いつの時代も大学生はバカ騒ぎをするものなのでしょうか?

そんな言葉が最近多くなってきました。

まあ、社会人になる前の貴重な時間ですから、騒ぎたくなる気持ちはわかりますが…。

最近は良い感じに見られなくなってきました。

なぜかと言うと、後処理が酷いからです。

昔は、どんちゃん騒ぎやバカ騒ぎをしても何事もなかったかのようにその場の後処理をしっかりして、現状復帰プラスアルファーで終わらせていたのですが、どうも最近の学生はそこの部分がかけているみたいです。

さらに大学の数が増えてしまった所以からか、大学生=遊んでいるというイメージが強くなってしまいました。

数年前は高学歴の学生がスーフリ、所謂、スーパーフリーサークルというただ遊ぶだけのサークルで、集団強姦・暴行事件を起こすなどして、問題になったこともあれば、最近では慶応義塾大学の広告研究会も似たようなことをするなどして、ますます大学生のイメージが悪化しているような感じがします。

最近、ネットから派生した言葉として、バカ騒ぎする大学生、チャラチャラしている大学生をウェーイ系と呼ぶらしいです。

まあ、昔のスーフリ系みたいなものです。

それに憧れを持つか持たないかはあなた次第です。

要は、気質や肌が合うか合わないかなので、合う人にとっては最高なひと時になることもあります。

故に、そのような世界があることを知っていた方が良いと言うことです。

そこで、今回こちらの記事では、ウェーイ系の学生のついていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、ウェーイ系に属するもよし、そんな世界と関わりを持たないようにするのも良し、ご自身で判断できるようになりましょう。

ただ、後処理はしっかりお願いします。

️「ウェーイ」て一体なんなの?

所謂「ウェーイ」ですが、所見の人からすると、何が何なのかわからないと思います。

それもそのはずです。

最近ネットから生まれた言葉だからです。

また、大学生の間で使用されている言葉なので、そんなに世の中には浸透していませんでした。

しかし、ネットから派生して、バカ騒ぎやツイッターなどにふざけた行為を載せるなどしていたことから、困った学生として、ウェーイ系学生が注目されるようになってきました。

要は、騒いでいる様子の「ウェーイ」だったり、盛り上がったりしている様子の「ウェーイ」など、様々な捉え方がありますが、まあ、とにかく楽しんでいる、ノリの良い学生のことを「ウェーイ系」というらしいです。

その場に行くと「ウェーイ」だけで会話が成り立つとも言われているほどなので、世代が違う方からすると、世代間ギャップを感じるワードになってしまっているかもしれません。

