので、改めて疎遠というワードについてしっかり理解しましょう。

疎遠になると寂しい人生を送ってしまう

疎遠になってしまうとどうなってしまうのかと言いますと、まず、外との交流が減ってしまいます。

故に新しい情報が入ってこない危険性が高くなってしまうのです。

別に情報などと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は情報は凄く重要です。

特に21世紀になって情報は目まぐるしく変化しています。

時代が変わるスピードが速くなったことと、比例するような感じに情報もコクコクと新しい物が誕生しているのです。

故に情報をゲットできない環境に身を置くことは時代に乗り遅れている証拠でもあるのです。

ある意味、ひとり取り残されているような環境です。

そうなってしまっては意味がありません。

そうなる前に疎遠を卒業してしまった方が未来は明るいですよ。

疎遠になると寂しい人生を送るというのは、友達付き合いがなくなってしまうからではなく、情報が入ってこないために先へ進めなくなってしまい、取り残されるから寂しい人生になってしまうのです。

つまり、常に情報が入ってくる環境に置くことが大切だと言うことがわかりますね。

そのためにも疎遠にならないことが人間らしく生きるうえで最も大切なことだと言えます。

そうは言っても疎遠になってしまったらなかなか抜け出せないのではと思っている方は多いと思います。

しかし、そんなことはありません。

疎遠は卒業することができるのです。

まずはそのために疎遠という言葉を改めて理解していきましょう。

疎遠とは?

疎遠とは?と聞かれると具体的に答えることができる人は少ないと思います。

一応、辞書などには「行き来や文通が途絶えて、親密さに欠けること」とあります。

簡単に言いますと、外との交流が減ることです。

自分と他人の距離を遠ざけてしまうようなことです。

そのため、よくひとり好きの人と勘違いされますが、ひとり好きの人はひとりでいることに快感を覚えているだけであって、疎遠の人ではありません。

疎遠の人は、外との交流を避けるだけでなく、ひとりでいても何もしていないような人のことを言います。

ひとり好きの人は目標や趣味などを持っているのに対して、疎遠の人は目標や趣味などを持っていないケースがほとんどです。

どことなく人を寄せつけないオーラや雰囲気を出しているので、外部からも接触を避けられてしまうのです。

要は疎遠を引き起こしているのは、実は自分自身が原因になっている可能性が高いのです。

ここからは疎遠になってしまうとどうなるのかを説明致します。

友達から誘われなくなる

疎遠になってしまうと友達からの誘いが減ってしまいます。

なぜなら、外部からの接触を避けようとするオーラや雰囲気を出しているので、相手もそれに気づいて誘ってこないのです。

某プロ野球選手が覚せい剤所持で捕まった時には、同僚などとの接触を避けていたということもあり、疎遠になってしまうことにはいろいろと理由がもの隠れしているような感じさえします。

友達から誘われなくなると、情報は入ってきません。

また、外部との接触がないので、知らず知らずに時代に取り残されてしまっているような状況になってしまうのです。

友達から誘われないと、こちらからも誘うことに躊躇してしまう可能性があり、あまりよろしくありません。