社会人になると、よく「存じます」という言葉を使うことがあります。

目上の人や上司、年配者に対して使うことの多い敬語ですが、この「存じます」の正しい意味や使い方を、きちんと理解していないという人は意外と少なくはありません。

うっかり間違った使い方をして恥をかいてしまわないように、この機会に「存じます」の正しい意味や使い方をマスターしておきましょう!

「存じます」、正しく使えてる?

社会人になれば、誰でも仕事で敬語や謙譲語を使うようになります。

学生の頃からそうした言葉使いが得意だった人は、社会人になってからもたいして苦に感じることもなく、敬語や謙譲語、丁寧語を使いこなしているでしょう。

一方で、学生時代からそうした文法や言葉使いが苦手だった人は、社会に出てから大いに苦戦することになります。

特に勉強が嫌いな人や、まともに学んでこなかった人は、社会に出てから上手く敬語や謙譲語を使いこなすことが出来ずに、上司に散々怒られたり、一から教育をし直されたりすることもあるでしょう。

敬語が苦手な人が、新社会人になってから最初に直面する壁が「正しい言葉使い」と言っても良いでしょう。

「存じます」も、そうした敬語の一種です。

自分の気持ちや考えを述べる際によく用いる言葉ですが、他の敬語の中でも使う頻度は多いです。

上司や目上の人と直接話をする時も、電話やメールで連絡する時も、また大勢の前で発表する時などにも用います。

ビジネスの場で最も使うことの多い敬語ですが、場合によってはプライベートでも使う機会があります。

また、仕事に関係なくとも、フォーマルな場面でもよく使います。

とにかく使う機会が多いため、意味や正しい使い方を理解していなければ、あちこちで恥をかいてしまうことになるでしょう。

そんな「存じます」という敬語を、あなたは自信を持って正しく使えていると言えますか?

自信がない人は改めて勉強するために、また自信がある人も再確認のために正しい意味や使い方を見ていきましょう。

正しく敬語を使う必要がある理由

「存じます」の正しい意味や使い方をきちんと勉強せずに社会人になった人では、他の人が使っているのを聞いて、「あんな感じで使えばいいのかな?」と曖昧な判断で自分でも使うようになった人が多いです。

そのため、何となくのニュアンスで「存じます」を使っていることが多いため、中には間違った使い方をしている人もいるでしょう。

しかし正しい意味や使い方を知らなければ、間違ったままで使い続けてしまい、どこかで大恥をかいてしまうことになるかもしれません。

どんな人であっても、社会人になれば正しい敬語は使えて当然と思われます。

その当然のことが出来ていないと、教養がないと思われたり、みっともないと嘲笑されたりするでしょう。

「敬語なんて使う機会の少ない職場で働けばいいだけだ。使えなくても人生で困りはしない。」と思う人もいるかもしれません。

しかしもし、将来一緒になりたいパートナーが現れた時に、相手の両親と話をしてまともな敬語が話せなければ、相手の両親から「あんな教養のないやつはダメだ」と反対されてしまうかもしれません。

また、自分が上手く敬語を話せないからと、誰かにそれを家庭環境や親のせいにされるようなことがあれば、誰しも不快に感じるでしょう。

正しい敬語や言葉使いが使えないと、それが原因で自分が嫌な思いをしたり、恥ずかしい思いをしたりすることがあるかもしれません。

また、自分だけが嫌な思いをするのならともかく、自分と親しい人や身内に対する評価にまで繋がっては、理不尽に思えることもあるでしょう。

しかし、人が人を評価する時には、その人自身だけでなく、その人を取り巻く環境や周りの人々もすべて含めて判断します。

そのため、自分できちんと正しい言葉使いや敬語を身に付けておくことで、それが自分の評価や、周りの人たちの評価にも繋がりますので、社会人になったら当たり前に正しく敬語を使えておいた方が良いのです。

