ビジネスシーンやかしこまった場面などでよく使われる「承る」という言葉。

大抵は何か頼み事をされたり、指示をされたりした場合に「承ります」と使うことが多いので、「承知する」「了承する」といった意味で使っている人も多いでしょう。

しかし実際には、「承る」にはさまざまな意味や使い方があるんです。

「承る」の意味や正しい使い方、また同じ読み方の「受け賜わる」についても詳しくご紹介していきます!

間違いが多いから気をつけて!「承る」の言葉

あなたはどんな時に、「承る」という言葉を使っていますか?言葉使いの中でもとても丁寧な表現ですので、ビジネスシーンのようにかしこまった場面で使う機会があると思います。

上司やお客様に何か指示や依頼をされた際に、「承りました」と使うことがありますが、これを単なる「了解」として使っているのだとしたら、その使い方は間違っているかもしれません。

「承る」には、いくつかの意味があります。

その意味をきちんと理解して、その上でその場に相応しい言葉使いをすることで、正しく言葉を使うことが出来ます。

世の中には、実際の意味とは間違った使い方をされている言葉は少なくありません。

例えば「確信犯」や「青田買い」「足をすくう」「消息を絶つ」などですが、「承る」も、本来の意味をよく知らずに使っている人は少なくありません。

そうした他の間違いの多い言葉同様に、「承る」も間違って使うことのないように、正しい意味や使い方をきちんと理解しておきましょう。

「承る」の意味


「承る」は、なんとなくのニュアンスで使われることの多い言葉です。

社会人になってから先輩や上司が使っているのを見聞きして、「こんな意味かな?」と自己判断をして自分でも使っている人もいるでしょう。

また、「なんとなくこんな感じの意味だった」という、うろ覚えの記憶を頼りに使っている人も少なくはありません。

しかし、曖昧な記憶ほど間違いを招きやすいものはありませんので、「なんとなくこんな感じかな?」と思うことがあったら、まずは自分で辞書を引く癖を付けておきましょう。

そうすることでいつでも正しい知識を得ることが出来ますし、また最近はスマホで簡単に意味を調べられますので、そこまで手間もかかりません。

「承る」の辞書的な意味

「承る」を辞書で引くと、「『受ける』の謙譲語」「謹んで受けること」「お受けすること」「『聞く』の謙譲語」「謹んで聞くこと」「『伝え聞く』の謙譲語」「引き受ける意の謙譲語」などがあります。

たった一語だけで、同時に4つもの異なる謙譲語の意味を持っており、多くの言葉の中でもかなり特殊と言えるでしょう。

そのため、どんな場面でどんな意味の「承る」を使うのかはその都度大きく変わりますし、また「承る」という言葉を聞く側も、言った相手がどんな意味合いで言ったのかを理解しなければなりません。

