ふとした時に、言葉に出来ないような寂しさを感じたことはありませんか?

特に、ひとりでいることが苦手な寂しがり屋の人は、ひとりでいる時間を苦痛に感じたり孤独感に苛まれたりすることもしょっちゅうでしょう。

寂しいと感じる度合いは、人によってそれぞれ異なるため、寂しがり屋の人とは真逆のタイプもいます。

集団行動を苦手として、ひとりでいる時間を好む人も少なくありません。

こうした個人差は、性格や生まれ育った環境の違いから生じますが、皆さんはいかがでしょうか。

プライベートで暇を持て余している時、退屈な気分になるだけでなく、どこか虚しい気持ちになったりするような人やひとりで行動することが苦手な人は、寂しがり屋の素質があるかもしれません。

誰かと一緒にいないと安心できない…ひとりでいる時間をあまり作りたくない…という人は、私生活だけでなく仕事をしている時にも、寂しがりを発揮してしまいます。

仕事中にも関わらず、寂しい気持ちになってションボリしたり、テンションが下がったりしてしまうような人はその環境が性格的に不向きなのかもしれません。

せっかく働くなら、自分の気質とマッチした職場にすればモチベーションもアップしますよ。

寂しいのが苦手な人は、『決して寂しくならない』仕事環境や職種を選んでみましょう。

寂しくなりがちな人向けの仕事って何?

寂しさを感じやすいタイプの人に向いている仕事とは、どんな職種でしょうか。

自分が寂しくなる環境やシチュエーションを想像してみると分りやすいと思います。

簡単に言うと、寂しくなるような環境とは真逆の状態を作り出せば良いということです。

一人で仕事しないこと

寂しがり屋の人は、ひとりで黙々とおこなう仕事は絶対的に不向きです。

人と関わりを持たずに完結するような仕事は、ひとりで仕事と向き合い続ける時間が長いため、寂しい気持ちが沸き起こりやすいため、寂しがり屋の人は避けた方が良いでしょう。

仕事によっては、1日ほとんど人と会話という会話をすること無く業務を終えるような環境も少なくありません。

特に、人が少ない職場や周囲が静かでシーンとした環境だと尚更寂しさが募ります。

寂しさを感じたくない人は、人が多く賑わいのある環境を選ぶことで、気分を紛らわすことができます。

達成感のある仕事を選ぶこと

寂しさは一種の虚無感です。

感情が大きく揺さぶられること無く淡々とした日常が続く虚しさや、周囲との温度感の違いを実感した時は、言いようのない寂しさを感じることがあります。

虚しさを取り払うためには、充実した日々を過ごし達成感を得ることが大切。

代わり映えのない退屈な毎日を繰り返していると、情熱を向ける対象を見失い、モチベーションも低下していく一方です。

寂しさはふとした拍子に心の隙間に入り込んできます。

その隙間は、自分に自信が持てなかったり、やるせなさを感じた時に生まれやすいため、常に目標に向かって前向きに取り組むポジティブなマインドを持っていれば、寂しさを感じる隙もなくなっていきます。

ですから、寂しがり屋の人は暇な仕事やルーティンワークに就いていると余計にネガティブな感情が生まれがちに。

やることが多く時間を持て余さない仕事や、仕事自体にやりがいを持てるような職種を選んで、日々の達成するべき目標を設定しながら充実した時間を過ごすことがおすすめです。

寂しくなりがちな人におすすめの仕事10選

では割と頻繁に寂しい気分になってしまう人は、具体的にどんな仕事をすれば気を落とさずに済むのか考えてみました。

自分が今、寂しさを感じている環境との違いを比較しながら、次のような仕事をする自分の姿をイメージしてみてください。

1、営業


営業職は、寂しがり屋にピッタリの職種です。

営業職に就く人は、主に人とのコミュニケーションを得意としていたり、誰かの役に立つことが好きだったり、“人好きする”人柄であることが大半です。

クライアントとのやり取りを重ねる中で、信頼関係を築いて結果に繋げていくパターンも多いため、相手との交流を密にはかる必要があります。

寂しがり屋の人は、ひとりで居るよりも、人と繋がりを持っている時に安らぎを感じるので、人を相手にする営業職は天職。

誰かに必要とされたり、存在を認められることでモチベーションが高まるタイプが多いことから、営業としてクライアントの求めることに対して誠実にアプローチする能力に長けているのです。

