最近、友達付き合いが減ってきた。

一人でいることが多くなってきた。

そんな方はいらっしゃいませんか?

もしくは友人や知人にそのようなタイプの方がいらっしゃると言う方も多いと思います。

所謂、疎遠になってしまっている人のことのです。

ひとりが好きと言う方もいらっしゃいますが、友人や知人など外部との交流が途絶えてしまうと、新しい情報などをゲットできる環境にいないので、実はご自身の成長が止まってしまうこともあります。

そう考えると疎遠のような生活をしていると人間性が損なわれてしまう危険性があるのです。

とはいっても、どのような感じになれば疎遠だと言うのかと言いますと、絶対的な定義はなく、抽象的な感じになっているので、ご自身では疎遠と思っていなくても、実は周囲からしたら疎遠になってしまっていると思われている人もいらっしゃるかもしれません。

疎遠になってしまってもいいことはありません。

また、ひとりが好きな人でも、疎遠になっているかと言われましたら、そうとは限りません。

ひとりでもしっかり周囲とコミュニケーションを取られている方が多くいらっしゃいます。

そこで、今回こちらの記事では疎遠になりがちな人の特徴など、疎遠に関する情報をいろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、疎遠にならないように致しましょう。

疎遠になってもいいことはありません。

また、ひとり好きと疎遠は全く違いますので、改めて疎遠というワードについてしっかり理解しましょう。

疎遠になると寂しい人生を送ってしまう

疎遠になってしまうとどうなってしまうのかと言いますと、まず、外との交流が減ってしまいます。

故に新しい情報が入ってこない危険性が高くなってしまうのです。

別に情報などと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は情報は凄く重要です。

特に21世紀になって情報は目まぐるしく変化しています。

時代が変わるスピードが速くなったことと、比例するような感じに情報もコクコクと新しい物が誕生しているのです。

故に情報をゲットできない環境に身を置くことは時代に乗り遅れている証拠でもあるのです。

ある意味、ひとり取り残されているような環境です。

そうなってしまっては意味がありません。

そうなる前に疎遠を卒業してしまった方が未来は明るいですよ。

疎遠になると寂しい人生を送るというのは、友達付き合いがなくなってしまうからではなく、情報が入ってこないために先へ進めなくなってしまい、取り残されるから寂しい人生になってしまうのです。

つまり、常に情報が入ってくる環境に置くことが大切だと言うことがわかりますね。

そのためにも疎遠にならないことが人間らしく生きるうえで最も大切なことだと言えます。

そうは言っても疎遠になってしまったらなかなか抜け出せないのではと思っている方は多いと思います。

しかし、そんなことはありません。

疎遠は卒業することができるのです。

まずはそのために疎遠という言葉を改めて理解していきましょう。

疎遠とは?

疎遠とは?と聞かれると具体的に答えることができる人は少ないと思います。

一応、辞書などには「行き来や文通が途絶えて、親密さに欠けること」とあります。

簡単に言いますと、外との交流が減ることです。

自分と他人の距離を遠ざけてしまうようなことです。

そのため、よくひとり好きの人と勘違いされますが、ひとり好きの人はひとりでいることに快感を覚えているだけであって、疎遠の人ではありません。

疎遠の人は、外との交流を避けるだけでなく、ひとりでいても何もしていないような人のことを言います。

ひとり好きの人は目標や趣味などを持っているのに対して、疎遠の人は目標や趣味などを持っていないケースがほとんどです。

どことなく人を寄せつけないオーラや雰囲気を出しているので、外部からも接触を避けられてしまうのです。

要は疎遠を引き起こしているのは、実は自分自身が原因になっている可能性が高いのです。

ここからは疎遠になってしまうとどうなるのかを説明致します。

友達から誘われなくなる

疎遠になってしまうと友達からの誘いが減ってしまいます。

なぜなら、外部からの接触を避けようとするオーラや雰囲気を出しているので、相手もそれに気づいて誘ってこないのです。

某プロ野球選手が覚せい剤所持で捕まった時には、同僚などとの接触を避けていたということもあり、疎遠になってしまうことにはいろいろと理由がもの隠れしているような感じさえします。

