あなたは「研鑽する」「研鑽を積む」といった言葉を聞いたり、使ったりしたことがありますか?

あまり普段使いをされる言葉ではありませんが、知っておくと自身のためになったり、いざという時に役に立ったりします。

そのため、「研鑽」という言葉を聞いたことがないという人は、この機会に研鑽の意味や使い方を知っておきましょう。

️「研鑽する」「研鑽を積む」を解説!

「研鑽する」や「研鑽を積む」といった言葉は、日常会話の中ではほとんど出る機会がありません。

また、ビジネスシーンや公的な場面でも、あまり口にしたり、耳にしたりする機会は少ないかもしれません。

「研鑽する」や「研鑽を積む」といった言葉は、決意を新たにする時や、決意表明の際に使われることがあります。

つまり、ある程度かしこまった場面で口にするため、通常の仕事をしている時にはそう言葉にする機会はないのでしょう。

しかし、だからといって言葉の意味を知らなくてもいいというわけではなく、またどこで使うことになるかは分かりません。

いつでも口に出来るように、日頃から意味や使い方については理解しておくべきでしょう。

「研鑽する」「研鑽を積む」の意味や使い方を詳しく解説していきます。

️「研鑽する」「研鑽を積む」の意味

「研鑽」は「けんさん」と読み、意味は「学問などを深く究めること」とあります。

「学問など」とありますので、学問以外のさまざまなことに関しても究める際には「研鑽」という言葉を当てはめることが出来ます。

また、類語には「探究」や「追及」、関連する語には「講究」「考究」「攻究」などがあります。

「研鑽」という言葉だけでもそうした意味がありますが、この言葉を用いて「研鑽する」「研鑽を積む」といった表現をするのが一般的です。

学問などを深く究めること


「研鑽」には、「学問などを深く究めること」という意味があります。

それはつまり、「ちょっと勉強する程度」ではなく、「かなり深いところまで勉強する」ということです。

例えばタンポポの花について調べている人がいるとします。

ごく一般的に勉強をする人の場合、タンポポの大まかな生態について調べてノートにまとめることでしょう。

一方で、深く究めようとする人は、タンポポの生態についてはもちろん、花弁や根、茎の部分まで細かく調べ上げ、どのような地域に生息しているのかを自分で探して回ったり、一年を通してその生態を実際に観察したりします。

タンポポの例えで言えば、それについて「研鑽」する人は、自分で調べるだけでなく、実際に現物を見て、触って、匂いを嗅いで、五感のあらゆる部分でタンポポについて理解しようと努めます。

「研鑽」とは、それほどまでに学問を始めとして、あらゆるものを深く究めようとすることを意味しています。

いろいろな経験を積むこと

「研鑽」には、「いろいろな経験を積むこと」という意味もあります。

「学問などを究めること」もその内の一つです。

一生懸命に勉強をしているその行動が、その人自身の経験となっているのです。

人の価値観や物の考え方を決めるのは、その人自身の経験だとする説があります。

例えばあなたが何も知らない子どもの時に、親から「赤信号を渡ってはいけない」と教わるとします。

その時には親の言葉を疑うこともなく、信じて赤信号は渡らないようにするでしょう。

しかし、「何故赤信号を渡ってはいけないのか」「赤信号を渡るとどうなるのか」ということについては心底から理解は出来ていないでしょう。

「危ないから」という理由を聞いていても、それが実感としてないため、「なんとなく赤信号は渡ってはいけないのだ」と認識する程度でしょう。

しかしある時、目の前で信号無視をした自転車が車に曳かれた瞬間を目にしたのなら、その衝撃の大きさで、一瞬にして「何故赤信号を渡ってはいけないのか」「赤信号を渡るとどうなるのか」という事実を明確に理解することでしょう。

もちろん実際に自分が事故に遭うという経験に勝る実感はありませんが、それでも十分に「赤信号を渡るとこうなるのだ」という経験はあなた自身の中に刻み込まれたことでしょう。