クライアントに必要とされるためにはどうすれば良いか、良い関係を築くためにはどんな対応が適切なのかよく考えることができます。

人とずっと関わっている仕事は寂しくならない

営業職は、電話やメールでクライアントと連絡を取り合ったり、実際に企業へ訪問して顔を合わせながら話すなど、業務内容のほとんどが対人関係です。

事務的な手続きもありますが、割合的には社外との対応がメインになるため常に誰がと関わりを持っている状態が続きます。

業務の特性上、孤立感を感じるタイミングがほぼ無いので、寂しさに苛まれることも少ないでしょう。

2、秘書

会社の社長・役員・政治家・医師・弁護士など、社会的な地位が高く、業務の密度が高い役職の人の補佐役として仕事のアシストを行なう秘書業務は、献身的に人を支えるポジションです。

業務内容は、スケジュール管理をはじめ、事務処理・来客対応・顧客管理・環境整備・庶務雑務など多岐に渡ります。

一般的な事務業務に思われるかもしれませんが、実際これら全ては、仕える上司の業務に付随するもの。

上司の予定や指示に合わせて、臨機応変に対応する細やかさが重要になる仕事です。

ペアで行動するから

上司のサポート役として、業務は基本的に二人三脚状態。

上司が自らの業務に専念できるように、あらゆる面からフォローするので外出の際に同行することはもちろん、スケジュールや仕事内容、更には取引相手に至るまで、全てを掌握しておく必要があります。

秘書は基本的に1人に対して1人。

パートナー的な存在として、多くの時間を共有するため、ひとりで仕事をしている感覚はほとんど無いでしょう。

それに元より、秘書は業務が忙しくて自分自身の業務に全て手が回らないような人を補佐するサポート要員なので、とても暇な職種とは言えません。

寂しさを感じているような余裕はなく、充実した日々を送れることでしょう。

3、教師


学校の教師や塾の教員といった教職者は、実に多くの人たちと関わりを築いていく職業です。

小学校・中学校・高校では、受け持つ生徒達はもちろんのこと、部活動や委員会などでさまざまな生徒と交流があるため、学校全体のことを把握する必要があります。

学校の生徒は毎年必ず入れ替わるため、何年も教師を続けていると、受け持つ生徒の数が年々増えていくのも特徴のひとつ。

自分のもとで学んだ学生が成長し巣立っていく姿を毎年見送っていくので、感慨深いものがあります。

教師が関わる相手は学校内に留まらず、生徒の親と面談をすることもあれば、学区内の教職員同士で集まる教育委員会などさまざまな人との繋がりを作る機会があります。

勤める学校を移動すれば、それまで築いてきた関係が1度綺麗にリセットされて、まるで転職したような状態になるのも、教師の仕事の特性ですね。

忙しくて寂しいどころじゃない!

