CoCoSiA(ココシア)

寂しい…となりがちな人に向いている仕事10選とその理由


ふとした時に、言葉に出来ないような寂しさを感じたことはありませんか?

特に、ひとりでいることが苦手な寂しがり屋の人。

ひとりでいる時間を苦痛に感じたり、孤独感に苛まれたりすることもしょっちゅうでしょう。

寂しいと感じる度合いは、人によってそれぞれ異なるため、寂しがり屋の人とは真逆のタイプもいます。

集団行動を苦手として、ひとりでいる時間を好む人も少なくありません。

こうした個人差は、性格や生まれ育った環境の違いから生じますが、皆さんはいかがでしょうか。

プライベートで暇を持て余している時、退屈な気分になる。

それだけでなく、どこか虚しい気持ちになったりするような人や、ひとりで行動することが苦手な人は、寂しがり屋の素質があるかもしれません。

誰かと一緒にいないと安心できない…。

ひとりでいる時間をあまり作りたくない…。

そんな人は、私生活だけでなく仕事をしている時にも、寂しがりを発揮してしまいます。

仕事中にも関わらず、寂しい気持ちになってションボリしたり、テンションが下がったりしてしまう人は、その環境が性格的に不向きなのかもしれません。

せっかく働くなら、自分の気質とマッチした職場にすればモチベーションもアップしますよ。

寂しいのが苦手な人は、『決して寂しくならない』仕事環境や職種を選んでみましょう。

▼【関連記事】寂しい気持ちになる人の特徴はこちらの記事を先にチェック!
寂しい気持ちになる人の9個の特徴

寂しくなりがちな人向けの仕事って何?

寂しさを感じやすいタイプの人に向いている仕事とは、どんな職種でしょうか。

自分が寂しくなる環境やシチュエーションを想像してみると分りやすいと思います。

簡単に言うと、寂しくなるような環境とは真逆の状態を作り出せばいいということです。

一人で仕事しないこと

寂しがり屋の人は、ひとりで黙々とおこなう仕事は絶対的に不向きです。

人と関わりを持たずに完結するような仕事は、ひとりで仕事と向き合い続ける時間が長いため、寂しい気持ちが沸き起こりやすいため、寂しがり屋の人は避けた方が良いでしょう。

仕事によっては、1日ほとんど人と会話という会話をすること無く業務を終えるような環境も少なくありません。

特に、人が少ない職場や周囲が静かでシーンとした環境だと尚更寂しさが募ります。

寂しさを感じたくない人は、人が多く賑わいのある環境を選ぶことで、気分を紛らわすことができます。

達成感のある仕事を選ぶこと

寂しさは一種の虚無感です。

感情が大きく揺さぶられること無く淡々とした日常が続く虚しさや、周囲との温度感の違いを実感した時は、言いようのない寂しさを感じることがあります。

虚しさを取り払うためには、充実した日々を過ごし達成感を得ることが大切。

代わり映えのない退屈な毎日を繰り返していると、情熱を向ける対象を見失い、モチベーションも低下していく一方です。

寂しさはふとした拍子に心の隙間に入り込んできます。

その隙間は、自分に自信が持てなかったり、やるせなさを感じた時に生まれやすいのです。

なので、常に目標に向かって前向きに取り組むポジティブなマインドを持っていれば、寂しさを感じる隙もなくなっていきます。

ですから、寂しがり屋の人は暇な仕事やルーティンワークに就いていると余計にネガティブな感情が生まれがちに。

やることが多く時間を持て余さない仕事や、仕事自体にやりがいを持てるような職種を選んでみるといいでしょう。

日々の達成するべき目標を設定しながら充実した時間を過ごすことがおすすめです。

寂しくなりがちな人におすすめの仕事10選

では割と頻繁に寂しい気分になってしまう人は、具体的にどんな仕事をすれば気を落とさずに済むのか考えてみました。

自分が今、寂しさを感じている環境との違いを比較しながら、次のような仕事をする自分の姿をイメージしてみてください。

1、営業


営業職は、寂しがり屋にピッタリの職種です。

営業職に就く人は、主に人とのコミュニケーションを得意としていたり、誰かの役に立つことが好きだったり、“人好きする”人柄であることが大半です。

クライアントとのやり取りを重ねる中で、信頼関係を築いて結果に繋げていくパターンも多いため、相手との交流を密にはかる必要があります。

寂しがり屋の人は、ひとりで居るよりも、人と繋がりを持っている時に安らぎを感じるので、人を相手にする営業職は天職。

誰かに必要とされたり、存在を認められることでモチベーションが高まるタイプが多いのです。

そのことから、営業としてクライアントの求めることに対して誠実にアプローチする能力に長けているのです。

クライアントに必要とされるためにはどうすれば良いか、良い関係を築くためにはどんな対応が適切なのかよく考えることができます。

人とずっと関わっている仕事は寂しくならない