ビジネスの場で頻繁に用いられる「弊社」という言い方。

あなたも社会人であれば一度は使ったことがあるかもしれません。

「弊社」とはどういう意味でしょうか?

「弊社」の他にも「当社」や「貴社」「御社」など、さまざまな呼称がありますが、どのようにそれらの呼称を使い分ければ良いのかをあなたはきちんと理解出来ていますか?

新社会人ではまだよく理解出来ていないかもしれない「弊社」を始めとしたさまざまな会社の呼称について詳しく解説していきます!

️「弊社」の詳しい解説!

「弊社では・・・」「弊社の場合・・」など、ビジネスのさまざまな場面で「弊社」という言葉を耳にする機会があると思います。

会社の呼称ですので、「ビジネスでしか使うことがない」と思っていても概ね間違いではないでしょう。

取引先相手の会社の人がそう言っているのを耳にすることもあれば、自分が使うこともある「弊社」という言葉。

この言葉の意味をきちんと理解しておかなければ、どのような場面でどのように言葉を使えば良いのか分からずに、上手く言葉を表現することが出来なくなってしまうかもしれません。

また、「弊社」を始めとして、「御社」や「当社」など、会社に対するさまざまな呼称は、社会人であれば使いこなせて当たり前だと考えられています。

会社によってはそのような呼称があると研修で説明することもなく、最初から使いこなせて当然だとするところもあるでしょう。

就活の際に知る機会があるかもしれませんが、人によってはまったくそれらの呼称を知らないままで社会人になる人もいるかもしれません。

そこで、いつでも使いこなすことが出来るように、この機会に改めて「弊社」を始めとした会社の呼称について理解を深めておきましょう。

️「弊社」の意味

「弊社」とは、自分の会社の謙譲語で、「小社」ともいいます。

「粗末な会社」「至らぬ会社」「ちっぽけな会社」などの意味があります。

謙譲語というのは自分を相手よりも下の立場に置いて、へりくだったものの言い方をすることです。

そのため、「自分の会社では・・」と相手に話す際には、自分が相手よりも下の立場だと感じたのなら「弊社では・・」という言い方をするということです。

一度謙譲語を使うからには、その後の会話の中でも「申し上げます」や「◯◯させていただきます」など、統一して謙譲語を使いましょう。

「弊社」という謙譲語の呼称を使っておきながら、他の会話はタメ口や丁寧語だと会話が不自然な印象になってしまいますし、教養のある相手の場合、「この人は言葉使いがきちんと出来ていない」と思われてしまいます。

また、謙譲語は自分を相手よりも下に置くのが基本ですが、どんな相手に対しても「弊社」という言葉を使えばいいというわけではありません。

例えば相手が自分の会社の顧客の場合には、お客様を敬う気持ちで「弊社」と使うのは問題ないでしょう。

しかし、取引先の会社が明らかに自分の会社よりも下の立場だった場合には、こちらが「弊社」と使うのはおかしいですし、また使われた側も困惑してしまいますので注意しましょう。

自分の属する会社の謙称


「弊社」とは、自分の属する会社の謙称です。

つまりは自分の会社のことを指しますので、あくまでも自分の会社のことを言うときにのみ「弊社」という言葉を用いるようにしましょう。

間違っても相手の会社を示す際に使ってはいけません。

「会社に対してならどんな風に使ってもいい」と思っている人は大きな勘違いですので注意しましょう。

相手の会社に対して使う呼称は他にあります。

「弊社」は自分の会社に対してのみ使う呼称であるときちんと理解しておきましょう。

その上で、相手よりも自分の会社の方が、立場が下なら「弊社」という謙称を使います。

社外で自分の会社のことを指す場合

「弊社」という謙称は、社外で自分の会社のことを指す場合に用いられます。

例えば外で取引先の会社の人と会って話をしている際に、「自分の会社では~」というところを、「弊社では~」という言い方をします。

また、何も会社の外にいる時にしか使わないというわけではありません。

例えば自社内に他の会社の人や顧客を招いて話をする機会があるとします。

そうした場合にも自社のことを指す時には「弊社ではこのように次の商品について取り組む所存です。」
などと言います。

また、直接言葉にする以外にも、メールや手紙で「弊社」と用いる場合があります。

例えば自分の会社の親会社に対してメールを送る際に「先日はお忙しい折、弊社に足をお運びいただき誠にありがとうございました。」などのように、文章で「弊社」と使うことも多いです。

