人の不幸は蜜の味なんて言い方をする程、他人の噂話は時として楽しいものです。

特に、良くない事や人にはなかなか言いにくい話などは、特に盛り上がる事もあるでしょう。

男性は勿論、女性の場合は特にそういった話が好きな傾向にあります。

その為、人が集まれば集まる程、噂話は広がっていくものです。

噂話の中には、悪口に分類されるものもあります。

共通の知人などが居る場合は、その場に居ないその人の事をネタとして話す事も珍しい事ではありません。

しかし、悪口は聞いていてあまり気持ちの良いものではありません。

楽しく悪口を言えるような人は、自分自身が必ず他の人に言われていると認識するべきでしょう。

そこで今回は、悪口を言いやすい方の特徴をご紹介させて頂きます。

今まで特に意識していなかった人も、気が付いていないだけで悪口を言っている可能性も否定できません。

自分自身の行動を振り帰り、大丈夫かどうか見極めてみてはいかがでしょうか。

愚痴を言いがちな人の15個の特徴

愚痴と悪口は似ているようで少々ニュアンスが違います。

愚痴は広い分野に対して使用する言葉ですが、悪口は主に人に対して使用されます。

また、相手に対する個人的な文句の場合も多く人によっては八つ当たりのような意見を他人に伝えている場合もあります。

悪口を言うと、その時はすっきりするでしょう。

しかし、それを言われてる人は、貴重な時間を無駄にしたように感じているかもしれません。

あまりにも愚痴を言いすぎると、あなた自身の評価を下げる事にも繋がるでしょう。

そこで、これからご紹介する愚痴を言いやすい人の特徴を良く理解してそれを反面教師に出来る様に心がけてみてください。

1.自分の考え方はいつも正しいと思っている

愚痴を言う事は、物事に対して不満があると言う事の現れです。

不満の内容は、人に対しての物もあれば社会に対しての物もありそれは人それぞれ違いがあります。

しかし、その中に共通している考え方があります。

それは、自分の意見を基準にして考えていると言う所です。

自分の意見が100%正しいと思っているので、それに対して違う意見を言われると拒否反応を起こすのです。

自分の意見が100%正しいと言う状況はありえません。

物事には、必ず2面性があり、考え方によってとらえ方は様々です。

自分の意見しか信用する事が出来ず、相手の意見をすぐに否定してしまうような人は人としてとても小さいと言えるでしょう。

愚痴ばかり言っている人は、それだけ成長する機会を逃しているのです。

その為、愚痴を言われた場合は、その内容を聞くと同時に、それをより効率的に利用する方法を探してみてはいかがでしょうか。

2.自分の欠点に気付いていない

どんなに完璧に見える人でも、必ず欠点があります。

それは当たり前の事であり、珍しい事でもなんでもありません。

欠点の内容は人それぞれなので、それが目立ってしまう人も居れば目立たない人も居るでしょう。

欠点は、そのままにしておいては何も解決しません。

自分でその欠点を直そうと努力する事が必要なのです。

その為には、自分の欠点を理解しておく必要があります。

欠点を人に指摘される事は嬉しい事ではないかもしれません。

しかし、その意見を聞き入れる事が出来ないと言う事は、それだけ自分の意見を曲げる事が出来ないと言う事でもあります。

愚痴ばかり言う人は、もしかしたら自分の欠点に気が付くチャンスを自分から放置してしまっているのかもしれません。

頭ごなしに否定するのではなく聞く努力も必要です。

3.自己中である

愚痴の内容はそれぞれです。

その内容によっては、本当に理不尽な目にあって怒りを覚えている事もあるでしょう。

人は聖人君主ではありません。

時に怒りに感情が支配される事もあるでしょう。

そんな時は、暴力と言う道を選ぶくらいなら、愚痴を言ってスッキリする事をお勧め致します。