このように、私たちは人生を送りながら、たくさんの経験をその都度するでしょう。

そしてその時に自分が見聞きしたことや知ったこと、感じたことが今の私たちの価値観や考えの元となっているのです。

そうしたいろいろな経験を積むことを「研鑽」と言います。

スキルなどを向上させること


学ぶこと、そして経験を積むことと同様に、スキルなどを向上させることも「研鑽」の意味の一つです。

スキルにもさまざまあります。

外国語のスキル、パソコンのスキル、会話のスキル、接客のスキル、営業のスキルなど、すべての事柄に対してスキルがあると言っても良いでしょう。

そうしたスキルというのは、自ら学んだり、磨いたりしなければ向上することは出来ません。

元々、英会話にせよパソコンにせよ、ちょっとかじった程度では「スキルがある」と声を大にしては言えないものです。

ある程度突き詰めて勉強したり技術を磨いたり、経験を積んだりすることで、スキルは向上させることが出来ます。

そしてまた、スキルなどを向上させることを「研鑽」と言うのです。

「研鑽する」とは

「研鑽する」という言葉には、「ある分野で長く活動を行い、腕を上達させること」や「技術や能力を向上させること」「物事に懸命に取り組むこと」などの意味があります。

最も簡単に表現するのなら、「物事に対して一生懸命に取り組むこと」となります。

例えばIT技術の分野で長年研究活動を行ってきた人が、新しいプログラムを発明したり、英検の資格を取得した人が、海外に留学して現地でさらに英語を深めたりと、ある一定以上の時間をかけて、並以上に努力や精進を続けている人がまさに「研鑽する(している)」状態と言えるでしょう。

人並みの努力や勉強のように、ちょっと頑張るくらいのことは誰にでも出来るでしょう。

しかし人並み以上に頑張ろうとする時には、「研鑽する」という言葉を用いることが出来ます。

「研鑽を積む」とは

「研鑽を積む」とは、「学問などを深く究める」「よく勉強し、よく研究する」などの意味を言葉として表現したものです。

「研鑽」という言葉の意味自体は変わりませんので、「研鑽する」も「研鑽を積む」も、どちらの意味も大きな違いはありません。

これから学問を深く究めたり、研究していこうという場合には「研鑽する」と表現すれば良いですし、実際に今そうした勉強や研究をしている途中であれば、「研鑽を積む」という表現で良いでしょう。

例えば「英検1級を取得し、現在はアメリカに留学して研鑽を積んでいる。」や「学びの師の元で絶滅危惧種を救うために日々研鑽を積んでいる」などと使うことが出来ます。

️漢字を解体して考えてみる

「研鑽」という言葉は、「研」「鑽」という2文字の漢字から成り立っています。

すべての漢字には意味があり、漢字によってはたった一文字だけでたくさんの意味を持っている場合もあります。

そうして「森林」や「河川」のように、元の漢字同士の意味が近いものを組み合わせて言葉を作ったり、反対に「明暗」や「光陰」のように、まったく異なる意味を持つ漢字を組み合わせて言葉を作ったりします。