「存じます」の正しい意味と使い方


「存じます」とは、謙譲語「存じる」の連用形に、丁寧語の助動詞である「ます」をつけた謙譲表現の敬語です。

「存じる」が元々「思う」もしくは「知っている」の謙譲語ですので、「存じます」という敬語は「思います」もしくは「知っています」という意味を表わします。

そのためこの敬語を使う時には、「~だと存じます」という言い方をすることが多いです。

「~だと存じます」は、「~だと思います」「~だと知っています」という意味になります。

謙譲語は自分が敬うべき人に対して使います。

そのため、自分よりも目上の立場の人や会社の上司、自分が敬意を払うべきだと感じている人に対して使うことが多いです。

一方で、会社の同僚や部下に対して使うことはありません。

また、友人や家族、目下の人間にも使う言葉ではありませんので、もし部下に対して「存じます」と言っている上司がいれば、それは大きな間違いです。

また、例えば会社の社長や上司の子どもが相手の場合には、上司が目上の存在なのでその子どもにも敬語を使うべきかと悩む人もいるでしょう。

相手が上司の子どもであっても、自分よりも年下であれば上司に対するように敬語を使う必要はありません。

せいぜい丁寧語で話すだけで十分でしょう。

また、年下でも立場が自分よりも上であれば、もちろん敬語で話します。

スピーチでの使い方

「存じます」という敬語は、基本的には自分よりも目上の立場の人や敬意を払う人などに用います。

しかし、一対一の時に用いるだけでなく、大勢の前でスピーチをする際にも用いることがあります。

大勢の前でスピーチをする際には、目上の人もいれば目下の人も、同じ立場の人もいるでしょう。

そうした大勢の人を前にした時には、「スピーチをさせていただく」というように自分の立場を一番下に持ってきますので、謙譲語である「存じます」を使うことがあるのです。

スピーチでは、例えば「○○のことから、私はこのように思います」と発表する時に「○○のことから、私はこのように存じます」と言ったり、また「○○のことを知っています」という際には「○○のことを存じています」と言い換えたりします。

スピーチ時には誰でも緊張しますので、きちんと事前に発表内容を暗記していても、敬語を使い慣れていないと本番でつい噛みそうになることもあるでしょう。

また、予期せぬ質問や指摘に対して、動揺しておかしな敬語になってしまうこともあります。

スピーチが苦手な人ほどそうした動揺に陥りやすいですが、一度「あっ、敬語を間違えてしまった!」と思うと余計に慌ててしまいますので、言葉にする前に一度深呼吸をして、それから落ち着いて敬語を使うように意識しましょう。

メールでの使い方


社内・社外メールでは、誰でも敬語を用います。

例え仲の良い同僚であっても、仕事に関する内容を連絡する際には、きちんと敬語を使うでしょう。

その際に、「存じます」という言葉を使うことがありますが、ビジネスの場における「存じます」は、社内メールよりも社外メールで用いられることの方が多いです。

例えば会社の取引相手にメールを送る際に、「お世話になっております。先日はご親切に社内をご案内下さり、身に余る光栄と存じます。」といった内容でメールをすることがあるとします。

これは、前回取引相手の会社へ伺った際に、担当者に社内を案内してもらったことに対するお礼の文面ですが、「身に余る光栄と存じます」という言葉には、「身に余る光栄に思います」という意味が込められています。

また、例えば「先日お教えいただいた新プランにつきましては、大変失礼ながら存じ上げませんでした。」という文章を送った際に、この場合の「存じ上げませんでした」には「知りませんでした」という意味が込められています。

同じ「存じます」という言葉でも、使い方によっては「思います」「知っています」と意味が違っていますので、メールのやり取りの際にはこちらがどのような意味で使うのか、また相手がどのような意味で使っているのかをきちんと理解する必要があります。

ビジネスで多用される

「存じます」は、ビジネスの場面で多用されます。

誰でもビジネスの場では自分の意見を言ったり、気持ちを表現したりする機会がありますが、そうした時には「存じます」は頻繁に用いられます。

そしてまた、用いる機会が多いからこそ、正しい「存じます」の使い方を理解していなければ、大勢の前で恥をかいてしまうことにもなりかねません。

社会に出てからも文法や敬語の勉強をしなくてはならないなんて、嫌に思う人もいるでしょう。

しかし、人は人の言葉使いや仕草などによって相手の教養を判断したり、評価を下したりすることがあります。

もしあなたが仕事で成功したい、出世したいと思っているのなら、上司や目上の人に対してきちんと正しく敬語が使えるようになっておく必要があります。

せっかく能力はあるのに、間違った敬語を使っていることで、「昇進を推すには心もとない」と思われてしまっては心外でしょう。

だからこそ、ビジネスの場ではしっかりと敬語を使えるようになっておく必要があるのです。

お礼を述べる場合

目上の人や上司などに対してお礼を述べる場合には、まずお礼の言葉を述べた後で、自分のためになったことがあればそれを具体的に話し、最後に「存じます」で締めくくるのが一般的です。

例えば、「先日はお忙しい中お時間をいただきまして有難うございました。○○さんに会社の在り方を教えていただくまで、恥ずかしながら存じ上げないことがたくさんありました。今後は精進を重ね、会社のためになれるように一層励んでいくことと存じます。」というお礼の言葉を述べる場合、一見堅苦しく、また長々しいと思えるかもしれません。

