誰にでも愚痴を言いたくなることはあると思います。

ですが、 愚痴があまりにも多い人と一緒にいると疲れてしまいます よね。

愚痴ばかり言ってしまう本人も、内心自分のことが嫌になっているかもしれません。

世の中には愚痴を言いたくてもグッと我慢して、自分で上手く発散している人もいますが、そう出来ない人も多いんですよね。

では、愚痴を言いがちな人がとはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は、愚痴を言いがちな人の特徴と、愚痴が多い人と上手く付き合うための方法をご紹介します。

愚痴を言いがちな人の15個の特徴

 愚痴と悪口は似ているようで少々ニュアンスが違います 

愚痴は広い分野に対して使用する言葉ですが、悪口は主に人に対して使用されます。

また、相手に対する個人的な文句の場合も、多く人によっては 八つ当たりのような意見を他人に伝えている 場合もあります。

悪口を言うと、その時はすっきりするでしょう。

しかし、それを言われてる人は、貴重な時間を無駄にしたように感じているかもしれません。

あまりにも愚痴を言いすぎると、 あなた自身の評価を下げる 事にも繋がるでしょう。

そこで、これからご紹介する愚痴を言いやすい人の特徴をよく理解してそれを反面教師として心がけてみてください。

1.自分の考え方はいつも正しいと思っている

愚痴を言う事は、 物事に対して不満がある ということの現れです。

不満の内容は、人に対して、社会に対してなど人それぞれ違いがあります。

しかし、その中に共通している考え方があります。

それは、自分の意見を基準にして考えているというところです。

 自分の意見が100%正しいと思っているので、それに対して違う意見を言われると拒否反応を起こす のです。

実際に、自分の意見が100%正しいと言う状況はありえません。

物事には必ず二面性があり、人によって捉え方は様々です。

自分の意見しか信用する事が出来ず、相手の意見をすぐに否定してしまうような人は愚痴を言いがちなのです。

愚痴ばかり言っている人は、それだけ 成長する機会を逃している とも言えます。

愚痴の多い人は自分の意見ばかりが正しいと思わず、人の意見を素直に受け入れることから始めなければいけませんね。

2.自分の欠点に気付いていない

どんなに完璧に見える人でも、必ず欠点があります。

欠点の内容は人それぞれなので、それが目立ってしまう人もいれば目立たない人もいるでしょう。

愚痴を言いがちな人は、 自分の欠点に気付いていないからこそ、人の悪いところにばかり目がいってしまう のかもしれません。

それに、欠点はそのままにしておいては何も解決しません。

自分でその欠点を直そうと努力する事が必要なのです。

そのためには、自分の欠点を理解しておく必要があります。

欠点を人に指摘される事は嬉しい事ではないかもしれません。

しかし、その意見を聞き入れる事が出来ないと言う事は、それだけ 自分の意見を曲げる事が出来ない と言う事でもあります。

愚痴ばかり言う人は、もしかしたら自分の欠点に気が付くチャンスを自分から放置してしまっているのかもしれません。

 頭ごなしに否定するのではなく聞く努力も必要 です。

3.自己中である

愚痴の内容はそれぞれです。

その内容によっては、本当に理不尽な目にあって怒りを覚えている事もあるでしょう。

人は聖人君主ではありません。

時に怒りに感情が支配される事もあります。

そんな時は、暴力と言う道を選ぶくらいなら、愚痴を言ってスッキリする事をお勧めします。

しかし、中には あまりにも理不尽な理由で怒っている人 もいますよね。

本人は、本当に怒りを持って話しているのでしょう。

しかし、内容によっては 周りから見れば単なるワガママ な場合もあります。

そんな事を繰り返していては自己中な人と思われてしまいます。

人に愚痴を言う際は、まずは自分が言おうとしている内容をよく考えてからにした方がいいでしょう。

その愚痴は本当に相手が悪いのでしょうか?