そのためにも前後の会話が重要になることが多いです。

謹んで受ける

「承る」には、「謹んで受ける」という意味があります。

おそらく多くの人がこの意味として、普段から「承りました」と言葉を使っていることでしょう。

「謹む」とは「うやうやしくかしこまる」という意味があります。

自分よりも目上の人に対して、自分をへりくだらせて丁寧な態度で接する際には「謹む」や「謹んで」といった言葉を用います。

これに「受ける」という言葉を付け足すことで、「うやうやしくかしこまって受ける」となりますので、かなり丁寧な程度で相手から何かを受けることを意味します。

相手から受けるものは言葉であったり、物であったり、命令または具体的な依頼や指示であったりします。

例えば会社で、上司が部下を大きなプロジェクトのリーダーに任命したとします。

その場合に、部下は上司からの任命を「謹んで受ける」こととなります。

この「謹む」は「かしこまる」と意味が似ているため、「謹んでお受けします」という言葉を言い換える際には、「かしこまりました」を使うことが多いです。

謹んで聞く

「承る」は、「謹んで受ける」の他に「謹んで聞く」という意味もあります。

「謹んで」に関しては先に解説した内容と同様です。

「聞く」は文字通り、人の声や物音などを耳にするということです。

「きく」には「聞く」と「聴く」の2つの漢字があります。

どちらも音を耳にするという意味では同じです。

しかし「聞く」が一般的に音をきくことを指しているのに対し、「聴く」では通常よりもさらに神経を集中させて、音を耳で捉えるといった意味合いがあります。

そのため日常会話のように何気ない話の際には「聞く」を使い、音楽を耳にしたり、真剣に相手の話に耳を傾けたりする場合には「聴く」を使います。

どちらも声に出すと同じ言葉ですが、文字で書くと意味合いが少し変わってきます。

そして「謹んで聞く」は、「聴く」ではなく「聞く」という漢字を用います。

漢字本来の意味を知ると、「謹んで」ときたのなら「聴く」と使うのが正しいように思えるかもしれません。

しかし、「聴く」だと耳にするものが限定されてしまうため、広く耳に出来る「聞く」の字が使われています。

「伝え聞く」の謙譲語

「承る」は「謹んで受ける・聞く」という以外に、「伝え聞く」の謙譲語でもあります。

「伝え聞く」とはそのまま「人から伝えられ、自分が聞いた」という意味です。

例えば「○○の件については、××さんより伝え聞きました。」と話す際に、それが目上の相手だったなら謙譲語に言い換えて、「○○の件につきましては、××さんより承りました。」となります。

上司が「承る」の正しい意味を理解していれば、話しての意図するところが「××さんより謹んで受けた」ではなく、「××さんより伝え聞いた」ことであると察するでしょう。

もし上司が「承る」の意味をきちんと理解していなかった場合には多少会話が噛み合わなくなってしまいますが、その際にはさらに言葉を言い換えて、「××さんよりお話を伺っております」などと言えば、上司は納得することでしょう。

ともあれ、役職のある立場ともなれば、「承る」を「伝え聞く」の謙譲語であることくらいは理解しているのが当然と言えば当然でしょうから、そこまでこちらが気にして言葉を選ぶ必要はないでしょう。

シンプルに「伝え聞いた」という言葉を「承りました」と謙譲語に言い換えれば問題はありません。

引き受ける意の謙譲語

「承る」は、「引き受ける」ということを意味する謙譲語でもあります。

元々「謹んで受ける」という意味もあるため、引き受ける意の謙譲語であっても何らおかしくはないでしょう。

例えば目上の人から何か依頼事をされた際には、「引き受けました」ではなく「承りました」と答えます。

「承る」は謙譲語

これまでご紹介してきた意味からも分かるように、「承る」は謙譲語です。

謙譲語は相手を自分よりも上におき、自分がへりくだったものの言い方をする敬語の一種です。

要するに相手を立てる言葉使いが謙譲語です。

他の多くの謙譲語と同様に、「承る」も相手に敬意を払った言い方ですので、言葉を受ける相手も決して悪い気はしないでしょう。

ただし、謙譲語は相手が目上の人の場合のみ用いる言葉です。

同等の立場の人や目下の人に対しては謙譲語を用いません。

同等で相手が尊敬出来る人であれば尊敬語ですし、それ以外の同等の立場もしくは目下の人に対しては丁寧語を使います。

「承る」と「受け賜る」の違い


「承る」は、「受け賜わる」という漢字でも表すことが出来ます。

言葉にすればどちらも同じに聞こえますが、漢字で書くと意味が変わってきますので、誤った使い方をしてしまわないように意識して言葉を使わなければなりません。

私たちが普段よく使うのは「承る」の言葉で、「受け賜わる」という言葉を使う機会はほとんどないと言ってもいいでしょう。

それほど「受け賜わる」は普段使いをせず、またビジネスシーンでもあまり使う機会がありません。

しかし、普段使わない言葉こそ、うっかり意味を忘れてしまいやすいですし、正しい使い方を理解していないことが多いです。

そのためどちらの使い方もしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

「承る」と「受け賜わる」はどう違うのかを以下にご紹介していきます。

「承る」を使う場合

「承る」はより受動的で、相手の指示や依頼を丁寧に理解するといった意味があります。

そのため「承る」は目上の相手の意思を何より尊重する場面で使うのが望ましいでしょう。

会社の上司と部下の関係がそのいい例です。

会社では、基本的に上司が部下に仕事の指示を出します。

最初に上司が仕事のやり方を教えて、後は部下が毎日同じ仕事のルーティンをするところもあれば、毎日のように違った仕事があり、上司がそれを部下に毎回割り振るところもあります。

