CoCoSiA(ココシア)

あしからずの正しい意味とは?用法や例文、どんな人に使って良いかなど紹介


皆さんは普段の生活の中で「あしからず」という言葉を使った事があるでしょうか?

時代劇のドラマなどではたまにこのようなセリフが出てきますが、日常で使っても良いのかどうかはあやふやな部分もありますよね?

自分たちが普段使っている言葉は言い慣れているものなどがほとんどですから、聞きなれない言葉が出てくると戸惑ってしまいます。

この「あしからず」という言葉にしてもほとんどの方は誰に使ってよいのかどうかは考えたことがないと思います。

それでもビジネスマンになってくるとこのような事が頻繁に使われるという場面も出てきて、自分がそういった環境になってくると悩みを抱えてしまう方も出てくるのです。

ビジネス用語は色々な言葉があり、あしからずもそのうちの一つとなってきますが、学生時代にはこのような言葉というものはほとんど使う機会もありませんよね?

先輩社員がこの言葉を使っていたから自分も何かしらの時には使用しなければいけないのだろうか?などの疑問も出てきますが言葉の事について誰かに聞くということがあまりされません。

その結果、あしからずという言葉で失敗をしてしまうケースも出てきてしまうのです。

社会人となると色々な言葉を覚えなければいけなくなり、普段では使わない表現というものも増えていきます。

それはビジネスメールにしてもそういった事が言えて、クライアントなどへ送るメールの内容なども仕事に慣れてくれば任されることになってきます。

その時に悩んでくるのが相手に対しての言葉選びとなってきます。

同僚や上司に話す言葉とは違いビジネス文書を作るのって簡単なようで難しいと感じた時はありませんか?

よくわからない言い回しをしてみたりと面倒に感じる時もありますよね?

そのような時にはメールなどでよく使う言葉というものを調べてみると解決するのも早いのですが、仕事を完璧にこなせないような時期にはそういった時間もありませんし毎日のことで一杯になりがちになってきます。

そうなってしまうとビジネス用語をきちんと調べる時間もなくなってしまいあやふやとなる知識だけが残ってしまうのです。

そこで今回のテーマですが「あしからず」の意味ついて色々と考えていきたいと思います。

この言葉は仕事場などでも使う機会がありますし意味などについても知っておく必要がでてきます。

こういった言葉ですが、絶対に使ってはいけない人という事も考えられますよね?

自分がこの言葉の意味や使い方などをきちんと理解していない場合には間違った文章を作ってしまうかもしれません。

そうなってしまうと自分の恥にもなってきますし文章を送った相手の態度というものも気になるはずです。

万が一会社の取引で大きな問題が起ったりすれば自分の立場的なものも危くなってきますし、言葉の意味はきちんと理解しておかなくてはいけなくなってきます。

自分たちが今まで生きてきた中では使われない言葉というものも、社会へ出るようになるとかなり多くなってしまい会話などでも不安を抱える人がいますが、その場合には何かしらの意味を調べ上げていくことも大切になりますので実行するようにして下さい。

それでは「あしからず」の言葉についてのお話しに戻りますが最初に考えていくことは言葉の持つ意味ということになります。

いったいこの言葉にはどういった内容のものが含まれているのでしょう。

この記事の目次

あしからずの正しい意味は?

何となく聞いたことはあるけれど「あしからず」という言葉の意味を自分で調べたという方は多くはないかもしれません。

今でも間違った使い方をしている人や意味を誤解したまま覚えているという方もいますが正確には「悪い意味にとらないで」という気持ちを表す言葉となります。

ドラマなどでこの言葉が出てくると良いイメージにはなってきませんが、そういった印象が言葉自体に対しての不快感と持たせてしまうのかもしれません。

ビジネス用語として使う場合も意味は変わってきませんが色々なルールというものも存在します。

この言葉自体が失礼にあたるなどとビジネスでは言ってはいけない相手という人も出てきますので、それらの決まり事はきちんと覚えていくことが大切になります。

あしからずという言葉についてですが多くの場合には以下の3個の意味となってきますので自分でこの言葉を使いたい場合などには参考にして下さい。

悪い意味にとらないでください

この言葉を漢字を用いて表すと「悪しからず」となってきます。

ひらがなだと言葉の意味が伝わりにくいですが漢字を用いるとなんとなくはイメージすることができますよね?

ここでのポイントとなるのは最後につく「ず」という文字になります。

この「ず」ですがそれまでのことを打ち消していくという意味があり「悪く思っていることを打ち消す」という事で考えていけばわかりやすくなってきます。

同じ様な「ず」を使う言葉として例を挙げますが「憎からず」という言葉は聞いたことがありますよね?

この場合の意味も「憎いと思っていることを打ち消す」という意味になりますので、好感を持っているということになります。

また、「あしからず」はこういった意味でも使われることがありますので覚えておきましょう。

他意はありません

この言葉もビジネス用語ではよく使われることになりますが、他意という言葉も少しわかりづらいかもしれませんよね?

この意味ですが、隠している考えなどはないといった事を表しています。

「あしからず」と似たような言葉としても使われることが多くなりますので使う場面によってこちらの言葉を選んでもよい事になります。

また、こういった言い方にも表すことが出来ます。

失礼な意味で言った訳ではない

これが一番わかりやすい表現となってきますが、あしからずの意味を考えていくと最終的にはこの言葉にいきついてきます。

失礼という言葉自体が馴染みも深くなっていますし誰が聞いても理解できますよね?

あしからずという言葉を使うことに不安がある場合には、こちらの表現を使用していっても問題とはなりませんので参考にして下さい。

それでは次に「あしからず」を使う場合の用法や例文などをご紹介していきます。