ビジネスシーンで時々耳にすることのある「クライアント」という言葉。

この言葉の意味をあなたは知っていますか?

クライアントの意味やどんな相手に対してその言葉を使うのか、またクライアントに対してすると喜ばれることや、怒られてしまうことなどをご紹介していきます。

社会人であれば知っておきたいクライアントのさまざまな知識を、この機会に身に付けておきましょう!

クライアントってなに?

会社で働いていると、誰でも一度は「クライアント」という言葉を耳にすることがあると思います。

クライアントはどんな会社やお店にも必要な存在であり、クライアントの存在があるからこそ私たちの仕事は成り立っていると言っても過言ではないでしょう。

また、場合によっては私たち自身がクライアントになっていることもあります。

それを自覚していないだけで、日々の生活の中で誰もがクライアントを相手にしたり、または自分がその立場になったりしているのです。

そのため、クライアントという言葉は、とくにビジネス―ンにおいて頻出の単語です。

実際に、仕事でクライアントという単語を使う機会は多いけれど、プライベートでそれを聞く機会は少ないという人が大半でしょう。

そんなクライアントという言葉の意味を、まずはご紹介していきます。

クライアントの意味

クライアントは、辞書で引くと別名を「クライエント」とも言います。

意味は「得意先や顧客」で、とくに広告代理店が広告主を指してそういうことが多いです。

また、弁護士や会計士、建築家などが依頼主を指していったり、カウンセリングなどの心理療法を受けにきた人や来談者に対してもそう指していうことがあります。

一方で、コンピューターネットワークにおいて、さまざまな機能を提供するサーバーに対して、その機能やデータを利用する側のコンピュータのことを指す場合もあります。

さらにはサーバーが提供する機能やデータを利用するためのブラウザーを始めとしたソフトウェアのことを指す場合もあります。

それぞれの意味についてはこれから詳しく見ていきますが、このように依頼・利用する側の人間や、サービスやソフトウェアを利用する側のコンピュータに対してクライアントという言葉を使っています。

依頼人

クライアントという言葉を使う人の多くは、「依頼人」という意味で使っています。

例えば仕事中に、「クライアントから契約の変更依頼があった」「クライアントに納期を早めて欲しいと言われた」など、クライアントから何かしらの要求や依頼を受けて、それに関して話をしている人たちの姿を見かけることがあると思います。

そうした場合のクライアントは、すべて依頼人という意味で言葉が使われています。

もし営業の仕事であれば、営業をしている社員一人ひとりがそれぞれのクライアントを持っているため、一口にクライアントと言っても、それが一体どの依頼人のことを指すのかは、その言葉を使う人によって違っています。

例えば自分が営業を担当するクライアントがAさんであっても、同僚が担当するクライアントはBさんということは当たり前にあります。

一方で、もし複数人で同時に一人のクライアントを担当する場合には、クライアントは同じ一人の人物を指すことになります。

クライアントという言葉は、主に弁護士や会計士、建築家などが依頼主に対して使いますが、それ以外の職種でも依頼主のことをクライアントということは多いです。

取引先

クライアントは、何も依頼主に対してのみ用いる言葉ではありません。

会社の取引先に対しても、同じようにクライアントの言葉を使う場合があります。

例えば車の部品を作ったり、化粧品を作ったりと、工場で物品を生産している会社の場合、そこに発注依頼をしてきた会社に対してクライアントと呼び名を使うことがあります。

また、自分の会社にプロジェクトの依頼をしてきた取引先や、受注発注関係にある取引先の会社に対しても、「クライアントから来週までに商品の発注依頼があった」などと使う場合があります。

取引先という意味でクライアントという言葉を使っている場合には、自社と取引関係にある会社はすべてクライアントとなります。

そのため、もし取引先がたくさんあるのなら、自分が今、どの取引先に対してクライアントと用いているのかを他の人にも分かるように話す必要があります。

顧客

依頼主と同じくらいにクライアントの意味として多く使われているのが「顧客」です。

例えば一人ひとりの顧客に対して営業をかけていく仕事をしている場合には、それぞれの顧客がすべて自分のクライアントになります。

また、例えば銀行で働いていて、自分が融資の担当をしている顧客に対してもクライアントの言葉を使うことがあります。

顧客に対してさまざまなサービスを提供する会社はたくさんありますが、社員一人ひとりが決まった客を担当することなく、常に不特定多数の客を相手にする場合にはわざわざ「クライアント」と使うことはありません。

