皆さんは普段の生活の中で「あしからず」という言葉を使った事があるでしょうか?

時代劇のドラマなどではたまにこのようなセリフが出てきますが、日常で使っても良いのかどうかはあやふやな部分もありますよね?

自分たちが普段使っている言葉は言い慣れているものなどがほとんどですから、聞きなれない言葉が出てくると戸惑ってしまいます。

この「あしからず」という言葉にしてもほとんどの方は誰に使ってよいのかどうかは考えたことがないと思います。

それでもビジネスマンになってくるとこのような事が頻繁に使われるという場面も出てきて、自分がそういった環境になってくると悩みを抱えてしまう方も出てくるのです。

ビジネス用語は色々な言葉があり、あしからずもそのうちの一つとなってきますが、学生時代にはこのような言葉というものはほとんど使う機会もありませんよね?

先輩社員がこの言葉を使っていたから自分も何かしらの時には使用しなければいけないのだろうか?などの疑問も出てきますが言葉の事について誰かに聞くということがあまりされません。

その結果、あしからずという言葉で失敗をしてしまうケースも出てきてしまうのです。

社会人となると色々な言葉を覚えなければいけなくなり、普段では使わない表現というものも増えていきます。

それはビジネスメールにしてもそういった事が言えて、クライアントなどへ送るメールの内容なども仕事に慣れてくれば任されることになってきます。

その時に悩んでくるのが相手に対しての言葉選びとなってきます。

同僚や上司に話す言葉とは違いビジネス文書を作るのって簡単なようで難しいと感じた時はありませんか?

よくわからない言い回しをしてみたりと面倒に感じる時もありますよね?

そのような時にはメールなどでよく使う言葉というものを調べてみると解決するのも早いのですが、仕事を完璧にこなせないような時期にはそういった時間もありませんし毎日のことで一杯になりがちになってきます。

そうなってしまうとビジネス用語をきちんと調べる時間もなくなってしまいあやふやとなる知識だけが残ってしまうのです。

そこで今回のテーマですが「あしからず」の意味ついて色々と考えていきたいと思います。

この言葉は仕事場などでも使う機会がありますし意味などについても知っておく必要がでてきます。

こういった言葉ですが、絶対に使ってはいけない人という事も考えられますよね?

自分がこの言葉の意味や使い方などをきちんと理解していない場合には間違った文章を作ってしまうかもしれません。

そうなってしまうと自分の恥にもなってきますし文章を送った相手の態度というものも気になるはずです。

万が一会社の取引で大きな問題が起ったりすれば自分の立場的なものも危くなってきますし、言葉の意味はきちんと理解しておかなくてはいけなくなってきます。

自分たちが今まで生きてきた中では使われない言葉というものも、社会へ出るようになるとかなり多くなってしまい会話などでも不安を抱える人がいますが、その場合には何かしらの意味を調べ上げていくことも大切になりますので実行するようにして下さい。

それでは「あしからず」の言葉についてのお話しに戻りますが最初に考えていくことは言葉の持つ意味ということになります。

いったいこの言葉にはどういった内容のものが含まれているのでしょう。

あしからずの正しい意味は?

何となく聞いたことはあるけれど「あしからず」という言葉の意味を自分で調べたという方は多くはないかもしれません。

今でも間違った使い方をしている人や意味を誤解したまま覚えているという方もいますが正確には「悪い意味にとらないで」という気持ちを表す言葉となります。

ドラマなどでこの言葉が出てくると良いイメージにはなってきませんが、そういった印象が言葉自体に対しての不快感と持たせてしまうのかもしれません。

ビジネス用語として使う場合も意味は変わってきませんが色々なルールというものも存在します。

この言葉自体が失礼にあたるなどとビジネスでは言ってはいけない相手という人も出てきますので、それらの決まり事はきちんと覚えていくことが大切になります。

あしからずという言葉についてですが多くの場合には以下の3個の意味となってきますので自分でこの言葉を使いたい場合などには参考にして下さい。

悪い意味にとらないでください

この言葉を漢字を用いて表すと「悪しからず」となってきます。

ひらがなだと言葉の意味が伝わりにくいですが漢字を用いるとなんとなくはイメージすることができますよね?

ここでのポイントとなるのは最後につく「ず」という文字になります。

この「ず」ですがそれまでのことを打ち消していくという意味があり「悪く思っていることを打ち消す」という事で考えていけばわかりやすくなってきます。

同じ様な「ず」を使う言葉として例を挙げますが「憎からず」という言葉は聞いたことがありますよね?

