ビビットカラーは家や学校、職場など色んな所で目にする事がとても多いものです。

ビビットカラーという名前は知らない人はいると思いますが、老若男女誰でも一度は目にしているでしょう。

ただビビットカラーは普通の色と異なり鮮やかな色味で好き嫌いが少々分かれるかもしれません。

しかしビビットカラーは1日1回以上、出来れば目にして頂きたいものでもあります。

色とりどりの中でもビビットカラーの良いポイントについてご紹介致しましょう。

ビビットカラーから元気パワーをもらおう!

色で気分を変える効果があるという話を聞いたことはないでしょうか?

例えば赤なら攻撃的で食欲を増幅させる効果があるように、色んなカラーによって気分を変化させる事が出来るのです。

これは科学的にも証明されています。

数ある色の中でも何故ビビットカラーが良いのかという理由ですが、ビビットカラーは原色に近い色にポイントがあると思って下さい。

ビビットカラーとは?

パステルカラーというのは聞いたことあるかと思いますが、パステルカラーは淡色系のカラーとなります。

ビビットカラーは、パステルカラーとは正反対に原色系に近い色味だと考えて下さい。

ほとんどの女性が好むのはビビットカラーよりも、パステルカラーだと言われています。

パステルカラーは落ち着いているので、服とも合わせやすいですからね。

しかし元気をもらいたいという意味合いであれば、間違いなくビビットカラーをおすすめ致します。

ビビットカラーの特徴は色鮮やかで、印象的というものです。

原色

原色というのは基本ベースの色で赤・青・黄を指します。

混じりけの無い純度の高い派手な色を意味すると考えて下さい。

実は赤・青・黄色以外のピンクや緑などの色は全て赤・青・黄の3色を混ぜる事によって作られているのです。

子供の頃図工などの時間で絵の具を混ぜて使っていたなんて事ありますよね。

絵の具って同じ色を使ったつもりでもその時の配合によって、全く同じ色が作れる訳ではないのです。

ビビットカラーは基本ベースの色を使用しています。

目にも鮮やかな色


目に鮮やかな色というと、好みが分かれやすいショッキングピンクなどのアクセントカラーが印象的ですね。

多くの物にデザインとして取り上げられているいます。

ただ正直に言ってしまうと目に鮮やか過ぎる色なので、1つならともかくたくさん並べてしまうと目がチカチカしてしまうという逆効果もありますよ。

暗い場所ならとにかく、明るい場所で見ると分かりやすいかもしれませんね。

メリットとしては分かりやすい事です。

目の悪い年配者でも判断してもらえるでしょう。

普通だと鮮やか過ぎる色は少々鬱陶しいものではあります。

看板やお知らせなどのポップなどにビビットカラーを上手く取り入れるのが良いですね。

驚くほど印象的な色

濃い過ぎるものって結構忘れられないくらい印象がありませんか?

マダムシンコというバウムクーヘンで有名なお菓子屋さんがあるのですが、そこの包はかなり変わっていて大阪を代表するようなヒョウ柄+派手なショッキングピンクなのです。

最初見た時は正直微妙な気持ちになりましたからね。

完全に食べ物の包というよりかは、洋服や化粧品ぽいイメージを連想させられるのでちょっと苦手でした。

私と同じように何だこれはと思った人が多いようです
箱のセンスなどはマダムシンコの社長さんの趣味で決められているのだとか。

一応箱の外見に反してお菓子としては人気があり、バウムクーヘンが苦手だという人でも食べられるようです。

普通お菓子の包ってそこまでインパクトがありませんよね?
どっちかと言うとお菓子自体にインパクトを持たせるために、箱自体はシンプルもしくはシックにしている所の方が多いでしょう。

