唐突ですが皆さん、「出向」という言葉を聞いたことがありますか?

著者が今勤めている会社は、基本的に本社と営業所がある形態で、中小企業であることから出向を命じられる人もおらず、あまりピンとこないのが本当のところです。

やはり、子会社があるような比較的大きなところがそのような出向などがあるようですね。

ちなみにですが、うちの妻が昔勤めていたところは、かなり大きな所の子会社だったようで、そのような出向という形できている人がいたようです。

大企業にお勤めの方であれば、そのような話が身近で見聞きするのではないのでしょうか?

ドラマ等でよく聞く出向

出向と言うと、最近銀行系のドラマをよく放送されていますが、そこでもよく出てきますよね。

著者は、銀行とは全く関係のない業界に勤めていますが経理関係の仕事ですので、このような話をよく聞くことがあります。

なんとなくですが、ドラマでよく見るような出向と言うとあまり良くないイメージがあり、このような言い方なんですが左遷を思い浮かべてしまう人もいるかもしれません。

かつて、非常に流行したドラマがありますが、そこでも、出向先でいじめられる銀行員と言う役柄の人がいました。

そのようなこともあって、そのようなネガティブなイメージを抱いてしまいますが、この出向と言うのは必ずしも悪いものでは無いようですね。

では、このドラマ等でよく聞く出向についていろいろと掘り下げて見ていきましょう。

どういったものなのかはっきり知らない

著者のところもそのような出向先がないですが、大企業などにお勤めの方でないとそのようなことを実際に見聞きする事はなく、あまりピンとこない人も多いのではないのでしょうか?

特に、学生さんや専業主婦の方など、実際のお勤めから少々離れている人であればもっとピンとこないことから、ドラマのイメージが強く残ってしまう人も多いのではないのでしょうか?

ですが、ドラマで見る出向だと、その出向先でいじめられると言うようなシーンがよくあることからネガティブなイメージを抱いてしまうかもしれません。

ですが、必ずしも出向を命じられたからといって、暗に辞めされられようとしていると言うわけでは無いようです。

特に、学生さんでこれからお勤めをしようと思っている方にであれば、ぜひともこの出向の事について明確に理解しておきましょう。

出向の意味は?

では、そもそもこの「出向」と意味と言うと具体的にどのような意味があるのでしょうか?

早速出向について調べてみると、「出向く事」と出てきました。

命令されて、あるところに出かけていくことを「出向」といい、基本的にそのような企業で、子会社に行くように命令されてそこに行くと言うことで使われることが多いです。

ですので、ドラマなどでよく見られるような、左遷的な意味では必ずしもないようです。

ただ単に、命令されて他のところに出向くことを指すのです。

命令を受けて籍を置いたまま他の会社等で勤務すること


では、出向の意味は分かりましたが、そうなると会社の昔の状態はどうなるかが気になりますよね。

子会社に行くということはすなわち、その子会社の従業員になることかと言う事を思ってしまうかもしれませんが必ずしもそうとは限りません。

もちろん、出向元に帰ってこれない形の出向もあります。

ですが確かに子会社には行きますが、籍を置いたまま他の会社に勤務することもあります。

著者の間ではそこまで出向について実際に体験している人が少ないのでなかなか実感を持つことは難しいですが、確か妻が昔勤めていたところの上司の人はそのような出向で妻が勤めていた子会社に勤めている人がいました。

決して左遷ではなく非常に仕事ができる方で、色々とそこの子会社の営業の方に指導していたような人でした。

そして無事に本社に帰って順調にお仕事をされているようです。

出向には種類がある

さて、必ずしもこの左遷とばかり言い難いような出向ですが、この出向に関しても種類があります。

では、下記に挙げた2種類の出向について見ていきましょう。

出向に関しては、主にこの2タイプです。

ですので、出向を命じられたときに、どちらの出向かというのは確認しておきましょう。

もしかしたら、この出向の種類を確認することによって悪い趣向を免れることができるかもしれません。

在籍型出向

では、在籍型出向とはどのようなものを言うのかと言うと、出向元と出向先ともの間に契約関係がある状態のことを在籍型出向と言うようです。

調べてみると、この在籍型出向にもいろいろな形があるようです。

例えばですが、出向中は、出向先に勤める形になりますので、出向元のほうは、休職扱いになっている場合があるようです。

そのような時は籍だけが残っているようなケースが多いようですね。

さらには、給与体制についてもいろいろな体制があり、出向元が1部負担しているケースもあるようです。

ただ、子会社に出向すると言うのであれば全く問題がありませんが、出向の形をとりつつ、まるで派遣社員のような感じで労働力を提供するような感じになると、法律に違反するようで、それを偽装出向と呼びます。

普通の企業にお勤めであれば大丈夫だとは思いますが、念のために知っておきましょう。

移籍型出向

在籍型出向と移動型出光の違いは、出向元の雇用関係が大きいです。

出向元との雇用関係を終了している状態で出向することを、移動型出向といいます。

どちらかと言うと、業務が業務成績が悪化するがために、人事整理と言う意味で出向させられる場合はこのようになってしまうケースが多いです。

また非常に残念なことに、追い出部屋的な目的で出向先のどうでもいい部署に配置をと言うことであれば、この移動型出向になる可能性の方が高いです。

出向するメリット・デメリット

さて、ドラマなどでついついネガティブなイメージで見てしまう出向ですが、決してデメリットばかりではありません。

色々と良いところもあります。

先ほども少し触れたように、このようなネガティブなイメージだと、できない人を追い払うようなイメージがありますが、妻の勤め先の所でもあったように、むしろ優秀な人が出向していくと言うようなケースもよく見られます。