しかし、中にはあまりにも理不尽な理由で怒っている人も居ます。

本人は、本当に怒りを持って話しているのでしょう。

しかし、内容によっては周りから見れば単なるワガママな場合もあります。

そんな事を繰り返していては自己中な人と思われてしまう事もあるでしょう。

人に愚痴を言う際は、まずは自分が言おうとしている内容をよく考えてしましょう。

その愚痴は本当に相手が悪いのでしょうか。

あなた自身に非はありませんか??しっかりと見極める事が重要です。

4.自分に根拠のない自信がある

自分に自信を持つ事は良い事です。

最近では、若い方々の中には、自分に自信を持つ事が出来ない人も多く居ると言われています。

しかし、自分を信じてあげる事が出来るのは自分しかいません。

その為、多少根拠の薄い自信であったとしても、持つ事は必要です。

自信を持つ事は必要ですが、それを根拠に他人を攻撃するような事をしてはいけません。

例え、自分の意見を否定されたからと言って、相手の事を愚痴ったりすれば関係が悪くなってしまう事もあるでしょう。

中には、2度と口を利く事が無い場合だってあるのです。

人の意見は人の意見。

自分の意見は自分の意見。

その両者を受け解ける心を持ちましょう。

無駄に強気な自信を持ってはいけません。

あくまでも自分自身を信じてあげる為の力として活用してください。

5.人を批判することで自分のエネルギーにしている

人から悪口を言われて嬉しい人はいません。

多くの方が、悲しい気持ちになってしまう事でしょう。

しかし、言っている本人はその行為に一種の喜びを感じている場合があります。

社会問題にもなっている、会社や学校で起きるいじめもその負のパワーがもたらす幸福感に酔い、どんどんと愚痴を増幅させていくのです。

集まって一つの敵を攻撃する事は、連帯感を生み同じ時間を共有する事で楽しいと錯覚してしまうのです。

しかし、愚痴は本当に楽しいのでしょうか。

誰かが悲しむ行為によって得る事が出来る幸福感は本当の幸福感とは言えません。

人の気持ちを考える事が出来る、その行為を繰り返すような人は必ず後から後悔する事になるでしょう。

自分が言われる立場になって初めて気が付くのではなく、自分が言う前に思いとどまる事が出来るかどうかが重要です。

6.人の多様性を理解できない

人には様々な種類があります。

人種も違えば、年齢も性別も違います。

同じ種族出会ったとしても、育った環境や地域によってもその差は出てくるでしょう。

その為、あなたと全く同じ考えを持っている人はこの広い世界の中でもそう多くはありません。

皆どこか違っていて、それぞれの考えがあります。

その違った考え方に、理解を示す事が出来ず自分の考えを押し付けるような事をしてしまう人は人としての器の小ささを表しています。

どこかの詩人の方が言う様に「皆違って皆良い」なのです。

誰かの考え方が100%合っていると言う事はありません。

必ずそれぞれの意見に良い事もあれば悪い事もあるのです。

その事を理解する事が出来なければ、様々な場面で壁にぶつかってしまうでしょう。

その壁を、自分が理解できないせいと思わずに相手のせいにしてしまうからこそ愚痴になるのです。

愚痴を言いたくなった時もまずは一呼吸。

相手の意見をまずは採用してみてはいかがでしょうか。

7.完璧主義

完璧主義の人は、自分に厳しい反面他人にも厳しい所があります。

その為、つい相手に対して求める事が大きくなってしまうと愚痴と言う行為に繋がってしまいます。

日々適当に生きている人と比べれば、完璧主義の方はそれだけ責任をもって生きていると言う事が出来ます。

会社に一人いるだけで、仕事がスムーズに運ぶ事もあり多くの方が助かったと感じる事もあります。

しかし、皆が皆同じ事を同じように出来るわけではありません。