驚くほど印象的な色を使用すると、本当にインパクトを与える事が出来るので商品としては良いかもしれません。

ただしあくまでもビビットカラー自体をしようするのは良いのですが、色の詳しい方からすると本来食品系にショッキングピンクなどの強い色は合わなさ過ぎるのだそうです。

ショッキングピンクって食欲が湧く色ではありませんからね。

ただ奇をてらう意味ではビビットカラーを使い分けると、忘れられない物として残るでしょう。

関西圏だから容認されている部分もあります。

蛍光色を指すことも

ビビットカラーは単純に原色の事を指すわけではありません。

人によっては蛍光色を指す場合もありますよ。

蛍光色とはネオンカラーとしても呼ばれる事があり、消防車のボディの塗料にも蛍光色が使われているそうです。

消防車が出動する時は緊急自体なので、周りの車避けてくれないと事故を引き起こしてしまう可能性が出てきます。

ボディを蛍光色で目立たせておかないと消防車として判断されないので、間に合わなくて救助出来ないとなったら大変ですからね。

消防車なんて走っているシーンしか見た事はないでしょうけど、イメージは付きやすいと思います。

蛍光色は一般的にペンで使用されていますよね。

ただ本来のビビットカラーと比べてしまうと人工的に彩度と鮮やかさをアップさせているため、冷たいような印象を与えています。

そのためあまり蛍光色を好む人はいません。

暗闇の中では蛍光色は目立つため事故防止として使われている事がありますが、普段使いだとビビットカラー以上に目がチカチカしてしまうのでうっとうしいです。

色が持つ力とは?

