CoCoSiA(ココシア)

始末書を書く時の12個の注意点。失礼にならないように、、!


会社で働くという経験をしていると、誰もが経験をするというものではありませんが、一部の人は経験をしたことがあるというものがあります。

それが始末書と呼ばれるものです。

始末書を書いたことがないという人も多いでしょうが、始末書というのはどの様なものを言うのでしょうか?始末書というのは簡単に言うと会社の規則を破ったというようなものです。

例えば、会社の規約に「パソコン周りに飲み物を持ってきてはいけない」というような規約があるとします。

その際に飲み物を持っていっても溢さないから大丈夫だろうと思い、それを数ヶ月続けますよね。

それがある時、空いていた飲み物に当たってしまって機械を濡らしてしまった!なんていうような事があると思います。

これは人であれば経験をしたことがある1例です。

ですがこの様にパソコンを濡らした理由は、パソコン周りに飲み物を持ってきてしまったからというのが一番の原因ですよね。

とても怒られるものでもあり、規約にも違反をしているという事になります。

規約に「持ってきてはいけない」と書いてあったのに、持ってきてしまったという事になるので規約違反になりますよね。

そんな時に始末書というものを書かされてしまうのです。

そして場合によっては弁償などもしないといけないと思います。

そんな事実などを書いて今後はその様なことが無いようにするというようなものを表すものが始末書という風になるのです。

よく子供がイタズラなどをしてしまい、何かを壊してしまったというときに、反省文というようなものを書かせたりしたと思いますが、それと同じようなことをするという事です。

子供たちの場合は「もう壊さないようにする」という意思表示のために書きますが、始末書の場合は今後再発しないようにする誓約をするという意味もあります。

この様な経験は基本的にしたことがないという人がほとんどだと思います。

ですが中にはこの様なミスをして規約を破っていたりしたという人も中にはいるのです。

始末書というのは書いたことがない人がほとんどだと思いますが、いざ始末書を書いてみるとなった際には書き方などが分からないですよね。

どの様に書けば良いのか、何を誓約すれば良いのか、どの様にして表現をすれば良いのかなど、様々なことを具体的に書く必要がありますが、実際にはどの様に書けば良いのか皆さんは解りますか?

今回はそんな始末書を書く際の12個の注意点について詳しくお教えしたいと思います。

失礼のないようにしているつもりでも、もしかしたら失礼な書き方をしてしまっている可能性もあるという事です!十分に注意をしながら、実際にどの様なことに気をつければ良いのか見てみたいと思います。

この記事の目次

始末書ってイマイチ書き方が分からない

始末書と聞いても初めて書くという人がほとんどだと思います。

始末書というのはどの様に書けば良いのか解らず、書いても不安になることが多いですよね。

いざ調べてみても難しくて解らないという人が多いはずです。

何よりも書いてみて本当にこれで大丈夫なのかという不安があるため、自分にも自信が持てず、いつまでたっても書けないというような事があると思います。

始末書というのは基本的に書くことが無いですが、もし仮にこの様なことを書く場合は出てきてしまった、となった場合はその知識もつけると良いかもしれません。

そんな事はないと思っているほど、実は始末書を書いてしまうというような事になるのです。

人というのは何時、どんな事がおこるか解らないですよね。

まんがいちに備えて始末書についての知識を予め持っておくというのも良いと思います。

変に真剣に見るのではなく、知識として覚えておくということです。

そうする事で、始末書などで書く場合、と似たようなもので反省文であったり、顛末書というようなものもあります。

顛末書というのは始末書とは違いますが、その知識も持っていないですよね。

今回は始末書についてお教えしますが、一緒に顛末書についても学ぶと良いかもしれません。

下手をすれば失礼になる場合も

書いていても不安になるというような事があります。

書き方によっては失礼になる場合もあるからです。

人というのは基本的に上司になる人であったり、先輩にあてたり社長にあてたりする手紙の際には失礼の無いようにすることが当然です。

書き方によっては失礼になることもあります。

そんな時にちゃんとした書き方を覚えることで、失礼になるというような事がなくなりますよね。

下手をすると失礼になると思いがちですが、そこも自信を持って書かなくてはいけません。

予め少しでも知識があるとスラスラと書けるのではないかとも思います。

ですが一番してはいけない事は、事実を書かないという事です。

始末書というのは簡単に言うのであればその事実を書いてこの様なことがないようにするというようなものであり、嘘を書いてこのようになったというのはいけません。

仮にそれがバレたりでもすると、退職という事もありえます。

失礼のないように書くことが一番大事になり、嘘などは必ず交えないようにするという事が大切です。

どんな事でもそれは同じですよね。

嘘というのは必ずしてはいけません。

始末書を書く時に困った事


では実際に始末書を書く時に困ったことはありませんか?例えばどの様な紙で書けば良いのだろうかと思う人もいるでしょうし、書き方がよく解らないという人もいます。