友達から誘われなくなると、情報は入ってきません。

また、外部との接触がないので、知らず知らずに時代に取り残されてしまっているような状況になってしまうのです。

友達から誘われないと、こちらからも誘うことに躊躇してしまう可能性があり、あまりよろしくありません。

また、仕事やチャンスなどは外から来るものです。

外との交流がないと仕事もチャンスもきませんよ。

疎遠になることで自分をも傷つけてしまっているのです。

ぜひ、疎遠にならないようにしましょう。

まずは友達を大切に思いましょう。

相手がそう思っていないと考えても意味がありません。

相手がどう思うか相手の勝手です。

つまり、自分が相手を大切に思うことは自由なのです。

人生を楽しめなくなる

疎遠になってしまうと外との交流がなくなるので、情報が遮断される。

そして、時代に取り残されるなどの状況に陥ってしまいます。

そうなってしまうと人生を楽しめなくなってしまう危険性があります。

なぜなら、外との交流がないせいで自分よがりになってしまい、すべて自分で判断してしまう。

何が正しくて何が間違っているのかなどの判断能力も乏しくなってしまうのです。

仕事においても何でもそうですが、自分ひとりで成功を成し遂げた人はほぼ皆無です。

みんな仲間と協力して成功を成し遂げています。

故に疎遠になって自分ひとりになってしまってはいけないのです。

アップルを開発したスティーブン・ジョブスだって、多くの仲間とともにアップルをあそこまで築いたのです。

つまり、疎遠は自分をダメにしてしまう危険性が非常に高いのです。

一生に一度の人生です。

楽しまなくては損ではありませんか。

それにあなたの人生です。

あなた自身で壊してしまっても意味がありませんよね。

ぜひ、疎遠にはならず周囲とうまく溶け込んで良い人生を築いて行きましょう。

疎遠になりがちな人ってどんな人?特徴15個

ここまでで疎遠になってしまうとどんなことになってしまうのかわかったと思います。

そこでココからは、まず、疎遠になってしまう人の特徴などを説明していきます。

もしかしたらご自身にそのような特徴があったという方もいらっしゃるかもしれませんので、ぜひ、そうでありましたらその特徴をなくすように心がけましょう。

また、知人や友人にそのような特徴を持っている人がいらっしゃいましたら、疎遠予備軍の可能性があります。

人は人から受ける影響が大きいと言われていますので、接触をさけるかもしくは、支援に回るようにしましょう。

要はあなたが疎遠予備軍に良い影響を与えるようにしましょう。

気になる特徴ですが、大きくピックアップして15個あります。

いきなり、すべてをマスターしろとは言いません。

まずは身近なもの、もしくは、読んでいてビビットきたものからマスターしていくようにしましょう。

特徴をしっかり把握することで疎遠になることを防ぐことができますよ。

1.他人を受け入れられない


他人の言うことや行動を受け入れられない。

要は、自分の意見が絶対だと言うような感じになってしまっている人は、実は、疎遠になりやすいのです。

周囲が情報などを提供していても受け入れない、聞き入れないようなタイプには自然と情報が入ってこなくなります。

なぜなら、話しても受け入れないと見られてしまって、話しても意味がないと認識されてしまうからです。

特に顕著なのが、会社などでトップにいた人です。

トップダウンの形式を取っていた会社の上司などは部下の意見を聞き入れず、自分の指示通り動けば良いと言った感じになっているので、まず、部下からは情報はきません。

これは非常に危険なことです。

なぜなら、現場の最前線にいる人たちの意見が来ないと言うことだからです。

そのような人は退職してから疎遠になってしまうというパターンが多くあります。

部下だろうと誰だろうと立場に関係なく情報を受け入れないと人間性を保つことはできないのです。

2.挨拶や会話ができない

挨拶や会話ができない。

所謂、コミュニケーション能力に問題がある人は疎遠になりやすいです。