色が持つ力というのはとても大きいです。

スピリチュアルで有名な美輪明宏さんが、人のオーラが見えるという事で有名ですよね。

人間には目には見えないオーラが存在します。

私自身は霊感やそのような特殊能力がありませんので、さっぱり見えません。

ただ見えるという人は結構いますよ。

旦那がオーラを見えるらしいのですが、オーラというのは色で見えているようです。

色と言ってもパステルカラーやビビットカラーなど人によって違いがあるため、同じ色をしていても濃度が異なれば性格も違いがでるのだとか。

旦那が見た私のイメージは白濁したピンクだそうです。

分かりにくい色なのですが、これは意志のなさと影響されやすいというのを表しています。

自分をはっきり持っていない人間というのは、オーラの色が薄いそうです。

白濁というのは誰かに影響されて色んな色に染まりやすいが、影響が収まっても元の白さには漂白される訳ではないので、少しずつ汚れていくと言っていました。

実は女性のオーラというのは、基本的にビビットカラーが強い人が多いみたいですね。

ビビットカラーの濃さが強ければ強いほど、その色にそっていると思って下さい。

ほとんどの女性は濃い赤色のビビットカラーが強いです。

これは感情傾向にあるというのを示しています。

男性は赤ではなくオレンジや緑など色んなカラーだそうです。

一般人の目には見えない分本当かよと言いたくなりますが、旦那には話していない部分まで結構当てはまっているので恐ろしく思いました。

色が持つ力というのは本当に凄いですが、ある意味では怖いものかもしれませんね。

見た人の気分を変える


色によって人の気分を多少変化させる事は可能です。

本当かどうか疑わしい部分もあるかもしれませんが、昔バラエティーで色によって気分を変える事が可能かという検証を行っていた事がありました。

私は物凄く苦手ですが、それを利用して食欲を無くすように青色の着色をしたものが販売されていたくらいです。

青色のカレーとインターネットで検索したら出てきますよ。

ありえないくらいのビビット色が強すぎるコバルトブルーなので、食欲が減退おろか食べたら吐き気しかしかません。

何故が食欲をなくすのかというと、青は精神的に落ち着く効果があるそうです。

自然界で言うと海や空などがそうですね。

海を見ていると自然と心が落ち着いているのが、青色の成す効果と言っても良いでしょう。

それゆえに食欲を抑えたいという人には青色をおすすめしているのだとか。

実際に誰もが好きな青色の食べ物ってミントアイスやガリガリくんくらいでしょう。

本当に見た人の気分を変える事が出来ます。

いつも気分を上げたいという人は明るい色の黄色やオレンジがおすすめですよ。

エネルギーを与える

疲れた時にビビットカラーを見ると元気になる気がします。

個人的にパステルカラーの方が好きなのですが、エネルギーが欲しい時や弱っている時にこそビビットカラーをみたいかもしれませんね。

ただ色彩心理的に個人が求めているそして好きな色と言うのは人それぞれ異なります。

ビビットカラーは別名ビタミンカラーと呼ばれていますが、ビタミンって名前にすると何だか元気をもらえる気がしませんか?
実は病院ではビビットカラーを使用している所が多いのです。

年配者がいる所だとパステルカラーでは見えにくいからとはお伝えしましたが、ビビットカラーにすると見えやすくなるのと、患者さんに元気を持ってもらうという事が出来ます。

病院ってどちらかと言えばあまり明るいイメージはなく、暗いイメージしかありませんよね?
薄い色だと認識がしづらいので、気持ちが落ち込んでしまうという人も少なくありません。

それゆえに濃いビビットカラーを使用しているのですが、ビビットカラーは認識しやすい上に元気になるという効果もあるのですよ!

実際医療事務をやっていた時に患者さんから言われた事があります。

患者さんに向けて掲示板を作っていた時、パステルカラーだと何を書いているか分かりにくいから止めるように言われました。

光の加減もあるのですが、本当に見にくい上に字体によっては認識しづらいケースも出てきます。

ビビットカラーに変えてからは患者さんから文字が見やすくて良いという評価をいただきましたからね。

本当にちょっとした事なのですが、年配者に自信を持ってもらえる事が出来ます。

文字が見えにくいという事によって自分は目が悪い、目が悪いからダメだと落ち込んでしまう人も多いのです。

ビビットカラーにすると年配者や目の悪い人でも読みやすく、色によっては明るく出来ます。

ビビッドカラーは人の産物であることがほとんど

ビビットカラーというのはそもそも人工的に作っているものです。

蛍光色なんてモロ人の産物ですからね。

元々の配色は赤・青・黄という風に決まっており、その3つから新しい色を作っていく形になります。

赤と青を混ぜる事によって紫になりますし、青と黄を混ぜれば緑になりますからね。

パソコンのプリンターに使っている色って、そのまま赤・青・黄そして黒だけなのはご存知ですか?
パソコンの画面をコピーする時、赤・青・黄以外の色もちゃんと使われていますよね。

これらは組み合わせる事によって作成可能です。

今現在はパソコンで作られている事も多いですよ。

パソコンだと色んなビビットカラーにする事が出来ます。

単純に濃いだけの色ではなく、彩度と色度を上手く調整して自然界にはない配色作る事もできます。

ただし黒だけはたくさんの色を混ぜても黒にしかなりません。

ビビットカラーを作るのには人の手で、上手く配合しないと適応出来ないです。

着色料で色を作っている

基本的には着色料で色を作っています。

着色料というとお菓子の原料にも使われている事が多く、あまり良いイメージを持っている人はいないでしょう。

最近では無害として認定されているものもあります。

天然着色料と呼ばれている物は、紫キャベツから抽出した色素やソーセージなどの色素に使用されているアナトー色素などです。

この天然着色料は自然界で存在する植物などから抽出しているので、人体に影響はないと考えても良いでしょう。

人体に影響があるのは合成着色料ですね。

一昔前までは普通に合成着色料が使用されていましたが、現在では使用が禁止されています。

着色料自体あまり良いものではないですけどね。

日本では考えられませんが、アメリカではケーキを面白いくらい着色料で色を作っていますよ。

水色や赤色のビビットカラー色の強いケーキや、蛍光色の緑色なんてあります。

正直な話端から見てもとても食べる気はしませんし、物凄く身体に悪そうな色ですが環境の違いかアメリカの人は平気で食べるようですよ。

見る分には面白いですが、当然食べるのはおすすめしません。

日本でもビビットカラー色の強いケーキは、ラズベリーなどベリー系を使用したものがあります。

これらはまだ女性から好まれる事が多いですね。

同じ着色料を使用していても本当に異なりますよ。

天然でビビッドカラーのものとは?