この場合の意味も「憎いと思っていることを打ち消す」という意味になりますので、好感を持っているということになります。

また、「あしからず」はこういった意味でも使われることがありますので覚えておきましょう。

他意はありません

この言葉もビジネス用語ではよく使われることになりますが、他意という言葉も少しわかりづらいかもしれませんよね?

この意味ですが、隠している考えなどはないといった事を表しています。

「あしからず」と似たような言葉としても使われることが多くなりますので使う場面によってこちらの言葉を選んでもよい事になります。

また、こういった言い方にも表すことが出来ます。

失礼な意味で言った訳ではない

これが一番わかりやすい表現となってきますが、あしからずの意味を考えていくと最終的にはこの言葉にいきついてきます。

失礼という言葉自体が馴染みも深くなっていますし誰が聞いても理解できますよね?

あしからずという言葉を使うことに不安がある場合には、こちらの表現を使用していっても問題とはなりませんので参考にして下さい。

それでは次に「あしからず」を使う場合の用法や例文などをご紹介していきます。

あしからずの用法・例文

自分で実際にあしからずを用いた文を作っていく時には最初は迷いも出てしまうかもしれません。

今まで使ったことのない言葉を使用する時には不安もありますし、どういった言い回しをしていけば良いのかがわからないものです。

ビジネスメールなどの仕事を任されるようになった場合などは言葉の使い方などにも気をつけていく必要がありますのでこれからご紹介する例文などを参考にして、自分なりの文章を考えていくようにして下さい。

広い部屋を用意したが狭く感じるかもしれない、あしからず

この場合のあしからずの意味することですが、気を悪くしないで下さいという気持ちが込められているのがわかります。

出張などにおいてビジネスホテルなどを予約した場合には部屋の広さなども気になってきます。

そのような時にはこういった文章を使うことも出てきます。

これを送った意味は何かしら部屋のことで文句を言われそうな場合に事前にメールなどを送っておけば後から文句を言われないなどの心理作戦的な要素も含まれてきて、仕事をしていく中で自分からこういった先手を打っていくことも出てくるはずです。

今の時点ではこういったメール内容はないと思いますが将来的なものとしての自分の知識として覚えておくようにして下さい。

資料をお送りします。見にくいかもしれませんが、あしからず

この使い方は主に社内メールなどでよく使われるケースとなります。

自分が資料作成を頼まれた場合など色々な確認の意味でこういった文章を使うことがあり、慣れない作業の為に資料全体がまとまっていないような時はこういった文で相手に伝えることも必要となります。

撤退が決定しました。頑張ってきた方々には申し訳ありませんが、あしからず


仕事ではライバル会社というものが必ず存在することになり、何かの企画について争っていた場合なども撤退をしなければいけないような場合も出てきます。

それに関わってくる人も大勢となりますが、最終的な決断というものは会社にありますので今まで仕事を頑張ってくれた人に対して何かしらの報告と今後についても伝えなければいけません。

これは主に会社の企画に携わる上司などから部下へ向けたメッセージとなってきます。

自分がこういった立場になった時には色々な報告作業というものが発生してきますので、言い方などを覚えておくことも大事な勉強となります。

今は使わないからといって興味を持たないでいると実際に何かをしなければいけなくなった時に困ってしまう状況にもなりかねません。

時間的な余裕があるときにはビジネス文書の練習などもかねて色々な文を考えていくことが大切になってきます。

限定〇〇個。売り切れの際はあしからずご了承ください

販売が主な会社の場合には広告を出したり店にPOPを出したりと色々とすることが出てきますよね?

中でも限定品というものは客の心理を惹きつけるものがありますし売り切れてしまい購入が出来ない方も出てきます。

こういった状況になった時でも最初から断り文句を言っておけばクレームにもなりにくくなってきます。

この使い方は現在において起っているような事ではありませんが将来的な予測を含んだ使い方となり、自分の仕事でも販売などがメインとなる場合には多用するケースもありますので覚えておいて損はない使い方となります。

電話に出れず申し訳ありません、会議中でしたのでどうぞあしからず


仕事などで電話が入ることはこれからはかなり多くなってきます。

そういった場合でも出れないという時があり何かしらの謝罪をする必要が出てきます。

この文を使う時は取引先などへは避けた方がよいですので社内での人間などへメールなどを送る場合に使用して下さい。

理由等は次のお話しの時にご説明しますがどういった相手にもこの言葉を使ってよいわけではなく、この言葉を使う際には注意点というものも出てきます。

言葉を使う相手によっては色々と変化させた状態で使っていきたい場面も出てきますので注意が必要となります。

どんな人に使って良いの?

さて、このあしからずという言葉ですがどんな人にも使って良いのかも気になるところですよね?

