ビジネスシーンで時々聞くことのある、「◯◯する所存です」という言い方。

この「所存」の意味や使い方を、あなたは理解していますか?

場面によっては「所存」を使う必要があったり、または誰かが言っているのを聞いたりしますが、「所存」の意味や使い方を分かっていないと、相手の言葉を理解することが出来ない上に、誤用をしてしまうかもしれません。

そこで、この機会に「所存」についてきちんと意味を理解し、使い方をマスターしておきましょう!

️「所存」について詳しく解説!

ビジネスのようなかしこまった場面で、「所存」という言葉がよく用いられます。

例えばある社員が上司に対して、「本日は◯◯をする所存です」と報告していたり、大勢の前でスピーチをする際に、「今後とも、会社のために貢献していく所存です」と言っていたり、さまざまな場面で「所存」という言葉を聞く機会があるでしょう。

また、直接「所存です」と口にすることもあれば、メールや手紙に書いてある場合もあります。

例えば取引先の会社からのメールで、「ご依頼のありましたお見積りの件は、来週の火曜日までにお送りする所存です」などと送られてきたり、「社員一丸となって今回のプロジェクトに取り組んでいく所存です」という内容だったり、メールの詳細に限らず、あらゆるところで「所存」の言葉が使われています。

それだけ社会に出るとあちこちで聞いたり見たりする機会が多いため、「所存」の正しい意味や使い方について、きちんと知っておく必要があるでしょう。

社会人になると、授業では習わなかった言葉使いや敬語についても使う機会が増えますが、「所存」もそうした言葉の内の一つです。

社会人であれば誰もが使えて当たり前だと考えられていますので、「知りませんでした」「習っていませんでした」で許されるのはせいぜい社会人1年目までです。

会社によっては社会に出たばかりでも使いこなせて当然と考えるところもありますので、出来るだけ早い内から「所存」の意味や使い方をマスターしておきましょう。

以下に「所存」の意味を詳しく解説していきます。

️「所存」の意味

「所存」という言葉には、「心に思っていること」「考え」「意見」といった意味があります。

人は誰でも心の中でさまざまなことを考えます。

その場の状況について考察したり、自分や相手の気持ちに思いを巡らせたり、そうした心に浮かんださまざまなことを言葉にする際に、「所存」という言葉を用いることがあるのです。

後述しますが、「所存」とは「思う」の謙譲語ですので、何気ない日常の中ではわざわざ「所存」という言葉を使うことはありません。

プライベートや日常的な場面では、そのまま心で考えていることを、「◯◯だと思う」と口にすることが多いです。

しかしそれが公的な場面やビジネスシーンなどの、やや堅苦しいシチュエーションの場合には、その場に相応しいかしこまった物言いをする必要があります。

「所存」とは、そのような場面で使われることが多いのです。

考え方

「所存」には、「考え方」という意味があります。

考え方とは、「考える方向や」「考える筋道」のことです。

自分の心にふと思い浮かんだことで、それをどのように考えていくのかを決めていくのが考え方です。

例えばあなたに今日こなさなければならない用事が3つあるとします。

1つは市役所に行くこと、1つは買い物に行くこと、そしてもう1つはDVDを返しに行くことです。

この3つの用事の内、どの順番から回っていくのが効率的かと計算するのが「考え方」です。

私たちはこの考え方を毎日当たり前に行っていますので、「今から考えよう」といちい心で意識してから考え始めることはあまりしませんよね。

何かしたいことややりたいことが思い浮かんだ時には、もう自然とそれに対して考えを巡らせ始めます。

そうした物事に対する考え方も、「所存」の意味の内の1つなのです。

意見

「意見」とは、「人が特定の状況や対象に対してもつ特定の態度の言語的表明」です。

もっと簡単に説明すると、「ある問題に対する主張や考え」「自分の思うところを述べて、人の過ちを諫めること」などです。

よく、「意見する」という言葉を耳にしますが、これは「自分の考えを相手に伝える」ということです。

その漢字が表す通りに、自分が見聞きしたことに対して思う意志を、自分以外の相手に伝えることが「意見」です。

また、意見をまとめるまでには客観的な事実や主観的な考え、個々の気持ちなどさまざまな要素を吟味しますが、それらを1つの意見として口に出す際には、あくまでも「個人の主張や考え」を表明することになります。