大学の数が増えすぎたのかはわかりませんが、最近このように騒いで楽しんでいる学生がいっぱいいます。

特に良くも悪くも、新宿区にある某高学歴大学は、いつも4月になると新入生歓迎会として、バカ騒ぎをしています。

ある意味、風物詩でもあり、わからない方からすると異様な光景になっています。

このように遊んでいる大学生のことを「ウェーイ系」と言いますが、みんながみんなふざけた学生と言うわけではありません。

中には真面目な方もいらっしゃるので、みんながみんなと見てしまうのは良くありません。

ただ、割合的に見てもバカ騒ぎしている方々が多い印象があります。

大学生の鳴き声とも言える「ウェーイ」

ある意味「ウェーイ」でしか会話をしない世界になっているので、大学生の鳴き声ではないかと言われています。

挨拶も「ウェーイ」、乾杯も「ウェーイ」、何かで盛り上がるだけで「ウェーイ」、などとにかく何でも「ウェーイ」で済ませてしまう感じです。

昔、流行った小島よしおさんの「ウェーイ」が影響しているのでしょうか?それはないと思いますが、そんな感じなので、外から見ると凄くチャラチャラした感じがします。

大学生のイメージを崩す原因になっているとも言われているので、真面目にしている大学生からすると、ちょっと迷惑かもしれませんね。

しかも、高学歴、低学歴に関係になく「ウェーイ系」は存在するので、学力は関係ないみたいです。

ただ、これもスーフリみたいな感じで、おそらく数年後にはそんなの合ったねと言う感じの存在になってしまうのではないでしょうか。

その頃には、違う言い方の存在が出てきていると思いますよ。

ウェーイ系大学生とはなんなのか


気になる「ウェーイ系大学生」ですが、ここまでの説明でバカ騒ぎする大学生、チャラチャラしている大学生などと言った感じのイメージがついたと思います。

そのイメージで間違いはありませんが、なぜここまで注目されてしまったのかと言いますと、ネット上でその醜態をさらしてしまっているからです。

どちらかと言うと、騒いでいる様子よりも、ふざけた行為をしている様子をネット上に画像や動画で発信しているので、そのことで注目を浴びている感じです。

なお、ネットに画像や動画をアップロードした学生のほとんどは逮捕されています。

顔が丸見えなのでわかるそうです。

逮捕されないと思ってしているみたいですが、残念なことにそんなことはありません。

この軽い気持ちでしていることが問題視されています。

バカ騒ぎやどんちゃん騒ぎをすることよりも、ふざけた行為を平気でしてしまうことに辟易している人は多いみたいです。

数年前に、ツイッターにふざけた行為を投稿して、お店をつぶしたと言うこともありましたので、ギャグでは済まされない事態になっています。

️ウェーイの意味

ところで皆さんがずっと疑問に思っているこの「ウェーイ」ですが、どんな意味があるのかと言いますと、はっきりとした意味はありません。

昔のスーフリのような、スーパーフリーの略称でもないので…おそらく、騒いでいる時に発する言葉で「ウェーイ」が多かったので、そこから派生したのではないかと言われています。