実際に飲食店やショップ店員のように、大勢の客を相手にするサービス業の仕事をしている人で、「クライアント」と口にしている人はあまりいないでしょう。

一方で、社員一人ひとりが自分の顧客を持っている仕事の場合には、顧客のことをクライアントと呼ぶことがあります。

そのクライアントも、担当する社員によってまったくバラバラですので、一口に「自分のクライアントが~」と言っても、他の社員にはそのクライアントが誰のことを指しているのかまでは分からないことが多いです。

患者

医療関係の仕事に勤務している人たちの間では、クライアントは患者のことを指すのが一般的です。

ある医者が、自分の担当している患者に関して意見を述べる際に、「私のクライアントには◯◯の症状があり~」などと使うことが多いです。

医療の面から見ると、患者一人ひとりはあくまでも医療機関を利用する患者の立場であって、そこに個人情報や氏名などはあまり重要視されていません。

そのため、患者のことを口に出す際には個人名ではなく、クライアントという呼び方であることが多いのです。

最近では個人情報の取り扱いにも厳しくなっていますので、なまじ患者の氏名を口にするよりも、クライアントと代わりの呼び方をする方が、都合が良いとする考えもあります。

コンピューター・アプリケーション

クライアントには、コンピューター・アプリケーションという意味もあります。

コンピュータの世界では、サーバーへサービスの提供依頼を行って、そのサービスの提供を受ける側のコンピュータや、またアプリケーションなどのことをクライアントと呼んでいます。

これらは一般家庭でも当たり前に目にするものです。

分かりやすく例えるなら、私たちが日頃使っているパソコンのwebブラウザーもクライアントソフトウェアですし、またパソコン自体もクライアントマシンやクライアントコンピュータという呼び名で使われています。

私たちが当たり前にパソコンを利用しているという、それ自体がサーバーからパソコンがサービスを受けている状態なのです。

このように、顧客であれ依頼主であれコンピューター・アプリケーションであれ、クライアントという名がついているものはすべて何らかのサービスを受けている側ということになります。

クライアントの使い方

クライアントの意味や定義が分かったところで、次はクライアントの使い方についてご紹介していきます。

せっかく意味が分かっても、使い方が間違っているとその場の雰囲気を乱してしまったり、または恥をかいてしまったりする可能性があります。

クライアントという言葉をよく使う職種であれば、当たり前にそれを口にしますが、普段は口にしないような職場で「クライアントが~」と口にすると、聞く人によってはわざとらしい、気取った印象に思えてしまいます。

「わざわざクライアントなんて言い方をする必要があるのか?」と怪訝に思われてしまうかもしれません。

そのため、その場に相応しくない使い方をしてしまわないためにも、きちんとクライアントの使い方についても覚えておきましょう。

クライアントとのアポを取る

「クライアントとのアポを取る」といった使い方をする場合、そのクライアントは依頼主や顧客を指すことが多いです。

アポとはアポイントメントのことですので、依頼主や顧客との会合や面談の約束を取り付けようとする際にこうした使い方をすることがあります。

自分が担当するクライアントがいて、そのクライアントと次の打ち合わせについて相談する際に、「クライアントとアポを取ります」と言ってクライアントへ連絡をするのが一般的です。

自分一人だけでクライアントにアポを取る際には、わざわざそれを口にする必要はありませんので、こうした使い方をする場合には、上司や同僚に対して自分がこれからクライアントにアポを取るという意志を伝える際に用いることが多いでしょう。

クライアントの依頼を受ける

クライアントとは、継続的な契約関係にあることが多いです。

そして契約をしている以上、度々何らかの仕事の依頼を受けることもあります。

そうして依頼を受けた際には、「クライアントから依頼を受ける・受けました」といった使い方をすることがあります。

クライアントからの依頼内容は、依頼を受ける会社によって実にさまざまです。

商品や物品の発注もあれば、クリエイティブ関係の仕事の依頼もあります。

また、広告関係の仕事の依頼もあれば、デザイン系の依頼や、探偵のような仕事の依頼もあるでしょう。

そうしたさまざまな仕事の依頼を受けることを、一言「クライアントから依頼を受ける」と表現することがあるのです。

クライアントの課題を解決する

クライアントによっては、さまざまな課題を抱えている場合があります。

例えば銀行の融資を受けているクライアントが、返済の見通しが中々立たなくなってしまった際には、その問題を担当者が一緒に解決していかなければなりません。

また、建物の建築依頼を受けている業者が、クライアントから出されている要望に応えるのが難しい場合には、その課題を何とか解決させていく必要があります。

時にはクライアントから会社側に対して課題が出され、また時にはクライアントの抱える課題を会社が一緒に考えていく必要があります。

このような場合に、「クライアントの課題を解決する」という使い方をすることがあります。

クライアントの課題を一緒に解決することが出来れば、クライアントからの信頼は厚くなり、互いにより良い関係を築いていくことが出来るでしょう。

考えるべきクライアントへの対応


クライアントとは、自分にとっての依頼主であり、顧客であります。

そのため、クライアントとより良い関係を築くことが出来れば、継続して依頼を受けることも可能ですし、そこからさらに他のクライアントを紹介してもらえる可能性も十分にあります。