この手の人は、相手とコミュニケーションを取ることを避けようとしているので、自然と人が寄ってこなくなります。

挨拶は自分を知ってもらう大切な手段でもあれば、実は、コミュニケーションが苦手な人でも有効に使える手段なのです。

挨拶をすることで深くコミュニケーションをすることを避けることができるのです。

要は挨拶をガードのような感じで使用されている方も結構いらっしゃいます。

また、会話ですが、これは仕方がありません。

共通の話題や考え方など一致しないことは多いので、スムーズな会話ができないことはよくあります。

しかし、これは相手に合わせようという思いが強いだけです。

相手に合わせる必要はありません。

なぜならあなたの人生ですから、会話が弾まなくても会話ができないと言うことではありませんので、そこは間違った捉え方をしないようにしましょう。

できるなら、朝は目があった人みんなに挨拶をするようにしましょう。

3.ポーカーフェイス

表情を一切変えないポーカーフェイスですが、一見するとクールな印象がありますが、ポーカーフェイスだから外部との接触を避けたいと考えている可能性が非常に高いです。

まず、表情が変わらないのはクールだからというわけではありません。

表情を変えることで、外部が話しかけてきたりするのを避けるためです。

ポーカーフェイスは無表情なので、何を考えているのかわからないので、ある意味不気味さが備わっています。

不気味に思われた時点で周囲は接触を避けようとしますので、疎遠になってしまう危険性が非常に高いのです。

ゲーム等の時に役立つポーカーフェイスですが、現実でそのような感じでいると相手は不信感を覚えてしまうのです。

最近ではポーカーフェイスではなく、笑顔でいることでゲームを制するという感じになってきています。

故にポーカーフェイスがカッコいい時代は終わりました。

4.格差を気にしてる

相手と自分を比較してしまって、自分が劣っているように感じると外部との接触を避けたがります。

なぜかと言いますと、劣っている自分を周囲に見せるのがかなりの苦痛と感じてしまうからです。

自分は惨めと言った感じにネガティブに支配されてしまうので、そうなってしまうのです。

ネガティブな感じに支配されると外部との接触を避けようとしてしまうのは自分の見られ方や周囲の目を気にしてしまうからです。

これは相手と自分を比較するから起こることであって、そもそも人間は十人十色であって比較の対象にはなりません。

よく、会社などでスタッフを比較される方は多いのですが、これは実は良くありません。

この時点でスタッフを道具として見ているのです。

それに賛同するってことは自分を道具と認めているようなことですよ。

格差は気にしても意味がありません。

また、例えその時点で格差が開いていても逆転をすることは十分に可能です。

落ち込む必要なんてないのです。

5.疎遠になってることを気付かない

疎遠になっていることに気づけない。

そんなことあるのと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、実際にあるのです。

そもそも疎遠の定義事態が絶対的な物が合く、抽象的な感じなので、どんな状態を疎遠というのかが定まっていないのです。

そのため、自分で疎遠と思っていなくても、周囲から見たら疎遠となっているような感じに見えてしまう方もいらっしゃるのです。

これは仕方がありません。

しかし、最近、友達からの連絡が減ったとか、ひとりでいる時間が多くなったと言う方がいらっしゃいましたら、もしかしたら、周囲がそのような目で見ている危険性は非常に高いです。

そのような時は自分から積極的に友達や友人などに連絡を取りましょう。

友達や知人からどのような反応をされるのかが怖い!と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、疎遠と思っていないのなら、そのようなことを気にする必要はありませんよ。

