CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

お歯黒には何の意味があったの?日本人がはじめた理由や由来を詳しく解説


お歯黒という文化をご存知ですか?

聞いたことがないという人はあまりいないかもしれませんが、その名前を聞いたのは歴史の教科書で一回きりという人はたくさんいるでしょう。

どの時代にどうして流行っていたのかということまでは知らない人の方が多そうですね。

歴史の中には私たちの理解できない文化がたくさんありますが、それらの文化を「理解できないもの」として片付けてしまうのは、もったいないような気がします。

お歯黒という文化も、現代の美意識で見ると「どうしてそんなことをしているのか分からない」というものになってしまうでしょう。

ですが、その時代にはそれが流行していた理由というものがたくさんあるのです。

お歯黒という文化があった理由について、また、それが流行していた理由について、お歯黒のメリットなどを考え始めると、その時代を生きた人達の考え方などを理解できますね。

また、単純にそういった「今では廃れてしまった文化」について詳しく知るということは、好奇心をひかれることであるとも言えます。

ここではお歯黒という文化を取り上げて、詳しくどのようなものであるのかをご紹介したいと思います。

昔の日本について学ぼう

昔の日本について知っていることと、と言われると小学生のころから高校までに学んできた歴史の知識が色々と頭に思い浮かぶのではないでしょうか。

学生時代に歴史を学ばない人はいませんから、日本国内であった色々なことがきちんと頭に入っているという人が大半のはずです。

最も、テスト勉強などでの辛い思い出から、歴史を学ぶということに関してあまり良い思い出がないという人もいるでしょう。

どれくらい詳しく覚えているかと言われると、それはそれで難しいところもあるかもしれませんね。

織田信長、源頼朝など、有名な人は今でも忘れずに頭に入っていたとしても、何となくその前後の歴史のことは曖昧になっているという人もいるかもしれません。

さらに、歴史の中での大イベントのことはきちんと覚えていても、イベントではなく、その時代に生きてきた人たちがどのような生活習慣だったのか、どのような観念の中で生きてきたのかという文化面ではあやふやな知識しかないという人も多いのではないでしょうか。

歴史というのは、自分が今、現在を生きている中では直接には関係のない出来事です。

今しか見ていない、未来しか見ていないというのは、確かに必死に現在を生きていると人間にとってはある意味でとても当たり前の話だからです。

ですが、昔の日本を学ぶこと、きちんと知っているということは、人生においてもそうですが、今の文化を形作るためにも大切なこととなるはずです。

昔の日本についていろいろ学び直してみるというのも、たまには面白いことかもしれません。

歴史を知ることは大切なこと

歴史を知るということはどういったことなのでしょうか。

歴史というのは、今までの人類が作ってきた様々な時間のうねりのようなものであり、歴史の本、歴史の教科書というのは地球や地域の日記帳のようなものだと考えると良いでしょう。

時間というのはただただ過ぎていくだけのものですから、今を生きている人間には過去のことは体験できません。

だからこそ、忘れ去ろうと思えば過去のことなど忘れ去ることができます。

ですが、大きな時間の流れの中で生きてきた過去の人間の生きざまは、今の人間にも役に立つことがあるでしょう。

それぞれの人々は一度しかない人生を先に進むしかないのですが、それにしても、一度しかない人生をギャンブルのように行先を決めるというのは不安になるものです。

そのときに指標となるのが昔の人間の生きざまなのです。

過去、つまりは歴史を知ることで、現在の生き方を変えることができます。

より良い方向にもっていくことができるのです。

もちろん、自分が生きてきた時代とは文化が全く異なりますから、一概に参考にすることはできません。

ですが、人の心の動きというのは今でも昔でも変わらないところがあるでしょう。

それは同じ人間だからこそです。

きちんと歴史を知ることで、自分の人生を豊かで素晴らしいものに変えることができるというのなら、歴史を学ぶ価値もありますよね。

今では考えられない文化もある

先ほど、今とは全く異なる文化の中に生きてきたから、完全に今の生き方と同じわけではないと記しました。

確かにそれは当たり前の話です。

文化というのはその時代のうねりの中で人間が選択して来た生活の中に息づいているものであり、イベントではありません。

その時代の人間の価値観のようなものが表れているのです。

その価値観を知ることは、歴史を理解する上ではとても大切なこととなります。

現代では絶対に流行するはずのない文化などもたくさんありますが、これらが流行していたという拝見を理解することで、その時代の人間の考え方を学ぶこともできますし、何かの大きなイベントが起こったその背景の遠因を探ることができるかもしれません。

果ては、現代の文化に繋がる何かや、現代の文化の中では廃れてしまっているはずの考え方がどこかに残っていた。

というようなこともあるかもしれません。

歴史を知るということは、その時代に合った大事件を知るということで、細かな一人一人の生きざまを知る必要のないことです。

ですが、一方で、そういった注意を向けられることのない一人一人の生き方が大きくまとまって文化ができてきます。

私たちが歴史を学ぶときには、事件以外に文化に目を向けることで、今の私たちのような名もない市民の生き方を学ぶことができるのではないでしょうか。

お歯黒って知ってますか?

お歯黒という文化を耳にしたことがある人は多いでしょう。

実際に教科書の中で呼んだことがあったとしても、そもそもどういう文化なのか微妙に分からないという人も多いかもしれません。

ページトップ