基本的に自然界でビビットカラーのものは南国系が多いですね。

あまり雪国ではビビットカラーを見かける事はほとんどありません。

ほとんどがパステルカラーを主流としているため、ビビットカラーを見る事が少ないかもしれません。

天然モノのビビットカラーと言えばフルーツでもドラゴンフルーツという聞きなれないフルーや、沖縄などに生息している南国系の花、そしてテレビでよく見るようなジャングルの鳥などは本当に色とりどりで面白いですよ。

ドラゴンフルーツ

一般的な果物屋さんではなく、百貨店など少々大きなフルーツ屋さんに行かないと、ドラゴンフルーツは置いていないかもしれません。

ドラゴンフルーツとは何かというと、メキシコや中南米の熱帯雨林で作られる事が多いサボテン科の果物になります。

最近では沖縄県や宮崎県など、九州地方でも栽培されていますよ。

ドラゴンフルーツという名前の由来は、そのままドラゴンのウロコに見えるから付けられたと言われています。

大きさ的には一般的なペットボトルと同じくらいですね。

一人で食べるにはそこそこ量が多いです。

形はレモンを倍にした形をしており、ただ色がショッキングピンクという独特過ぎる色をしているので分かりやすいと思います。

見た目が面白いですし、抵抗ある人は抵抗あるかもしれませんが、一度見たら目が離せないほどのフルーツだと考えて下さい。

色味が色味なので味が凄く気になってしまうんですよね。

昔果物屋さんでバイトしていた事があるのですが、ドラゴンフルーツに興味を持たれた方が多かったですよ!
どんな風にして食べるのかと興味津々で買われていくチャレンジャーな人や、進物用に買っていくという人もいました。

ショッキングピンクという食欲を失いかねない色をしているくせに、存在感が半端なさ過ぎるので気になって仕方ないのでしょうね。

私は過去にドラゴンフルーツを食べた事があります。

果肉はショッキングピンクの皮に反して、薄いグレーなので完全にコントラストが気持ち悪いかもです。

私が食べたものは薄いグレーでしたが、果肉の色は皮と同じくらい濃いピンクをしているものもありますよ!
グレーの果肉にはキウイフルーツのように、黒いつぶつぶの種が全体に散らばっています。