教師の仕事はとても多く、非常に忙しい仕事としても知られています。

学生側から見えている部分以外にも、やるべき事は多岐に渡り、授業の準備や学校行事のセッティング、他にも試験問題づくりや採点業務など、想像以上に多忙を極めています。

部活の顧問をしている教師は、休日返上で部活動の指導や引率をしなくてはいけないので、息付く暇もありません。

それに、教師の職場となる学校は、多くの若者達が青春を過ごす学舎なので、いつも賑やかで活気があります。

日頃から、多くの生徒と同僚に囲まれて過ごしているため、センチメンタルに浸る静けさや落ち着きなど皆無。

寂しいと感じることなど、到底難しいような心地よい喧騒に満ちています。

常に賑やかな環境で、人に囲まれて過ごしたいと考えている人にとって学校という理想的な職場となるでしょう。

4、接客業

販売や飲食など、来店したお客様を相手にサービスを提供する接客業の職場には、新しい出会いがたくさん溢れています。

接客の仕事は、お客様を相手に自社が取り扱う商品やサービスを提案するのが主な業務。

身近なところでいえば、コンビニやファミリーレストランなどのスタッフがそうです。

その他、百貨店や専門店の販売員やホテルのサービススタッフも接客がメインの仕事です。

接客の基本は、日本人の心でもある“おもてなし”の精神。

お客様が求める商品やサービスを親切かつ丁寧に提供するホスピタリティの高さが求められます。

接客のプロとしてお客様が求めることを的確に読み取り、柔軟に対応することで顧客満足度の高いサービスを提供することで、リピーターのお客様が増えたり、店舗の売上に繋がるのです。

様々な職種の人と関われる

接客業は、お客様だけでなく、商品やサービスを企画する人、営業する人、運搬する人、PRする人など、さまざまな職種の人と関わりが生まれます。

ひとりでコツコツ黙々とおこなう仕事ではないため、仕事中に寂しいと感じることはないでしょう。

また、接客術はもちろんのこと、扱う商品の専門知識や流通の流れ・販売のノウハウなど多様なジャンルのことを学べるので、知識の幅が大きく広がるのも楽しさの一つ。

接客では人とコミュニケーションをはかり、信頼を深めることで仕事の成果に繋がることがあるため、会話スキルや細やかな気遣いも重要です。

商品について説明するため関連する知識を学んだり、新しいトレンドをキャッチして話の話題にするなど、仕事のために身につけなければいけない知識も沢山あります。

そのために、さまざまなことに気を配ったり、アクティブに行動することも増えるため、フットワークが軽くなり、ひとりで寂しさに苛まれながらクヨクヨしている時間もなくなるはず。

【接客業に向いている人、向いていない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

5、キャバ嬢・スナック経営

寂しがり屋の典型とも言えるタイプの女性が行き着くことの多い職業の一つがキャバクラやスナックでの接客業です。

この仕事は、人を相手にした究極の“おもてなし”なのですが、代金の対価として提供するサービスが“時間”という独特の世界。

容姿や話術など、自分自身の魅力を武器に、共に過ごす時間に価値をつけて提供しています。

お客様の人柄や求めていることに応じて、臨機応変に対応しながら楽しく実りのあるひとときを演出することが最も大切なので、機転の利く器用な女性や頭の回転の良い女性が向いている仕事です。