 自身に非はないのかを、しっかりと見極める事が重要 です。

自己中な人について詳細はこちら >

4.自分に根拠のない自信がある

 自分に自信を持つことはとても良いこと です。

最近では、自分に自信を持つ事が出来ない人も多いのです。

しかし、自分を信じてあげる事が出来るのは自分しかいません。

そのため、多少根拠のない自信であったとしても、持つ事は必要です。

ただ、 それを根拠に他人を攻撃するような事をしてはいけません 

例え、自分の意見を否定されたからと言って、相手の事を愚痴ったりすれば関係が悪くなってしまう事もあるでしょう。

中には、二度と口を利く事がない場合だってあるのです。

人の意見は人の意見。

自分の意見は自分の意見。

その両者を受け入れる心を持ちましょう。

 自信を持っているのが悪い方向に向かってしまってはもったいない です。

あくまでも自分自身を信じてあげる為の力として活用してください。

根拠のない自信がある人について詳細はこちら >

5.人を批判することで自分のエネルギーにしている

人から悪口を言われて嬉しい人はいません。

しかし、 言っている本人はその行為に一種の喜びを感じている 場合があります。

社会問題にもなっている、会社や学校で起きるいじめもその 負のパワーがもたらす幸福感に酔い、どんどんと愚痴を増幅させていく のです。

集まって一つの敵を攻撃する事は、連帯感を生み、同じ時間を共有する事で楽しいと錯覚してしまうのです。

しかし、愚痴を言うことは本当に楽しいのでしょうか。

 誰かが悲しむ行為によって得る事が出来る幸福感は、本当の幸福感とは言えません 

その行為を繰り返すような人は必ず後から後悔する事になるでしょう。

自分が言われる立場になって初めて気が付くのではなく、自分が言う前に思いとどまる事が出来るかどうかが重要です。

6.人の多様性を理解できない

人には様々な種類があります。

人種も違えば、年齢も性別も違います。

同じ種族であったとしても、育った環境や地域によってもその差は出てくるでしょう。

そのため、あなたと 全く同じ考えを持っている人はこの広い世界の中でもそう多くはありません 

皆どこか違っていて、それぞれの考えがあります。

その違った考え方に理解を示す事が出来ないと、 自分と合わない人に対して愚痴を言いたくなってしまう のです。

誰かの考え方が100%あっていると言う事はありません。

必ず それぞれの意見に良い事もあれば悪い事もある のです。

その事を理解する事が出来なければ、様々な場面で壁にぶつかってしまうでしょう。

その壁を自分が理解できないせいと思わずに、相手のせいにしてしまうため愚痴を言いたくなってしまうのです。

愚痴を言いたくなった時は一呼吸おきましょう。

そして、相手の意見をまずは採用してみてはいかがでしょうか。

7.完璧主義

完璧主義の人は、自分に厳しい反面他人にも厳しいところがあります。

その為、つい 相手に対して求める事が大きくなってしまうと愚痴と言う行為 に繋がってしまいます。

日々適当に生きている人と比べれば、完璧主義の人はそれだけ責任をもって生きているのかもしれません。

会社に一人いるだけで、仕事がスムーズに運ぶ事もあり、多くの人が助かったと感じる事もあります。

しかし、 皆が皆同じ事を同じように出来るわけではありません 

中には、頑張っても出来ない人もいます。

努力をしていない人に、厳しくする事は悪い事ではありません。

そういった態度を取る事が必要な時だってあります。

しかしながら、もしその相手が精いっぱい努力をしていたとしたらどうでしょうか。

 あなたから見ればまだまだな結果も、相手にとっては努力の結果 という事もあります。

愚痴を言いたくなる気持ちも分かります。

分かりますが、まずは相手がどのタイプなのかを見極める必要があります。

相手の気持ちを本当に考える事が出来るのであれば、完璧主義を貫いたとしても周りから疎まれる事はないでしょう。

完璧主義な人について詳細はこちら >

8.人の幸せが嫌い

人の幸せが嫌いな人は愚痴を言いがちです。

そもそも人の幸せを素直に喜べるような人であれば、愚痴を言うことはあまりないでしょう。

愚痴を言いがちな人は、表面上では笑顔で幸せな友人のことをお祝いしていたとしても、 心のどこかで嫉みや嫉妬が渦巻いている のです。

もしかしたら家に帰ってから、まるで別人のように家族に愚痴を言っているかもしれません。

このように 人の幸せの話を聞いてもちっとも面白くないと感じる人は、それだけ自分の現状に満足していない のでしょう。

9.羨ましいという気持ちが愚痴になる

人は必ず他人を羨ましいと感じてしまうのです。

それが前向きに自分を成長させる力になればいいのですが、愚痴を言いがちな人は、 羨ましい気持ちをネガティブにして 口に出してしまいます。

 人から羨ましいと思われる人にだって不幸な部分があると思うことで、安心したい のかもしれません。