では、「研鑽」はそれぞれにどのような漢字の意味があるのでしょうか?漢字を解体して考えてみましょう。

「研」の意味

「研」という漢字には、「とぐ・磨く」「物事の本質をきわめる」「すずり」などの意味があります。

そのため、「研」を使った言葉にも、その漢字本来の意味を含めたものが多いです。

漢字の成り立ちや、一文字ずつの漢字の意味についてわざわざ調べることは普段はあまりないでしょう。

この機会に、「研」を始めとしてあらゆる漢字について調べ直してみるのも面白いかもしれませんね。

こすって磨く

「研」には、「こすって磨く」という意味があります。

「研磨」「研師」「研削」「研摩」「研物」などのように、金属などの硬い物質をこすって磨き、形を仕上げます。

刀がその良い例でしょう。

物事の道理を調べる

「研」には、「物事の道理を調べる」という意味もあります。

「研究」「研修」「薬研」「研精」などが良い例でしょう。

物事を勉強し、研究し、とことん調べて突き詰めていくという意味が「研」には込められています。

「鑽」の意味

「鑽」には、「穴をあける・穿つ」「物事を深く究める」などの意味があります。

前者の意味の場合には物質的に穴をあけたり、穿ったりすることで、後者の場合には物事をとことん勉強して、調べて、突き詰めて究めていくという意味があります。

「研」も「鑽」も、物質的な意味もあり、また物事を究めていくという意味もあります。

このことから、「明暗」のように反対の意味の漢字同士ではなく、「森林」のように比較的似た意味を持つ漢字同士だということが分かります。

漢字を合体させると

「研」「鑽」という2つの漢字を合体させることで「研鑽」という言葉が生まれます。

どちらも物を研いだり穿ったりする性質の意味を持ち、また物事を深く究めていくという点では意味が合致しています。

「研鑽」という言葉は、似た意味を持つ漢字同士が組み合わさって出来ていますので、その意味はより深く強いものになると考えられるでしょう。

️研鑽を使った言葉

「研鑽」は、「研鑽する」や「研鑽を積む」といった言葉で用いられることが多いです。

しかし、その他にもさまざまな言葉として使うことが出来ます。

一般的にどのような言葉で表現されるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

自己研鑽

「自己研鑽」とは、先にご紹介した「研鑽」の意味に加えて、「自分がすでに持っている技術を高めたり、知識を深めたりする」という意味もあります。

どんな人でも最初は無知の状態から始まり、そこから新しく物事について知ったり学んだりしていきます。

通常はある程度まで学び終えたところで満足するものですが、それにとどまらずにさらに知識を深めたり、物事を追及したり、経験を重ねていこうとしたりすることを、「自己研鑽」と言います。

そのため、ストイックに物事を追求し続ける人のことを、「あの人は自己研鑽がすごいね」と評することがあります。

また、「自己研鑽」を目標とするのはとても良いことですが、自分で軽々しく「日々自己研鑽に励んでいます」や「自己研鑽が出来ています」などと口にするのは、せっかくの日々の努力を自分で価値を下げてしまうことになりますので、吹聴するような真似は控えましょう。

研鑽に努める

「研鑽に努める」とは、要するに「研鑽」に励み、努力することです。

「研鑽」が学問などを深く究めたり、さまざまな経験を積んだりするという意味ですので、そうした行為に努めるということです。

ストイックに努力し続けることが出来る人は、そうした努力を日々の生活の中に習慣づけることが出来ます。

もちろん時には休息も必要ですが、ストイックさを忘れることなく励める人が、「研鑽に努める」ことが出来る人でしょう。

研鑽を深める

「研鑽を深める」とは、「より深く研究する」「より深く勉強する」という意味です。

今勉強しているものをより深めていったり、研究しているものをより追究していったりする場合に用います。

元々「自己研鑽」をしている人は並の人よりも努力や研究をしていますので、それだけでも十分に評価に値しますが、それ以上にさらに深めようとする人もいます。

そうした人に対して「研鑽」という言葉を用いる時に、「あの人は研鑽をより深めようとしている」などと表現します。

️研鑽の類語

「研鑽」には、「いろいろな経験を積むこと」「スキルなどを向上させること」といった意味がありますが、この言葉に似た意味を持つ言葉がいくつかあります。

「研鑽」という言葉を用いるとややかしこまった印象になりますので、プライベートや日常会話の中では、似た意味を持つ別の言葉に言い換えた方が、その場の雰囲気に相応しくなります。

また、相手によっては「研鑽を積む」「研鑽する」という言葉ではいまいちこちらの意図が通じないこともあります。

その場合にも、誰にでも理解出来るような、分かりやすい言葉で伝えた方が互いのために良いでしょう。

では、「研鑽」に似た意味を持つ言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

修行を積む

「修行」とは、「悟りを目指して心身浄化を習い修めること」「仏道に努めること」「托鉢・巡礼して歩くこと」「学問や技芸を磨くため、努力して学ぶこと」などの意味があります。