中には、頑張っても出来ない人も居るのです。

努力をしていない人に、厳しくする事は悪い事ではありません。

そういった態度を取る事が必要な時だってあります。

しかしながら、もしその相手が精いっぱい努力をしていたとしたらどうでしょうか。

あなたかた見ればまだまだな結果も、相手にとっては努力の結果という事もあります。

愚痴を言いたくなる気持ちも分かります。

分かりますが、まずは相手がどのタイプなのかを見極める必要があります。

相手の気持ちを本当に考える事が出来るのであれば、完璧主義を貫いたとしても周りから疎まれる事は無いでしょう。

8.人の幸せが嫌い

愚痴の中には、妬み嫉妬という感情から発生しているものもあります。

人の幸せの話を聞いてもちっとも面白くないと感じる人が居ます。

そういった方々が、それだけ自分の現状に満足していないのです。

満足していないからこそ、他人の幸せが羨ましく見えてしまいます。

幸せの形なんて、人それぞれです。

他人から見れば苦労しているような生活も、本人が楽しく過ごす事が出来て居ればそれは幸せです。

反対にどんなにお金があって豪邸に住んでいたとしても、不幸だと感じる事があれば不幸なのです。

それだけ、人の心は繊細で分かりにくいものです。

それを外からちょっとのぞいただけで、判断してしまうのは時期が早すぎます。

人を羨む気持ちも分かりますが、それを愚痴に繋げてはいけません。

前向きな原動力として利用して行きましょう。

9.羨ましいという気持ちが愚痴になる

幸せな人を見ると、周りにいる人たちまで明るい気持ちになる事が出来ます。

その為、幸せは連鎖して行くと考えられています。

その証拠に、結婚式で投げるブーケを受け取った人が、次に結婚すると言われています。

これも、幸せの連鎖と言えるでしょう。

連鎖が起こる場合が良い事であればある程、悪い部分にも目を向ける必要があります。

と言うのも、人は必ず他人を羨ましいと感じてしまう事があります。

純粋に尊敬しての言葉は問題ありません。

しかし、愚痴や嫉妬などを持った負のパワーが集まるとどうしても大きな愚痴に発展しています。

愚痴った所で現状は何も変わりません。

むしろ虚しくなることだってあります。

相手の事を羨ましく感じるのであれば、自分の現状を改善する努力をしてみてはいかがでしょうか。

10.人生を楽しんでいない

人生は一度しかありません。

毎日愚痴ばかり言っている人も、毎日楽しく予定を立てている人も人生は一度キリです。

もし、あなたが、自分の人生を振り返る事ができたのであれば、愚痴ばかりの人生と毎日楽しく生きる生活とどちらが良いでしょうか。

愚痴の少ない人はそれだけ、周りに気づかいが出来る人です。

自分の人生を楽しむ為の思考回路を持っているのです。

例え同じことを体験したとしても、もっと楽しい時間に変化させる事が出来ます

人生を楽しいものにするもしないもあなた次第ですある日突然何かが起こっても良いように、愚痴になりそうなところの確認をしておく事をお勧めします。

11.何でも人のせいにする

子供の頃は、誰かに怒られると自分の非をすぐに認める事が出来ました。

間違いに気が付く事によって、その行為をする事を止める様になります。

そうする事で、人としての成長を測ってきました。

しかし、人は大人になるとそれが出来にくくなってしまいます。

人によっては固くない非を認めない人も居ます。

自分の非を認める事は恥ずかしい事ではありません。

むしろ、それを認める事が出来ない方が恥ずかしい事なのです。

しかし、多くの方がそれに気が付いていません。

その為、愚痴ばかり言う人が多く出てしまうのです。

愚痴は、現状の不満から発せられる言葉でしょう。

しかし実際どれほどの愚痴の中に、真の意見が入っているのでしょう。