一方で、もしクライアントを怒らせてしまったり、トラブルを起こしてしまったりすると、クライアントとの関係は悪化してしまい、仕事を失ってしまうこともあります。

そのため、仕事をしたり依頼を受けたりする側にとっては、クライアントとの関係はとても大切にしなければならないものであり、またクライアントへの対応についても、常に考えていなければなりません。

そうした誠実で一生懸命な対応を取ることで、どのような仕事の変化が起きるのでしょうか?

仕事の評価につながる


クライアントから自分に対する評価が上がると、それに比例して仕事の評価も上がっていきます。

例えばクライアントから商品の発注依頼を受ける際に、丁寧にクライアントに対応した結果、クライアントがこちらを気に入ってくれて、本来の発注数よりも多めに発注を依頼してくれたとします。

そうなると当然一つの仕事で通常よりも大きな成果を上げたことになりますので、自分自身の仕事の評価に繋がります。

次の仕事につながる

クライアントに誠実に対応して結果を出し、信頼を得ることが出来れば、それが次の仕事へと繋がることは多いです。

例えばあなたが一人暮らしをする際に、家探しを担当してくれた人がとても誠実で親切に対応してくれたとしたら、その担当者に対して良い印象を抱きますよね。

そして、もし同じエリアでまた引っ越しをすることになったなら、前に親切に対応してくれた担当者にまたお願いしたいと思うことでしょう。

このように、自分に対して誠実に対応してくれた相手に対しては、クライアントはまた依頼をしたいと思うものです。

それで継続して仕事が続くこともあれば、別のクライアントを紹介してもらえる可能性もあります。

クライアントに良い対応をすればそれだけ、次の仕事に繋がる可能性が増えるのです。

業績が上がる

クライアントに対して良い仕事をすれば、それだけクライアントからは信頼を得ることが出来ます。

そしてそのまま依頼が継続することもありますし、別のクライアントを紹介してもらえることもあります。

そうして次々に仕事に取り組んでいくことで、個人的な売上げを伸ばすだけでなく、会社の業績を上げることにも繋がります。

会社の業績が上がれば、それだけ会社からの評価も上がりますので、その分昇給や昇進が望める可能性が高くなります。

クライアントと良い関係を築くことで、クライアントからも会社からも信頼され、仕事をする上で自分に有利になることも多いです。

クライアントにして喜ばれること・怒られること

クライアントへの対応によって、自分の評価が上がったり下がったり、売上も上がったり下がったりします。

それはつまり、自分のクライアントへの対応一つで、仕事を順調にも不調にも出来るということです。

自分が昇進したい!売り上げを上げたい!という気持ちが強い人は、それだけクライアント一人ひとりにも丁寧な対応を心がけます。

そして努力した分だけ、確実に実績を積んでいくことが出来るでしょう。

一方で、仕事に対して意欲がなく、適当な人はクライアントに接する態度もいい加減なものになりやすいです。

そうなると当然クライアントはこちらを信用しづらくなり、クレームが発生したり、悪評から顧客がどんどん離れていったりします。

クライアントは自分の仕事振りや対応に敏感です。

こちらの対応一つで喜んだり怒ったりするでしょう。

そのため、どんなことをすればクライアントが喜ぶのか、また怒るのかをきちんと理解しておかなければなりません。

特にこれから仕事で成功していきたいと考えている人は、自分のどのような行動によってクライアントが喜んだり怒ったりするのかを知っておきましょう。

クライアントに喜ばれること

仕事でどんどん成功していきたいと考えている人は、何よりもまずは自分の担当するクライアントを大切にしなければなりません。

クライアントの気持ちや希望を出来る限り優先させ、誠実に仕事に取り組むことで、クライアントは喜んでこちらを信頼してくれるようになります。

とは言っても、クライアントを喜ばせるために、何でもかんでもクライアントに良い顔をして、媚びを売ればいいというわけではありません。

時にはクライアントに無茶な要望を出されることもあります。

そんな時に、いかに上手くクライアントと折り合いをつけることが出来るかによって、クライアントの満足度が変わってきます。

例えクライアントの希望通りに事が進まなくても、こちらが真摯に対応すれば、結果的にはそれで納得し、良い関係を築くことも可能です。

それが出来るかどうかはこちらの手腕一つなのです。