一部では、小島よしおさんかな?と言う方もいらっしゃいますが、その可能性は低いと思われます。

先ほど、鳴き声と説明しましたが、奇声のようなもので、ただ単に言いやすいと言ったことから大学生の間に広まっていたと考えられています。

世界でも稀に見る言葉の多い国・日本です。

各世代で独特の言葉が生まれてもおかしくないのです。

つまり、これからは「ウェーイ」以外にもわけのわからない言葉が生まれてくる可能性が非常に高いのがこの国なのです。

今は「ウェーイ」ですが、数年後にはもっとわけのわからない言葉が生まれてくることは、予想できますね。

はっきりとした意味はない

前文でも説明しましたが、「ウェーイ」にはっきりとした意味はありません。

発することで仲間になったと言う感じの奇声のようなものなので、実は深く考える必要もないのです。

しかし、ネット上から広まり、ニュースなどでも「ウェーイ系の大学生が」と言った感じに報道されるので、気になってしまう方は多くいらっしゃいます。

報道を見る度に「ウェーイ系」って?と思う方も多くいらっしゃるのも事実です。

しかし、明確な意味はありません。

深く考えるだけ時間の無駄なのです。

ただ、単に騒いでいるだなとか、またやっているみたいに傍観することが一番です。

また、数年後には話題にもならなくなる言葉の1つとも言われているので、覚えておく必要もあるのかと言う感じです。

しかし、今、大学生である人たちは覚えておくことで、楽しむこともできるし、合っていないのであれば、その世界に入らなければいいだけです。

盛り上がったときなどに使う


では、どういった時に使っているのかと言いますと、パーティや飲み会などの時に盛り上がった時によく奇声のように「ウェーイ」と声を出す学生が多いです。

類は友を呼ぶと言いますが、この「ウェーイ」と声を出すことができる似た者同士が集まっているのです。

つまりは、同種族の集まりのようなものです。

そのため、盛り上がる時は一斉に盛り上がるし、終わりころになると一斉に静まります。

ある意味、一体性があるように思えますが、それでも騒ぎ方は以上です。

まあ、後処理が出来ていないからです。

報道などを見ていて思った方もいらっしゃるかと思いますが、ふざけた行為をしている「ウェーイ系大学生」は、複数で行っているケースが多いですよね。

まさに類は友を呼んでそのような行為をしているのです。

ある意味万能な言葉

いろいろな場面で使えるので、ある意味万能な言葉です。

とはいえ、万能な言葉はいつの時代でも発生しています。

数年前は意味もわからずに「あり得ない」「微妙」「マジか」など、とりあえず困ったら使っているというような感じの言葉がありました。

現在はあまり使用されなくなりましたが、その分、新しい言葉が生まれては消え、生まれては消えの繰り返しが続いている状態です。

パーティや飲み会などで困った時はとりあえず「ウェーイ」と言っておけば安心だと思っている方は結構多くいます。

なぜなら、意味はないので、簡単に使いやすいからです。

そのため、集団でいて、1人が「ウェーイ」って言いだすと、やまびこのように周囲にいる人が「ウェーイ」と言いだすのです。

ある意味、伝染する効果はあるみたいです。

「ヤバい」と同じ感じ

昔からよく使用されている「ヤバい」という言葉ですが、使用されるケースとしては、危機に陥っている時、何か驚くことに遭遇した時、凄く嬉しいことが起きた時など、喜怒哀楽関係なく、使用される言葉になっています。