そのため必ずしも自分の意見だけが正しいというわけではなく、時には誰かと意見が合わなかったり、自分の意見の方が間違っていたりすることもあります。

心で考えることが「所存」であるのなら、それを口に出した時点で「意見」になると言っても過言ではないでしょう。

意向

「意向」は、「どうしたいか・どうするつもりかという考え」「心の向かうところ・思惑」などの意味があります。

「所存」は「心に思っていることや考え」という意味ですので、まさしく意向そのものと言えるでしょう。

心に思うことを口に出す時には「所存」となりますが、「所存」はあくまでも自分自身の考えを述べる際に使う言葉ですので、相手の意思や意見を言う際には「所存」という言葉は使いません。

一方で、「意向」は自分の考えだけでなく、相手の考えを示す際にも用いる言葉です。

例えば「私の意向は◯◯です」と口に出すこともあれば、「◯◯はあの人の意向です」と言うこともあります。

むしろ、「意向」を口にする際には、自分の考えに対してではなく、相手の考えに対して言葉にすることの方が多いかもしれません。

自分の考えを言葉にする場合は「意向」ではなく「意見」や「所存」という言葉を用いるのが一般的です。

️所存の正しい使い方


「所存」とは、要するに「私はこう思う」「私はこう考える」という意志の表明です。

「考える」「思う」という言葉の代わりに「所存」を使うのが普通で、ビジネスシーンのようにかしこまった表現が求められる場面では、「考える」「思う」の代わりに「所存」を使います。

そうすることでその場に相応しい言葉使いが出来ますので、周囲から悪い印象を受けることはありませんし、また一定の教養はあるとみなされます。

普段あまり使い慣れない人では、「所存」という言い方は何だかとても堅苦しい印象に思えるかもしれませんが、実際にはビジネスシーンにおいてかなりポピュラーな言葉です。

それゆえ例え自分が口にする機会は少なくても、他の人は頻繁に使っていたり、メールの文書などで目にしたりする機会が多いのです。

では、「所存」を正しく使うためにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?ポイントを以下にまとめました。

目上の人に使える言葉

「所存」は敬語の一種です。

敬語は主に目上の人に対して用いる言葉ですので、「所存」という言葉を使う際は相手が目上の存在であるのが基本です。

また、目上の相手だからこそ、「◯◯する所存です」と全体の文章や言葉使いも丁寧であることが求められます。

「◯◯の所存」と短く言葉を切ると、敬語を使っているようできちんと使えていない上に、まるで時代劇の中の言葉使いのように、相手に妙な違和感を与えてしまうかもしれません。

そのため、きちんと「所存」以外の部分でも丁寧な言葉使いをする必要があります。

また、敬語ですので目下の相手には「所存」を用いることはまずしません。

目下の相手にこちらがへりくだる必要はありませんし、もし敬語を使えば相手が困ってしまいます。

丁寧な言葉使いは立場に関係なく誰にしても問題はありませんが、敬語の場合にはきちんと互いの立場や関係性を把握した上で使うように気を付けましょう。

「思う」の謙譲語

「所存」とは、「思う」の謙譲語です。

謙譲語は目上の相手に対して使う敬語で、自らをへりくだった言葉の表現方法を用います。

例えば「もらう」ならば「いただく」、「行く」なら「伺う」など、常に自分の都合よりも相手の都合や立場を優先したものの言い方をします。

謙譲語を使う時には、相手を自分よりも上の存在だと認めていることになりますので、当然言葉使いに合わせて態度も失礼がないようにしなければなりません。

例え口では謙譲語で話していても、態度が上から目線だったり適当なものであったりすると、慇懃無礼な印象に受け取られてしまうことがあります。

慇懃無礼な態度は、タメ口で話されるよりも人によっては嫌味に感じてしまいますので、「所存です」と言葉にする際にはそれに合った態度をとるように心がけましょう。

自分の考えや意見を伝えるとき

「所存」は、自分の考えや意見を伝える時に用いる言葉です。

「私はこう思います」という言葉を目上の人に伝える時に、「私はこういう所存です」と謙譲語に言い換えて伝えます。

そうすることで、目上の人に敬意を払いながらもきちんと自分の考えや意見も伝えることが出来ます。

また、へりくだった言い方と礼儀を払った態度で接すれば、「所存」の内容が豪快なものであったり、やや過激なものであったりしても、相手は失礼に感じることなく受け取ってくれる可能性が高いです。

さらに、「こう思う」という自分の考えや意見を伝えていますので、「◯◯の所存です」と言い切る際にはその言葉を裏付けるような堂々とした態度が求められます。

相手や場面によって使い分ける


すでにご紹介したように、「所存」とは敬語の一種で、目上の相手に対する謙譲語です。

そのため目下の相手や自分と同等の立場の相手には「所存」という言葉は使いません。

また、ビジネスや公的な場など、かしこまった態度や言動が求められる場面では「所存」は大いに役に立ちますが、日常生活の中で「所存」と使うと、堅苦しく人によってはわざとらしく感じてしまうかもしれません。