顧客に宛てた手紙や取引先の会社へのメールなど、さまざまな場面で「弊社」を使う機会が多いため、何となくのニュアンスで使ってしまっているという人もいるかもしれません。

しかし、「弊社」が謙称だときちんと理解していないと、思わぬところで間違った使い方をしてしまうかもしれませんので、やはり「弊社」の意味や使い方を理解した上で間違いのないように使いこなしましょう。

弊社の例文


「弊社」を使った文章にはどのようなものがあるのかを、例文でご紹介していきます。

まだ使い方がよく分からないという人は、以下の例文を参考にしてみて下さい。

文章の中で必要な部分を入れ替えたり、少し内容を変えたりして自分で「弊社」を用いて文章を作ってみるといい練習になるでしょう。

使い方が分からなければ、まずはそうして自分なりに文章を作って練習することも大切です。

社会人になると言葉使いについて教えてくれない会社も多いので、本人の積極性が求められます。

必要があれば直ぐに「弊社」を用いた文章が考えられるようになっておきましょう。

例文1

「日頃より、弊社のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。」この例文では、ある会社が主に顧客に対して多く使っている挨拶の言葉です。

口頭のみならず、手紙やメールでも文章の最初に必ず一言挨拶を付けますが、その際に「弊社」と用いることが多いです。

この「サービス」の部分を他の言い方にすれば、さまざまな応用が利きます。

例えば「日頃より、弊社の商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。」や、「日頃より、弊社のカスタマーサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。」など、短い挨拶の中に、日頃から顧客や取引先の会社に対する感謝の気持ちを伝えることが出来ますので、冒頭の挨拶としては非常に多く使われています。

もし最初の挨拶をどのように書けばいいのか分からなくて困った時には、この例文の形を少しアレンジして使ってみてください。

例文2

「先般、弊社にて発生した発注ミスでは、貴社に多大なご迷惑をおかけ致しました。ここに社を代表して深く陳謝申し上げます。」この例文では、自社のミスで他の会社に迷惑をかけてしまったことについて謝罪をしています。

「先般」は「このあいだ」という意味があり、ビジネスなど敬語が用いられる場面では多用されています。

「先日」も似た意味ですが、ある程度の堅苦しさが必要とされる場合では「先般」と用いておくと無難でしょう。

また、「貴社」は「あなたの会社」という意味で、相手の会社のことを指しています。

より具体的な意味は後にご紹介します。

さらに「陳謝」とは、「事情を述べて詫びること」という意味があり、「謝罪」よりも丁寧で重みがありますので、謝罪をする場面では「陳謝」を用いた方が良いでしょう。

どのような仕事でも、ミスがないのが最も理想的ですが、仕事をするのが人間である以上、いつかは大なり小なりミスが出てしまいます。

そして発生したミスで取引先の会社や顧客に迷惑をかけてしまった時には、心からの謝罪が求められます。

こちらの事情で相手に迷惑をかけてしまったのですから、ミスの内容によっては信用問題にも発展しかねません。

そのため、謝罪の言葉一つとってもきちんと誠意あるものでなければなりません。

例文では発注ミスとありますが、これを火災や生産トラブル、情報通信機器の故障などと内容を入れ替えることが出来ます。

謝罪の文など使う機会がないのが一番ですが、もし何かトラブルがあった際には参考にしてみて下さい。

例文3

「この度弊社におきましては、毎年恒例となっています地域物産展への出店を予定しております。」この例文では、自分の会社が毎年恒例の地域物産展へ出店をするというお知らせをしています。