ある意味、「ウェーイ」も喜怒哀楽関係なく使用されている感じなので、「ヤバい」と言う言葉と似たような感じではないかとも言われています。

しかし、「ヤバい」と言う言葉のように末永く残るかどうかは予想できません。

ほとんどの方はなくなると思っているみたいです。

万能な分、みんなが使用しているから使ったと言う方もいるので、別の見方をすると、いい加減な言葉でもあるのです。

ただ、使っていると言う感じ方が結構多く、特に大学生などは顕著です。

これも「みんなが」の精神が強い日本ならでは光景と言えるかもしれませんね。

️ウェーイの使い方

ここまでの説明で「ウェーイ」という言葉がどんなものなのかわかったと思います。

万能な言葉なので、どこで使っても大丈夫なのではと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

老人ホームで使っても、周囲の人たちは?マークを浮かべるだけですし、工場などで使用した際には周囲から冷たい目で見られる危険性が高いのです。

つまり、むやみにやたらに使用してはいけないワードでもあるのです。

また、大学生の間で流行っている言葉なので、世代の違う人からすると、「コイツ何言っているの?」的な感じに見られてしまう危険性もあります。

また、社会人になっても使っていると、「学生気分が抜けていない」と言った感じに見られてしまうので、プラスに作用することが実は少ないのです。

ここからは「ウェーイ」の使い方について説明していきます。

シチュエーションで意味を考えよう

いろいろなシチュエーションで使用できる言葉ですが、使う場面をよく見極めて使うことが大切です。

特にみんなと盛り上がっている時などに使用するのが好例になっています。

また、最近では会話が途切れたり、空気が止まってしまった場合などに「ウェーイ」と言って、流れを呼び戻そうとする人がいます。

このようにとにかく盛り上げようとか、まだ継続させようと言った考えで使用される方が多くいらっしゃいます。

故に、なんか空気が悪いなと思ったら「ウェーイ」と言って見ると、雰囲気が変わる可能性が高いのです。

ただ、良い方向に変わることもあれば、悪い方向に変わることもあるのです。

つまり、しっかり周囲のシチュエーションを見て、使用しないと意味がないのです。

万能であるがゆえにちゃんと使用しないと痛い目に合ってしまうかもしれない危険な言葉でもあります。

友達とすれ違ったとき

友達とすれ違った時に挨拶みたいな感じで「ウェーイ」と言う学生が増えてきました。

まあ、気の知れた友人同士ならそんな挨拶の仕方でも問題はないと思いますが、上司や先輩に対して行うと失礼きまわりない行為になってしまいます。

使う相手をしっかり把握しないと自分の身を滅ぼしてしまう危険性がありますよ。

故に、使う以前にしっかり上下関係や社会的な常識を把握しましょう。

言葉も使う以前に準備が必要なのです。

しっかり準備をして使用しているから、世の中でも使う人によって言葉の見え方が違ってくるのですよ。

つまり、みんなが使っているからと言った感じで使用している人は危ないかもしれません。

みんなが使っているから自分も使っていいと言う言葉ではありません。

しっかり言葉の意味もですが、シチュエーションや相手を考えて使用するようにしましょう。

「よう!」「やっほー!」

これまでは友達と会った時に「よう!」「やっほー!」と言った感じの言葉を返していましたが、今でも使用はされています。

しかし、大学生の間では「ウェーイ」の使用頻度が大きくなってきています。

それだけ大学生の間では浸透してきているという証拠でもあります。

まあ、軽い挨拶的な感じに使用されてきているので、キャンパス内が「ウェーイ」って言葉で溢れているという光景も珍しくありません。

しかし、いつまで続くかにもよりますし、また、ただ単にみんなが使っていると言う理由で使っていると、周囲から冷ややかな感じで接しられることもありますので、使用頻度を考えないといけないのです。

まあ、目の上の方に「よう!」や「やっほー!」などと言う方はいらっしゃらないと思いますが、まずは正しい挨拶の仕方をマスターしてから使うことが大切かもしれません。

別に絶対使えということでもないので、使いたくない人は使わなくていいのです。

友達とのカラオケで

友達とカラオケで楽しんでいる時に「ウェーイ」と発して余計に楽しんだりする光景がよくあります。

まあ、カラオケは楽しむ場所なので、「ウェーイ」に限らずいろいろな奇声を発する場所でもあります。

ある意味、楽しいという気持ちの表現方法でもあり、「ウェーイ」と発することで周囲にもその思いを伝えようと発しているので、ある意味正しい使い方のような感じがします。

相手にいい影響を与える!そんな効果があるのは魅力的かもしれません。

1人が発することで周囲に伝染して周囲のみんなも「ウェーイ」と言って盛り上がるのです。

ある意味、喜びの共有とも言えます。

このようにプラス的な感じで使用できる場合もあるのです。

使い方やシチュエーションをしっかり見極めれば周囲にも悪いイメージを持たれないのです。

「テンション上がるー!」

カラオケに限らず、パーティなど集団で楽しんでいるとテンションが上がる人がいますよね。

そのため、その気持ちを表すこととして「テンション上がるー!」ではなく、「ウェーイ」って言ってしまうのです。

確かに一言で、気持ちを表すことができるので、ある意味手軽な感じの言葉です。

相手もその人の表情や雰囲気を見て、テンション上がっているなと言うのがわかるので、それにつられてテンションが上がる人も多くいらっしゃいます。

このように相手にいい影響を与えることは良いことなので、このように使用されることは大切です。

ただ単にみんなが使用しているからといって使用するよりもしっかりこのような感じで相手もハッピーにできる使い方が良いですよね。

ぜひ、しっかり使い方をマスターしましょう。

飲み会で酔っ払ってきたとき

飲み会で酔っぱらった時に「ウェーイ」と言う学生が多くいらっしゃいます。

テンションが上がったり、興奮状態になったりしているので、ただ意味もなく「ウェーイ」と言っている学生が多くいます。

使うことに特に意味はありません。

お酒やビールなどのアルコールは、相手を良い気分にさせる効果があるので、それでテンションが上がってしまって、行きすぎて自分をコントロールできなくなって、「ウェーイ」と奇声を上げてしまうことがあるのです。