会社によっては部下が自分で自分の仕事を見つけるところもありますが、それでも大まかな指示は上司や社長が出しているところがほとんどです。

そのため、上司から部下に指示を出す際に、部下が「承りました。」と答えることが多いです。

また、会社や店の社員が顧客に対して接客を行う際に、顧客の要望を受けて「承りました。」と答えることも多いです。

これらの使い方の意味は、「謹んでお受けする」という場合が多いです。

「受け賜る」を使う場合

「受け賜わる」の「賜る」は、「もらう」の謙譲語です。

「目上の人から物をいただく・ちょうだいする」といった使い方をします。

また、同時に「与える」の尊敬語でもあります。

これは鎌倉時代以降の作法とされており、「目上の人が物などを下さる」といった使い方をします。

さらに、「神の許可を得て、通行を許してもらう」という意味もあり、「承る」とは意味が大きく違っています。

「受け賜わる」という敬語は、精神的には「自分などがもらうにはもったいないほどに素晴らしいものや名誉あるもの」をもらう時などに使われることが多いです。

「もらう」の謙譲語

目上の人から何か物をもらう場合、通常は「いただく」「ちょうだいする」といった表現をします。

例えば上司から旅行のお土産をもらう時には「ありがたくちょうだいします。」と言いますし、また飲み会などで上司から積極的にお酌をしてくれた際には「すみません、いただきます。」と言うこともあるでしょう。

そうしたビジネスシーンの中でも比較的よくある場面の場合には、「ちょうだいする」「いただく」などの表現をするのが普通です。

一方で、「受け賜わる」の表現方法を用いる場合には、通常よりもかしこまった場面が多いです。

例えば会社をあげて表彰される場合や、自分に物を授けて下さる相手が会社の社長のようにかなりの偉い立場である場合には、「承る」ではなく「受け賜わる」と使うことがあります。

「与える」の尊敬語

謙譲語が自分の行動に対して使う敬語なのに対し、尊敬語は相手の行動に対して使う敬語です。

そのため、「与える」の尊敬語としての意味を持つ「受け賜わる」も、目上の人の行動に対して使います。

例えば上司がある社員に対して特別手当を与えた場合、「上司は○○さんに特別手当を賜った」と表現することが出来ます。

口頭で伝えると、一瞬謙譲語としての意味なのか、それとも尊敬語としての意味なのか分からずに困惑してしまうかもしれませんが、落ち着いてよく言葉を頭の中で思い浮かべれば、それが謙譲語なのか尊敬語の意味なのかが理解出来ることでしょう。

どちらの意味としても使いこなすことが出来れば、その場に応じた使い方が自由に出来るようになります。

一般的に使えるのは「承る」

「承る」と「受け賜わる」とでは、その意味合いは大きく異なってきます。

謙譲語としての「承る」また謙譲語と尊敬語を兼ね備えた「受け賜わる」は、使う場面もタイミングもその意味同様に異なっています。

どちらも口頭にすると同じ言葉になって分かりづらいという人は、「受け賜わる」は特別な場合にのみ使う言葉で、「承る」が一般的に使われる言葉だと覚えておくと分かりやすくなります。