会社の同僚や上司・取引先などへ同じ様に使用していいものかどうかと迷ってしまう人もいるかもしれません。

それではこの「あしからず」についてですが、こんな場合には注意が必要となりますので自分が送る場合の参考にして下さい。

目上の人に使っても良い

あしからずという言葉ですが、これは丁寧語として分類されることになります。

この事からわかることですが目上の人に対して使っても失礼にはあたらないという事になるのですが、ここでは注意が必要となります。

先ほどからいくつかの例文をご紹介しましたが、文末であしからずと終わるものが多くなっていますよね?

こういった使い方は間違ってはいませんが、送られた相手によっては不快に思う場合もあるのです。

これは、あしからずに続く文章を省略してしまうために起ることで、その文章もきちんと入れてやれば問題はありません。

それでは実際に先ほどの例文の最後の文章を目上の人に対しても失礼のないものへ変化させてみます。

より丁寧な言い方に直して使う

「電話に出れず申し訳ありません、会議中でしたのでどうぞあしからず」この文章を取引先などへそのまま送ってしまうと相手によってはかなりの怒りを感じてしまう人も出てきます。

言葉の使い方としては間違っていませんし丁寧語という事で目上の人へも使えるものとなりますが、どうせならばもう少し丁寧な言葉に直すという事も必要となります。

その場合に使っていきたい言葉が「ご了承下さい。」「ご容赦願います。」こういったものとなってきます。

先ほどの電話の例文にこの言葉を付けたしてみるとこういった文章になってきます。

「電話に出れず申し訳ありません。会議中でしたのであしからずご容赦願います。」このような形になれば最後にも謝罪の意味を持つ言葉がりより丁寧な言い方になっていますよね?

これであれば取引先などへも送ることが出来ますし相手を選ぶようなことがなくなっていきます。

どうしてもあしからずという言葉を文末の最後で用いる方がいますが、これは相手によっては気分を害することもあるという事を理解するようにして下さい。

自分でこの言葉を使う場合などは最初から最後につける「ご了承下さい。」などの言葉を省略しないで作成すればいいだけになってきますのであしからずの後に続く言葉も一緒につけるという事を習慣にすることも必要なのかもしれません。

また、あしからずという言葉を使う場合には相手との親密さというものも重要になってきます。

親しさを基準に使うか考える

あしからずという言葉自体は目上の人に対しても使えることにはなるのですが、良い印象を持たないという方も必ず出てきます。

きちんと言葉の意味を理解していない場合もあり得ますし、それが元となり問題に発展することもあるのです。

こうした場合に自分がいくら言葉の意味などを伝えようとしても受け入れる態勢になっていませんので話を聞いてもらえる機会も少ないと考えられます。

これでは相手との関係にも何かしらの影響が出てきますし良い結果とはなってきません。

言葉の使い方が間違ってはいなくともその人の持っているイメージだけで結論付けてしまう方もいますので、自分にとって親しい人かそうではないかという事を考えるようにして下さい。

同僚や仲の良い先輩のような関係ならば、例えあしからずの意味がわからなくても教えることも出来ますし大きな問題にはなりにくいと言えますが、そうではない場合のリスクというものも考えておくことが重要です。

メールなどのビジネス文書では自分の気持ちなどがうまく伝わらない時もありますので、自分と相手との関係というものも使っていく基準として考えていくといいでしょう。

次にお伝えしたいことですが、相手によっては大きな問題ともなりえる言葉、あしからずの類語という事についても知っておくと便利です。

言い換えの言葉というものはいくら覚えておいても損はありませんし、多ければ多いほど自分の知識として増やすことができます。

あしからずの類語は?

ビジネスメールなどを送る機会が増えてくれば相手に対しての気遣いの言葉なども多く覚えておくことが大事となります。

あしからずという言葉だけを使っていては相手に嫌われる原因ともなりますし同じ表現での文章を毎回送るようなことは避けたいですよね?

そこで、あしからずという言葉以外にも色々な表現を覚えておいて自分の今後に役立てていくための言葉をご紹介していきたいと思います。

色々な表現方法を知っておけば、使いわけもできるようになりますし、その時に適切な言葉を選ぶことにも繋がってきます。

この言葉選びというものは仕事ではかなり重要になってきて、その時の状況に合った言葉を使う人間というのは相手の信頼を得やすいということになってきます。

メールなどでも意味の通じない文章を送ってくる人がいますが、そういった人はメールを送った相手の信頼などは得ることが難しくなってきますので、言葉選びというものは早い段階から学んでいくようにして下さい。

お気になさらず

まずはこのような言葉を使っていくことも大切になってきますよね?