6.誘いを簡単に断る


友達や知人からの誘いを簡単に断ってしまう人は多くいらっしゃいますが、実はこれが疎遠の兆候なのです。

お誘いは喜んで行くものと言った感じに、昔は捉えられていましたが、現在は損得で判断するような感じになってしまっています。

損だから行かないと言った感じにお誘いを断る方が結構います。

ご自身で判断しているので何とも言えませんが、損得と言う言葉あるように損があって得があるのです。

つまり、損を知らないと得のありがたみがわからないのです。

つまり、損かもしれない誘いでどこかに得があるかもしれないのです。

最近は触らず嫌いが多くいます。

自分の知らないものには触れたくないと言った感じです。

しかし、これは見方を変えると自分の世界に入ってしまっているようなものです。

つまりは、疎遠に近い形になっているのです。

外からのお誘いは自分を成長させてくれる心強いものです。

ぜひ、簡単に断るのは辞めましょう。

断るにも正当な断り方をすれば相手を傷つけずに済みますよ。

7.いつも仕事優先にしている人

「仕事だから」「仕事が入っていて」「仕事で忙しくて」このような感じで仕事を理由にしてくる人はいっぱいいますが、一見すると大変そうや仕事に精いっぱいな人と言った感じに見られますが、そうではありません。

残業と言う言葉が流行り出したあたりから、仕事を言い訳にする人が増えてきました。

最近ではこの言い訳をする人たちを仕事ができない人たちなのではないのかと思う人も増えています。

要は自分の時間を大切にしていないのです。

また、仕事があって人生があると言った感じに20世紀の考えで生きている人がまだまだたくさんいます。

今は21世紀です。

あなたの人生のために仕事があるのです。

仕事のためにあなたの人生があるのではありません。

昔は終身雇用と年功序列などがありましたが、今はそれが崩壊したので、仕事のための人生では生きるのが難しくなってきています。

仕事、仕事、となると、周囲が見れなくなるので会社の思う壺です。

よって、外部との接触がなくなるので、疎遠になってしまう危険性があるのです。

8.何をしても楽しくなさそうな人

とにかくいつも楽しくなさそうな表情をしている人は一緒にいたいと思えません。

故に自然とお誘いがなくなってしまいます。

なぜかと言いますと、人間は人間から受ける影響がもっとも激しいので、何をしても楽しくなさそうな人の近くにいると自分もそうなってしまうのではないかと言った恐怖心を覚えてしまうのです。

要は巻き込まれたくないのです。

笑顔は最強の薬と言われているように、笑顔で楽しくいることが人間にとって最高の瞬間なのです。

故に楽しい雰囲気を出している人は疎遠になりにくいのです。

集団生活を重んじる会社などでは最近面接で「あなたは明るい人間ですか?それとも暗い人間ですか?」と聞いてくる会社もあるほどなので、明るさを求める傾向に世の中はなっています。