取引先の会社や顧客などに宛てて、何かしらのお知らせがある場合にはこのような文章を使うことが出来るでしょう。

今年初めての試みであれば「毎年恒例」の部分を削り、また「地域物産展への出店」部分をお知らせ内容に変更すれば、そのまま文章を使うことも可能です。

また、他の内容であっても、何かの告知をする際には「この度弊社におきましては・・・こととなりました。」のくだりを用いて文章を考えることが出来ます。

️「弊社」に似ている・関連する言葉

「弊社」は、自分の会社を相手よりも下に置いた際に用いる謙称です。

ですが本来の意味は「自社(自分の会社)」ですので、それに似ていたり、関連していたりする言葉もあります。

それら似た言葉の意味をそれぞれにきちんと理解していないと、どのような場面で正しく使えば良いのかが分からずに、うっかり誤った使い方をしてしまうかもしれません。

社会人にもなって言葉使いや敬語があやふやのままでは、上司や取引先の会社から呆れられてしまったり、信頼され難くなってしまったりします。

「敬語なんて適当でも、自分に実力さえあれば昇進出来る!」と考えている人も中にはいるかもしれませんが、少なくとも日本国内では、礼儀作法や常識をきちんと身に付けていない人は、どんなに能力があっても辿り着けるところには限界があります。

ものすごく仕事のスキルが高くても、社長に対して無礼な言葉使いをしてしまった結果、会社をクビになってしまうこともあるのです。

一方で、能力はそこそこでも、きちんと正しい敬語や言葉使いが出来、人間関係もそれなりに立ち回れる人の方が、地道ではありますが確実な出世を狙っていきやすいのです。

他の敬語同様に、「弊社」に似た呼称についてもきちんと知っておくと、必要な場面で正しく使いこなすことが出来、周りからの印象も悪くなることはないでしょう。

️社内で自分の会社のことを指す場合

社外で自分の会社のことを指す場合には、「弊社」を用いるということはすでにご紹介しました。

では、社内で自分の会社のことを指す場合には、どのように表現をすれば良いのでしょうか?例えば社外の場合には、「弊社」でなくとも会社の正式名称で相手に伝えることも出来ます。

しかし、同じ会社内の人に対して、会社の正式名称で指すことはまずないですよね。

では自分の会社のことを社内の人に言う時には、何と呼称すれば良いのでしょうか?以下にご紹介していきます。

当社

「弊社」よりも、「当社」という言葉の方が見聞きすることが多いという人もいるでしょう。

「当社」とは、「この会社」や「この神社」といった意味があります。

神社として使うことはほとんどないため、一般的には「当社といえばこの会社」と意味を覚えておくと良いでしょう。

例えば社内で上司が部下に対して、「当社ではこのようなやり方をしているため、あなたも覚えておいてください。」と使うことがあります。

また大勢の集まる企画やプレゼン発表の場で、「当社ではこのようにプロジェクトを進めていこうと考えております。」と言うこともあります。

「当社」は、自分の会社の呼称の中でも比較的丁寧な言い方です。

そのため、社内ではもちろん、社外でも「当社」を用いることがあります。

例えば下請け会社へ対してはこちらがへりくだった言い方をする必要はないため、「当社」を用います。

また、相手に対して自分の会社側の方が自信がある場合にも、「当社ではこのように考えております」と使うことがあります。

当社の例文1

「いつもお世話になっております。先日ご提案をいただきました件について、当社で精査いたしました結果、残念ながらご期待に添えることは出来ないとの結論に至りました。」この例文の場合は、相手を自分の会社と同等か、または下に置いた文章の作りになっています。

丁寧な書き方はされていても、「あなたの提案内容は受け入れられませんよ」とハッキリと断りを入れており、またそれに対して「残念」という言葉を使ってはいても、「申し訳ありません」と謝罪の言葉は使っていないため、会社側の自信を感じさせます。