元々は仏教用語ですが、現代では学問や技芸を磨くために努力して学ぶことという意味で「修行」の言葉が頻繁に用いられています。

「修行」は日常会話の中でも使う機会が多く、「エステのスキルを上げるために修行する」「英語の修行をする」などと、気軽に「修行」という言葉を使う人も多いです。

また、例えば「きみはもっと真面目に仕事に取り組むべきだ」という指摘に対して、「修行します」と一言だけ返す場合もあります。

このような場合の「修行します」には、「精進します」「頑張ります」「努力します」といった意味が込められていることが多いです。

学問や技芸を磨くために努力して学ぶという姿勢は、「研鑽」に似ている部分があるでしょう。

腕を磨く

「腕を磨く」とは、「技能が上達するように訓練する」という意味です。

例えばテニスがもっと上達したいと思う人の場合、「テニスの腕を磨く」と表現することが出来ます。

また、乗馬が上手くなりたければ「乗馬の腕を磨く」、ダイビングが上達したいと思えば「ダイビングの腕を磨く」など、とにかく上達させたいことに対して「腕を磨く」という表現をします。

スポーツに限らずに、例えば化粧が上手くなりたい場合にも「メイクの腕を磨く」と表現することがありますし、絵を上手く描けるようになりたい人であれば、「絵の腕を磨く」と表現出来ます。

どのようなことに対しても、自分が上手くなりたい、上達したいと思うことがあれば、それを叶えるために一生懸命に努力することが「腕を磨く」ことなのです。

この「腕を磨く」という表現は、日常会話の中でも頻繁に使われますし、ビジネスシーンやその他のシーンでも頻繁に用いられています。

「研鑽」は今の状態よりも、より勉強したり研究したり、経験を重ねたりすることですので、「腕を磨く」ことと全く同じではないにしろ、近い意味があります。

勉学に励む

「勉学に励む」と聞くと、単純に「勉強を頑張る」という意味で想像する人も多いでしょう。

確かにその意味でも間違いではありませんが、より詳しく意味を解説するなら、「知識や経験などを身に付けること」や「勉強に一生懸命に取り組むこと」となります。

このどちらの意味も「研鑽」と似ていますので、「研鑽」という言葉を用いるには少々堅苦しい場面では、「勉学に励む」という表現をすると良いかもしれませんね。

例えば日常会話の中で、「これから勉強を頑張ります」という言葉をもう少しかしこまった言い方で表現する場合に、「これから研鑽します」と言うとあまりにも堅苦し過ぎてしまい、その場に相応しくない表現になってしまいます。

そのため、「これから勉学に励みます」と言い換えることで、その場に相応しく、また少しかしこまった表現をすることが出来ます。

訓練する

「訓練」とは、「あることを教え、継続的に練習させ、体得させること」「能力・技能を体得させるための組織的な教育活動のこと」などの意味があります。

「訓練」という言葉の場合には、このように誰かに対して教育を施すといった意味合いになりますが、これを「練習(する)」と言い換えることで、「自分自身で学び、練習し、体得すること」や「能力・技能を体得するために活動をする」という意味になります。

「訓練」という言葉は、学生の頃から避難訓練を行ってきた経験から、聞き慣れているという人も多いでしょう。

また、その経験のために、「訓練」と聞くと自然と避難訓練を想像する人も少なくはないでしょう。

避難訓練以外にも、警察犬や盲導犬の訓練など、きちんとした組織的な教育活動を行っている印象が強いと思います。

「研鑽」の場合には、自ら努力して今以上にスキルを向上させていくという意味がありますので、どちらかと言えば教育・活動させる「訓練」よりも、自ら励む「練習」の方が意味合いとしては似ているかもしれません。