しかし、ビジネスの場における敬語は、この程度の長さになることは珍しくありません。

このお礼の言葉の中には2回「存じます」という言葉が出ていますが、最初の「存じ上げない」は、「知らない」という意味で使われており、また最後の「存じます」は「思います」という意味で使われています。

基本的に1つの文章の中で2回同じ敬語を使うことは良くないとされていますが、「存じます」という敬語の場合には意味が2つありますので、1つの文章の中で2回使ってもおかしくはありません。

ただ、「存じます」の意味が使い方によってはどちらの意味を指しているのかを理解するには、きちんと正しい使い方を知っておかなければなりません。

そのため曖昧な覚え方をしている人は、正しい使い方を覚えておく必要があるでしょう。

謝罪をする場合

「存じます」という言葉を使って謝罪をする場合には、次のような使い方があります。

例えば「この度はご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。○○様の御叱りはごもっともだと存じます。いただいたご意見をしっかりと参考にさせていただき、今後はこのようなことがないように精進致します。」という謝罪をしたとします。

この場合の「ごもっともだと存じます」という言葉には、「その通りだと思います」という意味があります。

クレームを出してしまったり、失礼な態度を取ってしまったりして相手が怒っている時には、とにかく相手の気持ちを落ち着かせるために、相手の言葉をすべて「その通りです」と受け止める必要があります。

その際に、「その通りです」という言葉を用いる代わりに、「ごもっともだと存じます」という敬語を使うことがあります。

また、「この度は○○さんの事情を存じ上げずに失礼なことをしてしまい、申し訳ありませんでした。」という謝罪の場合には、「相手の事情を知らずに」という意味合いで「存じ上げずに」と言葉を使っています。

謝罪をする場合、「知らない」という意味で使う場合には文の最初辺りで使い、また「思う」という意味で使う場合には、文の最後で使うことが多いです。

イベントの告知をする場合

イベントの告知をする場合、大抵は大人数を前にして告知を行うことが多いでしょう。

不特定多数を前にして告知を行う場合にも、「存じます」と敬語を使うのが一般的です。

例えば、告知を終えた後で、次のように言葉を付け加えることがあります。「以上がイベントのお知らせとなります。皆様におかれましては、お忙しいことと存じますが何卒ご協力をよろしくお願い致します。」この場合の「お忙しいことと存じますが」という言葉には、「お忙しいとは思いますが」という意味があります。

それぞれに仕事やさまざまな事情から忙しいとは思うけれども、どうか協力をお願いしたいという気持ちからこのように告知で使うことがあります。

相手に尋ねる場合や答える場合

「存じます」という敬語を、質問の受け答えで使うことも少なくありません。

例えば「○○について知っていますか?」という言い方を、「○○についてご存知ですか?」と言い換えることがあります。

また、自分が「知っています」と答える場合には、「存じております」と言い換えることもあります。

この「存じている」「存じ上げない」「ご存知ですか?」といった言い回しは、とくにビジネスの場面ではよく使われています。

「存じます」を使う上で気をつけたいこと

「存じます」は、あくまでも自分の意見や気持ちを相手に伝える際に使う敬語です。

「私は~だと思います」「私は~だと知っています」という言い方を、「存じます」という謙譲語にそのまま入れ替えて使うのが基本です。

そのため、相手の意見や気持ちに対して「存じます」という言葉を使ってはいけません。

例えば会社の取引相手が、「私は○○だと思います」と発言したことに対して、「○○さんは○○だと存じています」と返す人はいませんよね?

相手から聞いた意見を別の人に伝える際にも、「○○だと存じているそうです」という人はいないでしょう。

もしそんな使い方をしている人がいたら、正しく敬語が使えていない証拠ですので、指摘できる相手であれば敬語の間違いをこっそりと指摘してあげると良いでしょう。

大勢の前で指摘するのは恥をかかせることになりますので、二人だけの時に指摘するようにしましょう。

もし相手の意見や気持ちをこちらが代弁する際には、「〇〇さんは○○だと思われるそうです」や「○○だとお思いになられています」などの尊敬語として使いましょう。

あまり使い過ぎてもくどい印象に

「存じます」という敬語は、一言で2つの意味があります。

そのため、「思います」「知っています」と違う意味として用いる場合には、一つの文章の中に2回「存じます」と使うことが出来ます。

しかし、敬語に使い慣れていない人では、やたらと長ったらしい敬語を使うことがあり、その時に必要以上に「存じます」と使ってしまうことがあります。

敬語を使い慣れていない人ほど、「存じます」と使っておけば丁寧な印象になると思ってやたらと使おうとする人がいますが、必要以上に重ね使いをするとくどい印象になってしまいます。

また、間違った敬語になることもありますので、あまり何度も使い過ぎないようにしましょう。

「存じます」「思います」どう使い分ける?