そのため、プライベートで使う時には「思う」や「考えている」などのごく一般的な言い方をするようにしましょう。

「◯◯する所存です」

「所存」という言葉を使う時は、「◯◯する所存です」と言うのが基本です。

例えば「今度のプロジェクトを全力で頑張りたいと思います。」という場合には、「今度のプロジェクトを全力で頑張る所存です。」となります。

また、例えば「一人ひとりの顧客に対して丁寧な接客を心がけていくつもりです。」という場合なら、「一人ひとりの顧客に対して丁寧な接客を心がけていく所存です。」となります。

「所存」は、「◯◯だと思います」「◯◯だと考えています」「◯◯するつもりです」などの言い換えとして使うことが出来ます。

「思う」や「つもり」の場合には、相手によっては「思うなら早くやれ」や「つもりじゃなくてやるって言い切れ」などと指摘をすることがあります。

しかしこれらを「所存」という言い方をすることで、相手に対する敬意とこちらの意志を同時に表すことが出来ますので、これらの指摘を受けることはほとんどないでしょう。

「◯◯と思う所存です」は間違い

時々、「◯◯と思う所存です」という言い方をする人がいます。

一見とても丁寧な言い回しのように思えるため、相手に敬意を払おうとしてこのような言い方をしてしまうことがありますが、この言い方は大きな間違いです。

何故なら、「所存」とは「心に思っていること」「考え」「意見」といった意味があります。

つまりは「思っている」ことですので、それにさらに「思う」という言葉を付けてしまうと、「◯◯と思う思いです。」と二重の言い回しになってしまいます。

とてもしつこく、くどい印象になってしまうため、「所存」を使う時には「思う」や「考え」といった言葉を重複して使わないように注意しましょう。

️漢字を解体して考えてみる

「所存」は、「所」と「存」の2つの漢字から成り立っています。

どんな言葉でもそうですが、たった一語だけでたくさんの意味を表わす漢字もあれば、いくつかの漢字が重なることで1つの意味になる言葉もあります。

例えば「合縁奇縁」や「春夏秋冬」「日進月歩」などの四文字熟語の場合には、4つの漢字が組み合わさることで1つの意味を表わしています。

そのため「所存」をもっと詳しく調べる場合には、漢字を解体して考えてみることも大切です。

「所」の意味

「所」は、「しょ」や「ところ」と読みます。

空間的な場所や、人や物が存在する場所を意味し、住所や地域、あるいは限定された場所を指します。

また、具体的な場所を指すこともあれば、抽象的な場所や場面、範囲などを意味することもあります。

地位や立場、事柄や程度を表わす場合もあり、「所」の一文字だけでたくさんの意味があります。

また、使い方によっては「掴みどころがない」や「ところで」など、他の言葉と合わせて用いることもあります。

ありか

「所」は、ありかを指す場合に使うことが多いです。

例えば「財宝のありか」「書類のありか」など、どこにそれが存在しているのかを示す際に、「所」を「ありか」として使います。

曖昧な場所の場合もあれば、ハッキリとそれがどこにあるのか分かっている場合もあります。

また、どこにあるのかそのありかを尋ねる場合もあります。

位置・地点

「ところ」は地図の読み方で用いると、位置や地点を表わします。

どの地点に目的の場所があるのか、経度や緯度の位置、地点といった数値的なものを表わす際にも頻繁に用いられます。

ところ・場所

「ところ」は、そのまま場所を示す場合も多いです。

「博物館の場所はどこにあるのか」「どこの公園で待ち合わせをするのか」など、場所を尋ねたり、決めたり、示したりする際によく用いられます。

「存」の意味

「存」は「そん」「ぞん」と読みます。

「現にある・生きている」「保ち持つ」「生きながらえる」「いたわり尋ねる」「思う・心得る」などの意味があります。

そこに存在していることや生きていること、思っていることなどを一文字で表しています。

また、「所存」としての意味は、「思う」です。

「所」がところや場所を示し、「存」が思うことであるのなら、「所存」とは正に、「心(場所)」に「思う」ことでしょう。

ある・いる

「存」には、「ある・いる」といった意味があります。

今この場所に自分という存在がある、自分の求めている運命の相手がどこかにいる、といった、物や人が存在することを示しています。

「ある」を漢字で表すと「在る」となりますが、これも存在という意味から漢字があてられています。

生きている

「存在している」ということは、すなわち「生きている」ということです。