また、「受け賜わる」は自分や相手の行動に対して使える敬語で、「承る」は自分の行動に対してのみに使える敬語だということもあわせて覚えておくと良いでしょう。

「承る」の類語

「承る」は、「受ける」「聞く」「伝え聞く」の謙譲語です。

謹んで受ける(聞く)ことや、伝え聞くこと、また引き受ける意を示す謙譲語でもあり、一つの語でいくつもの意味を持っています。

そのため、「承る」には類語もたくさんあります。

「承る」と同様に一語であらゆる意味を持っている言葉はほとんどありませんが、一つひとつの意味に対して似た意味を持つ言葉はあります。

どんな類語があるのかを以下にご紹介していきます。

依頼を受ける

「依頼」は「人に用件を受けること」や「他人をあてにすること」といった意味があります。

そのため、人から依頼を受けるということは、何か頼まれごとをされるということです。

その点が上司や目上の人から指示を受けることと意味が似ています。

「依頼を受ける」という言葉を使う場合、相手が目上、同等、目下などは関係ありません。

「○○さんから依頼を受けた」という言い方が、そのままか「依頼を受けました」と丁寧な言い方になるかの違いだけです。

また、ビジネスシーンだけでなく、場合によっては日常会話の中でも用いることがあります。

頼まれる

「頼まれる」は、人から何かお願いごとをされたり、依頼をされたりするという意味です。

例えば買い物ついでにスーパーに寄ってほしいと頼まれたり、家事を手伝ってほしいと頼まれたり、仕事を助けて欲しいと頼まれることもあれば、食事をおごってほしいと頼まれることもあります。

人によって頼み事はさまざまですので、そのどれにも「頼まれる」という使い方をすることが出来ます。

また、ビジネスシーンでも使われますが、それ以上に日常のあらゆる場面でも使われることの多い言葉です。

頼まれごとはされやすい人、されにくい人がおり、頼む人は相手を見て選んで頼み事をしていますので、よく人から頼まれごとをされやすい人は、それだけ普段から「頼む・頼まれる」という言葉を使う機会が多いでしょう。

頼みごとを承諾する

「承る」は、「目上の人からの指示を謹んで受ける」という意味がありますので、人からの「頼み事を承諾する」という言葉も類語に当たります。

先にご紹介した「頼まれる」では、頼まれた後の結果までは決定していません。

事情により断ることもあれば、受けることもあります。

一方で、「頼みごとを承諾する」という言葉の場合、人からの頼まれごとを引き受けることになります。

「承諾」は「相手の意見・希望・要求などを聞いて受け入れる」という意味がありますので、無茶な内容でもない限りは承諾した以上は、相手から頼まれたことをこなす必要があります。

「承諾」はややかしこまった言い方ですので、ビジネスシーンで使われることが多いです。

また、目上の相手に対しては使わず、同等の立場の相手か、もしくは目下の相手に対して「承諾しました」などと使うのが一般的です。

【承諾については、こちらの記事もチェック!】

引き受ける

「引き受ける」とは、相手から頼まれた事柄や物を、自分が引き続き受けるという意味があります。

例えば「自分が留守の間にペットの面倒をみてほしい」と頼まれて承諾したら、相手のペットの面倒を自分が引き受けて、世話をすることになります。

また、例えば会社で同僚から「悪いがこの資料を30部コピーしてもらいたい」と頼まれそれを引き受けたのなら、同僚から預かった書類で頼まれた仕事をこなすことになります。

「引き受ける」という言葉を用いる時、あなた自身が相手の希望や要求を聞き、それを受け入れることになります。

そのため、一度引き受けたからにはきちんと責任を持って頼まれたことを果たす必要があるのです。

承知する

「承知」には、「事情などを知ることや知っていること」「依頼・要求などを聞き入れること」という意味があります。

時々、「無理を承知でお願いするよ」という言葉を聞くことがありますが、これは相手が自分の事情を分かっていて、「おそらく無理だろうな」と思うことをあえてお願いする場合に「無理を承知で」と用いています。