キウイフルーツとよく似ていてジャリジャリとしていて種が多い食感ですが、酸っぱさはありませんでした。

熟成期間にもよりますが、どちらかと言えば無味に近いかもしれません。

美味しいさを求めるというよりかは食感を楽しむものですね。

後見た目の割に栄養価が高く健康にはとても良いので、自分では買おうとは思わないけど、プレゼントしてもらったら嬉しいものの1つにはなりますよ。

ちなみにドラゴンフルーツ以外で色の濃い果物は、イチゴやオレンジなども含まれます。

味や馴染みがあるのは当然イチゴやオレンジでしょう。

ただ見た目の強烈さや派手さについては、どれも日常的で馴染みがありますのでドラゴンフルーツよりかは目新しさはないかもしれませんね。

最近ではスムージーやさんでも売られている事が多いですが、アボカドのようにサラダにして食べるのもおすすめですよ。

南国の花

南国の花は一般的に花屋さんで見るよりも、どれも色の濃いビビットカラーが多いですね。

こじんまりとした小さな花ではなく、南国という地域同様に元気いっぱいに咲きほこっているものばかりです。

名前くらいはご存知の人もいるかと思いますが、あまり南国の花としての認知がされていないものの部類では、カトレアやガーベラが南国の花の部類になります。

カトレアは品種にもよりますが、そこまでビビットカラー色が強い訳でありません。

どちらかというとガーベラの方がビビットカラーが強いですね。

皆さんが見たことのあるガーベラの色は、大半はオレンジ系ではないでしょうか。

まさしく見ているだけで元気にしてくれるような色合いなので、キレイだと思います。

一番南国の花として日本人全員が知っていると言っても過言ではない花が、やはりハイビスカスでしょう。

私が学生の頃、一時期若者の間でハイビスカス柄の服や持ち物が大流行していた時期があります。

ただし持っている人間のほとんどはヤンキーかギャルばかりなど、調子に乗っているような人ばかりでしたよ。

ハイビスカスというのショッキングピンクに近い色が有名で、大きく開いている花びらが暑い国で元気なのを表しているような感じです。

それ以外にも南国の花はどれも大人しめの花ではなく、元気に咲いているようなものばかりで、色もビビットカラーが多く健康的なイメージのものばかりですね。

元々花というのは色と同じように見ているだけで元気をもらえるようなものです。

それにビビットカラーのものであれば元気になってきますよ!

南米系の花は花屋さんでも取り扱っていない所が多いです。

ただ植物園であれば夏季のシーズンによって、見れるところもあります。

わざわざ南米の花を見に行くために旅行するなんてめちゃくちゃですからね。

植物園であれば色んな花も見れますから楽しいですよ。

ジャングルの鳥

ジャングルに生息している鳥を、テレビか何かで1度位は見た事があるでしょう。

マンゴーや色が付く前のバナナなどトロピカルフルーツを連想させられるような立派なクチバシを持つオオハシや、目元とクチバシの周辺が黄色でそれ以外は真っ青なコンゴウスミレインコなどの鳥類などがいます。

日本のインコやその他の鳥類とは異なり、ジャングルに生息している鳥はどれも身体が大きく色鮮やかな生き物ばかりです。

私は昔今はなくなってしまいましたが、花鳥園という鳥限定の動物園に行った事があります。

その時ジャングルの鳥をいくつか見たのですが、本当に別の国の動物のようでしたね。

日本の鳥と比べるととても大きすぎるので近づくと攻撃されそうで怖いのですが、生命力の強さは日本の鳥の倍以上に感じました。

クチバシなどもカラフルなので面白いですよ!

日本の鳥ではありえないような部分にビビットカラーが使われているので、初めて見た時は凄いインパクトがありました。

私自身鳥はそんなに好きではありませんが、1回くらいであれば見に行くのも楽しいと思います。

本当に思っている以上に色鮮やかな鳥が多いので、我を忘れるくらい楽しめるでしょう。

インスタ映えするビビッドカラースポットやものをご紹介

これは間違いなくインスタ映えするようなスポットについてご紹介致しましょう。

ビビットカラーは色がはっきりしているので、写真映えがとても良いのです。

スポットによっては昼間ではなく、夜など真っ暗闇時でないと見れないものもあります。

意外と身近にあるものが、ビビットカラーのスポットかもしれませんよ。

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエというのは毎年12月上旬に行われる、LED電球を使用した美しいイルミネーションの事です。