磨きをかける

「磨き」は、元は「磨く」という言葉で、「物の表面を研いで滑らかにする」「こすって汚れを取ったり、つやを出したりする」「念入りに手入れをして美しくする」「努力して学問や芸をますます上達させる」「栄えを増す」などの意味があります。

「研鑽」に近い意味は、この内の「努力して学問や芸をますます上達させる」でしょう。

今よりもさらに高みを目指すという点で「研鑽」と意味が同じですので、例えば「パソコンのスキルを研鑽する」という言葉を、「パソコンのスキルに磨きをかける」と言い換えることが出来ます。

また、「研鑽」は日常会話ではほとんど用いることがありませんので、日常会話の中で何か自分が努力したいことや、スキルアップを目指したいことがある場合には、「◯◯に磨きをかける」という表現をすることで、相手にもその意図が容易に伝わることでしょう。

️研鑽の例文

「研鑽」という言葉は、あまり日常的に使われる言葉ではありません。

またビジネスシーンでも、頻繁に使われることはないでしょう。

かしこまった場面で時々口にしたり、耳にしたりする機会がある程度でしょう。

しかし、そうした数少ない機会が訪れた時には、その機会を逃さずにすぐさま「研鑽」を用いた言葉を考えることが出来れば、それだけ周囲の評価のアップに繋がります。

しかし、実際に「研鑽」を用いた言葉や文章には、どのようなものがあるのでしょうか?以下に例文をご紹介していきます。

「民俗学の専門家になるために、日々大学の研究室で自己研鑽を図る。」

この例文では、民俗学の専門家になるという目的のために、毎日のように大学の研究室で勉強に励んでいる様を「自己研鑽」という言葉を用いて表現しています。

あくまでも自分の目的のために行っていることですので、周りの人に「自己研鑽してるんだよ」と言いまわることなく、黙々と勉強に励めば、自然と周りにはその人自身が研鑽しているのだということが見て取れるでしょう。

例文では民俗学の専門家となっていますが、どの分野であれ、専門家になろうと思ったら、並々ならぬ努力を重ねなければなりません。

その並ならぬ努力を言葉にするとまさに「研鑽」となるのです。

「あの人は常に自己研鑽を怠らないため、周りの人たちよりもたくさんの知識や経験を持っている。」

この例文では、「自己研鑽」をしている人を客観的に見た場合の文章です。

傍から見て、周りに自分が頑張っている様をアピールする人の場合には、「研鑽」の域には達していないことが多いです。

しかし、周りから見てもストイックな様で、かつそれに見合った結果を出していたり、知識や経験が豊富だったりする人の場合には、「自己研鑽」が出来ている可能性が高いです。

そうした人は自然と周りの人の目にも付きやすく、人から頼られることも少なくはありません。

「将来は海外で働きたいと思っているため、今の内に研鑽を積んでおこう。」

この例文では、将来は海外で働くという夢のために、今から努力を重ねて実力を付けようという意気込みを表わしています。

このように、将来の夢や目標に対して、それに必要な努力や行動を「研鑽」によって身に付けようとする人は少なくはありません。

実際に夢を叶えるまで「研鑽」し続けることが出来るかどうかはその人によりますが、そうした夢や目標を持つこと自体は良い事でしょう。

「日々自己研鑽を怠らなかったからこそ、今のキャリアに辿り着けたのだ。」

この例文では、これまで「自己研鑽」を怠ることなく続けてきたからこそ、今の自分のキャリアを得られたのだということを振り返っています。

キャリアアップを目指す人は多いですが、それを目標としてひたすらに研鑽を重ね続けることは、誰にでも出来ることではありません。

そうした努力を怠ることなく続けてきた人だけが、見事にキャリアアップの目標を叶えることが出来るのです。

そして、実際に今のキャリアに辿り着いた後で、これまでの自分の研鑽を振り返った時に、その必死の努力の経験があったからこそ今があるのだという事実を噛みしめることになるのでしょう。