多くは自分の都合にあてはめて考えられた意見であり、わがままの可能性が否定できません。

もし誰かに注意をされたら、その内容を真摯に受け止めましょう。

それが出来れば、大人になっても成長するチャンスは多いにあります。

12.客観性がない

人が成長する為の必要な要素の中に、自分の事をいかに客観的に見る事が出来るかというポイントがあります。

自分自身を第三者の立場から冷静に判断する事が出来れば、自分に何が足りないのかを判断する事にも繋がります。

それが出来る様になれば、あなたの生活は飛躍的に成長する事でしょう。

しかし、愚痴を言ってばかり居る人はその現状に気が付く事が出来て居ません。

どんなに恵まれた環境に居たとしても、本人がその事に気が付く事が出来て居なければ一生不満は消える事が無いでしょう。

もし、あなたがこれ以上に更に成長したいと考えているのであれば今すぐにでも自分の姿を客観的に見る練習をしましょう。

最初はなかなか上手く出来ないかもしれません。

しかし、練習を重ねていけば必ずや、その技術を自分の物にする事が出来るでしょう。

13.いつも自分が優位な立場になりたいと思っている

愚痴や悪口・陰口などの言葉は、相手を萎縮させる作用があります。

その為、相手よりより優位な立場に立とうとしてその言葉を利用する方も居ます。

しかし、そんな言葉で作った関係性はしょせん作りものの関係です。

すぐにメッキがはがれてしまうでしょう。

いくら虚勢を張ってそんな行為を続けていても、嫌われていくだけです。

気が付けば、あなたが愚痴の対象となって居るでしょう。

話す内容や言葉の選び方によって、愚痴は相手を攻撃する道具になりえる事を忘れてはいけません。

その事を忘れてしまうと、無駄に多くの人を気づ付けたりする可能性があります。

そんな関係を続けていけばあなたの周りから、人が居なくなる事も珍しい事では無いでしょう。

14.愚痴の内容が結局悪口になっている

愚痴と悪口は隣り合わせです。

その為、、ただ愚痴をこぼしているだけのつもりでも聞いている相手からしたら、悪口を聞かされている事と同じ気持ちになる事もあります。

愚痴は無いようによっては、個人的に思った事であり他の人を傷つけてしまうものでは無いかもしれません。

しかし、悪口は書いて分かる通り「悪意」を持って話す内容の事です。

その為、傷つく人が居る事を忘れてはいけません。

例え、どんなに嫌いな相手だとしてもどこかにいい点があり、その人の事を慕う人も居るはずなんです。

安易に悪口を口にするような人は、人の気持ちが分からない人だとも言えます。

私たちの生活の中で人と関わらずに生きる事は困難です。

より良い関係を作って行く為には、相手の気持ちを理解するという行為が大変重要になります。

その為、悪口を言う暇があったらそれをどうしたら改善するのかを考える方がよっぽど建設的でしょう。

15.何をやっても満足しない

愚痴が多いと言う事は、それだけ現状に満足出来て居ないという事にも繋がります。

日々の生活に満足が出来ない感情をそのまま愚痴として発散しているのです。

しかし、現状をタダ嘆いているだけでは何の解決にもなりません。

愚痴が多いと言う事は、向上心が足りないという欠点を世間にさらけ出しているという事なのです。

日々生活していれば、嫌な事もあるでしょう。

愚痴りたくなってしまう気持ちも分かります。

友人や家族に話をするだけで元気になる事もあります。

その為、絶対に愚痴を言ってはいけないとは言いません。

ただし、言うだけでは何も解決しないのです。

自分の気持ちを整理する為に人に話す事は良いかもしれませんが、それ以上を望むのであればそれをバネに成長していこうという気持ちが必要です。

現状を嘆く時間を作るなら、是非成長を志しましょう。

愚痴が多い人と上手く付き合うためには?