相手に癒しを与える無償の優しさや屈託のない明るさを持つ女性は、お店で人気者になれるでしょう。

盛り上げ上手や話し上手な人だけでなく、意外なことに聞き上手な人の方が、キャバクラやスナックでの接客に向いています。

出会いも多い

キャバクラやスナックには、その日かぎりの一期一会もあれば、長く関係が続く運命的な出会いもあります。

気のしれた常連のお客様とまったりと話す日、初めて出会うお客様とドキドキしながら話す日。

お相手も話す内容も、一日として同じ日はないので、毎日新鮮な気持ちになります。

キャバクラやスナックには、人との出会いを求めている人や、誰かに必要とされたい人など、どこか寂しい気持ちを持った人が集まります。

それはお客様だけでなく、スタッフ側にも言えること。

色々な人との出会いを通じて、社会との繋がりを感じたり、ひとりでないことを実感したりできるのです。

6、保育士

保育園や幼稚園で働く保育士や幼稚園教諭は、小さな子ども達を預かり、成長を近くでサポートするポジションです。

お母さん・お父さんに変わり、協調性や集団行動の大切さや、礼儀の基本を教えるなど、非常に重要な役割を担っています。

それだけでなく、子ども達の安全を保障し、心身ともに健やかな成長を促しながら温かく見守ることが使命です。

可愛い子ども達に癒される

保育士や幼稚園教諭は、子ども好きな人はもちろん、周りから頼られるのが好きな人や、世話好きなタイプに向いている職業です。

子ども達に慕われ、頼れる先生として、充実した日々を過ごすことができるので、仕事に対するやりがいや楽しさを身をもって体感できます。

可愛い子ども達の笑顔に癒されながら、活気ある毎日を送ることで、寂しさも吹き飛ぶことでしょう。

7、旅行企画・ツアーコンダクター

旅行会社での企画やツアーコンダクターは、仕事を通じて新しい発見がたくさんできる職業です。

旅行というコンテンツは、旅の目的や行き先によって、さまざまなパターンがあり、客層となるターゲットやツアー内容も大きく変化します。

ターゲットに合わせて企画内容を組み立てたり、ツアーで紹介する箇所を検討。

企画内容に合わせて、旅先の情報をリサーチしたり、ホテルや観光地の予約をおさえるなど、一つの企画を成り立たせるためにやる事が沢山あります。

次から次へと、新たなコンテンツを開拓・吸収していく必要があるため飽きることなく、いつも新鮮な気持ちで業務に励むことができます。

旅行している気分になれる

旅が好きな人だけでなく、色々な土地の名所や特徴を知ることが好きな人にも、この仕事はうってつけです。

調べ物をしたり、情報をまとめたりすることが好きな人は、仕事を楽しく感じるでしょう。

ツアーコンダクターとして、旅行に同行すれば、仕事を通じてあらゆる土地に訪れることができます。

旅行客の方をサポートするのも大切な業務の一つなので、蓄えた知識を生かして旅先の思い出に彩を添えるサービス精神も重要です。

考えること・学ぶこと・やるべきことが、たくさんある仕事は、マンネリ化しないので、寂しさが付け入るような隙を作らせません。

あらゆる土地を旅して、多くの人と出会い、さまざまな世界を知って視野を広く持つようになることで、精神的にもタフになり、アクティブさにも磨きがかかります。

8、通訳・翻訳

通訳や翻訳の仕事は、多様な言語を操り、さまざまな人を繋ぐ架け橋となる存在です。

通訳は外国語を巧みに操り、異なる言語を使う人たちのコミュニケーションを円滑に進める仕事。

翻訳は、外国語で製作された書物や文書を母国語に訳する仕事です。

外国語を最も適切な表現に訳すためには、高い語学力が必要になります。

それも、ちょっとやそっとの語学力ではなく、難しい専門的な用語も熟知している人でなくては務まらない、とても価値のある仕事です。

給与も高く、需要も高い仕事にも関わらず、そう簡単になれる職業ではありません。

TOEICテストで900点以上の高スコアを出せる実力者でなくては、安定した仕事にありつくのは難しいでしょう。

通訳・翻訳として高いスキルを持っているということは、相当の目標を持って勤勉に励んできた証拠です。

プロとして通用する高度なスキルを身につけるためには、仕事に対するストイックな集中力や情熱が不可欠でしょう。

外国人との出会いなども増える

通訳・翻訳は外国語を操る仕事ですから、活躍の場がグローバル。

外国の人と出会う機会も多くあります。

普段の生活では、あまり接することの無い国の人や職業の人と仕事をすることも多々あります。

得意な語学力を活かしながら、ワールドワイドな仕事ができるなんて、非常に素晴らしいことです。

得られるものも多く、やりがいも大きいでしょう。

それに、仕事と真摯に向き合い、積極的に取り組む姿勢やプロフェッショナル思考を持つ人は、人生をかけて、心から情熱を注げることを見つけています。

