人の不幸は蜜の味なんて言い方をする程、他人の噂話は時として楽しいものです。

特に、良くない事や人にはなかなか言いにくい話などは、特に盛り上がる事もあるでしょう。

男性は勿論、女性の場合は特にそういった話が好きな傾向にあります。

その為、人が集まれば集まる程、噂話は広がっていくものです。

噂話の中には、悪口に分類されるものもあります。

共通の知人などが居る場合は、その場に居ないその人の事をネタとして話す事も珍しい事ではありません。

しかし、悪口は聞いていてあまり気持ちの良いものではありません。

楽しく悪口を言えるような人は、自分自身が必ず他の人に言われていると認識するべきでしょう。

そこで今回は、悪口を言いやすい方の特徴をご紹介させて頂きます。

今まで特に意識していなかった人も、気が付いていないだけで悪口を言っている可能性も否定できません。

自分自身の行動を振り帰り、大丈夫かどうか見極めてみてはいかがでしょうか。

愚痴を言いがちな人の15個の特徴

愚痴と悪口は似ているようで少々ニュアンスが違います。

愚痴は広い分野に対して使用する言葉ですが、悪口は主に人に対して使用されます。

また、相手に対する個人的な文句の場合も多く人によっては八つ当たりのような意見を他人に伝えている場合もあります。

悪口を言うと、その時はすっきりするでしょう。

しかし、それを言われてる人は、貴重な時間を無駄にしたように感じているかもしれません。

あまりにも愚痴を言いすぎると、あなた自身の評価を下げる事にも繋がるでしょう。

そこで、これからご紹介する愚痴を言いやすい人の特徴を良く理解してそれを反面教師に出来る様に心がけてみてください。

1.自分の考え方はいつも正しいと思っている

愚痴を言う事は、物事に対して不満があると言う事の現れです。

不満の内容は、人に対しての物もあれば社会に対しての物もありそれは人それぞれ違いがあります。

しかし、その中に共通している考え方があります。

それは、自分の意見を基準にして考えていると言う所です。

自分の意見が100%正しいと思っているので、それに対して違う意見を言われると拒否反応を起こすのです。

自分の意見が100%正しいと言う状況はありえません。

物事には、必ず2面性があり、考え方によってとらえ方は様々です。

自分の意見しか信用する事が出来ず、相手の意見をすぐに否定してしまうような人は人としてとても小さいと言えるでしょう。

愚痴ばかり言っている人は、それだけ成長する機会を逃しているのです。

その為、愚痴を言われた場合は、その内容を聞くと同時に、それをより効率的に利用する方法を探してみてはいかがでしょうか。

2.自分の欠点に気付いていない

どんなに完璧に見える人でも、必ず欠点があります。

それは当たり前の事であり、珍しい事でもなんでもありません。

欠点の内容は人それぞれなので、それが目立ってしまう人も居れば目立たない人も居るでしょう。

欠点は、そのままにしておいては何も解決しません。

自分でその欠点を直そうと努力する事が必要なのです。

その為には、自分の欠点を理解しておく必要があります。

欠点を人に指摘される事は嬉しい事ではないかもしれません。

しかし、その意見を聞き入れる事が出来ないと言う事は、それだけ自分の意見を曲げる事が出来ないと言う事でもあります。

愚痴ばかり言う人は、もしかしたら自分の欠点に気が付くチャンスを自分から放置してしまっているのかもしれません。

頭ごなしに否定するのではなく聞く努力も必要です。

3.自己中である

愚痴の内容はそれぞれです。

その内容によっては、本当に理不尽な目にあって怒りを覚えている事もあるでしょう。

人は聖人君主ではありません。

時に怒りに感情が支配される事もあるでしょう。

そんな時は、暴力と言う道を選ぶくらいなら、愚痴を言ってスッキリする事をお勧め致します。

しかし、中にはあまりにも理不尽な理由で怒っている人も居ます。

本人は、本当に怒りを持って話しているのでしょう。

しかし、内容によっては周りから見れば単なるワガママな場合もあります。

そんな事を繰り返していては自己中な人と思われてしまう事もあるでしょう。

人に愚痴を言う際は、まずは自分が言おうとしている内容をよく考えてしましょう。