ビジネスの場において、必ず「存じます」と謙譲語で言わなければならないというわけではありません。

場合によっては、「思います」という言い方をすることもあります。

例えば大人数の前で何かを発表する時や、相手が明らかに目上の立場の人である場合には、「存じます」という使い方をすることが多いでしょう。

しかし職場全体がフランクな雰囲気で、上司を含めた社員全員が気さくにコミュニケーションを取り合う関係の場合には、「存じます」よりも「思います」という丁寧語で対応することの方が多いです。

職場の雰囲気が気さくなのに、一人だけ「存じます」などと堅苦しい言い方をしていると、「ちょっと堅すぎるぞ」と反対に指摘されてしまうこともあるかもしれません。

そのため、あくまでもその場の雰囲気に合わせて、相応しい言葉使いを選択するようにしましょう。

また、目上の立場や敬意を払うべき相手だと自分が思っていても、恩師や親族などのように親しい間柄の相手の場合にも、「存じます」では表現が堅すぎることがありますので、その場合にも「存じます」ではなく「思います」という言い方をした方が良いでしょう。

知って絶対損はない!「存じます」の類語

「存じます」という言葉には、他の多くの言葉のように類語があります。

そもそも「存じる」が「思う」または「知る」の謙譲語ですので、そこからも類語があることが理解出来るでしょう。

「存じます」では丁寧な敬語になりますので、その類語も以下のような丁寧な言い方になります。

~と思います

すでにご紹介したように、「存じる」は「思う」の謙譲語です。

これに丁寧語を付け足して「存じます」となるので、「思います」という意味になります。

そのため、「存じます」の類語は「~と思います」「~だと思います」「~だと思っています」です。

プライベートや日常会話では、「存じます」という言い方では少々堅苦しいため、類語の「思います」を使うことの方が多いです。

「思います」という言葉も丁寧語ですので、敬語の中でも柔らかい言い方で、親しみや穏やかな印象を相手に与えます。

相手が目上の人であっても、柔らかい印象で言葉を伝えたい時には、「存じます」ではなくあえて「思います」という言い方をすることもあります。

知っています

「存じる」には、「知っている」という意味もあります。

そのため「存じます」も、「知っています」という意味になります。

また、「存じない」であれば「知らない」ですし、「存じません」であれば、「知りません」という使い方になります。

これをベースとして、相手に質問をする際には「ご存知ですか?」と尋ねる場合がありますが、これも「知っていますか?」という意味になります。

「知っています」という言葉も、ビジネスではあまり用いられることはなく、プライベートや日常会話の方で頻繁に用いられています。

ただし、「知っています」という言葉は、言い方によっては印象がきつくなってしまうことがあります。

もしイライラしている状態で「知っています」と言えば、きっと相手には不愛想で突き放したように聞こえてしまうでしょう。

そうなると相手に誤解を与えたり、人間関係に支障が出てしまったりしますので、出来るだけ柔らかい物言いをする必要があるでしょう。

「存じます」を英語で表現したい時

「存じます」は、日本語特有の敬語です。

そのため、日本語以外では表現することが出来ないと思う人も多いでしょう。

しかし、元は「~と思います」という意味の言葉ですので、例えば英語で「存じます」を表現したいと思った時には、類語である「~と思います」を英語表記に変えることで表現することが出来ます。

「存じます」を表現する英語はいくつかあります。

例えば「Ithinkso.(そうと存じます)」や「Iappreciatedthehonor.(身の光栄と存じます)」「Iamafraidhewillfall.(失敗だろうと存じます)」などです。

日本語は英語よりもさまざまな言葉や複雑な表現方法がたくさんあります。

英語では「Hi.」の一言で済む言葉も、日本語では「やあ」「どうも」「うぃっす」など、いくつも言い回しがありますので、その分日本語を全て細かく英語で表現しようと思うと無理があるでしょう。

そのため、英語で表現する場合には、日本語の意味に近い言い回しを選ぶ必要があります。

「存じます」をより丁寧に使うには?