世の中には、沢山の人が居ます。

その中には、付き合いにくいと感じる人も居る事でしょう。

本来であれば、嫌いな人とは無理して付き合う必要は無いと思います。

自分に合った人とだけ、生活する事が出来たらどんなに理想的かと思います。

しかし、実際それは無理な話です。

人は必ず誰かと関わって生きています。

社会に出れば、付き合いたくもない人と付き合わなければいけない時もあるでしょう。

人によって嫌いな人の種類は様々です。

特に多いのは、人の悪口を言う人です。

人の悪口を言う人は、誰か特定の人の悪口を言うと言うよりは愚痴を言うこと自体が好きな人が居ます。

その為、自分も言われている可能性は大いにあります。

その為、そういった人と付き合う時は愚痴を言われる事を前提に付き合いましょう。

そして、もし言われていたとしても気にする事はありません。

そういう人なのです。

自分が悪いと思わず、そういう人種の人なんだと割り切って気にしない様にしましょう。

そんな人の意見を気にしたり傷ついたりするだけ時間の無駄です。

1.まずは話を聞いてあげる

愚痴を言う人の特徴としては、おしゃべりな方が多いと言う所があります。

人と沢山のコミュニケーションを取ろうとするあまり、ついつい愚痴も出てしまうのです。

こういった人の場合は、、とりあえず思いを全て受け入れてあげる事をお勧めします。

愚痴を言う方は、多くの場合、意見を求めているわけではありません。

ただ純粋に話を聞いて欲しいだけなのです。

その為、相手の話す愚痴に対してわざわざ悩んだり助言したりしてあげる必要はありません。

とにかく「聞く」という作業に集中すればよいのです。

愚痴をただ聞くというだけでも、人は意外と疲れてしまうものです。

そんな時は、聞いてる風を装って相槌だけしておきましょう。

それでさえ、相手は十分納得する事が出来るはずです。

時間の無駄を省く事は出来ませんが、心の負担は減らす事が出来るでしょう。

2.でも話に同調して一緒に悪口は言わない

愚痴をこぼす人に対しては、話を聞いてあげる事が有効な対処方法でしょう。

しかし、ここで絶対に間違ってはいけないポイントがあります。

それは、愚痴に対して絶対に同調してはいけないと言う所です。

つまり一緒になって愚痴を言ってはいけないと言う事なのです。

話が盛り上がってくると、さほど不満に思っていないような事に対してもついつい一緒になって愚痴が出てしまう事もあるでしょう。

しかし、あなたが何の気なしに発した言葉が「あの人がそう言っていた」「あの人も愚痴をこぼしている」と話題に挙げられてしまう可能性が大いにあるのです。

あなたの悪気の無い発言でさえ、話す人の主観によって着色されてしまえば、それは間違った形で多くの人に知られてしまいます。

そうすると、言った言わないの争いがおきたり仲間内に亀裂が入ってしまう可能性があります。

その為、愚痴をこぼされたとしても絶対に同調しない様にしましょう。

3.愚痴は恥ずかしいことだと自主的に気付かせる

愚痴を言う人たちは、その行為自体に楽しみを感じている場合があります。

何気ないひと時の中から、愚痴を見つける事で生き生きと他の人に話して回る人も居ます。

しかしそれはあまり褒められた行為ではありません。

本人は、自分の言いたいことを好き勝手に話す事が出来るので楽しいかもしれません。

しかし、それに巻き込まれる家族や周りの人間はたまったものではありません。

その為、本人が気が付いていない部分を少しづつ気づかせてあげる事も重要です。

自分では静かに生きていると思っていても、実際は愚痴だらけなんて事もあるのですから。

街中に居る人や、共通の人を指し間接的に注意する事で、本人に自分自身の行動を振り替えさせるチャンスを与える事が出来るでしょう。

4.愚痴を言えない状況や話題を作る

愚痴が始まると、その場の空気が変わってしまいます。

せっかく楽しい時間を過ごしているのにも関わらず、愚痴が始まってしまうとげんなりする人も居るでしょう。

愚痴は、聞いている方は楽しくありません。

虫を嫌な気持ちにさえなります。

愚痴ばかり言う人が来る場合は、事前に対策を作っておく事が一番大事です。

愚痴を言わせない対策の一つとして、楽しい環境づくりというポイントがあります。

多くの人たちが楽しそうに会話を楽しんでいる所に来るとついつい愚痴が言いにくくなる事もあるでしょう。

また、とにかく愚痴に同調する事で早めにスッキリして貰うと言う方法もあります。