このように、会社側がへりくだることがない文章の場合には、文章の内容や受け取る側によってはやや不愛想な印象に感じることがあるかもしれません。

そのため「当社」を社外に対して使う場合には、よほど「使ってもいい相手」である必要があります。

当社の例文2

「当社の来期の目標売上は60億円です。みなさん一人ひとりが頑張っていきましょう。」この例文は、会社の社長から社員たちへ向けたものです。

すなわち、社内に対して使われています。

「当社」は基本社内に向けて使われるものですので、社長が社員に使うことはまったく問題も違和感もありません。

また、社内のどの立場の人が使っても問題はありません。

社長や役職を始めとして、一社員でも積極的に「当社」の呼称を使っていけます。

とはいえ、日頃から「当社」と使う機会は実際にはそこまでないかもしれません。

大勢の前で何かを発表する際や、飲み会の音頭の時など、一対多数に向けての時に使われることが多いでしょう。

わが社

「わが社」は「我が社」と書きます。

「私の会社」という意味ですので、もっぱら社内に対して使われています。

「当社」の場合には「この会社」という意味であり、丁寧な呼称ですので、社内の誰が使ってもまったく問題はありません。

しかし一方で、「わが社」の場合には、その呼称を使える人物はある程度限られてきます。

例えば会社に就職し立ての新人が、「わが社ではどのような業務形態をしているのですか?」などと呼称を使っていたら、誰もが違和感を覚えることでしょう。

「わが社」という呼称を使うには、最低でも数年はその会社に勤めている人がふさわしいという暗黙の了解があります。

そのため、社長や部長、課長などの役職者が「わが社をもっと盛り上げていこう!」と言っていれば自然に受け入れられますが、会社のこともよく知らない新人や一社員が「わが社をもっと盛り上げていきましょう!」と言っているのは、誰もが違和感を覚えてしまいます。

もちろん本来は自分の会社に対して使う言葉ですので、例え新人や一社員であっても使うことは間違いではありません。

しかし、堂々と「私の会社!」と言えるようになってから使った方が望ましいと考えられています。

わが社の例文1

「わが社も年々売上げが上がっていて、良い傾向だ。」この例文は社長もしくは役職者が自社の売上げ向上について話しているものです。

言葉使いとは不思議なもので、その年齢や立場に相応しくなると、自然とそれに適した言葉使いをするようになります。

「わが社」もその一つで、就職し立ての新人は、よほど世間知らずでもない限りは、自ら「わが社」と呼称することはまずありません。

会社に勤めて数年間は社内では「当社」という呼称を使います。

そしてある程度勤続年数が経過したり、役職の立場に就いたりすると、今度は自然と「当社」から「わが社」へと呼称が変わります。

それは、「自分はこの会社とも付き合いが長い」「自分は会社に貢献している」といった自信の表れであることが多いです。

わが社の例文2

「わが社も将来的にはもっと事業を拡大させていくつもりだ」この例文は会社の社長や会長が使うことが多いです。

自分で会社を経営している人の場合、その人のつくった会社ですので、「わが社」というのはまさしく「私の会社」という意味になります。

自分の会社を「わが社」と呼称するのは当たり前のことですので、堂々とその呼称を日頃から使っている経営者も多いでしょう。

️相手の会社のことを指す場合

自分の会社をへりくだって呼称する際には「弊社」といい、また社内で呼称する際には「当社」「わが社」といいます。

では、相手の会社を指す場合には、どのような呼称をすれば良いのでしょうか?普通は「あなたの会社」となりますが、それをそのまま相手の会社へ使う人はまずいないでしょう。