ですので、出向が決まってからショックを受けているような方もいらっしゃるようですが、決してショックを受けるようなことでもありません。

では、出向するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

きっと、出向を命じられて落ち込んでいる人も、良いイメージを持つことができること間違いなしです。

成長を促せる

出向と言うと、ネガティブなイメージしてしまうかもしれませんが、むしろ、成長を促すと言う意味であえて出向を命じられるケースが多いようです。

ですので、出向のことでショックを受けているようであれば、むしろ成長するチャンスと捉え、前向きに取り組んでもらえればと思います。

人間ですので、ついつい安定を求めてしまうところがあります。

でも、安定を求めてそこに留まり続けたら成長はありません。

ですので、あえて新しい環境に飛び込み成長を促すのは長い会社員生活において大切なことです。

確かに、安定を求めてそこに留まり続けるのは成長ができないと言う話をしましたが、だからといって会社員をやめて、起業するとなるとかなりリスクも上がりますしハードな人生になります。

だけど、会社員と言う立場にを守りつつ、そのような新しい環境に飛び込めるのはむしろ非常に良いのではないのでしょうか?

新しい環境に不安を抱いてしまうのは、人間ですのである意味仕方がないところがありますが、むしろ成長できるチャンスと捉えれば、出向も悪くないと思えますよね。

出向先で人脈を作れる

出向するという事は、新しくそこの子会社等で人間関係を築いていくということになります。

確かに、慣れた人と離れると言うのは大変寂しいですし、新しいところでうまくやっていけるのかと不安に思うかもしれません。

ですが、出向先でも違う人がいるということで人脈を広げられるというメリットがあるのです。

やはり、いろいろなところに、尊敬できる人はいますし、また人脈が広い人を通じて、新たに人脈を築くこともできます。

仕事さえできていればいれば人間関係は関係ないと思いたいところですが、やはり仕事は人と人とのつながりです。

ですので、情報を仕入れたり、技術について教えてもらうのも、人がいるからこそです。

ですので、人間関係について悩むこと多いかもしれませんが、むしろ、その人脈を作ると言う点では大きなチャンスです。

能力を計れる

そして、能力を図れると言うのも大きなメリットの一つです。

確かに慣れた仕事をずっとし続けるのも良いことです。

ですが、やはり先ほども触れたように新しい環境に行かないと、成長はありません。

自分の力を試すと言う意味でも、出向は非常に価値のあるものです。

ですので、出向を命じられると落ち込むかもしれませんが、むしろ「自分の能力を試す時が来た!」と捉えれば、非常に前向きにとらえることができます。

良い出向であれば、ポジションなども出向元では経験したことがないようなもの与えられることもあるようですし、今まで経験しなかったような仕事をさせてもらえるっていうことがあります。

ですので、このような能力を試すと言うような前向きな出向であれば、むしろ成長するチャンスです。

昇進のチャンスに繋がる

もし皆さんが40代より前という事とであれば、その経験が昇進のチャンスにつながるという可能性があると言われています。

ですので、若い方は、このような出向がある時は積極的にそのチャンスをつなげていきましょう。

もし、出向について拒否をすることができるのであれば40歳以降と言うことになれば、あまり出向はオススメでは無いところがあります。

また、もし出稿を命じられた場合、就業時間については必ず確認してください。

出向を命じる可能性があることやどのような条件になるのかなどが明確に記載がない場合は拒否をすることもできると言われています。

ただ、著者も会社員だからわかりますが、なかなか会社に逆らうっていうの難しいんですよね。

もし、どうしても拒否権がない場合や、拒否ができるけどそうすることによって不利な立場に立たされると言うことであれば話は別ですが、40歳以上の方であれば、むしろそこでキャリアを築いていった方が昇進に恵まれやすいと言われています。

ですので、もし40歳以上で出向を命じられた場合は、いろいろな人の例を見ながら冷静に判断していきましょう。

就業規則の整備が必要

やはり出向と言うと成長のチャンスと捉えられ、決して悪い点ばかりではないとは言われますが、やはり、その就業規則があいまいだと、仕事をする士気も下がりますよね。

また、出向先で不当な扱いを受ければ、もしかしたら自分を辞めさせたいのでは?と不安になり、ますます仕事に身が入らなくなります。

ですので就業規則についての整備はある程度必要です。

やはり、仕事するにあたって納得して仕事に取り組むことが重要ですよね。

ある程度のポストの用意が必要

やはり、出向と言うとドラマで悪いイメージがあるのもそうですが、そのようなドラマのイメージがなくてもなんとなく、そこの企業で不要だから他のところにいかせられると言うようなネガティブなイメージを持ってしまうことがあります。

ですので、もし出向を命じられると言うことであれば、そこの出向先である程度のポストを用意する必要があります。

確かに成長のチャンスではあるものの、一から業務を覚える必要があったり、人間関係を一から築いていくと言う事は、ある程度年齢を重ねた人にとっては負担に感じられるところがあります。

ですので、その負担の代わりにある程度のポストがあると言うことであれば、納得して働くことができますよね。

一から業務内容を覚えなければならない


先ほども触れたように1から業務内容覚えていく必要があります。

やはり、親会社と子会社とはいっても、全く仕事内容が同じとは限りません。

その子会社でならではのやり方があるということであるが、その方法を覚えていかなくてはなりません。

若い頃はそうでもなくても、ある程度年齢を重ねると、だんだんとものを覚えるというのは大変になってきます。

確かに成長のチャンスではあるものの、そのようなことがあることから精神的な負担が少々増えるところがあります。

確かに、1から業務内容覚えると言うのは大変ですが、新しい経験したことがないことをやると言う意味では非常に恵まれています。

ですので、少し大変ではあるものの、今までできなかった経験ができるということで前向きに捉えるのも良いでしょう。