それはその状態に辿り着けた人にしか理解しえないものでしょう。

️自己研鑽の効果とは

自己研鑽をすることで、どのような効果を得られるのでしょうか?自己研鑽とは、要は自分磨きのことです。

自分自身で一生懸命に努力をして、今よりも学問や研究を究めたり、スキルアップを目指したりすることですので、何よりも自分自身のためになっています。

自分に甘い人は、頑張らなければならないことがあっても、何かと理由をつけては怠けて、結局は中途半端な状態で終わってしまいます。

そしてまともに努力をしていないのに高望みをした末に、思うような結果にならずにそれに対し文句を言ったり言い訳をしたりします。

例えば試験が明日に迫っているのに、「いまいち勉強する気が起きないから」とダラダラとゲームをして一晩過ごし、当然のように試験の結果が悲惨になってしまい、それに対して「こんなはずじゃなかった。今回は運が悪かったのだ。」と言い訳を零します。

自分に甘い人は、そんな自分を「変えたい」と思い行動しない限りは、その後の人生も同じように送ってしまうことでしょう。

もちろんそれが悪いというわけではありません。

どんな人生を送ろうがその人の自由です。

しかし、自分に甘い人生を送る人よりも、自己研鑽を続ける人の方が、よほど充実した幸せな人生を送ることが出来るでしょう。

多くを学ぶため見識が広がり、多くを経験するために豊かな価値観が身に付き、可能性が広がります。

何も学ぼうとも、磨こうともしない人に比べたら、たくさんのものを持っているため、それだけ器用に人生を送ることが出来るでしょう。

自己研鑽をすることで、そうした多くの効果を得ることが出来ます。

自己啓発との違い

「自己研鑽」と「自己啓発」には違いがあります。

「自己研鑽」はこれまでにもご紹介した通りに、「学問や研究、スキルなどを今以上に向上させるために励むこと」です。

これに対し、「自己啓発」とは、「自己を人間としてより高い段階へ上昇させるために行動し、精神的な成長を目指すこと」という意味があります。

一見どちらも同じものに思えるかもしれませんが、「自己研鑽」と「自己啓発」ではその精神性に明確な違いがあります。

「自己研鑽」の場合にはとにかく行動あるのみで、自ら努力し、行動し、経験を積んだ結果自身を向上させます。

一方の「自己啓発」では、「自己研鑽」と同じように努力こそしますが、その大きな目的は意識改革にあります。

すなわち、より一層自分が高みを目指したいと、そう自分自身で考えられるようになることを目的としています。

意識が変われば行動が変わるという言葉がありますが、「自己啓発」ではまずこの意識の部分の改革を図り、その上で実際の行動に移します。

少々乱暴に例えるなら、「自己研鑽」はとにかく動けの叩き上げタイプで、「自己啓発」はまずは自分をやる気にさせることから始めるタイプです。

この意識改革の点において、「自己研鑽」と「自己啓発」は違っているのです。

能力が身につき活躍できる

「自己研鑽」をする人は、必ずこれまで以上の能力が身に付き、活躍出来る場が増えます。

そう言い切れるほどに、一生懸命に努力しています。

スポーツのような勝負事の場合には、努力するのは当たり前ですが、それに運やその日の体調など、あらゆる要素が重なって勝敗に差が生まれます。

そのため、どんなに「自己研鑽」を積んでも、結果は敗北することもあります。

しかし、その必死の努力の過程で身に付いたものは、決して無駄なものではありません。

少なくとも、それまで以上の技能や知識がその人にはしっかりと身に付いています。

勝敗のないものであれば、「自己研鑽」の効果はより明確化されます。

仕事であれば知識がより身に付いた結果、あらゆる場所で役に立ち、上司や同僚から頼りにされるようになるでしょう。

また技能が上がれば、昇給や昇進に繋がることも大いにあります。

身に付いた能力は、いずれ必ずどこかで活躍する場を得られるでしょう。