ではどのようにすれば、クライアントを納得させたり、喜ばせたりすることが出来るのでしょうか?以下に具体的な行動例をご紹介していきます。

誠実な態度

仕事をする上で何よりも重要なことは、誠実な態度で仕事に臨むことです。

しっかりと一つひとつの仕事に真面目に取り組むことは社会人であれば当然のことですが、クライアントがいる場合には、尚のこと誠実な態度で臨まなくてはなりません。

真面目にコツコツ仕事が出来る人でも、人とのコミュニケーション能力が乏しければ、クライアントと上手な関係を築くことは難しいでしょう。

一方で、多少仕事に粗はあっても、一生懸命に仕事に取り組んでいて、クライアントの希望に応えようとする人の方が、クライアントからの評価は高いです。

相手が物ではなく人間の場合には、それだけ相手に対する誠実さが求められます。

そこをきちんと対応出来る人は、クライアントからも喜ばれやすいです。

連絡が早い

報連相は社会人であれば常識ですが、その上さらに連絡が早い人は、クライアントや取引先などに関係なく、誰からも好感度がとても高いです。

連絡が早くつくということは、それだけ迅速にこちらの要望に対応してくれるということでもあります。

そのため、同じ会社内の同僚や上司はもちろん、会社の取引相手やクライアントまで、どんな相手からも信頼を得やすく、頼られやすいです。

また、クライアントから見て連絡が早い相手というのは、それだけ自分の都合を相談しやすく、また頼りになる相手という印象があります。

さらに、「困ったことがあってもこの人ならば大丈夫」という安心感も得やすいため、早く連絡がつく人はクライアントからはとても喜ばれます。

連絡が早くつくと、それだけ自分もクライアントの要望に応えやすくなりますので、常に連絡がつくようにしておくことは、自分のためにもなるでしょう。

相手の立場になって考える

仕事が出来る人の多くは、自分のことだけでなく、周りの人の気持ちも考えることが出来ます。

また、「もしも自分がこの人だったら・・・」と、相手の立場に立って物事を考えることも出来るため、クライアントの要望にも熱心で、常に誠実な対応を心がけています。

そのため、クライアント側からすれば、「この人はいつも自分のことを考えて動いてくれる」と信用しやすく、実際に自分のために駆け回っている姿を見れば、自然と頼もしく思えることでしょう。

担当者である社員がクライアントの立場に立って考えることを忘れなければ、クライアントはそれだけ嬉しく感じますし、何かあった時には一番にその担当者を頼ろうと思うことでしょう。

しかし、相手の立場に立って考える上で、注意しなければならないこともあります。

それは、「相手の気持ちに立ったつもりで、自分が良いと思ったことを強引にクライアントにも勧めてしまうこと」です。

相手の立場に立って物事を考えることは確かに大切ですが、それはあくまでも「相手の立場に立ったつもり」でしかありません。

本当の意味でクライアントの立場になることも出来なければ、クライアントの気持ちを理解することも出来ません。

それを失念してしまい、「自分だったらこうされて嬉しいはずだ!」という考えを強引にクライアントに勧めてしまうと、クライアントは喜ぶどころか迷惑に感じてしまうでしょう。

本当に相手の立場に立って考えることと、一方的な親切心の押し売りとはまったく別物だということを十分に理解しておきましょう。

話を覚えておく

クライアントを喜ばせることは、何もクライアントの要望に必死になって応えることだけがすべてというわけではありません。

もちろん全力でクライアントの要望に応えようとする姿勢も大切ですが、もっとささいなことでもクライアントを喜ばせることは出来ます。

例えばクライアントと世間話をする時間がありますが、その時に以前クライアントがした話を覚えていて、「◯◯さんは確か◯◯でしたよね」とこちらから話を振ると、たったそれだけでクライアントが喜んでくれることがあります。

誰でも自分が前にちょっと話しただけのことを相手が覚えていてくれると、それが不思議と嬉しく感じられるものです。

クライアントも同様で、以前に少し話しただけの内容をこちらが覚えていると、「ちゃんと自分の話を聞いてくれている人なんだな」と感じて、こちらに対する信用度がそれだけで増すことがあります。

そんなほんのささいなことでも、クライアントとの距離を縮めたり、仲を深めたりすることは出来ますので、そうしたコミュニケーションの部分でも誠実さを見せることは大切です。

