CoCoSiA(ココシア)

地黒な人の8個の特徴と地黒美人を目...(続き3)

あまり気にした事がありませんでしたが、地黒の人って結構クールビューティーな人が多いかもしれません。

私の周りにいる色黒な人はみんな落ち着いています。

外見の印象とはうって変わっているんですよね。

もちろんいい意味でのクールビューティーなのですが、あまりはっちゃけている人の方が少ないでしょう。

冷静な判断かつしっかり者というイメージが強いです。

地黒美人を目指すためにやるべきこと

地黒美人に目指すべきにやるべき事、それは地黒を否定しない事です。

私の姉がそうだったのですが、地黒がコンプレックスだと子供の頃からよく言っていました。

私の肌は白くて羨ましいと言われましたが、他者から言われる言葉はいつも姉の方が美人という事ばかりでしたね。

みにくいアヒルの子という訳ではありませんが、兄弟のいる方ならお分かりになるのではないでしょうか?

ないものねだりしても意味がないのです。

自分の良さを是非生かしてみて下さい!

マットファンデーションを使う

マットな肌という言葉はCMか何かで聞いた事はあると思いますが、ざっくり言ってしまうとテカリや毛穴の汚れがない肌を意味します。

女性の憧れであるマットな肌ですが、地黒の人は特に意識していただきたいです。

夏場は特に汗をかく時期なのでメイクをちゃんとしていないと、黒光りな肌になってしまいます。

こうゆうときは白い肌よりも地黒の肌の方がテカリが目立ってしまうので、大変かもしれません。

通常のベースメークではテカリなどは防げませんので、マットな肌を目指してみて下さいね。

地黒の人がやってはいけないメークは、反対に美白に近づけさせてしまう事です。

美白メークは確かにキレイに仕上がりますが、顔から下の肌の色が違うと変に思いませんか?

メーク時は自分の顔しか見ていないので気が付きにくいかもしれませんが、第3者から見ると物凄い違和感しかありません。

自分の肌に合わせた肌の色のファンデーションを使用しましょう。

眉毛を細くしない

現在の流行の眉毛は細眉ですが、地黒の人の場合は眉毛を細くしない方が良いですよ。

どちらかと言えば濃すぎず、ブラシを使って柔らかく書く方が印象がぐっと良くなります。

何故地黒の人は眉毛を細くしない方が良いかという事ですが、細すぎる眉毛だと印象がキツくなってしまうので、第一印象が怖い人だと勘違いされてしまうからです。

たかが眉毛かもしれませんが、他者は人間の顔のどこをよく見るのかというと、鼻や口元そして眉毛の部分をよく見られます。

目を見て話す人が苦手な人が、その様な傾向にあるので注意しましょう。

あまりガーリーな服を着ない

ガーリーというのは女の子らしいという意味です。

そのままの通りガーリーな服というのは、ひらひらやふわふわなどレースが付いたお姫様のような服装になります。

私の姉も友達も地黒を特に気にしている訳では無いかもしれませんが、あまりガーリーな服を着ていません。

地黒の人にはガーリーな服装よりも、カジュアルかクール系、ナチュラル系が似合いますよ。

可愛らしいガーリーな服は、細身の白い肌の人には似合います。

いくら自分が好きな服装でも、あまり自分の肌に合っていない服装は着ない方が良いですよ。

服に着られるという言葉があるくらいですからね。

自分では似合っていると思っていても、他者から見て似合っていない、ひどい場合にはセンスがないと思われてしまうでしょう。

私も本当はクール系が好きなのですが、肌に合わずに断念した過去があります。

ただ正直に言ってしまうと、女性の服装ほど難しいものはありません。

色々組み合わせが出来るので、正解という正解がないのです。

自分がこの服好き!だけではいけませんからね。

服装を見立てに行くときは、必ず誰かと一緒に行って下さい。

チークは薄め

チークが濃いと悪いという訳ではありませんが、何事も濃すぎるのが良いという訳ではありません。

地黒の人でチークを濃くしてしまうと、どこかの部族みたいになってしまいますので注意しましょう。

メーク好きな人には多いんですよ。

反対に色白の人がチークを濃くしてしまっても、おてもやんみたいにしかなりませんからね。

地黒の人はピンク系よりも、赤やオレンジ系がよく似合います。

チーク自体の色は淡色系ではなく、原色系の方がよく映えるために濃くなってしまうのも無理はありませんが、薄く色付けしたチークを意識してみて下さいね。

地黒を解析しよう