通訳や翻訳という仕事を選ぶ人は、その仕事を選ぶに至った明確な理由と信念があるはず。

なんとなくで目指すことのできる仕事ではありません。

やりたいことを見つけて、熱中できるということは幸福で、大変な満足感を得ながら日々に張り合いを感じていることでしょう。

満ち足りた日常を送っている人は、自身のライフスタイルに対して誇りを持っていることが多いので、退屈の中に孤独な寂しさを感じることも少なく済みます。

9、ファッション販売

ファッション業界での販売スタッフは、おしゃれが好きな人にピッタリのお仕事。

洋服選びのセンスを活かしながら、お客様にお似合いの1着を提案して、喜んでいただくのがファッションを取り扱う醍醐味です。

コーディネートの腕も磨かれ、最新トレンドを学びながら自身の為になることも知ることができます。

洋服を買うのが好きだったり、人の服を見立てるのが楽しいと感じる人は店員としての素質があります。

ファッションに興味がある人なら楽しく働ける環境です。

お店に立ち寄ってくれたお客様にお声がけをしたり、DMを書くなど、お店の売上に繋がるような創意工夫もおこないます。

自分のコーディネートを気に入って、度々足を運んでくれる顔なじみのお客様が増えていくのはとても嬉しいことです。

オシャレにもなれるし、人とも多く関われる

販売スタッフの職場となる店舗には、入れ替わり立ち替わりで、さまざまなお客様が訪れます。

特に百貨店・駅ビル・商業施設など、多数のテナントが軒を連ねている職場には、老若男女の幅広い人々が集まりますので、常に活気があり賑やかです。

毎日、色々なお客様と出会える環境なので、仕事中に静けさや寂しさを感じることも少ないでしょう。

仕事は、複数の店舗スタッフと共におこなうので、チームでの作業も多くなります。

店舗の商品整理や仕入れ、レイアウト変更など、商品提案以外にも仕事は幅広いので、販売以外にもさまざまなスキルを習得可能。

社販を利用すればファッションアイテムを低価格で購入できるので、おしゃれのレパートリーも広がります。

好きなファッションに囲まれて、働く楽しさを感じられる環境ならば、モチベーションも高まるでしょう。

それに、多様なテナントが揃う施設内での仕事なら、仕事ついでに買い物や食事も済ませられるので何かと便利なのもメリットです。

寂しい空間やひとりで居る時間が苦手で、暇さえあればウィンドウショッピングをしたり、外食に行くようなタイプにはこうした環境がうってつけ。

10、受付

商業施設・病院・ビルなどの窓口で対応をおこなう受付は、企業の顔になるポジションです。

来客を案内したり、事務手続きをする仕事なので、笑顔で明るい対応が必要不可欠。

勤め先の企業の特性に応じて必要な専門知識も異なりますので、職場によって仕事内容は違います。

病院での受付業務はカルテの整理や医療器具のセッティングなど専門性の高い業務も多数。

医療事務の資格を持っている人の方が就職には有利です。

観光地の商業施設のインフォメーションでは、施設内に関する案内にとどまらず、周辺の観光地や交通情報について聞かれることもありますので、多様なジャンルの知識を学ぶ必要があります。

マニュアル頼みではなく、状況に応じて融通を利かせる柔軟性や、状況を先読みして事前に備えておくフレキシブルな対応力が求められます。

自分の知識を人のために役立てたいと思う人や、人と接することが好きな人に向いているお仕事です。

対応が多くなって忙しい

施設の立地や知名度にもよりますが、受付の仕事はひっきりなしに人が来るような場所も多数。

それに、受付はオープンな職場で、いつも人から見られている状態が続くため、気を抜ける瞬間がほぼありません。

常に気を張っている状態ですから、寂しさを思う余裕もほとんどありません。

寂しくなりがちな人におすすめしない仕事

寂しい気持ちになりがちな人は、できる限り賑やかで活気のある職場を選び、お客様やスタッフ達と接点を持って働く職種に就くのがベストです。

逆に誰とも話さず、黙々とパソコンや機械と向き合うような仕事は、寂しがり屋にとって最も不向きな職種なので、仕事選びの際には注意が必要です。

具体的に、寂しがり屋の人に不向きな職業は下記のようなものが当てはまります。

ライター

文章を打ち込むライターや小説家のような文筆業は、ひとりで仕事と向き合う時間がとても長いので寂しさを感じやすい環境が生まれがち。

取材やインタビューを実施して執筆する記事ならば、外出する機会もありますが、パソコンに向かうだけで完結してしまう執筆内容の場合、仕事がうまくいけばいくほど、外に出る機会や人と接する機会も減ります。

企業に所属して、編集者やフォトグラファーと連携しながら記事を仕上げる仕事であれば各部署とのコミュニケーションが発生しますが、フリーで活躍する人は在宅で働くことになるので、どうしても出不精になる傾向です。