羨ましいと思ってしまう時の心の整え方について詳細はこちら >

10.人生を楽しんでいない

人生は一度しかありません。

 毎日愚痴ばかり言っている人も、毎日楽しく予定を立てている人も人生は一度きり です。

もし、あなたが、自分の人生を振り返る事ができたのであれば、愚痴ばかりの人生と毎日楽しく生きる人生とどちらが良いでしょうか。

愚痴の少ない人はそれだけ、周りに気遣いが出来る人です。

自分の人生を楽しむ為の思考回路を持っているのです。

例え同じことを体験したとしても、もっと楽しい時間に変化させる事が出来ます

人生を楽しいものにするもしないもあなた次第です。

何をしてもつまらないと感じる人について詳細はこちら >

11.何でも人のせいにする

子供の頃は、誰かに怒られると自分の非をすぐに認める事が出来ました。

間違いに気が付く事によって、その行為をする事をやめるようになります。

そうする事で、人として成長してきたはずです。

しかし、人は大人になるとそれが出来ないことが多くなってしまいます。

人によっては 頑なに非を認めない 人もいます。

自分の非を認める事は恥ずかしい事ではありません。

むしろ、それを認める事が出来ない方が恥ずかしい事なのです。

しかし、多くの人がそれに気付いていません。

その為、愚痴ばかり言う人が多くなってしまうのです。

愚痴は、現状の不満から発せられる言葉でしょう。

しかし実際どれほどの愚痴の中に、真の意見が入っているのでしょう。

多くは 自分の都合にあてはめて考えられた意見であり、自分のわがまま である可能性が高いです。

もし誰かに注意をされたら、その内容を真摯に受け止めましょう。

それが出来れば、大人になっても成長するチャンスは多いにあります。

12.客観性がない

人が成長する為の必要な要素の中に、 自分の事をいかに客観的に見る事が出来るか というポイントがあります。

自分自身を第三者の立場から冷静に判断する事が出来れば、自分に何が足りないのかを判断する事にも繋がります。

それが出来るようになれば、あなたは飛躍的に成長する事でしょう。

しかし、愚痴を言ってばかりいる人はその現状に気付く事が出来ていません。

 どんなに恵まれた環境にいたとしても、本人がその事に気付く事が出来なければ一生不満は消える事がない でしょう。

客観性がない主観的な人について詳細はこちら >

13.いつも自分が優位な立場になりたいと思っている

愚痴や悪口・陰口などの言葉は、相手を萎縮させる作用があります。

その為、 相手より優位な立場に立とうとしてその言葉を利用する 人もいます。

しかし、そんな言葉で作った関係性はしょせん作りものの関係です。

すぐにメッキがはがれてしまうでしょう。

いくら虚勢を張ってそんな行為を続けていても、嫌われていくだけです。

気付けば、あなたが愚痴の対象となっているかもしれません。

話す内容や言葉の選び方によって、 愚痴は相手を攻撃する道具になりえる 事を忘れてはいけません。

その事を忘れてしまうと、無駄に多くの人を傷付けてしまいます。

14.愚痴の内容が結局悪口になっている

愚痴と悪口は隣り合わせです。

そのため、 ただ愚痴をこぼしているだけのつもりでも、聞いている相手からしたら悪口を言っていると思ってしまう のです。

例えば、「うちの会社は給料が低すぎてやってられないよ。」だけなら愚痴だと言えます。

ですが、それに付け加え「しかも無能な奴らしかいないから、一緒に仕事をしていてもつまらない。とくに上司の◯◯なんか・・・」と続けば、これは完全な悪口です。

愚痴を言い出したら次々に不満が出てきてしまうという人は、いつの間にか誰かの悪口になっているかもしれません。

どちらにせよ 悪口や愚痴は周りの人も不快な気持ちにする ので、言わない方がいいでしょう。

悪口ばかり言う人について詳細はこちら >

15.何をやっても満足しない

愚痴が多いと言う事は、それだけ現状に満足出来ていないということです。

 日々の生活に満足が出来ない感情をそのまま愚痴として発散している のです。

言っている本人は不満を口にすることで、発散できていると思っているかもしれません。

ですがそれは、 向上心が足りないという欠点を世間にさらけ出している ということになってしまいます。

日々生活していれば、嫌な事もあるでしょう。

愚痴りたくなってしまう気持ちも分かります。

友人や家族に話をするだけで元気になる事もあります。

そのため、絶対に愚痴を言ってはいけないということではありません。

ただし、言うだけでは何も解決しないのです。

現状に満足していないのであれば、愚痴を言うだけではなく、それを どう改善していけばいいのか考えなければ一生満足はできない でしょう。

愚痴を言いがちな人と上手く付き合うためには?

では、上記の特徴の愚痴を言いがちな人と上手に付き合うためにはどうしたらいいのでしょうか?

