CoCoSiA(ココシア)

パリピ女子の特徴あるある14選。その性格や定義、実態を徹底的に解剖!


あなたの周囲にパリピな女性はいますか?

友達にいない限り、なかなか出会うことも話す機会もないパリピ女子。

ギャルのような風貌をしていて楽しいことがとにかく好き、といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、パリピ女子の14個の特徴とその実態について解説していきます。

「見た目や生活の華やかさから何となく友達にはなれなさそう」と思いがちですが、フレンドリーな彼女たちは話してみると意外と気が合うということもあるかもしれません。

知られざるパリピ女子たちの特徴や実態について一緒に覗いてみましょう。

パリピ女子が苦手な人って多い!

結構パリピ女子が苦手っていう人多いですね。

パリピ自体遊んで喚いているイメージが強く、どちらかと言えばアホみたいにはしゃぎまくっている人もいるので怖いかもしれません。

たまにであればパリピも楽しいですよ。

ただガチのパリピ女子は次元が違います。

外見がギャルな人が多く、頭も空っぽっぽいので近寄りがたい存在ですね。

【パリピについての解説は、こちらの記事もチェック!】

パリピ女子の14個の特徴

パリピ女子の特徴について見ていきましょう!

1.パーティやイベントが好き

イベントに参加している人が多いので、この辺は理解できます。

以前ユニバーサルスタジオジャパンのハロウィンイベントに参加した時、コスプレをしたのですが凄い楽しかったです。

参加した時結構他の人を見ていたのですが、ガチなモンスターからアニメのキャラまで幅広かったですね。

オタクの人やゲームやアニメ好きな人も興奮するようなイベントだったので、普通に楽しんでいました。

私のようにイベント慣れしてない人も多かったみたいですしね。

イベントはともかく、パーティーはそんなにでしょう。

そもそもパーティーって何の?っていう疑問しかありません。

一般ピーポーの考え方としては、パーティーにやたらと参加しまくっている人の方がパリピ女子の認識が強いです。

パーティーって主にクラブに参加している人からしか聞きませんよ。

2.お酒をよく飲む


パーティーに参加しているような人は、お酒はよく飲みます。

どのくらいお酒を飲むかというと、毎日飲んでるような状態ですね。

医療事務時代の上司が若い頃パリピ女子だったと語っていました。

その上司は現在でも晩酌をするほどよく飲んでいるそうです。

当時から結構ガブガブ飲んでいました。

カクテルのような甘い系の飲み物は好まず、焼酎やビールを好む傾向があります。

たださすがにもう上司はパーリーピーポーではないそうですが、お酒は手離せれないみたいですね。

パリピ女子の将来は、おっさん傾向にあると思ってください。

3.夜の繁華街によく出没する

若干ゾンビみたいな言い方になっていますが、パリピ女子はやたらと夜の繁華街に出没します。

繁華街と言うと、あまりイメージしにくいかもしれませんが、原宿や渋谷辺りの事を指すと思って下さい。

関東だと原宿や渋谷のイメージがありますが、関西圏だと神戸や西宮、河原町辺りでしょうか。

私は現在都会に住んでおりよく繁華街の近くを通る事があるのですが、そう言われると確かに繁華街によく出没している気がします。

蛾はよ電灯など明るい所に集まる習性があるのですが、パリピ女子もそんな感じかもしれませんね。

4.やたらとSNSに写真をアップ

パリピはInstagramやTwitterはかなり更新しています。

自分大好きイケイケなので、色んな人に見てもらいたいと思っていますよ。

ただ最近は自撮りよりも、食べ物や景色をアップしている人が多いようです。

以前パリピ女子にSNSに載せている動画を見せてもらったのですが、めずらしい食べ物をアップしていました。

結構人の興味をそそる面白いものも撮っていますね。

私はInstagramなどSNSをやってはいませんが、パリピ女子は楽しんでいるみたいです。