「存じます」は、その時点ですでに丁寧な言い方になっています。

謙譲語の「存じる」に丁寧語の「ます」を足していますので、それだけでも十分に丁寧な言い方ではありますが、それ以上に丁寧な表現方法もあります。

どのような言い方が、より丁寧な表現方法なのでしょうか?

以下にご紹介していきます。

「幸甚に存じます」

「幸甚(こうじん)」とは、「とても幸せであること」という意味を持つ言葉です。

これに「思います」という意味の「存じます」を付け足すことで、「程度が甚だしく、とても有難いと思う」という意味の表現になります。

通常「存じます」を使う時と同じように、主に目上の人や、敬意を払う相手に対して用いることが多いです。

「幸甚に存じます」という言い方は、直接相手に口にして伝えるよりも、手紙やメールで伝えることの方が多いです。

また、一般的には目上の人に対して何かお願い事をするのは難しく、失礼になってしまうこともありますが、「幸い」という意味を持つ「幸甚に存じます」という言葉を使うことによって、目上の相手にも依頼をすることが可能になります。

「~したく存じます」

「○○したく存じます」という言い方がありますが、この「したく」とは、本来「支度・仕度」の字で表します。

意味は「心づもり」や「用意・準備」「食事・腹ごしらえ」などですが、この内「心づもり」「用意・準備」の意味で用いることが多いです。

例えば「精進したく存じます」という言葉の場合、「これから精進したいと思っています」という意味になります。

「これから○○しようと思います」という言い方では、「これからではなく今からやるべきだ」と言われてしまうこともありますが、「○○したく存じます」と言葉を用いると、そのような批判や指摘をされることはまずないでしょう。

敬語で伝える際には、直接口で言う時にも、また手紙やメールで言う時にも、このように「~したく存じます」という言い方を使うことで、より相手に丁寧な印象を与えることが出来ます。

「存じます」と「存じ上げます」の違いとは?

「存じます」という言葉を使う時、場合によっては「存じ上げます」という言い方で使うことがありますが、この2つの言い方の違いをあなたは知っていますか?

「存じ上げます」の「上げます」とは、話す相手に対してより丁寧な言い方をする際に用います。

また、相手の立場を持ち上げるという意味で使うこともあるため、話している相手により丁寧に敬語を使おうとする時に、「存じます」ではなく「存じ上げます」という言い回しをすることがあります。

対象物によって使い方を変えよう

「存じる」と「存じ上げる」は、同じ意味でもより丁寧な言い方をしたり、微妙にニュアンスが違っていたりします。

そのため、対象物によって使い方を変える必要があります。

もちろん「存じます」という言い方だけでも十分に丁寧ですが、より相手を持ち上げて丁寧な言い回しをしたいと思う時には、「存じ上げます」と使った方が、相手にも好印象に思えるでしょう。

また、「存じます」の反対語が「存じません」ですので、より丁寧な言い方の「存じ上げます」の反対語も、「存じ上げません」となります。

どちらも丁寧語にすると、「知っています」「知りません」と同じ意味になりますが、意味は同じでも言い方にはこのような違いがあります。

対象が人は「存じ上げる」

「存じ上げる」の「上げる」には、相手の立場をより持ち上げたり、相手に対してより丁寧な表現をしたりする意図があります。

それはつまり、対象となる人がいて初めて「上げる」という言葉を用いることになりますので、「存じる」という言葉の対象が人である時にのみ、「存じ上げる」という言い方をします。

自分よりも目上の人や、きちんと敬意を払いたい相手に対しては、「存じる」よりも「存じ上げる」と言い方を変えた方が、相手が受ける印象も良くなるでしょう。

物や場所は「存じている」

「存じ上げる」という言葉は、対象が人である場合に用います。

一方で「存じる」の対象が物や場所の場合には、「存じている」もしくは「存じていない」という言い方をします。

例えば「近くのコンビニについて詳しくは知りません」という言葉を敬語で表現する際に、「近くのコンビニについては存じません」と言います。

また、「○○さんの時計のありかを知っている」という言葉を敬語で表現する際には、「○○さんの時計のありかを存じています」と言います。

正しい日本語を使おう!「存じます」は基本!

「存じます」の正しい意味や使い方について、改めて確認することが出来ましたでしょうか?

何となくのニュアンスだけで「存じます」を使っていると、実際には間違った使い方をしているかもしれません。

また、とにかく丁寧な言葉使いをしようとして、何度もしつこく「存じる」という言葉を使ってしまい、余計におかしな敬語になってしまうかもしれません。

誤った使い方をし続けてしまわないためにも、「存じます」の意味や使い方を理解して、正しい日本語を使っていきましょう!