つまりは明るくいることが疎遠になるのを防ぐことができますよ。

9.人を拒絶して信用しない

過去にいろいろなことを経験してなど、もしくは人付き合いなどの人間関係に疲れたなどで、人を拒絶してしまう人が多いです。

これは単に相手を信用していないからそうなってしまうのでありますが、結構重傷に近いです。

まず、相手を信用できない時点で、実は自分も相手に信用されていない危険性が高いのです。

要は相手があなたを信用しないからあなたも相手を信用できないのです。

ある意味おあいこです。

なら、話は簡単です。

相手を信頼することが一番の解決策です。

そんなこと言っても相手がと思ってしまう方が多くいらっしゃるかもしれませんが、相手を信用するしないはこちらの自由です。

相手がどう思っていようと関係ありません。

なぜなら、我々は十人十色の人間だからです。

相手にどう思われようが時代は進んでいくのです。

人を拒絶するよりも嫌な相手でも信用する方が良いです。

例えそれで騙されても相手がどういうタイプなのか気づけるし、他の人が騙されずに済みますよ。

人間関係で悩んだ時は、まず、相手を信用しましょう。

【人を信用出来ない原因と対策は、こちらの記事もチェック!】

10.1人の時間を過ごしがち

疎遠になっている人はひとりでいる時間が長いです。

ひとり好きの人も1人でいる時間が長いですが、両者の違いは過ごし方です。

ひとり好きの人はひとりの時間を満喫するために計画を持って過ごしています。

しかし、疎遠になっている人は、何も考えずボーっとただ時が過ぎているのを待っている感じの人が多く、無駄に自分の時間を過ごしている感じの人が多いです。

まさに時が止まってしまっているような感じです。

地球が動いているのに、自分が動いていないのは良くありません。

時代に取り残されてしまう人の特徴はこのような感じです。

何もせずに1人で過ごす時間が増えてきているなと思いましたら、もしかしたら疎遠予備軍になってしまっている危険性が非常に高いので注意が必要です。

11.仕事と友達を比較する

友達の誘いと仕事どっちが大切なのか、もしくは仕事と友人どちらか選ばないといけないとなったらと考えると…今の日本ならまだ仕事を選ぶ人は多いのではないでしょうか。

しかし、これから縦のつながりだけでなく、横のつながりも重要視されてくる世の中です。

つまり、友達も仕事同様な感じで大切にしないといけないのです。

はっきり言えば仕事と友達を比較してはいけないのです。

疎遠になりがちな人は、友達から嫌われても、自分には仕事があるから大丈夫と言った感じに捉えている人がいます。

これと似ているのがスタッフをお金と見ている上司です。

スタッフが辞めても補充すればいいと考えているので、裏を返せば誰でも良いと言うことです。

これでは意味がありません。

友達も仕事も両方大事にしてこそ、人間としての尊厳が守られるのです。

ぜひ、比較するのは辞めましょう。

12.ノリが悪い

とにかく相手との話の波長が合わないと言った方がいます。

そのような方は一緒にいても楽しいと思えないので、疎遠になってしまう危険性が非常に高いです。

所謂、ノリの悪い人間ですが、これは仕方がありません。

何度もいいますように、人間は十人十色です。

合う合わないがあるのは当然です。

そこで、必要以上に合わせようとするからノリが悪いように見えるのです。

ノリが合わないなら合わないなりの接し方もあるのです。

無理に合わせようとすると、自分を失って変な自分を見せてしまうのです。

それが余計にノリを悪くしてしまう危険性があるのです。

無理に合わせるのではなく、自分は自分と言った感じに毅然と構えるのが最適な手段です。

ぜひ、相手に合わせるのではなく、自分は自分で行きましょう!

お互いを尊重できる仲になると自然と波長も合うので、ノリも良くなりますよ。

13.友達の関係を断ち切ってしまう

疎遠になってしまう人は、古くからの付き合いや友達などの関係を断ち切ろうと考えてしまいます。

なぜかと言うと、外部との接触を避けるためにあらゆる所に壁を作ってしまうのです。

そのために自然と誰とでも連絡を取れなくなってしまいます。

そうなると、外部との接触はないので、情報は入ってこない、自分の世界に閉じこもってしまうなどの危険な状態になってしまいます。

よく、有名人などが覚せい剤などで捕まる時は、世の中からフェードアウトしているような時です。

つまり、外部と接触していないので、何をしているのかわからないので、そのような悪さを防ぐことができないのです。

友達との関係性をうまく保持していることが何よりもご自身と相手の人生を上手く行かせる手段になっています。

簡単に断ち切るのは辞めましょう。

14.内気ですぐ悲観的になる

内向的な人と外交的な人はどちらが相手に好かれるかと言うと、外向的な人です。

外に目が向いているので、落ち込んでいる暇がないと言った感じになっています。

逆に内向的な人は自分に目が行ってしまうので、ダメな自分をピックアップしすぎる傾向にあります。

そうなると、悲観しすぎてしまい、外部からの接触がなくなってしまう危険性もあります。

何度も言いますように人間は相手から受ける影響が大きいのでそのような人に巻き込まれたくないと言った感じに捉えてしまうので、接触を避けてくるのです。

また、外に目が向いていない分、接しても意味がないと思われてしまっているのです。

内気な性格は自分を悪くするだけでなく、相手にも悪影響なので、そのような性格を出すのは辞めましょう!