では、その代わりになんと呼称すれば良いのかを、以下にご紹介していきます。

貴社

「貴社」とは、「あなたの会社」の尊敬語です。

また「あなたの神社」の尊敬語でもありますが、ビジネスの場面では前者の意味として使われています。

同じように「あなた」を尊敬語にした言葉に「貴殿」や「貴婦人」「貴人」などがありますが、どれも普段使いはしない言葉です。

「貴社」は相手の会社に対して使いますが、とくに自分の会社よりも相手の会社の方が、立場が上の場合にはよく用いられています。

「当社」と同じくらいに「貴社」も使う頻度が多いので、きちんと使いこなせるようにしておきましょう。

以下に「貴社」つかった例文をご紹介します。

貴社の例文1

「貴社のご発展をお祈り申し上げます。」この例文は、簡単に言えば「あなたの会社の発展を祈っていますね」という意味です。

本心としても、社交辞令としてもよく相手の会社の発展を願う言葉を挨拶の文末に付けることがあります。

そのため、「貴社のますますのご発展、ご活躍をお祈り申し上げます。」と表現する場合もあります。

例え関わりの薄い会社であっても、また親密な関係にある会社であっても、関係なく挨拶の一つとして相手の会社の発展を願う文を付けることは常識とされていますので、あちこちで使う機会があることでしょう。

貴社の例文2

「貴社におかれましては、本年をもって創業10年を迎えられ、誠におめでとうございます。」この例文は、相手の会社の創業10年を祝ったものです。

「貴社」はこのように、ややかしこまった文章の際に用いられることが多いため、とても丁寧な印象を相手に与えます。

貴社は聞き間違えやすい

「貴社」は「きしゃ」と読みます。

メールや手紙で書かれていればすぐに会社を尊敬語で表したものだということが分かりますが、口頭にすると誤解を招く場合があります。

「記者」や「汽車」など、同じ読み方の言葉と混同されることが多いため、「貴社におかれましては・・・」と口頭で言った際に、相手が「?」となってしまうことがあるかもしれません。

また、「貴社」という呼称は実は正式な言葉として登録されていません。

「貴婦人」や「貴殿」といった言葉が先にあったため、いつしか会社に対しても同じように「貴」を付けるようになったのです。

そのため、口頭の場合は明らかに「貴社」の意味が相手に伝わる場面でのみ、その呼称を用いた方が良いかもしれません。

御社

「貴社」が口頭では相手に伝わりづらいのに対し、「御社」は口頭でも直ぐに相手に意味が伝わります。

「御社」とは、相手が属する会社などを敬った形で表す言葉です。

つまり、まずは相手に対して敬いの気持ちを持ち、その上で相手の会社をいう場合に「御社」と呼称しています。

「御社」は丁寧な言い方であるのはもちろんですが、さらに「貴社」よりも親しげで、柔らかい言葉の響きがあります。

かしこまった場面でも、またややくだけた場面でも用いることが出来る呼称ですので、「貴社」か「御社」かを迷った時には、「御社」と使っておけば間違いはないでしょう。

御社の例文1

「この度は、御社のおかげで無事に成功を収めることが出来ました。ご尽力ありがとうございました。」この例文は、相手の会社の協力もあり、無事に自分の会社のプロジェクトなどが成功を収めた際のお礼の言葉です。

会社同士が関わり合って何かを成し遂げたり、仕事を進めたりした際には、必ず相手の会社に対する感謝の気持ちを表す必要があります。

その際には、相手の会社を敬って「御社」と呼称するのが普通です。

こうした感謝の言葉や挨拶は、ビジネスの世界では日常的に行われています。

そのため「御社」という呼称を使う機会も多く、新社会人になって早々に覚える言葉でもあります。

御社の例文2

「◯月◯日の打ち合わせについてですが、当日は午後1時頃に御社にお伺いいたします。」この例文では、会社同士の打ち合わせの日時についての確認をしています。

このように、ちょっとした連絡のやり取りの中でも、相手の会社を指す際には「御社」という呼称を用いることが多いです。

「御社の考えはごもっともです。」「御社にぜひご確認していただきたいことがございます。」など、あらゆるやり取りの中で、とにかく相手の会社を指す場合には「御社」という言葉を用いるようにしましょう。

普段から「御社」を使う癖をつけておくと、自然と口からその言葉が出せるようになります。

️使い方を間違えると大恥をかく!