その愚痴は本当に相手が悪いのでしょうか。

あなた自身に非はありませんか??しっかりと見極める事が重要です。

4.自分に根拠のない自信がある

自分に自信を持つ事は良い事です。

最近では、若い方々の中には、自分に自信を持つ事が出来ない人も多く居ると言われています。

しかし、自分を信じてあげる事が出来るのは自分しかいません。

その為、多少根拠の薄い自信であったとしても、持つ事は必要です。

自信を持つ事は必要ですが、それを根拠に他人を攻撃するような事をしてはいけません。

例え、自分の意見を否定されたからと言って、相手の事を愚痴ったりすれば関係が悪くなってしまう事もあるでしょう。

中には、2度と口を利く事が無い場合だってあるのです。

人の意見は人の意見。

自分の意見は自分の意見。

その両者を受け解ける心を持ちましょう。

無駄に強気な自信を持ってはいけません。

あくまでも自分自身を信じてあげる為の力として活用してください。

5.人を批判することで自分のエネルギーにしている

人から悪口を言われて嬉しい人はいません。

多くの方が、悲しい気持ちになってしまう事でしょう。

しかし、言っている本人はその行為に一種の喜びを感じている場合があります。

社会問題にもなっている、会社や学校で起きるいじめもその負のパワーがもたらす幸福感に酔い、どんどんと愚痴を増幅させていくのです。

集まって一つの敵を攻撃する事は、連帯感を生み同じ時間を共有する事で楽しいと錯覚してしまうのです。

しかし、愚痴は本当に楽しいのでしょうか。

誰かが悲しむ行為によって得る事が出来る幸福感は本当の幸福感とは言えません。

人の気持ちを考える事が出来る、その行為を繰り返すような人は必ず後から後悔する事になるでしょう。

自分が言われる立場になって初めて気が付くのではなく、自分が言う前に思いとどまる事が出来るかどうかが重要です。

6.人の多様性を理解できない

人には様々な種類があります。

人種も違えば、年齢も性別も違います。

同じ種族出会ったとしても、育った環境や地域によってもその差は出てくるでしょう。

その為、あなたと全く同じ考えを持っている人はこの広い世界の中でもそう多くはありません。

皆どこか違っていて、それぞれの考えがあります。

その違った考え方に、理解を示す事が出来ず自分の考えを押し付けるような事をしてしまう人は人としての器の小ささを表しています。

どこかの詩人の方が言う様に「皆違って皆良い」なのです。

誰かの考え方が100%合っていると言う事はありません。

必ずそれぞれの意見に良い事もあれば悪い事もあるのです。

その事を理解する事が出来なければ、様々な場面で壁にぶつかってしまうでしょう。

その壁を、自分が理解できないせいと思わずに相手のせいにしてしまうからこそ愚痴になるのです。

愚痴を言いたくなった時もまずは一呼吸。

相手の意見をまずは採用してみてはいかがでしょうか。

7.完璧主義

完璧主義の人は、自分に厳しい反面他人にも厳しい所があります。

その為、つい相手に対して求める事が大きくなってしまうと愚痴と言う行為に繋がってしまいます。

日々適当に生きている人と比べれば、完璧主義の方はそれだけ責任をもって生きていると言う事が出来ます。

会社に一人いるだけで、仕事がスムーズに運ぶ事もあり多くの方が助かったと感じる事もあります。

しかし、皆が皆同じ事を同じように出来るわけではありません。

中には、頑張っても出来ない人も居るのです。

努力をしていない人に、厳しくする事は悪い事ではありません。

そういった態度を取る事が必要な時だってあります。

しかしながら、もしその相手が精いっぱい努力をしていたとしたらどうでしょうか。

あなたかた見ればまだまだな結果も、相手にとっては努力の結果という事もあります。

愚痴を言いたくなる気持ちも分かります。

分かりますが、まずは相手がどのタイプなのかを見極める必要があります。

相手の気持ちを本当に考える事が出来るのであれば、完璧主義を貫いたとしても周りから疎まれる事は無いでしょう。

8.人の幸せが嫌い

愚痴の中には、妬み嫉妬という感情から発生しているものもあります。

人の幸せの話を聞いてもちっとも面白くないと感じる人が居ます。

そういった方々が、それだけ自分の現状に満足していないのです。