そのためにも視野を広げて外を見るようにしましょう。

15.SNSが好き

Facebookなどのソーシャルネットワークですが、疎遠になっている人はこの手の物が凄く好きです。

なぜなら、自分の世界にいることができるからです。

交流も自分が興味のある人だけなので、自然と似た者同士だけになってしまっているのです。

ネット上でたくさん友達がいるとは言え、SNSのフィールドは実は似た者同士の集まりなのです。

つまりは、交流が広がっているようで全然広がっていないのです。

疑似に人脈の広さになっているので、勘違いしてしまいます。

そして、知らぬ間に疎遠になっているような感じになってしまっていると言うのが落ちになってしまいます。

SNSは似た者同士の交流にはもってこいですが、それゆえに自分の世界に閉じこもってしまう危険性が高いのです。

疎遠にならない為の対処法8個

疎遠になってしまう人の特徴が分かったところで、疎遠になりたいとは思わないですよね。

そこでココからお待ちかねの疎遠にならないための対処法を説明します。

疎遠になるとなかなか治らないと言われますが、そんなことはありません。

どなたでもしっかり治すことはできますよ。

大きくピックアップして8個の対処法がありますので、ぜひ、あなたにとって実践しやすいものから取り組んでみましょう。

誘いは断らない!とりあえず行く!

絶対とは言いませんが、お友達や知人などのお誘いは断らない方が良いです。

もしかしたら何かチャンスがあるかもしれませんよ。

断ってしまうのは損得で考えているからです。

そう考えていては何に対しても先へ進めません。

そんな考えをするよりかは何かあるかもしれないと考えて行くようにしましょう。

理由もなしに誘ってくる人などはいません。

他人を受け入れる

他人の存在を尊重しましょう。

あなたにとって嫌な人だと思える人でも実はあなたにとって必要な人になっている可能性が高いのです。

故に相手を受け入れることが大切です。

受け入れられないのは相手を人間として見ていないのと一緒ですよ。

嫌だと思える人が現れたら試されていると言うことです。

笑顔で受け答えるようにする

何事に対しても笑顔で答えるようになると相手もあなたに対して好印象を持ちます。

いつもニコニコしていて気持ちがいい!と言った感じになります。

相手の笑顔を気に食わなく思ったり、へらへらしていると思う人は、笑顔になることを得意としていない人です。

そんな人にいろいろと言われても気にする必要はありません。

コミュニケーションを積極的に取る

相手とのコミュニケーションを積極的にとるようにしましょう。

そうすることで会話をする楽しさや一緒にいる楽しさを感じることができますよ。

コミュニケーションが苦手と言う人もコミュニケーションを取る手段はいっぱいあるので、あなたに適した手段を使用するようにしましょう。

仕事と友達を分けて考える

仕事と友達を比較してはいけないと前文で説明していますが、その通りで別個に考えなくてはいけないのです。

なぜなら、仕事=友達だからです。

これは同じほど価値があると言うことです。

つまり、比較はできないし、同じ時に考えてはいけないのです。

それだけお互いに価値の高いものなのです。

良い友達と付き合うようにする

相手に好かれることが良い友達付き合いとは言いません。

相手と尊重し合えるのが良い友達付き合いです。

この辺りを勘違いしている人がいっぱいいます。

相手に好かれるために相手の主導になってはいけません。

良い友達付き合いをするなら、お互いに尊重し、本音で話せるようにしましょう!

外に出かける努力をする

外部と接触を積極的に行うためには、外へ出るようにするのが大切です。

外へ出なくては交流が生まれません。

また、行動することによって何かが起こる可能性もありますので、とにかく外へ出かけるようにしましょう。

日光を浴びると気分もアップ

日光を浴びると気分が良くなります。

これはホルモンに良い刺激が行くのでバランスの取れたホルモンを分泌することができるのです。

つまり、太陽の光は元気の源です。

自殺が多い場所は日光に当たる時間が少ないのが主な原因です。

なるべく日光に当たるようにしましょう。

まとめ

疎遠に関する情報はいかがでしたでしょうか?

疎遠になってしまうと自分自身だけでなく相手も傷つけてしまう危険性があります。

なるべく疎遠にならないようにしましょう。

それがあなたとあなたの周囲の人との明るい未来作る最高の手段です。