「弊社」「当社」「御社」など、同じ会社でも、それぞれの立場によっては呼称がまったく違ってきます。

そのため、どんな相手に対してどんな呼称を用いれば良いのかをきちんと理解していないと、使い方を間違えて大恥をかいてしまうことになります。

例えば相手は自分よりも立場が上の会社なのに「当社」「わが社」と使ってしまったり、また相手の会社は自分の下請けなのに「弊社」と使ってしまったり。

その場や立場に合った正しい呼称を使いこなすことが出来なければ、「教養がない」と馬鹿にされるだけでなく、「なんて失礼なんだ!」と相手の怒りを買ってしまうこともあります。

社会人になった以上は、きちんと敬語を使いこなすことが当たり前に求められます。

敬語の過ち一つで取引がご破算になってしまうことも実際にありますので、自分の発言には責任を持たなければなりません。

「弊社」「当社」「御社」もまた、自分や相手を正式な会社名で表す代わりに用いる呼称です。

うっかり誤用して大恥や責任問題にならないように、くれぐれも注意して呼称を使っていきましょう。

就活や面接でも頻出の言葉なので注意

「弊社」「御社」などの呼称は、社会人になってからしか使わないというわけではありません。

社会人になる一歩手前の、就活の頃から頻繁に用いる機会が増えます。

そのため、学生の頃からある程度使いこなせるようになっておかなければ、就活や面接で大失敗をしてしまうかもしれません。

よく面接の練習で、「御社を希望した理由は~」や、「御社に入社出来たら◯◯をしたいです」など、相手の会社に対して発言する場面があります。

このような場面では、先にご紹介した「貴社」は用いずに、「御社」一択が正しい使い方です。

「貴社」は口頭では相手に誤解を与える可能性もあるため、必ず「御社」と呼称します。

また、「弊社」や「当社」「御社」それぞれの意味をきちんと理解していないと、うっかり面接官の「当社では・・」という言葉につられて自分も「当社に入社しましたら・・」などと誤用してしまう可能性があります。

学生はまだ使い慣れなくて苦戦することも多い呼称ですが、何度も言葉にして馴染ませておくようにしましょう。

会話や文面での違いにも注意

それぞれの呼称は、会話や文面によっても使い分けることがあります。

例えば自分の会社を表現する際に、口頭で「わが社」ということはあっても、それをそのまま文面にすることはありませんよね。

文章に表す際には、「当社」の呼称を用います。

また「弊社」の場合には口頭でも文面でも同じように使いますが、「貴社」「御社」の場合には、「御社」は口頭と文面のどちらにも適用しますが、「貴社」は口頭では誤解を招く可能性があるため、文面としてのみ用います。

このように、会話の中と文面とで呼称を使いわけることも多いため、そうした呼称の違いにも十分に注意しましょう。

️それぞれの会社の呼び名を覚えましょう

それぞれの会社の呼び名をしっかりと覚えておくと、必要な場面でいちいち頭を悩ませることもなく、すんなりと言葉が出てきます。

大勢の前で発表をしている時や、他の会社との打ち合わせをしている際に、「弊社では~」や「御社の場合・・」など、素早く言葉が出てくるとそれだけ会話も無駄なくスピーディーに運びますし、また堂々と会話をすることでその人自身の評価に繋がることもあります。

一方で、「あれ?相手の会社ってなんて呼ぶんだっけ・・」などいちいち頭を悩ませていると、考える度に話は止まり、また顔にも自信の無さが表れますので、反対に評価が下がってしまうこともあります。

学生の頃であれば会社の呼び名を間違えても、まだ多めに見てくれるところはあるかもしれません。

しかし、社会人になった後では呼称の誤用は簡単に見逃がしてもらえる失敗ではありませんので、しっかりと覚えて使いこなせるようになっておきましょう。