ただ単に言っているようなものなので、ある意味その人の口癖になっているような感じでもあります。

飲みの席でよく「ウェーイ」という方がいらっしゃいましたら、その人は普段から「ウェーイ」と言う人なのかもしれません。

「楽しいー!」「最高!」

飲み会の席は自然と楽しくなってしまうものです。

むしろ、その席で楽しまないと相手に失礼になってしまう可能性もあるのです。

ひとまず「ウェーイ」と言っていれば、相手にも楽しんでいるということを伝えることができるので、ある意味、自己防衛の効果があります。

「ウェーイ」と言う言葉の中には「楽しいー!」「最高!」と言った感じのことを表すことができるのです。

故に飲みの席で、つまらなくても「ウェーイ」と言っていれば、相手を不快にさせなくて済みますよ。

この場合の時に、万能な言葉としての機能が発揮されていると思います。

とにかく楽しいと思ったら「ウェーイ」と言ってみるもよし、もしくはつまらなかった時でも「ウェーイ」と言ってみるのも良いと思います。

このようなシチュエーションでは、万能な言葉の効果を発揮しています。

誰かの面白い発言で笑ったとき

誰かが面白いことを言って周囲に笑いが生まれたりした時に「ウェーイ」と言って、面白いことを表す人がいます。

ある意味、相手を認めていることにもなるので、言われた相手も嫌な思いはしません。

このように相手を尊重する感じでも使用されることはあります。

一見すると「ウェーイ」というチャラチャラした感じの言葉にも見えますが、そんなことはありません。

万能故に、相手を高めることができる効果もあるのです。

ただ、これは気の知れた相手に使うのがベストで合って、上司や先輩などの目の上の方に使用すると、背筋が凍る危険性もありますよ。

使う相手をしっかり見極めないといけないのです。

面白い人に褒め言葉になるかもしれないし、もしくは侮辱になってしまうかもしれないので、使用上は注意が必要になってきます。

「まじウケる!」「www」

では、なぜ面白い発言があった時などに「ウェーイ」と言うのかと言いますと、この時の「ウェーイ」には、「まじウケる!」「WWW」の意味があるからです。

素直に面白いと言っても良いかもしれませんが、簡単に表すことができる言葉なのでもあるので、簡単に使用する人が多いのです。

間違ってはいませんが、前文でも説明したように使う人によっては受け止め方が違うので、使用には注意が必要です。

この「ウェーイ」を正しく使えている人は相手をよく見ている人と言えます。

逆に間違って使っている人は、相手を見ていないのと、ほとんどの人は「みんなが使っているから」と言った感じの理由で使用されている方が多いのです。

みんながと言うのは実はそんなに良いことではないのです。

嬉しいことがあったとき

何か嬉しいことが合った時に「ウェーイ」と言って喜ぶ人がいます。

周囲から見れば良いことが合ったのだと言うことがわかります。

まあ、半端なく笑顔で「ウェーイ」と言われた時にはその気持ちは如実にわかりますね。

喜びを表すことで言う人もいらっしゃるのです。

ある意味一言で喜びを表すことができるので、簡単に使えるのです。

最近の大学生や若い社会人はよく使用している人が多いです。

嬉しいのはわかりますが、やはりその時のシチュエーションをしっかり把握しないと、場合によっては相手に不快を与えてしまう危険性があります。

嬉しいことを表現するのは悪いことではありません。

しかし、人によっては「何、ふざけているの?」と言う感じに見られてしまうこともありますので気をつけましょう。

「よっしゃー!」「ハンパない!」

嬉しい時に「ウェーイ」と言ってしまうのは、その「ウェーイ」と言う言葉の中に、「よっしゃー!」「ハンパない!」と言った感じの言葉が含まれているからです。

素直にそう言えばいいじゃんと思う方もいらっしゃいますが、なぜか今の若い人は素直に表現することに抵抗を持っている方が結構いらっしゃいます。

そのため、「ウェーイ」という言葉を使って嬉しさを表現する人が多いのです。

同世代などからしたらわかると思う人はいるかもしれませんが、少し世代が離れた人たちだと「何言ってるの?」という感じに見てしまう可能性が高いので、周囲がどのようなシチュエーションであるかを把握することが大切です。