ルミナリエ通りからゴール地点までを独特に幾何学模様と呼ばれる模様で装飾されています。

キラキラと綺麗なイルミネーションを見ていて、嫌なことも全部忘れますからね。

神戸という名前が付くくらいですので、神戸を象徴していると言っても過言ではありません。

一応イルミネーションなので夜の方が映えるのは映えますが、昼間でもルミナリエの装飾はそのままなので楽しいです。

私も関西住民なので神戸ルミナリエによく参加していますよ。

綺麗な電飾のアーチを潜り抜けていくのですが、潜り抜けていく瞬間は本当に幻想的な気持ちになりますね。

同じうような装飾に見えるかもしれませんが、実はテーマは毎年変わります。

神戸ルミナリエ自体は夕方から開催されています。

シーズンがシーズンなので、夕方の時間帯にはほぼ夜のように真っ暗闇の中ルミナリエを目指して歩く形となると思って下さい。

電飾自体はビビットカラーなので、暗い中でも綺麗に映えます。

ただ遠すぎると何が何やら分かりにくいので、なるべく近づいてからとった方が良いですよ!
出来ればアーチ部分を撮るよりも、神戸ルミナリエのゴール周辺がおすすめです。

土日となると人混みが普段よりもひどいので、途中で止まることが出来ません。

そのせいでよく足を踏まれたり、ぶつかって転倒しているという人も少なくありません。

それにゴール地点の方が豪華なのでめちゃくちゃインスタ映えはします!
誰かに邪魔される事なくゆっくり撮影出来ますからね。

クリスマス時期と近いので、どちらかといえば友達や家族よりも恋人と来る人が多いようです。

興味があるなら是非1度恋人と来て頂きたいですね。

今現在神戸ルミナリエはただ単純にイベント事の1つとして取り上げられていますが、実は願いを込めて作られたイベントというのはご存知でしょうか?

今から30年弱ほど前、阪神淡路大震災が起こった年から神戸ルミナリエを行われるようになりました。

阪神淡路大震災によって多くの人が死に家族や友達を失ったあげく、住んでいた住宅や経営していたお店などが崩壊したのです。

私も阪神淡路大震災の被災者の1人ではありますが、私の地域は家は倒壊する事はありませんでした。

しかし西宮や神戸などはほぼ全壊状態だったため、復興には時間がかかったのを覚えています。

神戸ルミナリエはそんな中、亡くなられた方への鎮魂や神戸などの復興の願いを込めて設立されたのです。

今では神戸も元通り以上になりつつありますが、近年ルミナリエが廃止になるのではないかという噂もあります。

経緯が経緯なので、元々色んな人からの募金を元にルミナリエは毎年行われているのです。

今現在の状態ではいつルミナリエが廃止になってもおかしくないと耳にしました。

是非他見の皆様、神戸に来られる際は一度ルミナリエを見に来て頂きたいですね。

ここだけの話、地元民から言わせて頂くと東遊園地と呼ばれる場所がルミナリエの最終地点になるのですが、人が多くて面倒くさいというのであれば最終地点に行ければ問題ありませんよ!

後神戸は地味に寒いですので、防寒対策はしっかりしておいて下さい。

私自身風邪を引きかけた事があります。

教会のステンドグラス

キリスト教など宗教に加入している人以外は、教会のステンドグラスなんて滅多にお目にかかれないでしょう。

ステンドグラスとは工字形の断面を持っている鉛を使用しており、着色ガラスを1つ1つ重ね合わせたものを組み合わせて絵や模様を作られたものです。

日本では教会や強いて高級なホテルくらいしか見る事はありませんが、西洋風のお家などでは窓の装飾に使われている事もあります。

誰にでもイメージしやすいものであれば、ディズニーかもしれませんね。

よくディズニーの映画や絵画、パズルなどでもステンドグラスを使用されている事が多いです。

ステンドグラスは外からの透過光で見るものなのであり、ビビットカラーを使われています。

場所が場所だけに、どちらかと言えば元気になるというよりも神聖な気持ちにさせてくれるという方が正しいかもしれませんね。

教会のステンドグラスを見ていると、自分の愚かさと汚らわしさを浄化してくれるような気持ちにさせてくれるでしょう。

友達の結婚式に行った時に教会式だったのですが、やっぱり教会のステンドグラスがとても映えて印象に残りましたね。

ビビッドカラーを活用してみて

ビビットカラーを活用してみると、結構使用用途は幅広いと思います。

私もテンションを上げたい時や、しんどい時なんかはよくビビットカラーを活用していますからね。

私は特に単純なので効果は得やすいようで、結構色によってテンションは変わります。