サービスをつける

例えばこちらが原因で何らかのミスをしてしまい、それでクライアントに迷惑をかけることになってしまった場合には、当然会社からクライアントに対して「勉強」という名のサービスをある程度つける必要があります。

そうすることでクライアントの溜飲を下げることが出来れば、その後もクライアントと問題なく関係を築けていけることが出来ます。

一方で、こちらがとくに何もミスをしたわけではなく、善意でサービスを付けてあげると、クライアントはとても喜びます。

もちろん会社に無理のない程度ではありますが、ほんのちょっとしたサービスでも付けるとどのようなクライアントでも喜んでくれることでしょう。

ただし、一度サービスを付けると、その後もサービスを付けるのが当たり前と考えられてしまうこともありますので、サービスを付けるクライアントはきちんと選ぶ必要があります。

クライアントに怒られること

連絡が早く、誠実な対応で、ちょっとしたコミュニケーションも細やかな人は、クライアントからとても喜ばれる可能性が高いです。

そういう人は遅からず出世したり、独立したりすることが多いですが、一方でいつまで経っても一社員からうだつが上がらない人もいます。

そうした人の場合には、クライアントを喜ばせるどころか、怒らせてしまっている可能性があります。

クライアントを怒らせてしまうと自分を通して会社の信用問題に発展してしまいますので、そうなると最悪の場合会社をクビになってしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも、どんな行動がクライアントを怒らせてしまうのかを、事前にしっかりと把握しておきましょう。

また、もしこれからご紹介することに一つでも当てはまることがある人は、出世の道から遠のいてしまっている可能性がありますので、迅速に直すようにしましょう。

約束を忘れる

誰だって、約束を忘れられるのは嫌ですよね。

約束を忘れる方は「ついうっかり」という気持ちでも、忘れられた側は「絶対に許せない!」と酷く憤慨してしまうことがあります。

時間に厳しい人や、約束事を大切にする人の場合、一度でも約束を忘れてしまえば、二度と会ってはくれなくなる可能性も十分に考えられます。

それがビジネスであれば尚更でしょう。

もしもあなたがクライアントとの約束をうっかり忘れてしまったら、クライアントによってはその場で契約を取り消しにしてしまったり、別の社員と変えろと怒鳴ったりするでしょう。

例えクライアントが温厚な性格の人であっても、約束を忘れる相手のことを信用しようとは思わないでしょう。

クライアントとの約束を忘れるという行為は、他のどんなクライアントへの失礼な態度の中でも群を抜いてあり得ない失態です。

そのため、絶対にやってはいけない行為なのです。

お門違いな提案をする

クライアントと仕事の打ち合わせをしている時に、お門違いな提案をしてしまう人が時々います。

それはその人なりに一生懸命に考えた結果の提案かもしれません。

しかし、その提案が場に相応しくなく、お門違いのものであったなら、クライアントは怪訝に思うことでしょう。

さらにそれを強引に押すような場合には、クライアントは少なからず不快に感じてしまいます。

その時点で気付いて軌道を修正すればまだ関係は保てますが、相手の変化に気づかない人の場合、クライアントとの関係を見直されてしまう可能性があります。

言い訳をする

例えばクライアントとの約束の時間に遅れてしまった時に、クライアントと対面して第一声が「遅れてしまい大変申し訳ありません!」と謝罪をするのと、「申し訳ありません、道が混んでおりまして・・・」と言い訳をするのとでは、どちらの方がクライアントの怒りを落ち着かせることが出来るでしょうか?

考えるまでもなく、前者の方がクライアントの溜飲を下げやすいでしょう。

例えどんな致し方のない事情があったとしても、それを自分で口にしてしまうと、単なる言い訳になってしまいます。

言い訳は誰でも聞いていて不快に感じやすいですし、また怒っていれば余計にその怒りを煽ってしまうことでしょう。

一方で言い訳を一切せずに素直に謝罪をする人は、その後でいくらでも誤解を解いたり、相手の溜飲を下げたりする機会に恵まれます。

言い訳は自分で自分の印象を余計に悪くさせてしまうだけですので、一切しない方がクライアントの怒りも収まりやすいです。

自分のクライアントを大切にしよう

自分のクライアントを大切にすればするだけ、クライアントもこちらを信頼して頼ってくれます。

また、例えその場の仕事は終わっても、思わぬところで仕事の縁が続く可能性があります。

一方で、自分のクライアントを大切にしなければ、仕事の縁はそこで途切れてしまうどころか、会社にも迷惑をかけてしまうことになりかねません。

クライアントのための行動が、ひいては自分自身の評価にも繋がりますので、どんなクライアントであっても自分のお客様であれば、大切にしましょう。