 本来であれば無理して付き合う必要はないと思いますが、どうしても接しなければならない時がある はずです。

そんな時は是非参考にしてみてくださいね。

愚痴を聞くのが辛いときの対処法について詳細はこちら >

1.まずは話を聞いてあげる

愚痴を言う人は、多くの場合、 相手に意見を求めているわけではありません 

ただ純粋に話を聞いて欲しいだけなのです。

その為、相手の話す愚痴に対してわざわざ悩んだり助言したりしてあげる必要はありません。

とにかく 「聞く」という作業に集中 すればよいのです。

ですが、愚痴をただ聞くというだけでも疲れてしまうでしょう。

そんな時は、 聞いてる風を装って相槌だけ しておきましょう。

それで相手は満足してくれるはずです。

聞き上手な人のテクニックについて詳細はこちら >

2.でも話に同調して一緒に悪口は言わない

愚痴に対して同調して一緒に悪口を言うのは絶対にやめましょう。

話が盛り上がってくると、さほど不満に思っていないような事に対しても、 つい一緒になって愚痴を言ってしまう ことがあります。

しかし、あなたが何の気なしに発した言葉が「あの人がそう言っていた」「あの人も愚痴をこぼしている」と話題に挙げられてしまう可能性が大いにあるのです。

あなたは悪気のない発言だったかもしれませんが、 口に出してしまえばそれは「悪口を言っていた」という事実になってしまう のです。

そうならないように注意しましょう。

3.愚痴は恥ずかしいことだと自主的に気付かせる

愚痴を言う人たちは、その行為自体に楽しみを感じている場合があります。

 何気ないひと時の中から、愚痴を見つける事で生き生きと他の人に話して回る 人もいます。

しかしそれはあまり褒められた行為ではありません。

本人は自分の言いたいことを好き勝手に話す事が出来るので、楽しいかもしれません。

しかし、それに巻き込まれる家族や周りの人間はたまったものではありません。

その為、本人が気が付いていない部分を少しづつ気づかせてあげる事も重要です。

自分では静かに生きていると思っていても、実際は愚痴だらけなんて事もあるのですから。

街中にいる人や、共通の人を指し間接的に注意する事で、 本人に自分自身の行動を振り替えさせるチャンスを与える 事が出来るでしょう。

4.愚痴を言えない状況や話題を作る

 愚痴が始まると、その場の空気が変わってしまいます 

せっかく楽しい時間を過ごしているのにも関わらず、愚痴が始まってしまうとげんなりしますよね。

そうならないためには、愚痴を言えない状況や話題を作りましょう。

愚痴が始まったら「うんうん。それは大変だったね。そういえば、◯◯のパンケーキが美味しいって有名らしいよ!最近甘いもの食べてないから食べに行かない?」など、 完全に話題を変えて しまいましょう。

それが難しいようなら、「ごめん、ちょっと御手洗いってくるね。」と その場を離れるだけでもいい かもしれません。

とにかく愚痴を言いにくい環境を作ることが大切です。

愚痴を言わない方がいい理由とは?

愚痴を言わない方がいいということは誰にでもわかるはずですが、具体的にはどのような理由があるのでしょうか。

人から信頼されなくなる

人を信頼できるかどうかは、その人の態度や言動によって判断されます。

愚痴を言いがちな人を信頼できると思う人は少ないはずです。

いつも誰かの愚痴ばかり言っているため、 周りからは「私のことも陰ではどうせ愚痴ってるんでしょ!」と思われてしまう のです。

また、何か頼み事をしてもまた愚痴を言われてしまうのではないかと思い、「あの人に頼むのはやめておこう」と、仕事などでも任されることが少なくなるでしょう。

1人、2人・・・と周囲から人が去って行きます

何か理由があって愚痴をこぼすのなら、話を聞いてくれる人もいるかもしれません。

しかし、 ただやみくもに愚痴を言い続けるような人は、自然と周りから人が去っていきます 

愚痴を聞いている人はただただ不快なだけです。

一緒にいると愚痴を聞かされるため、 できるだけ関わらないようにしたいと思う のです。

結局自分の首を自分で締めている行為

多くの人に対して愚痴をこぼす人は、それが相手に伝わっていると言う事を理解できていません。

 「ここだけの話」「本人には内緒なんだけど」 という口約束は、あってないようなものです。

多くの愚痴をこぼす事は、 自ら自分の敵を増やしている 事にも繋がります。

昨日まで仲良くしていた人が、急に自分の事を悪く言うようになったらどうでしょうか?

悲しいですよね。

愚痴をこぼしている人は、常にそういう事をしていると理解しなければなりません。

 知らず知らずのうちに、人を傷つけてしまっている 恐れがあるのです。

自分がされて嫌な事は他人にもしないようにしましょう。