CoCoSiA(ココシア)

お母さんでいられて良かった…究極の幸せを感じた瞬間って?

結婚して子供が産まれるとみんな「お母さん」になります。

自分にもお母さんがいたように、あなたも子供のお母さんなのです。

女性はライフステージによって人間関係も変われば役割も変わっていきます。

結婚する前は1人の「あなた」という存在でしたが、

結婚したら「●●の妻」になり子供が産まれたら「●●ちゃんのお母さん」になります。

女性なら誰でも1度は「お母さん」になることに憧れたことがあるでしょう。

しかし、実際にお母さんになると想像以上に大変な事ばかり…

忙しくてしんどくて、自分の思うとおりにならなくて何度も「お母さん」であることをやめてしまいたくなったなったこともときにはあるでしょう。

ですが、それ以上に「お母さんでいれてよかった」と思える究極の幸せがお母さんにはあるのです。

ここでは、お母さんの大変なことや幸せについてご紹介していきます。

この記事の目次

お母さんの大変さって色んなところにありますよね

「お母さんはいいよね~。学校に行かなくていいんだから」なんて子供に言われたことってありませんか?

または子供のころ、自分のお母さんに言ったことってありませんか?

子供からするとお母さんはずっと家にいるイメージで「お母さんは家でノンビリしているんだ」と思っていることがあるようです。

しかしお母さんは家でノンビリしている時間などないのです。

お母さんの大変さは子供の妊娠・出産にはじまります。

そして日常の家族のお世話や、家事、その他いろいろ…子供の見ていないところでずっと動き回っているのです。

また、仕事をしているお母さんなら更に大変さを増します。

仕事も責任を持ってやらないと行けないし、家事や育児も疎かになってはいけません。

そしてお母さんは人間関係も大変なのです。

子供の幼稚園や学校の保護者の方やママ友に始まり、ご近所さんとの付き合い…

マンションなどに住んでいるときは、子供の声や足音について周りに配慮しないといけないのでご近所さんとの関係をしっかりもっておくことが大切です。

家のことだけじゃなく人間関係まで…お母さんって本当に大変なんです。

掃除に洗濯、毎日の家事

育児の他に、お母さんの主な仕事と言えば毎日の家事です。

家事って名前のとおりに「家の事(をする)」なので簡単なイメージを持たれることがありますが、まったくそんなことはありません!!

お母さんの1日の始まりは、家族の誰よりも早く起きることからスタートします。

どんなに寒い日の朝でも寝坊することはできません。

家族が活動し出す前に朝食を作りお弁当を作り、洗濯をしたり掃除をしたり、子供の幼稚園や学校の保護者会の用事をしたり、買い物をしたり…

そして落ち着くヒマなく夕飯の支度をしたりととにかく1日中家族のために動き回ります。

それが毎日毎日繰り返されるのです。

しかも、まだ幼稚園に入っていないような未就園児がいるようなお母さんだったら更に大変です。

このバタバタの最中に常に子供が付きまとって家事も思うように進みません。

更には子供が2人以上なら…と家族の人数が多ければ多いほど、お母さんがする家事の負担は増えていきます。

ときには全部やめて1日中ゆっくりしたり、オシャレをしてどこかに行きたくなってしまいますよね。

しかし、子供が家族がお母さんを必要としているので頑張れちゃいますよね。

激痛の出産

出産の痛みは、女性にとって人生最大の痛みだといっても過言ではありません。

男性はこのお産の痛みに耐えられないそうですよ。

陣痛時に「もうだめ!!もうお腹切って赤ちゃん出して!」と叫んでしまったという人も多いでしょう…

陣痛が進むにつれて痛みはケタ外れに激しくなっていきます。

出産までの時間は人によって違いますが、長い人だと1日から2日もかかる人もいます。

激痛なだけじゃなくて長いなんて、それはもう過酷な体験です。

なかには「陣痛から出産まで2日半かかった。

眠りたいのに陣痛で目がさめてまったく眠れない。

こんなに苦しんだのに最終的には体がもたずに帝王切開だった」という人もいます。

2日半も眠れない、しかも痛いって本当に拷問のようですね…

そんな生殺しのような陣痛だけではなく、出産後もツラい常態が続きます。