もちろん無機質な物質の場合には生命は宿っていませんが、そこに確かに「存在」はしているでしょう。

命あるものの場合も、当然その場所に「存在している(生きている)」状態です。

それは目に見える確かな形で表現されることが多く、命が宿っているものは皆等しく「生きている」のです。

あらしめる

「あらしめる」は、「あるようにさせる」「存在を示すようにさせる」といった意味の言葉です。

そのため「存在」や「ある」を表わす「存」の意味の一つとされています。

「あらしめる」を使った例文には、「不屈の努力が今の自分をあらしめた」や「彼女の崇高な考えを周囲にあらしめる」などがあります。

「あらしめる」は普段使いとしてはほとんど使われることがなく、小説や記事などで目にする機会がある程度でしょう。

️「所存」に似た言葉

「所存」は、自分の心にある気持ちや思い、考えなどを目上の人に伝える際に用いる言葉です。

そしてこの「所存」には、似た意味を持つ言葉がいくつか存在しています。

どんな言葉が似た意味を持つのかを以下にご紹介していきますので、参考までに覚えておくと良いでしょう。

旨趣

「旨趣」は「ししゅ」「しいしゅ」と読みます。

「事柄の意味や理由」という意味があり、また「趣旨」とも表現します。

また、「心の中で考えていること」という意味もあり、この意味が「所存」と似ています。

とはいえ、例えば「これから一生懸命に励んでいく所存です。」という文章を、「これから一生懸命に励んでいく旨趣です。」と表現することはまずありませんよね。

例え意味は似ていても、ビジネスシーンや公的な場面では、「旨趣」ではなく「所存」が用いられるのが一般的です。

そのため、「旨趣」という言葉の意味はおろか、その言葉自体聞いたことがないという人もいるかもしれません。

もしも「旨趣」を使う場合には、「私の旨趣は◯◯にあります」といった使い方をするのが望ましいでしょう。

旨意

「旨意」は「しい」と読み、「考えや意図」を意味します。

同じ読み方に「恣意(しい)」があり、こちらは「自分の思うままに振舞う心や気ままな考え」という意味があります。

時々「恣意的な判断」などの言葉を見たり聞いたりする機会がありますが、これは「気ままで自分勝手なさま」という意味ですので、「旨意」とは意味が異なっています。

もし「旨意」を用いて例文を作る場合には、「個人的な旨意はない」や「こちらの旨意を察して欲しい」などになります。

論意

「論意」は「ろんい」と読み、「議論で、言おうとしている主な意味」「論じていることの主意」といった意味があります。

「所存」に近い意味は後者です。

「所存」の場合には「心に思っていることや考え」「意見」といった意味ですので、自分の意見を述べる際によく使いますが、「論意」の場合には「論じていることの主意」ですので、単に自分の意見を述べるというのとは少し違っています。

とはいえ、「自分が何を言いたいのかを相手に伝える」という部分では、「所存」と意味が似ているでしょう。

「論意」も普段使いはせず、またビジネスシーンでもあまり用いられることはないでしょう。

含意

「含意」は「がんい」と読み、「表面に表れない意味を含みもつことやその意味」という意味があります。

例えば実際に言葉にしているもののほかに、視線や表情、声色で言葉には表しきれない感情を察した場合に、相手の「含意」を感じ取ったと表現出来ます。

誰かと話をしていて、相手が「そうなんだ~すごいね!」とこちらを褒めてくれた時に、もしその目が一切笑っていなかったとしたら、恐らく本心では「すごい」と思ってはいないでしょう。

また、悪口を言われて「気にしていないよ」と笑っている人が、顔色を僅かに赤くしていたのなら、それは本心では怒っているのでしょう。

そうした言葉として、表面上には表れない相手の意図や気持ちを「含意」といいます。

心の中で思っていることという意味では、「所存」と似ていると言えるでしょう。

魂胆

「魂胆」は「こんたん」と読み、「心に持っているたくらみ」や「策略」などの意味があります。

たくらみや策略は賢くて、頭がいいからこそ出来ることではありますが、多くがずる賢い考えのもとに行われているたくらみのため、「魂胆」という言葉も世間一般には悪いものとして定着しています。

また、時々「お前の魂胆は見え見えだ!」「それが魂胆だったのね・・!」などのセリフをテレビや映画で見ることがありますが、そうした見聞きする情報も悪い意味として使われているものが大半ですので、世間一般に「魂胆とは悪いもの」という認識が広まったのでしょう。