閉鎖的な環境でひとりで過ごしていると、社会との繋がりも希薄になり、孤独感を覚える事も多くなるでしょう。

経営者

会社や飲食店を切り盛りする経営者は、立場上、孤立しやすいポジションです。

多くの従業員達のトップに立つ存在で、さまざまな人に囲まれているので、孤立とは無縁に思えるかもしれません。

しかし、経営者は他の従業員と一線を画する立場なので、いつも同じ目線で話をすることはできません。

経営者として厳しい判断を迫られることもあれば、時には部下から反感を買うこともあるでしょう。

ただ従業員達を甘やかして、好かれる人物を演じれば良いわけではないので身の振り方が非常に難しいのです。

しかし、尊敬される人物であり続けなければ、人はついてこないので会社は成り立たないでしょう。

経営者になるからには相当の覚悟を持って、独立した存在になることを受け入れなくてはいけません。

しかし、どんなに覚悟はあれど、本音で話せる相手が少なく、抱える苦労も大きければ時として寂しさが押し寄せる瞬間が全くないとは言えないはず。

エンジニア

エンジニアは、IT分野のプロフェッショナルとして技術システムのプログラミングや構築・設計をおこなう仕事です。

ゲームの開発、データ収集や分析といったコツコツとした作業が多くなるので、集中して黙々と仕事に向き合う時間が長くなります。

エンジニアの仕事にはさまざまな工程があり、どの段階に携わるかによりますが、周りとあまりコミュニケーションを取らずに作業に没頭するような日々も少なくありません。

寂しさを感じやすい人は、クライアントとの交渉やチームでの人員管理など、幅広い仕事に携われる職場を選ぶといいでしょう。

フリーランス

フリーランスで働く人は、独立し、ひとりで働くスタイルが基本です。

会社に所属するのとは異なり、仕事の契約・報酬設定・仕事の遂行・経費管理まで、全て自分でおこないます。

イラストレーター・ライター・プログラマーなど、個人で働くフリーランスは、在宅で働く人が多いので生活のほとんどを家で過ごすようなライフスタイルになることも少なくありません。

最近ではビデオ通話やチャットで面接や打ち合わせができるので、わざわざ会社まで足を運んで顔を合わせる必要もなくなりました。

ここ数年のうちに、働き方が多様化し、便利なWebサービスが増えたことで、家に居ながら働くことが容易になったことで、フリーランスと言う働き方を選ぶ人も増えています。

しかし、このフリーランスは向き不向きがハッキリしています。

スケジュール管理が苦手な人、自己マネジメントが不得意な人、そして寂しがり屋の人には到底難しい仕事です。

ひとりの空間でひとりで働くことは、それを楽だと思う人にとっては最高の職場ですが、寂しがり屋にとっては地獄のような職場になります。

まとめ

寂しがり屋の人は、仕事でもプライベートでも、人との繋がりを大切にしたスタイルを選ぶことで心穏やかな日常を過ごすことができるでしょう。

ひとりになる空間を極力避け、人との交流を活発にとる環境をつくるよう、自ら試行錯誤することが重要です。

あらゆる人と出会い、交流を持ちながら充実した日々を送ることは単に寂しさを紛らわせるだけでなく、視野を広げながら成長していくことにも繋がります。

出会いが人を成長させると言うのは正にその通り。

ひとりで過ごすよりも、アクティブに行動しながら経験を積み、人の価値観に触れたり、意見を共有し合うことで、視野を広げられるでしょう。

寂しがり屋であることは、決して悪いことではありません。

しかしそれをネガティブな要素にするか、プラスに働かせるかは、その人次第です。

自分にとってどんな環境で働くことが幸せなのか、よく考えてみてください。

寂しさを感じて、落ち込むような時間が少しでも少なくなるように、あなたらしいライフスタイルを見つけましょう。

まずは、自分が一番苦手なシチュエーションと寂しくなる理由を自己分析してみることからはじめてみてください。

すると、自ずと適した環境が見えてきますよ。