お気になさらずになどの言葉はビジネスメールなどでも多用することにもなりますし使い方なども自分なりに研究することで言葉選びの幅が広がっていきます。

こういった言い方をすれば相手にも良い印象となってきますしあしからずという言葉を使うよりもスムーズな文章になりやすいと言えます。

気を悪くしないで

このような謝罪的な言葉というものも使う場面が出てきますの気を悪くしないでという言葉はチェックしておくことが大切になってきます。

相手のことを気遣う言葉でもありますし仕事をしている中では色々な誤解などを生んでしまう時もありますので、このような言葉を使ってくる場面も発生してきます。

ただし、この言葉もあまり目上の人などには使わない方が無難と言えますので相手との親しさを考えながら使うようにして下さい。

申し訳ありませんが

申し訳ありません・申し訳ございませんという言葉はかなり頻繁に使う言葉として覚えておいて下さい。

中でも取引先などへのメールでは必ずといっていいほど使う回数が多いものでもありますので、この言葉を中心とした自分なりのビジネス文というものを考えておいても損はありません。

ご希望に添えず恐縮でございますが

こちらはかなり丁寧な言い回しになってきますので相手が目上の場合などには役に立つ言葉となってきます。

あしからずと同じような意味あいのものでもこちらの言葉だと相手の受け取り方も悪くはなってきません。

仕事上で失礼の許されない相手などの場合には丁寧すぎる言葉を選ぶことも必要となってきますので、色々なパターンを考えておくことも大切になります。

ご了承ください

こちらは仕事などをしていれば当然のように使われる言葉となりますが、一番無難とも言えるものになっています。

相手からもこういった文章が送られてくるでしょうし自分で言葉選びに不安を覚えるような場合にはこの言葉を使ってもよいと思います。

以上があしからずに関係する類語となってきますが、どの言葉も聞いたことがあるものばかりですよね?

無理に使い慣れない言葉を用いることなどしなくても、このような言葉で言い換えることが出来ますので相手によって使い分けてみることも大切になります。

ビジネス文書などの基本となることは相手を敬うという言葉遣いを選ぶことが重要となりますので基本から外れるような言葉選びをしてみたり、無理に意味のわからないものを選ぶことのないようにして下さい。

あしからずという言葉にしても言えることですが、きちんと意味と使い方をわかった上でなければ自分の為にもなってきません。

いたずらに言葉を使ってしまうと自分にはリスクとなって返ってくることもありますのでご注意下さい。

それでは類語に関することもお話ししましたので、最後にあしからずを使う場合の注意点にも触れていきましょう。

この注意点は仕事をする上ではかなり重要なものになってきますのでしっかりと理解をするようにして下さい。

あしからずを使う際の注意点

あしからずという言葉ですが、ニュアンス的に悪いイメージも出てきてしまう言葉になります。

本来の意味を知ればそのような事は思いませんが誰もが知っているわけでもありません。

こういった言葉は他にもたくさん出てきますがあしからずを使っていく場合には以下の点に注意をするようにして下さい。

責任逃れする為に使わない

この責任逃れという事も少しイメージが沸いてこないと思いますので例文にて説明したいと思います。

「今日の会議は出られないから代わりに出ておいて下さい。あしからず」例えば同僚にこのようなメールを送ったとします。

これは自分が出るはずだった会議に代わりに出ておいてといった内容の文となりますが、完全に責任を相手に押しつけるような形になっています。

メールをもらった方も迷惑な話ですしそもそもがお願いの形にもなっていませんよね?

先輩から後輩へ送るメールなどでもこういった内容のものがありますが、これは嫌われる原因でもあり自分も仕事に対しての責任感が全くない状態となりますので控えるようにしましょう。

仕事をしていく上で一番大切になるものは責任感を持つということです。

会議という時間も会社の方向性などを決めるものでもあり簡単に人へ任せていいものではありませんよね?