けど、嬉しいことは形はどうであれ、表現することは相手に良い影響を与えるので、シチュエーションを考えて使うようにしましょう。

️ウェーイ系大学生の特徴

ここまでの説明でウェーイ系についてなんとなくわかったと思います。

しかし、どのような人がウェーイ系大学生のなのかは知っている人と知らない人では差があります。

もしかしたら知らぬ間にウェーイ系大学生に巻き込まれている可能性もあるのです。

その世界に入りたい人は、いいかもしれませんが、入りたくない人にとっては、溜まった物ではありません。

そこで、ここからはウェーイ系大学生の特徴を説明していきます。

大きくピックアップして7個の特徴がありますので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

いきなりすべてをマスターしろとは言いません。

まずはあなたにとって身近なもの、もしくはビビットきたことから理解しましょう。

その世界に入りたい人も、入りたくない人も知っておいて損はないです。

みんな似たような服を着ている

ウェーイ系大学生の特徴としては一体感や仲間意識が強いので、みんな似たような服装をきている可能性が大きいです。

これは意図的に似たような服をきてチームをアピールしている集団もいれば、類友の法則によってただ単に似たような服装をきていると言ったこともあります。

これは町などで歩いていると似たような感じの人たちが集まって一緒に行動しているのと同じような感じです。

変に仲間意識が強いのでこうなってしまうらしいです。

ある意味、さびしがり屋の集団なのかもしれません。

とりあえず茶髪に染める

ウェーイ系大学生は楽しんでいなきゃ意味がないと思っているので、そのために地味な印象を消すために、意味もなく髪を茶髪などに染めてしまう方がいらっしゃるらしいです。

まあ、髪を染めることで気持ちが一新される方もいらっしゃるので、よく大学生になると激しく髪を染める方がいます。

別に悪いことではありません。

ただ、どうも日本は髪を染めることを良いと思っている人は少ないので、チャラチャラしていると言ったイメージが付きまとってしまいます。

この辺りがウェーイ系大学生の良くないイメージになっているのかもしれません。

ノリで生きている

その場のノリで生きていると言った感じの人が、ウェーイ系大学生には多いです。

要は今が楽しければいいと言うことです。

先のことなど考えていない感じなので、いつもテンションマックスと言う方もいます。

この手の方は体調を崩した時に、少しは先のことを考えるようになるようです。

または、上の人の目を気にして生きている人もこの手の人です。

上が楽しんでいるなら自分も楽しまないといけないと感じているので、ある意味自分の意志で生きているか不明です。

1人行動ができない

ウェーイ系大学生は実は1人で行動できないのです。

常にどこかの集団にいないと気が済まない感覚なので、孤独でいる状態には耐えきれないほどのメンタルです。

そのため、自分の意志を持っていない人が多いです。

集団で生き残るには自分の意志ほど邪魔なものはないと思っているからです。

他人の言うことに素直に「はい」と言っていれば問題ないと思っているような人たちです。

だからツイッターなどのふざけた行為も集団でやってしまうのです。

とにかく遊びが命

遊ぶことに生きがいを持っています。

別に悪いことではありません。

生きていく上で遊ぶことは大切です。

しかし、その遊びが他人に迷惑をかけるようなことだといけません。

最近の大学生がいけないのはこの部分だと思います。

居酒屋などでどんちゃん騒ぎをしたあとの処理がしっかりできていないケースが多いので、ウェーイ系大学生が良いように見られていないのです。

頭が良くない

大学に行くことを遊びに行くことと考えているので、あまり勉強には熱心ではありません。

そのため、頭がよろしくない人の割合が多いと言われています。

よく年度末になると単位が足りていないと騒ぐ大学生はこの手の人が多いのです。

大学は研究をしに行くところです。

そこを履き違えてはいけません。

毎日のように飲み会

ウェーイ系学生はとにかく毎日飲み会に行っているイメージが強いです。

お酒が飲める学生でもあるので、みんなでお酒を飲みに行きたいと思うらしいです。

もしくは、お酒を飲んで良い気分になりたいみたいです。

とはいえ、あまりお酒ばかり飲んでいても良いことはありません。

️ウェーイ系大学生、あなたはどう思う?

ウェーイ系大学生についていかがでしたでしょうか?どういうイメージを持つかはあなた次第です。

ただ、最近はキャンパスを越えて楽しむウェーイ系大学生もいるので、交流の和が広がる可能性が高いですよ。

そのためか、大学生と偽って参加する社会人のかたもいるらしいです。