また、心の中の考えという部分では「所存」と似ていますが、それが良い意味なのか悪い意味なのかで使い方が変わってきます。

主張

誰もが一度は聞いたことや使ったことがある「主張」という言葉は、辞書では「自分の意見や持論を他に認めさせようとして、強く言い張ること」という意味があります。

また、そうした意見や持論をまとめて「主張」と表現することもあります。

心の中の考えを意見にするという部分では「所存」と似ていますが、さらにそれを他人にも認めさせようとする少々の強引さが「所存」とは違っています。

その強引さから、「主張」はとくに強い意思表示を表わす言葉でもあり、またやや頑固なイメージもあるかもしれません。

他人には譲れない強い気持ちは大切ですが、「所存」よりもきついイメージになってしまうため、「主張」に対して「我が強い」と感じる人もいるでしょう。

見解

「見解」は「物事に対する考え方」や「価値判断」などの意味があります。

また、同じ漢字で「けんげ」と読む言葉の場合には、「心理を見極める力や洞察力」といった意味もあります。

「所存」に近い意味としては前者でしょう。

「所存」は自分の心で考えたことを意見として口にすることですので、まずは「見解」で自分なりに考えて価値判断をし、その後で考えを「所存」として口に出し、行動に移すといった流れになるのが一般的です。

️所存を使った例文

「所存」の意味や使い方が分かったところで、今度はどのような場面でその言葉を使うことが多いのか、例文で想定しながらチェックしていきましょう。

「所存」は謙譲語ですので、すべての例文が上司や目上の人に対する意見であることが前提です。

その上で、どのような例文があるのかを見ていきましょう。

例文1

「この度は弊社の商品をご利用くださり、誠にありがとうございました。今後とも、貴社のお役に立てるよう、新たな商品の開発に鋭意努力してまいる所存です。」

この例文では、ある会社の開発した商品を他の会社に購入してもらったため、それに対するお礼のメールを送信したものです。

自社が開発した商品を購入してもらうということは、いわば購入先の会社は自社にとってはお客様です。

そのため謙譲語を用いてお礼のメールを書いています。

このメールでは購入してもらったことに対するお礼を述べた後で、今後も自社の商品を購入してもらえるように、今以上に開発に力を入れて頑張っていきたいという意欲を、「鋭意努力してまいる所存です。」の言葉で表現しています。

例文2

「この度一大プロジェクトのリーダーに任命されました◯◯と申します。

皆様のご期待に添えるよう、また会社に多大な貢献が出来るように、一意専心励んでまいる所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。」この例文では、一大プロジェクトのリーダーに任命された人が、プロジェクトに対する意気込みを上司や同僚たちの前で表明しています。

「一意専心励んでまいる所存」というのは、「他に心を動かされることなく、ひたすらに一つのことに励んでいこうと思います」という意味で、この場合の「一つのこと」とはもちろん一大プロジェクトのことです。

このように、大勢の前で決意表明をする際にも「所存」という言葉を使うことは多いです。

例文3

「この度駅伝のアンカーに抜擢され、皆の期待を背負って勝利を掴む所存です。」この例文では、駅伝のアンカーに抜擢された人が、その意気込みを表明しています。

ビジネスシーンのように、上司の存在はありませんが、駅伝の監督やコーチ、仲間やその家族、応援してくれる人たちなど、不特定多数の相手を前にして意志を表明する場合にも、謙譲語である「所存」を用いることが多いです。

例文4

「この度は弊社のサービスをご利用くださり誠にありがとうございました。今後もより一層のサービス向上に努めてまいる所存でございます。」

この例文では、ある会社のサービスを利用したお客のところへ、後日お礼のメールが届いたという設定になっています。

どこの会社でも、自社のサービスをお客が利用したら、まずはそれに対するお礼の言葉を挨拶と一緒に送ります。

その後で他のサービス内容も提示したり、もしくは例文のように「今後もサービス向上に努めます」といった内容を送ったりします。

今回の例文では「所存でございます」という言い方をしていますが、「所存」には「ございます」と言葉を続ける場合もあります。

時々「『ございます』を付けるのは二重敬語になっておかしい」という指摘を聞きますが、基本的には間違いではないため、「所存でございます」という表現をしても問題ではありません。

むしろ、会社によっては積極的に「所存でございます」という言い回しを多用しているところもあります。

️所存を正しく使っていこう

いかがでしたでしょうか?

ビジネスシーンで特に使う機会の多い「所存」という言葉。

社会人であればその意味を理解し、使いこなせて当たり前だと考えられていますが、いつその言葉を使う機会が来るのかは予想が出来ません。

そのため、突然上司からこちらの意見を求められた時などには、「私は◯◯の所存です」と戸惑うことなく口に出来るよう、日頃から「所存」を使った言葉や文章を考える癖をつけておくと良いでしょう。