自分が貰った場合に不快に思うような内容は避けるべきですし、責任を放棄するような内容となった場合には本当にこれでよいのかどうかを今一度考えてみることも大事なことになります。

ちゃんとした謝罪の場では使わない

このあしからずという言葉ですが何かしら相手に対しての謝罪がある時には使わない方が無難となります。

なにかしら誤解を招くようなことも考えられますので謝罪の場合にはきちんとした言葉選びをするようにして下さい。

あしからずという言葉は相手によって色々な気持ちを持ってしまうかもしれませんので、申し訳ございませんなどの一般的な言葉を使用することを心掛けて下さい。

使い方次第で嫌みにとられる

この言葉には色々な受け取り方を持ってしまうことがありますので使い方には十分に注意をするようにして下さい。

文末のあしからずという言葉で終わってしまうと自分の気持ちを最後まで伝わらない場合も多くなり、メールなどをもらった相手は嫌みとして受け取ってしまうこともあるのです。

そういった事が続けば人間関係にも影響が出てきますし仕事上の問題というものも出てきてしまいます。

また、あしからずの使い方で最も注意すべき点は次のことになります。

クレーム発生後には使わない

仕事上のトラブルなどがあり相手先との問題などが一応は落ち着いた場合でも、言葉選びには十分な注意が必要になります。

クレームなどは発生した場合には相手の気持ちも不快感が残っている場合が多く、こういった時に相手の気持ちを逆なでするような言葉にもなってきますので「あしからず」といった表現は絶対にしてはいけません。

きちんと相手の気持ちが以前と同じようになるまでは丁寧すぎる言葉で対応していくことがベストですし誤解しやすい言葉は選ぶべきではありませんよね?

一つの問題だけで済むことも言葉の選択によってはさらに大きな火種となる場合もありますのでご注意下さい。

あしからずで許しを乞おうとしない

あしからずという言葉は謝罪などの意味は全く含んでいませんのでこの言葉で相手に対しての許しを乞おうとはしないで下さい。

悪気はなかったから気を悪くしないでといった意味は持っていますが、この中には謝罪の言葉などはないと考えていくようにして下さい。

通常での会話などでは感情や態度によって相手にもわかることがありますが、文章だけで伝えることは不可能であると思って下さい。

文字だけを見て自分の気持ちを伝えるということは、それなりの言葉も必要となってきますし省略した形で書いてしまえば相手にはそれなりの気持ちしか伝わりません。

あしからずという言葉はご了承くださいなどの続く言葉もありますので、使用する場合には最後まできちんと書かなくてはいけませんし、内容によっては違う言葉を選ぶことも大切になってきます。

相手への敬意をもって正しく使おう

今回は「あしからず」という聞きなれない言葉について色々とお話しをしてきましたが誤解を生む言葉にもなっていることがわかりました。

自分ではきちんとした意味を知っていても相手にはわからない場合も出てきますしその後の対応にも困る言葉であると理解して下さい。

また、自分でビジネス文書を作っていく上で大切なことは相手との親密度と第一に考えていくことになります。

親しくないといった相手に「あしからず」で終わるメールなどを送ってしまえば、それは会社の問題として大きく広がる可能性があることを理解しましょう。

次に大切なことですがこういった言葉を使う場合にはきちんとした敬意を払う必要があります。

相手に対する気持ちを最後まできちんと表すことが出来ればどういった言葉でも構わないのですが何かしらの事が省略されてしまえば関係の悪化にも繋がってくるものです。

自分では気持ちを伝えたつもりでも相手に伝わらなければ意味もありませんし、会社に迷惑をかけることにもなってきます。

ビジネス文書の難しい点は自分一人の問題とはならず、必ず会社の指導が悪いなどといったクレームに発展することにあります。

これはどういった場合でも自分一人で対応をすることを避けなければいけませんし上司などにも謝罪をお願いすることになりますので注意が必要です。

社会人になると色々な言葉というものが出てきますが「あしからず」を会社の仕事などで使うとはあまり考える人はいませんよね?

普通の生活においては多用することのないものですし社会に出てから聞いたという方もいるかと思います。

こういった言葉というものは普段から使い慣れていない為に自分でもどのようにして使用していいのかがわからない事も出てきます。

そういった時に大切になるのがきちんと調べ上げることと言い換えの出来る言葉を探すことです。

この二つのことを日頃からやっていくことでほとんどの場合は問題など発生することはないのですが、間違った使い方を覚えてしまうとクレームの原因にもなることを忘れないようにしましょう。

皆さんが「あしからず」という言葉に対してどういった気持ちやイメージを持っているのかはわからない部分の方が多くなってきます。

これは実際に使われる相手も同じように思っているのだということを認識するようにして下さい。

使い方の難しい言葉というものはこれだけではありませんが、あしからずを使う時には相手に受け入れられるかどうかを考えた上での使用を心掛けるようにしましょう。

仕事で覚えなければいけない言葉というものは今後も沢山でてくると思いますが、一つ一つの問題から取り組んでいくことで必ず解決できる道が開けるものです。

皆さんが知らない言葉というものはまだまだ沢山あると思いますが、今後は調べてみることにも興味を持ってみませんか?

言葉の持つ意味を正しく理解していけば、それはきっと自分を助けてくれる大きな自信となるのですから。