みんなでどんどん話に食いついて話をさせたら、以外に早めに退散してくれる事もあるかもしれません。

あまりみんなで持ち上げない用にしつつ、彼らの気持ちを尊重してみてはいかがでしょうか。

愚痴はとっても見苦しい

愚痴を言っている人は、自分の意見が全て正しいと思って話をしています。

その為、時として選挙演説をしているかのように雄弁になる

人も居ます。

しかし、その意見が独りよがりの意見であった場合周りはどう思うでしょうか。

愚痴を言っている人に対してあきれた思い出見つめている事があるかもしれません。

自分ではとても良い事をしているつもりでも、それは自分だけが思っているだけと言う事は良くあることなのです。

その為、どんなに張り切って愚痴を話したところで本当に同調してくれている人は実は誰も居ないかもしれません。

皆自分に矛先が向か無かないように、それとなく相手をしてくれているだけであって実際は見苦しいとさえ思われている可能性だってあるのです。

その為、愚痴をこぼしたい方はまずは自分の意見を客観的に見つめ直す事が必要です。

本当に自分の意見は正しくて、他の人も納得出来るだけの根拠があるのかどうか。

そこを見つめる事が出来れば、少しは見苦しい姿を世間にさらさずに過ごす事が出来るかもしれません。

人から信頼されなくなる

人には自分の意見というものがあります。

その為、自分と考えが違う事に対して疑問を投げかける事は悪い事ではありません。

お互いの意見の違いを話し合う事で、より深く物事について考える事が出来更に相手との距離を縮める事が出来るからです。

しかし、それをせずに単純に愚痴として吐き出してしまう人も居ます。

愚痴を言った所で、物事の本質は変える事が出来ません。

その場ではスッキリしたとしても、何の解決にもなって居ない為です。

また、その場に居ない人の愚痴を順番に言って良く人も居ます。

そういった行動を取ってる人は、必ず周りからばれていきます。

結果として、周りから全く信用されず人と付き合っていく事が出来なくなってしまうでしょう。

愚痴を他人に言う場合には、自分も言われている可能性があると言う事を理解しながら過ごさなければなりません。

大した理由もなく、愚痴を言い続けている人は、結果として全て自分に戻ってきます。

人から信用されなくなってしまうと、様々な面で不都合が生じます。

後から後悔しても、失った信用を取り戻す事はなかなか出来ないでしょう。

その為、そうなってしまう前に、自分の行動を見直して相手の気持ちを大事にする様に心がけてください。

1人、2人・・・と周囲から人が去って行きます

何か理由があって愚痴をこぼすのなら、話を聞いてくれる人も居るかもしれません。

しかし、ただやみくもに愚痴を言い続けるような人は自然と周りから人が減ってしまう事でしょう。

表面上は仲良くしているのに、明日になったら愚痴をこぼしている。

なんて人も居ます。

その場に居ない人の悪口を言い続ける事で、楽しい時間を過ごしているつもりかもしれませんが、知らず知らずのうちにそういう話は外に伝わってしまうものです。

その為、そんな噂話はすぐに本人の耳に届いてしまうのです。

表面的にしか仲良くする事が出来ないような人の元からは次々に人が離れて行って行ってしまう事でしょう。

はたと気が付いた時には、もう取り返しのつかない状況になって居る事も考えられます。

後から後悔する事の無い様に、自分の行動にはしっかりと責任を持ちましょう。

口はまさに災いの元ですよ。

結局自分の首を自分で締めている行為

職場・家庭など、様々な状況における愚痴をおもしろおかしく話し続ける人が居ます。

自分はそれで楽しい時間を過ごしていると思っているかもしれません。

しかし、それを聞いている周りの人間はどうでしょうか。

聞きたくもない愚痴を気化されてうんざりしているかもしれません。

また、多くの人に対して愚痴をこぼす人はそれが相手に伝わっていると言う事を理解出来て居るのでしょうか。

「ここだけの話」「本人には内緒なんだけど」なんて言う口約束はあってないような物です。

多くの愚痴をこぼす事は、自ら自分の敵を増やしている事にも繋がります。

昨日まで仲良くしていた人が、急に自分の事を悪く言う様になったらどうでしょうか?多くの方が悲しく感じる事と思います。

愚痴をこぼしている人は常にそういう事をしていると言う事を理解しなければなりません。

知らず知らずのうちに、人を傷つけてしまっている恐れがあるのです。

自分がされて嫌な事は他人にもしない。

子供でも分かる基本的な考え方を忘れてはいけません。