頼まれごとをされた人は、相手が自分の事情を知った上で頼んできているため、「それだけ重要な頼み事なのか」と相手の話をより真剣に聞いてくれることが多いです。

もちろんその結果相手の頼みを聞き入れるかどうかは、その人や事情によって変わりますが、少なくともあっけなく断れることはないでしょう。

普段の会話の中で誰かが別の誰かに話を振った時に、その人が「承知しています。」と言えば、それは話に出てきた事柄について知っているという意味です。

一方で、誰かが頼みごとや要求をした際に、相手がそれに「承知しました。」と答えたら、それは相手の依頼や要求を聞き入れたという意味になります。

頼みを引き受ける

先ほど「引き受ける」という類語についてご紹介しました。

それに「頼みごと」を付け足した言葉が「頼みを引き受ける」です。

これはその言葉そのままの意味で、相手の頼みごとを自分が引き受けるということになります。

一度引き受けた以上は必ず責任を持って頼まれたことをこなす必要があり、それが上手く出来れば相手からの信頼は増し、一方で何かやらかしてしまった場合には信頼は失われてしまうでしょう。

お受けする

「お受けする」は、「受ける」を丁寧な表現にした言葉です。

「お」は相手に対する敬意を表していますので、「お受けする」と言った場合、その言葉を向けた相手に対して敬意を表していることになります。

つまりは、自分よりも目上の人か、または同等の立場の人に対して使う言葉です。

目上の人に対して使う場合には「承りました」と使った方がいい場合もありますが、あまりかしこまり過ぎない関係や場面の際には、「お受けします」「お受けしました」と比較的柔らかい敬語を用いる方が良いでしょう。

また、例えば取引先の会社の人のように、そこまで上下の関係はないものの、一定の敬意を払う必要がある場合にも、同じく「お受けします」と敬語を使うことがあります。

目下でも時々敬意を払いたくなるような優れた人材がいますが、ビジネスのように互いの上下関係が明確化されている場合には、心情的には敬意を払いたくても、「受けます」と丁寧語に抑えて使うことが求められます。

