CoCoSiA(ココシア)

リアリティとはどういう意味?リアル...(続き2)

英語というものは厳密にみると結構、日本語の訳とは違った意味を持つ単語がたくさんあるものです。

では今回取り上げています「リアリティ」。

果たして本当に正しい意味を掴んでいるのでしょうか?

以下、じっくりとみていく事に致しましょう。

リアリティの意味

それでは「リアリティ」の意味について見ていく事に致しますね。

現実味・現実性

リアリティの意味の1つ目は「現実味・現実性」という事です。

これはいたって私たちが想像していた通りの意味となりましたね。

「リアリティ」は元々、英単語の「リアル」です。

直訳すれが「現実」です。

現実とはあなたが今見ている世の中全てがそういうものに当たります。

2018年の今の空間、時代がそのまま「現実」なのです。

それが「リアリティ」、つまり現実味・現実性という表現となっているのです。

だから10年前はもうすでにリアリティではりませんよね。

10年前は「昔」。

「オールド」という事になります。

つまり「過去」という概念です。

リアリティとは現実味や現実性を持った物事全般に対して使われる言葉なのです。

事実に基づいて

リアリティの意味の2つ目は「事実に基づいて」という事になります。

「事実に基づく」とは嘘偽り、飾り立てが一切なく、目の前の現実を色眼鏡なしで客観的にありのままを描いて第三者に伝える手段を言いますよね。

ニュースで取り扱われる事件や事故を嘘・偽りなく目の前に起こった事をそのまま伝えることが「事実に基づく」という解釈になるわけです。

そうであるから報道に関わるニュースや新聞の記事が多くの人々に支持されるわけなのです。

こういった姿勢も「リアリティ」という概念で語られるわけなのです。

ただ、中には事実を歪曲して国民に知らせる場合も多々、まります。

今(2018年3月)世間を騒がせている森友学園の問題。

これなどは事実を隠蔽した全く虚飾の事件であることが世間に知られています。

あるいは東日本大震災の際の原発事故の報道も大きく事実に反する報道がなされてきていますよね。

こういった情報操作に関わるニュースというものは、国民に真の「リアリティ」を伝えてしまったらその後とんでもない事になってしまう人達が大勢、いるから肝心な部分を伏せてしまうのでしょう。

真実に基づいた報告が出来ないという事は、非常に憤懣やるかたない気持ちになるものですね。

真実味のある

リアリティの意味の3つ目は「「真実味のある」という事です。

「真実味」というのは最初に紹介いたしました「現実味」よりもいささか脚色されているというか、第三者によって現実を多少なりとも差し替えられたイメージを感じさせてしまいます。

目の前に起こったある出来事があまりにも悲惨だったため、全てをありのままに伝える事をセーブして必要最小限に留めてお伝えする。

といった意向が垣間見える措置ですね。

この場合は生の現場写真や映像を用いずに、人の口から必要な部分だけの情報を聞くことによって事件の全貌を想像するという作業が働く訳です。

それによって読者や視聴者が様々なイメージを起こし、どれだけの「真実味があったのか」を推察するという形になるのです。

いずれにしてもこのような場合においても「リアリティ」という言葉は用いられるわけなのです。

迫真性のある

リアリティの意味の4つ目は「迫真性のある」です。

この場合のリアリティはスポーツなどのシーンを想像したらいいかと思います。

例えば、まだ幼い子供が行う空手の型は、あどけなさが残っていながら形においては迫真の技で、大人が行う方と大きな違いがありません。

まさに「迫真性のある」といった表現がぴったりはまります。

このように「リアリティ」とい言い方は直接見た聞いた世界が全てではないということなのですね。

見た人の今までの経験値が現実のシーンと折り重なって、見た目以上の迫真性を連想させる場合の表現に用いられる事もあるのです。

まさしく迫真の「リアリティ」さ、というところでしょう。

リアリティは英語から由来

さて、半ば日本語化している感のある「リアリティ」、実は誰がみても正真正銘、元々は英語なのです。

それでは本来の語源である英語の方の「リアリティ」について少々、みていく事にしましょう。