受け付ける

「受け付ける」とは、「申し込みなどを受けること」「人の頼みや訴えごとを聞き入れること」「人に与えられた物事に応じた反応を示すこと」などの意味があります。

「承る」の類語として見た場合には、「人の頼みや訴えごとを聞き入れること」の意味として言葉を使うことになります。

「受け付ける」と聞くと、「受け入れる」や「聞き入れる」よりも、言葉の響きがやや事務的に思えるかもしれません。

しかし、意味としてはどれも似たようなものですので、それを場面に合わせて使い分けるだけのことです。

「受け付ける」の場合には、事務的さと相手よりも自分に対する優位性を窺わせますので、自分と同等の相手か目下の相手に使う方が良いでしょう。

同等の立場の相手でも、それが取引先の会社の場合には、敬意を払う必要がありますので、「受け付ける」という表現は控えた方が良いかもしれません。

先にご紹介したように、「お受けします」の言い方を用いるのが理想でしょう。

受諾する

「受諾」とは、「相手からの提案や申し入れなどを受けること」という意味があります。

「承諾」と言葉使いも、言葉の響きも、加えて意味も似ています。

そのため、「承る」という言葉を言い換える際にはどちらの言葉を使っても問題はありませんが、何となくその場の雰囲気に相応しい言葉というものがあります。

それを感じとることが出来れば、その場に合わせて「受諾する」
「承諾する」と上手に使い分けることが出来るでしょう。

聞き入れる

「聞き入れる」は「要求や願いなどを聞いて承諾すること」「心にとめて聞く」といった意味があります。

後者の意味では主に音楽や講義など、自分にとって重要だと思える事柄をきちんと耳を澄ませて、心にとめて聞く際に使われます。

一方の前者の意味は「承る」とよく似ています。

相手の要求や願いを聞き、それを承諾することが「聞き入れる」ことです。

つまりは相手の要求を受けることが前提として決まっている言葉ですので、相手の要求を聞き入れられない場合には使うことはありません。

また、人から頼まれごとをされるというのは、それが目上の人からの指示でない場合には、基本的には頼みごとをする人の立場の方が弱くなっています。

そのため、要求を聞き入れる側の立場が若干強くなり、「聞き入れます」と丁寧な言い方をしても、どうしても相手の方が上に感じられる言葉の響きになってしまうでしょう。

「承る」を使用するシーン

「承る」は、どのようなシーンでよく使用されているのでしょうか?これまでにご紹介してきたように、ビジネスシーンではとくに使われる機会が多いです。

しかし、会社の中だけでなく、店や会社側の社員とお客様の関係が成立する場面でも使われる機会は少なくはありません。

具体的にはどのようなシーンで使われるのか、考えられる例を以下にご紹介します。

商談で

取引関係にある会社同士での商談の際に、「承る」という言葉はよく用いられています。

例えばある会社が新商品を開発し、それを別の会社に購入して欲しいと商談を持ちかけているとします。

これはいわゆる営業ですので、新商品を持ち込んでいる会社の方が下手の立場にあります。

そして新商品の説明をした後で、商談を持ちかけられている会社が「もう少し安くしてくれたらうちで買いますよ。」と条件を提示します。

それに対し値下げが可能であれば、「承りました、では改めて見積もりを出させていただきます。」とその場で見積もりの見直しを始めます。

この「承りました」には、相手の希望を謹んで受けるという意味があり、直後に見積もりの見直しをしていますので、全面的に商談相手の会社の希望に寄り添う形で進めているのが分かります。

注文を受ける場合

例えばスーツを売る店で働いている従業員がいるとします。

そこへお客様が来店され、自分用のスーツを選んでいます。

授業員が声をかけて接客をしていると、お客様は現在店にない商品を取り寄せて欲しいと頼んできました。

そこで他店舗へ在庫を確認したところ、お客様の希望の品物があったため、お客様に対し「承りました。

それでは○日にこちらの店舗へ届きますので・・」とお客様の要求にお答えしました。

この時使われた「承りました」も、お客様の要求を謹んで受け入れ、その通りに行動するといった意味で使われています。

予約を受ける場合

例えばあるウエディング専門店に、今度めでたく結婚する男女が訪れたとします。

男女はそこで結婚式場選びからドレス選びまで、さまざまなプランニングをプランナーに一任します。

そして肝心の結婚式の日時の予約を男女から受けた際に、プランナーが「承りました。」といい、希望の日時で予約を取りました。

このような場面でも、よく「承りました」という言葉が用いられます。

プランナーにとって結婚式を挙げる男女はとても重要なお客様です。

そのため接客も当然丁寧に行う必要があるため、謙譲語を用いてかしこまった言葉使いで接客を行うことが多いです。

要望を受ける場合

取引先の会社であれ、お客様であれ、目上の相手から何かしらの要望を受ける場合に、「承りました。」という言葉を用いることは多いです。

しかし注意して欲しいのは、「承る」は「謹んで受け入れること」という意味ですので、すでにその要望を受け入れることが決定してから使う言葉です。

そのため、例えばお客様の要望に添えそうにないのに「承りました」と使ってしまうと、お客様はこちらが「受け付けてくれた」と勘違いしてしまいます。

また、上司から指示を受けた際に、指示内容をよく理解していないのに「承りました」と答えてしまうことで、上司はこちらが仕事内容をきちんと理解しているものと勘違いしてしまいます。

そうなると、後になって内容を上司に確認を取ろうとして、上司から「ちゃんと聞いていなかったのか!適当に返事をしたのか!?」と叱られてしまうかもしれません。

そのため、相手の要望や要求を受け入れることが決まっていない内から「承りました」と使うのは止めておきましょう。

「承る」は間違いやすい敬語!

いかがでしたでしょうか?「承る」は、言葉の意味をきちんと理解していなければ間違えて使いやすい言葉です。

そのため、何となくのニュアンスで使っている人や、意味をよく知らないのに多用している人は、まずは「承る」の意味や正しい使い方をきちんと理解するように努めましょう。

その上で、使い間違いのないように場面に合わせてしっかりと使いこなしていきましょう。